ダウンジャケットの定番ブランドとして広く知られている「カナダグース」。防寒性などの機能面が優れているのはもちろん、一般的なダウンジャケットとは一線を画すスタイリッシュなデザインも魅力で、タウンユースアイテムとしても注目を集めています。

そこで今回は、カナダグースにスポットのおすすめのモデルをご紹介。選ぶ際に気をつけたいポイントやおしゃれな着こなし方なども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

カナダグースとは?

By: canadagoose.jp

「カナダグース」は、カナダ・トロント生まれのファッションブランド。前身である「Metro Sportswear Ltd.」は、1957年に設立されました。

カナダグースのメインとなる製品は、知名度と人気を兼ね備えたダウンジャケット。寒冷地の過酷な環境下で力を発揮する機能性と、タウンユースにも適したデザイン性を兼ね備えています。

ダウンジャケットに使われるダウンやファーといった素材は、厳しい基準をクリアしたモノだけを採用。素材選びから縫製、検査までこだわりを徹底したモノ作りで、「本物」を求めるユーザーから支持されています。

カナダグースの魅力

By: canadagoose.jp

カナダグースの最大の特徴は、非常に高い保温性です。元々、極寒地で生活する人や、南極の探検隊向けに作られているため、厳寒な環境下でも過ごせるように考えられています。

素材には、カナダでもっとも高品質と呼ばれるアルバータ州産ダウンを採用。さらには軽量で耐久性に優れている「ハテライトダウン」をブレンドするなど、保温性に加えて軽くて丈夫なダウンを使用しています。カットソーの上に直接着用でも安心して使える、寒い時期の心強い味方です。

シンプルながらおしゃれなシルエット

By: amazon.co.jp

ダウンは、ボリューム感が出てシルエットが膨れやすいのが悩みです。その点、カナグースはシルエットが洗練されており、スタイルをきれいに保つことができます。ワイドパンツなど、太めのボトムスと合わせても野暮ったくなりません。

日本人用のシルエットや、日本の気候に合わせたダウン量のアイテムも展開されており、高い機能性とアーバンスタイルを兼ね備えているのはカナダグースならではの魅力です。

落ち着きのあるデザインで合わせやすく、スラックスパンツなど、きれいなスタイリングにも相性ばっちり。寒い季節にしっかりと防寒しながらも、ファッション性が高いコーデができます。

高い機能性

By: amazon.co.jp

世界中でカナダグースが選ばれる理由は選び抜かれた素材にあります。カナダ産の高品質のダウンを使用しているうえに、「アークティックテック」と呼ばれる、ポリエステルとコットンの混合素材にテフロン加工を施した素材を使用しています。

高い撥水性能と防風性能を持ち、厳寒の日でも安心。また、フードのドローコードやコートの内側にあるセキュリティポケット、フロントポケットのハンドウォーマーなど、細部にまでこだわりが感じられます。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル

カナダグース(CANADA GOOSE) シャトーパーカ 3426MA

カナダグース シャトー (CANADA GOOSE CHATEAU) 3426MA メンズ ダウン ジャケット コート

カナダグースのなかでも、世界的に人気の高いモデルです。厳選されたダウンボールとフェザーを、独自のバランスでブレンドした高級ダウンの保温性は抜群。極寒地でも使用できるアウターです。フードのファーはコヨーテの毛皮を採用しており、凍結を防いでくれます。

撥水性に優れたリブで中に入ってくる冷気もシャットダウン。アジア人向けのフュージョンフィットモデルなので、さまざまなスタイルに合わせられます。迷っている方におすすめの王道アイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ジャスパー 3438JM

カナダグース ジャスパー (CANADA GOOSE JASPER) 3438JM

カナダグースの「シャトー」を日本人向けに改良したモデルです。日本でサイジングを行ってパターンを企画しているので、スマートな着こなしが可能。ダウンの量も気候に合わせて調節されています。

ミドルレンジで、幅広い服装に合わせられ、スーツのアウターとしてもおしゃれに仕上げることが可能。電車移動が多い方などにもおすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ラッセルパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE) メンズ ラッセルパーカー (RUSSELL) PARKA

本製品は、ショート丈モデルのダウンです。短い丈でも高い保温性は健在で、寒い日も安心。また、ショート丈はカジュアルに見えがちですが、ディティールまでこだわりぬかれたデザインにより、スタイリッシュなコーデが可能です。

