オフィスカジュアルファッションは、清潔感・上品さ・きちんと感を意識することが大切。かっちりしすぎず、ラフになりすぎない、絶妙なバランスを目指したいところです。

今回は、オフィスカジュアルに欠かせないスカートのおすすめアイテムをピックアップ。オフィスカジュアルに適したスカートの選び方やコーディネート例もご紹介したので、ぜひチェックしてみてください。

オフィスカジュアルとは?

By: amazon.co.jp

オフィスカジュアルとは、主に職場で着用する、フォーマルになりすぎきちんと感のあるカジュアルな服装のことを指します。オフィスカジュアルの許容範囲は広く、会社の文化や職種によっても左右されるファッションです。

基本的には、シンプルで清潔感のあるアイテムを組み合わせれば大きな失敗はありません。また、個性を出すのではなく、一緒に仕事をする上司・先輩・顧客に好印象を与えられるかどうかで、アイテムを選んだりコーディネートしたりするのもポイントです。

オフィスカジュアルにおすすめのスカートコーデ

ラベンダー×ピンクで春らしく

By: rakuten.co.jp

スクエアネックのカットソーに、淡いピンクのタイトスカートを合わせた春らしいオフィスカジュアルコーディネート。広がりを抑えたIラインシルエットとハイウェストが、スタイルアップを後押しします。

甘さが強くかわいらしくなりがちな配色でも、きれいめなシルエットなら大人っぽい印象に。足元はストラップつきサンダルで軽やかさを演出するのがおすすめです。また、ポインテッドトゥのパンプスでシャープに足元を引き締めると、よりきちんと感が出ます。

涼しげな柄のスカートでエレガントに

By: rakuten.co.jp

フレンチスリーブのブラウスに、アソート柄のスカートを合わせたエレガントなスタイリング。一見派手なスカートも、落ち着きがあってシンプルなブラウスを採用すれば、上品に着こなせます。

足元はベージュのパンプスでヌーディーに仕上げると、カジュアルながら女性らしい印象に。涼しげで凛とした雰囲気が漂う、夏にぴったりのオフィスカジュアルコーディネートです。

ソフトな配色で親しみやすい雰囲気に

By: rakuten.co.jp

女性らしさと品のよさを両立できるひざ丈のフレアスカートは、ニュアンスのあるアースカラーを選択して秋らしく着こなすのがおすすめ。デコルテを美しく見せるVネックのブラウスを選択することで、ヘルシーな色気が漂う大人のオフィスカジュアルが完成します。

あえてノーカラージャケットを取り入れて、さりげない遊び心を演出しているのもポイントです。全体的にソフトな配色なので、親しみやすい印象を与えます。

黒を多めにして大人っぽさを引き上げる

By: rakuten.co.jp

淡いミントグリーンのニットに、黒のAラインスカートを合わせたオフィスカジュアルコーディネート。暗めの色に頼りやすい冬は、あえてペールトーンを選ぶことで、いつもと違う新鮮な着こなしが叶います。

また、全体的に黒を多めにすることで、落ち着きのある大人っぽい印象に。足元はポインテッドトゥのパンプスで引き締めるのがおすすめです。ニットとスカートの重厚感が軽減されて、バランスが整います。

オフィスカジュアルにおすすめのスカート

ロペピクニック(ROPE’ PICNIC) 360°ウルトラストレッチ ラップ風スカート

360°全方位に伸びる、ストレッチ性の高い生地で仕立てたラップ風スカートです。立ったり座ったりしてももたつかず、快適に過ごせます。後ろもゴム仕様なので、お腹を締めつけにくい着用感も魅力です。

裾に向かってゆるやかに広がるAラインのシルエットがきれいで、大人っぽい着こなしに。また、二重巻きの細ベルトがさりげないアクセントになり、華やかさと遊び心をプラスします。

