アウトドアシーンのみならず、ファッションシーンにおいても注目されている「ノースフェイス」。数あるアイテムのなかでもダウンは人気で、幅広い世代から支持を集めています。

そこで今回は、ノースフェイスのおすすめのダウンをご紹介。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

ノースフェイスとは?

By: amazon.co.jp

ノースフェイスが創業されたのは1968年。発売したスリーピングバッグに最低何℃の気温まで快適に使用できるかという「最低温度規格表示」を明記したことが話題となり、ユーザーの信頼を獲得していきました。

現在では、アウトドア用品や登山用具、アパレルなど、幅広いアイテムを取り揃えているブランドです。「DO MORE WITH LESS」をモノづくりの原点としている同ブランドは、実用性に優れているアイテムを数多く展開。時代の流れや環境の変化に沿って、ベストな機能性を追求し続ける姿勢を貫き通しています。

ノースフェイスのダウンの魅力

By: amazon.co.jp

愛用者が多いノースフェイスのダウン。人気の理由は、アウトドアシーンでの過酷な環境下にも対応する優れた機能性と、高いデザイン性を兼ね備えている点にあります。

また、シンプルで飽きのこないデザインを多く採用しているほか、カラーラインナップが豊富に取り揃えられているのもポイント。コーディネートに取り入れやすく、好みに合わせて選べるのも魅力です。

ノースフェイスのダウンの選び方

素材をチェック

光電子プロダウン

By: amazon.co.jp

高品質のダウンに遠赤外線効果のある光電子繊維をミックスした光電子プロダウンは、同素材は体温を利用してあたたかさをキープするのが特徴。光電子繊維の1本1本は煙よりも小さいセラミックスの粒子で、体温を逃さずに自然なあたたかさを生み出します。

光電子プロダウンには撥水加工が施されているモノが多く、雨などで濡れても保温性が低下しないのもポイントです。また、汗を蒸発させてムレを予防するため、快適に過ごせます。衣類だけでなく、寝具やフットウェアにも採用されている注目素材です。

パーテックスカンタム

By: amazon.co.jp

パーテックスカンタムは極薄軽量の強靱なナイロン素材。軽量性に優れており、登山ウェアやスポーツウェアに多く採用されています。20デニール以下の糸を高密度に織り上げているため、引裂強度が高く丈夫なのが特徴です。

後加工なしでもダウンが抜け出さず、長く愛用できるのが魅力。パーテックスカンタムを生地にしたシェルジャケットは、軽くて防風性が高いため、寝袋にも採用される優れた素材です。

ゴアテックス

By: zozo.jp

ゴアテックスは生地に無数の微細な孔があり、外部からの水は通さずに内部の水蒸気を外に逃がせる優れた素材です。防水透湿性と防水耐久性が高いため、スポーツやアウトドアにもぴったり。急な雨に打たれても、内部が濡れにくいので、レインウェアにも多く採用されています。

また、肌面をポリウレタンコーティングの2層構造に仕上げたパックライトシェルや、風や冷気から体温を守る3層構造のウィンドストッパーなど、種類もさまざま。それぞれに機能性が異なるため、用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

フィルパワーをチェック

By: goldwin.co.jp

フィルパワー(FP)とは、1オンスの羽毛に荷重を掛け、膨らみ度合いを立法インチで表したものです。「FP500」など数字で表記されています。数値が大きいほど膨らみがあり、保温性が高まるため、あたたかくて質のよいダウンであると判断できます。

また、フィルパワーが高いと羽毛量が少なくてもあたたかなダウンを作れるので、より軽量なのもポイント。一般的にはFP600~700以上のダウンが良質とされているため、購入の際にはぜひチェックしてみてください。

なお、フィルパワーと合わせて、羽毛の割合の確認もしておきましょう。ダウンジャケットに用いられている羽毛は、骨のない綿毛のような「ダウン」と、骨のある羽「フェザー」の2種類があります。フェザーは1羽の鳥から取れる量が多いため、比較的安価ですが、保温性はダウンのほうが高め。ダウンの割合が多いほど高品質です。