肘に備わっているエルボーパッチがさりげないアクセントになります。ダブルジップなので、下部を少しだけあけて、インナーをちらりと見せてもおしゃれ。すっきりと着こなしたい方におすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) エモリーパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE  EMORY PARKA)

人気の高いロング丈モデルです。メインのポケットには、フラップポケットと、斜めのポケットが付いています。内側にはメッシュ仕様のセキュリティポケットがあるので、貴重品やカイロを入れるなど使用方法は自由自在です。

また、内部にジップで収納可能なスノーカートを装備しており、冷気をシャットダウン。タイトなデザインながら、程よいボリュームですっきりとした印象。丈も長く、しっかりと冷気を防いでくれるため、真冬に大活躍するアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) マクミランパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE  3804M MACMILLAN PARKA)

程よくゆとりをもたせたボックス型シルエットのモデル。ファーが付属していないため、ほかのカナダグースアイテムとは少し違った印象です。フードは少し大きめの作りですが、首元より少し下の位置にあるので、野暮ったくならず、ほどよいアクセントになっています。

フロントポケットの内側はフリースなっており、ハンドウォーマーとしても活躍。スキニーパンツに合わせてもよし、ボリュームのあるパンツに合わせてもよしの、万能なアウターです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ウィンダム 3808MA

カナダグース ウィンダム (CANADA GOOSE WYNDHAM) 3808MA

タウンユースを意識した、モダンテイストな印象がおしゃれなアイテムです。カナダグースはおもにパラシュートボタンを採用していますが、本製品はスナップボタンを採用しています。

ショート丈で、全体的にすっきりしているのもポイント。テーパードのかかったボトムスと合わせて、きれいめのスタイリングにもマッチします。

カナダグース(CANADA GOOSE) エクスペディション 4660M

カナダグース メンズ ダウン ジャケット エクスペディション 4660M EXPEDITION

大きなポケットが目を引くエクスペディションパーカー。元々1980年代に南極にある観測基地の研究者用に開発されたアイテムで、防寒性はピカイチです。素材には、優れた撥水機能と防風性をもつ素材である「アークティックテック」を採用し、寒さの原因である風や水滴から守ります。

ショルダーではなく左胸に配置されたワッペンは、コーディネートのアクセントとして活躍。シンプルななかにも、デザイン性をもたせたインパクトのあるアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) カーソンパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE CARSON PARKA FF)

「カーソンパーカー」は、カナダグースの人気モデルであるジャスパーをもとに作られたモデルです。サイズやダウン量は日本に合わせた仕様。丈感もジャスパーのモノを採用し、腰丈ですっきりした印象を与えています。

防寒性の高い素材と袖部分のリブや、ハンドウォーマー用ポケットは、カナダグース本国の仕様をそのまま採用。寒い日でも安心して使える、スタイリッシュなアウターです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ランフォードパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE LANGFORD PARKA)

お尻が隠れるくらいのロング丈アイテムです。フュージョンフィットモデルで、細身や小柄な方にも対応しています。

フロントは比翼仕立てなので、前からの風もしっかり防いでくれ、風の強い日でも安心。ロング丈のダウンは、シルエットが膨らみやすく合わせづらいのが悩みですが、本製品はスタイリッシュに着こなせます。

カナダグース(CANADA GOOSE) チリワックボンバー

ショート丈で裾のリブが特徴的な、ボンバージャケットタイプのアウター。小型飛行機のパイロット向けに開発されたアイテムです。防寒性と座った際に動きやすさが重視されており、裾にはリブが採用されています。

着用時のボリューム感がおしゃれで、デニムやワークパンツと合わせてアメカジスタイルで男らしく仕上げるのがおすすめ。きれいめなスタイルが好みな方は、スキニーパンツと合わせてメリハリをつけましょう。

カナダグース(CANADA GOOSE) ウールフォード

カナダグース (Canada Goose Woolford Fusion Fit Down)

裾をリブで絞ったボンバージャケットタイプのアイテム。本製品はよりスタイリッシュに着こなせるようアーバンスタイルに仕上げています。

ショート丈ですが、裾はボックスタイプなので、全体はすっきりした印象。フードもないので、カジュアルだけでなくトラッドなスタイリングにもおすすめのダウンです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ガリバルディパーカー

カナダグース (CANADA GOOSE  5817M  GARIBALDI PARKA)

