肩の力が抜けたこなれ感のあるコーディネートを叶えてくれるパーカーワンピは、ワードローブに1着は揃えておきたい定番アイテム。1枚でサラリと着こなしたシンプルなコーデから、レギンスやスキニーパンツと合わせたレイヤードコーデまで幅広く着まわせます。

そこで今回は、パーカーワンピのおすすめアイテムをピックアップ。着まわしの参考になるおしゃれなコーディネート例もご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

パーカーワンピの選び方

丈の長さをチェック

By: amazon.co.jp

パーカーワンピは種類が豊富で、丈の長さもアイテムによりさまざま。着こなしやすさやコーデの印象を大きく左右するポイントなので、しっかりチェックしましょう。

ミニ丈のパーカーワンピは、元気でスポーティな雰囲気が魅力。ただし、着方によっては子供っぽくなりやすいアイテムでもあるので、小物や靴で大人らしさを演出したり、ボトムスとレイヤードしたりと、おしゃれに着こなすには少し工夫が必要です。

対して、ミモレ丈やマキシ丈のパーカーワンピは、1枚でも落ち着いた印象で着こなせるため、スタイリングに自信がない方にもおすすめ。自然とトレンド感のあるシルエットに仕上がるのも嬉しいポイントです。

サイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

パーカーワンピは、リラックス感のあるゆるめシルエットのアイテムが人気。体型カバーができるのはもちろん、こなれ感を演出できるのが魅力です。なかでも、トレンド感のあるオーバーサイズのパーカーワンピは注目のアイテム。メンズアイテムを着ているようなダボッとしたシルエットが、逆に女性らしさを引き立ててくれます。

また、スポーティな着こなしを好む方なら、体のラインがキレイに出るタイトシルエットのものがおすすめ。パーカーワンピにありがちな部屋着感とは無縁のスタイリッシュなコーデが実現します。

季節に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

パーカーワンピを選ぶ際は、どの季節をメインに着用するのかを考えてチョイスすることが重要。例えば夏には、汗をしっかり逃してくれる素材で作られたノースリーブ・半袖アイテムがおすすめです。UV機能を備えたものだと、より安心して着用できます。

また、七分丈や長袖のアイテムなら、ロングシーズン着まわせるので便利。気温が低くなる秋冬も、アウターやレギンス・タイツを合わせればあたたかくコーディネートできます。素材は、コットン製のアイテムだとどの季節に着用しても違和感がなく、オールシーズン着まわしが可能です。

パーカーワンピのおすすめアイテム

チャンピオン(Champion) ショートスリーブスウェットワンピース

チャンピオン(Champion) ショートスリーブスウェットワンピース

スウェットパーカーの定番ブランド「チャンピオン」のおすすめアイテム。シンプルなデザインに、左袖のロゴが映えます。また、パーカーワンピでは珍しい、タイトシルエット×ミニ丈のデザインも注目ポイント。

1枚で着用すれば、活発でスポーティな雰囲気に。スキニーデニムやレギンスと合わせれば、クールな大人カジュアルスタイルが完成します。UV加工が施されており、外を歩きまわるアクティブな日にもぴったりのアイテムです。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) UVケアパーカーワンピSS

グローバルワーク(GLOBAL WORK) UVケアパーカーワンピSS
夏に嬉しい、UV機能付きのおすすめパーカーワンピです。首元にボタンがあり、ボタンを留めればカジュアルながらきちんと感のある雰囲気に。逆にボタンを開ければ、よりラフでリラックス感のある着こなしを楽しめます。

1枚でコーデがキマるマキシ丈のアイテムで、サッと外出したい時に対応できるのも大きなメリットです。カラーは汎用性の高い無地のブラック・ベージュに加え、夏らしいボーダー柄もラインナップ。リーズナブルなので、色違いで揃えるのもおすすめです。

