タウンユースにはもちろん、アウトドアやウィンタースポーツでも活躍する「ダウンジャケット」。ウールやレザーのジャケットに比べて軽量かつあたたかいのが特徴で、一度着たら手放せないほど便利な冬の必須アイテムです。

ダウンジャケットの中に入っている素材や機能には違いがあり、用途に合った製品選びが重要。そこで今回は、ダウンジャケットの選び方とおすすめのブランドをご紹介します。

ダウンジャケットの「ダウン」とは

ダウンジャケットに使われる「ダウン」は、水鳥の胸部に生えている羽軸のない、ふわふわとした羽質の毛のこと。鳥にとって肌着のような役割をしており、周りに空気の層を作ることで高い保温性を保ちます。

一方、ダウンジャケットに含まれることも多い「フェザー」とは、羽軸のある羽毛のこと。弾力性があるため、中綿として使用した際に、製品が型崩れしにくいのがポイントです。

ダウンジャケットの選び方

ダウンとフェザーの割合で選ぶ

一般的にダウンの割合が高いほど軽量ですが、ダウンのみだと柔らかすぎるため型崩れしてしまいます。ダウンジャケットは、20〜40%ほどフェザーを含んでいる製品が一般的です。

安価な製品のなかには、ダウンとフェザーの割合がそれぞれ50%ほどで作られているモノも多く、重さが気になる場合があります。アウトドアや旅行などで荷物を極力軽くしたい方はダウンの混合率が高い製品を、普段使いで価格を抑えたい方はフェザーの割合が高い製品を選んでみてください。

ダウンのかさ高を示す「フィルパワー」にも注目

By: amazon.co.jp

フィルパワーとは、1オンス(約28g)の羽毛をシリンダーに入れた際の体積を示した単位。フィルパワーの数値が大きいほど、羽毛の膨らみが大きく、中に含まれる空気の層により熱を外に逃がしにくくなります。

一般的に、高品質といえる製品のフィルパワーの目安は700以上。詰められているダウンの量とも関係しており、混合率が高いほどフィルパワーも大きくなります。

用途に合わせて選ぶ

普段使い用の場合は保温性にこだわり過ぎない

By: zozo.jp

タウンユースとしてダウンジャケットを着る場合は、ダウンの混合率が低めでも十分な防寒対策が可能。逆に、保温性が高いほど通気性が悪くボリューミーなので、電車移動の際やあたたかい日には動きやすさや温度調節の面で不便です。

さまざまなシーンで日常的に着用したい方は、価格やデザインのバランスを見てダウンジャケットを選択してみてください。

アウトドアで使用するなら耐水性の高さもチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアでダウンジャケットを着る際は、雨や雪でも水分を含んで重たくなったり、冷たくなったりしにくい製品を選びましょう。耐水性のあるダウンジャケットを選びたいときは、使用している羽毛の種類よりも、ダウンジャケット表面の素材のほうが重要になります。防水性と撥水性に優れた素材のモノや、縫い目の少ない製品がおすすめです。

ダウンジャケットのおすすめ人気ブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年創立の世界的アウトドアメーカー「ザ・ノース・フェイス」。ロゴに採用されている3本のカーブラインは、世界三大北壁を表しています。

快適な着心地だけでなく、使用する素材の環境への配慮にもこだわっているのが特徴。アウトドアからタウンユースまで、幅広く着用したい方におすすめのブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) 1996 エコ ヌプシダウンジャケット


1992年の発売以降、ザ・ノース・フェイスの定番となったヌプシシリーズ。本製品は1996年モデルを再現した、スタイリッシュなデザインのダウンジャケットです。

詰め物にはダウン80%、フェザー20%を採用。動物福祉に関する厳しい要件をクリアした「RDS認証」のダウンや、動物に配慮して採取したフェザーなど環境に配慮した素材で作られています。

首元の冷えを軽減してくれるスタンドカラーや、表地に施された撥水加工もポイント。デイリーユースから本格的なアウトドアまで活躍する、おすすめのダウンジャケットです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フード付き トラベルダウンパーカー

