カジュアルアウターとして人気の高い「ボアジャケット」。メンズのカジュアルファッションでは王道と言えるアメカジスタイルにもぴったりで、一着あれば幅広く着回せます。

今回はそんなボアジャケットの人気ブランドを厳選してご紹介するとともに、おすすめのメンズコーディネートもピックアップ。ぜひ参考にしてみてください。

ボアジャケットとは?

By: amazon.co.jp

ボアジャケットとは、襟元や裏地、表面などにボア素材を採用したアウターのこと。ボア特有のモコモコとした素材感と高い防寒性が特徴で、秋冬の定番アウターのひとつとして人気を集めています。一着取り入れるだけで季節感のある、おしゃれな着こなしができるのもボアジャケットの魅力です。

ボアジャケットの選び方

全面ボアか、ボアの部分使いか

By: amazon.co.jp

ボアジャケットには、表面にボアが敷き詰められた総ボア仕様のモノもあれば、裏地や襟など部分的にボアを採用したモノもあります。デザインや着こなしやすさを考慮し、自分に合ったタイプのアイテムをチョイスしましょう。

全面ボアのアイテムは、インパクト抜群のボリューム感とあたたかみのある表情が魅力。防寒性が高いのは言うまでもなく、真冬でも着用できるモノが豊富に揃っています。デニムやチノパンなどのボトムスと相性がよく、カジュアル派の方におすすめです。

反対に、ボアを部分使いしたモノならスッキリとした着こなしが可能。細身のパンツと合わせれば、スタイリッシュなコーディネートを実現できます。

組み合わせ素材で選ぶ

デニム

By: rakuten.co.jp

襟と裏地にボアを配し、本体にデニム素材を採用したアイテムはボアジャケットのなかでも特に人気。かっちり感のある濃いインディゴカラーのモノから、色落ちしたカジュアルなライトカラーのモノまでバリエーションも豊富です。また、スタンダードなシルエットのモノなら流行り廃りなく着用でき、ワードローブの定番アイテムとして長年活躍します。

コーデュロイ

By: amazon.co.jp

ボアとコーデュロイという秋冬素材同士を組み合わせたボアジャケットは、コーディネートに季節感をプラスするアイテムとして最適。ブラウンやベージュなど落ち着いた色味のアイテムが多く、大人らしい着こなしがしやすいのもおすすめポイントです。

レザー

By: amazon.co.jp

武骨さを醸すレザーと、ボリューミーなボアを組み合わせたボアジャケットはワイルドな雰囲気が魅力。1枚で十分な存在感があるので、インナーはTシャツ、ボトムスはデニムなどシンプルにまとめるのがおすすめです。

ジャストサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

ボアジャケットはボリュームがあるモノが多いため、大きめサイズを選ぶと着ぶくれしてしまうことがあります。反対に、スタイリッシュな着こなしを目指す方ならタイトめのアイテムを選ぶのもアリですが、重ね着がしにくくなるため汎用性を重視するなら避けた方が無難です。パーカーなど厚めインナーを着用できる余裕があり、かつジャストサイズのアイテムをチョイスしましょう。

手持ちの服に合う色を選ぶ

By: amazon.co.jp

メンズボアジャケットは落ち着いた使い勝手のよい色味のモノが多く、色選びで大きく失敗する可能性が低いアイテム。しかし、より活躍の場面を増やすために、購入前に所有している服との相性をチェックしておきましょう。

ダークトーンのインナーやボトムスが多い方は、ホワイトやベージュなど軽さを演出できるカラーがおすすめ。チェックシャツなど鮮やかなカラーのインナーをのぞかせたい方や、ボアジャケットをインナー使いしたい方であれば、ブラックや濃いグレーなどが使いやすく重宝します。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド

リーバイス(LEVI’S)

デニムのパイオニアブランドとして高い知名度を誇る「リーバイス」。1853年に設立されてから現在に至るまで、数えきれないほどの名作を世に送り出してきました。クラシックなデザインをベースとした定番アイテムから、トレンドを巧みに取り入れた旬なアイテムまで揃う幅広いラインナップも、リーバイスの魅力のひとつです。

リーバイス(LEVI’S) シェルパトラッカージャケット 16365-0044

リーバイス(LEVI'S) シェルパトラッカージャケット 16365-0044

トラッカージャケットの裏地に保温性の高いボアをあしらったアイテム。袖にはキルティング生地を採用し、冬仕様に仕上げられた一着です。

両胸にはホームベースのような形をしたフタ付きのポケットを採用しています。ポケットから大きくV字に伸びたステッチが目を引く3rd仕様。鮮やかな色合いのシャツと合わせるときに重宝するモデルです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF)