アーバンリサーチアイテムズ(URBAN RESEARCH ITEMS) ショートスリーブパーカーワンピース

アーバンリサーチアイテムズ(URBAN RESEARCH ITEMS) ショートスリーブパーカーワンピース
人気セレクトショップ「アーバンリサーチ」のオンライン限定ブランド「アーバンリサーチアイテムズ」からリリースされている半袖のパーカーワンピ。どんなアイテムとも合わせやすいシンプルなデザインと、個性豊かな4色のカラーバリエーションが魅力です。

生地にはコットンとポリエステルの混紡素材を採用。コットンの通気性とポリエステルの速乾性を兼ね備えた生地は、夏にガシガシ着まわすのに最適です。夏の着こなしの軸となるアイテムとして、ぜひワードローブに加えてみてください。

アーバンリサーチアイテムズ(URBAN RESEARCH ITEMS) ワッフルパーカーワンピース

アーバンリサーチアイテムズ(URBAN RESEARCH ITEMS) ワッフルパーカーワンピース
凹凸のあるワッフル生地の質感が特徴のおすすめパーカーワンピです。ワッフル生地は立体感のある表情以外に、サラリとした着心地も魅力。肌に直接触れていてもベタつかず、汗ばむ季節も快適に過ごせます。

カラーは汎用性の高いブラック・グレー・グレージュのほか、優しい印象のラベンダーとミントがラインナップ。シンプルなデザインながら、折返しのある袖の作りや裾のスリットなど、シルエットに変化を生むディテールが詰め込まれているため、1枚でサラリと着ても様になります。

セカンド(s&nd) urake hoodie OP

セカンド(s&nd) urake hoodie OP
爽やかで、かつ落ち着きのあるブルーカラーが目を引くおしゃれなパーカーワンピです。裾はサイドに深めのスリットを入れて、足さばきのよい作りに。ワイドパンツなど、幅のあるボトムスも合わせやすくなっています。

そして、本アイテムの最大の魅力はディテールへのこだわりです。胸元には「&」、フードには星のワンポイントをあしらい、ちょっとしたアクセントに。やや辛口な印象を感じさせる裾部分のアイレットや、ヴィンテージ感のある首元のV字ガゼットもこだわりが感じられるポイントです。

フレッドペリー(FRED PERRY) スウェットパーカードレス

フレッドペリー(FRED PERRY) スウェットパーカードレス
パーカーワンピは子供っぽく見えそうで不安と感じている大人の女性におすすめの1着。ラフすぎないサイズ感とドレッシーなAラインシルエットで、1枚でサラリと着るだけで大人らしくまとまるアイテムに仕上がっています。

おすすめの着用時期は春と秋。コットン100%の生地はほどよく厚みがあり、伸縮性にも優れているので快適に着用できます。大人カジュアルスタイルの主役を張るアイテムとして、ぜひワードローブに加えてみてください。

フレームスレイカズン(frames RAY CASSIN) パーカーワンピース

フレームスレイカズン(frames RAY CASSIN) パーカーワンピース
夏コーデの幅をグッと広げてくれるおすすめアイテムです。合わせるアイテムを選ばないシンプルデザインとゆったりとしたビッグシルエットは、レイヤードコーデにぴったり。裾から柄物ワンピースをのぞかせたり、パンツを合わせたりと、さまざまなスタイリングが楽しめます。

生地はコットン100%で、ナチュラルな素材感が魅力。気負わずデイリーに着用できるアイテムとして重宝します。スニーカーやキャップなど、カジュアルなアイテムとは特に相性抜群です。

ロデオクラウンズワイドボウル(RODEO CROWNS WIDE BOWL) ニットラインパーカーワンピース

ロデオクラウンズワイドボウル(RODEO CROWNS WIDE BOWL) ニットラインパーカーワンピース
腰回りがキュッと絞られた、ややタイトなシルエットが印象的なパーカーワンピ。胸元のナンバーやサイドのニットラインなど、スポーティな雰囲気のデザインも魅力です。

カジュアルなテイストのアイテムながら、ブラウン・カーキ・ネイビー・オフホワイトと落ち着いたカラーが揃っているので、大人の女性でも違和感なく着用可能。1枚でコーディネートがキマるため、サッと出かけたい日にも重宝します。

