ダウンジャケットの定番ブランドとして広く知られる「カナダグース」。防寒性などの機能面が優れているのはもちろん、一般的なダウンジャケットとは一線を画すスタイリッシュなデザインも魅力で、タウンユースアイテムとしても注目を集めています。

今回は、そんなカナダグースにスポットを当てて、おすすめのモデルをご紹介。選ぶ際に気をつけたいポイントやおしゃれな着こなし方なども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

カナダグースとは?

By: rakuten.co.jp

「カナダグース」は、カナダ・トロント生まれのファッションダウンブランド。前身である「Metro Sportswear Ltd.」は、1957年に設立されました。全ての製品をカナダで製造しているのが特徴です。

カナダグースのメインとなる製品は、高い知名度と人気を備えるダウンジャケット。寒冷地の過酷な環境下で力を発揮する機能性と、アウトドアのみならずタウンユースにも適したデザイン性を兼ね備えています。

ダウンジャケットに使われるダウンやファーといった素材は、厳しい基準をクリアしたモノだけを採用。素材選びから縫製、検査までこだわりを徹底したモノ作りで、「本物」を求める大人の男性から支持されています。

カナダグースの選び方

サイズ感で選ぶ

By: amazon.co.jp

カナダ国内だけでなく、世界中のあらゆる地域で製品を展開しているカナダグース。体格の違いに対応できるよう、人種ごとにタイプを分けてサイズ展開を行っています。サイズ選びの際は、どのタイプの製品かをまずチェックしましょう。

本国カナダ向けのグローバルフィット

By: amazon.co.jp

「グローバルフィット」は、体格の大きい白人、黒人向けのサイズ展開。そのため、一般的な体つきの日本人から見ると、ややサイズが大きめです。グローバルフィットの製品を購入するなら、普段着用しているサイズのワンサイズ下から検討してみましょう。

アジア人向けのフュージョンフィット

By: amazon.co.jp

白人や黒人に比べ、総じて小柄なアジア人向けに作られたのが「フュージョンフィット」。袖や丈が短く、フードも小さめに作られています。日本人にも合いやすいサイズ展開なので、この後にご紹介する「ジャパンフィット」で展開されていないアイテムならばフュージョンフィットから選ぶのがおすすめです。

日本人向けのジャパンフィット

By: amazon.co.jp

日本人向けに、特別に作られたのが「ジャパンフィット」。このタイプの製品ならば、普段のアウターと同じサイズ選びで問題ありません。購入の際は、着用したいモデルがジャパンフィットかどうかチェックしてみましょう。

着丈で選ぶ

By: rakuten.co.jp

カナダグースのダウンジャケットはしっかりとした作りで、一度購入すれば長く愛用できます。そのため、デザインはもちろん、自分が着こなしやすい着丈のモノを選ぶのも大切です。

着回し力を考えるなら、安定のミドル丈がおすすめ。定番モデルとして人気の「ジャスパー」もミドル丈のアイテムです。着丈が短めのモデルは、スッキリと着こなせるのが魅力。ボリュームのあるダウンジャケットでも、「着られている」感じが出にくいのもメリットです。

逆に丈が長いアイテムは、大人っぽい着こなしが可能。細身のモノなら、ビジネススタイルにも対応できます。

手持ちの服や小物と相性のよい色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

各モデルのカラーラインナップが豊富なのも、カナダグースの魅力のひとつ。長く着用することを考慮して、ワードローブのアイテムと相性のよいカラーのモノをチョイスしましょう。

キレイめコーデが好きな方には、ブラックやネイビーがおすすめ。グレー系のニットやパンツを取り入れた着こなしが多い方なら、着回しやすいカラーです。スーツスタイルにも難なくフィットします。

カジュアルな着こなしには、カーキやカモフラ柄のアイテムがおすすめです。デニムと合わせるだけで、おしゃれなカジュアルスタイルが完成します。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|グローバルフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) エクスペディションパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) エクスペディションパーカー

