寒くなる時期には、防寒対策をしっかりと行って快適でおしゃれな服装を心がけたいところ。しかし、気温や天気によって取り入れるべきアウターや防寒小物は異なるため、コーデに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最高気温6度と最低気温6度の日に分けて、おすすめの服装をピックアップ。晴れ・くもり・雨と天気ごとのおすすめコーデをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

気温6度の時期って?

最低気温が6度の時期

By: zozo.jp

最低気温が6度になるのは、東京だと11月下旬~12月、3~4月頃。6度まで気温が下がると非常に寒くなるため、しっかりとした防寒対策が必要な時期です。

しかし、最低気温6度の時期の最高気温は日によって大きく異なります。最高気温10度程度と1日を通してあまり気温が上がらない日もあれば、朝晩には6度まで冷え込むものの、日中は15~20度くらいまで気温がグッと上がる日も。また、天気によっても寒さの感じ方が変わります。

6度からあまり気温が上がらない日は、厚手アウターでしっかり防寒しましょう。一方で、あたたかくなることが予想される日は、軽アウターなどを用いた脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。

最高気温が6度の時期

By: zozo.jp

最高気温が6度になるのは1月頃で、東京では1年を通しても数日程度。朝晩には氷点下近くまで冷え込むこともあるため、防寒対策が欠かせません。

最高気温が6度の日は、ニットなどの厚手トップスと冬物コートとの組み合わせで、防寒性の高い服装を心がけましょう。ダウンジャケットやダウンコートなど、保温性に優れたアウターを取り入れるのもおすすめです。

また、6度から大きく気温が下がる朝晩の冷え込みに備えて、帽子・マフラー・手袋なども用意しておくと安心。ファー帽子やボリューミーなマフラーなど、見た目にもあたたかい小物をチョイスするのがおすすめです。

最低気温が6度の時期におすすめの服装|晴れの日

6度からの気温上昇に備えて温度調節しやすい服装に

By: wear.jp

最低気温6度の晴れの日にぴったりの、防寒性と軽やかさを兼備した服装です。アウターには中綿入りキルティングジャケットをチョイス。約350gと軽量で、6度から気温が上がって脱ぐ際にも邪魔になりにくく、気軽に着脱して温度調節できます。

ジャケットの下は、ドットワンピース×デニムのレイヤード。パンツのレイヤードは旬な雰囲気を演出できるだけでなく防寒性も高められるため、最低気温6度の日の寒さ対策におすすめです。足元は白ソックス×ビットローファーで上品にまとめています。

・ワンピース かぐれ

・ボトムス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・バック ロデスコ(RODE SKO)

・パンプス ロデスコ(RODE SKO)

最低気温6度の日はタートルネック×軽めアウターでバランス調節

By: wear.jp

白と黒を基調にまとめた、シンプルなデニムコーデです。最低気温6度の日は寒さ対策が必要である一方、日中にグッと気温が上がる日も多く、厚手コートだと暑く感じる場合も。日差しがあたたかく感じられそうな晴れの日は、軽めのアウターを選ぶのもおすすめです。

スタイリングがシンプルな分、ポンチョ型アウターのシルエットが際立っています。インナーには首元まであたたかいタートルネックを選んで防寒面にもしっかりと配慮。大胆な太めのロールアップで旬度を高めているのも注目ポイントです。

・アウター アーバンリサーチ ロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

・ボトムス アーバンリサーチ ロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

爽やかなストライプワンピースで春らしさを演出

By: wear.jp

春の定番アウターであるステンカラーコートを用いたカジュアルな服装です。最低気温が6度前後になる3~4月頃は、まだ寒いながらも春らしさを演出したい時期。ロングコートであたたかさをキープしつつ、春らしい軽やかなアイテムを取り入れるのがおすすめです。

メインアイテムには、ブルー×ホワイトの爽やかな色合いが目を引くストライプワンピースをチョイス。ロゴスウェットとのレイヤードでカジュアルな雰囲気に仕上げています。季節感のある服装を楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

・アウター ドゥドゥ(DouDou)

・トップス ドゥドゥ(DouDou)

・ワンピース ドゥドゥ(DouDou)

6度から大きく気温が上がる日はニットワンピース×巻物コーデも楽しめる

By: wear.jp

最低気温6度の日でも15~20度くらいまで気温が上がる日中なら、ニットワンピース×巻物の軽快なスタイルで出かけられます。ストールを肩掛けしたコーデは上品な雰囲気を演出できるため、大人の女性におすすめ。ストールクリップを使えばポンチョ風に着こなすことが可能です。

