フライトジャケットは元々海軍や空軍などが着用するものでしたが、今やカジュアルファッションの定番として知られているアイテムです。

同ジャンルにおいては「MA-1」が特に有名ですが、ほかにもさまざまな種類があり、それぞれ違いをおさえておくとコーディネートの幅が広がります。そこで今回は、フライトジャケットのおすすめモデルと着こなしをご紹介。興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

フライトジャケットの種類

MA-1

By: amazon.co.jp

MA-1とは、1940年代頃に開発されたアメリカ空軍用のアウターのことを指します。リバーシブル仕様のモデルが多く、裏地はレスキューカラーであるオレンジが基本です。素材にはナイロンを用いており、狭いコックピットでも動きやすいようシンプルなデザインに仕上がっています。

G-1

By: amazon.co.jp

G-1は、1930年代頃にアメリカ海軍が使っていたジャケットです。襟にボアが付いているのが特徴で、立てて着用することで風を防ぐことが可能。また、腕を動かしやすくするため、ショルダー部分にアクションプリーツがつけられています。

B-15

By: amazon.co.jp

フライトジャケットとして初めて布を採用して作られた「B-10」ジャケットの後継モデル。素材は綿やナイロンを用いており、フロントファスナーが真ん中より少しずれた位置に配置されているのが特徴です。また、左腕にはペンシルポケットとシガレットケースが付いています。

CWU-45/P

By: amazon.co.jp

アメリカ軍で正式採用されているフライトジャケット。MA-1で採用しているナイロン素材は燃えやすいというデメリットがありますが、CWU-45/Pは耐熱性にも優れている「耐熱アラミド繊維」を採用しているのが特徴です。

L-2

By: amazon.co.jp

L-2は低空飛行用に開発されたフライトジャケットのことです。襟と袖がリブ編みのMA-1と同じようなデザインですが、薄手の仕様が多く、肩に「エポレット」と呼ばれる装飾が付いており、裾部分にはボタンが付いた三角形のフラップが付いている点が違いとして挙げられます。

A-2

By: amazon.co.jp

1931年に陸軍航空隊の夏季用フライトジャケットとして採用されたA-2。ファスナー式を初めて取り入れたフライトジャケットとしても有名で、素材には「シールブラウン」と呼ばれる濃い茶色に染められたレザーが採用されています。襟やパッチポケットが大きめに作られているのも特徴です。

フライトジャケットの選び方

By: amazon.co.jp

フライトジャケットは、素材により大きく印象が変わります。レザーを採用したアイテムは無骨さと重厚感が魅力。コーディネートの際は野暮ったくならないよう工夫が必要ですが、フライトジャケットならではの男臭さをより味わえます。

対して、MA-1をはじめとするナイロン製フライトジャケットは今っぽいスタイルに合わせやすいのがメリット。スポーツミックスコーデはもちろん、デザインによってはきれいめコーデにも取り入れられるため、幅広い着こなしが楽しめます。

また、サイズもしっかりチェックしておきたいポイント。初めて購入する場合は、着こなしやすいジャストサイズのアイテムを選ぶのがおすすめです。

フライトジャケットのおすすめ

MA-1

ヒューストン(HOUSTON) MA-1 フライトジャケット

ヒューストン(HOUSTON) MA-1 フライトジャケット

本格派フライトジャケットにトライしたいという方の1着目におすすめのアイテム。MA-1のディテールをしっかり盛り込み、かつシンプルで着用しやすいデザインに仕上げています。

シルエットはフライトジャケットらしいボリュームを残しつつ、野暮ったくならないよう絶妙なバランスに調節。着丈も長すぎず、スッキリと着こなせます。

また、フラップ付きの前立てや、内側に起毛素材を採用したハンドウォーマーポケットなど、防寒性を高める機能を多く備えているのも魅力。実用性の高い優秀な1着をぜひワードローブに加えてみてください。

フォセース(Fosys) フライトジャケット MA-1

フォセース(Fosys) フライトジャケット MA-1

気軽にトライできるリーズナブルなMA-1。薄手タイプと中綿入りの厚手タイプがあり、季節に合わせて選べます。

MA-1の基本的なディテールを残しながら、現代のスタイルにマッチしやすいようシルエットをややタイトに。細身パンツと合わせたスタイリッシュなコーデもおしゃれにキマります。

