コンソメは、料理にサッと加えるだけで、手軽に洋風料理が楽しめる便利な調味料。フランス発祥のスープで、肉や魚をベースに香辛料を加えているのが特徴です。

コンソメといっても、顆粒・粉末・液体とタイプもさまざまで、ベースの食材次第で味わいも異なります。ぜひ自分に合ったコンソメを見つけてみてください。

そもそもコンソメとは?

コンソメとはフランス料理で提供されるスープの一種で、牛・鶏・魚から取っただしをベースに、肉や香味野菜などを加えてじっくり煮込んだモノ。濁りがなく、澄んでいるのが特徴です。本来は手間のかかる料理ですが、最近は固形・顆粒・粉末のコンソメの素をお湯に入れるだけで、手軽にコンソメスープが味わえます。

また、綺麗な琥珀色にするために肉や野菜を焦がして色味を加える場合も。商品によってコンソメが出す色合いに差があるので、見た目重視の方はコンソメの色もチェックしてみてください。

コンソメとブイヨンの違い

By: amazon.co.jp

ブイヨンとは、牛・鶏・魚から取っただしのこと。ブイヨンに野菜を加え、煮込みながら濁りを取り除いたモノがコンソメです。

コンソメは、ブイヨンに香味野菜や香辛料を加えて香り豊かにしています。そのため、口に入った瞬間の香ばしさや、コクのある強い風味が特徴です。

日本ではかつお節や昆布などがだしとしてさまざまな料理に使用されますが、ブイヨンも同じようにスープ・パエリア・リゾットなど、料理のベースに使われています。

コンソメの選び方

コンソメの形状で選ぶ

固形タイプ

固形タイプのコンソメは、計量せずにサッと料理に使える手軽さが魅力。商品によっては個包装になっており、劣化しにくいのもポイントです。

固形タイプは、溶けて完全に混ざるまで少し時間がかかるので、火をじっくり通す料理に向いています。柔らかい商品であれば、砕いて粉末・顆粒タイプと同じように使うことも可能です。

粉末・顆粒タイプ

By: amazon.co.jp

粉末・顆粒タイプは、微妙な量も調節できるので、コンソメを使った料理をよく作る方におすすめです。また、入れた瞬間にサッと溶ける馴染みのよさが魅力。加熱時間が少ない汁物のほか、洋風の炒め物にも活躍します。

炒め物などに加えても水っぽくなりにくいのがポイント。野菜や肉だけでなく、ご飯と一緒に炒めるピラフやドリアなどのレシピにも使えます。

一方、粉末・顆粒タイプは湿気に弱く、容器の底に固まってしまうことも。密封性の高い容器に入れ替えたり、小分けされている商品を購入したりするなど、湿気させないための工夫が必要です。

液体タイプ

By: amazon.co.jp

液体タイプは、材料にコンソメで下味をつけたい場合に便利です。材料にまんべんなくかけられるので、味の濃さが偏りにくいのが特徴。水分とコンソメを一緒に加えられるので、水分量の調節が難しいソースのレシピにおすすめです。

液体タイプの商品には、個包装で小分けされたモノと、ボトルに入ったモノの2種類があります。頻繁に使用する方には量が調節しやすいボトルタイプが、使用頻度が低い方には劣化しにくい個包装タイプがおすすめです。

旨味ベースで選ぶ

ビーフコンソメ

By: amazon.co.jp

コンソメは、味のベースになるブイヨンの材料によって、風味が大きく変化します。ビーフコンソメは牛肉・牛骨から旨味をとったコンソメで、加えるだけで料理が上質で本格的な味わいに仕上がります。コンソメの味を際立たせ、しっかりした味に仕上げたい場合におすすめです。

チキンコンソメ

By: amazon.co.jp

流通量が多く、日本でよく使われているのがチキンコンソメ。鶏肉から抽出されたエキスは、優しい味わいで、素材本来の旨味を引き立てます。優しいながらも、深みのある味わいを出したい場合におすすめです。

チキンコンソメは、さまざまな企業から多くの商品が販売されています。内容量・値段・包装の方法など、自分に合った商品を選びやすいのも魅力です。

野菜コンソメ

By: rakuten.co.jp

  
コンソメのなかには、野菜をたっぷり使った商品もあります。野菜ベースのコンソメは、野菜を丸ごと鍋に入れてじっくり時間をかけて煮込むのが特徴です。

野菜コンソメは甘みがあり、野菜本来の旨味がギュッと詰まっているのが魅力。野菜がメインのスープに加えれば、時間をかけて煮込んだ野菜スープに仕上がります。

コンソメの味が主張しすぎないので、肉や魚の下味のほか、薄味でコク深さが決め手のロールキャベツなど、繊細なレシピにおすすめです。

無添加のコンソメも人気

By: rakuten.co.jp

コンソメのなかには、着色料・香料・化学調味料などを一切使用していない無添加の商品もあります。コンソメは手軽さが魅力ですが、健康面にも配慮したい方には無添加のコンソメがおすすめ。赤ちゃんの離乳食レシピにも使えて便利です。

