カジュアルアウターとして人気の高い「ボアジャケット」。メンズのカジュアルファッションでは王道といえるアメカジスタイルにもぴったりで、1着あれば幅広く着回せます。

そこで今回は、ボアジャケットの人気ブランドを厳選してご紹介。おすすめのメンズコーデもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ボアジャケットとは?

By: patagonia.jp

ボアジャケットとは、襟元や裏地、表面などにボア素材を採用したアウターのこと。ボア特有のモコモコとした素材感と高い防寒性が特徴で、秋冬の定番アウターとして人気を集めています。普段のファッションに取り入れるだけで、季節感のあるおしゃれな着こなしができるのもボアジャケットの魅力です。

ボアジャケットの選び方

全面ボアか、ボアの部分使いか

By: amazon.co.jp

ボアジャケットには、表面にボアが敷き詰められた総ボア仕様のモノもあれば、裏地や襟など部分的にボアを採用したモノもあります。デザインや着こなしやすさを考慮し、自分に合ったタイプのアイテムをチョイスしましょう。

全面ボアのアイテムは、インパクトのあるボリューム感とあたたかみのある表情が魅力。防寒性が高く、真冬でも着用できるモノが豊富に揃っています。デニムやチノパンなどのボトムスと相性がよく、カジュアル派の方におすすめです。

反対に、ボアを部分使いしたモノならスッキリとした着こなしが可能。細身のパンツと合わせることで、スタイリッシュなコーディネートを実現できます。

組み合わせ素材で選ぶ

デニム

By: amazon.co.jp

襟と裏地にボアを配し、本体にデニム素材を採用したアイテムはボアジャケットのなかでも特に人気。かっちり感のある濃いインディゴカラーのモノから、色落ちしたカジュアルなライトカラーのモノまでバリエーションも豊富です。また、スタンダードなシルエットのモノなら長く着用でき、ワードローブの定番アイテムとして活躍します。

コーデュロイ

By: amazon.co.jp

ボアとコーデュロイという秋冬素材同士を組み合わせたボアジャケットは、コーディネートに季節感をプラスするアイテムとして活躍。ブラウンやベージュなど落ち着いた色味のアイテムが多く、上品な着こなしがしやすいのもおすすめのポイントです。

レザー

By: rakuten.co.jp

武骨さを醸し出すレザーと、ボリューミーなボアを組み合わせたボアジャケットはワイルドな雰囲気が魅力。1枚で十分な存在感があるので、インナーはTシャツ、ボトムスはデニムなどシンプルにまとめるのがおすすめです。

ジャストサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

ボアジャケットはボリュームがあるモノが多いため、大きめサイズを選ぶと着ぶくれしてしまうことがあります。反対にタイトめのアイテムを選ぶと重ね着がしにくくなるため、汎用性を重視するなら避けた方が無難です。スタイリッシュな着こなしを目指す方は、パーカーなど厚めインナーを着用できる余裕があり、かつジャストサイズのアイテムをチョイスしましょう。

手持ちの服に合う色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

メンズボアジャケットは落ち着いた色味のモノが多く、色選びで大きく失敗する可能性が低いアイテム。しかし、より活躍の場面を増やすために、購入前に所有している服との相性をチェックしておきましょう。

ダークトーンのインナーやボトムスが多い方は、ホワイトやベージュなど軽さを演出できるカラーがおすすめ。チェックシャツなど鮮やかなカラーのインナーをのぞかせたい方や、ボアジャケットをインナー使いしたい方であれば、ブラックや濃いグレーなどが使いやすく重宝します。

ボアジャケットのおすすめ人気メンズブランド

パタゴニア(patagonia)

機能性に優れたアウトドアウェアが豊富に揃う人気ブランド「パタゴニア」。リサイクル素材を積極的に取り入れ、地球環境に優しい製品づくりを行っているのも特徴です。全面ボアの「クラシック・レトロX・ジャケット」はブランドを代表する人気アイテムのひとつで、カジュアルシーンで多くの方に愛用されています。

パタゴニア(patagonia) クラシック・レトロX・ジャケット

王道のボアジャケットを手に入れたい方におすすめの1着です。どこか懐かしさを感じさせるレトロなルックスが魅力で、襟元やポケットの素材切り替えがデザインのポイント。カラーバリエーションも豊富です。

また、おしゃれなだけでなく、機能面も充実しています。裏地に高い防風性を備えたポリエステル生地を用いることで防寒性をアップ。肩や腕を動かしやすいよう設計されているので、アウトドアシーンでも快適に着用できます。

