タウンユースにはもちろん、アウトドアやウィンタースポーツでも活躍する「ダウンジャケット」。ウールやレザーのジャケットに比べて軽量で暖かいのが特徴で、一度着たら手放せないほど便利な冬の必須アイテムです。

しかし、ダウンジャケットといっても、中に入っている素材やその他の機能には違いがあり、用途に合った製品選びが重要。そこで今回は、ダウンジャケットの選び方とおすすめの人気ブランド・モデルをご紹介します。

ダウンジャケットの「ダウン」とは

ダウンジャケットに使われる「ダウン」は、水鳥の胸部に生えている羽軸のない、ふわふわとした羽質の毛のこと。鳥にとって肌着のような役割をしており、周りに空気の層を作ることで高い保温性を保ちます。

一方で、ダウンジャケットに含まれることも多い「フェザー」は、羽軸のある羽毛のこと。弾力性があるため中綿として使用すると製品の型崩れを防げるがポイントです。一般的に、フェザーの混合率が高いと、価格は下がると言われています。

ダウンジャケットの選び方

ダウンとフェザーの割合で選ぶ

一般的にダウンの割合が高いほど軽量ですが、ダウンのみだと柔らかすぎるため、型崩れしてしまいます。ダウンジャケットは20〜40%ほどフェザーが含まれている製品がほとんど。

安価な製品は、ダウンとフェザーの割合が各50%で作られているため、人によっては重さが気になる場合があります。アウトドアや旅行などで荷物を極力軽くしたい方はダウンの混合率が高い製品、普段使いで価格を抑えたい方はフェザーの割合が高い製品を選ぶとよいでしょう。

ダウンのかさ高を示す「フィルパワー」にも注目

By: amazon.co.jp

フィルパワーとは、1オンス(約28g)の羽毛をシリンダーに入れたときの体積を示した単位です。羽毛の膨らみが大きくフィルパワーの数値が大きいほど、羽毛に含まれる空気が層を作るので、熱を外に逃さないダウンジャケットといえます。

高品質と呼ばれるフィルパワーの目安は700以上。詰められているダウンの量とも関係しており、混合率が高いほど、フィルパワーも大きくなります。

用途に合わせて選ぶ

普段使い用の場合は保温性にこだわり過ぎない

By: rakuten.co.jp

タウンユースとしてダウンジャケットを着る場合は、ダウンの混合率が低めでも十分に防寒が可能です。逆に、保温性が高いほど通気性が悪くボリューミーなので、電車移動の際や温かい日には動きやすさや温度調節の面で不便。タウンユースの場合は、価格保温性・デザインのバランスを見て選択するのがおすすめです。

アウトドアで使用するなら耐水性の高さもチェック

アウトドアでダウンジャケットを着る際は、雨や雪でも水分を含んで重たくなったり、冷たくなったりしない製品を選びましょう。耐水性のあるダウンジャケットを選ぶときには、羽毛よりダウンジャケット表面の素材が重要です。防水性、撥水性に優れた素材や、縫い目が少ない製品を選ぶと耐水性に期待できます。

ダウンジャケットのおすすめ人気ブランド

カナダグース(CANADA GOOSE)

カナダグースは、1957年にカナダのトロントで創業したブランドです。ダウンウェアを中心に、耐久性・保湿性・機動性に優れた実用的なアイテムを展開。北極探検家やエベレスト登山家に対してウェアを提供するなど積極的なサポートを行い、フィードバックを製品の改良に役立てています。

カナダグース(CANADA GOOSE) ダナムジャケット 2210M

カナダグース(CANADA GOOSE) ダナムジャケット 2210M

シンプルなデザインのキルティングに超軽量ダウンを封入し、軽やかな着心地を実現したダウンジャケット。スリムなシルエットで仕上げられているため、タウンユースにおすすめのアイテムです。