カジュアルな雰囲気のミドル丈ダウンジャケットです。フロント・バック・袖にさりげなくあしらわれたブランドロゴがポイント。飽きの来ないデザインで、タイムレスに使用できます。

袖口のゴムやジッパーと面ファスナーの2重構造、首元の内側に施されたベロア生地など、細かいディテールまで防寒性を意識して作られているのも魅力。内側に多数のポケットを備えており、機能性も十分です。

環境に配慮した「RDS認証」グースダウンをふんだんに使用し、軽くてあたたかな仕上がり。ユニセックスに着用できるおすすめの1着です。

ナンガ(NANGA)

「ナンガ」は、国産のダウンにこだわったアウトドアブランドです。社名のナンガは、ヒマラヤ山脈にある「ナンガ・パルバット」に由来しています。

独自開発の高機能素材を使用したダウンジャケットを豊富に展開。悪条件のアウトドアでも快適に過ごせる1着を探している方におすすめのブランドです。

ナンガ(NANGA) オーロラダウンジャケット


ナンガ定番モデルのダウンジャケットです。独自開発の防水透湿素材「オーロラテックス」を採用しているのが特徴。雨の侵入を防ぎつつ、内部の湿気を外へ逃し快適な着心地を実現しています。

ゆったりめのサイジングや、襟ぐりから袖下にかけて斜めの切り替え線を入れたラグランスリーブを採用しているのもポイント。中に厚手の服を着込んでも動きやすいよう配慮されています。

高機能でありつつ、シンプルなデザインに仕上げたダウンジャケット。本格的なアウトドアからタウンユースまで着用できる、おすすめの1着です。

ナンガ(NANGA) タキビダウンジャケット


難燃素材を配合した独自素材「タキビ生地」を使用したダウンジャケットです。羽毛には超撥水ダウン「UDD」を採用。雨や内側からの湿気に強いダウンでへたりにくく、保温力をキープします。

フロントに6つのポケット、バックにファスナーポケットを備えているのもポイント。両サイドの裾には開閉できる切り込みを搭載し、動きやすさを追求しています。

大きめのフードは着脱可能。気分やシーンに合わせて異なるデザインを楽しめます。アウトドアで活躍する、高機能なダウンジャケットを探している方におすすめです。

モンクレール(MONCLER)

「モンクレール」は、フランスで誕生した高級ダウンウェアブランドです。もとは登山用品を製造していたことから、高い機能性を備えた商品を揃えています。

現在ではファッション性の高さも評価されており、パリ・コレクションにも登場。世界のファッションリーダーや上流階級の方からも支持されているブランドです。

モンクレール(MONCLER) Mayaショートダウンジャケット


光沢のあるナイロン素材とボーダー状キルティングがモンクレールらしい1着です。袖部分には、フェルトロゴがあしらわれたパッチポケットを搭載。コンパクトなショート丈で、さまざまなスタイルに合わせやすいのが魅力です。

詰め物にはダウン90%、フェザー10%を採用。フードはスナップボタンで着脱が可能です。ドローストリングを採用した裾や、スナップボタン付きなど細かなディテールにもこだわっています。

流行に左右されずに長く愛用できるダウンジャケットを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

モンクレール(MONCLER) Corydaleショートダウンジャケット


スリーブにあしらわれたブランドイニシャル「M」が印象的なダウンジャケットです。モンクレールらしい光沢感のある素材感と合わせることで、エッジーなデザインに仕上げています。

すっきり見えしつつ、ほどよくゆとりのある快適な着心地も魅力。ダウン90%、フェザー10%を詰め物に使用することで、高い保温性を実現しています。

着脱可能なフードを外せば、スタイリッシュな印象のスタンドカラージャケットに早変わり。周りと被らないダウンジャケットを探している方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE)

「カナダグース」は、ダウンウェアを中心に展開するカナダのブランドです。耐久性・機動性・保湿性に優れたアイテムはプロの登山家にも支持されています。

機能性とデザイン性を備えたダウンジャケットは、寒冷地での映画撮影時の公式・非公式ジャケットとしても活躍。有名映画で着用されたことでも注目を集めました。

カナダグース(CANADA GOOSE) JASPER PARKA


クラシックなデザインでタイムレスに使用できるダウンジャケットです。マットな質感の表地がスタイリッシュな仕上がり。撥水性と耐久性に優れた独自の高機能生地「アークティックテック」を使用しており、過酷な環境でも快適な着心地を実現します。

