ダウンジャケットはタウンユースにはもちろん、アウトドアやウィンタースポーツでも活躍する防寒アウター。ウールやレザーの製品に比べて軽量で暖かいのが特徴で、一度着たら手放せないほど便利な冬の必須アイテムです。

しかし、ひとことでダウンジャケットといっても、中に入っている素材やその他の機能には違いがあり、用途に合った製品選びが重要です。そこで今回は、ダウンジャケットの選び方とおすすめの人気ブランド・モデルをご紹介します。

ダウンジャケットの「ダウン」とは

ダウンジャケットに使われる「ダウン」は、水鳥の胸の部分に生えている羽軸がないふわふわとした羽質の毛のこと。鳥の素肌に近い部分が肌着のような役割をしており、周りに空気の層を作ることで高い保温性を保ちます。

一方で、ダウンジャケットに含まれていることも多い「フェザー」は羽軸のある羽毛のこと。弾力性があるため中綿として使用した際に製品の型崩れを防げるがポイントです。一般的に、フェザーの混合率が高いと、価格は下がると言われています。

ダウンジャケットの選び方

By: amazon.co.jp

ダウンとフェザーの割合で選ぶ

ダウンジャケットは暖かく、ダウンの割合が高いほど軽くなります。ですが、柔らかいダウンのみが中綿に使われていると型崩れしやすくなるので、20〜40%ほどフェザーが含まれている製品がほとんどです。

安価な製品は、ダウンとフェザーの割合が各50%で作られているため、人によっては重さが気になる場合があります。アウトドアや旅行などで荷物を極力軽くしたいという方はダウンの混合率が高い製品、普段使いで価格を抑えたい方はフェザーの割合が高いモノをおすすめします。

ダウンのかさ高を示す「フィルパワー」にも注目

フィルパワーとは、羽毛を1オンス(約28g)のシリンダーに入れたときのふくらみ度合いを示した単位です。フィルパワーの数値が大きくなればなるほど、羽毛に含まれている空気が層を作るので、熱を外に逃さないダウンジャケットといえます。高品質と呼ばれるフィルパワーの目安は700以上。詰められているダウンの量とも関係しており、混合率が高いほど、フィルパワーも大きくなります。

用途に合わせて選ぶ

普段使い用の場合は保温性にこだわり過ぎない

By: rakuten.co.jp

タウンユースでダウンジャケットを着用する場合は、ダウンの混合率が低めでも十分に防寒が可能です。逆に、保温性が高いほど通気性が悪く、ボリューミーなので、電車移動の際や気温の低くない日には動きやすさや温度調節の面で不便。タウンユースの場合は、価格と保温性、デザインのバランスを見て選択するのがおすすめです。

アウトドアで使用するなら耐水性の高さもチェック

アウトドアでダウンジャケットを着る際は、雨や雪でも水分を含んで重たくなったり、冷たくなったりしない製品を選びましょう。耐水性のあるダウンジャケットを選ぶ時には、羽毛よりダウンジャケット表面の素材が重要です。防水性、撥水性に優れた素材や、縫い目が少ない製品を選ぶと耐水性に期待できます。

ダウンジャケットのおすすめ人気ブランド

カナダグース(CANADA GOOSE)

1957年にカナダのトロントで創業したファッションダウンのブランドです。長きにわたり、メイド・イン・カナダの高度な裁断・縫製技術で北極圏の厳しい環境にも耐えられる設計の防寒アイテムを提供。製品の細部に至るまでクラフトマンシップへのこだわりを貫いた製品は機能性・デザイン性の両面から人気を集めています。

カナダグース製品の中でもっとも長い歴史をもつ「スノーマントラ」は、北極圏で働く人のために作られた機能性の高い製品です。過酷な環境下にいる人たちに愛用されてきたスノーマントラのDNAは、カナダグース製品全てに受け継がれています。

カナダグース(CANADA GOOSE) CHATEAU PARKA FF 3426MA

カナダグースの定番モデル「シャトーパーカ」。ダウン80%、フェザー20%を使用し、高い保温性と型崩れしづらいしっかりした着心地を実現した製品です。アジア人向けにシルエットをすっきりさせたフュージョンモデルなのでダボつかず、ビジネスルックにも取り入れやすいのでおすすめ。表面には撥水性に優れた高機能素材「アークティックテック」を使用し、耐水性も優れています。

カナダグース(CANADA GOOSE) MAITLAND PARKA 4550M

ミドルレングスと前面にある4つのポケットが印象的なメイトランドパーカ。ミドルレングスはシリーズの中で最も丈が短く、すっきりとカジュアルに着用できる製品です。中綿はカナダ・アルバート州のダックダウン80%、フェザー20%を使用しています。タウンユースでさりげなく着こなしたい方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) MACMILLIAN PARKA 3804MB

