アイブロウペンシルは、眉毛のメイクに使用するコスメアイテム。気軽に使いやすい形状で、メイク初心者から上級者まで、幅広い方におすすめです。描き心地や質感が異なるアイテムが豊富に存在するため、どれを選べばよいのか困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アイブロウペンシルのおすすめ製品をプチプラとデパコスに分けて、ランキング形式でご紹介します。選び方も解説するので、参考にしてみてください。

アイブロウペンシルとは?

By: amazon.co.jp

アイブロウペンシルは、鉛筆やペンと似ている形をしたコスメアイテム。眉毛の足りない部分を描いたり、眉間の隙間を埋めたりするのに使用します。パウダーアイブロウと比べると、しっかりとしたラインを描きやすいのが特徴。毛量が少ない方や、眉尻が生えていない方におすすめのアイテムです。

また、アイブロウペンシルは、眉を描いて眉全体のフレームを整えるように使用するため、毛に色をつける眉マスカラとは異なります。

ペンシルタイプでアイブロウメイクを仕上げると、スッキリとした印象に仕上がるのがメリット。眉毛の形をきれいに見せやすいコスメアイテムです。

▼ほかのアイブロウアイテムについて詳しく知りたい方はこちら

アイブロウペンシルの選び方

タイプで選ぶ

手軽に使えて便利な「繰り出しタイプ」

By: imju.jp

繰り出しタイプのアイブロウは、手軽に使えて便利なアイテムです。削る手間がかからないため、メイクの時短ができるのがメリット。また、ペン先の形を自分で整える必要がない製品が多いので、メイク初心者にもおすすめです。

鉛筆削りを必要としないため、持ち運びやすいのもポイント。ポーチに1本入れておくと、場所を選ばずに使いやすいアイテムです。

削り方次第で眉メイクの雰囲気を変えられる「鉛筆タイプ」

By: shuuemura.jp

鉛筆タイプのアイブロウペンシルは、先端を自分で削って使用するコスメアイテム。眉毛の生えている量や書き足したい場所に合わせて、先端の形を自由自在に変えられます。

細くスッキリとしたラインを描きたいときは、先端を細く削ります。1本1本のラインが繊細に描きやすいのがメリットです。

反対に、太めに描きたいときは、先端にまるみを残して削ってみてください。眉の隙間や広い部分に素早く色をつけられます。なお、鉛筆タイプは、メイク専用の鉛筆削りを使用して整えるのが一般的です。

眉メイクを1本で完成させられる「デュアルタイプ」

By: amazon.co.jp

デュアルタイプのアイブロウペンシルは、眉メイクを1本で完成しやすいのが魅力です。ペンシル部分では、眉毛のラインを整えたり、眉尻などの足りない部分を書き足したりします。

反対側にブラシが付属しているアイテムは、描いたラインを自然にぼかせて便利。ぼかして仕上げると、アイブロウメイクが自然に馴染みやすいのがポイントです。

また、デュアルタイプのなかには、アイブロウパウダーがセットされているアイテムも存在します。足りない部分はペンシルで仕上げて、眉毛の隙間や眉頭にはパウダーを使用できるため、より自然な印象に仕上がるのが特徴です。

カラーは髪色や肌色に合わせるのがポイント

By: maison.kose.co.jp

アイブロウペンシルのカラーは、髪色や肌色に合わせるのがポイントです。ヘアカラーとアイブロウのカラーが合っていないと、全体的な印象にまとまりが出にくくなります。ヘアカラーに馴染みやすい色味のアイブロウペンシルを選ぶようにしてみてください。

黒髪や濃いブラウン、アッシュ系のヘアカラーの方には、グレーやアッシュ系ブラウンのものがおすすめ。レッド系やピンクのヘアカラーには、レッド系ブラウンのものがぴったりです。

明るいブラウン系のヘアカラーであれば、イエローベースのブラウン系のものを選んでみてください。金髪や非常に明るいブラウン系のヘアカラーには、ゴールド系のアイブロウペンシルがよく馴染みます。

芯の太さや形状など描きやすさをチェック

アイブロウペンシルを選ぶときは、芯の太さや形状など、描きやすさもチェックしてみてください。芯が太いアイテムは、広範囲にメイクしやすいのが魅力。眉毛の中央部分に使用しやすいタイプです。

