鳴き声を心配する必要がなく、散歩などの手間もかからないため人気が高まっているうさぎ。飼育の際にはケージなどの必需品のほかにも、うさぎが快適に過ごすためのアイテムを揃える必要があります。

そこで今回はおすすめのうさぎ用ハウスをご紹介。さまざまな種類があるので、自分の飼っているうさぎに合ったアイテムを探してみてください。

うさぎ用ハウスは必要?

うさぎは狭い場所を好む性質を持つ傾向があるため、うさぎ用のハウスを設置するのがおすすめ。ペットとして飼育されているうさぎの多くは土に穴を掘って暮らす「アナウサギ」を祖先に持ち、全身が隠れる穴を好む種も少なくありません。

ハウスに入らないうさぎもいますが、上に乗って遊んだり、かじり木のようなおもちゃとして遊んだりする場合があります。うさぎ用のハウスが必要かどうかは飼育するうさぎの性格によっても異なりますが、スペースが確保できるのであればぜひ設置を検討してみてください。

うさぎ用ハウスの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

うさぎ用ハウスを選ぶ際にはサイズの確認が重要。ケージの大きさに対してハウスが大きすぎた場合、トイレやエサ箱が入らなくなる可能性があります。

また、うさぎの大きさに対してハウスが小さすぎる場合には、うさぎが中に入りたくても入れず、スペースを圧迫する置物になってしまうため注意が必要。ケージとうさぎの大きさを測ったうえで、無理なく設置できるサイズの製品を選ぶようにしましょう。

ハウスの形状で選ぶ

By: mkgr.jp

うさぎ用ハウスにはトンネル型やドーム型、箱型などさまざまな形状があります。入口の数が異なったり、床板の有無などの違いもあるため、必ず用途に合わせた形状の製品を選ぶようにしましょう。

たとえば、トンネル型は身を隠せるだけでなく、くぐったりのぼったりして遊べるのが魅力。ドーム型なら周囲からの視線を遮って広々とくつろげます。

天井や底面を取り外してうさぎの様子を確認できるアイテムも人気。形状ごとに特性は異なるので、使い方や設置場所もあわせて確認してみてください。

素材で選ぶ

By: sanko-wild.com

うさぎの性格や用途に合った素材を選ぶのもポイント。うさぎ用ハウスには木製・チモシー製・ポリエステル製などさまざまな素材の製品があります。

木製なら隠れ家としての用途のほか、かじった際に歯の伸びすぎを予防できて便利。チモシーなどを素材としたハウスなら、誤って食べてしまっても食物繊維を摂取できるため安心です。

冬場に入って暖をとるために使いたいなら、ポリエステル製などの布を用いたアイテムがおすすめ。それぞれの素材で役割が異なるので、自分のうさぎに必要な機能を備えた製品を選びましょう。

うさぎ用ハウスのおすすめ

川井(KAWAI) フルハウス

天然木を採用した木製のうさぎ用ハウス。正面と側面の2方向に出入り口があり、身を隠せるだけでなく、トンネルのようにくぐって遊べるのが特徴です。

天井と底面には、取り外し可能なメッシュボードを採用。ます目は12×12mmで、うんちをしても通り抜ける広さなので、簡単にお手入れできるのも魅力です。

チモシーで編んだ「うさぎの座ぶとん」が付属しているのもポイント。冬場は床に敷いてあたたかさをキープできます。中に入ったり、上に乗ったり、本体をかじったりして遊べる使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

川井(KAWAI) 空中ハウス

ケージ内の空間を有効活用できるトンネルタイプのうさぎ用ハウス。ケージの側面や天面に金具で固定することにより、空中に設置できます。くぐったり、内部で伸びたりできるだけでなく、斜めに取り付ければスロープとしても活用可能です。

ます目12×12mmのスパイラルデザインが特徴。風通しがよく、中に入って遊ぶうさぎの姿を目視できます。また、素材には丈夫なスチールを採用。焼付塗装を施しているため、うさぎが噛んでしまっても塗装がはがれにくく、安心して使えます。

川井(KAWAI) わらっこ倶楽部 かまくらハウス

職人がひとつひとつ手作りしているかまくら状のうさぎ用ハウスです。独特の柔らかさと厚みのある編みが特徴。大量のチモシーをきつくねじりながらしっかりと編むことにより、高い耐久性を実現しています。

素材にこだわっているのも魅力。厳しく品質管理・収穫されたチモシーを新鮮なうちに熟成乾燥し、茶色くなった葉を1本1本取り除く手間をかけています。針金や糸類を使わないチモシー100%の製品なので、うさぎが食べてしまっても安心です。

