スーツよりもフォーマルでなく、プライベートほど着崩さない「オフィスカジュアル」。細かい規則は会社や業界、職業によって左右されるものの相手に好感を与える服装が求められます。

今回は、オフィスカジュアルにおすすめコーディネートを集めました。アイテムの選び方も併せてご紹介します。

オフィスカジュアルとは?

By: rakuten.co.jp

一般的にオフィスカジュアルとは、ビジネスにふさわしい、カジュアルで品のある服装のことです。しかし、定義は曖昧で、職種や会社によってボーダーラインはさまざま。アパレルや広告、IT系などクリエイティブな業界はドレスコードが厳しくないため、メインカラーにビビッドな色を使っても個性として認められる傾向にあります。

一方、格式のあるホテルや金融など厳格な企業は、ベーシックな色かつ定番アイテムで構成することが好まれる傾向に。迷ったら先輩や上司の服装を参考にするのがおすすめです。

オフィスカジュアルとはいえ、ラフになりすぎるのは厳禁。どの業界・職種でも仕事相手に不快感を与えない、きちんと感のある服装を意識しましょう。

オフィスカジュアルの注意点

清潔感が重要

By: rakuten.co.jp

オフィスカジュアルで大切なのは、清潔感です。どんなに上質な素材や有名ブランドのアイテムで着飾っても、着こなしがだらしないと逆効果。また、シワや糸くずがないか、汚れはついていないかは最低限チェックしましょう。

柄やビビッドなカラーを多用しすぎるのも、TPOにそぐわない場合があります。身だしなみのエチケット面はもちろん大切ですが、配色やバランスも意識しましょう。

カラーはベーシックなものでまとめる

By: rakuten.co.jp

オフィスカジュアルはベーシックな色でまとめるのが無難。ブラック・グレー・ホワイト・ベージュ・ネイビーなど、落ち着きのある色で構成すれば、大きな失敗はありません。一般的に派手色に分類される赤やイエロー、オレンジは差し色にとどめるのがおすすめです。

また、基本的に定番色かつワンカラーを選べば問題ありませんが、柄ものを選ぶときは少し注意が必要。花柄やボーダー、ドットなどの柄は業界や会社の文化によって良し悪しが分かれます。自己判断が難しい場合は先輩に聞くか、ベーシックなカラーで構成するのが堅実です。

露出を抑えたアイテムを選ぶ

By: amazon.co.jp

自分はおしゃれだと思っていても、過度な露出は相手に不快感を与えかねません。オフショルダーや深めのVネック、背中あきトップスなど露出度の高いアイテムは避けた方が無難。トップスはデコルテがさりげなく見える程度、スカートは膝丈にとどめましょう。

ドレスコードがゆるい会社なら、シースルーの透け感やノースリーブは許容範囲。オフィスカジュアルでの露出は、相手を不快な気分にさせないかがキーポイントになります。最低限、下着が見えないよう意識するのがマナーです。

オフィスカジュアルのアイテムごとの選び方

ジャケット

By: rakuten.co.jp

ジャケットを選ぶときはサイズ・素材・デザインの3つを確認しましょう。ジャケットのサイズは大きすぎても小さすぎても、だらしない印象を与えます。肩の位置が下がりすぎていないか、丈はちょうどよいかも一緒にチェックしてください。

素材はハリがあってシワになりにくいものを選ぶと、お手入れも簡単。夏はリネン、冬はウールなど季節に適した素材を選ぶのもおすすめです。また、シンプルなデザインかつベーシックなカラーを選ぶと、トレンドに左右されず長く愛用できます。

汎用性の高いワンカラーのテーラードジャケットは、1着持っていて損はありません。業界・職種によっては、ダブルジャケットやオーバーサイズの選択も可能です。

カーディガン

By: amazon.co.jp

ジャケットより真面目になりすぎず、やわらかい印象を与えられるカーディガンも、オフィスカジュアルにおいて頼れる1枚。羽織りとしてはもちろん、ボタンを閉めればプルオーバー風にも着用できます。基本的には、ワンカラーで余計な装飾のない定番デザインを選ぶのがおすすめです。

