大学生の日常に欠かせない「ペンケース」。最近は、ペン立てとしても使えるものや何10本もの筆記具を入れられるものなど、ペンケースの機能・仕様も多様化しています。

そこで今回は、大学生がペンケースを選ぶ際にこだわるべきポイントを解説。さらに、大学生におすすめのペンケースも厳選してご紹介します。自分にとって使いやすいペンケースを見つけて、勉強へのモチベーションを高めていきましょう。

大学生向けのペンケースの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ペンケース選びで最も重要なポイントは「容量」。どのくらいの筆記具を入れるのかによって、選ぶべきペンケースは異なります。また、筆記具のほかにハサミ・スティックのり・ホッチキスなどを入れる場合は、より容量の大きなペンケースを選ぶ必要があります。

容量の少ないペンケースは、スリムでシンプルなデザインのものが多く、重さも軽量なのが特徴です。一方、容量の大きいタイプは中身が見つけにくいのが難点。内部が仕切られているものやポケット付きのもの、口が大きく開くものなど、使いやすいよう工夫されているタイプがおすすめです。

素材で選ぶ

布製

By: amazon.co.jp

布製のペンケースは、ビニールやプラスチックのペンケースに比べて形を変えやすいのが特徴。筆記具が少なければペンケースも小さくでき、逆にたくさんのものをぎゅっと詰め込むことも可能です。

ペンケースは1日に何度もバッグから出し入れするものなので、帆布やデニム地のような丈夫な布や、縫製がしっかりしたものを選ぶのがおすすめ。水や汚れに強い加工が施されたものなら長く愛用できます。万が一布が破れても、繕えば再び使えるところも布製ペンケースの魅力です。

革製

By: amazon.co.jp

革製のペンケースは、比較的高価なものが多いですが、丈夫で長持ちするのが特徴。最初は固さがありますが、使い続けるうちに柔らかくなり味が出てくるので、長く愛用できます。シンプルなデザインのものが多いので、社会人になっても使用できます。

革ならではの高級感を気軽に楽しみたい方は、合成皮革やPUレザーのペンケースもおすすめです。使っているうちに劣化し、表面が剥がれ落ちてくる恐れがありますが、本革よりも安い価格で手に入れることができます。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ペンケースには、「箱型」「ポーチ型」「ロール型」「スタンド型」などさまざまな種類があります。箱型はフタを開くとトレーのように使え、中身が見えやすいのが特徴です。ポーチ型はスリムなタイプから大容量タイプまで多種多様。たくさんものを入れる場合は、内側が仕切られているものや、手帳のように左右に大きく開けるものがおすすめです。

ロール型のペンケースは、書道の筆巻きのように筆記具を巻いてスリムに持ち歩けるタイプ。スタイリッシュなデザインのものが多く、容量の調節がしやすいのもメリットです。スタンド型は、デスクの上で自立させられるのが特徴。口を開けて置くだけでペン立てになる使いやすさが人気です。

大学生向けペンケースのおすすめ

ソニック ペンケース FD-7041-LB

ソニック ペンケース FD-7041-LB

文房具をたっぷり入れられる、スタンド型ペンケース。筆記具のほかハサミ・定規・付せん・USBなどを入れて持ち歩きたい方におすすめです。本製品の特徴は、フタを開けるとペン立てのように自立させられるところ。使いたい筆記具をひと目で見つけられて便利です。講義中はもちろん、図書館やカフェで勉強する際にも重宝します。

開くと円柱形になり本物のペン立てのようなどっしりとした安定感があるので、出し入れする際に倒れる心配もありません。

フタ部分はマグネット内蔵のため、開けると本体にピタッと密着。スマホや消しゴムなどをちょい置きできる小物入れとしても使えます。持ち歩く筆記具が少ない場合は、イヤホンやポータブル充電器などを入れるのもおすすめ。軽くて丈夫なポリエステル素材です。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース ネオクリッツ F-VBF181-1

コクヨ(KOKUYO) ペンケース ネオクリッツ F-VBF181-1

約20本ものペンを収容できるスタンド型ペンケース「ネオクリッツ」。ケースの上下に両開きファスナーが付いているのがポイントです。ファスナーを全開して上半分を折り返すと、ペン立てとして使用可能。筆記具が取り出しやすいだけでなく、デスク上の省スペースにもなります。

内部には仕切りが付いているので、シャーペンの芯・付せん・消しゴムなどを入れておくのに便利です。また、ケースの上部をちょっとだけ開けて、使いたいペンをさっと取り出すことも可能。ファスナー部分は持ち手にもなります。サイズは約9×5.5×20cmで、キャップ付きの鉛筆や18cmの定規などを収容できる使い勝手のよい大きさです。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース F-VBF122-1

コクヨ(KOKUYO) ペンケース F-VBF122-1

高い人気を誇るコクヨのペンケース。ファスナーを開くと大きく広がり四角いトレー形状になるので、使いたい筆記具をスムーズに取り出せます。ペンや定規をたっぷり収容できるにも関わらず、ファスナーを閉じるとすっきりコンパクトに。ファスナー部分が取っ手になるので、持ち運びにも便利です。

家ではファスナーを全開したままペントレー代わりに使い、通学時はファスナーを閉じてペンケースとして持ち歩くといった使い方もおすすめ。ケースの素材にはプラスチックの芯材とポリエステルを使っているので、型崩れしにくく丈夫なのもポイントです。本体はスタイリッシュなツートンカラー。シンプルなデザインなので、社会人になってからも使えます。

ジップイット(zipit) モンスターペンケース ZP-ZTm-R/RD

ジップイット(zipit) モンスターペンケース ZP-ZTm-R/RD

ユニークなデザインが目を引く、ポーチ型のペンケースです。ジッパー部分がモンスターの歯になっており、筆記具が食べられてしまうような遊び心のあるデザインが魅力。容量はそれほど大きくないので、たくさん持ち歩かない方におすすめです。

