ビジネスシーンにふさわしい着こなしが求められる「オフィスカジュアル」。簡単にきちんと感を出せるジャケットは、オフィスカジュアルの定番アイテムとして人気が高く、ワードローブに何着か揃えておくと着まわしがきいて便利です。

今回は、オフィスカジュアルにおすすめのジャケットをご紹介します。人気ブランドのアイテムを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

オフィスカジュアルとは?

By: rakuten.co.jp

会社の服装規定でよく使われる「オフィスカジュアル」という言葉。明確な定義はないものの、一般的にはスーツほど固くなく、かつオフィスワークにふさわしい服装のことを指します。

シンプルなシャツやブラウスに、きれいめのパンツやスカートを合わせて、足元はパンプスでまとめるのがベーシックなスタイル。また、サッと羽織るだけできちんと感を演出できるジャケットも、オフィスカジュアルの定番アイテムとして人気です。

オフィスカジュアルにおすすめのジャケットコーデ

甘さ控えめの大人オフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

ネイビー×ブルーでクールにまとめたオフィスカジュアルコーデ。色数を絞ったシンプルなカラーリングが洗練された印象を与えます。

レーススカートを取り入れた着こなしは甘くなりがちですが、ネイビーのジャケットを羽織ることでグッと大人っぽい雰囲気に。首元がスッキリとしているため重たい印象にならず、好バランスに仕上がっています。

セットアップなら即きちんと感のある着こなしに

By: rakuten.co.jp

ベージュのセットアップをサラリと着こなした、おしゃれなオフィスカジュアルコーデ。ジャケットは単体でもきちんと感を出せるアイテムですが、セットアップで揃えれば、上下の組み合わせに悩むことなくオフィスにふさわしい着こなしが叶います。

インナーにはボウタイブラウスをチョイスして、女性らしさをプラス。ベーシックなアイテムの組み合わせで再現しやすいので、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

フェミニンなワンピースコーデをグッと引き締め

By: rakuten.co.jp

淡めカラーのフェミニンなワンピースを主役にしたオフィスカジュアルコーデ。1枚で着ると甘さが強く出てしまいがちなワンピースですが、ジャケットを羽織ればオフィスにふさわしいかっちりめのスタイルにシフトできます。

引き締め効果の高いブラックのジャケットをチョイスしているのもポイント。足元はヌーディーカラーのパンプスで抜け感を出し、バランスよくまとめています。

スマートさ漂う洗練オフィスカジュアルスタイル

By: rakuten.co.jp

ジャケット×センタープレスパンツで組み立てた、クールなオフィスカジュアルコーデ。タックイン×ベルトのスタイリングでスッキリと仕上げており、洗練された印象を与えます。

また、ジャケットと同系色のストライプ柄インナーを合わせることで、まとまりのある着こなしに。軽さと女性らしさを演出する首元や、足元のほどよい肌見せもポイントです。

オフィスカジュアルにおすすめのジャケット

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) 手洗い可能 カチリラ テーラード ジャケット

シワになりにくく、自宅で手洗いができる

デイリーに使えるウェアが豊富に揃う人気ブランド、「ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング」のおすすめアイテム。きちんと感のあるルックスと、楽な着心地の両方を兼ね備えているのが魅力です。

シワになりにくく、自宅で手洗いできるので日々のケアも簡単。パンツ・スカートのどちらにも合わせやすい丈感に設計されており、毎日のオフィスカジュアルコーデに重宝します。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) 手洗い可 リネンライク ノーラペル ジャケット

シンプルさゆえに美しいシルエットが際立つ

涼しげなオフィスカジュアルスタイルが叶うおすすめの1着。リネンのようにナチュラルな素材感の生地を採用しており、春夏に活躍します。ノーカラーデザインかつフロントがホック留めなので、スッキリとした印象に。シンプルさゆえに美しいシルエットが際立ちます。

カラーはダークグレー・ベージュ・ナチュラルの3色をラインナップ。同素材のボトムスとセットアップで着こなすのもおすすめです。

ロペ(ROPE’) 洗える ノーカラーVネックジャケット

パンツと相性がよく、クールなスタイルを実現

オフィスカジュアル向きのきれいめアイテムが豊富に揃うブランド、「ロペ」が手掛けるおすすめの1着です。ボックスシルエットと、少し長めの丈感がポイント。パンツと相性がよく、クールなスタイルを目指す方におすすめです。

