毎日のコーデを考えるにあたり、おしゃれに見えることはもちろん、心地よく過ごせることも欠かせない条件。お出かけ前日の夜や朝に天気予報をチェックして、気温に適した服装を心がけることが重要です。

今回は、気温が11度になる時期におすすめの服装をご紹介します。最高気温が11度の時期と最低気温が11度の時期に分けてピックアップしているため、ぜひお出かけ前にチェックしてコーデの参考にしてみてください。

気温11度の時期って?

最高気温が11度の時期

By: amazon.co.jp

東京で最高気温が11度になるのは12~2月頃。日中に11度前後まで気温が上がるものの、朝晩には0度近くまで冷え込む日が増えます。1年のなかでも特に寒さが厳しい時期なので、しっかりと防寒対策をしながらおしゃれを楽しみましょう。

最高気温11度の日はニット×厚手コート×ブーツなど、冷たい風を通しにくいようなコーデがおすすめ。冷え込みが厳しい時間帯に外出する場合は、マフラーなどの防寒小物も上手に取り入れて、あたたかな服装を心がけましょう。

きれいめ派の方におすすめのアウターは、厚手のチェスターコートやノーカラーコート。カジュアル派の方なら、ダウンジャケットなどがおすすめです。

最低気温が11度の時期

By: amazon.co.jp

東京で最低気温が11度になるのは、秋が深まる時期と厳しい寒さが和らぐ春の始まりの時期。具体的には10月下旬~11月、3月下旬~4月頃です。

朝晩は11度前後で肌寒いものの、日中には20度近くまで気温が上がる日もあるため、寒暖差に対応できる服装が必要。サッと着脱できる軽めのアウターを取り入れるのがおすすめです。また、最高気温に合わせてインナーの厚さを調節しましょう。

最低気温11度の日におすすめのアウターは、きれいめ派の方ならジャケットやカーディガン、トレンチコートなど。カジュアル派の方ならデニムジャケットやマウンテンパーカーが活躍します。日中のお出かけであれば厚手トップス×ストールのスタイルもおすすめです。

最高気温が11度の時期におすすめの服装

最高気温11度の日はニット×ロングコートであたたかく

By: wear.jp

寒さが厳しい最高気温11度の日もおしゃれに過ごせる、エレガントな大人コーデです。ニット×ロングコート×ブーツでしっかりと防寒。ネイビーカラーのロングチェスターコートがタテのラインを強調するため全体がスッキリと見え、着ぶくれとは無縁のスマートな着こなしに仕上がっています。

濃色ロングコートを取り入れると重たい印象になりがちですが、鮮やかなパープルのニットを取り入れることで華やかなコーデに。きちんと感があり、30代・40代の大人の女性におすすめの服装です。

・アウター ルージュ・ヴィフ ラクレ(Rouge vif la cle)

・トップス ルージュ・ヴィフ ラクレ(Rouge vif la cle)

・ボトムス ルージュ・ヴィフ ラクレ(Rouge vif la cle)

ボリュームアウター×スキニーで作るメリハリシルエットコーデ

By: wear.jp

辛口のスタイリングが好みの方におすすめの服装です。アウトドアブランドが展開している防寒性に優れたダウンジャケットは、グッと冷え込みそうな最高気温11度の日にぴったりのアウター。撥水性のあるものなら、天候の変化にも対応できて便利です。

ボトムスには細身スキニーを選んで、ボリューミー×タイトのメリハリシルエットに。ブーツとスキニーは黒でまとめて色をつなげ、脚長効果も狙える服装に仕上げています。アウトドア感のあるアウターをおしゃれに着こなしたい方はぜひ参考にしてみてください。

・アウター キャンプセブン(CAMP7)

・ボトムス エドウイン(EDWIN)

明るめカラーのショートコートであたたかさと軽やかさを両立

By: wear.jp

最高気温が11度になる12~2月頃の服装は、防寒を意識するあまり見た目の印象が重たくなってしまう場合も。そんなときは、スッキリとした丈感のショートコートを取り入れて軽さを出すのがおすすめです。明るいトーンのものなら、より軽やかな服装に仕上がります。

淡いグリーンショートコートの首元や袖先から、鮮やかなグリーンカーディガンをのぞかせるスタイリングがおしゃれ。カジュアルな淡色デニムを合わせつつ、足元はバックル付きのパンプスで大人っぽくまとめています。

