ダウンジャケットの定番ブランドとして広く知られる「カナダグース」。防寒性などの機能面が優れているのはもちろん、一般的なダウンジャケットとは一線を画すスタイリッシュなデザインも魅力で、タウンユースアイテムとしても注目を集めています。

今回は、そんなカナダグースにスポットを当てて、おすすめモデルをご紹介。選ぶ際に気を付けたいポイントやおしゃれな着こなし方などもお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。

カナダグースとは?

By: rakuten.co.jp

「カナダグース」は、カナダ・トロント生まれのファッションダウンブランド。前身である「Metro Sportswear Ltd.」は、1957年に設立されました。全ての製品をカナダで製造しているのが特徴です。

カナダグースのメインとなる製品は、高い知名度と人気を誇るダウンジャケット。寒冷地の過酷な環境下で力を発揮する機能性と、アウトドアのみならずタウンユースにも適したデザイン性を兼ね備えています。

ダウンジャケットに使われるダウンやファーといった素材は、厳しい基準をクリアしたモノだけを採用。素材選びから縫製、検査までこだわりを徹底したモノ作りで、「本物」を求める大人の男性から支持されています。

カナダグースの選び方

サイズ感で選ぶ

By: amazon.co.jp

カナダ国内だけでなく、世界中のあらゆる地域で製品を展開しているカナダグース。体格の違いに対応できるよう、人種ごとにタイプを分けてサイズ展開を行っています。サイズ選びの際は、どのタイプの製品かをまずチェックしましょう。

本国カナダ向けのグローバルフィット

By: amazon.co.jp

「グローバルフィット」は、体格の大きい白人、黒人向けのサイズ展開。そのため、一般的な体つきの日本人から見ると、ややサイズが大きめです。グローバルフィットの製品を購入するならば、普段着用しているサイズのワンサイズ下から検討してみましょう。

アジア人向けのフュージョンフィット

By: amazon.co.jp

白人や黒人に比べ、総じて小柄なアジア人向けに作られたのが「フュージョンフィット」。袖や丈が短く、フードも小さめに作られています。日本人にも合いやすいサイズ展開なので、この後にご紹介する「ジャパンフィット」で展開されていないアイテムならばフュージョンフィットから選ぶのがおすすめです。

日本人向けのジャパンフィット

By: amazon.co.jp

日本人向けに、特別に作られたのが「ジャパンフィット」。このタイプの製品ならば、普段のアウターと同じサイズ選びで問題ありません。購入の際は、着用したいモデルがジャパンフィットかどうかチェックしてみましょう。

着丈で選ぶ

By: rakuten.co.jp

カナダグースのダウンジャケットはしっかりとした作りで、1度購入すれば長く愛用できます。そのため、デザインはもちろん、自分が着こなしやすい着丈のモノを選ぶのも大切です。

着回し力を考えるなら、安定のミドル丈がおすすめ。定番モデルとして人気の「ジャスパー」もミドル丈のアイテムです。着丈が短めのモデルは、スッキリと着こなせるのが魅力。ボリュームのあるダウンジャケットでも、「着られている」感じが出にくいのもメリットです。逆に丈が長いアイテムは、大人っぽい着こなしが可能。細身のモノなら、ビジネススタイルにも対応できます。

手持ちの服や小物と相性のよい色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

各モデルのカラーラインナップが豊富なのも、カナダグースの魅力のひとつ。長く着用することを考慮して、ワードローブのアイテムと相性のよいカラーのモノをチョイスしましょう。

キレイめコーデが好きな方には、ブラックやネイビーがおすすめ。グレー系のニットやパンツを取り入れた着こなしが多い方なら、着回しやすいカラーです。スーツスタイルにも難なくフィットします。

カジュアルな着こなしには、カーキやカモフラ柄のアイテムがおすすめです。デニムと合わせるだけで、おしゃれなカジュアルスタイルが完成します。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|グローバルフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) シャトー

人気シリーズを数多く生み出してきたカナダグースのなかでも、定番のモデルです。スッキリとした見た目とは裏腹に高い防寒性を備え、−25℃の環境下にも対応可能。袖口にはリブニットを採用することで、冷たい空気の侵入を防止しています。

顔周りを覆う豪華なコヨーテファーは、取り外しできるので便利。前面両サイドにあるポケットの裏地はフリース生地のため、簡易的な手袋としても役立ちます。デザイン性、機能性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) メイトランドパーカー

カナダグースのダウンジャケットは総じてタウンユースに適したモノが多いのですが、「メイトランドパーカー」は特に都会の生活にフィットするように作られたアイテム。コヨーテファーがなく、フードも取り外し可能で軽めの着こなしにも対応できます。

前から見るとショート丈に見えますが、後ろは裾を長くとっており、ヒップがすっぽりと隠れるくらいの丈感です。また、フライトジャケット「M-65」を思わせる4つのポケットが、メンズのおしゃれ心をくすぐります。