カナダグースの原点と言える「エクスペディションパーカー」。防寒・保温に特化しているため、カナダグースのダウンジャケットとしての実力を大いに体感できます。

また、-30℃以下の気温を想定して設計されているので、日本の寒さなら十分に対応可能です。さらに、4つの外面ポケットや内側ポケット、袖のリブなど細かなディテールにこだわっているのもポイント。

シルエットは、大きめのガッチリとした雰囲気を演出します。スケーターなどのストリート系ファッションのアイテムとしても使えるおすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) メイトランドパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) メイトランドパーカー

ミリタリー系のような雰囲気を楽しめる「メイトランドパーカー」。ダウンジャケットらしくない都会的な雰囲気が特徴です。野暮ったくなりやすいダウンジャケットとは思えないデザインで、モダンなスタイルにぴったり。

前面はショート丈、ヒップ部分はお尻がちょうど隠れる丈もポイントです。これにより、高い保温性も保ちつつすっきりしたシルエットを実現。さらに、ファーがないことで、よりすっきりとしたシンプルな印象を演出します。フードの着脱も可能でより軽い着こなしにも対応可能なおすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) エモリーパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) エモリーパーカー

キルティングデザインでカジュアルな雰囲気を楽しめる「エモリーパーカー」。カナダグースならではの機能性とデザイン性を両立した人気のモデルです。

ボリュームを抑えたダウンジャケットらしからぬスリムなシルエットで、どんな着こなしにも対応します。スーツの上から着用してもスマートで大人っぽい雰囲気を保つことが可能です。

シルエットは抑えていますが、防寒性や保温性も兼ね備えています。また、ジャケット内部に、雪や冷気の侵入を防ぐスノースカートが施されているので、雪が降る地域での着用にもおすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) アプローチジャケット

カナダグース(CANADA GOOSE) アプローチジャケット

カナダグースらしくないデザインが特徴の「アプローチジャケット」。カラーラインナップが豊富なので、カナダグースは欲しいけど被るのは嫌という方にもおすすめです。

また、防寒性や撥水性、耐久性にも優れているので、街での着用はもちろんアウトドアシーンでも活躍します。ネオンカラーや明るめのカラーは、都会でも目立つこと間違いなしです。

フードは取り外し可能で、裾にドローコードも付いているのでスタイルに合わせてフィット感を調節できます。

カナダグース(CANADA GOOSE) ウィンダミアコート

カナダグース(CANADA GOOSE) ウィンダミアコート

「ウィンダミアコート」は、ダウンジャケットでありながらスマートさを追求したデザインが特徴です。防寒性・保温性の高さはもちろん、内側に用意されたセキュリティポケットには鍵などの小物収納にも最適。

また、カナダグースのアイコンともいえるワッペンが付いていないのもポイントです。少し変わったデザインのカナダグースを探している方におすすめです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|フュージョンフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) カーソンパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) カーソンパーカー

デザイン性と防寒性に優れた「カーソンパーカー」は、どんなスタイルにも馴染むスタイリッシュなダウンジャケットです。横方向のキルティングデザインが特徴。

フロントのボタンが小さく、シンプルですっきりした印象を与えてくれます。裾の長さも絶妙な長さに設計されていて、キレイ目なスタイルやスーツスタイルにもぴったりです。

また、ボリューム感を抑えることで、体のラインをキレイに見せる効果も期待できます。コヨーテファーの取り外しが可能で、よりシンプルなスタイルを楽しめるアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) マクミランパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) マクミランパーカー

「マクミランパーカー」は、カジュアルさとかっこよさを兼ね備えたデザインが特徴です。全体に施されたキルティングデザインのカジュアルさと、フロントのショート丈の男らしいジャケット感が魅力。

フロントからバックにかけて緩やかなカーブを描いているのもポイントで、お尻が隠れる後ろ姿が印象的です。また、冷気をしっかり遮り、保温性を高めることが可能。

街中での着用はもちろん、アウトドアシーンでも活躍します。アウトドアスタイルが好きだけど、スタイリッシュな雰囲気は保ちたいという方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) シャトーパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) シャトーパーカー