ジッパー付きハンドポケットの手の甲が当たる箇所には、暖かいトリコット素材を採用しています。裾や親指ホール付きの袖口はリブニット製で、熱を逃しにくい仕様。肘の内側をニットで切り替え、フィット感と動きやすさを高めています。

カナダグース(CANADA GOOSE) ダウンジャケット カブリフーディー 2208M

カナダグース(CANADA GOOSE) ダウンジャケット カブリフーディー 2208M

多方向へのストレッチ性を持つ素材で作られたダウンジャケット。柔軟性が高く、動きやすい3層構造の二重織素材を使用しています。内側のジッパーポケットに収納できるパッカブル仕様で、暖かい日の持ち運びが簡単です。

フロントジッパーの下には雨風を遮断するためのストームフラップを装備。裾や袖口は熱が逃げにくいリブニット仕立てなので、保温性はバッチリです。機動性とフィット感を高めるため、肘の内側はニット素材で切り替えています。

モンクレール(MONCLER)

「モンクレール」は1952年にフランス、グルノーブル郊外の山村で設立されたダウンウェアブランドです。フォアグラ用に飼育されたグースの羽毛のみを使用するなど、素材への徹底的なこだわりが特徴。ファーやレザーといった異素材をアクセントにしたデザインやモダンなシルエットなど、ファッション性の高さでも人気を集めています。

モンクレール(MONCLER) ダウンジャケット モンジュネーブル

モンクレール(MONCLER) ダウンジャケット モンジュネーブル

ダウン90%・フェザー10%が配合された保温性抜群のダウンジャケット。左袖のスナップボタン付きポケットにあしらわれたブランドロゴがアクセントになっています。

フードと裾には伸縮性のドローストリングが入っているため、冷気をシャットアウト。また、フードは状況に合わせて取り外しが可能です。表地は撥水加工が施されたウールフランネル製で、デイリーユースしやすい雰囲気から、モンクレールの定番アイテムとなっています。

モンクレール(MONCLER) ダウンジャケット セルヴィエール

モンクレール(MONCLER) ダウンジャケット セルヴィエール

往年のスキージャケットから着想を得た、カジュアルに着用できるショート丈のダウンジャケットです。表地には防水性に優れたナイロンを採用。チェストの部分だけ質感の異なるラッカーナイロンで切り替え、デザインにアクセントを加えています。

左胸にあしらわれているのは、1957年のオリジナルグラフィックを再現したレトロなブランドロゴパッチ。取り外し式なので、雰囲気を変えたい場合に重宝します。

デュベティカ(DUVETICA)

「デュベティカ」はイタリア、ヴェニスの近郊で2002年にスタートしたダウンウェアブランド。抜群の保温性に加えて、洗練されたデザインが魅力のウェアを展開しています。ダウンジャケットにおいて最も重要な素材である羽毛には、フランス産の最上級品を厳選。縫製は技術の高い工場で専門の技術者が全行程を手掛けています。

デュベティカ(DUVETICA) ダウンジャケット ディオニシオ ストレッチリップストップ

デュベティカ(DUVETICA) ダウンジャケット ディオニシオ ストレッチリップストップ

フードトップまで続いているフルジップを採用し、高い防寒性を有するダウンジャケット。表地は伸縮性に優れたナイロン生地で、アクティブなシーンにおいても動きやすいのが魅力です。

厳選されたフランス産の羽毛をダウン90%・フェザー10%で配合しており、保温性はバッチリ。気軽にタウンユースできるモダンなショート丈に仕上げられています。

デュベティカ(DUVETICA) ダウンジャケット ドラウグルイン

デュベティカ(DUVETICA) ダウンジャケット ドラウグルイン

ナイロンとニットによるハイブリッドデザインが目を引くダウンジャケット。前身頃・フード・エルボーパッチにはダウン入りのナイロンを配し、袖や背中はウール100%の高品質なニットで仕上げています。

