ダウンジャケットは雨や雪で羽毛が傷みやすく、悪天候時に着用しにくいと感じる方におすすめなのが「水沢ダウン」。防水性を高めてダウンジャケットの弱点を克服し、さらにスマートなフォルム、デザインを実現しています。

そこで今回は、水沢ダウンのなかでも特におすすめのモデルを厳選してご紹介。水沢ダウンを取り入れたコーディネート例も併せてご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

水沢ダウンとは?

By: rakuten.co.jp

水沢ダウンは、スポーツブランド「デサント」から2008年に発売されたアイテムで、岩手県のデサントアパレル水沢工場にて製造されていることが名前の由来です。発売から10年以上が経過した現在では、さまざまなニーズに対応するモデルがラインナップされています。

裁断からダウンを詰め込む作業まで、すべての工程を熟練の職人が担当。価格は10万円前後と高級ですが、従来のダウンジャケットとは一線を画すデザイン性と機能性、確かな品質で人気を集めています。

水沢ダウンの魅力

By: rakuten.co.jp

水沢ダウンの魅力として最初に注目すべき点は、優れた防水性です。従来のダウンジャケットは、高品質なモノでも縫い目から水分が侵入して羽毛が劣化してしまうという弱点がありましたが、水沢ダウンは「熱接着ノンキルト加工」により克服。縫い目を極力なくすことで、雨や雪の日にも安心して着用できるダウンジャケットを作り上げました。

また、タウンユースに適したスマートさも水沢ダウンの特徴です。スポーティーに寄り過ぎないデザインゆえ、落ち着いた大人の着こなしにも難なくマッチ。ほかにも、体温調節に役立つベンチレーションシステムなど、魅力的な仕様が詰め込まれています。

水沢ダウンのおすすめモデル

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット アンカー

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット アンカー

水沢ダウンの初期モデルとして人気の「アンカー」。ショート丈のすっきりとしたデザインを採用しており、さまざまなコーディネートに取り入れやすいダウンジャケットです。

フロントジッパー部分にベンチレーション機能を搭載。衣服内にこもった熱や湿気を逃がすことで、快適な着心地をキープできます。フード部分は着用シーンに合わせて着脱が可能です。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット シャトル

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット シャトル

水沢ダウンのなかでも優れた軽量性を誇る「シャトル」。ボディーと一体化したフード部分は特別なフィットシステムを備えており、ダイヤルを回すだけの簡単操作で締め付け感の調節が可能です。

水が浸入しやすい縫い目を最小限にする「熱接着ノンキルト加工」を採用。縫製部分には「シームテープ加工」が施され、高い耐水性を実現しています。フロントは2列のジッパーとメッシュ生地による構成で、不快な熱や湿気を排出できるベンチレーション仕様です。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット ストーム

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット ストーム

水の流れをコントロールしてポケットへの浸水を防ぐラインデザインがあしらわれた水沢ダウン。ステッチの少ない「熱接着ノンキルト加工」や「シームテープ加工」による補強で耐水性が高く、悪天候時に重宝するアイテムです。

フロントジッパー部分のベンチレーションで熱や湿気の調節ができるため、着心地は快適。ジッパー付きのフードは不使用時に閉口できる仕組みで、雨が溜まりにくいのも魅力です。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット マウンテニア

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット マウンテニア

ハイスペックモデルとして定評のある水沢ダウンです。耐水性 ・透湿性・防風性に優れたマットな質感の表地を採用。しなやかでストレッチが効いており、快適な着心地が楽しめます。

裏地は光や体から出た水分を熱に変換できる高機能素材で、防寒性が高く冬用のアウターとしておすすめです。縫製のステッチが少ない「熱接着ノンキルト加工」と「シームテープ加工」で仕上げているため、悪天候に強くデザインもスタイリッシュ。ジップ付きのフードは水や雪が溜まりにくい開閉式です。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット 別注フードファー仕様マウンテニア

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット 別注フードファー仕様マウンテニア

ベーシックで使いやすいメンズウェアを取り揃える大手セレクトショップ「シップス」の別注によって誕生したマウンテニアの特別モデル。フード部分にシルバーフォックスのファーをあしらい、ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

