悪天候時でもダウンジャケットを着用したい方におすすめなのが「水沢ダウン」。防水性を高めてダウンジャケットの弱点を克服し、スマートなフォルムやデザインを実現しています。

そこで今回は、水沢ダウンのなかでも特におすすめのモデルを厳選してご紹介。水沢ダウンを取り入れたおしゃれなコーディネートもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

水沢ダウンとは?

By: rakuten.co.jp

水沢ダウンは、スポーツブランド「デサント」から2008年に発売されたアイテムで、岩手県のデサントアパレル水沢工場にて製造されていることが名前の由来です。発売から10年以上が経過した現在では、さまざまなニーズに対応するモデルがラインナップされています。

裁断からダウンを詰め込む作業まで、すべての工程を熟練の職人が担当。価格は10万円前後と高級ですが、従来のダウンジャケットとは一線を画すデザイン性と機能性、確かな品質で人気を集めています。

水沢ダウンの魅力

By: amazon.co.jp

水沢ダウンの魅力として最初に注目すべき点は、優れた防水性です。従来のダウンジャケットは、高品質なモノでも縫い目から水分が侵入して羽毛が劣化してしまうという弱点がありましたが、水沢ダウンは「熱接着ノンキルト加工」により克服。縫い目を極力なくすことで、雨や雪の日にも安心して着用できるダウンジャケットを作り上げました。

また、タウンユースに適したスマートさも水沢ダウンの特徴です。スポーティーに寄り過ぎないデザインゆえ、落ち着いた大人の着こなしにも難なくマッチ。ほかにも、体温調節に役立つベンチレーションシステムなど、魅力的な仕様が詰め込まれています。

水沢ダウンのおすすめモデル

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン アンカー

長きにわたって愛され続けている初期モデルの水沢ダウン。悪天候時に役立つフードは取り外し可能で、2通りのコーディネートを楽しめます。タウンユースに適したすっきりとしたシルエットで、おしゃれに着こなせるのが魅力です。

フロントに配されたメッシュ生地が熱や湿気を排出するため、ジャケット内が蒸れにくく着心地も良好。裏地には光を熱に変換できる保温素材「HEAT NAVI」を採用しています。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン マウンテニア

快適性と機能性を追求してデザインされた、ハイスペック仕様の水沢ダウン。水が侵入しやすいステッチを省ける熱接着ノンキルト加工を採用しており、悪天候に強いのが魅力です。一部の縫製箇所にはシームテープ加工をあしらうことで、優れた耐水性を確保しています。

カラーはブラック・ワイン・ネイビーの3色展開。生地にストレッチが効いているため、ダウンジャケットながら動きやすく着心地も良好です。雨が降った際など、必要なときだけ取り出せるフードが付属しています。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン マウンテニア-L

ヴィンテージやミリタリーの要素を落とし込んだウェアで人気を博すアメリカのファッションブランド「トッド・スナイダー」とのコラボレーションモデルです。

ポリエステルとウールをミックスした表地は耐水性の高さが魅力。クラシカルな雰囲気の千鳥格子柄をあしらい、落ち着きのあるデザインに仕上げています。きれいめなコーディネートに合わせやすいおしゃれなダウンジャケットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン シャトル

気軽に羽織れる軽量仕様の水沢ダウン。表地には4WAYストレッチ素材「DERMIZAX MICRO STRETCH」、裏地には光を熱に変換できる機能素材「HEAT NAVI」を採用することで、着心地のよさと保温力を両立しています。さらに、熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工で耐水性を高めているため、悪天候時に着用しやすいのが魅力。

2列のフロントジッパーの間にあしらわれたメッシュ生地がベンチレーションの役割を果たし、ジャケット内の熱や湿気を排出します。フードのフィット感はダイヤル操作で素早く調節可能。軽量なモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン ストーム

By: descente.com

フロントにあしらわれたラインがデザインのアクセントになった水沢ダウン。雨天時にはポケットが浸水しないように、ラインが水の流れをコントロールします。首元のジッパーから取り出せるフードは水滴がサイドに流れる仕様で、視界を確保しやすいのが魅力です。

水沢ダウンならではの熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工を施して、優れた耐水性を実現。タウンユースはもちろん、アウトドアシーンでも重宝する本格派のダウンジャケットを探している方におすすめです。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン ヴァリアント-R2

2019年発売のモデルをアップデートした、ハイスペック仕様の水沢ダウン。荷物量に応じて拡張できるエクスパンダブル機能付きのポケットを備えているため、収納力を重視する方におすすめです。力を加えると全体が外れる特殊なジッパーを開ければ、内部に格納されたフードを取り出せます。

表地にはリネンライクな生地感が目を引く素材を採用しており、耐水性・透湿性の高さが魅力。ベーシックでコーディネートに取り入れやすいカラーが揃っています。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウン ストレイタム

2020秋冬のニューモデルとして発売された水沢ダウン。ロング丈のシェルコートの上にダウンジャケットが重なった2in1タイプです。シェルコートとダウンジャケットは単体でも着用可能で、さまざまなシーンに対応できます。

ダウンジャケットの表地はリネンのような風合いが特徴。耐水性・透湿性を兼ね備えているため、アウトドアシーンでも重宝するモデルです。カラーはホワイトのほか、ブラック・ネイビー・レッドがラインナップされています。

水沢ダウンのおすすめメンズコーデ

水沢ダウンを主役にした、秋冬らしいあたたかみのあるコーデ

By: wear.jp

水沢ダウンを中心にあたたかみのあるウェアを揃えた秋冬らしいコーデ。コンパクトなアウターにワイドスラックスを合わせて、シルエットにメリハリを効かせています。

ブラックやベージュ、グレーといった落ち着きのあるカラーリングで全身を統一。シューズやバッグにはレザー製のアイテムを選択することで、上品に仕上げています。

水沢ダウンをスラックスと合わせて都会風に着こなす

By: wear.jp

水沢ダウンをスニーカーと合わせたスポーティーなコーディネート。ボトムスにはチェック柄の入ったスラックスを選択することで、都会的な雰囲気を演出しています。

アウターとシューズのカラーリングをブラックで揃えているのがポイント。ウェアのシルエットがすっきりとしているため、カジュアルながらもスマートな着こなしが完成しています。

水沢ダウンをハイネックニットとレイヤードした上品なコーディネート

By: wear.jp

水沢ダウンをグレーのハイネックニットとレイヤードしたコーディネート。ボトムスの濃紺デニムも相まって、品のあるスタイリングに仕上がっています。

足元にはアウターと同じブラックのローファーを選択。程よくゆとりのあるサイジングを意識することで、こなれ感のある着こなしの完成です。

水沢ダウンをカットソーとラフに合わせてリラックス感を演出

By: zozo.jp

水沢ダウンをボーダーカットソーの上からラフに羽織った、リラックス感のあるコーディネート。シンプルな着こなしでも様になるのが水沢ダウンの大きな魅力です。

ボトムスにはイージーパンツ、シューズにはスニーカーとカジュアルなアイテムをセレクト。全身を落ち着きのあるカラーリングで統一することで、きれいめなスタイリングに仕上がっています。