取り外し可能なインナーベストと一体となった、3WAYのハイブリッドモデル。デザインは人気モデルであるシャトーパーカーを採用しています。ニットなど厚手のインナーを着用する際などには、ベストを外すなど、状況に応じて臨機応変に対応可能です。

また、ベストのデザイン性の高さも魅力のひとつ。背面のクロスに入ったリフレクティブテープはシンプルなスウェットに合わせてもインパクトが大きく、ベスト単体でも使えます。真冬だけでなく、ロングシーズン愛用できるアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) フリースタイルクルーベスト 4154M

カナダグース ダウンベスト (CANADA GOOSE FREESTYLE CREW VEST) 4154M

人気の高いカナダグースの定番ベストです。ボリュームを抑えて、使い回しのきく便利なアイテム。厚手のニットに合わせて、カジュアルなスタイルで仕上げてもおしゃれです。

胸のカナダグースのワッペンが程よいアクセントに。フロントのダブルジップ上にはスナップボタンが採用されているので、防寒性もばっちりのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ブロムリーボンバー 7996M

カナダグース (CANADA GOOSE Bromley Bomber) 7996M

無骨で男らしい印象な、ブロムリーボンバー。ボンバージャケットをミリタリーテイストに仕上げたアイテムです。襟には取り外し可能なシアリングカラーを採用。柔らかい毛が保温性を保ってくれるとともに、コーディネートに締まりを加えます。

首元のボリュームと、裾のリブで程よいボリューム感。ジャストサイズでコンパクトに着こなすのがおすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) セルウィンコート

カナダグース (CANADA GOOSE  Selwyn Coat)

カナダグースのウィンドブレーカーモデル。ダウンは入っていませんが、撥水・防風性能に優れたアイテムです。シャープなシルエットがかっこよく、着る人のスタイルをスマートに仕上げます。

裏地はカモフラデザインで、見えない部分にもこだわりが感じられるアイテム。肘に3層ストレッチ加工が施されており、ストレスフリーで着用できるおすすめの軽量アウターです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ハイブリッジペレンジャケット

カナダグース (CANADA GOOSE Hybridge Perren Jacket)

パッカブルモデルの軽量ダウン。高い保温性と優れた通気性を兼ね備えた、普段着から旅行まで幅広いシーンで活躍するモデルです。寒さが厳しい時期はインナーダウンとして、春秋にはアウターとしても活躍します。

また、肘と腕下に採用された伸縮性の高いテンシルニットも魅力です。腕の可動域を広げてくれ、ストレスフリーで着用可能。ディティールにこだわって作られた、おすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ダナムジャケット

カナダグース (CANADA GOOSE  DUNHAM JACKET)

タイトでスマートなスタイルなぴったりの「ダナムジャケット」。軽量のダウンを使用しているので、着用時のストレスが少ないことが魅力です。袖のリブには親指を通せるようになっています。

ショルダーとボディのキルトカットの切り替えもおしゃれ。アーム部分には伸縮性のあるテンセルニットを採用しており、肘を曲げてもつっぱりません。ボリュームのあるアウターが苦手な方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) レッドストーン

カナダグース (CANADA GOOSE Redstone)

トレイル用の防風ジャケット。背面にメッシュを採用することで、通気性も確保しています。また、ウエストや裾、フードのそれぞれにドローコードが備わっているため、必要に応じてシルエットを変更することも可能です。

耐久性の高い「デュラフォース」を素材として使用しているので、長いスパンで愛用できます。重アウターではなく、春秋や初冬にもカナダグースを着用したい方におすすめの軽量アウターです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ハリソンコート

カナダグース (CANADA GOOSE Harrison Coat)

ブラックレーベルコレクションのひとつ、ロング丈の「ハリソンコート」。従来のワッペンとはカラーが違い、全体的に生産量が少ないのが特徴です。

ハリソンコートは裾が膝まである長尺のコートで、防寒性はバッチリ。ボディの装飾もないため、シックなスタイルとの相性は抜群です。ポケットの数も外側と内側を含めて7つ備わっています。ざっくりと羽織れるアイテムを求めている方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ギャルソンベスト 4151M

カナダグース ギャルソンベスト  (CANADA GOOSE GARSON VEST) 4151M

ワッペンが目を引く、カナダグースの定番ベストです。ダウン量を控えめにすることでボリュームを抑えており、使い回しのきくアイテム。アーバンスタイルにしっかり馴染んでくれます。

ダブルジップの上にはスナップボタンを採用しているため、ジップが目立たず、クリーンな印象に。ダウンのボリューム感が苦手な方におすすめのアイテムです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめコーデ

キレイめコーデの参考に

By: wear.jp

別注アイテム「オーフォード」を、大人っぽく着こなしたお手本コーデ。胸ポケットをなくしたスッキリデザインのダウンジャケットに、カーディガン、ローファーといったキレイめアイテムを合わせています。アンクル丈のボトムスで、足元をスッキリと見せているのも注目です。

カーキカラーを上品に着こなす

By: wear.jp

定番モデル「ジャスパー」のカーキカラーを取り入れたコーディネート。ニットキャップやメガネ、革靴などのアイテムを用いることで、カジュアルながら上品さも感じるスタイリングに仕上がっています。ダウンジャケットを着るといつも「ありがち」なコーデになってしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

好感度高めの大人コーデ

By: wear.jp

高級感溢れる別注アイテム「クレストン」をサラリと着こなしていておしゃれ。ネイビー×ホワイトの爽やかな組み合わせで、清潔感のあるコーディネートに仕上がっています。しっかりと暖かく、それでいて重くならないバランス感は、ぜひとも秋冬コーデの参考としたいポイントです。

スポーティなアイテムとも好相性

By: wear.jp

万能アイテム「ジャスパー」なら、スポーティなコーディネートも可能。リブパンツとの組み合わせは、今っぽいシルエットが出せるのでおすすめです。ダークトーンでまとめることで、大人っぽさもプラスされています。キャップやスニーカーなど手持ちアイテムですぐチャレンジできるコーデなので、ぜひ取り入れてみてください。

カモフラ柄はシンプルに

By: wear.jp

圧倒的な存在感のあるカモフラ柄のダウンジャケットは、シンプルに着こなすのがベター。白Tシャツ×デニム×スリッポンというスタンダードな組み合わせでも、十分おしゃれに見えます。「着られている」感が出ないよう、ジャストサイズを選ぶのもポイントです。

セットアップで上級者コーデ

By: wear.jp

スーツスタイルにも難なくフィットするカナダグースのダウンジャケット。普段の着こなしで周りと差を付けたいなら、セットアップとの組み合わせに挑戦するのがおすすめです。スーツほどかっちりせず、ほどよいリラックス感のある着こなしに仕上がります。

再現性の高いお手本コーデ

By: wear.jp

白のタートルネックニット×デニムのシンプルな組み合わせに、「ジャスパー」を合わせた正統派コーディネート。キレイめスタイルに仕上がっています。無地のオーソドックスなアイテムばかりなので、チャレンジしやすいのもポイントです。

カラーアイテムで差をつける

By: wear.jp

鮮やかなカラーのアイテムを選べば、華やかなコーディネートが完成します。ダウンジャケットはそれ単体でインパクトがあるので、インナーやボトムスで引き算をするのが正解。ワードローブにモノトーンカラーのアイテムが多い方は、あえてカラフルなモノを選ぶのもおすすめです。

スーツスタイルもビシッとキマる

By: wear.jp

「ジャスパー」は、絶妙な丈感でスーツスタイルもクールに仕上げてくれます。ビジネスシーンでの着用が想定される場合は、ブラックやネイビーを選ぶのがベターです。冬場もスタイリッシュなスーツスタイルを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミリタリーな着こなしが新鮮

By: wear.jp

前面に4つのポケットが用意されたダウンジャケットに、カモフラ柄のカーゴパンツをプラスしたカジュアルコーデです。

ミリタリー要素を前面に押し出しつつも、ラフな雰囲気になりすぎないのはスタイリッシュなカナダグースのアイテムならでは。足元にスニーカーをチョイスして、重くなりすぎないようにしているのもポイントです。

サッと羽織るだけで様になる

By: wear.jp

ブラックの「ジャスパー」に、ラフなシルエットのデニムを合わせたリラックス感のある着こなし。足元にはあえて革靴を合わせ、引き締め効果を狙っています。防寒性の高いカナダグースのダウンジャケットは薄手インナーに羽織るだけでも暖かく、かつおしゃれに着こなせるのが魅力です。

ラッセルパーカーで作る軽快コーデ

By: wear.jp

ショート丈の「ラッセルパーカー」を用いたおしゃれなカジュアルコーデ。レッドのボトムスを投入した攻めのカラーリングが効いています。足元はスリッポンで軽快さを強調。無難な着こなしが多くなってしまう方にこそチャレンジしていただきたいコーディネートです。