また、カラーが豊富なのも嬉しいポイントです。ベーシックなグリーン・ブラック・ネイビーに加え、インパクト満点のレッドもラインナップ。思わず色違いで揃えたくなるコストパフォーマンスの高いアイテムです。

G-1

ショット(Schott) G-1 フライトジャケット

ショット(Schott) G-1 フライトジャケット

レザージャケットに定評のある人気ブランド「ショット」のおすすめアイテム。着回しやすいシンプルなデザインが魅力で、スタイリングに自信がない方にもおすすめです。

素材には、柔らかな牛革を採用。耐久性の高さもデイリーに着用するうえで大きなメリットです。長く愛用するほどに味のある表情へと変化していく楽しみもあります。

また、襟にはリアルムートン、リブ部分にはウールを採用。贅沢な素材使いで高級感のある1着に仕上げています。

アヴィレックス(AVIREX) G-1 トップガン レザージャケット

アヴィレックス(AVIREX) G-1 トップガン レザージャケット

1986年に公開され、日本でも大人気となった映画「トップガン」のなかで、主人公・マーヴェリックが着用していたフライトジャケットを忠実に再現したモデル。ワッペンをあしらった華やかなデザインが魅力です。

背面にはG-1の特徴のひとつであるアクションプリーツを施し、動きやすい仕様に。タウンユースはもちろん、バイク用ジャケットとしてもおすすめです。

また、日本人向けのサイズで作られているため、「着られている」感が出にくいのも嬉しいポイント。Tシャツ×デニムに羽織るだけでおしゃれなコーディネートが完成します。

B-15

ヒューストン ゴールド(HOUSTON GOLD) B-15 フライトジャケット

ヒューストン ゴールド(HOUSTON GOLD) B-15 フライトジャケット

日本のミリタリーブランド「ヒューストン」のハイエンドラインである「ヒューストン ゴールド」のおすすめフライトジャケット。引き締まったタイトなシルエットで、都会的なミリタリースタイルを叶えてくれます。

襟にはシープムートンを採用し、リッチなルックスに。さらに裏地にはストライプ柄生地を用いてファッション性の高い1着に仕上げています。

カラーは定番のブラックのほか、フライトジャケットではあまり見かけることのない爽やかなインディゴブルーも展開。ミリタリー=野暮ったいというイメージを覆す新鮮なアイテムです。

ロスコ(Rothco) ビンテージ B-15A フライトジャケット

ロスコ(Rothco) ビンテージ B-15A フライトジャケット

秋冬コーデに重宝する、保温性抜群の1着です。表地には、ウォッシュ加工でヴィンテージ感たっぷりの表情に仕上げたコットンツイル素材を採用。耐久性が高く、シワになりにくいのも魅力です。裏地には中綿入りのキルティング生地が用いられています。

本製品は、B-15に改良を加えたB-15Aのデザインを採用。酸素マスクのホースを固定するためのディテールである三角形のレザータブが最大の特徴です。また、存在感のあるファー素材の襟は取り外しが可能で、シーンや季節に合わせて着こなせます。

CWU-45/P

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) CWU-45/P TIGHT

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) CWU-45/P TIGHT

日本人の体型に合うよう、全体的にシルエットを絞ったタイトなフライトジャケット。線が細く、なかなかジャストサイズの1着に出会えないと悩んでいる方にもおすすめです。

本来CWU-45/Pには「ノーメックス」と呼ばれる難燃性素材が用いられますが、本製品ではあえてナイロン素材を採用。ノーメックスに比べて質感が柔らかく、着心地が向上しているのが特徴です。

また、胸元にはブランドロゴ入りのワッペンをあしらい、デザインのワンポイントに。よりスッキリと着こなしたいときは取り外しも可能です。

ビームス(BEAMS) CWU-45P タイプ ジャケット

ビームス(BEAMS) CWU-45P タイプ ジャケット

ダボッとしたルーズなシルエットが目を引く男らしいフライトジャケット。CWU-45Pのディテールを踏襲しつつ、随所に実用性を高める工夫を散りばめて使いやすい1着に仕上げています。

