脚長効果があると人気の「ハイウエストスカート」。さまざまな種類があるため、流行りのコーデに挑戦してみたいと思っても、なかなか難しいと感じる方も多いはずです。

そこで今回は、ハイウエストスカートの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。ハイウエストスカートを使ったコーデもピックアップするので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイウエストスカートの選び方

丈の長さで選ぶ

ミニ丈・ひざ丈

By: amazon.co.jp

女性らしい雰囲気のコーデを楽しみたいのであれば、ミニ丈やひざ丈がおすすめ。スカートの丈が短いほど、若々しい印象になります。ハイウエストスカートは、ウエスト部分に長さがある分、ミニ丈でも脚が長く見えるのが魅力。

ひざ丈のハイウエストスカートは、年代問わず挑戦しやすいアイテムです。きれいめなトップスと合わせて上品に仕上げたり、Tシャツと合わせて大人カジュアルに仕上げたり、さまざまなテイストのコーデが楽しめます。

ロング丈

By: amazon.co.jp

ロング丈のハイウエストスカートは、大人っぽさのあるエレガントなコーデが好きな方におすすめです。フレアのハイウエストスカートは、タイトなトップスと合わせるとAラインが美しい上品なコーデが完成します。

スリットが入ったロング丈のスカートなら、セクシーな雰囲気に。ロング丈のハイウエストスカートは、面積が広い分脚長効果が高いので、低身長の方でも挑戦しやすいアイテムです。

シルエットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイウエストスカートは、シルエットによって印象が変わります。スカートの裾に広がりがあるフレアスカートやAラインスカートは、柔らかさのあるフェミニンなコーデにぴったりです。上品でかわいらしい雰囲気のファッションを楽しみたい方におすすめ。

ウエスト部分が体にフィットするデザインのタイトスカートは、女性らしさのあるスマートなコーデにぴったり。縦のラインを強調することで、脚長効果が期待できます。スリットが入ったデザインは、セクシーな雰囲気のコーデを作りたい方におすすめです。

カラー・柄で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイウエストスカートは、色味によって印象が大きく変わります。黒やグレーなどのダークトーンは、コーデ全体を引き締めたい時におすすめのカラーです。白やパステルカラーなどの淡いカラーは、やわらかさや爽やかさを出したい時におすすめ。

柄物やビビッドカラーのハイウエストスカートは、華やかな印象のコーデになります。トップスや小物の色味を抑えることで、ハイウエストスカートの柄や色を際立たせることができます。好みの雰囲気に合わせて、カラーや柄を選びましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

ハイウエストスカートは、素材の違いによってさまざまなコーデを楽しめます。チノ素材のスカートは、カジュアルな雰囲気のなかに女性らしさがあるコーデにぴったり。レースのスカートは、フェミニンなコーデに仕上がります。

若々しいアクティブコーデには、デニムがおすすめ。形は同じようなアイテムでも、素材が違うだけで雰囲気が大きく変わるので、なりたい印象に合わせて選んでみてください。

ハイウエストスカートのおすすめアイテム|ミニ丈〜ひざ丈

コウエイストア(KOEISTORE) タイトスカート

コウエイストア(KOEISTORE) タイトスカート
シンプルなタイトで、女性らしいきれいなシルエットを作り出すハイウエストスカートです。丈感はミニ丈とひざ上丈の2パターンがあり、好みに合わせて選択できるのが魅力。色展開が10色と豊富なのもポイントです。

ミニ丈のスカートはセクシーなコーデにおすすめ。ひざ上丈のスカートは、脚長効果が抜群。上品な雰囲気を作り出すことができるので、オフィスコーデにも取り入れやすくなっています。色味や丈感によって印象が変わるので、何着か購入して着まわすのもおすすめです。

ハニーズ(Honeys) トレンチ風スカート

ハニーズ(Honeys) トレンチ風スカート
トレンチ風デザインが魅力のひざ丈スカートです。ウエスト部分にベルトがついており、Aラインのシルエットが強調されるデザインになっています。裾に向かってゆるやかに広がっているため、大人かわいい印象に。

後ろの部分はゴムになっているので、履き心地が抜群です。シャツやブラウスを合わせることで、エレガントなコーデが楽しめます。Tシャツを合わせてカジュアルな雰囲気をプラスするのもおすすめ。形のきれいなスカートなので、普段のコーデを格上げしたい方にぴったりなハイウエストスカートです。