カナダグース(CANADA GOOSE) エモリーパーカー

暖かく、それでいておしゃれな大人のカジュアルスタイルを可能にしてくれる、おすすめのダウンジャケット。中に入れるダウンの量を調整することによりボリューム感を抑え、スマートな外観を実現しています。カジュアルになりすぎないデザインで、スーツスタイルとも好相性です。

また、内側には雪や冷気の侵入を防ぐスノーカフを搭載し、過酷な環境下にも耐えうる防寒性を有しています。

カナダグース(CANADA GOOSE) エクスペディションパーカー

By: canadagoose.com

防寒性に優れたカナダグースのアイテムラインナップのなかでも、特に保温性を重視したモデル。-30℃以下の気温を想定して作られています。

ハンドウォーマーポケットや冷気をシャットアウトする裾・袖口の作りなど、防寒性を高める工夫は細部まで抜かりありません。また、内側・外側共にポケットが多数配置されており、収納面も優秀。カナダグースの実力を実感できる高機能アイテムです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ハイブリッジライトフーディ

タイトな作りで、体にほどよくフィットするダウンジャケット。軽量で動きやすく、アクティブ派の方におすすめです。表地に「フェザーライト10D」と呼ばれる素材を採用することで、軽さに加え優れた耐久性も持ち合わせたアイテムに仕上がっています。

また、要所に高い伸縮性を持つバイアステープを使うことで、快適な着用感と保温性を実現。フィンガーホールを設けた袖口の作りも特徴的で、冬場のスポーツシーンにも最適なおすすめアイテムです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|フュージョンフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) ウィンダムパーカー

スリムな作りで、タウンユースアイテムとしてもおしゃれに着こなせる1着です。顔を優しく包み込む起毛生地を採用したチンガードや、リブニット製の袖口で防寒面も安心。冬の寒さが厳しい地域にも対応できる、寒冷地仕様のアイテムです。

そして目を引くのは、外側の大きな2つのポケット。2重構造になっていて、内側ポケットにそのままアクセスできます。また、2wayジッパーが採用されているのも魅力。カジュアルな着こなしを好む方におすすめのモデルです。

カナダグース(CANADA GOOSE) カーソンパーカー

都会的なスタイルにも難なく馴染む、スタイリッシュな1着。ほどよくシェイプされたシルエットで、体のラインがキレイに見えます。大人カジュアル、キレイめスタイルの他、スーツにも合わせられる汎用性の高さが魅力です。

フロントジッパーの内側には風よけを装備し、冷たい空気が中に入るのを防止。-25℃まで耐えうる防寒性を備え、寒さの厳しい寒冷地にも対応できます。流行り廃りなく長く愛用できる万能モデルです。

カナダグース(CANADA GOOSE) マクミランパーカー

キルティングが施されたダウンジャケットらしい外観と、スリムなラインが融合した1着です。裾はサイドから見ると緩やかなカーブを描いており、前は短め、後ろが長めの特徴的なデザイン。コヨーテファーを取り除き、スッキリと仕上げた首周りもポイントです。

しっかりと冷気を遮断し、保温性を高めた作りで防寒性は抜群。タウンユースだけでなく、真冬のアクティビティにも対応できる機能性を備えています。ダウンジャケットをカジュアルに着こなしたい方におすすめのモデルです。

カナダグース(CANADA GOOSE) ランフォードパーカー

定番モデル「シャトー」を彷彿とさせるようなスマートさを備え、丈を長めにすることでより大人っぽさが増したアイテム。スーツスタイル、ジャケパンスタイルとの相性は抜群で、ダウンジャケットながらキレイめの着こなしを実現できます。

スマートさを醸し出すポイントのひとつは、ベルクロを採用したフロント部分。存在感のあるパラシュートボタンをあえて排することで、よりスッキリとした外観に仕上がっています。ボリュームたっぷりのコヨーテファーとフードは取り外しが可能です。

カナダグース(CANADA GOOSE) ロッジジャケット

冷たい風が体温を奪う都会の冬にぴったりの、防風性を高めたダウンジャケット。「リップストップ」素材を採用することにより、高い防風性に加え、タフさも兼ね備えたアイテムに仕上がっています。秋冬もアクティブに動きたい方におすすめです。

また、バカップル仕様のアイテムであることも注目ポイントで、折りたたんで内部ポケットに本体を収納できるため、持ち歩く際も便利。アウトドアアクティビティでの使い勝手も考慮された優秀アイテムです。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめモデル|ジャパンフィット

カナダグース(CANADA GOOSE) ジャスパー

カナダグースの名を日本に知らしめたのは「ジャスパー」だと言っても過言ではないほど、高い人気を誇る定番アイテム。機能的だけれどどこか野暮ったい、そんなダウンジャケットのイメージを覆すスタイリッシュなデザインが魅力です。

美しいシルエットを叶えつつ、保温性や耐久性も兼備しているのが人気の理由。特に顔周りはコヨーテファーに加え、肌に当たる部分にはフリース素材を採用するなど万全の作りです。スーツスタイルに合わせるアウターとしても重宝します。