パタゴニア(patagonia) レトロ・パイル・ジャケット

街着としてはもちろん、休日のアウトドアでも活躍するおすすめの1着です。表地、裏地ともにリサイクルポリエステル100%のボア素材を採用。首元までしっかりとあたたかい作りで、アウター、ミッドレイヤーの両方で活躍します。

肩周りはラグランスリーブ仕様で動きやすく、アクティブなシーンでもストレスなく着用可能です。さらに縫い目を平らにするフラットシーマ仕上げを採用することで心地よい着用感も実現。シンプルなデザインで着回しやすく、秋冬コーデのメインアイテムとして重宝します。

リーバイス(LEVI’S)

カジュアルスタイルに欠かせないアイテム、デニムのパイオニアブランドである「リーバイス」。1890年に定番デニムの「501」、1936年にはデニムジャケットの初代モデルが誕生しました。デニム生地のボアジャケットを探すなら、まずチェックしておきたい人気ブランドです。

リーバイス(LEVI’S) TYPEIIIトラッカージャケット

リーバイスの人気デニムジャケットの内側と襟元にボアをあしらい、アップデートさせたおしゃれなボアジャケットです。1967年に発売されたオリジナルモデルよりもゆったりとしたシルエットに仕上げることで現代風に。ほどよくルーズ感のある、こなれたカジュアルコーデが叶います。

ボアの主張が強すぎないので着こなしやすく、ボアジャケットに初めて挑戦する方にもおすすめ。合わせられるアイテムの幅も広く、きれいめのタートルネックニットからカジュアルなスウェットまで、さまざまな組み合わせを楽しめます。

レミ レリーフ(REMI RELIEF)

「レミ レリーフ」は2008年にスタートした日本のファッションブランドで、コンセプトは「HIGH QUALITY OF LIFE」。国産デニムの聖地として知られる岡山県児島市に自社工場を構えています。生地の染色や加工にこだわり、質の高いカジュアルウェアを製造しているブランドです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ボアJQダウンジャケット

独特の素材使いとデザインで着こなしに差がつくボアジャケットです。表地には軽量で肌触りのよいポリエステルボア、裏地にキルティングダウンを採用することで保温性に優れた1着に。背面の裾部分はキルティングダウンがのぞくレイヤード風のデザインで、バックスタイルまでおしゃれにキマリます。

また、全体的にゆったりとしたシルエットに仕上げられており、リラックス感のある着こなしを楽しめるのもポイント。ボアジャケットならではの存在感がありながら、シンプルで大人カジュアルに取り入れやすいおすすめアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は、厳しい規格をクリアした高品質なフライトジャケットを米空軍に多数納入してきた歴史を持つアメリカのブランド。現在は「MA-1」などのフライトジャケットを筆頭に、街でもおしゃれに着こなせるミリタリーウェアを展開しています。男らしいスタイルを好む方には特におすすめのブランドです。

アヴィレックス(AVIREX) ボアジャケット

ボアジャケットにアヴィレックスらしいミリタリーテイストをプラスしたおすすめの1着です。左胸のレザータグがほどよいアクセントに。全体的にゆったりとした作りなので、パーカーなど厚手のインナーともレイヤード可能です。

装飾が控えめでシンプルなデザインですが、袖口にサムホールを備えていたり、両サイドのポケットが少し斜めにカットされていたりと、細かな部分までこだわりが感じられます。カラーは柔らかい印象を与えるナチュラルと、ミリタリー感のあるオリーブの2色展開です。

アヴィレックス(AVIREX) ボアスリーヴ フライトジャケット

さまざまなタイプのフライトジャケットのディテールを取り入れつつ、襟元と袖部分にボアをあしらった1着です。フロントにスムースなナイロン生地、バックにはオニオンキルト生地が採用されており、生地の表情の違いを楽しめます。メンズコーデに取り入れやすい落ち着いた印象の色味が揃っているのも魅力です。

1枚で十分なボリューム感を出せるアイテムなので、シンプルなインナーやボトムスと組み合わせるのがおすすめ。白Tシャツにサッと羽織るだけでも様になります。

ショット(Schott)

「ショット」は1913年にニューヨークで生まれたレザーウェアブランド。ブランドの代名詞であるライダースジャケットをはじめ、無骨な雰囲気が漂うウェアを多数展開しています。現在でもニューヨークに程近いファクトリーで職人による丁寧なモノづくりを貫く姿勢もショットの魅力です。

