学生だけでなく、社会人になっても使う機会が多い「ペンケース」。ボールペンやシャーペン、消しゴムなどの文房具はもちろん、印鑑やUSBメモリなどを収納する際も便利です。

そこで今回は、ペンケースのおすすめモデルをご紹介。最近は持ち運びだけでなく、据え置き用途で使えるアイテムも人気なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ペンケースの選び方

形状で選ぶ

卓上を広々使える「スタンドタイプ」

By: amazon.co.jp

ペンを持ち運ぶだけでなく、ペン立てとしても活用できるスタンドタイプのペンケースは、机の上が資料やノートなどで埋まりがちな方におすすめです。横幅を取ってしまいがちなペンケースを縦向きに置くことで、スペースを取らず机を広々と使えます。

また、自立するスタンドタイプのペンケースは頻繁に倒れる心配もなく、煩わしさもないため、仕事や勉強に集中できるのもポイント。汎用性を求めている方は、スタンドタイプのペンケースを選んでみてください。

開閉しやすい「がま口タイプ」

By: amazon.co.jp

がま口タイプのペンケースは、ワンタッチで開く使いやすさが特徴。開閉に手間がかからないため、筆記用具をサッと取り出せます。開口部が広く作られている製品が多く、どこに何があるのか見やすいのも魅力です。

また、おしゃれなデザインのアイテムが多いのもポイント。明治時代から日本人に愛され続けているがま口を活かした、和柄のデザインが人気です。機能性とデザイン性を両立したペンケースが欲しい方は、がま口タイプの製品をチェックしておきましょう。

中身を傷つけにくい「ロールタイプ」

たくさんのペンや文房具を持ち歩かない方は、決められた場所にペンを収納するロールタイプのペンケースがおすすめです。1本ずつペンを収納することで、傷がつきにくいメリットがあります。

また、クルクルと巻いてコンパクトに持ち運べるため、ビジネスバッグに入れても邪魔になりません。かさばりにくいスリムなペンケースを探している方は、ロールタイプの製品をチェックしてみましょう。

中身を確認しやすい「トレータイプ」

By: amazon.co.jp

トレータイプのペンケースは、口が大きく開いて中身がひと目で確認できるのが特徴。たくさんのペンや文房具を持ち運ぶ場合、どこに何が入っているのかすぐに分かると便利です。

使いたい文房具を素早く見つけられると、仕事や勉強中に手が止まってしまう心配がありません。修正液や付箋といった文房具をペンと合わせて持ち運びたい方や、複数種類の色ペンを常に持ち歩きたい方は、トレータイプのペンケースがおすすめです。

利用シーンで選ぶ

学校用なら大容量タイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

中学生や高校生は、ノートを取る際にペンの色を変えたり、ハサミや修正テープといったペン以外の文房具を使ったりすることが多いものです。たくさんの文房具を入れられる大容量のペンケースを選んでみましょう。

スリムタイプではなく、マチがしっかりとある大容量タイプを選ぶことで、たくさんの文房具をまとめて持ち運べます。また、内部に文房具を分けて入れられるポケットや仕切りが付いているペンケースを選べば、整理整頓する際も便利です。

職場用ならコンバクトタイプが便利

By: amazon.co.jp

職場の机ではパソコンや資料などを広げることが多く、大きいペンケースを置くと邪魔になりがちです。そこで、コンパクトサイズのペンケースを選んでみましょう。スリムなペンケースを選べば、必要最低限のペンをスマートに持ち運べます。

また、職場の雰囲気に合わせた落ち着いたデザインのペンケースを選ぶのもおすすめです。ビジネスシーンでの利用に合わせたシンプルデザインのペンケースが多数販売されているため、併せてチェックしてみましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ペンケースを選ぶ際に、チェックしておきたいのが素材。ペンケースにはさまざまな素材のモノがありますが、デニムや帆布、レザー、プラスチックなどは丈夫で長持ちするのでおすすめです。

鉛筆やペンなどの汚れが気になるなら、水拭きしやすいシリコンやビニール、プラスチック製のペンケースがおすすめ。いつでもキレイなペンケースを使えるので、モチベーションも上がります。

毎日目にするモノなので、デザインも重視しておきましょう。おもしろいデザインのモノが好きな方には、個性的なモノが多いシリコン製のペンケース、大人っぽい雰囲気が好きな方にはレザー製のペンケースがおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ペンケースによっては、利便性を向上するために収納力や形状以外にこだわって作られているモノもあります。例えば、バンドなどが付いたペンケースであれば、手帳やノートへの取り付けが可能。鞄から取り出して持ち運ぶ際に、ペンケースを落としてしまうリスクを軽減できます。