詰め物には625フィルパワーダックダウンを採用。贅沢に詰めることで、極寒地でも体温をしっかりキープします。袖口に搭載された丈夫なリブニットや、豊富に備えられたポケットもポイントです。

防寒性と機能性を備えたダウンジャケットを求めている方は、チェックしてみてください。

カナダグース(CANADA GOOSE) CARSON PARKA


キルティングラインが特徴のダウンジャケットです。ほどよく身体にフィットするミドル丈レングスがスタイリッシュな仕上がり。アウトドアやタウンユースにはもちろん、ビジネスシーンにも活躍する1着です。

防寒性・防風性・撥水性を備えた「アークティックテック」生地を採用しているのも魅力。袖口にあしらわれたリブニットが、外からの冷気を遮断します。

フードには、強風から顔を保護できる調節可能な固定用ワイヤーを搭載。コヨーテファーは着脱できます。フォーマルなスタイルにも合わせやすい、おすすめのダウンジャケットです。

デサント(descente)

「デサント」は、日本のスポーツウェアブランド。スポーツ分野で培った経験を活かして作られた「オルテライン」は、ミニマルなデザインと優れた機能性を備えています。

ダウンジャケットでは、岩手県水沢市で製造されている「水沢ダウン」シリーズが人気。裁断からダウン詰めまで、全工程で経験豊富な職人が携わっています。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット マウンテニア

シンプルなデザインながら、高い機能性を備えたダウンジャケットです。熱接着ノンキルト加工でシームレスに仕立てていたり、内側からテープを圧着するシームテープ加工を施したりすることで高い耐水性を実現しています。

裏地には独自の保温素材「HEAT NAVI」を採用。フロントと脇に備えたジッパー部にメッシュ素材を取り入れることで、あたたかくて蒸れにくい快適な着心地をキープします。

フードを襟内部に収納できる「パラフードシステム」は、水や雪だまりができやすい悪天候時に便利。アクティブな方におすすめの1着です。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット ストーム


表地に4WAYストレッチ素材を使用したダウンジャケットです。伸縮性だけでなく、優れた耐水性を備えているのが魅力。動きのあるウィンタースポーツ時の着用にも向いています。

フードはシーンや気分に合わせて収納可能です。フロントにあしらわれたラインは、水の流れをコントロールしポケットへ水が侵入するのを防ぐ効果を担っています。

フロントジッパー部分にあしらわれたメッシュ素材もポイント。外気を効率よく取り込み、こもった湿気を放出します。快適な着心地を重視したい方におすすめのダウンジャケットです。

ユニクロ(UNIQLO)

高い品質と手に取りやすい価格に挑戦し続ける「ユニクロ」。「人々の生活をより豊かに、より快適にする究極の普段着」をコンセプトに、機能性に優れたアイテムを揃えています。

「シームレスダウン」や「ウルトラライトダウン」など多くのダウンを展開。お気に入りの1着を見つけたい方は、チェックしてみてください。

ユニクロ(UNIQLO) シームレスダウンパーカ 3Dカット

シームレス仕様の軽量素材ダウンジャケットです。縫い目がないため、わずかな風もシャットアウトしあたたかな着心地をキープ。耐久撥水機能を備えた表地が、突然の雨にも対応します。

脇・背中・袖口までひとつなぎにカットした「3Dカッティング」もポイント。立体的なシルエットで動きやすく、スタイリッシュな雰囲気に仕上げています。

スポーティーなファッションからカジュアル、フォーマルな服装まで、さまざまなスタイルに合わせやすいおすすめのダウンジャケットです。

ユニクロ(UNIQLO) ウルトラライトダウンジャケット 3Dカット

薄い・軽い・あたたかいにこだわったダウンジャケットです。ダウン90%、フェザー10%の黄金比で薄くてもあたたかな着心地を実現。コンパクトながら、ほどよくゆとりのあるシルエットで着ぶくれしにくいのも魅力です。