中で転がってくつろいだり、掘って遊べたりとうさぎの特性にマッチしているのもポイント。うさぎが自由に楽しめるハウスを探している方におすすめです。

マルカン(MARUKAN) うさちゃんの2階でごはん

天然木でつくられたスロープ付きのうさぎ用ハウス。1階にうさぎが入ってくつろげるスペース、2階にはうさぎが食事する皿を設置できるスペースが設けられています。ハウスと餌場を同時に確保できるため、ケージ内の空間を有効に活用できるのが特徴です。

1階のハウス部分にコード穴が付いているのも魅力。ハウス下部にフラットヒーターを入れられるので、冬場の寒い時期も安心です。また、食事を2階で行うため、食器にフンが入りにくく、いつでも清潔さを保てます。

天然木製のためかじって歯の伸びすぎを予防したり、ストレス発散したりできるのもポイント。ハウスでくつろいだり、スロープをのぼって遊んだりと使い勝手に優れたおすすめの製品です。

マルカン(MARUKAN) チモシーのおうち

たれ耳としっぽを模した飾り付きでかわいいデザインのうさぎ用ハウス。ロップイヤーをイメージした形状で、中は広いドーム状に作られています。外からの視線をしっかりと遮れるため、うさぎが安心して過ごせる隠れ家として使えるのが魅力です。

針金や糸を使わず、天然素材のチモシーだけで作られているのが特徴。うさぎが噛んで食べてしまっても安心です。デザイン性に優れているので、うさぎの快適性を保ちつつ、ケージの中のインテリアにもこだわれます。

マルカン(MARUKAN) ほっとうさ暖 うさふわハウス

うさ耳としっぽがついたかわいいうさぎ用ハウス。蓄熱保温綿を使用しており、寒い冬場もあたたかさをキープできるのが特徴です。コード穴が設けられているので、必要に応じてヒーターも取り付けられます。

取り外し可能なマットも付属。マットや本体は手洗いに対応しているため、こまめに手入れをすれば清潔さを保てます。

本体サイズは約W240×D300×H220mmと大きめなので、大きいうさぎでも使いやすいのが魅力。冬場に使えるあたたかいハウスを探している方におすすめです。

三晃商会(SANKO) ラビットハウス

天然木製のシンプルなうさぎ用ハウス。サイズがW290×D220×H210mmと大きく、内部を広々と使えるため、くつろぎやすいのが特徴です。

底面に床がないのも魅力。ハウス内部をお手入れしやすく、清潔さをキープできます。また、うさぎがなかなかハウスから出てこないときもすぐに様子を確認できるので安心です。

前面上部は丸みがあり、溝も設けられているため、うさぎが簡単に上にのぼって遊べます。シンプルなウッドハウスを探している方におすすめです。

三晃商会(SANKO) テラコッタトンネル

1年を通して使える素焼き製のうさぎ用ハウス。吸湿性に優れており、夏場は素焼きの表面の冷感で快適に、冬場は巣材を詰め込んで蒸れずにあたたかく過ごせるのが特徴です。

形状はトンネル型を採用しており、隠れてくつろいだり、くぐって遊んだりできるのが魅力。頑丈なので、かじったり乗ったりしても壊れにくく、安心して使えます。水洗いも可能なため、清潔に使えるおすすめのモデルです。

ドギーマン(DoggyMan) うさぎのピョンピョンハウス

組み立てが簡単なダンボール製のうさぎ用ハウスです。軽量で扱いやすいため、気軽に取り入れられるのが特徴。くつろぐための部屋としてはもちろん、うさぎの寝室や遊び場としても活用できます。

うさぎの顔を模したかわいらしいデザインが魅力。側面の出入り口のほかに正面と側面に窓が開いているので、中にいるうさぎの様子を簡単に確認できます。

出入り口に取り付けるトンネルと、背面に取り付けられるころころボールが付属しているのもポイント。うさぎとコミュニケーションを取りながら一緒に遊べます。安い値段で購入できるため、本当にハウスが必要なのかを確認してみたい方にもおすすめです。

スドー(SUDO) ゆったりねぐら P-2622

ひとつひとつ丁寧に職人の手で編み上げられたうさぎ用ハウスです。素材にウォーターヒヤシンスを採用しているのが特徴。家畜の飼料として利用されているほか、アジアンテイストな家具の素材としても用いられている素材で、うさぎが噛んでしまっても安心です。

サイズは約275×285×195mmとややコンパクト。小型のうさぎならすっぽりと収まってくつろげる広さを確保できます。ハンドメイドのあたたかみを感じられるアイテムを探している方におすすめです。