また、スマホスタンドになるペンケースならば、作業をしながら横目で動画を眺めたり、音楽を聴いたりできるのが魅力。動画で受けられる通信講座を利用している方の場合、ペンケースにスマートフォンを立てかけて講義を受けられるため、机を広く使えます。

ほかにも、さまざまな機能を備えたペンケースがラインナップされているので、購入前にぜひチェックしてみてください。

ペンケースのおすすめ|スタンドタイプ

コクヨ(KOKUYO) ネオクリッツフラット F-VBF160

厚さ約2cmのスリムな形状でフラットに持ち運べるペンケースです。ファスナーを開くと、底が正三角形の形に広がり、上半分を折り返してペンスタンドのように使用できます。コンパクトなのでバッグのすき間にすっきりと収まり、書類と重ねて持ち運ぶのにも便利。

内側には付箋などをしまえるポケットが2つ付いており、前ポケットには消しゴムを入れておくとすぐに取り出せます。コンパクトにもかかわらず、ペンが約15本収納できる大容量。たくさんの文房具を入れたい方におすすめです。

「ネオクリッツ」には、ほかにも「ラージサイズ」や「ミニ」など、豊富なシリーズ展開があります。興味がある方はチェックしてみてください。

ソニック(SONIC) スマ・スタ 立つペンケース FD-7041

カバーを開いて折り返すと磁石で本体にくっつき、安定してスタンドできるペンケースです。折り返し部分には文房具のほかにスマホも立てられるので、動画を見ながら勉強する通信講座を受講している方にもぴったり。

大容量のため、ハサミや修正テープなどの文房具のほか、印鑑やUSBメモリなどの事務用品までたくさん入れて持ち運べます。付属の小物ポケットは、細々したモノを整理するのに便利です。スタンドタイプは自立し場所を取らないので、机の上を広々と使えるのがポイント。

豊富なカラーバリエーションのなかから好みのモノが選べます。

ニッケン文具 ペンケース タテヨコ PLP1

タテ・ヨコ両方の向きで使用できるペンケースです。表面はスタンドタイプとして使用し、ペンが約15~20本収納できます。折り返し部分には便利なメッシュポケット付き。マグネットが内蔵されているので折り返し部分をしっかり固定し、中身をひと目で確認できます。

裏面はハサミや定規、メモ帳などの小物を収納するのに便利で、大きく開いてトレータイプとして使用可能です。片面にはメッシュポケット、片面には文房具を固定できるゴムベルトが付いているため、いろいろなモノがきれいに収まります。

ペンケースのほかにも、ケーブルやバッテリーを持ち運ぶモバイルポーチや化粧ポーチとしても使用でき、汎用性が高い製品。プレゼントにもおすすめです。

リヒトラブ(LIHIT LAB.) ALTNA スタンドペンケース A7759

フタを開いて上から押すと底面の飛び出た部分がへこみ、なかの文房具を押し出してスタンド型になるペンケースです。フタ部分にはバンドが付いており、消しゴムを見失わないように固定できます。

フタ部分に内蔵されたマグネットをスチール製のブックエンドやデスクの横などに貼り付けて使用することも可能。内側にクリップを付けて、クリップケースとして利用する方法もあります。

背面ループはバッグのなかから、ペンケースだけを取り出す際に活躍。シンプルなデザインと落ち着いたカラー展開は、ビジネスシーンにも最適です。

サンスター文具 デルデ スライドポーチ

ファスナーを開け、サイドのつまみを持って下にスライドさせると、なかのペンが出てくるタイプのペンケースです。ナチュラルな雰囲気のモノからガーリーでおしゃれなモノまで、豊富なカラー展開が魅力。自分らしい個性のあるペンケースを探している方におすすめです。

ペンが約35本も収納できる大容量。ハサミや定規、カッターなどをまとめて収納したい方や、各種カラーペンで色分けしてノートを取りたい学生にもぴったりの製品です。帆布素材の手触りがやさしく、ピンバッジなどでカスタマイズも楽しめます。

チャムス(CHUMS) エコシリンダーポーチ

アメリカのアウトドアブランドとして人気の「チャムス」のポーチです。ポップなカラーとかわいいデザインのバリエーションが豊富で、男女を問わずおすすめ。カジュアルな雰囲気なので、高校生や大学生など若い世代にも人気があります。

