秋冬や春のコーデは、適切な寒さ対策をしつつおしゃれを楽しみたいところ。しかし、どの時期からアウターを切り替えるか、防寒小物は取り入れた方がよいかなど、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は、最高気温7度と最低気温7度の日に分けておすすめの服装をご紹介します。気温が7度になる時期に取り入れるべきアウターや防寒小物についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

気温7度の時期って?

最低気温が7度の時期

By: zozo.jp

東京で最低気温が7度になる日が多いのは秋と春。秋は11月頃になると7度まで下がる日があり、真冬の寒さが終わってあたたかくなる3~4月頃にも最低気温7度前後の日が多くなります。

最低気温7度の日は、朝晩に冷え込む一方で日中は15度以上まで気温が上がる日もあるため、温度調節しやすい服装がおすすめ。着脱しやすいストールなどを持っておくと、7度まで気温が下がった際にも対応しやすく安心です。

アウターはブルゾン・ジャケット・トレンチコートなど軽めのものでも十分。最低気温7度の日に冬っぽい素材のアウターを取り入れる場合は、重たく見えないように工夫しましょう。

最高気温が7度の時期

By: zozo.jp

東京で最高気温が7度になるのは真冬の1月頃で、日によっては最低気温が氷点下を下回ることも。あたたかみのある素材感のアイテムを取り入れて、冬らしいおしゃれを楽しめる時期です。

アウターは厚みのあるウールコートやモコモコのボアコートが活躍。また、ダウンジャケットやダウンコートも最高気温7度の時期にぴったりのアイテムです。インナーもニットなど厚手のものを選んで寒さ対策をしましょう。

コーデが重たくなりがちな時期なので、カラーアイテムを取り入れるのもおすすめ。全体のバランスを考慮しつつ、マフラーや帽子などの防寒小物も上手に組み合わせてみてください。

最低気温が7度の時期におすすめの服装

7度までの気温低下に備えてストールをプラス

By: wear.jp

きちんと感とリラックスムードを兼備した休日にぴったりの服装。ルーズなシルエットのショートコートをサラッと羽織って、こなれ感のある着こなしにまとめています。ショートコート×ロングスカートはスタイルアップ効果も狙える組み合わせ。好バランスにまとまりやすくおすすめです。

また、気温の変化に備えてストールを準備しておくと安心。チェック柄ストールなら防寒小物として役立つだけでなく、コーデにほどよいアクセントもプラスできます。

・ストール ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・アウター ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・トップス ロペピクニックバイミユ(ROPE’ PICNIC by miyu)

・スカート ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

最低気温7度の日にぴったりのジャケットスタイル

By: wear.jp

休日もラフになりすぎず、大人っぽい服装を楽しみたい方におすすめの秋冬コーデです。テーラードジャケットは最低気温7度の時期に取り入れたいアウターのひとつ。金ボタンのダブルジャケットを選べば、引き締まった印象の大人コーデが叶います。

トラッドなチェック柄スカートとの相性も良好。チャコールグレーの深い色味がシーズンムードを盛り上げます。インナーにニット、足元にはブーツを選ぶなど防寒面にも配慮されたおすすめの服装です。

・アウター ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・トップス ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・スカート ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

最低気温7度の日は軽アウター×ニットが好バランス

By: wear.jp

季節感のある配色が目を引く秋コーデ。落ち着いたデザインの花柄ワンピースとライダースジャケットを組み合わせて、きれいめかつカジュアルな服装にまとめています。ブラウン系のライダースジャケットはハードな印象になりすぎず、大人の女性におすすめです。

軽アウターをチョイスしている分、インナーはハイネックニットでしっかり防寒。インナーとブーツは白のアイテムを選んで軽さを出しています。最低気温が7度くらいまで下がる11月頃におすすめの服装です。

・アウター アイテムズ アーバンリサーチ(ITEMS URBANRESEARCH)

ニットカーディガンで作るほっこり秋冬コーデ

By: wear.jp

フェミニンな雰囲気が漂うワンピースコーデです。ニットカーディガンは、最低気温7度の秋の日におすすめのアウター。重たくなりすぎず、かつあたたかみのある素材で季節感も演出できます。

カーディガンの下はタートルネックニットとキャミワンピースのレイヤード。爽やかなホワイト×ブルーのカラーリングで、甘すぎないフェミニンな服装にまとめています。ファー巾着バッグでシーズンムードを高めているのもおしゃれなポイントです。

・カーディガン カリテ(qualite)

・ワンピース カリテ(qualite)

