外出先からでも自宅にいるペットの様子を確認できる「ペットカメラ」。ペットが危ないことをしていないかをリアルタイムで確認できるだけでなく、ペットと通話ができたり、ペットの動きを検知して行動を録画できたりとさまざまな機能を備えたモデルが販売されています。

今回は、ペットカメラのおすすめモデルをご紹介。選び方や便利な機能、おすすめのメーカーもあわせて解説するので、導入の際にはぜひ参考にしてみてください。

ペットカメラの選び方

カメラの性能をチェック

高画質なモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

留守番中のペットの様子をしっかりと見守りたい場合には、高画質なペットカメラを選ぶことが重要。画質の高いカメラならばペットの様子を鮮明に映し出せるため、姿だけでなく、今何をしているのかなどの細かい情報まで確認できます。

ペットカメラの画質を判断する際には「画素数」をチェックしましょう。画素数とは、撮影した画像データを記録する際に画像を構成しているひとつひとつのドット数のこと。画素数が多いと表示できる情報が多くなるため、ペットの様子を鮮明に記録できます。

ペットカメラにおいては、HD画質(1280×720)やフルHD画質(1920×1080)のモノがおすすめ。ただし、画質が高くなればなるほどデータ通信量も多くなってしまうので、データ容量が気になる場合には注意が必要です。

広角カメラなら広い範囲を撮影できる

By: amazon.co.jp

ペットがいる部屋全体の様子を確認したい場合には広角カメラがおすすめです。広角カメラは画角が広く、広範囲を撮影できるのが特徴。死角が少なく、ペットが動き回ってしまっても様子を確認しやすいので便利です。

広い範囲を映すための広角カメラを選ぶ際には、設置するための場所や部屋の広さも確認しておきましょう。撮影したい範囲が狭い場合には広角カメラを活かしきれないため、使用環境に適した画角の製品を選ぶことが大切です。

動体検知や自動追従機能があると便利

By: amazon.co.jp

室内でケージなどに囲わず自由に動き回れるようにしているペットの場合には、「動体検知機能」や「自動追尾機能」を搭載したペットカメラがおすすめ。ペットの動きに反応して撮影をするので、ペットがどう過ごしているかを確認しやすく、便利です。

動体検知機能は、画面内に動きがあった場合に検知する仕組みのこと。動きがあったときに通知を行うモデルもあり、ペットが危険なことをしていないか素早く確認したい方に適しています。

自動追尾機能は、動いているモノを自動で追尾する機能。首振り機能などを使ってペットの動きを追いながら撮影するため、広範囲の撮影を行えます。よく動き回るペットを飼っている場合も安心です。

暗視機能付きなら夜でも使える

By: amazon.co.jp

夜間に家を空ける場合や、帰宅が遅い時間になってしまうことが多い場合には暗視機能付きの製品がおすすめ。暗視機能付きのペットカメラならば、暗い場所でもペットの様子を確認できるので安心です。

暗視機能には、大きく分けて「暗視タイプ」と「赤外線タイプ」の2種類があります。暗視タイプはわずかな光を増幅させて撮影するタイプ。暗い場所でもカラー付きで映像を撮れます。

一方、赤外線タイプは完全な暗闇でもペットの様子を確認できるのが特徴。赤外線の強弱のみで対象を判別するため、色は2階調に限られます。使い方や予算感に合わせて選んでみてください。

設置場所に合ったサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

ペットカメラを購入する際には、設置スペースに適したサイズのモノを選ぶようにしましょう。棚の隙間など狭いスペースに設置する場合にはコンパクトなモデルがおすすめ。ただし、コンパクトなモデルは機能が限られる傾向があります。

設置スペースを広く取れるのであれば、給餌機能や通話機能など、多機能を備えたモデルが便利。用途と確保できるスペースの広さのバランスを考慮して、適切な製品を探してみてください。

音声を拾ったり呼びかけたりできるモデルも

By: shopjp.furbo.com

ペットとのコミュニケーションも楽しみたいならば、マイクやスピーカーを備えたモデルがおすすめ。離れた場所からでもスマホとカメラを通じてペットに声をかけられるので便利です。

また、映像を確認しながら話しかけられるため、ペットがいたずらをしているときにリアルタイムで叱ることも可能。不在時のいたずらに困っている方にも適しています。

自動で餌やおやつをあげられる機能

自宅を空けることが多い方には、自動給餌機能を備えたペットカメラがおすすめ。専用アプリを使用することで、決まった時間に餌を与えられます。食事の回数や時間をしっかり管理できて便利です。

また、任意のタイミングでおやつをあげられるモデルもあります。外出中でもペットとコミュニケーションを取ったり、ペットをカメラの前に呼んで様子を確認したりできるのが特徴。ペットカメラに警戒して姿を確認しにくいペットにも適しています。

温度センサー付きなら室温管理に役立つ

外出時もペットにとって快適な環境を整えたい場合には、温度センサーを搭載したモデルがおすすめ。温度センサー付きの製品ならば、離れた場所からでも室内の温度変化を確認できます。