シンプルで着まわしやすく、長く愛用できるオフィスカジュアル向けスカートを探している方にぴったりの1枚です。

ロペピクニック(ROPE’ PICNIC) 麻調リボン付きフレアスカート

ウエストの華奢なリボンがアクセントになったフレアスカート。落ち着いた裾のドレープが、女性らしさを底上げします。麻調の素材を採用しているため、春夏にぴったりです。

キュートな印象ながらきれいめなシルエットとシンプルなデザインで、大人ガーリーな着こなしを叶えます。ひざにかかるレングスなので、トップスを選ばずバランスを取りやすいのも魅力です。

エムズ モア(emu’s more) 膝丈スカート

ゆるやかなAラインとフレアシルエットが、品のある印象を与えるスカートです。縦に入った切りかえしが、スタイルアップを叶えます。裏地がしっかりついているので、下着が透ける心配がありません。

カラーはブラック・ブルー・ブラウンの3色で展開されています。ブラックやブラウンは、規則が厳しい職場でも取り入れやすいのが魅力。また、エレガントで爽やかな印象を与えたい方には、ブルーがおすすめです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) スリットタイトスカート

タイトながら身体のラインを強調しすぎない、リラックス感が魅力のスカートです。サイドに施された大きめのポケットがさりげないアクセントになり、こなれ感を演出。

カラーバリエーションも豊富なので、好みに合わせて選べます。オフィスカジュアルとしてはもちろん、休日のきれいめコーデにも重宝するアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) サテンフレアマキシ スカート

シルキーなサテンの光沢がスタイリングに華やかさを与え、女性らしさを底上げできるスカートです。オフィスカジュアルにはもちろん、プライベートでも愛用できます。今っぽさのあるオフィスカジュアルを楽しみたい方におすすめの1枚です。

ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC) メタルバックルフレアスカート

やや膨らみをもたせたフレアシルエットが、女性らしさを演出する1枚です。カラーはブルー・ベージュ・ネイビーの3色展開。華奢なメタルバックルがウエストを引き締めて見せ、メリハリのある着こなしを実現します。

トップスの裾をインしてもアウトしても、コーデがキマりやすいのが魅力。幅広いスタイルに合わせやすい、おすすめのスカートです。

フレイ アイディー(FRAY I.D) オーナメントレースタイトスカート

オーナメント柄の上品なレース素材をベースに、ラメ糸を織り込んでモダンな印象に仕上げたスカートです。広がりを抑えたタイトなシルエットなので、大人っぽくエレガントな雰囲気に仕上げられます。スリット入りで、足さばきも良好です。

セシール(cecile) タイトスカート

さまざまな職場に対応できる、シンプルなタイトスカートです。吸汗・速乾性に優れており、接触冷感効果にも期待できるので、春夏に重宝します。一般的なスカートに用いられている素材より涼しく感じると謳われている清涼素材が、ムレを防いで快適な着用感をキープします。

丈は、55と60cmの2種類から選択可能。サイズ展開も豊富で、自分の体型に合わせて選びやすいのも魅力です。

ミラオーウェン(Mila Owen) ステッチワークアシメフレアスカート

アシンメトリーのデザインと、ウエストベルトでデザイン性を高めたスカートです。ハリのある素材を採用しているので、立ったり座ったりを繰り返しても美しいシルエットを維持できます。シンプルなトップスを合わせてもサマになり、こなれ感のあるオフィスカジュアルを実現できるのも魅力です。

アーバンリサーチ ドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS) 小花柄ギャザーフレアスカート

ヴィンテージライクな小花柄で、キュートになりすぎないスカートです。落ち着きのあるデザインなので、オフィスカジュアルにも対応できます。ウエストはゴム仕様で、快適な着心地を実現。すとんと落ちるタイト気味なシルエットに仕立てられているため、上品な印象を与えられます。

アーバンリサーチ ドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS) リヨセルコットンフレアスカート

身体のラインを拾いにくく、スタイルアップをサポートするスカートです。さらりとした生地となめらかな光沢が、涼しげでエレガントな着こなしを叶えます。ボタンシャツを合わせてきれいめに着たり、ブラウスを合わせて大人かわいい印象に仕上げたりと、便利に使える1枚です。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) フェイクスエード ナロースカート

