悪天候時でもダウンジャケットを着用したい方におすすめなのが「水沢ダウン」。防水性を高めてダウンジャケットの弱点を克服し、スマートなフォルムやデザインを実現しています。

そこで今回は、水沢ダウンのなかでも特におすすめのモデルを厳選してご紹介。水沢ダウンを取り入れたおしゃれなコーディネートもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

水沢ダウンとは?

By: zozo.jp

水沢ダウンは、スポーツブランド「デサント」から2008年に発売されたアイテム。岩手県のデサントアパレル水沢工場で製造されていることが、名前の由来です。発売から10年以上が経過した現在では、さまざまなニーズに対応するモデルがラインナップされています。

裁断からダウンを詰め込む作業まで、すべての工程を熟練の職人が担当。価格は10万円前後と高級ですが、従来のダウンジャケットとは一線を画すデザイン性と機能性、高い品質で人気を集めています。

水沢ダウンの魅力

By: zozo.jp

水沢ダウンの魅力は、優れた防水性です。従来のダウンジャケットは、高品質なモノでも縫い目から水分が侵入して羽毛が劣化してしまうというデメリットがありました。水沢ダウンは「熱接着ノンキルト加工」により弱点を克服。縫い目を極力なくすことで、雨や雪の日にも安心して着用できるダウンジャケットを作り上げました。

また、タウンユースに適したスマートさも水沢ダウンの特徴です。スポーティーに寄り過ぎないデザインなので、落ち着いた大人の着こなしにも難なくマッチ。そのほか、体温調節に役立つベンチレーションシステムなど、魅力的な仕様が詰め込まれています。

水沢ダウンのおすすめモデル

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット マウンテニア

登山用として作られた、快適性と機能性を備えている水沢ダウンの高機能モデル。フロントにあしらわれたハの字型ポケットとボリューミーなネック周りが特徴で、タウンユースにも十分活躍するスタイリッシュなデザインです。

表地には伸縮性に優れた「DERMIZAX MICRO STRETCH」素材を採用。裏地に保温素材「HEAT NAVI」を採用した、あたたかな着心地も魅力です。熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工が水の侵入を防ぎ、防水性を高めています。

不要なときはフードをしまっておけるパラフードシステムを搭載することで、フード内に水や雪が溜まりにくいのもポイント。高い軽量性と保温性、さらに優れたウォータープルーフ機能を備えたハイスペックな1着です。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット ゴアテックスアンビット

アメリカ・ゴア社が開発したゴアテックス素材を採用している水沢ダウン。優れた防水透湿性が特徴で、雨の日にも対応できるタフなモデルです。

丈夫な30dリップストップナイロン生地を使用しており、軽くて着心地のよいダウンを探している方にもおすすめ。水沢ダウンならではの熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工が施され、高い防水性能を発揮します。

そのほか、フロントのジッパーが2列になった「デュアルジップベンチレーション」を搭載し、熱や湿気を逃して衣服内を快適な環境にキープ。アウトドアシーンはもちろん、街でもかっこよく着こなせるスマートなデザインも魅力です。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット アンカー

水沢ダウンの初期モデルとして長く愛され続けている「アンカー」。着脱可能なフードが搭載されており、利用シーンに合わせて取り外せます。

縫い目を省いた熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工を施しているのもポイント。衣服内の熱を保ち、寒さの厳しいシーンにも対応できるあたたかな着用感を実現しています。縫い目から水が侵入するのを防げるため、雨の日にも強い仕様です。

フロントジッパー部分のデュアルジップベンチレーションは、ジャケット内を快適な環境にキープ。ベーシックなカラー展開で着回しやすく、冬の幅広いシーンで活躍するダウンジャケットです。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット ストーム

フロント部分のストリームラインが特徴的な水沢ダウン。ストリームラインは見た目がおしゃれなだけでなく、水滴が落ちる方向をコントロールして、ポケット内に水が流れるのを防ぐ効果も期待できます。

水がサイドに流れるように工夫されたフードには、パラフードシステムを採用。使いたいときに素早く開けるため、悪天候の日でも便利に着用できます。縫い目やステッチを省くことでジャケット内の熱を逃さず、外からの水も侵入しにくい仕様です。

都会的なデザインで、タウンユースとしてもしっかり活躍するファッショナブルなモデル。雨の日にも安心して着用できるダウンジャケットを探している方におすすめです。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット クレバス