筒状で自立し、卓上でも邪魔になりません。ペットボトルをリサイクルしたエコな素材を使用しており、強度と耐久性に優れています。おしゃれなので、プレゼントにもおすすめです。

キングジム(KingJim) オクトタツ No.2566

吸着パッド付きで倒れにくさが特徴のスタンドタイプのペンケースです。底面に施された吸着パッドが机にぴったり密着し、内蔵されたバネが衝撃を軽減することで安定性を実現しています。

片手でも筆記用具が取り出しやすく、狭い机の端のほうに置いても安心して作業ができるのがポイント。キャップ上部は小物入れになっているので、消しゴムやクリップなど取り出しにくいモノを入れるのに便利です。

ツルツルな面だけでなく、木製机にもぴったり吸着するため、学校で使いたい学生にもおすすめです。

ペンケースのおすすめ|がま口タイプ

watona 帆布がま口 ペンケース

watonaの名前は“和とナチュラル”というコンセプトから付けられ、和素材とナチュラル素材の小物を製造するブランドです。本製品は日本製の帆布を使用した、がま口タイプのペンケース。

京都の職人によりひとつひとつ手作りされており、使うほどに手に馴染みます。がま口タイプはワンタッチで手間なく開き、筆記具をさっと取り出せるのがうれしいポイント。マチが広く、大きく開く作りになっているので、中身が見やすく欲しいモノがすぐに見つかります。

シンプルでどことなく上品なデザインがポイント。豊富なカラーバリエーションのなかから選べます。

ミドリデザインフィル ペンポーチ がま口 コットン ドット柄

大きく開いて中身が取り出しやすいがま口タイプのペンケースです。飽きのこないシンプルなデザインは幅広い年代の女性におすすめ。ドット柄はプリントではなく、兵庫県の「播州織」で表現されており、上品なかわいさが魅力です。

ボールペンやマーカー、修正テープやマスキングテープなどあらゆる文房具を詰め込める大容量がポイント。口が広いのでスムーズに取り出せ、勉強や仕事の効率も上がります。内側には小物収納にぴったりなポケットが2つ付いていて、メモや付箋の収納に便利。

コットン製は丈夫で長持ちするだけでなく、ナチュラルであたたかい雰囲気もおすすめです。

シャレールヤハタ(Cyalel Yahata) リバティ がま口ペンケース

ロンドンリバティ社のプリントを使用したペンケースです。表生地にはPVCラミネート加工が施されているので、汚れや水に強いのがポイント。汚れてもさっと拭き取ってきれいに保てます。

女性らしい花柄のプリントは華やかかつ上品。ツヤのあるゴールドの口金が高級感を演出します。プリントのバリエーションが多数あり、好みの雰囲気のモノを選択可能。ひとつひとつ手作りされた安心の日本製アイテムです。

AYANOKOJI がま口平ペンケース

京都のがま口専門店「AYANOKOJI」のペンケースです。スリムなタイプなのでバッグのなかでかさばらず、ノートやファイルと重ねてスマートに持ち運べます。薄型にもかかわらず、ペンが約15本収納できる優れもの。

丈夫で耐久性に優れた帆布素材で作られており、長年愛用できる製品です。カジュアルな和柄はどんなシーンにも馴染み、おしゃれに決まります。ひとつひとつ丁寧に京都の職人が作り上げた高品質なアイテムはプレゼントにも最適です。

マリメッコ(marimekko) ミニウニッコ がま口ポーチ

北欧雑貨で人気がある「マリメッコ」のがま口ポーチです。ウニッコと呼ばれるポピーの花をモチーフにしたデザインは、同ブランドの定番品。大胆でポップなデザインは、ひときわおしゃれで目を引きます。

細身の口金がエレガントで大人な雰囲気。大容量のため文房具だけでなく、コスメポーチやサングラスケースなど多用途で使用できます。

ペンケースのおすすめ|ロールタイプ

ステッドラー(STAEDTLER) 牛革製 レザーペンケース 900 LC

ドイツの世界的に有名な筆記具ブランド「ステッドラー」のペンケースです。クルクルと巻いてコンパクトに持ち運べるロールタイプ。やわらかくて高品質な牛革を使用しており、しなやかな手触りに加えて、経年変化による独特の風合いが楽しめます。