あたたかみのあるフェイクスエードを採用した、秋冬のオフィスカジュアルにぴったりなスカートです。きちんと感がありながら、ほどよく抜け感のあるスタイリングを実現できるため、親しみやすい印象を与えます。カラーは、ベージュ・ダークブラウン・ライムの3色展開です。

オフィスカジュアルにおすすめのスカートの選び方

会社の雰囲気にあったモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

オフィスカジュアルでは、会社の雰囲気にあったアイテムを選ぶことが大切です。例えば、小花柄のガーリーなスカートを許容範囲とする企業や職種もあれば、黒・ネイビー・ベージュといった落ち着きのある色のアイテムのみを許容範囲としている会社もあります。

オフィスカジュアルの定義は曖昧で、会社によって捉え方やボーダーラインはさまざま。迷った場合は、上司や先輩の服装を参考にするのもおすすめです。上手に取り入れて、プライベートとオフィスカジュアルの線引きをしてみてください。

丈はひざ丈かひざ下丈のものを選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスカジュアルのスカートは、ひざ丈もしくはひざ下丈のアイテムを選ぶのがおすすめ。ショート丈のスカートはカジュアルな印象を与えやすいうえ、肌の露出も多いため、一般的なビジネスシーンにはあまり向いていません。

ひざ丈のアイテムはさまざまなトップスと合わせやすく、コーデのバランスを取りやすい点が魅力です。また、ひざ下丈のアイテムは体型をナチュラルにカバーしやすいので、スタイルアップを望めます。

フェミニンな着こなしに仕上げたいときはひざ丈、エレガントで品のある印象を与えたいときはひざ下など、アイテムを使い分けるのもおすすめです。

カラーや柄は落ち着いたものを選ぶ

By: rakuten.co.jp

ショッキングピンクなど彩度の高い色のスカートは派手になりすぎてしまうため、オフィスカジュアルコーデに取り入れるのは避けた方が無難。基本的には、落ち着いた色や柄のものを選んで、品よく清潔感のある印象に仕上げてみてください。

また、一見カラフルなアイテムでも、爽やかな印象を与えられるシルエットやソフトな色を採用したアイテムなら、一般的なオフィスカジュアルコーデに取り入れられます。しかし、規則が厳しい会社の場合は、黒・グレー・白・ベージュなどのベーシックな色で、ワンカラーで仕立てられたスカートを選ぶのがおすすめです。

素材はカジュアルすぎるものを避けて

By: amazon.co.jp

デニムやチノクロス、スウェットなどの、ラフになりすぎてしまう素材はきちんと感が出にくく、ビジネスシーンにはあまり向きません。また、会社や職種によっては、かわいらしく見えがちなチュール素材も避けた方が無難です。

オフィスカジュアルには、繊細なレースやシルキーな光沢感のあるサテンなど、女性らしさと品のよさを両立できる素材がぴったり。また、フレアやマーメイドなどの特徴的なシルエットを採用したスカートを選ぶ場合は、適度にハリがあってシワになりにくい素材かどうかも意識してみてください。

スカートの素材にハリがないと、シルエットが崩れて品のよさが失われるほか、シワが目立って清潔感がなくなってしまうこともあるので要注意です。

ジャケットを合わせるとよりオフィス仕様に

By: amazon.co.jp

プライベート寄りの着こなしでも、ジャケットを羽織るときちんと感が増すため、一気にオフィス仕様へシフトできます。なかでも、「テーラードジャケット」は大人っぽい上品なオフィスカジュアルスタイルを実現できるので、1着あると便利です。

また、服装規程が厳しくない会社の場合は、襟のない「ノーカラージャケット」を取り入れるのもおすすめ。テーラードジャケットよりも真面目になりすぎず、抜け感が生まれます。デコルテラインがすっきりするため、襟つきのシャツやブラウス、長めのネックレスとも好相性です。