マクミランパーカは、細身の体にフィットするデザインでコンパクトに着用できるモデルです。寒い時にはジッパーを締めることで、首までしっかりと寒さから保護。ファーよりシンプルなデザインも特徴で、袖口のリブニットやフリースなど防寒性を保ちつつすっきりと着こなせます。

モンクレール(MONCLER)

モンクレールは1952年にフランスで創業した高級ダウンウェアブランドです。初期はテントやシェラフなど登山家の装備品を手がけていましたが、フランス人初のヒマラヤ登頂を果たしたリオネル・テレイがジョインした後、本格的なダウンウェア製造を開始。トータルコーディネートに対応できる幅広いダウン製品の販売や冬季オリンピックでの公式ユニフォームのスポンサーを経て、現在では最先端のトレンドを牽引するブランドのひとつです。

モンクレール(MONCLER) GARTEMPE gartempe-54272

スキーウェアをイメージしたボリューミーなシルエットが特徴のモデル「GARTEMPE」。ツイル生地の高級感と襟部分につけられたニットや存在感のあるジッパーが演出するスポーティさが絶妙な製品です。中綿はグースダウン90%、フェザー10%で、暖かさと軽さを実現しています。

モンクレール(MONCLER) ダウンジャケット ARLES mnr0022dwn

80年代風のボリューミーなシルエットを現代的なデザインで蘇らせたダウンジャケット。身頃と袖のミリタリーキルティングとフードに施されたグラフィックが特徴です。ダウン90%、フェザー10%の混合率で、ショート丈でも十分な暖かさを保ちます。袖は取り外し可能なので、季節や気温に合わせたコーディネートを楽しみたい方におすすめです。

モンクレール(MONCLER) VALENCE 53334 742

胸元のポケットが印象的なダウンジャケット。グースダウン90%、フェザー10%を使用しており、インナーが薄手でも暖かく着膨れしません。またフードと袖部分に付いているドローコードを調整することで、防寒性能にも期待できます。ツヤのある表面のナイロン素材は柔らかで高級感があり、コーディネートをワンランク上に仕上げてくれるところがポイントです。

デュベティカ(DUVETICA)

2002年、イタリアのベニス郊外で誕生したダウン専業のブランド。デュティカという名前には「モノ作りをする人々とその環境に対する尊重」と「素材の価値を損なわない製品をお客様へお届けする努力と誠実さ」という意味が込められています。全ての製品にフランスのペリゴール地方で採取されたダウンのみを使用しており、ファブリックや各部品にも選りすぐりの高級品を使用しています。

デュベティカ(DUVETICA) DIONISIO 152-U.2251.00/1035.R

光沢のある生地が特徴のモデル「ディオニシオ」。タイムレスでスタイリッシュな雰囲気と色使いで長く使える製品です。ダウンが90%以上混合されており、着ているのを忘れるような軽さと暖かさを両立しています。

タトラス(TATRAS)

タトラスは2006年創業のイタリアミラノに拠点を置くアウトフィットレーベル。イタリア・ポーランド・日本のコーポレートブランドとして、ダウンウェアを中心に展開しています。タトラス製品のテーマは、「機能的」「洗練されている」「唯一無二」の3つ。タトラスの製品は、ポーランド産の広大な農場で育てられた鳥の羽毛を使用しているため保温性に優れています。

タトラス(TATRAS) BELBO mta19a4562-19

フライトジャケットをイメージしたハンサムなモデル「ベルボ」。軽量でグレード感のあるシャイニーな生地をシェルに採用し、華やかな雰囲気を演出します。90%グースダウン、10%フェザーを使用し高い保温性をキープしながらも、タトラス製品らしい細身のシルエットを演出できるのが魅力です。

タトラス(TATRAS) ERRO mta19a4573

ミリタリーをイメージしたモデル「エッロ」。グースダウンを90%利用したダウンジャケットながら、MA-1のようなすっきりと動きやすいシルエットが特徴です。タウンユースで動きやすさと暖かさを両立したい方におすすめ。表面はナイロンツイルが使用されており、耐久性や撥水性にも優れています。

デサント(descente)

1950年代から展開を開始した日本のブランド。「すべての人に、スポーツを遊ぶ楽しさを」を理念に、スキー用品や野球のユニフォームなど幅広く手がけています。デサントのシンボルである3本の矢印が下に向かっているデザインは、スキーの基本技術3種類を表現しており、時代の流れを反映した積極的な製品づくりを象徴しています。

デサント(descente) ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN JACKET MOUNTAINEER DIA3770U