・アウター トゥモローランド(TOMORROWLAND)

最高気温11度の日におすすめの花柄ワンピースコーデ

By: wear.jp

ヴィンテージライクなデザインの花柄ワンピースを取り入れたきれいめの服装です。フリル付きの花柄ワンピースを主役にしたコーデは甘くなりがちですが、黒をベースにまとめれば落ち着いた雰囲気に。足元にスリムシルエットのスクエアトゥブーツを合わせると、より大人っぽくまとまります。

ミドル丈コートとロングワンピースの絶妙なバランスもポイント。ふわっと揺れるワンピースの裾のデザインが際立ち、エレガントな印象を与えます。女性らしさときちんと感を演出したい冬のデートにもおすすめの服装です。

・アウター ルージュヴィフ(Rouge vif)

・ワンピース ルージュヴィフアンナ(Rouge vif Anna)

中綿ブルゾン×マフラーで最高気温11度の寒い日をおしゃれに乗り切る

By: wear.jp

11度からグッと気温が下がりそうな日にもぴったりのあったかコーデです。アウターに選んだのは、ウォーム感のあるふっくらとした中綿入りブルゾン。マスタードカラーが暗くなりがちな冬の服装に華やかさを添えます。

首回りがスッキリとしたノーカラーアウターは、タートルネックニットと好相性。巻き物とも干渉しにくく、マフラーを取り入れたスタイリングがおしゃれに決まるのも嬉しいポイントです。

ボトムスには脚長効果のあるフレアパンツをチョイス。ビットローファーと合わせて、カジュアルすぎない大人コーデにまとめています。

 
・アウター アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・ボトムス アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

・シューズ ロデスコ(RODE SKO)

ピンクニット×黒コートで大人かわいく

By: wear.jp

最高気温11度の時期のお出かけやデートにぴったりの服装です。ピンクのラメ入りニット×チェックプリーツスカートのフェミニンスタイルに黒コートを合わせて甘さをセーブ。足元に白ブーツを合わせて軽さを出し、重たくなりすぎないカラーバランスに整えているのもポイントです。

黒コートを脱ぐと、ピンクニットの存在感が増してよりフェミニンな印象に。屋内に入ったときにもおしゃれな服装で過ごせます。

・アウター ドレスキップ(DRESKIP)

・トップス ドレスキップ(DRESKIP)

・シューズ ドレスキップ(DRESKIP)

裾見せレイヤードで冬の服装をアップデート

By: wear.jp

ニットコーデのバリエーションを増やしたい方におすすめのレイヤードスタイルです。ニットの裾から白インナーをのぞかせれば、ニットの表情がガラリと変化。ダークカラーでまとめた服装に軽やかさをプラスする効果も期待できます。

ゆったりとしたサイジングのノーカラーコートをざっくりと羽織ってラフさを演出し、気取らないデイリーカジュアルスタイルに。シーズンムードを高めるファーバッグを取り入れているのもおしゃれなポイントです。

・アウター グローバルワーク(GLOBAL WORK)

・ボトムス グローバルワーク(GLOBAL WORK)

・バッグ グローバルワーク(GLOBAL WORK)

・シューズ グローバルワーク(GLOBAL WORK)

最高気温11度の時期は個性派アウターで着こなしに差をつけて

By: wear.jp

気温が11度までしか上がらない寒い日は、アウターが服装の主役。ディテールにこだわったミリタリーアウターを取り入れれば、周りに差をつけるおしゃれな個性派コーデが叶います。

ミリタリーコートやゴツめスニーカーなどのメンズライクなアイテムに、あえて揺れ感のあるプリーツスカートを合わせて新鮮な着こなしに。無難な印象を与えない、少しひねりの効いたスタイルが好きな方におすすめの服装です。

・アウター アヴィレックス(AVIREX)

ホワイト×ネイビーで作る大人の洗練カジュアルスタイル

By: wear.jp

小さな子供がいるママにもおすすめの、動きやすいパンツ×スニーカースタイルです。全体をホワイトとネイビーのクリーンなカラーでまとめているため、リラックス感がありながらも洗練された印象。きちんと感のあるセンタープレス入りのパンツを選んで、カジュアルすぎない服装にまとめています。