カナダグース(CANADA GOOSE) ラッセルパーカー

ショートレングスが魅力のダウンジャケット。コヨーテファーとフードはどちらも取り外しが可能で、雰囲気の異なる着こなしを楽しめるのも特徴です。スタンドカラーは高めに作られており、フロントジッパーを上まで閉じれば高い防寒性を発揮します。

フロントやポケット部分には、大きめのパラシュートボタンを採用。手袋をしたままでも開けやすく、デザイン面のアクセントとしても機能しています。カジュアル、スポーティといったテイストのコーディネートが多い方は、ぜひチェックしてみてください。

カナダグースのダウンジャケットのおすすめコーデ

キレイめコーデの参考に

By: wear.jp

別注アイテム「オーフォード」を、大人っぽく着こなしたお手本コーデ。胸ポケットをなくしたスッキリデザインのダウンジャケットに、カーディガン、ローファーといったキレイめアイテムを合わせています。アンクル丈のボトムスで、足元をスッキリと見せているのも注目です。

カーキカラーを上品に着こなす

By: wear.jp

定番モデル「ジャスパー」のカーキカラーを取り入れたコーディネート。ニットキャップやメガネ、革靴などのアイテムを用いることで、カジュアルながらどこか上品さも感じるスタイリングに仕上がっています。ダウンジャケットを着るといつも「ありがち」なコーデになってしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

好感度高めの大人コーデ

By: wear.jp

高級感溢れる別注アイテム「クレストン」をサラリと着こなしていておしゃれ。ネイビー×ホワイトの爽やかな組み合わせで、清潔感のあるコーディネートに仕上がっています。しっかりと暖かく、それでいて重くならないバランス感は、ぜひとも秋冬コーデに取り入れたいポイントです。

スポーティなアイテムとも好相性

By: wear.jp

万能アイテム「ジャスパー」なら、スポーティなコーディネートも可能。リブパンツとの組み合わせは、今っぽいシルエットが出せるのでおすすめです。ダークトーンでまとめることで、大人っぽさもプラスされています。キャップ、スニーカーなど手持ちアイテムですぐチャレンジできるコーデなので、ぜひ取り入れてみてください。

カモフラ柄はシンプルに

By: wear.jp

圧倒的な存在感を放つカモフラ柄のダウンジャケットは、シンプルに着こなすのがベター。白Tシャツ×デニム×スリッポンというスタンダードな組み合わせでも、十分おしゃれに見えます。「着られている」感が出ないよう、ジャストサイズを選ぶのもポイントです。

セットアップで上級者コーデ

By: wear.jp

スーツスタイルにも難なくフィットするカナダグースのダウンジャケット。普段の着こなしで周りと差を付けたいなら、セットアップとの組み合わせに挑戦するのがおすすめです。スーツほどかっちりせず、ほどよいリラックス感のある着こなしが完成します。

再現性の高いお手本コーデ

By: wear.jp

白のタートルネックニット×デニムのシンプルな組み合わせに、「ジャスパー」を合わせた正統派コーディネートです。きちんと感があるスタイルに仕上がっています。無地のオーソドックスなアイテムばかりなので、チャレンジしやすいのもポイントです。

カラーアイテムで差をつける

By: wear.jp

鮮やかなカラーのアイテムを選べば、華やかさのあるコーディネートが完成します。ダウンジャケットだけでかなりのインパクトがあるので、インナーやボトムスで引き算をするのが正解。ワードローブにモノトーンカラーのアイテムが多い方は、あえてカラフルなカラーを選ぶのもおすすめです。

スーツスタイルもビシッとキマる

By: wear.jp

「ジャスパー」は、絶妙な丈感でスーツスタイルもクールに仕上げてくれます。ビジネスシーンでの着用が想定される場合は、ブラックやネイビーを選ぶのがベターです。冬場もスタイリッシュなスーツスタイルを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミリタリーな着こなしが新鮮

By: wear.jp

前面に4つのポケットが設けられたミリタリーライクなダウンジャケットに、カモフラ柄のカーゴパンツをプラスしたカジュアルコーデです。ミリタリー要素を前面に押し出しつつも、ラフな雰囲気になりすぎないのはスタイリッシュなカナダグースのアイテムならでは。足元にスニーカーをチョイスしているのも、重くなりすぎないポイントです。

サッと羽織るだけで様になる

By: wear.jp

ブラックの「ジャスパー」に、ラフなシルエットのデニムを合わせたリラックス感のある着こなし。足元にはあえて革靴を合わせ、引き締めポイントを作っています。防寒性の高いカナダグースのダウンジャケットは薄手インナーに羽織るだけでも暖かく、かつおしゃれに着こなせるのが魅力です。

ラッセルパーカーで作る軽快コーデ

By: wear.jp

ショート丈の「ラッセルパーカー」を用いたおしゃれなカジュアルコーデ。レッドのボトムスを投入した攻めのカラーリングが効いています。足元はスリッポンで軽快さを強調。無難な着こなしが多くなってしまう方にこそチャレンジしていただきたいコーディネートです。