表地にウールをミックスすることで、アウトドアテイストながらも都会的な表情のある佇まいが完成。ジャケットやスラックスを使った上品なコーディネートにも馴染む、汎用性に優れた水沢ダウンです。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット リクイジット

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) 水沢ダウンジャケット リクイジット

強靭な「高強度アラミド繊維ケブラー」が生地に織り込まれた耐久性の高い水沢ダウン。肩回りや肘といったダメージが起こりやすい箇所を高強度に仕上げているため、アウトドアシーンでも安心して着用できます。

左脇には力を加えることで全体が素早く開く特殊なジッパーを備えており、プルオーバータイプながらも着脱がスムーズ。フード部分はダイヤルの操作で手軽にフィット感を調節できる仕組みで、着心地も良好です。

水沢ダウンのおすすめメンズコーデ

ベーシックなカジュアルコーデを格上げ

By: wear.jp

水沢ダウンの人気モデル「アンカー」を取り入れた、カジュアルコーデです。色味はモノトーンでまとめ、落ち着いた雰囲気に。地味な印象にならないよう、ボーダーTシャツやライン入りスニーカーで変化を付けています。

首周りにボリュームがあるアンカーは、シンプルなインナーと好相性。マフラーなどの巻き物がなくても、首元が寂しい印象になりません。ベーシックなアイテムで構成された再現性の高いコーデなのでぜひチャレンジしてみてください。

ハイスペックモデルをシンプルに着こなす

By: wear.jp

冬の休日に取り入れたい、リラックス感のあるコーディネートです。水沢ダウンのなかでも特に人気の高いハイスペックモデル「マウンテニア」を白Tシャツにオン。シンプルな着こなしがマウンテニアの美しいフォルムと存在感を引き立てています。

そして、シンプルコーデのアクセントとしてチョイスしたのは赤のニット帽。1点だけ主張の強いカラーをプラスして、おしゃれなカラーリングを実現しています。スポーティーなマウンテニアとの相性も良好です。

こなれ感のある大人のきれいめカジュアル

By: wear.jp

マウンテニアの別注アイテムにチェック柄のテーパードスラックスとレザーシューズを合わせた、大人らしい着こなしです。きれいめアイテムとも難なく調和してしまうのは、シルエットの美しい水沢ダウンならでは。フロントジッパーを閉めるとよりコンパクトなフォルムが際立ちます。

重さが出てしまわないよう、足首を少しのぞかせているのも注目ポイント。ダウンジャケットを都会的に着こなすスタイリングをぜひ参考にしてみてください。

マウンテニアで作る大人ストリートミックスコーデ

By: wear.jp

マウンテニア×スウェット×コーデュロイパンツを組み合わせた、ストリートテイストが香るおしゃれコーディネート。ダウンジャケットとコーデュロイパンツはどちらも存在感のあるアイテムですが、メリハリのあるカラーリングで重さが軽減され、好バランスにまとまっています。

また、キャップやハイテクスニーカーを取り入れ、頭の先から足元まで抜かりのないスタイリングに。カジュアルになりがちなストリートミックスコーデをしっかり大人顔に仕上げたお手本コーデです。

カラーニット×シャトルで快適おしゃれを実現

By: wear.jp

グリーンのカラーニットに、水沢ダウンの軽量モデル「シャトル」をサラリと羽織ったきれいめカジュアルコーデ。シンプルながら、おしゃれとあたたかさ、そして快適さも実現できるおすすめのスタイリングです。

ボトムスにはきれいめかつリラックス感のあるグレンチェック柄のアンクル丈パンツをチョイス。足元はハイテクスニーカーでハズし、こなれ感のあるコーディネートに仕上げています。

寒い日もポカポカのおしゃれ冬スタイル

By: wear.jp

タートルネックインナー×ニット×水沢ダウンで構成した、見た目にもあたたかい冬コーデ。下半身はデニムにスニーカーとカジュアル度の高いアイテムの組み合わせですが、スマートな水沢ダウンのおかげでラフな印象とは無縁です。

頭には大きなロゴが印象的なニット帽をオン。大人らしいスタイルのなかに遊び心をプラスしています。きれいめとカジュアルの絶妙なバランスをぜひ参考にしてみてください。