洗濯できるかチェック

By: amazon.co.jp

ノースフェイスのダウンジャケットはほとんどのモノが自宅で洗濯できます。ダウンジャケットのクリーニング代は高いため、自宅で洗濯して節約することが可能です。また、スポーツやアウトドアでダウンを着用する場合は、汚れることを考えて洗濯できるモノを選んでおいたほうが楽に手入れができます。

洗えないダウンジャケットは雨や泥で汚れたままにすることが多く、ニオイのケアもできないのが難点。洗えるダウンジャケットの多くは手洗いと陰干しが基本ですが、素早く自分で手入れできるのがメリットです。購入する際には、洗濯できる製品かどうかもよく確認しておきましょう。

ノースフェイスのダウンのおすすめモデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) トランゴパーカ

機能性が高く軽量でコンパクトに持ち運べる

中綿にポリエステルが100%「V-Motion」が使用されているノースフェイスのダウンジャケットです。スリットが設けられており、蛇腹状の形状で、軽量ながら空気を多く含むため、保温性にも優れています。

また、高い運動追従性が備わっており、動作の邪魔になりにくいのがポイント。加えて、表地の素材にはリップストップナイロンを採用しており、軽量性と優れた撥水性を同時に実現しているのも魅力です。

ほかにも、静電気の発生を抑える静電ケア設計が採用されており、気軽に着用しやすいのもメリット。また、スタッフサック付きで、着用しないときにはコンパクトに持ち運べます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ラークスパージャケット

撥水性と保温性が高くアウトドアにもおすすめ

表地にも中綿にもリサイクル素材が用いられており、環境に配慮して作られているノースフェイスのダウンジャケット。1979年に発表された女性用スキーダウンウェアをベースにデザインされています。

表地には独特の光沢感があり、しなやかな肌触りを楽しめるのポリエステル素材を採用。また、袖口や裾は冷たい風や雪が入り込まないよう、リブ仕様になっています。寒さの厳しい環境下にも対応するのが魅力です。

また、撥水加工が施されているため、雨に濡れても保温性が損なわれにくいのもポイント。天候が急に悪化しても対応できます。秋から冬にかけてのキャンプシーンなどで活躍し、普段着としてもおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヒムダウンパーカ

GORE-TEXを使用した高い防風性が魅力

ザ・ノース・フェイスを代表する、エクスペディション向けのダウンウェア。1994年に発表されたオリジナルモデルをベースにデザインされており、現代のテクノロジーを用いて作られています。

表地の素材には30デニールの「GORE-TEX INFINIUM」を採用。高い防風性を実現しています。また、中綿には「GreenRecycled CLEANDOWN」が封入されており、環境に配慮したリサイクルダウンが採用されているのも特徴です。

また、フードは取り外し可能で、着こなしに幅を持たせられます。加えて、持ち運びに便利なスタッフサックが付属しているのもポイント。デザイン性・機能性・携行性の3つを兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ビレイヤーパーカ

表地の素材に30デニールの「GORE-TEX INFINIUM WINDSTOPPER Insulated Shell」が採用されたノースフェイスのダウンパーカー。2層構造で、高い保温性を実現しています。

中綿には光電子プロダウンを封入。また、内側にも撥水素材を使用しており、雨で濡れてもあたたかさを保ちます。加えて、コールドスポットを抑えたシェイプドバッフル構造が採用されており、保温力を高めているのも特徴です。

ほかにも、内ポケットや大型メッシュポケットなどが設けられており、収納の多さも良好。グローブを乾かすのにも適しています。山岳用からタウンユースまで、さまざまなシチュエーションでの着用におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) バーテックスロングジャケット

機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたノースフェイスのロングダウンジャケットです。メイン素材にはリサイクルリップストップナイロンを採用。環境に配慮して作られているのが特徴です。

中綿にはポリエステル100%の「V-Motion Insulation ECO」を封入。蛇腹状に形が変化するのが特徴で、身体に合わせて追従します。メイン素材の高いストレッチ性と相まって、動きの邪魔になりにくいのが魅力です。