デサントで人気のダウン製品である水沢ダウンの機能性と快適性をさらにグレードアップしたハイスペックモデル「マウンテニア」。熱接着によるノンキルト構造とシーム加工で、ダウン90%を使用した中綿が濡れるのを防ぎ、悪天候下でも高い耐水性と防風性を保ちます。シンプルながら、存在感のあるファスナーとハイネックのデザインがポイントになっており、長く使えるダウンジャケットを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカで生まれたノースフェイス。スリーピングバッグやテントなど、アウトドア用品を手掛け、機能性の高さとタウンユースでも活躍するデザイン性の高さが魅力です。 「自然を模倣するのではなく、自然に存在する複数の原理感の相互作用を調整し、これまでにない新しい機能を引き出す」 という”デザインサイエンス”の理念に基づいた製品づくりをしています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Novelty Nuptse Jacket ND91842

1990年代のノースフェイスを代表するヘリテージモデル「ヌプシジャケット」。当時の仕様をキープしつつ、シルエットを現代風にアレンジしています。中綿にはダウン80%、フェザー20%を詰め、表面は高耐久で撥水加工を施したナイロンを使用しているので、アウトドアからタウンユースまで広く活躍する製品を探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) WS Zepher Shell Cardigan NDW91861

衣服内への外気の侵入を防ぐ高い防風性と通気性を持ち合わせたダウンアイテム。中綿は赤外線の効果で自然な暖かさを保つクリーンダウンが使われています。カジュアルで動きやすいアウターとして、寒さが厳しい時にはコートのインナーとしても使える汎用性の高さがおすすめです。左の腰ポケット付近には小物の収納に役立つポケットも付いています。

ナンガ(NANGA)

1941年に近江真綿布団の産地でスタートした日本の寝袋メーカー。羽毛の町から誕生しただけに、ナンガ製品で使われる羽毛は国内での洗浄・加工にこだわり、熟練した職人によって製造されています。長年にわたる選定や管理方法のノウハウによってできる寝袋やダウンウェアが人気です。

ナンガ(NANGA) AURORA DOWN JACKET

表面の生地にオーロラテックスと呼ばれる防水性に優れた素材を使用したダウンジャケット。アウトドアでも十分に役立つ機能性とタウンユースでも映えるデザイン性の高さが魅力です。ハンドウォーマー付きの腰ポケットや内ポケットなど収納機能も充実し、細部までこだわりが感じられます。

モンベル(mont-bell)

1975年、日本で設立した登山用品メーカー「モンベル」。アウトドアシーンではもちろん、タウンユースもできるウェアのラインナップが魅力のブランドです。商品開発のコンセプトは”Function is Beauty(機能美)”と”Light & Fast(軽量と迅速)”。自然環境を守るという使命の元、さまざまな社会貢献活動も行なっています。

モンベル(mont-bell) スペリオダウン 1101503

高品質な800フィルパワーのダウンを使用したノーカラータイプのダウンジャケット。アウターだけではなくインナーダウンとしても使える上、襟元もストレスなくすっきりと着用可能です。コンパクトに折りたためるので、バックに常備しておくのもおすすめ。撥水効果のある素材を採用しているので、雨の日にも活躍します。

モンベル(mont-bell) プラズマ1000 1101493

モンベルが培ってきたアウトドア製品の製造ノウハウを集結したダウンジャケット。世界最高級品質の1000フィルパワーダウンを、高耐久かつ軽量の極薄シェルを包むことで、130gという軽さを追及しました。アウトドアシーンではもちろん、冷寒地での活動にもおすすめの1着です。

ダントン(DANTON)

1930年代にフランスでスタートしたワークウェアブランド。1970年代までパリ市内の地下鉄や行政組織の制服を製造していたことからも分かるように、ワークウェアとしての機能的なデザインを追求しています。現在ではシャツ・パンツ・アウターなどのウェアやバッグなどを幅広く展開。シンプルな中にもフランスらしいエスプリが感じられる製品が揃っています。

ダントン(DANTON) フードファーミドル丈ダウンジャケット danton-jd-8532

ダウン80%、フェザー20%を使用したミドル丈のダウンジャケットです。裏地には高密度で通気性と保温性に優れた素材を採用し、厳しい寒さの中でも暖かさをキープ。シックでありながら、ボリューミーなファーやダントンのロゴが施されています。ダントンらしい、シンプルさの中に機能性を両立した毎日着用したくなる製品です。

ダントン(DANTON) インナーダウンジャケット danton-jd-8644

マットな質感の素材を使用したノーカラータイプのダウンジャケット。カジュアルなアウターとしてさっと羽織るもよし、コートのインナーとして着てもよしのコーディネートしやすいデザインです。ダウン90%、フェザー10%が詰まっており、薄手で軽量ながら暖かく、コーディネートの幅を広げてくれます。

ショット(Schott)

1913年にニューヨークで誕生したショット。当初はレインコートの製造を行なっていましたが、1920年代後半に発売されたフロントジッパーのライダースジャケットによって、有名ブランドに成長。ショット製品はメイド・イン・アメリカにこだわり、熟練の職人がひとつひとつ作り上げています。

