アクアリウムを美しく彩る「水草」。水槽内のインテリアとしてはもちろん、水槽内の環境を整えるのにも役立つので、観賞魚を飼う場合には一緒に育てておきたいものです。しかし、水草には多くの種類があるため、どれを選んでよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの水草をご紹介。種類やレイアウトなど、探す際に基準にしたいポイントもあわせて解説するので、参考にしてみてください。

水草とは?

By: amazon.co.jp

水草とは、水中で育つ植物の総称。アクアリウムにおいては魚と一緒に育てることを前提とした植物のことをさします。水草は水槽内のインテリアとして外観をよくするだけでなく、水中環境を観賞魚が生活しやすいように整える重要な働きをするため、アクアリウムを楽しむ場合には用意しておくことがおすすめです。

水槽内に水草を設置すると、光合成をおこなって水槽内に酸素を供給したり、魚の排泄物を分解して養分にしたりと、水質浄化作用が期待できます。また、魚が卵を産み付ける場所としても使えるので、魚の繁殖を行いたい場合にもあると便利です。

飼育する魚の種によっては水草を餌とする場合もあります。水草によって育てやすさや性質は大きく異なるため、自分の作りたい水槽に適した水草を選ぶようにしましょう。

水草の選び方

水草の種類で選ぶ

By: rakuten.co.jp

水草にはさまざまな種類があるので、形状や原生地などを考慮して選びましょう。形としては根が水底についている「沈水植物」、葉が水面に浮かぶ「浮葉植物」、葉や茎が水面上に出ている「抽水植物」、植物体全体が水面や水面下に浮いている「浮水植物」などがあります。

原生地の異なる水草は生息できる水質が異なるため、注意が必要。水の硬度やpH値、光量や二酸化炭素添加量などを含めた相性のよいモノを選ぶようにしましょう。

また、販売されているときの水草が「水上葉」なのか「水中葉」なのかのチェックも重要。水上葉は陸上で増やされた水草なので、水中に植えた場合は適応するまでに時間がかかります。手間をかけずに水草を植え替えたい場合には水中葉のモノを選んでおくと安心です。

魚との相性で選ぶ

水草を選ぶ際には、水槽に入れる予定の魚との相性も重要。生体と水草の生息を揃えておくと、水質を細かく調節する必要がないため便利です。さまざまな環境に適応できる水草もありますが、初心者の場合にはまず生息地をチェックしてみてください。

魚の繁殖を目的として水草を植える場合には、産卵に適した種類を選ぶのがおすすめ。魚の種類によっても適切な水草は異なるので、事前に確認しておきましょう。

また、生体によっては水草を食べたり、引っこ抜いたりする場合もあります。食害対策には成長速度の速い水草、引っこ抜き対策には浮草を選択するなど、魚の性質に合った水草選びが必要です。

育成環境で選ぶ

By: amazon.co.jp

水草を選ぶ際には、水槽内が水草の育成環境に適しているかどうかも重要。ほとんどの水草は、陸地に生息する植物と同様、光合成や地面からの栄養補給などを行っています。水草の育成に必要な光量や二酸化炭素量、栄養分などは種類によって異なるため、必ずチェックしておきましょう。

育成に必要な条件が不足している場合には、水草が枯れてしまうので注意が必要。一方、供給過多の場合は一緒に育てている生体に悪影響が出たり、苔が発生して水草の生育を妨げたりする場合があります。水草を育てる際には、過不足のない適切な環境を整えることが大切です。

レイアウトに合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

水草を選ぶ際には、レイアウトの構成も同時に考えておくのがおすすめ。水草には、主に背の低い「前景水草」、中くらいの丈の「中景水草」、背の高い「後景水草」の3種類があります。水槽の手前から順に前景水草、中景水草、後景水草を配置すると美しいレイアウトを作れます。

また、水草の色合いを確認しておくのも重要。水草には緑をはじめ、赤や紫、黄緑などさまざまな色の種類があります。一色で揃えるのではなく、異なる色の水草を加えることでアクセントの利いたレイアウトを実現できるので、ぜひチェックしてみてください。

水草のおすすめ

チャーム(charm) マツモ

金魚藻とも呼ばれる、金魚やメダカの水槽に適した水草です。葉が多く、ふさふさとした印象のあるしっぽのような形状が特徴。高温から低温、低光量、CO2の添加がないなどの環境に適応できるため、さまざまな水槽に入れられます。

成長が速いのも魅力。生育に適した環境で育てた場合、爆発的な速度で育つこともあります。重なりすぎてしまう場合には、ほかの水草の生長を妨げる可能性もあるので、注意が必要です。

根を持たず、浮いた状態で育つことが多いのもポイント。茎を深く底床に差し込んだり、おもりをつけて沈めたりすることでレイアウトとして活用できます。柔らかい印象で、気泡を湛えた姿が美しいおすすめの水草です。

チャーム(charm) リシア

前景草として人気の高い水草です。気泡を多数つけたときの美しさが特徴。本来は浮草ですが丈が短いため、目の細かいリシア用のネットを活用して底面に敷き詰めるようなレイアウトにするのが一般的です。