清楚な印象のホワイトワンピースにパープルが加わり色合いも華やかに。シンプルな組み合わせで着こなしに悩むことがなく、かつおしゃれに見えるのでサッと出かけたいときにもおすすめの服装です。

・ストール ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

最低気温が6度の時期におすすめの服装|くもりの日

最低気温6度のくもりの日は防寒性の高いアウターをチョイス

By: wear.jp

同じ最低気温6度の日でも、日差しのあたたかさを感じられない分、くもりの日は寒く感じることも。そのため、防寒性の高いアウターで寒さ対策をするのがおすすめです。優しいカラーのマウンテンパーカーをチョイスすれば、女性らしいスポーツミックススタイルが完成します。

アウターの色味を際立たせるべく、ほかの部分はベーシックカラーでシンプルに。スニーカーを合わせたスタイリングで軽やかにまとめられており、たくさん歩く日にぴったりの服装です。

・アウター ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

・トップス コトリカ(COTORICA)

・スカート ディスコート(Discoat)

春のロングコートコーデは色味で軽やかさを出して

By: wear.jp

くもりの日で6度から気温があまり上がらないことが予想される場合は、体をすっぽりと包み込むロングコートでしっかりと防寒したいところ。3~4月の時期にロングコートを着る場合は重たくならないよう、淡い色味のものを選ぶのがおすすめです。

コートの下はブルーカットソー×ジャンパースカートで大人かわいくスタイリング。アウター着用時だけでなく脱いだときのおしゃれさも考慮された、最低気温6度の日におすすめの服装です。

・トップス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・ワンピース アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・バッグ アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

最低気温6度の日はボアアウターを取り入れてあたたかく

By: wear.jp

ちょっとした外出にもぴったりな大人カジュアルコーデです。11月下旬~12月の最低気温6度の日には、ボアアウターが活躍。厚すぎないインナーと組み合わせてバランスを取るのがおすすめです。

リブトップス×ストレートデニムのシンプルスタイルにボアのかわいらしさが加わり、ほどよく女性らしさも感じられる着こなしに。ショート丈のアウターなら重たくなりすぎず気軽に着こなせるので、デイリーコーデにぴったりです。

・アウター ソーシャルガール(Social GIRL)

・トップス ソーシャルガール(Social GIRL)

・ボトムス ソーシャルガール(Social GIRL)

ホワイトでまとめれば最低気温6度の日の防寒コーデも軽やかに

By: wear.jp

ホワイトを基調にした春のパンツスタイルです。パーカー×モッズコートのレイヤードで防寒性を高め、気温が6度まで下がったときにも対応しやすい着こなしに。全体がぼんやりとした印象にならないよう、キャップとシューズは濃いカラーのものを選んで引き締めポイントを作っています。

ロゴパーカーやキャップでアクティブさを演出しつつ、足元はソックス×バレエシューズでハズした絶妙なバランスもおしゃれ。定番から一歩進んだスタイリングを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

・アウター ピュアルセシン(pual ce cin)

・トップス ピュアルセシン(pual ce cin)

・ボトムス ピュアルセシン(pual ce cin)

最低気温が6度の時期におすすめの服装|雨の日

アウターを脱いでもおしゃれなワンピースコーデ

By: wear.jp

最低気温6度の雨の日は、冷たい雨を防ぐために厚手のロングコートを取り入れるのがおすすめ。また、日中に6度から気温が上がった場合に備えて、アウターを脱いでもおしゃれさをキープできるような着こなしを目指したいところです。

1枚で着映えするワンピースなら、コーデに悩むことなくおしゃれなスタイルが完成。黒を基調としているためシックな印象で、大人っぽく決めたいディナーシーンにもぴったりです。足元はブーツをチョイスすれば、雨対策をしながら上品にまとめられます。

・アウター アーバンリサーチ ロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

・ワンピース アーバンリサーチ ロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

・バッグ ロデスコ(RODE SKO)

・ブーツ ロデスコ(RODE SKO)

最低気温6度の雨の日コーデはカラーニットで春らしさを添えて

By: wear.jp

ロングブーツを取り入れた、雨の日にぴったりの服装です。アウターには、ムートンとダウンをミックスしたかのような個性派ライダースジャケットをチョイス。ワンピースも変形ヘムラインの個性的なデザインで、モードな雰囲気の着こなしに仕上がっています。

ダークカラーをベースとしつつ、爽やかなブルーのカラーニットでほんのり春らしさを演出。防寒性と季節感を両立させた、おすすめの春コーデです。

・アウター ラブレス(LOVELESS)