ショット(Schott) ニューボマー ジャケット

フライトジャケットのなかでも人気の高い「A-2」の襟元にボアをプラスした同ブランドの定番アウターを、日本人向けに改良した1着。襟元のボアはボリュームがあり、存在感溢れる着こなしを楽しめます。また、身頃裏にもボアがたっぷり敷き詰められているため、保温性も良好です。

袖裏には滑りのよいナイロン生地を採用しており、袖通しがスムーズ。柔らかな印象を与える全面ボアのアイテムとは異なり、無骨で男らしいスタイルを演出できるおすすめボアジャケットです。

ラングラー(Wrangler)

米国生まれの定番デニムブランドのひとつとして広く認知されている「ラングラー」。ラングラーのデニムはタフさに定評があり、ハードな競技として知られるロデオに挑むカウボーイたちも愛用していました。デニム製品を中心に、シンプルで長く付き合えるカジュアルウェアが揃っています。

ラングラー(Wrangler) ショートボアジャケット

デニムジャケットと同じ感覚で、コーデに気軽に取り入れられるおすすめの1着。ボリュームを抑えたショート丈のスリムなシルエットなので、スッキリと着こなせるのが魅力です。襟元やフロント部分からさりげなくのぞくボアが全体にあたたかみをプラスしています。

身頃裏にたっぷりとボアを使っているので着心地がよく、防寒性も良好。シンプルなデザインで長く着用できるのも嬉しいポイントです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI)

「ティーケー タケオキクチ」は人気メンズファッションブランド「タケオキクチ」のセカンドブランド。ベーシックなデザインをベースとしつつ、トレンドもほどよく取り入れた使い勝手のよいファッションアイテムが豊富にラインナップしています。気軽にトライできる手ごろな価格設定も魅力のひとつです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) リバーシブルボアブルゾン

秋冬コーデの幅が広がるリバーシブルタイプのボアジャケット。表はモコモコとした質感が魅力のスタンダードなボアデザイン、裏はラインが入ったスポーティな雰囲気のデザインです。表裏で全く違う表情を楽しめます。

また、トレンド感のあるオーバーサイズシルエットに仕上げられているため、ニットやシンプルなカットソーに重ねるだけで旬な着こなしが実現。アイボリー、ブラックと着こなしやすい色味がラインナップしているのも魅力です。

ジムフレックス(Gymphlex)

「ジムフレックス」は1936年に設立されたイギリスのブランドです。体育用ショートパンツの生産からスタートした後、スポーツショップや百貨店などに販路を拡大。現在では英国ブランドらしい上品なカジュアルウェアを手掛けています。伝説上の生物「グリフィン」のロゴがブランドのシンボルです。

ジムフレックス(Gymphlex) ノーカラーボアジャケット

秋冬の着回しに重宝するシンプルなボアジャケットです。ノーカラータイプなので、パーカーなどフード付きのインナーに干渉せずレイヤード可能。また、マフラーやストールを組み合わせたアレンジもしやすく、幅広いスタイリングが楽しめます。

身幅は余裕のある作りで、重ね着をした際も窮屈感が少なく快適。さらに、肩周りはリラックス感のあるドロップショルダー仕様にすることで、旬なシルエットに仕上げています。ロゴなどが一切ないシンプルな作りで、大人カジュアルスタイルにも取り入れやすいおすすめの1着です。

プーマ(PUMA)

世界的に高い知名度を誇るスポーツブランド「プーマ」。幅広いアイテムを手掛けていますが特にシューズが人気で、これまでに名作と呼ばれるスニーカーを数多く世に送り出してきました。最近では著名なデザイナーやアーティストとのコラボにより生まれたファッション性に優れたウェアも注目を集めています。

プーマ(PUMA) ボアジャケット

首元と胸ポケットの素材切り替えがアクセントになったおしゃれなボアジャケット。プーマロゴがスポーティな雰囲気を醸し出します。ポリエステルタフタ生地の裏地が付いており、防風性も良好です。

カラーはオフホワイトとブラックの2色展開。いずれも普段の着こなしに取り入れやすい色味で、デイリーに活躍します。ジョガーパンツやラインパンツなど、スポーティなボトムスと組み合わせてアクティブに着こなしたい1着です。

チャンピオン(Champion)

「キング・オブ・スウェットシャツ」の愛称で親しまれ、日本でも広く認知されている人気ブランド「チャンピオン」。看板アイテムであるスウェットのほか、パーカーやジャケット、Tシャツなどのデイリーカジュアルウェアを展開しています。特にストリートコーデやスポーツミックススタイルと好相性なアイテムが豊富です。