厳しい環境下で役立つ一体型のフードまでつながっているフルジップは、デュベティカのアイコン。モード感のある細身のシルエットで、ダウンジャケットをスタイリッシュに着こなしたい方におすすめのアイテムです。

タトラス(TATRAS)

ポーランドや日本とのコーポレートブランドとして、イタリアで設立された「タトラス」。上質な素材として世界的に認められているポーランド産のホワイトグースダウンを使用した、軽くて暖かいダウンウェアで人気を博しています。すっきりとしたシルエットに仕立てられているため、エレガントに着こなせるのが魅力です。

タトラス(TATRAS) ダウンジャケット BOESIO

タトラス(TATRAS) ダウンジャケット BOESIO

ブロックキルトのダウンパックを採用し、ボリュームを抑えたダウンジャケットです。前面はスッキリとした印象のショート丈で、カジュアルスタイルにピッタリ。腰回りが暖かくなるように背面は長めに設定されています。

マットな質感のナイロン生地は、心地よい肌触りが魅力のひとつです。フロントには長財布が入る大振りなジップポケットを装備。また、雨風をしのぎたいときに重宝する取り外し式のフードが付属しています。

タトラス(TATRAS) ダウンジャケット AGORDO

タトラス(TATRAS) ダウンジャケット AGORDO

表地にイタリア産の高品質なウールを使用したダウンジャケットです。マットな質感のシンプルなデザインが魅力。ウールが上品で高級感を醸し出しているので、大人の男性におすすめです。

雨に濡れた際に水を通しにくい止水ジップを採用。袖口には隠しのリブがあしらわれており、熱を逃しにくい仕様となっています。付属のフードはファスナーによって取り外しできるため、シーンに応じての使い分けが可能です。

デサント(descente)

「デサント」は1935年の創業からの長い歴史を持つ日本のスポーツウェアブランドです。スキーウェアやスイムウェアなど、各スポーツに特化したアイテムを展開。スポーツウェアのノウハウを、さまざまなシーンで着用しやすいデザインに落とし込んだレーベル”オルテライン”は、看板アイテムの水沢ダウンを中心にファッション好きの注目を集めています。

デサント(descente) オルテライン 水沢ダウンジャケット アンカー

デサント(descente) オルテライン 水沢ダウンジャケット アンカー

表地をストレッチ素材・裏地を保温性に優れた素材で仕上げた高機能なダウンジャケットです。縫い目の出ない熱接着加工を採用しており、縫製が必要な箇所はシームテープで補強。抜群の防水性を備えているため、中綿が劣化しにくく長く着用できます。

フロントジッパーはメッシュ生地を2列のジッパーで挟んだ構成で、外部の空気を取り込み衣服内にこもった不快な湿気を排出できるのがポイント。ブラック・ホワイト・ネイビー・オリーブといった豊富なカラーバリエーションが用意されています。

デサント(descente) オルテライン 水沢ダウンジャケット マウンテニア

デサント(descente) オルテライン 水沢ダウンジャケット マウンテニア

首元からの冷気の侵入をシャットアウトできるハイネック仕様で、高い防寒性を有するダウンジャケット。フードの内側部分が閉じられるようにジッパーがあしらわれているため、悪天候時にフードの中に雨や雪が溜まってしまうのを避けられます。

熱接着ノンキルト加工とシームテープで耐水性を高め、ダウンの弱点である浸水を防止。脇下のベンチレーションや通気性に優れたフロントシッパーのおかげで、暑いときにも楽に温度調節ができます。

ナンガ(NANGA)

「ナンガ」は伊吹山の麓である滋賀県米原市に拠点を置くダウンシュラフメーカー。シュラフ・登山用ジャケット・スウェットなど、アウトドア向けのアイテムを展開しています。安全で良質なダウンの厳選や熟練の職人による縫製といった目に見えにくいところへのこだわりが魅力です。