・トップス ラブレス(LOVELESS)

・ワンピース ラブレス(LOVELESS)

ボウタイシャツワンピース×ウールコートで上品にスタイリング

By: wear.jp

雨の日も楽しく乗り切れそうなおしゃれコーデです。きちんと感のあるボウタイシャツワンピースに、あたたかいウールコートをオン。6度から気温があまり上がらない場合にも対応しやすいのがポイントです。

また、上品なサイズ感のバッグと美シルエットのブーツをプラスして、エレガントな雰囲気を演出。大人っぽく、かつほどよい華やかさもあり、ちょっとしたお呼ばれやデートなどにぴったりの服装です。

・アウター リエンダ(rienda)

・ワンピース リエンダ(rienda)

・ブーツ リエンダ(rienda)

最高気温が6度の時期におすすめの服装|晴れの日

寒さの厳しい最高気温6度の日はパーカーレイヤードであたたかく

By: wear.jp

カジュアルさのなかにフェミニンな雰囲気も感じられるおしゃれコーデです。パーカー×チェスターコートのレイヤードであたたかさをアップさせており、最高気温6度の日にぴったり。かっちりとしたチェスターコートの表情が和らぎ、リラックス感のある着こなしに仕上がります。

ボトムスにはプリーツスカートをチョイスして女性らしさをプラス。柔らかなモカ系カラーが落ち着いた大人の雰囲気を醸し出します。軽やかなプリーツスカートの素材感により、冬コーデにありがちな重さが軽減されているのもポイントです。

・アウター ソーシャルガール(Social GIRL)

・スカート ソーシャルガール(Social GIRL)

寒さを吹き飛ばすアクティブコーデ

By: wear.jp

キャップやスニーカーを用いたアクティブな雰囲気の冬コーデです。メンズライクな印象で、辛口のスタイリングが好きな方にぴったり。アウターにはモコモコのボアロングコートを選んで季節感たっぷりの服装に仕上げています。

日中も6度前後までしか気温が上がらないので、タートルネックインナー×ロングパンツの組み合わせによりコート下の防寒対策も万全に。また、足元に赤が入ることで全体の印象がグッと明るくなり、寒さも吹き飛ばせるようなエネルギッシュなコーデに仕上がっています。

・アウター ベイフロー(BAYFLOW)

・ボトムス ベイフロー(BAYFLOW)

・キャップ クリフメイヤー(KRIFF MAYER)

・スニーカー コンバース(CONVERSE)

最高気温6度の日はダウンコートの出番

By: wear.jp

体を包み込むダウンコートを取り入れた、最高気温6度の日にぴったりのコーデ。フード付きのややカジュアルなロングダウンコートにスカートを合わせて、フェミニンな雰囲気へとシフトさせています。

また、インナーにはチャーミングなオレンジカラーのニットをチョイスし、メリハリのあるカラーリングに。タートルネックで首元まであたたかく、ストールなどの巻物がなくても十分に華やかな服装に仕上がっています。

・バッグ ビューティアンドユースユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

・スニーカー ナイキ(NIKE)

6度からグッと気温が下がる朝晩に備えて寒さ対策を万全に

By: wear.jp

最高気温が6度の日は、晴れの日でも寒さが厳しく感じられるため入念な防寒対策が必要です。タートルネックインナー×ウールワンピース×キルティングロングコートの組み合わせで見た目にもあたたかな服装に。さらに、冷えやすい手元をカバーするべく手袋もプラスしています。

風が強くより寒く感じられるような日には、ストールをプラスするのもおすすめ。高い防寒性をキープしつつも見た目がスッキリとしており、最高気温6度の日もモコモコしすぎない服装で過ごしたい方におすすめの着こなしです。

・ブーツ ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

最高気温が6度の時期におすすめの服装|くもりの日

最高気温6度のくもりの日はコート×マフラーがおすすめ

By: wear.jp

最高気温6度の日におすすめのフェミニンコーデです。アウターには首元がスッキリとしたVネックロングコートをチョイスしています。巻物と干渉しにくく、モコモコのマフラーと好相性。ゆったりめのシルエットがかわいらしさを引き立てます。

コートの下はメローフリルカットソー×花柄ワンピースのレイヤード。コートを脱いだときも品のあるスタイルをキープできるよう考えられており、1日を通しておしゃれに過ごせます。かわいい着こなしで気分をアップさせたい週末やデートのときには特におすすめの服装です。