上品な質感と大人っぽいデザインは、ビジネス用のペンケースを探している方におすすめ。仕切りポケットで区切られているうえ、落下防止のフラップも付いているので機能性も良好です。キャメル・ブラック・ネイビーの3色展開で、どれもスタイリッシュに仕上がっています。

デルフォニックス(DELFONICS) ロールペンケース

人気のメモ帳「ロルバーン」で知られる、日本の文具ブランドが作るペンケースです。クルクルと巻いて、ホックで留めるロールタイプ。2つのホックが付いているので、中身の量に応じて紐の長さを調節できます。

内側は幅が異なる7つのポケットに区分けされ、文房具の大きさに合わせて細かく仕分けして整理整頓が可能。帆布素材で耐久性があり、手に馴染むやわらかい生地感がこだわりです。カラーバリエーションが豊富なため、お気に入りが見つかります。

パイロット(PILOT) ペンサンブル ロールペンケース PSR5-01

革素材の質感が高級感を醸し出すロールタイプのペンケースです。外側は牛革、内側は触り心地のよいピッグスウェードで作られています。太軸の筆記具も入れられるペンポケットが5つ付属。

基本的に1つのポケットに1本の筆記具を入れる作りになっているため、ペン同士がぶつかって傷つくのを防げます。高価な万年筆や大切なボールペンを持ち歩きたい方に最適です。

高価な製品のため、節目を祝うプレゼントとして贈るのにも向いています。

BLUE SINCERE 本革 ロールペンケース

やわらかい牛革を使用したロールタイプのペンケースです。ペンケースを巻いた状態のまま、ペンを取り出せる点が最大の特徴。頻繁に使うペンを一番端の専用ペンホルダーに挿しておくと、紐をほどくことなく上からペンを取り出せる構造になっています。

急いでいるときもさっとペンを取り出せるのでおすすめです。巻き付ける革紐の先端がほどけにくいデザインになっているため、バッグのなかで中身が散らばる心配もありません。表面にはシボ加工が施され、キズが目立ちにくいので長く愛用できます。

ペンが8〜10本入れられる収納力の高さも魅力のひとつ。落ち着いたデザインはビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

キングジム(KingJim) フリオ スタンドロールペンケース No.8401

丸めてコンパクトに持ち運べ、使うときは自立するロールタイプのペンケースです。カバー部分を折り曲げて内蔵されたマグネットで固定することで、自立する仕組みです。スタンドタイプのようにコンパクトに設置できるわけではありませんが、ディスプレイするように見やすくスタンドできるのがポイント。

1本ずつ収納することでペンが傷つきにくいというメリットもあります。それぞれのポケットの幅が異なるため、付箋やハサミなど大きめの文具も収納可能です。異素材のツートンカラーがポイントで、さりげなくおしゃれに携帯できます。

サキ ロールペンケース 和柄

渋くておしゃれな和柄が目を引くロールタイプのペンケースです。内部は3個のポケットに仕切られており、3つに折りたたむようにして巻くタイプ。約6本のペンをコンパクトにまとめて持ち運べるので、必要最低限の筆記具をスマートに持ち歩きたい方におすすめです。

持つ人の個性を引き出すレトロなデザインは、幅広い年代の方に向いています。日本製で丁寧に裁縫された綿素材のおすすめアイテムです。

ペンケースのおすすめ|トレータイプ

コクヨ(KOKUYO) ペンケース シーツー F-VBF122

四角い形状のペンケースのファスナーを開くと、大きく広がってトレータイプになるペンケースです。中身をひと目で確認できるので、目当てのモノをさっと取り出せます。消しゴムやシャープペンシルの芯など、小さいモノも見つけやすいので便利。

ファスナー部分がループ状になっているため、バッグのなかから取り出すときに重宝します。バッグに入らないときには持ち手に引っ掛けたり、手にぶら下げたりして持ち運ぶことも可能です。リーズナブルなので、トレータイプのペンケースを試してみたい方にもおすすめです。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース ウィズプラス F-VBF170

筆記具を手帳と一緒に持ち運びたい方に最適なトレータイプの製品です。背面に付いたゴムベルトを手帳にはさんで固定して持ち運べます。ゴムベルトには滑り止めが付いているので快適に持ち運べるうえに、スリムな形状のため見た目もスマートです。

卓上ではフラップが大きく開いてトレー状になります。内側にはメッシュポケットが付いているので、小物を仕分けるのに便利です。フロントポケットには約4本のペンを収納可能。頻繁に使うペンを挿しておくと、ペンケースを開くことなく素早く筆記具を手に取れます。4色のカラー展開があり、男女共におすすめです。