ロペピクニック(ROPE’ PICNIC) WRANGLER×ROPE’ PICNIC パーカーワンピース

ロペピクニック(ROPE' PICNIC) WRANGLER×ROPE' PICNIC パーカーワンピース
フェミニンなアイテムが揃うファッションブランド「ロペピクニック」と、デニムの王道ブランド「ラングラー」のコラボにより生まれた注目のパーカーワンピ。大人の余裕を感じさせる、リラックス感のあるシルエットが魅力です。

胸ポケットにはラングラーのロゴを配置し、デザインのワンポイントに。裾には深めのスリットが入っていて足さばきがよく、歩きまわるアクティブな日にも重宝します。コーデの際はラフになりすぎないよう、靴やバッグにフェミニンなアイテムをチョイスするのがおすすめです。

セシルマクビー(CECIL McBEE) パーカーロングワンピース

セシルマクビー(CECIL McBEE) パーカーロングワンピース
大人スポーティコーデが1枚でキマる、優秀パーカーワンピ。スッキリとしたノースリーブデザインとIラインシルエット、そしてサイドのラインなど、スタイリッシュに見せる要素がギュッと詰め込まれています。

スニーカーやキャップなど、スポーティなアイテムとの相性は抜群。MA-1など、辛口デザインの上着と合わせてもクールに仕上がります。アクティブに動きまわる休日コーデにはもちろん、おしゃれとリラックス感を両立したい旅行にもぴったりのアイテムです。

センスオブプレイス(SENSE OF PLACE) ワッフルパーカーワンピース

センスオブプレイス(SENSE OF PLACE) ワッフルパーカーワンピース
肌触りのよいワッフル生地を採用したおすすめパーカーワンピ。深いV字の首元と、フロントに設けられた大きなポケットが特徴的なデザインです。

裾に深いスリットが入っているので、コーディネートの際はボトムスとレイヤードするのがおすすめ。スカート・パンツどちらにも合わせやすい丈感で、毎日の着まわしに重宝します。また、トレンド感のあるスタイリングを目指すなら、ニットレギンスとの組み合わせもおすすめです。

キューブシュガー(CUBE SUGAR) ミニウラケ BIG パーカーOP

キューブシュガー(CUBE SUGAR) ミニウラケ BIG パーカーOP
オーバーサイズ感のあるラフなシルエットが魅力の1着。裾にボリュームのあるAラインのパーカーワンピで、ワイドパンツなど幅のあるボトムスとの組み合わせも難なくキマリます。コットン100%で着心地がよいのも嬉しいポイントです。

足元にスニーカーを合わせれば、リラックス感のあるカジュアルスタイルが完成。また、あえてフェミニンにコーディネートしたい時は、腕まくりをしてヒール靴を合わせるのがおすすめです。

スーパーハッカ(SUPER HAKKA) シルケットミニ裏毛×ツイルMIXパーカーワンピース

スーパーハッカ(SUPER HAKKA) シルケットミニ裏毛×ツイルMIXパーカーワンピース
胸元に切り替えが入った、個性派デザインのおすすめパーカーワンピです。上部に使われているのは、薄手のミニ裏毛素材。心地よい肌触りと、高い伸縮性が魅力です。そして下部には、サラリとした質感が特徴のツイル素材を採用。暑い季節にも涼やかに着こなせる1着に仕上がっています。

丈はひざにかかる程度で、1枚で着るのはもちろん、ボトムスとレイヤードするのもおすすめ。おしゃれに差がつく新鮮な1着を、ぜひチェックしてみてください。

神戸レタス ロングスウェットパーカーワンピース 裏起毛

神戸レタス ロングスウェットパーカーワンピース 裏起毛
冬のちょっとしたお出かけに重宝する、裏起毛のパーカーワンピ。毛足の長い起毛素材はふわふわの肌触りで、保温性も抜群。フードのなかまでしっかり裏起毛仕様になっているのもポイントです。