ショット(Schott) SNORKEL 3172024

ダウン80%、フェザー20%を使用した飽きのこないシンプルなデザインのモデル。胸ポケットは防水仕様になっており、スマホなどの小物を入れるのに便利です。また、ウエスト部分のポケットはフラップが付いており、小物が落ちにくいところもポイント。フードは着脱可能で、さまざまなコーディネートを楽しめるアイテムです。

ピレネックス(PYRENEX)

1850年代、フランスのピレネー山脈地方で創業したブランド。ピレネックス発祥の地はフォアグラの産地でもあり、創業当時から食用鳥の鳥羽を使用して製品を作り続けています。1960年代からは本格的なアウトドア向けアパレルの製造を開始。自社工場で原毛の採取から製品化までを一貫して行なっています。

ピレネックス(PYRENEX) ANNECY JACKET HMI014

700フィルパワーのフランス産高品質ダウンを90%使用したミドルレングスのダウンジャケットです。表面の素材は高い密度で織られたコットンとナイロンのギャバジン。撥水効果もあるので、小雨程度であれば十分な耐水性を発揮します。ミドルレングスに加え、立体構造が着膨れを防いでくれるので、スーツに合わせるのもおすすめです。

ダウンジャケットのおすすめメンズコーデ

ノーカラーダウンのコンパクトコーデ

By: wear.jp

ノーカラーで薄手のダウンジャケットを使ったコンパクトなコーデ。中に合わせたチェックシャツが清潔感を演出し、くるぶし丈のチノカラーパンツがコーデをコンパクトかつバランスよく仕上げています。季節によっては、インナーダウンとしてコートを羽織ってもおしゃれです。

ダウンジャケット×ローファーを使った大人なコーデ

By: wear.jp

シンプルなデザインのコートにボーダーのセーターというベーシックアイテムを混ぜることで、落ち着いた雰囲気を演出。上半身に濃い色のアイテムを集め、パンツは白で抜け感を出しています。足元はスニーカーではなく革靴をチョイスし、カジュアルダウンしすぎない大人のコーデです。

スーツに合わせるダウンコーデ

By: wear.jp

ダウンジャケットはインナーで厚着する必要がないため、ビジネスパーソンにおすすめ。このコーデはスーツに合わせて丈が長めのダウンジャケットをチョイスしているところがポイントです。

ダウンジャケットのボリューム感と丈の長さに注意しましょう。程よいボリュームでよりスマートに、長めの丈で上品さをプラスできます。

アウトドアもOKなアクティブコーデ

By: wear.jp

黒でまとめたコーデにカーキのダウンジャケットを着用して、アウターに視線を集めるコーデ。ハイネックのダウンジャケットは、厳しい寒さの中でも暖かく機能性の高い製品です。バケットハットを合わせてよりアウトドアライクな印象に仕上げています。タウンユースではドレスシューズやローファーに合わせて、アウトドアではブーツやスニーカーに合わせるのがおすすめです。

清潔感のあるネイビーコーデ

By: wear.jp

ダウンジャケット、インディゴのデニム、シューズに色味を合わせ、トップスと靴下に白を持ってきた清潔感のあるコーデです。ハイネックのトップスは、ボリューミーのあるダウンコーデをすっきりと上品に見せてくれるおすすめアイテム。ベーシックに感じるときは、メガネや帽子でアクセントをつけると、おしゃれ要素を追加できます。

番外編|ダウンジャケットのお手入れ方法

長く使うために大事なのは日々のケア

ダウン製品は空気の層ができることで保温性が高まるので、常にふんわりとした形状を保つことが重要。毎日、使い終わったらハンガーにかけて形や中綿の入り方を整えましょう。干す場所は、表面の傷みを抑えるため直射日光を避けた、風通しのよいところがおすすめです。

洗濯表示に手洗いマークがあれば家でも洗える

もし、ダウンジャケットを洗いたいときは、通常のアウターとは違う特別なケアが必要です。製品のタグに付いている洗濯表示に洗濯機マークや、手洗のマークが付いていれば自宅で洗濯できます。

自宅で手洗いをする場合、ファスナーやボタンを閉め、形状を整えた状態で洗濯すると型崩れしづらいのでおすすめです。その際使用する洗剤はいつもと同じ洗濯洗剤ではなく、ダウン専用のものを使うと風合いを損ねることなく洗えます。

クリーニングが安心

手洗いができる製品と表示されていても、洗い方や乾かし方が悪いと、型崩れや風合いを損ねてしまう恐れがあります。長く使いたいお気に入りのダウンであれば、クリーニングに出すのがおすすめ。自宅クリーニングほどリーズナブルではありませんが、汚れの程度や素材に合わせて洗濯してくれるので安心です。