襟部に中綿入りの内襟が設けられているほか、袖口がインナーカフ仕様になっており、隙間から冷たい風が入り込みにくいのもポイント。寒さが厳しい日に活躍します。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ノベルティーヌプシジャケット

1990年代のノースフェイスを代表するヘリテージモデルのヌプシジャケットです。中綿には「GreenRecycled CLEANDOWN」を封入。環境に配慮してリサイクルダウンで作られているのが特徴です。

表地の素材には50デニールのリップストップナイロンを採用。撥水加工が施されているので濡れても寒くなりにくく、急な天候変化にも対応できます。また、肩部分はナイロン素材で補強されており、耐久性に優れるのも魅力です。

さらに、静電気の発生を低減する静電ケア設計を採用。アウトドアからタウンユースまで、さまざまなシチュエーションで着用できるモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) アストロライトフーディ

コールドスポットを抑え、軽量性と保温性を同時に実現しているノースフェイスのダウンです。表地には縫い目の少ない20デニールの「Double Weave Woven Dot Baffle」を採用。やわらかな肌触りが楽しめます。

中綿にはFP900の「CLEANDOWN」を封入。また、生地には撥水加工が施されており、濡れても保温性を保ちます。スタッフサック付きで、着用しないときにはコンパクトに持ち運べるのもポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) サンダージャケット

Lサイズの本体重量が約275gと軽量なノースフェイスのダウンジャケットです。軽く快適な着心地を実現しているのが魅力。また、ポケッタブル仕様で、着用しないときはたたんで持ち運びできます。

表地の素材にはナイロンを100%のパーテックスカンタムを採用。ソフトな肌触りが楽しめます。加えて、耐久撥水加工が施されており、高い耐久性が備わっているのも特徴。急に雨が降り出しても対応できます。

中綿には、光電子と撥水ポリエステルファイバーを組み合わせたモノを使用。長時間あたたかい状態をキープできます。機能性と携行性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) サンダーラウンドネックジャケット

首周りがスッキリとしたラウンドネックを採用したノースフェイスのダウンジャケットです。表地の素材にはソフトな肌触りが楽しめるパーテックスカンタムを採用。軽量性と耐久性を同時に実現しています。

表面には耐久撥水加工が施されており、急な天候変化にも対応可能。雨に濡れても体温が下がるのを防ぐのが魅力です。また、中綿には光電子繊維と撥水ポリエステルファイバーが封入されています。

コンパクトに収納できるポケッタブル仕様で、持ち運びやすいのもポイント。機能性と携行性の両方を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウィンドストッパーゼファーシェルカーディガン

表地の素材に高い通気性が備わった「GORE-TEX INFINIUM PRODUCTS」が採用されているノースフェイスのダウン。冷たい風や外気が入り込むのをブロックし、同時に衣類内が蒸れるのを防ぎます。

中綿には遠赤外線効果があり、自然なあたたかさが感じられる光電子ダウンを封入。製造の過程で汚れやホコリを除去したクリーンダウンが用いられており、高い保温性が備わっています。

ボディ左側にある腰ポケットやコインポケットをはじめ、複数の収納が設けられているのもポイント。防風性・透湿性・撥水性の3つを兼ね備えており、アウターとしてもインナーとしても活躍するおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リバーシブルエニータイムインサレーテッドフーディ

中綿に「V-Motion Insulation」が封入されているノースフェイスのダウンジャケット。蛇腹状に形状変化するのが特徴で、高い運動追従性が備わっています。大きく動いても動作の邪魔になりにくいのが魅力です。

裾にドローコードが設けられており、身体のラインに合わせてサイズ調節できるのがポイント。また、リバーシブル仕様で、コーディネートに幅を持たせられます。ボリューム感と軽量性を同時に実現しているおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フューチャーライトハイブリッドベントリックスフーディ

表地の素材にノースフェイスが独自に開発した防水通気素材「FUTURELIGHT」を使用したダウンです。高い防水性を保ちながら優れた通気性を同時に実現しています。長時間着用しても熱がこもりにくいのが特徴です。