設定した上限もしくは下限温度を超えたときに通知が来るため、季節の変わり目など、エアコンの温度設定が難しい時期も安心。スマートリモコンなどでエアコンを操作できるように設定しておけば、暑すぎたり寒すぎたりする場合もすぐに快適な環境を実現できます。

特に、温度管理が重要なペットを飼っている場合や、快適に過ごせる留守番環境を整えておきたい場合は、ぜひ検討してみてください。

ペットカメラのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪府に本社を置く日本の大手家電メーカー。白物家電をはじめ、多くの家電を製造しているのが特徴です。家庭用電化製品ではトップクラスのシェアを実現しており、多くのユーザーから選ばれています。

ペットカメラにおいては、自動追尾機能や首振り機能、行動の記録などの便利な機能を多数搭載。ペットのいたずら対策も行われています。扱いやすく高画質なモデルを探している方におすすめです。

TP-Link

By: amazon.co.jp

TP-Linkは1996年に設立された中国のネットワークデバイスメーカー。自社のみで完結できる製造ラインで、品質にこだわった開発を行っているのが特徴です。世界170か国以上で10億人を超えるユーザーに製品を提供しています。

ペットカメラにおいては、充実した機能を搭載。デザイン性にも優れており、インテリアの印象を崩さずに設置できるのが魅力です。コスパに優れたおしゃれなペットカメラを探している方におすすめです。

ペットカメラのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) HDペットカメラ KX-HDN215

多機能で使い勝手に優れたおすすめのモデル

外出先からでもペットの様子を確認しやすいペットカメラ。自動追尾機能や首振り機能を搭載しているのが特徴です。動作検知センサーと赤外線センサーの2種類のセンサーを備えているため、ペットの動きを簡単に確認できます。

ペットの特定の行動を記録できる「行動ログ」機能を搭載。食事場所やトイレ、水飲み場などを検知範囲に設定すれば、その周囲での行動だけを気軽に確認できます。さらに、日毎の行動回数も記録できるので、毎日の行動比較に便利です。

さらに、撮りためたペットの動画を手軽にスマホで楽しめる「一週間ダイジェスト」機能も採用。録画したデータからランダムにペットの動画をつなぎ合わせるため、さまざまなシーンを楽しめます。カメラとスマホとの双方向通話機能やナイトモード機能なども搭載。多機能で使い勝手に優れたおすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic ) HDペットカメラ KX-HDN205

外出先からでもカメラを自在に動かせる

フルHD画質200万画素のカメラを搭載したペットカメラ。首振り機能を搭載しており、外出先からでもカメラを上下左右に動かしてペットの様子を確認できるのが特徴です。左右約360°、上下約90°の広範囲を見渡せるため、よく動くペットの動きも確認できます。

自動追尾機能を搭載しているのも魅力。カメラが自動的にペットの動きを検出した方向を向くので、ペットの様子を確認しやすく便利です。さらに、外出モードの設定にも対応。自動追尾でとらえたペットの動きをmicroSDカードに録画できます。

録画したペットの動画は「おうちクラウドディーガ」に転送・保存が可能。外出先からスマホで確認したお気に入りの動画を転送しておけば、リビングのテレビでも楽しめます。ペットの見守りだけでなく行動の記録にも使えるおすすめのモデルです。

TP-Link パンチルト ネットワークWi-Fiカメラ Tapo C210

さまざまなニーズを満たせる高性能モデル

3MPの超高画質で細かな動きまで撮影できるペットカメラ。留守番中のペットの行動をしっかりと監視できます。マイクとスピーカーを内蔵しているため、アプリを通して画面越しの双方向通話が可能。ペットが危険なことや悪戯をした場合に声で注意ができます。

動作検知機能を備えているのが特徴。動きを検知するとアプリに通知が届くので、すぐに様子を確認できます。パンチルトにも対応。水平方向に360°、垂直方向に114°の首振りが可能で、動き回るペットの様子も確認できます。

最大256GBのmicroSDカードに対応しているのもポイント。約512時間分のデータを記録でき、お気に入りの映像を保存することもできます。ナイトビジョンモードも搭載しており、夜間の撮影にも対応。さまざまなニーズを満たせる高性能なおすすめモデルです。

塚本無線 みてるちゃん WTW-IPW108J2

360万画素の鮮明なフルHD映像を撮影できるペットカメラ。水平360°、垂直約90°の首振り機能に対応しているのが特徴です。自動追跡に対応しており、90°を約0.8秒で高速旋回するため、猫などの素早く動くペットにも対応できます。

動体検知から12秒間の映像を14日間保存できるのも魅力。Amazonの無料クラウドサーバーに映像を自動保存するため、万が一カメラが壊れてしまった場合も安心です。撮影した動画や写真はスマホにも保存できます。

多彩な機能を備えているのもポイント。双方向通話や暗視撮影、タイムラプス撮影なども行えます。また、Amazonアレクサにも対応。Wi-Fiで簡単に接続して使えるコスパに優れた人気モデルです。

