明確な定義づけがなく、着こなしに悩んでしまうことも多い「オフィスカジュアル」。ワンピースはシンプルに着こなすだけできちんと感を演出できるものが多く、オフィスカジュアルコーデにも使いやすいアイテムです。

今回は、オフィスカジュアルにおすすめのワンピースをご紹介。多くの女性に選ばれている人気ブランドのアイテムを厳選してピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

オフィスカジュアルとは?

「オフィスカジュアル」という言葉にはっきりとした定義はないものの、一般的にはオフィスで仕事をするのにふさわしく、かつスーツよりも少し崩した服装のことを指します。“カジュアル”といってもビジネスの場での服装なので、きちんと感のある着こなしを心がけることが大切です。

また、オフィスカジュアルに対する考え方は業種や企業によってさまざま。自分が勤めている会社の雰囲気に合わせることも重要なポイントです。

オフィスカジュアルにおすすめのワンピースコーデ

春らしさ漂うフェミニンコーデ

By: rakuten.co.jp

華やかな幾何柄ワンピースを主役にした、春にぴったりのコーデです。柔らかなベージュカラーをベースに、淡いグリーンのきれいめカーディガンをプラスして季節感を演出。バッグと色味を合わせているため、全体的にまとまりのあるカラーリングに仕上がっています。

足元には抜け感のあるヌーディーカラーのパンプスをチョイス。きちんと感があり、かつ軽やかな印象のおすすめオフィスカジュアルコーデです。

ベージュ×ホワイトで作る爽やかコーデ

By: rakuten.co.jp

半袖ワンピースにカーディガンをサッと羽織り、爽やかな雰囲気に仕上げた春夏向きのオフィスカジュアルスタイルです。カーディガン・バッグ・パンプスはホワイト系で統一。色数を絞ってシンプルにまとめているのがポイントで、上品な印象です。

また、ウエストマークによりメリハリのあるシルエットに仕上げて、スタイルアップも狙える着こなしに。こなれ感を演出できるおすすめのコーデです。

マスタードカラーが映える秋のおしゃれコーデ

By: rakuten.co.jp

季節感のあるカラーを取り入れたオフィスカジュアルコーデに挑戦したい方におすすめの着こなし。華やかな色味のワンピースを主役にする場合は、ほかの部分をベーシックカラーでまとめるとバランスよく仕上がります。

落ち着いたブラウン系カラーのジャケットとバッグが全体の印象を引き締め、大人っぽい雰囲気に。マスタードカラーが際立つ、秋らしさ満点のおすすめコーデです。

シックにまとめたきれいめシンプルコーデ

By: rakuten.co.jp

ウール素材のワンピースをシンプルに着こなした、秋冬におすすめのオフィスカジュアルコーデです。ウエストの細ベルトが、上品かつきちんと感のある雰囲気を演出。足元はダークトーンでシックなテイストにまとめています。

首と手首周りに抜け感があるため重たい印象になりすぎず、好バランスな着こなしに。休憩時にちょっと外出する際には、チェック柄のストールをサッと羽織れば簡単に華やかさをプラスできます。

オフィスカジュアルにおすすめのワンピース

ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC) 洗える ジョーゼットフレアワンピース

働く女性から厚い支持を得る人気ブランド「ナチュラルビューティーベーシック」のおすすめアイテム。スッキリとしたウエスト、ヒップ周りから裾にかけて広がるマーメイドシルエットに仕上げられており、1枚で女性らしさあふれるコーデが完成します。

ひざにかかるくらいの丈で、きちんと感がありながらも軽快な印象。洗濯機で洗えるので日頃のケアもしやすく、デイリーに活躍します。

エヌ ナチュラルビューティーベーシック(N. Natural Beauty Basic) ボリュームスリーブシャツワンピース

きちんと感と甘さのバランスが絶妙なおすすめアイテムです。首周りはバンドカラーでスッキリとした印象。共布ベルトでウエストマークできるデザインで、スタイルアップ効果も期待できます。

また、ふんわりとしたボリュームスリーブと、動くたびにひらりと揺れるプリーツが女性らしさを演出。カラーはグレー・ブルー・カーキの3色で、いずれも明るすぎず落ち着いた色味に仕上げられています。

アンタイトル(UNTITLED) バックサテンジョーゼットワンピース

大人っぽく上品なアイテムが豊富に揃う人気ブランド「アンタイトル」のボウタイワンピース。とろみ感と優しい光沢が特徴のバックサテン生地を採用しており、シンプルなデザインながらも女性らしく華やかさのある着こなしが叶います。