中綿にはスリット入りのベントリックスを封入。運動中はスリットが開き、ダウン内の熱を放散することで蒸れを防ぎます。また、休憩中はスリットが閉まり、冷たい空気の侵入をシャットアウト。保温性に優れるのも魅力です。

ハーネスの装着を想定し、裏地・脇下・裾周りには4WAYストレッチナイロンのソフトシェル素材を使用。両脇のハーネスが干渉しにくい位置にはポケットが設けられています。アクティビティスタイルに適したおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) インサレーションボンバージャケット

表地の素材に複合繊維ポリエステル100%の「Bio-Based Poly Twill」を採用したノースフェイスのダウンジャケット。独特の光沢感やなめらかな肌触りが楽しめます。また、伸縮性に優れ、シワになりにくいのも特徴です。

中綿には、プリマロフトを封入。優れた保温性を実現しています。また、撥水性を兼ね備えているのもポイント。幅広い環境下で着用できます。

さらに、40℃までのぬるま湯で手洗いできるのも魅力のひとつ。清潔な状態がキープできます。アウトドアで活躍する機能が多く備わっており、タウンユースにも適したデザイン性の高いアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ハイブリッドテックエアーインサレーテッドジャケット

身生地に、70%のポリエステルや25%のレーヨンを用いた「Stretch Tech Air Sweat」を使用したノースフェイスのダウンジャケット。ストレッチ性の高いニット生地と相まって、動きやすいのが特徴です。

中綿にはリサイクル原料を使用したプリマロフトブラックを封入。3層の生地構造も採用されているため、高い保温性と防風性が備わっています。

不快な静電気の発生を抑える静電ケア設計なので、快適に着用できます。30℃までの液温で洗濯機が使用できるほか、底面温度110℃まででアイロン仕上げができるなど、お手入れしやすいのもおすすめポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベントリックスアクティブフーディ

スリットを設けることで、身体の動きに合わせて開閉するベントリックス機能が採用されたノースフェイスのダウンジャケット。ストレッチ性に優れているので、動きを妨げにくいのが特徴です。

静止時の保温性と動いているときの通気性を同時に実現しています。休憩中はスリットが閉まり、外気の入り込みを防ぐので寒くなりにくいのがポイント。また、動いているときにはスリットが開き、ダウン内に熱がこもるのを防ぎます。

表地と中綿の両方には撥水加工が施されているので、多少の天候変化にも対応可能。また、静電気の発生を抑える静電ケア設計で、快適に着用できます。アウトドアからタウンユースまで、幅広いシーンにおすすめのアイテムです。

ノースフェイスのダウンのおすすめコーデ

シンプルにまとめたアウトドアコーデ

By: goldwin.co.jp

明るいカラーが目を引くノースフェイスのダウンにホワイトのインナーを合わせたコーディネート。ボトムスにはブラックを合わせており、シンプルなインナーとボトムスがアウターの存在感を際立たせています。

アウターは30デニールの「GORE-TEX INFINIUM」が使用されたモノをチョイス。高い防風性と保温性が備わっているので、アウトドアシーンにも適したコーデです。

さまざまなシーンにおすすめのユーティリティなコーデ

By: goldwin.co.jp

ふんわりとした雰囲気と、かさ高があるトランゴパーカにカジュアルなトレーナーとボトムスを合わせたコーディネートです。全体をダークカラーで統一し、一体感を持たせることで落ち着いた雰囲気を演出しています。

蛇腹状に変形する「V-Motion」が封入されたアイテムを選択しており、運動追従性も良好。また、高い保温性が備わっているので、寒さの厳しい冬場でも着用できます。アウトドアやタウンユースなど、さまざまなシーンにおすすめのコーデです。

シルエットとカラーにメリハリを付けたコーデ

By: goldwin.co.jp

迷彩柄のダウンにホワイトのインナーとブラックのボトムスを合わせたコーディネートです。インナーとボトムスにシンプルなモノを採用することでメリハリを持たせ、アウターの迷彩柄を際立たせています。

ボリューム感のあるダウンに細身のパンツを組み合わせることで、シルエットにもアクセントを付けているのもポイント。スタイリッシュな印象が演出できるおすすめのコーディネートです。