なかでも注目すべきは、内ポケットの充実ぶり。ジップ付きポケットのほか、大きなメッシュポケットも備えており、ちょっとした外出なら手ぶらで出かけられます。

また、中綿には蓄熱効果に優れた「サーモライトマイクロ」素材を採用。あまり着込まなくても暖かいので、サッと出かけたい日にも重宝します。

L-2

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ボンディング L-2B フライトジャケット

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ボンディング L-2B フライトジャケット

スタイリッシュなミリタリースタイルを叶えてくれるおすすめの1着。現代的な着こなしに合わせやすいよう、着丈は短く、シルエットはタイトに設計されています。ややマットなポリエステル生地は上品な印象で、きれいめの着こなしにも取り入れやすいのが魅力です。

裏地には、柔らかくサラリとした肌触りの天竺生地を採用。前を開けて着用すれば、裏地のカモフラ柄がチラッと見えておしゃれです。野暮ったさとは無縁のおしゃれなフライトジャケットをぜひチェックしてみてください。

アヴィレックス(AVIREX) L-2 フライトジャケット USSOCOM

アヴィレックス(AVIREX) L-2 フライトジャケット USSOCOM

1枚でインパクトのある着こなしがキマるおすすめフライトジャケットです。「USSOCOM(アメリカ特殊作戦軍)」モチーフのパッチを取り入れた特別感のあるデザインが魅力。背面には大きな星条旗があしらわれており、バックスタイルまで印象的な1着に仕上がっています。

また、中綿なしのライトな作りでロングシーズン着用できるのもおすすめポイント。Tシャツ×デニムのシンプルスタイルにサッと羽織るだけで様になります。カラーはセージ・ダークネイビー・イエロー・ホワイトカモの4色展開です。

A-2

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) フライトジャケット A-2

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON'S) フライトジャケット A-2

A-2が実際に航空隊で着用されていた頃のモデルを忠実に再現したおすすめアイテム。象徴的な大きな襟はもちろん、ボタンが表面に出ていないパッチポケットの仕様など細かい部分まで作り込まれています。

こっくりとしたシールブラウンの色味も魅力。手作業で染められているため色ムラがあり、味わい深い表情に仕上がっています。長く愛用することで経年変化が楽しめるのも嬉しいポイントです。

重厚感があるため、チノパンなどシンプルなボトムスと合わせるのがおすすめ。渋い大人の雰囲気をまとえる1着をぜひチェックしてみてください。

ショット(Schott) A-2 レザーフライトジャケット

ショット(Schott) A-2 レザーフライトジャケット

男らしいコーディネートを叶えてくれる、ワイルドなレザー製フライトジャケット。ワックス仕上げの牛革は耐摩耗性に優れており、使い込んでいくうちにツヤが出てくるのが特徴です。

裏地には滑りのよいナイロンサテンを採用し、ゴワつきのない快適な着心地を実現。便利な内ポケットも設けて、デイリーに着用しやすい1着に仕上げています。

デザインはA-2の基本ディテールを踏襲。ただし、パッチポケットは本来の作りとは異なり、サイドから手が入れられる実用性を重視した仕様になっています。

フライトジャケットのメンズコーデ

MA-1

ベーシックアイテムで作る王道カジュアルコーデ

By: wear.jp

クセのないオーソドックスなアイテムをバランスよく組み合わせ、おしゃれにまとめたお手本コーディネート。再現性が高く、初めてMA-1を着用する方にもおすすめのスタイリングです。

MA-1は定番のカーキカラーをチョイス。キャップ・パーカー・スニーカーは白でまとめ、軽やかさを演出しています。しっかりと暖かく、かつ爽やかさも感じられる着こなしで春先にぴったりです。

ゆるめボトムスと合わせてこなれ感を演出

By: wear.jp

グレイッシュカラーのMA-1を主役に構成したこなれ感のある秋コーデ。ブラックのアイテムを多く取り入れ、シックな雰囲気にまとめています。

ボトムスには細身のアイテムを合わせてもおしゃれですが、あえてワイドシルエットのテーパードパンツをセレクトして抜け感を演出。足首を少し見せることで、重たくなりがちな黒ボトムス×黒スニーカーの組み合わせもスッキリ仕上がっています。

G-1

男らしさ満点のワイルドコーデ

By: wear.jp

レザー製フライトジャケットの重厚感を活かしたワイルドなコーディネート。無骨なコーデは一歩間違えると粗野な印象を与えてしまいがちですが、タックインやロールアップでスッキリ見せるポイントを作り、ラフすぎないコーデにまとめています。