ナンガ(NANGA) オーロラダウンジャケット クラシック

ナンガ(NANGA) オーロラダウンジャケット クラシック

防水性・透湿性を兼ね備えたナイロン生地「オーロラテックス」を採用したダウンジャケットです。袖口には面ファスナー・フードの前後や裾にはドローコードを搭載しており、サイズ調節が簡単。冷気をしっかりシャットアウトできるため、保温性はバッチリです。

腰ポケットはハンドウォーマー付きで、手を暖かく包んでくれます。アウトドアシーンで活躍する実用性はもちろん、タウンユースしやすいシンプルなデザインが魅力です。

ナンガ(NANGA) 焚火ダウンジャケット

ナンガ(NANGA) 焚火ダウンジャケット

表地に難燃素材を使用しており、冬場の焚火シーンに安心して着用できるダウンジャケット。大振りな腰ポケットに加え、手袋などの小物の収納に便利な胸ポケット・ジッパー付きの内ポケットを装備しています。

付属のフードはドローコードでサイズを調節できるアジャスタブル仕様。秋冬の着こなしにピッタリな落ち着いたカラーバリエーションが揃っているため、デイリーユースにもおすすめのアイテムです。

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は1975年に設立された日本のアウトドアブランド。”機能美”や”軽量と迅速”といったコンセプトのもと、実用性に優れたアウトドア用品を展開しています。自然環境の保全・自然災害への対応・エコツーリズム・バリアフリーといったミッションを掲げており、社会貢献活動への取り組みも積極的なブランドです。

モンベル(mont-bell) ダウンジャケット

モンベル(mont-bell) ダウンジャケット

独特な十字模様のキルティングデザインが目を引くダウンジャケット。800フィルパワーという高水準の性能を誇るハンガリー産のグースダウンを使用しており、保温性はバッチリです。

ストレスのない着心地が楽しめる軽量設計がポイント。生地には撥水加工が施されているため、雨や雪が付着しにくく厳冬期のアウトドアウェアとして重宝します。

ダントン(DANTON)

「ダントン」は1931年にスタートしたフランスのワークウェアブランドです。1970年代~90年代にかけては、多くの行政やパリ地下鉄・フランス国鉄に制服や作業服を提供。実用性とデイリーユースしやすいデザインを兼ね備えたコレクションで人気を博しています。

ダントン(DANTON) インナーダウンジャケット JD-8751

ダントン(DANTON) インナーダウンジャケット JD-8751

適度なフィット感のあるコンパクトなシルエットにより、コートの下などに着込みやすいダウンジャケット。表地は光沢を抑えたマットな質感のナイロンで、アウターとしてもサマになるアイテムです。

アウトドアや旅行におすすめな薄手・軽量仕様。引き手付きのファスナーで開閉できるポケットを装備しており、裾はゴムスピンドによって調節可能です。左胸にあしらわれたブランドロゴがデザインのアクセントになっています。

ダントン(DANTON) ファー付き タッサーダウンジャケット

ダントン(DANTON) ファー付き タッサーダウンジャケット

より温かいダウンジャケットが欲しい方におすすめのファー付きモデル。マットな質感が特徴的で都会的な雰囲気のため、カジュアルすぎないところが魅力です。

ハンドウォームポケットは二重構造になっているのに加え、フラップを開けて収納できるので、防寒性だけでなく収納性の高さもポイント。なお、ファーは取り外しができます。デザイン面と機能面の両方に優れたおすすめのダウンジャケットです。

ショット(Schott)

「ショット」は1913年にニューヨークで創業したレザーウェアブランド。1928年には世界で初めてフロントジッパーを備えたライダースジャケットを発表し、ライダースの歴史に影響を与えました。映画のなかで着用されたり、ミュージシャンに愛用されたりするなど、カルチャーシーンにおいて大きな存在感を放っています。

ショット(Schott) レザーダウンジャケット 3181061

ショット(Schott) レザーダウンジャケット 3181061

表地に柔らかなシープスキンを使用したレザーダウンジャケット。ハードな印象ながらもシンプルなデザインで、さまざまなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。