「レミ レリーフ」は2007年にデザイナーの後藤豊氏によって設立されたブランド。「HIGH QUALITY OF LIFE」をコンセプトに掲げ、質にこだわったアイテムを展開しています。最大の特徴は、ユーズド加工技術の高さ。古着のような風合いと、現代的なシルエットのアイテムをぜひチェックしてみてください。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ボアデニム3rd ジャケット

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ボアデニム3rd ジャケット

自然に経年変化したようなヴィンテージ感が魅力的なボアデニムジャケットです。生地の縫い目にあたりを出すことで、自然に色落ちしたかのようなスタイルを実現。

裏地には、暖かなボアをふんだんに使用しています。表地に採用した伸縮性のあるコーデュロイとも相性抜群。3rd仕様を踏襲しつつ身幅をスリム仕様にした現代的な作りになっており、さまざまなアイテムと合わせやすい一着です。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は1975年に設立されて以来、米国空軍に多数のフライトジャケットを納入してきた歴史を持つミリタリーブランド。軍用の衣服であったフライトジャケットを街着として発表し、広く普及させるきっかけを作ったブランドでもあります。男らしい着こなしを好む方は要チェックです。

アヴィレックス(AVIREX) ボア MA-1 フライトジャケット 6182187

アヴィレックス(AVIREX) ボア MA-1 フライトジャケット 6182187

1950年にアメリカ軍に採用され日本でも根強い人気を誇るMA-1に、ボリューム感のあるボアを採用したフライトジャケット。フロントタブやシガーポケット以外のディティールをそぎ落とした、シンプルな見た目になっています。

大人らしい着こなしがしやすく、暗めのインナーやボトムスと合わせやすい一着。寒い時期に大活躍すること間違いなしのアイテムです。冬場に落ち着いたファッションを楽しみたいという方は、チェックしておきましょう。

アヴィレックス(AVIREX) N-1 デッキジャケット PLAIN

アヴィレックス(AVIREX) N-1 デッキジャケット PLAIN

かつてアメリカ海軍で採用されていた「N-1デッキジャケット」をスッキリとした現代的なシルエットに仕上げ、おしゃれなファッションアイテムへと昇華させた一着。胸元にあしらわれたミリタリー感溢れるステンシルが、メンズのおしゃれ心をくすぐります。

また、襟元にはリアルムートンを配し、裏地には保温性抜群のファーライニングが敷き詰められているのがポイント。高い防寒性を求める方にもおすすめの実力派アイテムです。

ショット(Schott)

「ショット」は、1913年にショット兄弟により設立されたニューヨーク発のブランドです。最も有名なアイテムは、伝説のライダースジャケットとして知られる「ワンスター」。そのほか、レザーを用いたジャケットは総じて人気が高く、バリエーションも豊富です。また、熟練の職人が手がける製品は、タフさにも定評があります。

ショット(Schott) Naked Cowhide Leather Flight Jacket

ショット(Schott) Naked Cowhide Leather Flight Jacket

マットな質感のオイルドレザーがより重厚感を際立たせています。左右に配置された大きなフラップポケットは、サイドからもモノが入れられる便利な2WAY仕様です。

襟のボアに加え、内側にはフェイクファーを用いたライナーが付属しており防寒面も優秀。どちらも取り外しが可能で、季節や気候に合わせた使い方ができます。クラシックなデザインで、長く愛用できるおすすめのモデルです。

ラングラー(Wrangler)

「ラングラー」は、米国のワークウェア、カジュアルウェアブランドです。前身である「ハドソン・オーバーオール・カンパニー」は1904年にスタート。特にデニムが有名で、ラングラーのデニム製品は多くのカウボーイ達から愛されました。1975年には、全米プロロデオカウボーイ協会の公認デニムにも認定されています。

ラングラー(Wrangler) ROUGH COWBOY ショートボアジャケット

ラングラー(Wrangler) ROUGH COWBOY ショートボアジャケット

内側にショートボアを採用し、ボアジャケットながらスリムなシルエットを実現したおすすめの一着です。ポリエステル100%のフェイクボアを使っているため、お手入れも簡単。

また、デニムに定評があるラングラーならではの絶妙な色落ち感もポイントです。明るすぎないブルーで、大人の男性でも着こなしやすい仕上がりに。フロントからさりげなくのぞくボアが着こなしのアクセントとなり、前を閉めて着用してもおしゃれにキマります。