・トップス カリテ(qualite)

・ブーツ ピシェ アバハウス(PICHE ABAHOUSE)

ニットワンピース×ジレで軽やかなスタイルを楽しむ

By: wear.jp

日中に7度から大幅に気温が上がりそうな日には、ジレを用いたスタイリングもおすすめです。ほっこりとしたケーブルニットワンピースにナイロンタスランタフタ素材のジレを重ねて、アクティブな服装に。中綿入りのものを選べばあたたかさも確保できます。

ミニバッグを斜め掛けすれば、おしゃれで軽快なお出かけスタイルが完成。最低気温7度の時期もできるだけ重ね着をせず、シンプルな着こなしを楽しみたい方におすすめの服装です。

・ベスト コラム(COLUMN)

冬物コートもスタイリング次第で軽やかな印象に

By: wear.jp

最低気温7度の日に冬物コートを取り入れる場合は、真冬のような服装になってしまわないよう軽さを意識するのがポイント。首元がスッキリとしたインナーを選んだり、ブーツではなく足の甲が出る浅めのパンプスを選んだりすると軽やかに着こなせます。

また、あたたかみのある素材感のコートでも、明るいカラーのものなら重たい印象になりにくく、秋や春先の着こなしにもマッチ。寒さ対策をしつつ、季節感もある服装を楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

・アウター シップス(SHIPS)

・トップス シップス(SHIPS)

・ボトムス シップス(SHIPS)

・パンプス シップス(SHIPS)

ベージュ×グリーンでまとめた春のカジュアルスタイル

By: wear.jp

防寒性と軽快さを両立させた、最低気温7度の日におすすめの大人カジュアルスタイルです。アウターには、春コーデの定番アイテムであるトレンチコートをチョイス。優しい色味が春にぴったりです。

また、グリーンを効かせることで季節感がさらにアップ。バッグに結んだスカーフの色をニットベストと合わせて、統一感のある着こなしにまとめています。無難な印象を与えず、ほどよく個性をアピールできるおすすめの服装です。

・アウター シーピーシーエム(CPCM)

・ベスト シーピーシーエム(CPCM)

イエローの差し色で春らしさ香る服装に

By: wear.jp

マウンテンパーカーを取り入れた、最低気温7度の日におすすめの服装です。ボトルネックニット×軽アウターの組み合わせで寒さ対策をしつつ、レモンイエローの差し色で季節感を演出。モノトーンをベースにした大人っぽいカジュアルスタイルに華やぎをプラスしています。

少し腕まくりをしたり、素足をのぞかせたりと軽さを意識したスタイリングも注目ポイント。気取った雰囲気がなく、かつおしゃれさもアピールできるおすすめの服装です。

・アウター インディヴィ(INDIVI)

・トップス インディヴィ(INDIVI)

・スカート インディヴィ(INDIVI)

モノトーンでまとめた辛口カジュアルコーデ

By: wear.jp

最低気温7度の時期におすすめのメンズライクなカジュアルコーデです。重厚感のあるブラックのライダースジャケットを主役にしつつ、ボーダーセーターを合わせることでハードな印象になりすぎないようスタイリング。足元にはスニーカーを選んで、親しみやすい雰囲気に仕上げています。

また、セーター×ブラウスのレイヤードでおしゃれ度をアップ。ブラックを基調としたスタイルながらブラウスの白が効いており、かつボトムスも短めの丈感なので重さを感じさせません。

・アウター バナナリパブリック ファクトリーストア(BANANA REPUBLIC FACTORY STORE)

・トップス バナナリパブリック ファクトリーストア(BANANA REPUBLIC FACTORY STORE)

・インナー バナナリパブリック ファクトリーストア(BANANA REPUBLIC FACTORY STORE)

・ボトムス バナナリパブリック ファクトリーストア(BANANA REPUBLIC FACTORY STORE)

パーカーレイヤードでトレンチコートをカジュアルに着こなす

By: wear.jp

キャップ×スニーカーでアクティブさをプラスした、おしゃれなスポーツミックススタイルです。パーカーとのレイヤードは、トレンチコートをカジュアルに着こなしたいときにおすすめのスタイリング。きれいめのトレンチコートコーデにマンネリを感じたときにもぴったりです。

トレンチコートはネイビーのものを選んで、スポーティながらも落ち着きのある服装に。また、マスタードカラーのスカートを合わせることでグッと春めいた着こなしに仕上がっています。最低気温7度の日のお出かけコーデに悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。

・アウター ベイフロー(BAYFLOW)