さらに、マフラーをプラスして11度からグッと気温が下がったときにも対応しやすいあったかコーデに。防寒性・動きやすさ・おしゃれさを両立させたおすすめの服装です。

・アウター ピエロ(Pierrot)

・トップス ピエロ(Pierrot)

・ボトムス ピエロ(Pierrot)

・マフラー ピエロ(Pierrot)

最高気温11度の日にぴったりのあったかロングコートコーデ

By: wear.jp

ナチュラルでかわいらしい雰囲気が素敵な冬のカジュアルコーデです。アウターに選んだのは、足元まですっぽりと包み込む中綿ロングコート。キルティング×ボアのロングコートは保温性が高く、何枚も重ね着をするのが苦手な方にもおすすめです。

コート下は白シャツ×デニム×ニットベストワンピースのレイヤードスタイル。コートを脱いで屋内に入ったときにもおしゃれに見える服装にまとめています。牛柄のバッグで遊び心のあるアクセントを効かせているのもポイントです。

・アウター コーナーズ(CORNERS)

・シャツ コーナーズ(CORNERS)

・ワンピース コーナーズ(CORNERS)

・ボトムス コーナーズ(CORNERS)

最低気温が11度の時期におすすめの服装

ワンピース×チェック柄ジャケットで作る秋コーデ

By: wear.jp

最低気温が11度前後になる10月下旬~11月頃におすすめの服装です。女性らしいホワイトのワンピースにクラシックなチェック柄ジャケットを合わせれば、大人の女性にぴったりのきれいめフェミニンスタイルが完成。きちんと感を出したいシーンにもおすすめの服装です。

ブラウンのチェック柄ジャケットは、サッと羽織るだけで季節感を演出できるおすすめアイテム。また、ウォーム感のあるスエード素材のワンピースをチョイスすることで、さらにシーズンムードを高めています。

・アウター シップス(SHIPS)

・ワンピース シップス(SHIPS)

カラーカーディガンは最低気温11度の時期の着回しに大活躍

By: wear.jp

カジュアルさのなかに女性らしさが香るおしゃれな服装。秋コーデに色を入れたいときには、カラーカーディガンを取り入れるのがおすすめです。さまざまな色味のアイテムが展開されており、色違いで揃えておくとカーディガンを変えるだけで着こなしの雰囲気をガラリと変えられます。

くすみピンクのような、優しい色合いのパープルカーディガンを取り入れれば着こなしがグッとフェミニンな雰囲気に。カラーカーディガンの色味を際立たせたいときは、ほかの部分を落ち着いたカラーでまとめるのがおすすめです。

・アウター クリスプ(Crisp)

・シューズ クリスプ(Crisp)

・バッグ クリスプ(Crisp)

大人の余裕が漂うスマートカジュアルスタイル

By: wear.jp

30代以上の大人の女性におすすめのスマートな服装です。ダメージデニムを取り入れたコーデはラフな雰囲気になりがちですが、ネイビージャケットと組み合わせることできれいめカジュアルスタイルに昇華。全体を落ち着いた色味でまとめているのも、大人っぽさを感じさせるポイントです。

ジャケットの着脱で体温調節ができ、気温の変化に対応しやすく快適に過ごせます。最低気温11度の日は日中に気温が上がりあたたかく感じられることも多いため、インナーにタートルネックを着用する場合は厚すぎないものを選ぶのがおすすめです。

・アウター フレームワーク(FRAMeWORK)

・ボトムス フレームワーク(FRAMeWORK)

・シューズ フレームワーク(FRAMeWORK)

オーバーサイズシルエットのカーディガンでほどよいルーズさを演出

By: wear.jp

ふっくらとしたシルエットがかわいい、袖ボリュームカーディガンを主役にした秋コーデです。オーバーサイズシルエットのカーディガンをゆるっと着こなすことで、女性らしさが引き立つ大人かわいいスタイルに。インナーにはロゴTシャツを選んでほどよいカジュアルさを演出しています。

また、ボトムスには引き締め効果の高い黒のタイトスカートをチョイスして好バランスに。ボリューム感のあるニットカーディガンとの対比で、スッキリとしたスカートのシルエットが際立ちます。

・アウター ソーシャルガール(Social GIRL)