生地に特殊加工を施すことで、高い撥水性を実現。雨の日でも気兼ねなく着用でき、汚れも付きにくいため、日々のお手入れも簡単です。

プロポーションボディドレッシング(PROPORTION BODY DRESSING) ノーカラージャケット

上品な印象のパール調ボタン付き

フェミニンな着こなしを好む方におすすめのブランド、「プロポーションボディドレッシング」のノーカラージャケット。春夏にぴったりの優しいカラーが揃っています。

スッキリとしたショート丈で、簡単にきちんと感を演出できるのが魅力。フロントには小さなパール調ボタンがあしらわれており、上品な印象です。ブラウス×レーススカートのようなきれいめスタイルにサッと羽織れば、洗練されたオフィスカジュアルコーデが完成します。

デミルクス ビームス(Demi-Luxe BEAMS) シャークスキン 1ボタンジャケット

パンツとスカートの両方にマッチするデザイン

女性らしさとかっこよさの両方が叶うおすすめアイテム。ウエスト部分がほどよくシェイプされた美しいシルエットが魅力です。やや長めの丈感でボトムスとのバランスが取りやすく、パンツとスカートの両方にマッチします。

シワになりにくい生地を採用することで、ケアのしやすさにも配慮。適度な厚みで季節を選ばず着用できます。オフィスはもちろん、冠婚葬祭などにも活用できる便利な1着です。

ナノ・ユニバース(nano・universe) カセット6ファンクション ジャケット

丈が長くゆとりのあるシルエット

トレンド感のあるオフィスカジュアルスタイルを目指す方におすすめの1着。上品なダブルボタンデザインと長めの丈感、ほどよくゆとりのあるシルエットが特徴です。

お手入れが楽なイージーケア素材を採用しているのもポイント。洗濯機で洗えるだけでなく、速乾性に優れているため、毎日の着まわしに重宝します。また、生地に伸縮性があるので動きやすく、着心地も良好です。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) ウツクシルエットVジャケット

2WAYストレッチ素材を採用し、快適な着心地を実現したおすすめアイテム。シンプルなデザインで使い勝手がよく、ワードローブに1着揃えておけばオフィスカジュアルからフォーマルシーンまで幅広く活躍します。

体のラインが美しく見える、絶妙なシルエットもポイント。着こなしをグッと引き締めるブラックと、明るい印象で着こなせるグレーの2色がラインナップされています。

トゥモローランド コレクション(TOMORROWLAND collection) シルキーフィニッシュ ノーカラージャケット

素材感にこだわりたい方におすすめの1着です。イタリア産のウールレーヨン生地を採用しており、上品な光沢感が魅力。ストレッチ性に優れているため、着心地も良好です。

深めのVネックラインにより、顔周りがスッキリと見えるのも嬉しいポイント。ライトグレー・ブラック・ネイビーと、着まわしやすい定番カラーがラインナップされています。

ピエロ(pierrot) ポンチ素材テーラードジャケット

ロングシーズンの活躍が期待できるおすすめアイテム。なめらかでソフトなタッチのポンチ素材を採用しており、カーディガンのような感覚でコーデに取り入れられるのが魅力です。

使い勝手のよいシンプルなデザインで、フロントのマーブルボタンがさりげないアクセントに。きちんと感がありながらもかっちりしすぎず、オンオフ兼用で使えます。トライしやすいリーズナブルな価格も嬉しいポイントです。

インディヴィ(INDIVI) ハンドウォッシュ マットクロスノーカラージャケット

軽く羽織るだけでスタイリングが決まる、おすすめの1着。少しゆるめの旬なシルエットがポイントで、トレンド感のあるオフィスカジュアルスタイルが叶います。

フロントはホック留めで、前を閉めればスッキリとしたクリーンな印象の着こなしに。柔らかな風合いの生地はほどよく厚みがあり、秋から冬にかけて活躍します。手持ちアイテムとの組み合わせはもちろん、同素材ボトムスとのセットアップスタイルにもおすすめです。

オフィスカジュアルにおすすめのジャケットの選び方

カラーや柄は落ち着いたものを

By: rakuten.co.jp

オフィスカジュアルコーデは、落ち着いたベーシックカラーでまとめるのが基本。色選びに不安がある方は、きちんと感を演出しやすいブラック・ネイビー・グレーのなかから選択するのがおすすめです。

そのほか、柔らかく女性らしい雰囲気のベージュもオフィスカジュアルに取り入れやすいカラー。主張の強い色味のものや、派手な柄が入ったものは、ビジネスシーンにはやや不向きなので避けるのが無難です。

カジュアルすぎる素材は避ける

By: rakuten.co.jp

デザインやシルエットが似ているジャケットでも、素材によって雰囲気や着用感が大きく異なります。好みの質感や着心地のアイテムを選ぶのがおすすめですが、スウェット素材などのカジュアルな印象のものは避けましょう。

また、ケアのしやすさもチェックしておきたいポイント。シワになりにくい素材や、自宅で気軽に洗えるウォッシャブル生地を採用したアイテムならお手入れに手間がかからず、日々の負担を軽減できます。