・スカート ベイフロー(BAYFLOW)

マウンテンパーカー×スニーカーの軽快お出かけコーデ

By: wear.jp

最低気温が7度前後になる3~4月におすすめの服装です。ホワイトを基調に組み立てて、春にぴったりの軽やかな着こなしに。ホワイトのマウンテンパーカーはスポーティさのなかに女性らしさも感じられ、優しい雰囲気を演出できます。

カジュアルに寄りすぎないよう、ボトムスには美シルエットのIラインスカートをチョイス。上品さをプラスして大人カジュアルスタイルに仕上げています。日中に7度からグッと気温が上がりそうな日にも対応しやすいおすすめの服装です。

・アウター インディヴィ(INDIVI)

・トップス インディヴィ(INDIVI)

・スカート インディヴィ(INDIVI)

最高気温が7度の時期におすすめの服装

ウールコート×厚手ニットで最高気温7度の時期の寒さを乗り切る

By: wear.jp

アイボリーを基調にかわいらしくまとめたパンツコーデです。丈の長いウールコートを選ぶことで防寒性に配慮。インナーにも厚手ニットを取り入れ、あたたかさをアップさせています。

ロングコート×ショート丈ニット×フレアパンツの組み合わせにより、スタイルアップも狙える着こなしに。あたたかさもおしゃれも諦めたくない方におすすめの服装です。

・アウター ムルーア(MURUA)

・ボトムス ムルーア(MURUA)

・ブーツ ムルーア(MURUA)

寒さの厳しい最高気温7度の日は防寒小物をプラス

By: wear.jp

全身をブラック系のアイテムでまとめたシックな服装です。マフラーで寒さ対策をしたい日は、首元がスッキリとしたVネックのノーカラーコートを選ぶのがおすすめ。襟がないため巻物と干渉しにくく、かさばらずキレイにまとまります。

また、モコモコのマフラーとベルベット生地の帽子を組み合わせてシーズンムード満点の着こなしに。7度から気温が大幅に低下してグッと冷え込みそうな日にもおすすめの服装です。

・キャップ アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・アウター アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・トップス アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・スカート アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

カラーアウターで冬コーデに明るさをプラス

By: wear.jp

アウターのきれいなマスタードカラーが映える冬コーデです。寒さが厳しく感じられる最高気温7度の日は、中綿ブルゾンの出番。鮮やかなカラーのものを1枚持っておくと、暗くなりがちな冬コーデをグッと明るい雰囲気に仕上げられます。

トップスやスカート、ブーツはモノトーンでまとめて大人っぽく。優しく揺れるフレアシルエットのスカートと合わせることで、中綿ブルゾンのカジュアルさが抑えられ、かわいらしい雰囲気の服装にまとまっています。

・アウター アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・スカート アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・ブーツ ロデスコ(RODE SKO)

最高気温7度の日はレイヤードで防寒性とおしゃれ度アップ

By: wear.jp

シンプルなアイテムをセンスよく組み合わせた洗練コーデ。着こなしによっては子供っぽく見えることもあるダッフルコートを、ハイネックニット×シャツのレイヤードで大人っぽく昇華しています。モノトーンでまとめた配色も落ち着いた雰囲気を醸し出すポイントです。

レギンスパンツとシューズは黒でまとめて、全体の印象をグッと引き締め。足元はシンプルなブーツを合わせてもおしゃれですが、ファー付きレースアップシューズを選ぶことで、ほどよく個性をアピールできる服装に仕上げています。

・アウター エストネーション(ESTNATION)

・トップス エストネーション(ESTNATION)

オーバーサイズボアブルゾンで作るメンズライクコーデ

By: wear.jp

ボリューミーなボアブルゾンのシルエットが目を引く冬コーデです。ミリタリー感のあるアウターにデニムとロングブーツを合わせてクールにスタイリング。中にスウェットを着込み、最高気温7度の日の寒さに備えています。

上下でメリハリを効かせたシルエットもポイント。ブルゾンの個性的なシルエットが際立ちつつ、全体はすっきりとまとまっています。寒さ対策とおしゃれの両方が叶うおすすめの服装です。

・アウター エヴリス(EVRIS)

・ブーツ エヴリス(EVRIS)

最高気温7度の時期にぴったりのショートダウン×カラーニットコーデ

By: wear.jp

カジュアルなダウンジャケットを、フェミニンな雰囲気へとシフトさせたおしゃれな服装です。インナーには優しい色味のグリーンカラーニットをチョイス。さらに、アクセサリーやミニバッグでかわいらしさをアップさせています。