チャンピオン(Champion) ボアフリースハーフジップジャケット

シンプルなボトムスと組み合わせるだけでおしゃれなレトロスタイルが完成する、ハーフジップタイプのボアジャケットです。表面は毛足が短くスッキリとした印象ですが、裏地はモコモコとした生地感で心地よい着用感を味わえます。

また、袖口にさりげないサイズのCロゴ、背面にはビッグサイズのCロゴをそれぞれあしらい、アイコニックなデザインに。ボアジャケットをすでに持っている方の2着目としてもおすすめのアイテムです。

チャンピオン(Champion) ボアフリースジップジャケット

着回しやすいベーシックデザインのおすすめボアジャケット。胸元の素材切り替えとブランドロゴがほのかにスポーティな雰囲気を醸し出します。スタンドカラーデザインなので首周りの防寒性も十分です。

カラーは柔らかな雰囲気を演出できるオフホワイトのほか、クールに着こなせるチャコールグレー、カーキの全3色がラインナップ。デニムやチノパンなどメンズコーデの定番ボトムスとコーディネートしやすいので、ボアジャケットを初めて購入する方にもおすすめです。

リー(Lee)

リーバイスやラングラーと並び、デニムの定番ブランドとして知られる「リー」。世界で初めてジッパーフライのデニムを作ったことでも有名です。クラシックなモノから現代的なシルエットやデザインを取り入れたトレンド感のあるモノまで、幅広いバリエーションのカジュアルウェアがラインナップしています。

リー(Lee) ボア ロコジャケット

鉄道員向けのワークウェアである「ロコジャケット」をベースとしつつ、現代の着こなしにマッチするようスッキリとしたシルエットに再構築したアイテム。表地にコーデュロイ、裏地にはモコモコのボアを用いて見た目にもあたたかい1着に仕上げられています。

フロント・袖口・胸ポケットには、アンティーク加工を施したロゴ刻印入りのメタルボタンをあしらい、デザインのアクセントに。ヴィンテージ感のある無骨なスタイルを楽しめるおすすめのボアジャケットです。

ボアジャケットのおすすめメンズコーデ

きれいめアイテムと合わせて大人顔のコーデに

By: wear.jp

一歩間違うと子供っぽく見えてしまいがちな全面ボアのジャケットを、見事に大人っぽく着こなしたメンズコーデ。オーバーサイズのボアジャケットをラフに羽織ったスタイルが大人の余裕を感じさせます。

ボアジャケット以外の部分はシンプルかつきれいめのアイテムで統一して落ち着いた印象に。ベージュやブラウンといった秋らしいカラーを取り入れ、季節感を演出しているのもおしゃれなポイントです。

レイヤードのセンスが光る大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

ゆったりとしたボアジャケットのシルエットを活かし、レイヤードスタイルで奥行きをもたせたおしゃれな着こなし。無地アイテムをベースに組み立てたシンプルコーデですが、ヘンリーネックニットの襟元と裾からチェックシャツをのぞかせて表情に変化を加えています。

また、ボアジャケット×コーデュロイパンツと、あたたかみのある素材感のアイテムを組み合わせて季節感を強調。ボリューミーな上半身に対し、下半身はスッキリとしたテーパードシルエットのボトムスと白スニーカーで軽快にまとめ、好バランスに仕上げています。

ボアコーデュロイジャケットが映えるシンプルスタイル

By: wear.jp

襟元にボリューム感があるコーデュロイ生地のボアジャケットを主役にしたシンプルなメンズコーデ。ダークトーンのアイテムをベースに組み立てることで、アウターの存在感を際立たせています。

カジュアルな素材感のボアコーデュロイジャケットとデニムは好相性。足元にはレザーシューズを合わせて落ち着いた印象にまとめつつ、カラーソックスを見せて遊び心も加えています。

ボアの存在感が際立つ冬のデニムオンデニムコーデ

By: wear.jp

ボアをたっぷりあしらった新鮮なデザインのボアデニムジャケットをおしゃれに着こなしたメンズコーデ。デニムオンデニムは着こなしによっては野暮ったく見えてしまう場合もありますが、上下のカラーに差をつけることでぼやけた印象になるのを回避しています。

さらに、鮮やかな赤のスウェットをインナーに取り入れ、よりメリハリのある着こなしに。ボアデニムジャケットを用いたコーデの幅を広げたい方はぜひ参考にしてみてください。