従来よりもダウン分量を増やし、ふっくらとしたカジュアルな見た目にアップデート。動きやすい「3Dカッティング」仕様や、雨水をはじく耐久撥水機能を備えており機能性も十分です。

コンパクトに収納できるポーチが付いたポケッタブル仕様なので、持ち運びにも便利。セカンドダウンジャケットとしておすすめです。

スノーピーク(snow peak)

「ものづくりのまち」新潟県燕三条生まれの「スノーピーク」。高い機能性を備えたアウトドアアイテムは、日本のみならず海外からも評価を得ています。

「人生に、野遊びを。」のスローガンのもと、燕三条の優れた職人技術を活かした高品質のダウンジャケットを展開。日本製のダウンジャケットを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) Recycled Ny Ripstop Down Jacket

「グリーンダウンプロジェクト」のダウンを使用した1着。使用しなくなった羽毛製品を再利用していたり、表地に耐久撥水加工が施されたリサイクルナイロンを使用していたりする環境にやさしいダウンジャケットです。

フロントにあしらわれた大型のフラップ付きポケットがアクセント。脇に備えられたハンドウォーマーポケットや風の侵入を防ぐドローコードなど、細かなディテールにもこだわっています。

マットな質感とすっきりとしたシルエットでさまざまなスタイルにマッチする、おすすめのダウンジャケットです。

スノーピーク(snow peak) Indigo C/N Down Coat

個性的なデザインと独特の生地感が魅力のダウンジャケットです。ペーパーライクな風合いは、コットンとナイロンを高密度に織りあげた生地に天然染めを施したことによるモノ。使用するほどに深まる風合いや色落ちが楽しめます。

フロントボタン以外の装飾がないにも関わらず、個性的な印象を与えるのもポイント。シンプルながら洗練されたミドル丈のデザインが、周りと被りにくい1着です。ダウンジャケットでさりげなく自分らしさを主張したい方は、ぜひチェックしてみてください。

パタゴニア(patagonia)

「パタゴニア」は、アメリカのアウトドアブランドです。スキー・サーフィン・トレッキングなど多くのアウトドアスポーツアイテムを展開しています。

持ち歩きに便利な軽量ダウンジャケットを揃えているのも同ブランドならでは。リサイクル素材やRDS認証ダウンなど、環境に配慮した素材を使用しているのも特徴です。

パタゴニア(patagonia) メンズ・ダウン・セーター


シェルにリサイクル・ポリエステル素材を100%使用したダウンジャケットです。詰め物には、動物福祉に関する厳しい要件をクリアした「RDS認証」の800フィルパワー・ダウンを使用しています。

伸縮性のあるナイロン素材で縁取った袖口や裾が、風の流入を防ぎあたたかさをキープ。登山や寒冷地のアウトドア、キャンプの夜間の冷え対策にも活躍します。

内側のジッパーポケットには本体を収納可能。袋要らずでコンパクトに収納できるのが魅力です。優れた防寒性を備えたポータブルなダウンジャケットを探している方は、チェックしてみてください。

パタゴニア(patagonia) フィッツロイ ダウン フーディ

機能性に優れたポータブルダウンジャケットです。リサイクル・ナイロン素材を使用した超軽量シェルには、耐久性撥水をコーティング加工。ソフトな触り心地と耐久性を実現しています。

詰め物には「RDS認証」の800フィルパワー・ダウンを採用。高さのある襟やコードロック付きの裾が風の流入を防ぎ、寒冷な天候下でのアウトドアでもあたたかな着心地を保ちます。

ハンドウォーマーポケット2つ、ジッパー式ポケット2つ、内側の大型ポケットを備え、収納性も良好。高性能なダウンジャケットを持ち歩きたい方におすすめです。

モンベル(mont-bell)

1975年創業の国内大手アウトドアブランド「モンベル」。日本発祥のブランドのため、日本人の体型や好みに合うアイテムを豊富に揃えているのが特徴です。

素材の開発から製造まで一貫して行っており、高品質でありながら手に取りやすい価格を実現。コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのブランドです。