最低気温11度の時期にぴったりのアクティブコーデ

By: wear.jp

山や川でのアクティビティやキャンプを楽しむ休日にぴったりのアウトドアスタイルです。スウェット×デニムオーバーオールのラフなスタイルにマウンテンパーカーをプラスして、天候の変化に対応しやすい服装に。防水ブーツを着用しておくと、水辺でのアクティビティも安心です。

鮮やかな色合いのマウンテンパーカーを取り入れると、グッとアウトドア感が増しアクティブな印象に。休日のアウトドアをおしゃれかつ快適に楽しめるおすすめの服装です。

・アウター グリーンボウル(GREEN BOWL)

・トップス コーナーズ(CORNERS)

・ブーツ キーン(KEEN)

・帽子 グリーンボウル(GREEN BOWL)

秋カラーを楽しむトレンチコートコーデ

By: wear.jp

ブラウン・ベージュ・レンガなど、秋らしいカラーで構成したおしゃれな服装です。トレンチコートは最低気温が11度前後になる春・秋の両方で使えるおすすめアウター。定番のベージュトレンチコートは、サッと羽織るだけで着こなしが大人っぽくまとまるのが魅力です。

チェックスカートと組み合わせれば、どこかクラシカルな雰囲気が漂うきれいめカジュアルスタイルが完成。上品な雰囲気で幅広い年代の方におすすめの服装です。

・アウター アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

・トップス アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

・ボトムス アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

・シューズ ロデスコ(RODE SKO)

最低気温11度の時期にはデニムジャケットが活躍

By: wear.jp

最低気温が11度になる3月下旬~4月頃にぴったりの春コーデ。気軽にサッと羽織れるデニムジャケットは、日中はあたたかくても朝晩に気温がグッと下がるような、最低気温11度の時期におすすめのアウターのひとつです。

普段のお出かけに着るには少し上品すぎると感じるデザインのワンピースも、デニムジャケットと組み合わせればほどよくカジュアルダウンされて普段着仕様に。バッグとローファーを白でまとめ、春らしい軽やかさをプラスしているのもポイントです。

・アウター ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・シューズ ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

白デニムジャケット×マーメイドスカートで作るフェミニンカジュアルスタイル

By: wear.jp

春らしい軽やかなカラーリングが目を引くおしゃれコーデです。アウターに選んだのは柔らかなアイボリーカラーのデニムジャケット。ニットも同色でまとめて、優しいカラーリングの服装に仕上げています。

ホワイトをベースにまとめつつ、イエローのマーメイドスカートで華やかさもプラス。ふわっと揺れる裾のシルエットが女性らしさを醸し出します。適度に防寒しつつおしゃれに過ごせる、最低気温11度の日におすすめの服装です。

・アウター ムルーア(MURUA)

・トップス ムルーア(MURUA)

ハーフパンツ×ロングブーツでトレンド感満点のコーデに

By: wear.jp

アクティブさと大人っぽさを両立させたおしゃれな服装です。11度までの気温の低下に備えて、アウターには首元までカバーできるマウンテンパーカーをチョイス。白インナーの裾をチラッとのぞかせた絶妙なバランスのスタイリングがポイントです。

また、ここ数年で人気が再燃しているロングブーツとハーフパンツを合わせて、トレンドも押さえた着こなしに。大人の女性がハーフパンツを着用する際は、子供っぽく見えないよう全体を落ち着いたカラーでまとめるのがおすすめです。

・アウター ベイフロー(BAYFLOW)

・ボトムス ベイフロー(BAYFLOW)

・シューズ ベイフロー(BAYFLOW)

カラーパンツを取り入れてトレンチコートコーデをアップデート

By: wear.jp

トレンチコートは最低気温11度の時期の着回しに活躍する便利なアウターですが、出番の多さゆえに着こなしにマンネリ化を感じる場合も。ガラリと雰囲気を変えたいときは、カラーアイテムと組み合わせるのがおすすめです。

ビビッドカラーが入ることで全体の印象がグッと華やぎ、ワンランク上のおしゃれな服装が実現。色数が増えるほどバランスよくまとめるのが難しくなるため、不安な方は1点だけカラーアイテムを取り入れるところからトライするのがおすすめです。

・アウター ソーシャルガール(Social GIRL)