ざっくり編みのローゲージだとカジュアルになりすぎる場合もあるため、オフィスカジュアルではハイゲージが好ましく、きちんと感も演出できます。

ネックラインのチェックも忘れないようにしましょう。親しみやすい雰囲気を作りたいならラウンドネックが、スタイリッシュな着こなしに仕上げたいならVネックが適しています。

トップス

By: rakuten.co.jp

基本的に余計な装飾のない正統派のブラウスやシャツを何着か揃えておけば、さまざまな職場で対応可能。ベーシックなカラーが無難ですが、ある程度自由にオフィスカジュアルを決められるなら、ペールトーンやバイカラーを選ぶのもおすすめです。

レースやフリル、リボンは胸元・袖・デコルテなどさりげないアクセント程度であれば、問題ありません。ただ、Tシャツとノースリーブは注意が必要。カジュアルになりすぎてしまう場合もあるので、心配ならジャケットやカーディガンを上から羽織りましょう。

パンツ

By: rakuten.co.jp

オフィスカジュアルとはいえ、ラフになりすぎるスウェットやシャカシャカするナイロン素材のパンツは避けましょう。プライベート感が強く出てしまうため、仕事着としてはふさわしくありません。パンツは品よく着こなせて、身体のラインにフィットする1着を選ぶのがおすすめです。

迷ったらオフィスカジュアルで定番のセンタープレス入りやクロップドパンツ、スラックスを何着か揃えておけば困りません。また、デニムは企業の文化によって着用の可否が分かれます。もし着用が可能だとしても、ジャケットを羽織ったりきれいめなシャツを合わせたりして、だらしない印象を与えないよう意識してみてください。

スカート

By: amazon.co.jp

オフィスカジュアルで着用するスカートを選ぶときは、丈とシルエットが重要。露出が多いショート丈は避けましょう。長さは膝丈・ミモレ丈・ロング丈の3パターンから選べば問題ありません。

ただし、くるぶしより下のロング丈は、カジュアルに寄りすぎてしまうため着用しない方が無難。また、身体のラインが強調されすぎるタイトスカートやチュールスカートのようにボリュームが出すぎるスカートも、TPOにそぐわないこともあります。

露出を控えて品よく着こなすために、ストッキングもしくはタイツの着用も忘れないようにしましょう。

ワンピース

By: rakuten.co.jp

ワンピースは忙しい朝でもさっと首を通すだけで、コーディネートが完成するお役立ちアイテム。オフィスカジュアルで着用するときは、メリハリを意識してみてください。シルエットがややラフでも共布ベルトやリボン、ベルトでウエストをシェイプするだけで仕事モードにシフトできます。

また、胸元やバックが大きく開いた露出度の高いアイテムは避け、膝からくるぶしの丈感を選ぶのもポイントです。カラーはブラックやグレー、ベージュなどのベーシックカラーが無難。ビビッドな色は避け、落ち着きと清潔感のある1着を選ぶのがおすすめです。

シューズ

By: rakuten.co.jp

さまざまなスタイルに合わせやすいワンカラーのパンプスは、1足持っておくと便利です。定番色が無難ですがドレスコードがゆるい会社なら、グリーンやイエロー、ピンクなど明るいカラーも選択肢に入れてみてください。

上下ともに無難なアイテム・配色で構成しても、足元が華やかなら垢抜けます。また、営業や販売職など活動量が多い職種は、見た目だけでなく履き心地もチェック。足にピタッとフィットするジャストサイズで、クッション性に優れた1足を選びましょう。

サイズが合っていないと、かかとが擦れたり、マメができたりする原因に。ヒールの高さは一般的に足がきれいに見え、負担もかかりにくい5〜7cmを目安に選ぶのがおすすめです。