ショートダウンはロングボトムスとのバランスが取りやすく、気軽に取り入れられるアイテム。あたたかさとかわいらしさを両立したコーデをしたい方におすすめです。

・アウター ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・トップス ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・スカート ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

ボアの素材感を楽しむ冬のカジュアルスタイル

By: wear.jp

冬のお出かけを楽しみたい日におすすめの服装です。1点着こなしに取り入れるだけでシーズンムードがグッと高まるボアコートは、最高気温7度の時期にぴったりのアイテム。ボアバッグと組み合わせれば真冬ならではのおしゃれを楽しめます。

ベロアプリーツスカートも冬らしさを盛り上げるおすすめのアイテム。足元はスニーカーブーツで軽やかにまとめています。

・アウター ベイフロー(BAYFLOW)

・スカート ベイフロー(BAYFLOW)

・バッグ ベイフロー(BAYFLOW)

・ブーツ ベイフロー(BAYFLOW)

カラーパンツで冬コーデに華やぎを添えて

By: wear.jp

最高気温7度の日におすすめのおしゃれなパンツスタイルです。ダークカラーで無難にまとめてしまいがちな冬コーデに、ピンクカラーを投入して新鮮さをプラス。ほかの部分はブラック・ブラウンでまとめて、カラーパンツの色味を際立たせているのがポイントです。

足元は白ソックス×バレエシューズでフェミニンにスタイリング。着回し力の高いブラックのダウンジャケットを用いた服装のバリエーションを増やしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

・アウター アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・トップス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・ボトムス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・パンプス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

最高気温7度の日をかわいく乗り切るガーリーコーデ

By: wear.jp

冷え込みが厳しくなりそうな最高気温7度の日にも対応しやすい、ボアコート×マフラーのあったかコーデです。マフラーの使い方を工夫して、リボンのように結ぶことでガーリーにスタイリング。キュートな雰囲気がありながらも、落ち着いたカラーリングでまとめられているため甘すぎない印象です。

首元にボリュームを出すことでコーデの重心が上がり、スタイルアップ効果も期待できます。また、足元をスニーカーでハズしてこなれ感のある服装に仕上げているのもおしゃれなポイントです。

・アウター サマンサ モスモス(Samansa Mos2)

・ワンピース サマンサ モスモス(Samansa Mos2)

7度からグッと冷え込む日はダウンコートで快適に

By: wear.jp

体をすっぽりと包み込むようなダウンコートは、最高気温7度の日の寒さを乗り切るためにおすすめのアイテムです。ニット帽・ブーツと組み合わせれば、見た目にもあたたかい防寒コーデが完成。冷え込みやすい朝や夜のお出かけにも適しています。

インナーには、鮮烈なレッドのワンピースをチョイスして華やかな服装に。ワンピース×ダウンコートはシンプルな組み合わせながらもおしゃれに決まるので、サッと出かけたい日にもおすすめです。

・アウター ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

・バッグ チー(Ch!iii)

・ブーツ ビューティアンドユースユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

パープルニットで作るきれいめカジュアルスタイル

By: wear.jp

ホワイト×ベージュの柔らかなカラーをベースに、パープルのアクセントカラーを効かせた冬コーデです。優しいパープルの色味はきれいめの服装に馴染みやすく、大人の女性でも取り入れやすいカラー。華やかで上品な着こなしが実現します。

また、キレイめのウールコート、フワフワのニット、フェイクレザースカートと素材感の異なるアイテムを組み合わせることで表情豊かなコーデに。首元から足元までしっかりとカバーできて防寒性も高く、最高気温7度の時期におすすめです。

・アウター ルージュヴィフ(Rouge vif)

・トップス ルージュヴィフ(Rouge vif)

・スカート ルージュヴィフ(Rouge vif)

・ブーツ ルージュヴィフ(Rouge vif)

グリーンの色味を効かせた個性派レイヤードコーデ

By: wear.jp

周りに差を付ける個性的な服装を目指す方におすすめのスタイリングです。アウターにはゆったりとしたシルエットのチェック柄チェスターコートをチョイス。前を開けてざっくりと着こなし、こなれ感のある服装に仕上げています。

また、コート下からグリーンのカーディガンをのぞかせてアクセントに。最高気温7度の寒い日は、ぜひあたたかく個性も演出しやすいレイヤードコーデを楽しんでみてください。

・バッグ ビューティアンドユースユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

・シューズ ビューティアンドユースユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)