モンベル(mont-bell) プラズマ1000 ダウンジャケット

「1000フィルパワー・EXダウン」を使用したダウンジャケット。厳しい自然環境で育った水鳥から採れるEXダウンはダウンボールが大きく、わずかな綿量で高い保温力を発揮するのが特徴です。

耐久性に富んだ極薄シェル素材とEXダウンを組み合わせることで、重量わずか130gの超軽量を実現。独自のキルティングパターンは、中綿の偏りを防ぎつつ熱の放出を抑える効果を担っています。

ほどよく身体にフィットするサイズ感で、インナーダウンとしても活躍。軽くてあたたかいダウンジャケットを求めている方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンパーカ Men’s

強度と軽量性を備えた独自素材「バリスティックナイロン」を使用したダウンジャケット。引き裂き強度に強いため、草木の多い場所での引っ掛かりが気になる方におすすめです。

詰め物には、高品質の800フィルパワー・EXダウンを採用。箱のような構造で仕切ることでダウンのつぶれや偏りを防ぎ、保温性能を引き出します。表面に撥水加工が施されているのもメリットです。

手洗い・ドライクリーニングに対応しているのも魅力。お手入れが楽なダウンジャケットを探している方は、チェックしてみてください。

タトラス(TATRAS)

イタリア・ミラノを拠点とするファッションブランド「タトラス」。「上質で心地よい時間を過ごすこと」をコンセプトに、エレガントなアイテムを揃えています。

機能性・デザイン性・素材にこだわった品質の高いダウンジャケットを展開。フォーマルな服装に合わせやすい1着を探している方は、チェックしてみてください。

タトラス(TATRAS) DOMIZIANO ドミッツィアーノ


スタイリッシュなデザインのダウンジャケットです。同ブランドならではのタイトなサイズ感に加え、身体のラインに沿うよう布を立体的に仕立てる「ダーツ」技法を用いて美しいシルエットに仕立てています。

詰め物にはダウン90%、フェザー10%を採用しており、保温性も十分。表面には耐久撥水加工が施されているため、雨や雪の悪天候下でも着用可能です。

イタリア・ロロピアーナ社の軽量シルク混ウール生地を使用した、ほどよく光沢感のある見た目も魅力。スーツやジャケット合わせにもハマる、エレガントなダウンジャケットです。

タトラス(TATRAS) TRINIO トリニオ

上品な風合いが魅力のオーバーサイズダウンジャケットです。ドロップショルダーとボックス型のシルエットがトレンド感のある仕上がり。フードとファーは取り外し可能なので、気分に合わせて異なる雰囲気が楽しめます。

胸・腰部分にはポケットを備え、収納性も良好。袖口裏にはゴムをあしらい、手首に心地よくフィットする仕様です。スリーブにあしらわれたブランドロゴなど、細かなディテールにもこだわっています。

存在感のあるロング丈ダウンジャケットをメインにコーディネートを完成させたいときにおすすめの1着です。

デュベティカ(DUVETICA)

「デュベティカ」は、イタリアのダウン専業ブランドです。ブランドネームの「デュベ」は、フランス語で「ダウン」を意味しています。

ダウン素材はすべてフランス産にこだわっているのが特徴。上質なダウンは、保温性と耐久性に優れています。メンテナンスしながら1着を長く愛用したい方におすすめのブランドです。

デュベティカ(DUVETICA) GERAINT ジェライント


ミリタリーな雰囲気が特徴的なダウンジャケットです。表地にはマットで上品な風合いのポリエステルコットン、裏地には煌びやかな光沢感を放つウルトラシャイニーナイロンを使用しています。

詰め物には上質な「グレイグースダウン」を採用。高い保温性と耐久性を備えており、メンテナンス次第では10年以上の着用も可能です。

ほどよく身体のラインに沿ったミドル丈レングスがエレガントな仕上がり。ドレッシーなファッションにも合わせやすい、おすすめのダウンジャケットです。

デュベティカ(DUVETICA) ALIETI アリエッティ


スポーティーな雰囲気のダウンジャケットです。着ぶくれ感を抑えた仕上がりで、パーカー合わせでももたつき感を得にくい仕様。ミニマルなデザインなので、さまざまなコーディネートにマッチします。