ファーボ(Furbo) ドッグカメラ

留守番中の愛犬の様子を確認するのに適したペットカメラ。160°ワイドアングルの1080pフルHDカメラを搭載しているのが特徴です。4倍ズームや自動暗視にも対応しており、高画質な動画でペットの様子を確認できます。

高感度マイクと高性能スピーカーを搭載しているのも魅力。双方向通話でいつでも愛犬と話ができます。また、犬が吠えた際にはスマホに自動通知を送信。何が起こっているのか素早く確認できて便利です。

自動でおやつを与えられる機能も搭載。タップ一つでおやつが飛び出す仕様なので、どこからでも愛犬と遊べます。写真や動画の保存にも対応。さまざまな機能を搭載した、使い勝手のよいおすすめモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Qwatch TS-WRLP

留守番中のペットの様子を見守りやすいペットカメラ。動作検知・人感・音・気温・湿度の5つのセンサーを備えているのが特徴です。各センサーが自宅内の変化を検知するとスマホに通知が入るため、素早く状況の確認が可能。更に、センサー検知の前後あわせて15秒の映像を録画・保存もできます。

200万画素のフルHD画質に対応しているのも魅力。室内の様子を綺麗にはっきりと確認できます。また、高感度CMOSセンサーも搭載。薄暗い場所でもカラーで撮影できます。画質はスマホの通信環境に合わせて変更できるため、Wi-Fi環境のない場所でも安心です。

カメラとアプリを通した双方向通話にも対応。また、複数の視聴者にライブ配信ができる「YouTube Live」にも対応しており、さまざまな用途で使用できます。住居の形に合わせて置き場所や置き方も選べるおすすめのモデルです。

マルカン(MARUKAN) ペット用オートフィーダーカメラ付 CT-399

1日4回の給餌時間を設定できるペットカメラ付きの自動給餌器。1日最大約400g、1回約10gずつ設定できるのが特徴です。ペットを留守番させたまま旅行に行きたい場合や、急な予定で帰りが遅くなってしまうことが多い方でも安心して使えます。

マイクとスピーカーを内蔵しているのが魅力。アプリを通じてペットの様子を確認しながら、双方向通話も行えます。さらに、飼い主の声の録音にも対応。手が離せない状態でも、給餌のタイミングで声掛けを行えるので便利です。

カメラは120°の広角レンズを採用。広い範囲を見渡せます。大容量のフードタンクとフードの出すぎを防止する赤外線センサーも搭載。外出時でもペットの食事管理を行いたい方におすすめです。

ペットキューブ(Petcube) Petcube Bites PB913NVTD

アプリ経由でペットにおやつをあげられるペットカメラ。スマホを使った簡単操作で最大約1.8mまでスナックを弾き飛ばせるのが特徴です。外出先からでもペットにおやつを与えられるだけでなく、コミュニケーションを取って遊べます。

1080pのHD高画質画像と動画の撮影に対応。138°の広い視野でペットの様子を確認できます。更に、暗視カメラも搭載。暗い場所でも撮影できるので、帰宅が遅くなった場合も安心です。

2WAYオーディオを搭載しているのもポイント。双方向通話でペットと会話ができます。また、音声検知と動作検知機能も搭載。不審な動きがあった場合にはスマホに通知が届きます。Apple Watchや、知人間での画像共有などにも対応したおすすめのモデルです。

リッチェル(Richell) 見守りカメラ LOOK

スマホやタブレットにアプリをダウンロードして簡単に接続できるペットカメラ。インターネット環境のある場所であれば、手軽にペットの様子を確認できるのが特徴です。画面の上下反転に対応。天井に設置した場合でも見やすいように調節できます。

上下左右に首振りできるのが魅力。上下は100°、左右は360°の広範囲を見渡せます。更に、自動追尾機能も搭載。動きを検出した方向にカメラが自動的に動くため、ペットの動きを見逃したくない場合も安心です。

双方向通話にも対応。大きな音や動きを検出した際にスマホに通知を入れる機能も備えているため、いたずら対策にも役立ちます。ナイトビジョンモードや録音・再生機能も搭載。コンパクトボディで設置しやすいサイズながら、多機能を備えたおすすめモデルです。

エクストラン(Extrun) 移動式お留守番カメラ ilbo

部屋の中を移動させてペットの様子を確認できるペットカメラ。アプリ画面に表示されるカーソルキーで前進・後退・左右旋回を指示できるのが特徴です。固定式カメラとは異なり、気になる場所に移動できるため、ペットの居場所が固定されていない場合でも探して様子を見られます。

スピーカーとマイクを内蔵しているのも魅力。双方向音声通話ができるため、外出先からでもペットとコミュニケーションを取れます。

バッテリー方式で、連続走行時間は約2時間。電池残量はアプリを通して確認できます。ちょっとした外出の際にペットの様子を素早く確認できるモデルを探している方におすすめです。