また、落ち着いたブラウンカラーのG-1と華やかなチェックシャツの組み合わせもおしゃれ。柄物アイテムを1点投入するだけでグッとメリハリのあるコーデに仕上がるので、ぜひ参考にしてみてください。

デニム×ブーツでハードなアメカジスタイルに

By: wear.jp

フライトジャケット×ダメージデニム×ブーツと、ヘビーなアイテムでまとめた秋コーディネート。シルバーアクセサリーやチェーンもプラスし、とことん男臭いアメカジスタイルに仕上げています。

深みのあるブラウンのG-1にブラックのインナーを合わせた落ち着きのあるカラーリングもポイント。ハードなテイストと大人の渋さを兼ね備えたおしゃれなスタイリングです。

B-15

スタイリッシュなストリートコーデ

By: wear.jp

上下ともにタイトなシルエットでまとめたクールな着こなし。B-15もコンパクトなサイズ感のモノを選ぶことで、野暮ったさとは無縁のスタイリッシュなコーデに仕上げています。

カラーはブラックをベースとしつつ、足元に白スニーカーを投入してほどよい抜け感をプラス。秋から春先までロングシーズン対応できるおすすめのスタイリングです。

大人の渋さがにじみ出るヴィンテージスタイル

By: wear.jp

小物合わせのセンスが光る、大人のアメカジコーデ。カーキのフライトジャケット×デニム×ワークブーツという王道スタイルを踏襲しつつ、首元のスカーフでほどよい個性のあるコーデに仕上げています。

リペア加工が施されたヴィンテージ感のあるデニムのチョイスもおしゃれ。足元はロールアップでスッキリ仕上げています。

CWU-45/P

オレンジが映えるスポーティコーデ

By: wear.jp

ビビッドなオレンジカラーのCWU-45/Pを主役に、メリハリのあるカラーリングに仕上げたスポーティなコーディネート。ミリタリー感の強いフライトジャケットも、鮮やかなカラーを選ぶと印象がガラリと変わります。

ニットキャップ・フライトジャケットのインパクトが強い分、ボトムスとシューズは黒でまとめてカラーバランスを調節。アクティブな休日には特におすすめのスタイリングです。

ワークスタイルを差し色でブラッシュアップ

By: wear.jp

どこか土臭いイメージのあるワークスタイルをおしゃれに昇華させた上級者コーディネート。カーキ×インディゴのベーシックなカラーリングに赤の差し色を入れることで、グッと洗練された印象に仕上がっています。

足元は定番のワークブーツではなく、あえてスニーカーを投入して軽やかにスタイリング。野暮ったさを軽減させる工夫が詰め込まれたおしゃれコーデをぜひ参考にしてみてください。

L-2

スウェットパンツを合わせた洗練スポーツミックスコーデ

By: wear.jp

鮮やかなイエローカラーが映えるスポーティなコーディネート。ほかの部分を落ち着いた色味でまとめることで、フライトジャケットの色味をより際立たせています。

ラフなスタイリングながら、ブラックのアイテムが多めなので引き締まった表情に。大人でもトライしやすい洗練スポーツミックスコーデです。

着丈のバランスを参考に

By: wear.jp

フライトジャケットを着るのが初めてな方でもトライしやすい、ベーシックなコーディネート。キャップとスニーカーを合わせ、カジュアルにスタイリングしています。

そして、注目すべきはフライトジャケットとスウェットの丈バランス。長めのインナーを合わせることで腰の位置が曖昧になり、脚を長く見せる効果が期待できます。シンプルなアイテムをスタイリッシュに着こなすテクニックをぜひ参考にしてみてください。

A-2

カーディガンで無骨さを軽減

By: wear.jp

ハードすぎるアメカジスタイルが苦手な方にもおすすめの、落ち着いた大人コーデ。柔らかな雰囲気を演出するカーディガンの使い方が秀逸です。また、ニットキャップ・フライトジャケット・ブーツをアースカラーでまとめているので、統一感のあるコーデに仕上がっています。

ドレスシューズできれいめ要素をプラス

By: wear.jp

フライトジャケットにカーゴパンツを合わせた、ミリタリー感満載のスタイリングです。粗野感が出てしまいそうな組み合わせにも関わらず大人顔に仕上がっているのは、ドレスシューズのおかげ。白Tシャツで抜け感を出しているのもポイントです。