生地の裏面にストライプ状の特殊発泡加工を施した「3D FOAM LAMINATION」を採用し、着心地のよさを追求した水沢ダウン。肌が接着する部分に凹凸を作ることで、さらりとしたドライな着用感を実感できます。

発泡プリントでできた気泡部分に空気がたまることで断熱効果が向上し、保温性も良好。裏地の保温素材「HEAT NAVI」がジャケット内をあたたかく保ちつつ、ファスナーのデュアルジップベンチレーション機能で快適な湿度にキープできます。

羽毛のボリュームを抑えたスリムなシルエットも特徴。幅広いコーデでスマートに着こなせます。高い保温性を備えた、すっきりとしたシェイプの水沢ダウンを探している方におすすめです。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンジャケット エレメントロングコート

お尻の下までしっかりカバーできるロング丈の水沢ダウン。ボリュームを抑えてコンパクトに仕上げられた、ロングコートモデルです。

熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工を施すことで、高いウォータープルーフ効果を発揮。表地には4WAYストレッチ素材を採用し、やわらかく快適な着心地を得られます。裏地の素材には光を熱に変換する「HEAT NAVI」を採用しており、保温性も良好です。

軽量性に優れているのもメリット。アウトドアシーンだけでなく、街で気軽に羽織れるダウンジャケットを探している方にもおすすめです。

デサント(descente) デサントオルテライン 水沢ダウンベスト デュアリティレディース

水沢ダウンジャケットのベスト型モデル。アームとフードを脱着できる仕様で、シチュエーションに合わせて3WAYの着こなしが楽しめる人気アイテムです。

ベスト部分に熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工を施すことで、防水性に優れた仕様に。アーム部分にも耐水性の高いハードシェル素材を使用し、悪天候でも安心して着用できます。

そのほか、ジャケット内の温度や湿度を快適に保つデュアルジップベンチレーション機能も搭載。シーンに合わせてさまざまな着こなしができる、汎用性の高いダウンジャケットを探している方におすすめです。

水沢ダウンのおすすめメンズコーデ

ワイドパンツで作り上げた大人のリラクシーコーデ

By: wear.jp

スリムなシルエットの水沢ダウンに、ゆったりとしたワイドパンツを合わせたリラクシーコーデ。フロントにあしらわれたハの字型ポケットがアクセントになっている、トレンド感満載のスタイルです。

足元にはレザー素材を使ったボリューム感のあるレースアップシューズを合わせ、カジュアルさを出しつつもきれいめな印象に。頭から足先までダークトーンで統一することで、大人っぽい雰囲気に仕上がっています。

オリーブ色のダウンを主役にした垢抜けアースカラーコーデ

By: wear.jp

オリーブ色の水沢ダウンで、全体を軽やかなイメージに仕上げたコーデ。インナーやパンツ、シューズにはアースカラーを用いて統一感を出し、垢抜けた印象に仕上げています。

スラックスには、センターラインが上品なコーデュロイ素材のイージーパンツをチョイス。同系色ですっきりとまとめたスニーカーは脚長効果も期待できます。ダークになりがちな秋冬コーデを、明るいカラーで完成させているのもポイント。淡色カラーが好きな方にもおすすめのダウンジャケットコーデです。

膝下ロング丈のダウンで完成させたフェミニンスタイル

By: wear.jp

膝下まであるロング丈の水沢ダウンで仕上げたカジュアルコーデ。ダウンコートのAラインシルエットがやさしげな印象を与えるフェミニンスタイルです。

インナーにはダウンのカラーと相性のいいアースカラーをチョイスし、ぐっと都会的な印象に。パンツとバッグ、シューズはブラックでまとめ、コーデ全体を引き締めています。

ヘアスタイルはすっきりとまとめ、やぼったくならないように全体のバランスを調節。重たくなりがちなロング丈ダウンを、スマートに着こなしたい方におすすめのコーデです。

柄スカートがアクセントのモノトーンコーデでおしゃれに

By: wear.jp

水沢ダウンとロングスカートがバランスよくマッチした、スタイリッシュなスタイル。アニマル柄のロングスカートをアクセントに、シックなモノトーンコーデに仕上げています。

インナーにはタートルネックのニットをチョイスし、首元にボリューム感をプラス。一方でヘアスタイルはすっきりとまとめられ、全体のバランスがしっかり計算された仕上がりです。

足元にはボリューミーな白のスニーカーを合わせ、トレンディなスポーツMIXスタイルに。水沢ダウンをスポーティーかつファッショナブルに着こなしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。