オロビアンコ(Orobianco) ペンケース トレータイプ ネイビー THV-MC06

イタリアのファッションブランド「オロビアンコ」のペンケース。オロビアンコパターンがデザインされたポリエステル素材の本体に、革素材の引き手の組み合わせがスタイリッシュです。

ファスナーを大きく開くと、トレータイプのペンケースとして使えるため、中身が見やすいのがポイントです。全開しても幅が約7.5cmとコンパクトに収まるので、卓上で邪魔になりません。デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

ノーマディック(NOMADIC) ペンケース pf-05

カーボンのようなマットなツヤが特徴のカーボニウム素材を使用したペンケースです。カバー部分にメッシュポケットがあるほか、メイン収納部が2つに分かれ、さらに消しゴム収納が付いているのが特徴。

メイン収納部分には3本分のペン入れと、そのほかの小物をざっくり収納できる部分があります。コンパクトサイズにもかかわらず、たっぷり収納できるのがポイント。スタイリッシュな見た目はスーツ姿との相性も良好です。

リヒトラブ(LIHIT LAB.) Bloomin トレーペンケースA7730

やわらかいシリコン製で手に馴染む、トレータイプのペンケースです。両端が絞られたバナナ型の形状がやさしいシルエットで、エレガントさを演出したい方向き。カラーバリエーションも多数あり、好みのモノが選べます。

ファスナーを全開するとフラットなペントレーとして使用できますが、ストッパー部分でファスナーを留めると、省スペースでも中身が見やすく保てるので便利です。ペン約7本が入るSサイズのほか、ペン12本ほどを収納できるLサイズもあります。

三菱鉛筆 アディダス ソフトペンケース ボックスタイプ 紺白 PT-1503 AI05N1

三菱鉛筆がアディダスとコラボして製造したペンケースです。カバーが上に開くタイプのため、深さのあるトレータイプとして使用できます。大容量なので、ハサミや修正テープ、付箋などたくさんの文房具を持ち運びたい方におすすめ。

カバーの内側にはメッシュポケットが付いているので、見つけにくい小物を別に入れておけるので便利です。

ペンケースのおすすめ|その他

ルイヴィトン( LOUIS VUITTON) ペンケース トゥルース・エリザベット モノグラム

有名ブランドの小物にこだわりたい方におすすめのペンケース。片面はヴィトンを象徴するモノグラムパターン、もう片面は色鮮やかなカラーで彩られています。ファスナーの引き手にもヴィトンのブランド名が刻まれており、非常にエレガントです。

牛革製で高級感があり、使うたびに革が馴染んで風合いが増します。必要な筆記具だけをすっきりコンパクトに持ち運ぶのに最適なサイズ。ビジネスシーンにもマッチし、男女を問わずおすすめです。

ポールスミス(Paul Smith) ブライトストライプトリム ペンケース

イギリスのファッションブランド「ポールスミス」のペンケースです。丈夫なレザーと洗練されたカラフルな色使いで人気があります。本製品にも繊細な肌目を持つ牛革が使用されているため、手触りがやわらかです。

フロントポケットを縁取るブライトストライプがワンポイントでおしゃれ。内側にもさりげなく、ブライトストライプからピックアップされた3色のラインがあしらわれています。薄型で書類やファイルと一緒に持ち運んでも邪魔にならずスマートなおすすめアイテムです。

ニキ(NICI) フィギュアポーチ Winter15 ユキウサギ

ドイツの有名ぬいぐるみメーカーが作る、動物型のかわいいポーチです。背中部分のファスナーが大きく開くので、ペンケースとして使用できます。くたっと寝そべる動物の姿が愛らしく人気の製品です。

見た目のかわいさから、小さい子供へのプレゼントにもぴったり。さまざまな動物のフィギュアが発売されているので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

ハイタイド(HIGHTIDE) ジェネラルパーパスケース ワイド ネーエ

ステーショナリー雑貨を中心に製造する福岡県のメーカーが作るペンケースです。「ネーエ」はシンプルなデザインと独特のカラー展開が特徴のオリジナルブランド。透明で中身が見えるので、使いたいモノがさっと取り出せます。

マチ付きのため、中身が少ないときはフラットに持ち運べ、たくさん入れたいときはマチを広げて容量を増やせます。内側にはポケットがあるので、メモやクリップなどの小物を収納可能です。リーズナブルな価格もうれしいポイント。色違いやサイズ違いで揃えて楽しめます。