「ピュアグースダウン」による、やさしく包まれるような着用感も魅力。保温性に優れたダウンと首元を保護するスタンドカラーが、あたたかな着心地を実現します。高性能のダウンジャケットを長く愛用したい方におすすめです。

ダントン(DANTON)

フランスのワークウェアブランド「ダントン」。ブランドアイコンであるひし形のロゴは、創業時から変わらず現代に引き継がれています。

シンプルで洗練されたデザインや、高い機能性を備えたアイテムを豊富に展開。タイムレスに着用できるダウンジャケットを探している方は、チェックしてみてください。

ダントン(DANTON) クルーネック インナーダウンジャケット


秋から春の3シーズンで活躍するダウンジャケットです。ジャストなサイズ感で、インナーダウンに着用してもすっきりとした印象。スタンダードなデザインなので、肌寒い季節にはライトアウターとして着用しても様になります。

しなやかな質感の高密度のナイロンタフタ素材は、軽くて丈夫なのが魅力。詰め物にはダウン90%、フェザー10%を採用しており、薄くてもあたたかな着心地を実現しています。

収納袋付きなので、持ち運びにも便利。アウトドアからタウンユースまで、さまざまなシーンで活躍するおすすめのダウンジャケットです。

ダントン(DANTON) ダウンアーミーフーデッドジャケット


ボリュームのあるシルエットが特徴的な、ミリタリー風のダウンジャケットです。袖のベルクロやバックにあしらわれたゲームポケットがひと味違う仕上がり。ラグランスリーブを採用し、動きやすさも追求しています。

撥水加工が施されたマットな質感の生地は、耐久性に優れたポリエステル糸を中心に使用。綿糸を混ぜることで、品がありつつやわらかな表情に仕立てています。

カジュアルウェアからリラックススタイル、キレイめなファッションまで、さまざまな着こなしにマッチするおすすめのダウンジャケットです。

ショット(Schott)

アメリカのレザーウェアブランド「ショット」。フロントジッパーを採用したライダースジャケットを世界で初めて発表し、ブームの立役者となりました。

ロックテイストなアイテムが多く、アーティストにも愛用者の多いブランド。周りと被らないデザインのダウンジャケットを求めている方は、チェックしてみてください。

ショット(Schott) シュノーケル ダウンパーカー


N-3Bを思わせるミリタリーテイストなデザインが印象的なダウンジャケットです。防水ジップを採用した胸ポケットや、大きめのフラップポケットがアクセント。フードファーは取り外し可能なので、気分に合わせて異なる雰囲気が楽しめます。

中綿にはダウン80%、フェザー20%を使用。フードとウエスト部分にあしらわれたドローコードやリブ付きの袖が風の侵入を防ぎ、あたたかな着心地をキープします。

左腕の刺繍やブランドネームが刻印されたスナップなど、細かなディテールにも注目。レトロアメリカンなスタイルが好みの方におすすめの1着です。

ショット(Schott) クラシック 2トーン ダウンジャケット

2トーンでメリハリの効いたおしゃれなダウンジャケット。肩部分と肘部分に異なる素材・カラーを使用し、変化をつけているのが特徴です。ダウンパックを押さえるステッチを外側に設けており、ボリューム感のあるシルエットになっています。

全体としてクラシカルなスタイルで作られているのもポイント。ファスナー付きの玉縁ポケットを採用しているため、利便性に優れているだけでなく、すっきりとしたデザインに仕上げられています。

フィルパワーは600で、タウンユースで活躍する保温性を有しているのも魅力。フードは取り外しが可能なので、好きな着方で楽しめるおすすめのダウンジャケットです。

ピレネックス(PYRENEX)

「ピレネックス」は、1859年創業のフランスの老舗ダウンメーカーです。1960年にキャンプ用品やアウトドアウェアの生産をはじめ、1990年に同ブランドを立ち上げました。