無添加の表記があるコンソメは価格が少し高めですが、健康志向の方はチェックしてみてください。

塩分控えめもおすすめ

By: amazon.co.jp

コンソメの塩分が気になる方は、減塩タイプのコンソメがおすすめです。コンソメはブイヨンをベースに調味料を加えて味を調えているため、塩分が少し高め。コンソメのほかに塩やこしょうを加えるレシピでは、塩分の摂取量に注意が必要です。

コンソメのおすすめ|固形タイプ

味の素 味の素KK コンソメチキン

1個で約2人分のスープが作れる便利な固形キューブタイプのコンソメです。チキンベースの商品で、優しくまろやかな風味が特徴。鶏肉の旨味に野菜の香りとコクが合わさり、深みのある味わいに仕上がっています。

鶏肉・卵・魚・野菜などをメインとした薄味のレシピに使うのがおすすめ。個包装のキューブタイプなので、サッと加えられるのがメリットです。

・1個

・4個セット

創健社 チキンコンソメ

無添加製法にこだわりを持つ創健社が手掛けるキューブタイプのコンソメです。化学調味料を一切加えない製法のほか、遺伝子組み換えでない醤油や地中海産の天日塩など、原材料にも配慮されています。

4.5gの固形で、1粒で2人分のスープが作れます。また、個包装のまま軽く潰して粉末状にすれば、ご飯モノ・パスタ・ソースなどに使用できるのもポイントです。

固形のキューブタイプは分量の調節が難しいイメージがありますが、煮込み料理は水の量を変えれば簡単に調節できます。手軽なキューブタイプで、無添加にこだわりたい方におすすめです。

・1袋

味の素 クノール ビーフコンソメ

牛肉の旨味を簡単に料理に加えられる手軽さが魅力のコンソメです。ビーフコンソメは、深いコクと強いコンソメの風味が魅力。とろみのある煮込み料理に加えると、奥深い味わいに仕上がります。

本商品は5個入りと使い切りやすいので、ビーフコンソメを試したい方や、何種類かを比較したい方におすすめです。

・1箱

・5箱セット

味の素 味の素KK コンソメ 塩分ひかえめ

塩分控えめタイプのコンソメ。鶏肉と牛肉のブイヨンベースに、野菜・調味料・香辛料を加えることで、塩分カット商品ながら深いコクがあるのが特徴です。固形コンソメのため、スープや煮込み料理にポンと加えるだけで、コンソメのコクをプラスできます。

減塩タイプの調味料に味の薄さや物足りなさを感じる場合は、本商品を上手く使えば、奥深い味わいで満足感たっぷりの料理に仕上がります。ぜひ洋風だしのコンソメを活用してみてください。

・1箱

・4箱

味の素 クノール チキンコンソメ

鶏肉の旨味を、余さず閉じ込めた濃厚さが魅力のキューブコンソメです。うま味・コクは、鶏肉ベースらしく強すぎないまろやかな味わいに仕上がっています。

コンソメの旨味を加えながらも、主張しすぎない優しい味わいが本商品の特徴。薄味派の方におすすめです。

キューブはひと粒ずつ銀紙で包装されているので、料理中も取り出しやすく、衛生的なのも魅力。洋風のメインディッシュにスープをプラスしたい、もう一品洋風料理を加えたいなど、手軽にコンソメを使いたい場合に便利な商品です。

・1箱

・5箱

コンソメのおすすめ|粉末・顆粒タイプ

ユウキ食品(YOUKI) MC 化学調味料無添加コンソメ

瓶タイプで、キッチンのスペースを取りにくいのが魅力のコンソメ。化学調味料は無添加なので、コンソメの手軽さと健康面の両方を重視したい方におすすめです。

ブイヨンには鶏肉と牛肉を使用し、そこに香辛野菜をたっぷり加えてバランスのよいコンソメに仕上げています。チキンベースの優しくまろやかな味わいと、ビーフベースのコク深さがあるため、スープ・炒め物・グラタン・ピクルス・シチュー・カレーなど幅広い料理に活用可能。比較的大きめの顆粒のため、湿気で固まりにくいのもポイントです。

ネスレ マギー 無添加コンソメ 野菜

野菜の優しい味わいをたっぷり味わえるのが魅力のコンソメです。スープ・煮込み料理・炒め物など典型的な料理だけでなく、サラダやご飯などのアレンジレシピにも使えます。さっぱりとしたコンソメの味わいが、和洋中さまざまな料理と好相性です。