独特のしなやかさがあるため着心地がよく、高い保温力で真冬のアウターにピッタリ。程よいボリュームに抑えられており、着膨れしにくいのもうれしいポイントです。

ショット(Schott) シュノーケルダウン カモ 3182010

ショット(Schott) シュノーケルダウン カモ 3182010

ミリタリーチックなカモフラ柄をあしらったダウンジャケットです。中綿にはダウンを80%・フェザーを20%使用しており、保温力はバッチリ。フードやウエストのドローコードを使えば、風の侵入を防げます。

フードのファーは取り外し可能で、コーディネートの雰囲気を変えたい場合におすすめ。バイカースタイルはもちろん、タウンユースでも活躍してくれる汎用性に優れたアイテムです。

ピレネックス(PYRENEX)

「ピレネックス」はピレネー山脈の麓、フランスのサン・セベで1859年に創業したフランスの羽毛メーカーです。1960年代からはキャンプ用品を中心にアパレルの製造を開始。厳しい気象条件のもとで育ったダックからピッキングした保温性抜群のダウンを使用したアイテムで人気を博しています。

ピレネックス(PYRENEX) アヌシージャケット HMK009

ピレネックス(PYRENEX) アヌシージャケット HMK009

スーツやジャケットのうえから着用してもストレスを感じにくいように肩回りや腕のパターンを立体的に仕上げたダウンジャケット。ジャケットの裾が隠れるミドルレングスで、ビジネスシーンにおすすめのアイテムです。

表地にはポリウレタンでラミネートされた撥水素材を使用しており、小雨程度なら防ぐことが可能。襟元やフロントポケットの内側は暖かいフリース仕様で、フードにはボリュームのあるアライグマのファーがあしらわれています。

ピレネックス(PYRENEX) ベルフォールジャケット HMK010

ピレネックス(PYRENEX) ベルフォールジャケット HMK010

ビジネス・プライベートを問わずに着用できる、クラシカルなデザインのダウンジャケット。表地はコットンとナイロンの混紡素材で、マットでしなやかな質感に加えて抜群の耐久性が魅力です。

ダウン90%・フェザー10%を配合し、700フィルパワーという優れた保温力を実現。取り外し式のフードにはドローコードとスナップボタンが付いているため、着用シーンに合わせて調節可能です。

ヘルノ(HERNO)

「ヘルノ」は1948年に創業したイタリアのファッションブランドです。品のあるデザインと着心地のよさを兼ね備えたアウターを中心に、ラグジュアリーなコレクションを展開。近年はハイテク素材を伝統的な製造技術で仕上げた斬新なデザインが注目を集めています。

ヘルノ(HERNO) ダウンジャケット エスキモーレジェンド

ヘルノ(HERNO) ダウンジャケット エスキモーレジェンド

フロントに4つのパッチポケットを装備しており、フィールドジャケットを思わせるデザインが魅力のダウンジャケット。中綿に選択したのは超極細のグースダウンで、軽やかな着心地と抜群の防寒性を両立しています。

表地は20デニールの軽量なナイロン製です。味わい深いボルドーやオリーブなど、シックなカラー展開。着丈は長めに設定されており、ビジネスシーンにもおすすめなアイテムです。

ウールリッチ(WOOLRICH)

「ウールリッチ」は1830年にスタートしたアメリカのアウトドアブランドです。温かみのあるウール素材を用いたジャケットやアウターが看板アイテム。第二次大戦時にハンター同士の誤射を防ぐために開発した”バッファローチェック”は、現在もブランドのアイコンとして親しまれています。

ウールリッチ(WOOLRICH) フード付きダウンジャケット シエラ

ウールリッチ(WOOLRICH) フード付きダウンジャケット シエラ

撥水ストレッチ素材を用いてキルティング加工を施した悪天候に強いダウンジャケット。フロントはジッパーとスナップボタンによる二重構造で、冷気を通しにくい仕様になっています。