ラングラー(Wrangler) 裏ボア Gジャン 74255PW

ラングラー(Wrangler) 裏ボア Gジャン 74255PW

ラングラー伝統のウエスタンスタイルを踏襲して作られたボアジャケット。身丈が短く、日本人の身体に合っているアイテムです。胸にはワンポイントとしてWのステッチが施されています。

デニムの生地に採用されているのは14.75オンスのBROKEN DENIMです。また、よじれの防止を生地の段階から実現しており、型くずれしにくいのが魅力のひとつ。カラーは落ち着いたブルーで、落ち着いた雰囲気を演出できるアウターです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI)

「ティーケー タケオキクチ」は、デザイナーの菊池武夫氏が設立した「タケオキクチ」の派生ブランド。普段使いしやすく、かつひねりの効いたデザインのファッションアイテムが揃います。タケオキクチに比べてリーズナブルな価格帯での展開で、トレンドアイテムにもチャレンジしやすいブランドです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) ラムレザーライダースボアジャケット

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) ラムレザーライダースボアジャケット

ラムレザーをメイン素材に用いたおすすめアイテムです。やわらかく、きめ細やかな革の質感が特徴。トレンドのビッグシルエットを採用したデザインなのがポイントです。

襟には真っ白なボアを採用。ボアは取り外し可能なので、ロングシーズン着用できます。細身パンツと合わせてスタイリッシュコーデを楽しむもよし、ワイドパンツでゆるく着こなすもよし。秋冬コーデのヘビロテアイテムとして、ぜひワードローブに加えてみてください。

ジムフレックス(Gymphlex)

1906年、ファッションの本場であるイギリスで創業されたスポーツブランドです。本国イギリスでは多くのプロスポーツチームのユニフォームを提供しており、チャールズ皇太子のポロクラブのユニフォームを手がけたことでも知られています。

ボアジャケット以外にも、パーカーやボタンダウンシャツなどのタウンユースに役立つアイテムを多数扱っているのが特徴。ブリティッシュファッションを楽しみたいという方は押さえておきたいファッションブランドです。

ジムフレックス(Gymphlex) ボアフードジャケット J-1185PL

ジムフレックス(Gymphlex) ボアフードジャケット J-1185PL

秋冬ファッションの定番であるボタンパーカーボアジャケット。軽い着心地ながら保温性にも優れているのがポイントです。首まわりまで暖かいモコモコとしたパーカーは、立体的なボリューム感を出すのに適しています。普段使いはもちろん、アウトドアシーンでも活躍するアイテムです。

パタゴニア(patagonia)

画期的なアウトドアアイテムを数多く発売し、今や定番アウトドアブランドとしての地位を確立した「パタゴニア」。アウトドアウェアは、過酷な環境に対応できる機能性はもちろん、タウンユースアイテムとして着用してもおしゃれにキマるデザイン性も備えています。また、環境に優しい製品作りもパタゴニアの特徴です。

パタゴニア(patagonia) メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット

パタゴニア(patagonia) メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット

確かな機能性と愛らしいモコモコ感で人気を集める「レトロX」シリーズのボアジャケットです。総ボア仕様で、素材には6mm厚の「ボンデッド・シェルパ・フリース」を採用。裏地はメッシュ生地で通気性を確保し、快適な着心地を実現しています。

デザイン面では、ボアと異なるカラーの生地を採用した襟元、ポケットがアクセントに。シンプルながら、都会的な着こなしにもフィットするアイテムに仕上がっています。アウトドアに、普段のおしゃれにと、活躍の場が広いおすすめの一着です。

プーマ(PUMA)

1948年、ドイツで誕生した世界的に有名なスポーツカジュアルブランドです。サッカーや陸上、モータースポーツなど、さまざまな分野に展開しており、各スポーツのトッププレイヤーやスタープレイヤーに愛されてきました。

同じドイツのファッションブランドであるジル・サンダーや日本のミハラヤスヒロなど、数多くのブランドとコラボレーションしており、スポーツシーンだけでなくストリートファッションやカジュアルコーディネートでも活躍するブランドです。

プーマ(PUMA) トレーニングウェア リバーシブル ボアジャケット 853468

プーマ(PUMA) トレーニングウェア リバーシブル ボアジャケット 853468

薄手で通気性のあるウーブンジャケットの裏地に保温性のあるボアを合わせた、リバーシブルボアジャケット。暖かくもありながら軽い仕上がりになっており、運動性にも優れます。