稚魚や小エビが隠れられるような複雑さを持っているのも魅力。また、さまざまな水質に対応できるので、砂利やソイルなどを敷き詰めた水槽でも育てられます。成長が速いため適度なトリミングを要しますが、緑の絨毯のようなレイアウトを楽しみたい方におすすめです。

チャーム(charm) ヘアーグラス ショート

草原のようなレイアウトを楽しめる、前景に適した水草です。背丈およそ2cm、最大でも5cmほどの小ささが特徴。存在感を主張しすぎないため、自然なレイアウトを実現できます。

横に這うように成長し、地下茎で増えるのも魅力。成長スピードが速く、水槽内のレイアウトを早く完成させられます。伸びた葉っぱをバッサリとカットしても見た目が戻りやすいので、便利です。

また、長期間トリミングを行わなくても折り重なったり、苔が発生したりしにくいのもポイント。背が低いためライトなどで光量を確保する必要はありますが、育てやすいおすすめの水草です。

チャーム(charm) ウィローモス

流木や石に活着させてレイアウトする苔の一種。複雑な茂みで魚の隠れ家や産卵場所としても使える汎用性の高さが特徴です。落ち着いた色合いで、趣ある水景を作れます。

日本に自生している種類で、冬の低温に強いのも魅力。低光量かつ栄養に乏しい水槽内でも育つため、他の草の陰になる場所にも配置できます。枯れにくく強い種類で、水草の育成に不慣れな初心者でも安心して育てられるのでおすすめです。

チャーム(charm) キューバパールグラス

濃い緑色で、丸い葉に気泡をつける姿がかわいらしい水草。適した環境で育てると横に這うように増え、緑の絨毯のようなレイアウトを楽しめます。硬度が高い水を好み、水温も低めの方が適しています。

人気の前景草ですが、CO2の添加や強めの水草用ライトを複数必要とする点には注意が必要。追肥も必要なため、初心者が育成するにはやや難度が高めです。透明感のある水中葉のレイアウトを楽しみたい方におすすめです。

チャーム(charm) ブリクサ ショートリーフ

葉数が多く、前景のポイントとして活躍する水草。細長く柔らかい印象の葉を多数つけるのが特徴です。背の低い前景草のなかに植えるレイアウトが一般的ですが、まとめて植えればやわらかい緑の茂みを作れます。

育成には適度な光量とCO2の添加が必要。環境に馴染むまでに時間はかかるものの、一度馴染んでしまえば水質の変化による影響を受けにくく、環境の悪化にも対応できます。

成長に伴って葉数が増えるだけでなく、背丈が15cmを超える場合もあるのもポイント。植込みの際にスペースを広めにとっておくと植え直す手間が省けます。まとまった印象のある水槽を作りたい方におすすめです。

チャーム(charm) アヌビアスナナ

初心者でも育てやすい、前景から中景向きの水草。さまざまな水質や水温、低光量にも対応できる強靭さが特徴です。CO2や肥料を添加しなくても美しく育ち、枯れにくいため、水草の育成に不慣れな方でも安心して育てられます。

丸くしっかりとした葉も魅力。食害を受けにくく、水草を食べてしまう性質のある魚の水槽にも入れられます。

石や流木に着生する性質を持っており、立体的なレイアウトを楽しむことが可能。光に向かって成長する性質はないので、鑑賞に適した位置に配置できます。幅広い用途に使えるおすすめの水草です。

チャーム(charm) クリプトコリネ ウェンティー グリーン

ライトグリーンの葉を展開する中景向きの水草です。CO2の添加が不要で少ない光量でも育つのが特徴。光量の強さで葉の色が変化する性質がありますが、育成が簡単なため初心者にもおすすめです。

レイアウトとしては中景から後景に配置されることが多く、隙間を埋めるのに便利。陰性植物で、幅広い使い方が可能です。産地の違いや環境によっても多彩な一面を見られるので、光の加減などを調節して自分好みに育てたい方にも適しています。

チャーム(charm) ルドウィジア レペンス グリーン

ライトグリーンの色合いが美しい水草です。育成しやすく、幅広い水質に馴染めるのが特徴。光量は必要ですがCO2添加が不要で、さまざまな底砂に植えられます。節間から新芽や新根がよく出るため、簡単に数を増やせるのもポイントです。

卵型で葉脈のはっきりした葉が魅力。光量が多くなっても少し赤みが出る程度で明るい黄緑色をキープします。レイアウトとしては中景や後景に置かれることが多く、小型から大型まで幅広い水槽に対応できるおすすめの水草です。

チャーム(charm) バリスネリア スピラリス

テープ状で、半透明の鮮やかな緑が美しい水草。極端に酸性寄りでない限り幅広い環境に適応できるのが特徴です。CO2添加や明るい照明、肥料の添加が不要なため、初心者でも枯らしにくく、安心して育てられます。