本製品は構造も個性的。本体は1本のジッパーでできているので、ジッパーを開け続けていくと長いヒモ状になります。ペンケースとして使わないときは丸めてコンパクトに収納しておくことも可能です。

本体サイズは22×9×2cm。丈夫で軽いポリエステル素材を100%採用しています。汚れが気になる場合は洗濯機で洗えるのでいつでも清潔に使えるのもポイント。ひょうきんな表情のモンスターが勉強へのモチベーションをアップさせてくれるおすすめのペンケースです。

レガーレ(Legare) ペンケース LEGARE0821

レガーレ(Legare) ペンケース LEGARE0821

おしゃれ感漂う牛革製のロール型ペンケースです。人と違ったペンケースが欲しいという方におすすめ。革職人が1つ1つ丁寧に手作業で仕上げています。柔らかい革を使用しているので、購入時から使いやすく、スムーズに巻くことが可能です。

ペンケースを広げると20×29cm。3つのポケットが付いており、各ポケットに2~3本ずつのペンや定規などを収容できます。巻き上げたときのサイズは9.5×5.5cmとコンパクト。小さなバッグの中でも邪魔になりません。

一般的なペンケースと違って筆記具同士がぶつかり合うことがないので、高級なシャープペンや万年筆を収納するのにも最適です。革製ペンケースとしてはリーズナブルな価格も魅力。使い続けるほどに革製品ならではの味が出てくるおすすめのペンケースです。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース F-VBF165-4

コクヨ(KOKUYO) ペンケース F-VBF165-4

コクヨのスタンド型ペンケース。ペン立てとして使えて、携帯もしやすいなペンケースを探している方におすすめです。本体サイズは約9×2×17.5cmと小さめですが、ペンを約8本収容可能です。フラット形状なので、テキストやノートと重ねて持ってもかさばらず、バッグの中でも場所をとりません。

ファスナーを全開して上半分を折り返せば、ペン立てとして使えます。スペースを取らないので、講義中や自習室など限られた机の上でも邪魔になりにくいのが特徴。また、必要な筆記具が見つけやすく、取り出しやすいので、勉強やレポート作成などの作業もはかどります。

さらに、内側には小物の仕分けに便利なポケット付き。よく使う消しゴムなどを入れておけば、スムーズに取り出せます。素材は表面・内側ともに丈夫なポリエステル製。高級感あふれる金属ファスナーを採用したシックなデザインも魅力です。

リヒトラブ(Lihit lab.) ペンケース A7556-24

リヒトラブ(Lihit lab.) ペンケース A7556-24

リヒトラブの大容量ペンケース。ファスナーを開けると手帳のように開き、たくさんのものをページごとに整理することが可能。使いたい筆記具や小物が見つけやすいので便利です。

1・2面にはペンを差せるポケットがたっぷり付いています。ペンは約40本収容可能です。3面には深さのあるポケットが付いているので、メモ帳・ケーブル・イヤホンなどの収納に最適。4面には小物用ポケットが4つ付いているので、消しゴム・付せん・替え芯・ハサミ・のり・15cm定規といった小物類を整理して収容できます。

サイズは縦12×横20×厚さ9cm。システム手帳のような大きめのサイズですが、必要なものをまとめて入れられるので、通学時の持ちものが少なくて済みます。小銭入れや学生証などを入れておけば、忘れものが多い方も安心です。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース シェルブロ F-VBF190-2

コクヨ(KOKUYO) ペンケース シェルブロ F-VBF190-2

たくさんの筆記用具を収納できるポーチ型ペンケース。ファスナーを開けると、貝のように大きく口が開くシェル形状なので、使いたいものを見つけやすく素早く取り出せます。また、勉強が終わった後も筆記具をざっくり入れてフタをするだけと簡単な構造なのもポイント。整理整頓が苦手な方にもおすすめです。

ペンやマーカーなら約35本収容可能。フタ裏部分にはメッシュポケットが付いているので、付せん・USB・替え芯といった小物も収納できます。閉じたときのサイズは20×10×5.5cm。持ちやすく携帯に便利です。外側と内側のカラーが違うので、ペンケースを開けているときと閉じているときで異なる雰囲気を楽しめます。

ワトナ(watona) ペンケース

ワトナ(watona) ペンケース
スタイリッシュな「がま口」タイプのペンケース。京都の職人が、1点1点丁寧にハンドメイドで仕上げています。内寸は7.5×17cm。見た目以上にたっぷり入るので、ペン類・消しゴム・修正ペンなど、大学生に必要な筆記具をひと通り収納できます。

開口部はがばっと開くがま口タイプなので、中身が見やすく、出し入れもスムーズです。内側にはポケットがついており、替え芯・定規・消しゴムなどを入れられます。

表面の素材は、丈夫で摩擦に強い倉敷製8号帆布。裏地には、汚れが目立ちにくい黒色のナイロン100%を採用しています。カラーバリエーションが豊富なので、男女を問わずおすすめです。

キングジム(KingJim) ペンサム はさめるペンケース 2001オレ

キングジム(KingJim) ペンサム はさめるペンケース 2001オレ
必要最小限のペンだけを持ち歩きたい方におすすめの、スリムなペンケース。サイズは5.5×1.5×15cmで、ペンやマーカーを2本収容できます。

マグネットがついており、教科書や手帳に挟んで持ち歩くことが可能。スリムなのでバッグの中でも邪魔になることはありません。屋外での活動時やインターンシップのときには、ジャケットのポケットなどに入れて持ち運べます。素材は合成皮革なので、汚れ・傷・水濡れを気にせず使えるおすすめのペンケースです。