クイーンレイナ(queenreina) ハイウエストフレアスカート

クイーンレイナ(queenreina) ハイウエストフレアスカート
ひざ上丈・ひざ丈の2種類の長さから選べるフレアスカートです。インナーパンツがついているので、透け感を気にすることなく履くことができます。ウエスト部分はゴムになっているので、ストレスフリーな履き心地なのもポイント。

フレアな広がりによって、女性らしさを際立たせます。ほどよい厚みがあるスカートで、たっぷりのドレープが華やかな印象。カラーはピンク・黒・水色・白の4色から選べます。カジュアルなコーデからシックのコーデまで楽しめるハイウエストスカートです。

ジュリアブティック(juliaBoutique) ウエストリボンタイトスカート

ジュリアブティック(juliaBoutique) ウエストリボンタイトスカート
ウエスト部分にリボンがついた、フェミニンな印象のハイウエストスカートです。ひざがちょうど隠れるくらいの丈感で、ひざ下部分をきれいに見せてくれます。肌触りのよい素材を使用しているのもポイントです。

タイトとフレアの2つの形から好きな形を選べます。タイトスカートは大人っぽい印象を出しながら、ウエスト部分のギャザーとリボンでかわいらしい印象をプラス。フレアスカートは、広がりがゆるやかで甘すぎない上品なコーデに仕上がります。

リットショップ(Lit-Shop) コーデュロイスカート


カジュアルなコーデにぴったりの、コーデュロイスカートです。フロント部分はボタンデザインで、裾部分がスリットになるように作られています。ウエスト部分は背面だけゴムが入っているので、シルエットの美しさを保ちながら、楽に着られるのも魅力。

コーデュロイ生地は厚みがあるため、秋冬にぴったりです。色展開はブラックとブラウンの2色。カジュアルなアイテムと合わせることで、メリハリのあるおしゃれなコーデができあがります。

神戸レタス 総レースデザインスカート

神戸レタス 総レースデザインスカート
総レースがエレガントな雰囲気のハイウエストスカートです。ウエスト部分は背面ゴムとサイドファスナーになっているので履き心地抜群です。伸縮性のある裏地付きで動きやすく、透け感を心配する必要がありません。

タイトなニットやブラウスと合わせると、上品なコーデに。パーカーやTシャツを合わせるとカジュアルダウンしたミックスコーデが楽しめます。小物の合わせ方次第でいろいろなファッションを楽しめるハイウエストスカートです。

エルクリエイション(L-creation) フリルタイトスカート

エルクリエイション(L-creation) フリルタイトスカート
マーメイドのようなシルエットが特徴的なタイトスカートです。ヒップラインにほどよくフィットするため、色気のある印象に。ハイウエストなうえに裾に向かって細くなっているデザインなので、ウエストのくびれ部分を強調できます。

グレーやワインレッドなどの無地のほかに、千鳥格子やドットも展開。裾のフリルによってフェミニンな雰囲気がプラスされます。スカートの美しいシルエットを活かせるような、タイトなトップスを使ったコーデがおすすめです。

ハイウエストスカートのおすすめアイテム|ロング丈

エムティーグレイス(Mt grace) ヴィンテージ加工デニムスカート

エムティーグレイス(Mt grace) ヴィンテージ加工デニムスカート
カジュアルに着こなすことができる、ロング丈のデニムスカートです。ウエスト部分がゴムになっているので、ハイウエストながら楽に履くことができます。SからXXLまでサイズ展開があるのも魅力。

ゆるやかに広がっているAラインシルエットなので、大人っぽさのなかにキュートな雰囲気をプラスできます。流行りや季節を問わずに使い続けることができるアイテムです。

ジュビア(JUVIA) チュールスカート

ジュビア(JUVIA) チュールスカート
ふんわりとした広がりが特徴の、プリーツ入りのチュールスカートです。スカートの裾部分にボリュームがあるので、ウエスト部分が引き締まった印象に。チュールが何枚も重ねられたデザインもポイントです。

短めのトップスを合わせると、Aラインのシルエットを際立たせることが可能。ニットやパーカーなら、コーデに軽さが出るのでおすすめです。色展開は5色で、グレーやブラウンなどのくすみカラーが揃っており、好みに合わせて選べます。

リエディ(Re:EDIT) デザインスカート

リエディ(Re:EDIT) デザインスカート
巻きスカート風のデザインがおしゃれなハイウエストスカートです。ハリのある素材を使っているので、洗練された上品な印象に。ボディラインを拾いすぎないシルエットなので、体型を気にすることなく着ることができます。