成長が速く、次々に小株を増やすのもポイント。レイアウトの後景や両側面に植えこむことにより、素早く密生させられます。雌雄異株で美しい花を咲かせるのも魅力です。

背の高い水草なので定期的に伸びた葉をカットする必要がある点には注意。小型よりも大型の水槽に適しています。育てやすく美しい水草を探している方におすすめです。

チャーム(charm) アナカリス

オオカナダモや金魚藻とも呼ばれる、知名度の高い水草。透明感のある美しい緑色が特徴です。水上に白い花を咲かせる場合もあり、金魚やメダカのおやつだけでなくレイアウトにも適しています。

頑丈で育てやすいのも魅力。生体が入っていればCO2や肥料の添加も不要で、初心者でも簡単に育成できます。安価ながら成長が速く、繁殖力も強いため、数を増やしながら育てたい方におすすめです。

チャーム(charm) アマゾンチドメグサ

可愛らしい丸い葉を展開する水草です。成長が速く、浮かせておいても育つのが特徴。水中から直接栄養分を吸収する性質のため、水質改善効果や苔の発生を抑制する効果を期待できます。

葉が柔らかいのも魅力。エビなどの食害を受けやすいものの、強健で多少の食害は育成の妨げになりません。エビ用の餌として活用するのにも適しています。

バランスのよい環境下では大きく育ちますが、光が足りないと葉の下から溶ける場合もあるので注意が必要。初心者でも育てやすく、かわいらしい外観のため、水槽内のアクセントとしてもおすすめです。

チャーム(charm) ウォーターウィステリア

育成が簡単な定番の水草です。丈は40cm以上、葉1枚当たり10cmほどまで成長するのが特徴。大型で後景向きですが、こまめなトリミングを行うことで前景から中景にも使えます。

細長く分かれた鋭い葉の形が魅力。葉の密度も高く、入り乱れたような姿に育ちます。根張りがよいため、底床は厚めがおすすめ。成長が速く頑丈な種類なので、水草の育成に不慣れな初心者におすすめです。

チャーム(charm) カボンバ

金魚草としても知名度の高い、完全な沈水性の水草です。葉の各部分がそれぞれフォーク状に幾重にも分かれているのが特徴。ふさふさとしたボリューム感ある見た目で、金魚鉢などにも入れられます。

水質は弱酸性から弱アルカリ性までのpHに適応。多少の硬度も必要なため、大磯砂などの水槽に適しています。有茎草で、増えた部分を切り取って差し戻すことによる増殖が可能。水面近くまで育成していると小さい花が咲くこともある、かわいらしいおすすめの水草です。

チャーム(charm) スクリューバリスネリア

大磯砂での育成に適したビギナー向けの水草。半透明の深緑色で、ねじれのある見た目が特徴です。背が高すぎないため、中景から後景まで幅広く配置できます。

CO2の添加や強い照明を当てなくても育つのも魅力。育成環境が適切ならば増殖スピードも速く、初心者でも簡単に育てられます。アクセントとして活用できる外観ながら価格も手ごろなおすすめの水草です。

チャーム(charm) ハイグロフィラ ポリスペルマ

定番種として初心者から上級者まで幅広く人気を集める水草です。ライトグリーンの美しい葉を展開するのが特徴。育てやすく丈夫なので、グッピーなどの水槽にも適しています。

水草のなかでも成長が速いため、水槽立ち上げ初期の水草にもおすすめ。水中の養分を素早く吸収して苔を抑える効果が期待できます。また、底床バクテリアの繁殖も促進。水質を改善して魚の棲みやすい環境を作れるのでおすすめです。

チャーム(charm)ミクロソリウム セミナロー

幅広い水質に対応できる丈夫な水草。着生する性質を備えているのが特徴です。石や流木などに着生させることで趣のある自然な景観を作れます。また、成長が遅めなので、長く一定のレイアウトを保てるのも魅力です。

丈夫で育てやすいのもポイント。低光量に強く、CO2の添加が不要なため、幅広い用途に使えます。ただし、水温が高すぎると病気になって枯れる可能性があるので注意が必要。適度な手入れで長く楽しめるおすすめの水草です。

チャーム(charm) ルドウィジアsp.スーパーレッド

鮮やかに赤く染まる後景向きの水草です。大きくなりすぎず、斜めに成長していくのが特徴。水槽内のレイアウトにアクセントをつけたい場合などに便利です。2灯以上の環境ならば低光量下でも赤さをキープできます。

育成しやすい種ではあるものの、成長は遅め。CO2の添加は不要ですが、少量添加することにより育成を促進させられます。ポイント的な使い方から群生させるような使い方まで幅広いレイアウトを楽しめるおすすめの水草です。

チャーム(charm) グリーンロタラ

明るい緑の細い葉を展開する水草。トリミングに強く、成長も速いため、自分好みの形に整えられるのが特徴です。適した環境で育てれば成長が速いので、苔の影響も受けにくく、気軽に育てられます。

中性から弱酸性の水質に対応。肥料分が多く必要で、不足すると緑が薄くなったり、縮れたような形になったりするため注意が必要です。

光量を抑えると光に向かって真っすぐと伸びる性質を持っています。使い方によって前景・中景・後景のどこにでも使える万能なおすすめの水草です。

水草のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

水草のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。