トレンド感のあるロング丈のアイテムなので、シンプルに着こなすだけでおしゃれなコーデが完成。また、レギンスやタイツと合わせてコーディネートすれば、寒い季節もあたたかく、かつおしゃれに過ごせます。全5色とカラーバリエーション豊富で、思わず色違いで揃えたくなる優秀アイテムです。

パーカーワンピのおすすめコーデ

レギンス合わせで今っぽいバランスに

By: wear.jp

夏らしい爽やかさとリラックス感が魅力のおしゃれコーデです。ボーダー柄のパーカーワンピは1枚でサラリと着ても様になりますが、レギンスと合わせればグッとトレンド感のある装いに。抜け感のあるグレーカラーを選んでいる点もおしゃれです。

リネンのシャツをサッと羽織った軽やかなスタイリングもポイント。夏の日差しをシャットアウトしつつ、清涼感のあるコーデに仕上げています。

パーカーワンピ×プリーツスカートのレイヤードがおしゃれ

By: wear.jp

カジュアルな印象の強いパーカーワンピをフェミニンに着こなしたい時におすすめのスタイリングが、プリーツスカートとのレイヤード。特にスリットが入ったパーカーワンピなら、まるでセットアイテムかのような完成度の高いコーディネートが実現します。

全体のカラーはベージュ×ホワイトの淡めトーンで統一し、涼やかな印象に。ぼやけた印象にならないよう、足元には黒のスニーカーを合わせて引き締めポイントを作っています。

ミニ丈パーカーワンピはブーツと合わせてほどよく肌見せ

By: wear.jp

ピンクカラーのパーカーワンピを主役に組み立てた、大人かわいい秋コーデです。ひざ上の短め丈とショートブーツのバランスが絶妙で、ほどよい肌見せ具合に。かわいらしく、かつセクシーさもアピールしたいデートなどのシーンに最適な着こなしです。

子供っぽくならないよう、バッグ・ショートブーツは落ち着いた色味・デザインのアイテムをチョイス。甘さと大人らしさのバランスをぜひ参考にしてみてください。

マキシ丈パーカーワンピ×ショート丈アウターで好バランスに

By: wear.jp

マキシ丈パーカーワンピ×ショート丈ブルゾン×ダッドスニーカーという、カジュアルに振り切った辛口コーディネート。ホワイト×カーキのメリハリのあるカラーリングもおしゃれです。

そして、最も注目すべきは全体のバランス。マキシ丈のパーカーワンピは、小柄な方が着用すると「着られている」感が出てしまいがちですが、ショート丈ブルゾンのおかげでコーデの重心が上がり、好バランスにまとまっています。

スタイルアップ効果抜群のウエストマークコーデをお手本に

By: wear.jp

ゆるめシルエットのパーカーワンピは楽な着心地の一方で、着方によっては部屋着のように見えてしまうことも。そんな時は、ベルトでウエストマークするのがおすすめです。シルエットにメリハリが出て、都会的な着こなしが実現します。

足元には、人気が再燃しているバブーシュを合わせてトレンド感とこなれ感をプラス。パーカーワンピのコーデがいまいちキマらないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キメすぎない大人のスポーツミックスコーデ

By: wear.jp

カジュアルな印象の強いパーカーワンピを、大人らしく昇華させたお手本コーディネート。きちんと感のあるテーラードジャケットとパーカーワンピは一見ミスマッチなアイテム同士ですが、モノトーンでまとめれば違和感なく馴染みます。

かっちりしすぎた印象にならないよう、足元にはサボサンダルを合わせて抜け感を演出。また、ハンドバッグでさりげなく差し色を入れるなど、おしゃれに魅せる工夫が詰め込まれています。

意外性のある足元のスタイリングに注目

By: wear.jp

ゆったりとしたパーカーワンピに、デニムを合わせたカジュアルな春コーディネート。ウエストポーチを斜めがけして、スポーティな雰囲気も醸し出しています。

そんなラフな着こなしに、あえてフェミニン度満点のヒール靴を合わせているのが個性の出ているポイント。きれいなパープルのアクセントも効いています。一歩進んだひねりのあるコーディネートを目指す方は、ぜひトライしてみてください。