フランス産のダックダウンを使用した、保温性の高いアイテムを展開。ビジネスシーンでも活躍するダウンジャケットを揃えています。

ピレネックス(PYRENEX) ベルフォール ジャケット


洗練されたデザインのダウンジャケットです。スリーブにあしらわれたロゴ以外の装飾がない、ミニマルな仕上がりが特徴。ギャバジン素材を使用したなめらかな質感が、上品な印象を演出します。

詰め物にはダウン90%、フェザー10%を採用。内側にフリース素材を使用したフロントポケットや、冷気の流入を阻止する袖口のリブ素材が高い防寒性を実現しています。

フードはシーンに合わせて着脱可能。シンプルなミドル丈ダウンなのでビジネスシーンでも活躍します。汎用性の高いダウンジャケットを探している方におすすめです。

ピレネックス(PYRENEX) アヌシー


プライベートからビジネスシーンまで活躍する、汎用性の高いダウンジャケットです。肩回りや腕のパターンを立体的にすることで、ほどよくゆとりを持たせているのが特徴。スーツの上に着用してもストレスを感じにくい仕様です。

使用しているフランス産のダックダウンは、軽量性と保温性に優れているのが魅力。ハリのあるギャバジン素材の内側にはポリウレタン膜を貼り合わせており、撥水素材へ加工されています。

シンプルなデザインと機能性を兼ね備えたダウンジャケットを探している方は、チェックしてみてください。

ヘルノ(HERNO)

「ヘルノ」はイタリアの老舗コートブランドです。高級素材を使用した、エレガントなアイテムを豊富に揃えています。

ダウンジャケットでは、ダウン特有のボリューム感を抑えたスタイリッシュなデザインを提案。ラグジュアリーな雰囲気が好みの方におすすめのブランドです。

ヘルノ(HERNO) Laminar GORE-TEX(R) ステンカラー ダウンコート


ヘルノとゴア社が手を組み、機能性に特化したコレクションを作ったのが「ラミナー」シリーズ。防水性・防風性・耐久性に優れた2層構造のゴアテックス素材を使用したダウンジャケットです。

高機能素材を仕様しながらも、着ぶくれしないキレイなシルエットなのが魅力。なめらかな質感の生地とステンカラーコートが品のある印象で、フォーマルな服装にもマッチします。

中綿はダウン80%、フェザー20%を採用しており、保温性も十分。キレイ目なファッションが好きな方におすすめの1着です。

ヘルノ(HERNO) レスキモー ダウンパーカ


スリムフィット仕様のスタイリッシュなダウンジャケットです。高級生地・20デニールのヌアージュナイロンは超軽量・強撥水の性能を備えているのが特徴。繊細な手触りとやわらかな着心地を提供しています。

中綿にはウルトラファイングースダウンを採用。調節可能なドローストリング付きのフードや、ファスナーとボタンの2重構造のフロントが遮風性を高め、あたたかな着心地をキープします。

4つのハンディポケットを備えており、収納性も良好。タイムレスに使用できる、デザイン性の高いダウンジャケットを求めている方におすすめです。

ウールリッチ(WOOLRICH)

アメリカの老舗アウトドアブランド「ウールリッチ」。赤×黒のブロックチェック柄を生み出したブランドとして知られており、ブランドアイコンにも採用されています。

創業時からハイスペックなダウンジャケットを提案し続けている同ブランド。現在も、機能性とデザイン性を備えたアイテムを展開しています。

ウールリッチ(WOOLRICH) NEW ARCTIC PARKA


1970年代に人気を博した「アークティックパーカ」を再現したダウンジャケット。懐かしい風合いを残しつつ、撥水性を強化した素材を使用するなど機能性をアップデートしています。

中綿にはダウン90%、フェザー10%を採用。ファスナーの上にボタンをあしらった2重構造のフロントや、ウエスト調節できるドローコードの搭載など防寒性も追求しています。

前振りの袖付けパターンを採用し、ジャケットの上に着用しても窮屈になりにくい仕様。オンオフ問わずに活躍する、おすすめの1着です。

ウールリッチ(WOOLRICH) SIERRA HOODED JACKET


超軽量のダウンジャケットです。軽量マイクロファイバー生地は、防風性と撥水性を備えているのが魅力。ダウン90%、フェザー10%の中綿を採用しており、保温性も十分です。