ジャスパーの原型モデル「シャトーパーカー」は、ジャスパーと比べ全体的にサイズが少し大きく、ダウンが増量されています。

もちろんジャスパーの方がスリムですが、「シャトーパーカー」もスタイリッシュなシルエットで、ダウンジャケット特有のボリューム感を感じられます。今もカナダで愛されているモデルなので、本物へのこだわりが強い方におすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ランフォードパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) ランフォードパーカー

シャトーパーカーとよく似た「ランフォードパーカー」は、より長めにカットされた丈により防寒性に優れているのが特徴です。長めの丈で防寒性を高めつつも、スタイリッシュなシルエットはしっかり保ってくれます。

また、フロントジッパーの上に覆われたストームフラッパーにより冷気をしっかり防げるほか、前面にある2つのインテリアポケットが大きなアクセントです。

デザインは、シンプルで大人のモダンな雰囲気を演出。細身のスタイルや、大人の男性におすすめのアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ロッジフーディー

カナダグース(CANADA GOOSE)ロッジフーディー

カナダグースの一般的なモデルとはタイプの異なる「ロッジフーディー」。保温性と防風性、軽量性を実現しているのが特徴。ダウンジャケット特有の重さが苦手という方に特におすすめです。

旅行やアウトドアシーンには大活躍してくれます。また、折りたたんでダウンジャケット全体をポケットに小さく収納でき、手軽に持ち運ぶことも可能です。

着用時のゴワゴワ感もないため、中にたくさん重ね着できます。一般的なアウトドアブランドとは一線を画したデザインと防寒性で、周囲の仲間に大きな差をつけられるアイテムです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|ジャパンフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) ジャスパー

カナダグース(CANADA GOOSE) ジャスパー

現地カナダで不動の人気を備えるモデルであるシャトーを日本人の体型に合わせてアレンジしたのが「ジャスパー」。細身の日本人には最高のシルエットで、ひと昔前のモコモコしたダウンジャケットとは比べ物にならないスタイリッシュさです。

ダウンの量を少なめにすることでスリムさを実現していますが、冬の寒さを凌ぐには十分の保温性を備えています。

また、カジュアルやスーツスタイルなど、どんなスタイルの方にも使えるのが魅力。日本では定番のモデルなので、何を選べばよいかわからない方にはおすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ラッセルパーカー

カナダグース(CANADA GOOSE) ラッセルパーカー

ミリタリーテイストの「ラッセルパーカー」は、短い丈の長さが特徴。前面に施された4つのポケットが、男らしい雰囲気を演出します。

また、大きめのパラシュートボタンの存在感も大きなアクセントに。ショート丈のダウンジャケットですが、日本人のサイズに合わせたアイテムなので、野暮ったい印象はありません。

さらに、コヨーテファーとフードは着脱できるため、一気に印象を変えられるのも魅力。他のモデルにはないシルエットを楽しむことができるおすすめのアイテムです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめコーデ

キレイめコーデの参考に

By: wear.jp

別注アイテム「オーフォード」を、大人っぽく着こなしたお手本コーデ。胸ポケットをなくしたスッキリデザインのダウンジャケットに、カーディガン、ローファーといったキレイめアイテムを合わせています。アンクル丈のボトムスで、足元をスッキリと見せているのも注目です。

カーキカラーを上品に着こなす

By: wear.jp

定番モデル「ジャスパー」のカーキカラーを取り入れたコーディネート。ニットキャップやメガネ、革靴などのアイテムを用いることで、カジュアルながらどこか上品さも感じるスタイリングに仕上がっています。ダウンジャケットを着るといつも「ありがち」なコーデになってしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

好感度高めの大人コーデ

By: wear.jp

高級感溢れる別注アイテム「クレストン」をサラリと着こなしていておしゃれ。ネイビー×ホワイトの爽やかな組み合わせで、清潔感のあるコーディネートに仕上がっています。しっかりと暖かく、それでいて重くならないバランス感は、ぜひとも秋冬コーデに取り入れたいポイントです。