・アウター アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・トップス アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・ワンピース アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

カラーニットの差し色でメリハリを演出

By: wear.jp

ボリューミーなダウンジャケットにデニムを合わせた、最高気温6度の日におすすめのカジュアルな服装です。ダウンジャケットとブーツはホワイトでまとめて、冬コーデにありがちな重さを軽減。柔らかい雰囲気に仕上がっています。

さらに、イエローカラーニットの色味を効かせてアクセントに。シンプルなスタイリングながらも、メリハリのあるおしゃれなコーデにまとまっています。くもりの日も明るい印象のおしゃれを楽しみたい方におすすめの服装です。

・アウター アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・トップス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・ボトムス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・バッグ ロデスコ(RODE SKO)

あったか小物×重ね着で最高気温6度の日に適した防寒を

By: wear.jp

大きなファー帽子を取り入れた季節感満点の服装です。ファー・ボア系アイテムを複数取り入れたコーデを自然に楽しめるのは、最高気温6度になる時期ならでは。ボアベスト付中綿ブルゾンはボリューム感があり、見た目にもあたたかい服装に仕上がっています。

さらに、ニット×スウェットの重ね着で防寒性をアップ。襟のフリルが首元からのぞくスタイリングがかわいらしく、レイヤードのセンスが光ります。くもりの日も明るくおしゃれを楽しみたい方におすすめの服装です。

・アウター サマンサ モスモス(Samansa Mos2)

・トップス サマンサ モスモス(Samansa Mos2)

・インナー サマンサ モスモス(Samansa Mos2)

最高気温6度の日の通勤は細身のダウンコートでスタイリッシュに

By: wear.jp

シックな色合いでまとめたビジネスコーデです。美シルエットのダウンコートを取り入れれば、あたたかくスマートな通勤スタイルが完成。6度からグッと気温が下がりそうな日にも適しています。

ファー付きダウンコートはラグジュアリーな雰囲気で、大人の女性にぴったり。ダウンコート・バッグ・ブーツは黒でまとめて統一感のある服装に仕上げています。

ダウンコートを脱ぐと、ニットアンサンブル×センタープレスパンツの洗練スタイルに。6度までしか気温が上がらない寒い日の通勤コーデに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

・ボトムス ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

・ネックレス ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

最高気温が6度の時期におすすめの服装|雨・雪の日

最高気温6度の雪の日は鮮やかカラーのダウンジャケットで気分を上げて

By: wear.jp

6度から大幅に気温が低下する日は、雪が降ることも想定して服装を考える必要があります。ダークカラーの服装の方が多くなる最高気温6度の時期に、鮮やかなカラーのダウンジャケットを取り入れれば、周りと差が付くおしゃれなコーデが完成。手元はアームウォーマーで防寒性を高めています。

ボトムスにはフレアシルエットのチェック柄スカートを合わせて華やかにスタイリング。ショート丈アウター×ロングスカートはスタイルアップ効果が期待できる組み合わせで、好バランスにまとまりやすくおすすめです。

・アウター ケイビーエフ(KBF)

・スカート ケイビーエフ(KBF)

・ブーツ ケイビーエフ(KBF)

ダウンジャケット×アウトドアブーツの防寒コーデ

By: wear.jp

6度から氷点下まで気温が下がりそうな雨や雪の日は、高機能ダウンジャケットを取り入れるのがおすすめです。ダウンジャケットがボリューミーな分、ボトムスにはタイトシルエットのデニムを選んでスッキリとスタイリング。シルエットにメリハリを付けることで、野暮ったい印象を回避しています。

さらに、アウトドアシーンにも対応したブーツをプラスして足元もしっかり防寒。アクティブなシーンにもおすすめの服装です。

・アウター キャンプセブン(CAMP7)

・トップス バックナンバー(BACK NUMBER)

・ボトムス ラグマシーン(RAG MACHINE)

6度までしか上がらない日はニット×ロングコート×マフラーで寒さ対策を

By: wear.jp

キュートさと大人っぽさが共存したフェミニンコーデです。最高気温が6度で、かつ雨や雪が降る日は、特にしっかりと寒さ対策をしたいもの。首元の防寒には、ボリュームのあるマフラーがおすすめです。

アウターには、パイピングがアクセントになったトレンド感のあるロングコートをチョイス。コート下にはニットを着込んであたたかさをアップさせています。最高気温6度の日のショッピングやデートもおしゃれに楽しめるおすすめの服装です。

・アウター アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・トップス アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・スカート アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)

・マフラー アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)