ドローコード付きのフードは着脱できます。フードを取り外せば、すっきりとした印象のスタンドカラージャケットに早変わり。シーンや気分に合わせて楽しめます。

クラシカルなデザインなので、ユニセックスで着用可能。夫婦やカップルでシェアしたい方におすすめのダウンジャケットです。

ダウンジャケットの売れ筋ランキングをチェック

ダウンジャケットのランキングをチェックしたい方はこちら。

ダウンジャケットのおすすめメンズコーデ

黒×赤合わせでシンプルコーデに差をつける

By: wear.jp

黒のダウンジャケット×赤のインナー×黒のボトム×赤の靴下×黒のスニーカーでまとめた、シンプルでありつつ存在感のあるコーディネート。小物は黒で統一し、あくまでも2色以内にまとめているのがポイントです。

ゆったりとしたサイジングのダウンジャケットとスリムなテーパードパンツを合わせているのも印象的。上半身に目線が集まるため、下半身の細見え効果も期待できます。

ダウンジャケット1枚で決まる!アウターメインのストリートコーデ

By: wear.jp

オーバーサイズのアウター×ストレートシルエットのボトム×キャップ×スニーカーを合わせた王道ストリートコーデ。インナーやパンツはあえて無地無彩色をチョイスし、インパクトのあるデザインのダウンジャケットを主役にしています。

全体的にゆったりとしたシルエットですが、ボトムにハリのある生地を合わせているためラフになりすぎないのもポイント。大人の男性におすすめのストリートコーディネートです。

無彩色でまとめたシンプルキレイめコーデ

By: wear.jp

全体を無彩色で統一したモノトーンコーデ。コンパクトなダウンジャケットにハリのあるボトム、光沢感のある革靴を合わせた「きちんと感」が好感度のあるコーディネートです。

インナーには「くすんだライトグレー」のハイネックをチョイスし、冬らしさを演出。シンプルなコーディネートなので、手持ちのアイテムで挑戦しやすいのも魅力です。

パーカー×デニム合わせのカジュアルアウトドアコーデ

By: wear.jp

ダウンジャケット×パーカー×デニムのアウトドアコーデ。明るいカラーのアウターを合わせることで、ナチュラルな雰囲気を作り出しています。

パーカーとダウンの2枚のフードが作る立体感のあるシルエットが遊び心を演出。アンクル丈のデニムや革靴を合わせ、清潔感のある印象に仕上げています。

いつもとひと味違うダウンジャケットコーデを楽しみたい方は、参考にしてみてください。

番外編|ダウンジャケットのお手入れ方法

長く使うために大事なのは日々のケア

ダウンジャケットをはじめとするダウン製品は、空気の層ができることで保温性が高まるのが特徴。そのため、常にふんわりとした形状を保つことが重要です。収納時は毎日ハンガーにかけて、形や中綿の入り方を整えましょう。

また、表面の傷みを抑えるためにも、直射日光は避けたいところ。日の当たらない、風通しのよい場所に干すのがおすすめです。

洗濯表示に手洗いマークがあれば家でも洗える

ダウンジャケットを洗いたいときは、通常のアウターとは異なる特別なケアが必要。製品のタグに付いている洗濯表示に洗濯機マークや、手洗いのマークが付いていれば自宅での洗濯が可能です。

自宅で手洗いをする場合はファスナーやボタンを閉め、形状を整えてから洗濯すると型崩れしにくくなるのでおすすめ。使用する洗剤はいつもと同じ洗濯洗剤ではなく、ダウン専用のモノを使うと、風合いを損ねることなく洗えます。

クリーニングが安心

By: amazon.co.jp

ダウンジャケットに「手洗いができる」と表示されていても、洗い方や乾かし方が悪いと、型崩れや風合いを損ねてしまう恐れがあります。お気に入りのダウンジャケットをできるだけ長く使いたい方は、クリーニングに出すのがおすすめ。自宅でのクリーニングほどリーズナブルではありませんが、汚れの程度や素材に合わせて洗濯してもらえるので安心です。