スポーティなアイテムとも好相性

By: wear.jp

万能アイテム「ジャスパー」なら、スポーティなコーディネートも可能。リブパンツとの組み合わせは、今っぽいシルエットが出せるのでおすすめです。ダークトーンでまとめることで、大人っぽさもプラスされています。キャップやスニーカーなど手持ちアイテムですぐチャレンジできるコーデなので、ぜひ取り入れてみてください。

カモフラ柄はシンプルに

By: wear.jp

圧倒的な存在感を放つカモフラ柄のダウンジャケットは、シンプルに着こなすのがベター。白Tシャツ×デニム×スリッポンというスタンダードな組み合わせでも、十分おしゃれに見えます。「着られている」感が出ないよう、ジャストサイズを選ぶのもポイントです。

セットアップで上級者コーデ

By: wear.jp

スーツスタイルにも難なくフィットするカナダグースのダウンジャケット。普段の着こなしで周りと差を付けたいなら、セットアップとの組み合わせに挑戦するのがおすすめです。スーツほどかっちりせず、ほどよいリラックス感のある着こなしが完成します。

再現性の高いお手本コーデ

By: wear.jp

白のタートルネックニット×デニムのシンプルな組み合わせに、「ジャスパー」を合わせた正統派コーディネートです。きちんと感があるスタイルに仕上がっています。無地のオーソドックスなアイテムばかりなので、チャレンジしやすいのもポイントです。

カラーアイテムで差をつける

By: wear.jp

鮮やかなカラーのアイテムを選べば、華やかさのあるコーディネートが完成します。ダウンジャケットだけでかなりのインパクトがあるので、インナーやボトムスで引き算をするのが正解。ワードローブにモノトーンカラーのアイテムが多い方は、あえてカラフルなカラーを選ぶのもおすすめです。

スーツスタイルもビシッとキマる

By: wear.jp

「ジャスパー」は、絶妙な丈感でスーツスタイルもクールに仕上げてくれます。ビジネスシーンでの着用が想定される場合は、ブラックやネイビーを選ぶのがベターです。冬場もスタイリッシュなスーツスタイルを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミリタリーな着こなしが新鮮

By: wear.jp

前面に4つのポケットが設けられたミリタリーライクなダウンジャケットに、カモフラ柄のカーゴパンツをプラスしたカジュアルコーデです。ミリタリー要素を前面に押し出しつつも、ラフな雰囲気になりすぎないのはスタイリッシュなカナダグースのアイテムならでは。足元にスニーカーをチョイスしているのも、重くなりすぎないポイントです。

サッと羽織るだけで様になる

By: wear.jp

ブラックの「ジャスパー」に、ラフなシルエットのデニムを合わせたリラックス感のある着こなし。足元にはあえて革靴を合わせ、引き締めポイントを作っています。防寒性の高いカナダグースのダウンジャケットは薄手インナーに羽織るだけでも暖かく、かつおしゃれに着こなせるのが魅力です。

ラッセルパーカーで作る軽快コーデ

By: wear.jp

ショート丈の「ラッセルパーカー」を用いたおしゃれなカジュアルコーデ。レッドのボトムスを投入した攻めのカラーリングが効いています。足元はスリッポンで軽快さを強調。無難な着こなしが多くなってしまう方にこそチャレンジしていただきたいコーディネートです。

ライターからヒトコト

カナダグースのダウンジャケットはタフな作りで、一度購入すれば長年愛用できます。そのため、長く使うことを前提に自分のファッションスタイルに合うモデルを選びましょう。また、グローバルフィットとフュージョンフィット、ジャパンフィットそれぞれのサイズ感を把握し、適切なサイズのモノをチョイスするのも大切です。

Top photo by: rakuten.co.jp
記事内容について連絡
  • ゴミ捨てまで任せっきりでOK!「ルンバi7+」のイノベーションを体験してみた