ウエストの切り替え位置が高く、スタイルアップが狙えるのも嬉しいポイント。カラーは着こなしやすいダークネイビーと、柔らかな印象のベビーピンク、サックスの全3色がラインナップしています。

イェッカヴェッカ(YECCA VECCA) P.ベネシャンワンピース

とろんとした落ち感のあるベネシャン生地で仕立てられたフェミニンなアイテムです。ウエストをキュッと絞ることで美しいメリハリのあるシルエットを実現。リボンベルトなのでかっちりしすぎず、ほどよくリラックス感のあるこなれたコーデが叶います。

カラーは定番のネイビー、グレーベージュのほか、ややくすんだ色味のサックスブルー、ラベンダーもラインナップ。大人っぽく、落ち着いた雰囲気を演出できるおすすめの1着です。

プロポーションボディドレッシング(PROPORTION BODY DRESSING) スリットパールタイトワンピース

襟元と袖口のパールが上品なおすすめアイテムです。1枚で着てもシンプルすぎず、バッグとパンプスを合わせるだけでおしゃれなオフィスカジュアルコーデが完成します。

シルエットはややタイトに仕上げ、ウエスト部分にベルトをセットすることで甘さをセーブ。カラーはベージュ・ミスティグリーン・クリームイエローと、淡く優しい印象の色味が揃っています。

ロペピクニック(ROPE’ PICNIC) ボウタイ風タックワンピース

品のよいボウタイ風デザインが目を引く、エレガントな1着。春夏にぴったりの半袖アイテムで、涼しげながらも二の腕をしっかりカバーできるのが魅力です。また、背中のボタンディテールもポイント。バックスタイルまでおしゃれに仕上がります。

シワになりにくい素材を採用しているため、デスクワークで長時間座っていることが多い方にもおすすめ。スカート部分に裏地がついており、透けを気にせず着用できます。

23区 洗える リネンヴィスコースストレッチ ワンピース

シルエットにこだわって作られたおすすめのAラインワンピースです。肩周りはさりげなく二の腕をカバーできるフレンチスリーブデザイン。襟元のスリットにより、顔周りがスッキリとして見えるのも嬉しいポイントです。

素材にはサラリとした肌触りのリネンヴィスコース生地を採用しており、春夏のオフィスカジュアルコーデにおすすめ。自宅で手洗いできるのも、デイリーに着用するうえで大きなメリットです。

カリテ(qualite) ポンチワンピース

さまざまなコーデを楽しめるおすすめアイテムです。1枚でサラリと着こなすのはもちろん、寒い季節にはタートルネックニットなどと合わせてもおしゃれ。袖のボタンを開けると華やかなフレアスリーブデザインになるので、仕事だけでなく休日のお出かけにも使えます。

素材には、上品な落ち感のあるポンチ素材を採用。楽な着心地で、シワにもなりにくくデイリーコーデに重宝します。

ICB シャツ風 ニットワンピース

秋冬のオフィスカジュアルコーデにおすすめのニットワンピースです。素材はウール100%。シンプルながらも存在感があり、1枚でサッと着るだけでサマになるため、忙しい朝にも頼りになります。

カラーはブラックとベージュの2色。ウエストベルトのあり、なしでもガラリと印象が変わり、さまざまな表情を楽しめます。ハイネックニットやワイドパンツと組み合わせてもおしゃれで、プライベートでも使いやすいアイテムです。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) 2WAYベルトツキワンピース

ストレッチ生地を採用したおすすめワンピースです。きちんと感のあるベルトデザインながら、ウエストゴムなので楽な着心地。前後2WAY仕様で、首周りの印象を変えて着こなせます。

シンプルなデザインで汎用性が高く、コーデのバリエーションが豊富なのも魅力。オフィスカジュアルの定番アイテムであるカーディガンやトレンチコートと組み合わせたスタイルもおしゃれに仕上がります。

エムケー ミッシェルクラン(MK MICHEL KLEIN) イージーケア 幾何柄ワンピース

大人っぽく、かつ華やかさも演出できるおすすめの1着です。総柄デザインながら、模様が細かく落ち着いたテイストなのでオフィスにも難なくマッチ。ウエスト切り替えのシルエットが美しく、ジャケットとの組み合わせもおしゃれに仕上がります。