オフィスカジュアルのおすすめコーデ

ソフトなイエローで華やかに

By: rakuten.co.jp

リブニットにセンタースリット入りのタイトスカートを合わせた、オフィスカジュアルコーデです。ソフトなイエローが季節ムードを高め、明るく華やかな雰囲気をプラス。広がりを抑えたIラインシルエットが、スマートで品格のある印象を与えます。

ビビッドなカラーだと派手な印象を与えがちですが、淡くやわらかいイエローなら親しみやすい印象に。足元は、シンプルなパンプスでまとめるのがおすすめです。

オールネイビーで大人のクラシックスタイルを実現

By: rakuten.co.jp

ネイビーのカットソーに、スラックスを合わせてセットアップ風に着こなしたオフィスカジュアルスタイルです。ワイドなシルエットながら、フロントタックや縦ラインを強調できるセンタープレスによって、すっきりした印象に。トップスがややゆったり気味でも、引き締め効果のあるネイビーならスタイリッシュな着こなしに仕上がります。

足元はメタリック調のパンプスを採用して、華やかさをプラスするのもおすすめ。上下ともにシンプルなアイテムで構成しているので、アクセサリーも映えます。

ブルーとホワイトで爽やかに

By: rakuten.co.jp

淡いブルーのブラウスに、白のきれいめパンツを合わせたオフィスカジュアルコーデです。ブルーとホワイトの配色は、爽やかさが増して夏にぴったり。フレッシュな印象を与えられるため、20代の女性にもおすすめのスタイルです。

トップスはタックインでメリハリを強調。共布ベルトのリボンが、スタイルを底上げします。甘さをおさえて、パイソン柄などエッジの効いたシューズを採用するのもおすすめです。ただし、オフィスカジュアルの規定が厳しい会社は、ベーシックなパンプスで手堅くまとめましょう。

流行りの1枚を投入してモノトーンをアップデート

By: rakuten.co.jp

モノトーン配色がクールでスタイリッシュな印象を与える、オフィスカジュアルコーデです。センタースリット入りのパンツを採用することで、一気にトレンド感がアップ。ダブルジャケットを合わせてメンズライクに仕上げれば、こなれ感もぐっと増します。

服装規定が厳しい会社は、テーラードジャケットにスラックスできれいめに。自由度が高ければ春夏はペールトーン、秋冬はアースカラーのインナーでシーズンムードを高めるのもおすすめです。

ワンカラーで洗練されたルックスに仕上げる

By: rakuten.co.jp

余計な装飾のないシンプルなワンピース1枚に、ノーカラーコートを肩掛け。ワンカラーもしくはワントーンに落とし込むことで、洗練された着こなしが叶います。濃淡の異なる色を採用すればワンカラーでも、単調になりません。

広がりのないストンと落ちるシルエットが、スマートな印象をアシスト。白のワンカラーは清潔感があって、清楚な印象を与えます。細めのベルトでウエストマークし、コーディネートにメリハリを加えるのもおすすめです。

ボーダーのカットソーでカジュアルダウン

By: rakuten.co.jp

ノーカラージャケットにセンタープレス入りパンツを合わせた、セットアップコーデです。ボーダーのカットソーでカジュアルダウンすることで、抜け感も演出。親しみやすさとスタイリッシュさがバランスよく共存しています。

仕きちんと感と清潔感は意識しつつも、遊び心を加えて自分らしさを主張するのもおすすめです。

アンサンブルニットで変化をつける

By: rakuten.co.jp

同じ素材と色のニットとカーディガンを合わせた、オフィスカジュアルコーデ。シンプルですがメリハリが効いて、コーディネートに奥行きが生まれます。気品に加え、スマートな印象を与えられるのもポイントです。

ボトムはシアーなプリーツスカートを選択。縦ラインを強調できるので、スタイルアップも望めます。センタープレス入りのパンツで、スタイリッシュにまとめるのもおすすめです。

深みのあるグリーンとベージュのコントラストは、秋にぴったり。特に30〜40代の女性に映えるコーディネートです。