野菜が持っているほんのり感じる甘みが魅力で、繊細で素材の味が重要なレシピに向いています。

・1袋

・5袋セット

和光堂 手作り応援 コンソメ

生後5か月頃から幼児期までの離乳食として使えるチキンコンソメ。卵・乳・小麦・落花生・そば・えび・かにを使用していない商品です。

2.3gと少量の個包装のため、使いやすいのもポイント。公式サイトには本商品を使用したレシピが数多く掲載されているので、献立に迷う方はぜひ参考にしてみてください。

・1箱

・6箱セット

ネスレ マギー 無添加コンソメ チキン

粉末タイプで使いやすいコンソメ。香料・着色料は無添加で、旨味成分としての化学調味料も一切使用していません。天然の食材に含まれるアミノ酸を旨味として使用しており、素材の旨味や風味を大切にしているのが特徴です。

また、素材の旨味を利用して、料理の味をグレードアップできる馴染みのよさもポイント。野菜・鶏肉・魚などの使用する具材の味を引き立てたい場合にもおすすめです。

アリアケ ARIAKE ビーフコンソメ

牛肉の旨味とコクが強いながらも上品な味でバランスのよい粉末タイプのコンソメ。大容量の1kgパックなので、コンソメを頻繁に使用する方におすすめです。また、密閉可能なチャック付きの袋に入っており、湿気てしまうリスクを軽減できます。

ビーフコンソメの魅力は、パンチのあるコク深さ。煮込み料理やソースなど、しっかりした風味に仕立てたいレシピに向いています。

・1袋

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード

イタリア産の優しい味わいが特徴の野菜コンソメです。イタリアはオーガニック商品の生産量が多く、有機作物も豊富。イタリアには、オーガニック商品を証明する認定「BIO」があり、本商品も基準をクリアしています。

野菜のもつ旨味が贅沢に詰まった本格的な味わいが特徴。自然の素材から丁寧に抽出した、優しくまろやかな味わいがあり、スープ・煮込み・パスタ・炒め物・ソースなど、さまざまな料理に馴染んで味を引き立てます。

・1缶

前田家 チキンコンソメ

だしパックタイプのチキンコンソメ。選びぬかれた具材とこだわりの製法が特徴で、山口県産の鶏肉をベースに、国産の玉ねぎ・人参・セロリ・キャベツを加えて旨味を抽出しています。

化学調味料や酵母エキスだけでなく、たん白加水分解物や食塩も使用していないのもポイント。自然の具材だけで旨味を抽出する製法で特許を取得しています。コンソメが決め手のスープレシピをよく作る方におすすめです。

・1袋

コンソメのおすすめ|液体タイプ

ネスレ マギー チキンコンソメ 液状/濃縮

クリアタイプで濁りがなく、チキンブイヨンの優しい風味が特徴のコンソメ。60倍の高濃縮で、希釈すると1本あたり36Lと使い勝手がよいのが魅力です。塩分ひかえめで、減塩中の方にもおすすめ。濃縮倍率が高いので、希釈倍率を変えれば、簡単に味の濃さを調節できる利便性の高さもポイントです。

水分量の調節がポイントのジュレやゼリーのレシピでは、液体タイプが活躍します。本格的なチキンコンソメを求める方や、複雑な洋風料理を作る方におすすめです。

・1瓶

光食品 チキンコンソメ

素材にこだわって作られている液体タイプのコンソメ。ベースの鶏肉は国産の若鶏を使用し、そこに国産の有機野菜や有機醤油を加えています。着色料・保存料・化学調味料・酵母エキスなどは一切使わず、遺伝子組み換えでない大豆から発酵した醤油を使用して仕上げられているのがポイントです。

10gずつの個包装で、150~200mlの水量に対し1袋が目安。1人分などの少量でも調節しやすいのが魅力のおすすめ商品です。

・1袋

・2袋セット

創味 ビーフコンソメ

蓋付き紙パック入りの液体ビーフコンソメです。17倍に希釈して使用する商品で、10mlで約1人前のスープが作れます。容量1100mlとたっぷり入っているのも魅力です。

牛肉から時間をかけて抽出した旨味に、たまねぎや人参などの野菜を加えており、ほどよい甘さがあります。蓋付きの紙パックなので、冷蔵庫へ入れやすいのも特徴です。

・1パック

ネスレ シェフ チキンコンソメ プレミアム 鶏の濃縮コンソメ

濃縮タイプで、惜しみなく使える使い勝手のよさが魅力のコンソメ。じっくり煮込んだチキンブイヨンに、野菜の旨味を加えて、両者の旨味をバランスよく仕上げています。希釈倍率は20~50倍で、量の調節が容易なのも魅力です。

希釈の倍率次第でコンソメの濃さを細かく調節できるので、量の調節が難しいソース作りにおすすめ。特に少ない水分量で煮込むソースなどに使ってみてください。

・1パック