シワになりにくい素材を採用しており、伸縮性が高いため着心地も良好。シンプルな無地ワンピースに加えてワードローブに揃えておけば、オフィスカジュアルコーデの幅がグッと広がります。

ザ ステーション ストア ユナイテッドアローズ(THE STATION STORE UNITED ARROWS LTD.) closet story コバナP BLT ミモレ ワンピース

レトロな花柄がキュートなミモレ丈ワンピースです。モノトーン調なので派手すぎず、落ち着いた印象。ウエストマークデザインできちんと感があり、上品なオフィスカジュアルコーデが叶います。カラーはクリームとライトブルーの2色展開です。

かしこまりすぎない前開きデザインなので、プライベートでも活躍。合わせるアイテム次第でオンオフ問わず使える便利な1着です。

シップス(SHIPS) バックサテンタックワンピース

フロントのタックデザインが際立つ、シンプルなワンピースです。上品なルックスに加えて、タックの位置にこだわることでスタイルアップ効果も期待できる1着に。カラーは着まわしやすいネイビーとベージュの2色です。

素材には美しい光沢とドレープ感が特徴のバックサテン生地を採用。柔らかな肌触りも魅力で、シワになりにくいため日々のケアも簡単です。同素材のジャケットと一緒に揃えればセットアップとして着用できます。

インディヴィ(INDIVI) ライトサテンビンテージマキシワンピース

微起毛のサテンピーチ素材を採用した、秋らしさ漂うワンピース。スタイリッシュなデザインが、美しい光沢のある生地の表情を際立たせます。また、裾が広がりすぎておらず、大人っぽい印象です。

カラーはキャメル・ライトブルー・ネイビーの3色。オフィスカジュアルコーデはもちろん、ちょっとしたお呼ばれにも使えるおすすめの1着です。

オフィスカジュアルにおすすめのワンピースの選び方

肌の露出を控えめに

By: amazon.co.jp

胸元が大きく開いたものやキャミソールタイプのものなど、肌の露出が多いワンピースはきちんと感に欠けるためオフィスカジュアルにはふさわしくありません。夏場でも、1枚で着るなら袖つきのアイテムを選ぶのがおすすめ。ノースリーブタイプを着たい場合は羽織物と組み合わせると安心です。

また、生地の透け感にも注意が必要。周りに不快感を与えないアイテム選びを心がけましょう。

スカートの丈はひざ丈かひざ下丈のものを

By: amazon.co.jp

スカートの丈もしっかりチェックしておきたいポイント。露出の多いミニ丈アイテムがふさわしくないのはもちろん、カジュアルな印象の強いマキシ丈のアイテムもビジネスの場では好まれないので注意しましょう。

オフィスカジュアルコーデに取り入れるなら、きちんと感を演出できるひざ丈かひざ下丈のものがおすすめ。上品な雰囲気で、かつ動きやすいものをチョイスしましょう。

カラーや柄は落ち着いたものを選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスカジュアルコーデはベーシックなカラー、デザインのアイテムをシンプルに着こなすのが基本。ビビッドカラーやアニマル柄など、主張の強いものを選ぶのは避けましょう。

色選びが不安な方は、黒・白・グレー・ネイビー・ベージュなどを選ぶと安心。優しいパステルカラーや、落ち着いた印象のくすみカラーもおすすめです。また、柄物にトライする場合は模様が細かく派手すぎないものを選びましょう。

素材はカジュアルすぎるデニムやスウェットを避けて

素材も着こなしの印象を左右する大きなポイントのひとつ。きちんと感や清潔感があるかどうかを基準にして選ぶと大きな失敗を避けられます。

例えば、デニムやスウェットなどはカジュアルすぎてきちんと感に欠けるため好ましくありません。また、シワが寄りやすい素材はだらしない印象を与えてしまう恐れがあるので避けた方が無難です。

ジャケットを合わせるとよりオフィス仕様に

By: rakuten.co.jp

ジャケットを合わせるコーディネートは、簡単にきちんと感を演出できるのでおすすめ。花柄や淡いピンクの甘めワンピースもジャケットを羽織ればグッと引き締まった印象になり、オフィス仕様の着こなしが叶います。

また、単調になりがちなワンピースコーデに変化を加えられるのも嬉しいポイント。1枚で着てサマになるかどうかはもちろん、ぜひジャケットとの相性も考慮しながら選んでみてください。