ウーブン側には格子状の柄を採用。ボア面に胸ポケットがあしらわれており、アクセントとして裾からウーブンがのぞく仕様になっています。スポーツシーンだけでなく、カジュアルなスタイルにも合わせられる一着です。

チャンピオン(Champion)

1919年、ニューヨークでスタートしたスポーツウェアブランド「チャンピオン」。世界中にファンを抱え、日本でもカジュアルファッションの定番ブランドとして確固たる地位を確立しました。ブランドの代名詞であるスウェットはもちろん、ボアフリース素材を採用したアイテムも根強い人気を誇ります。

チャンピオン(Champion) ボアフリース フルジップ ジャケット

チャンピオン(Champion) ボアフリース フルジップ ジャケット

ボアフリースの優しい表情が目を引くアイテムです。抜群の汎用性で、秋冬コーディネートの主軸アウターとして活躍します。脇下にはアルファデオ加工が施されており、抗菌防臭効果が期待できるのもポイントです。

チャンピオンの象徴であるCロゴは左袖に配置し、シンプルなデザインのワンポイントに。カラーラインナップも、ブラックやキャメル、オフホワイトなど使いやすい色味のモノばかりです。また、手に届きやすい価格設定も魅力。コスパに優れたボアジャケットを探している方はぜひチェックしてみてください。

ボアジャケットのおすすめメンズコーデ

秋にぴったりのリラックス大人カジュアル

By: wear.jp

ノーカラータイプのボアジャケットは、合わせるインナーを選ばない汎用性が魅力。パーカーと合わせれば、休日にぴったりのリラックス感溢れるコーディネートができます。

カジュアル度の高いアイテムの組み合わせなので、子供っぽくならないようにカラーは落ち着いた色味のモノをチョイス。ベーシックかつおしゃれに見えるカラーバランスにも注目です。

肩の力が抜けたこなれカジュアルコーデ

By: wear.jp

ショート丈のデニムボアジャケットを主役にしたコーディネートです。インナーにはゆったりとしたサイズ感のニットをチョイスし、メリハリのあるシルエットに。そして、上半身にボリュームがあるため、ボトムスには細身のキレイめパンツを投入してスッキリとまとめています。頑張りすぎないこなれたおしゃれを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

モコモコ感のあるアイテム同士を組み合わせるのもアリ

By: wear.jp

ノーカラーボアジャケットにスヌードを重ね、ボリューミーなシルエットに仕上げた新鮮なスタイリング。淡い色合いのアイテムがやわらかい雰囲気を醸し出しています。また、ニット帽とボトムスには引き締め効果のある濃色を入れて全体の色味を調節。暖かく、かつ一歩進んだおしゃれさをアピールできるおすすめコーディネートです。

再現性の高いお手本ボアジャケットコーデ

By: wear.jp

チェックシャツ×チノパンというベーシックな組み合わせにフリースボアジャケットを投入した、再現性の高いおすすめコーディネートです。おしゃれポイントは、ネイビー×グレーの落ち着いたカラーリングと、全体の印象をグッと引き締める足元のレザーブーツ。カジュアルながら、きちんとした大人の雰囲気漂うコーディネートに仕上がっています。

おしゃれ感漂う洗練されたスタイリングを参考に

By: wear.jp

美しいインディゴカラーが映える、都会的な洗練セットアップスタイルです。インナーにはケーブル編みニットをチョイスして美しい模様をのぞかせ、靴とバッグはレザーアイテムで統一しています。インナー・ボアジャケット・ボトムスの丈感バランスもぜひ参考にしてみてください。

アースカラーで作る新鮮アメカジコーデ

By: wear.jp

コンパクトなブラウンのボアジャケットにボリューミーなワイドパンツを合わせ、新鮮なシルエットに。アウター、ボトムスともにコーデュロイ素材のアイテムをチョイスし、季節感を際立たせているのもポイントです。秋冬はどうしても重々しいコーデになってしまいがちですが、アースカラーを主役にすると軽快な印象になります。

ボアジャケットをインナー使いして暖かく

By: wear.jp

ボリュームを抑えたフリースボアジャケットは、インナーとして着用するのもおすすめ。防寒性が高まるのはもちろん、白シャツ×チェスターコート×ウールスラックスというかっちりコーデのハズしアイテムとしても、活躍しています。インナーでの活用を考えるなら、汎用性の高いブラックのアイテムがおすすめです。