ウエスト部分はベルトの上に布が被っている斬新なデザインです。フロント部分にスリットが入っているので、セクシーな印象。洗練された雰囲気のなかに色っぽさがプラスされた、ハイセンスなコーデを作ることができるスカートです。

サンフラワー(SUNFLOWER) ダブルボタンハイウエストトレンチスカート

サンフラワー(SUNFLOWER) ダブルボタンハイウエストトレンチスカート
トレンチ素材を使った、シルエットがきれいなハイウエストスカートです。ギャザーが入ったフレアデザインで、ほどよいボリューム感があります。ベルトがついているため、ウエスト部分の引き締め効果も期待できるのもポイントです。

ハリ感のある素材なので、大人っぽさのあるコーデにぴったり。ニットやジャケットと合わせると、洗練された雰囲気のコーデができあがります。シャツやカットソーと合わせれば大人カジュアルコーデに。トレンドを意識した都会的なコーデを楽しめるアイテムです。

ルチル(Rutile) ロングスカート

ルチル(Rutile) ロングスカート
チェックの柄が印象的なフレアロングスカートです。ウエスト部分から裾にかけて広がっているデザインで、ボディラインを拾いすぎない作りになっています。ハイウエストなうえにきれいなAラインシルエットなので脚をきれいに見せてくれるのが特徴です。

厚手の素材を使っているので、秋冬ファッションにおすすめ。丈感がくるぶしより上なので、ブーツを合わせても重たくなりません。レトロな雰囲気があるチェック柄で、クラシカルコーデにぴったりです。

ハイウエストスカートのおすすめコーデ

Tシャツと合わせてカジュアルに

By: wear.jp

女性らしい印象が強いハイウエストスカートは、Tシャツを合わせることでカジュアルな印象に仕上がります。ビッグシルエットのTシャツは、ベルト付きのハイウエストスカートを合わせることで、メリハリのある印象に。

タイトなシルエットのロング丈スカートなので、Iラインを強調しスタイルアップ効果を発揮します。足の甲が出るデザインの靴を合わせることで、重さを解消して抜け感のある印象に。低身長の方でも挑戦しやすいコーデです。

上下フレアでフェミニンに

By: wear.jp

フレアなハイウエストスカートに、タイトなシルエットのトップスをタックインしたコーデ。トップスは袖がフレアになっているので、まとまりのある印象に。フレアによって二の腕を隠してくれるのもポイントです。イエローとブルーというメリハリのある色使いで、やわらかさのあるフェミニンなコーデを作ることができます。

デザインスカートで個性的に

By: wear.jp

デザイン性の高いハイウエストスカートを使ったお手本コーデです。トップスや靴の色味を、スカートのベルト部分の黒にさりげなく合わせ、まとまりのある印象に。スカート以外の部分を控えめにすることで、スカートが持っている雰囲気を最大限に活かしています。

スリットスカートをカジュアルに

By: wear.jp

セクシーな色気のある雰囲気のコーデ。スリットが入っているうえにウエスト部分がリボンになっているハイウエストスカートをチョイスすることで、女性らしさを強調したコーデに。

トップスは、すべてをスカートにインするのではなく、ラフさを残して抜け感を演出しているのがポイントです。カジュアルな雰囲気がプラスされて、こなれた印象のコーデに仕上げています。

ミニ丈スカートでワントーンコーデ

By: wear.jp

ミニ丈のハイウエストスカートは、シンプルなものを合わせるのがおすすめ。色や柄を使いすぎると、幼い印象に仕上がってしまいます。トップスもハイウエストスカートも無地で揃えてスタイリッシュに。統一感のあるお手本コーデです。

鮮やかカラーを上品に

By: wear.jp

鮮やかなカラーのハイウエストスカートに首元の開いたVネックトップスを合わせることで、気品あふれる上品なコーデに。首元にはスカーフを取り入れており、トレンド感のある雰囲気に仕上がっているのもポイントです。また、スニーカーを合わせることで、こなれ感のあるコーデが完成します。

ミニスカートにシャツを合わせて

By: wear.jp

キュートで若々しい印象が強いミニスカートは、アイテム次第でマニッシュな雰囲気に。羽織もののシャツとスカートの丈を合わせると、女性らしい甘さを抑えることができます。

ハイウエストスカートに重厚感のあるベルトをつけると、メリハリのあるコーデに。渋めのカラーやメンズライクなアイテムを取り入れることで、甘辛ミックススタイルを作ることができます。