ややゆとりのあるシルエットなので、動きやすいのが魅力です。アームにあしらわれたレザーロゴパッチがデザインのアクセント。ドローコード付きのフードを装備しており、首元の防寒性はバッチリです。

ダウンジャケットのおすすめメンズコーデ

ノーカラーダウンのコンパクトコーデ

By: wear.jp

ノーカラーで薄手のダウンジャケットを使ったコンパクトなコーデです。中に合わせたチェックシャツが重たくなりがちな冬のコーデを軽やかに演出。くるぶし丈のチノパンツがコーデをコンパクト、かつバランスよく仕上げています。

季節によっては、さらにアウターを着込み、インナーダウンとしても着用可能です。

ダウンジャケット×ローファーを使った大人なコーデ

By: wear.jp

シンプルなネイビーのコートにボーダーのセーターというシンプルコーデ。ベーシックアイテムを混ぜることで、落ち着いた雰囲気を演出しています。上半身に濃い色のアイテムを集め、パンツと靴下を白で統一し、抜け感を演出。足元はスニーカーではなく革靴をチョイスし、カジュアルダウンしすぎない大人のコーデです。

スーツに合わせるダウンコーデ

By: wear.jp

ダウンジャケットはインナーで厚着する必要がないため、あまり厚着のできないスーツ出社の方におすすめのコーデです。スーツが見えない、長めの丈のダウンジャケットをチョイスしているところがポイント。

体にフィットしたボリュームのジャケットを選べば着膨れしにくいので、すっきりとしたコーデをしたいビジネスマンにもおすすめです。

アウトドアにもぴったりなアクティブコーデ

By: wear.jp

黒でまとめたコーデにカーキのダウンジャケットを着用して、アウターに視線を集めるコーデ。ハイネックのダウンジャケットは、厳しい寒さのなかでも暖かく機能性の高い製品です。バケットハットを合わせてアウトドアライクな印象に仕上げています。タウンユースではドレスシューズやローファーに合わせて、アウトドアではブーツやスニーカーに合わせるのがおすすめです。

清潔感のあるネイビーコーデ

By: wear.jp

ダウンジャケット・インディゴデニム・シューズの色味を合わせ、トップスと靴下に白を持ってきた清潔感のあるコーデです。ハイネックのトップスは、ボリューミーなダウンコーデをすっきりと上品に見せてくれます。
白とネイビーのベーシックなコーデにアクセントがほしいときは、メガネや帽子など小物で個性を演出するのがおすすめです。

番外編|ダウンジャケットのお手入れ方法

長く使うために大事なのは日々のケア

ダウン製品は空気の層ができることで保温性が高まるので、常にふんわりとした形状を保つことが重要。毎日ハンガーにかけて、形や中綿の入り方を整えましょう。干す場所は、表面の傷みを抑えるために直射日光を避けた風通しのよいところがおすすめです。

洗濯表示に手洗いマークがあれば家でも洗える

ダウンジャケットを洗いたいときは、通常のアウターとは異なる特別なケアが必要です。製品のタグに付いている洗濯表示に洗濯機マークや、手洗いのマークが付いていれば自宅での洗濯が可能。

自宅で手洗いをする場合、ファスナーやボタンを閉め、形状を整えた状態で洗濯すると型崩れしにくくなるのでおすすめです。その際、使用する洗剤はいつもと同じ洗濯洗剤ではなく、ダウン専用のものを使うと風合いを損ねることなく洗えます。

クリーニングが安心

手洗いができる製品と表示されていても、洗い方や乾かし方が悪いと、型崩れや風合いを損ねてしまう恐れがあります。長く使いたいお気に入りのダウンであれば、クリーニングに出すのがおすすめ。自宅クリーニングほどリーズナブルではありませんが、汚れの程度や素材に合わせて洗濯してくれるので安心です。