一方で、細い芯の製品は、繊細なラインを描きやすいのが魅力。眉尻部分をスッキリと描いたり、足りない部分にピンポイントで描いたりしやすいアイテムです。

さらに、芯が硬いアイテムよりも、柔らかいものの方が、なめらかにスルスルと描きやすく便利。自分の眉毛の特徴に合わせて、芯の太さや形状などをチェックしてみましょう。

汗や擦れに強く落ちにくいものを選ぶ

By: rakuten.co.jp

アイブロウペンシルは、汗や擦れで落ちにくい製品を選ぶようにしてみてください。眉毛が生えている部分の皮ふは、汗をかいたり皮脂で崩れたりしやすいパーツです。そのため、水や汗、皮脂などに強いタイプを選ぶのがおすすめ。アイブロウを描いたあとも、メイクの仕上がりをキープしやすいのがメリットです。

アイブロウペンシルのなかには、水・汗・皮脂などに強い「ウォータープルーフ」タイプや、擦れに強い「スマッジプルーフ」、密着して湿気や汗に強い「ヒューミディティレジスタント」の製品なども存在します。

アイブロウペンシルのおすすめランキング|プチプラブランド

第1位 エテュセ(ettusais) アイエディション ブロウライナー

ペンシルとパウダーの特徴がひとつになった、濃淡2色セットのアイブロウペンシルです。繰り出し式なので、削る手間がかかりません。しずく型の芯は、当てる場所によって仕上がりを変えやすいのが魅力。角部分を使うと濃いアッシュカラーに、面部分を使うと淡いアッシュカラーで描けます。

本製品は、反対側にスクリューブラシがセットされているため、描いたアイブロウメイクを簡単にぼかしやすいのもメリットです。

ウォータープルーフ処方なので、汗、皮脂、こすれにも強いアイテム。アイブロウを描いたあとも、きれいな仕上がりをキープしやすいのがメリットです。

第2位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ブラシ付アイブロウ繰り出し

削る手間がかからない、繰り出しタイプのアイブロウペンシルです。細いラインも太いラインも自由自在に描きやすい、楕円型の芯が特徴。眉尻に使用したり眉の隙間を埋めたりと、自分好みの太さに調節して使いやすいのがメリットです。

ペンシルの反対側には、描いたアイブロウをぼかしやすいスクリューブラシが付属。眉毛の毛流れを整えるときにも使えます。

本製品は、アイブロウメイクが崩れやすい方におすすめ。水・汗・皮脂に強いウォータープルーフです。また、芯が柔らかい処方なので、力を入れずに描きやすいと謳われています。

第3位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ダブルブロークリエーター

アイブロウペンシルとパウダーがひとつになったコスメアイテムです。デュアルタイプなので、ペンシルで細いラインを描いたり、パウダーで眉の間を埋めたりしやすいのが魅力。眉頭から眉尻まで、1本で仕上げやすいと謳われています。

芯の形状は木の葉型。眉毛に当てる角度によって、ラインの太さが調節しやすいのがメリットです。眉毛の細さや眉毛の生え方に合わせて微調整できます。さらに、本製品のペンシルは繰り出し式。削る手間がかからないのも魅力のひとつです。

パウダーは軽い印象の自然な眉毛に仕上がるのがポイント。ペンとパウダーの両方を使ってアイブロウメイクを仕上げたい方におすすめです。

・レフィル(ペンシル)

・レフィル(パウダー)

・パウダー用チップ

・アイブロー用ホルダー

第4位 コーセー(KOSE) ヴィセ アイブロウペンシルS

人気のプチプラコスメブランド、ヴィセから販売されているアイブロウペンシル。細芯のアイブロウペンシルを探している方におすすめです。本製品は、ペン先が1.5mmの柔らかな細芯でできています。そのため、ラインがなめらかに描きやすいのがメリット。眉尻などの細かい部分も、繊細に描けます。

また、反対側には、スクリューブラシをセット。毛流れを整えたり、ぼかしたりできます。細いラインを描きたい方や、ナチュラルなアイブロウメイクを仕上げたい方におすすめです。

第5位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 超細芯アイブロウ

眉尻部分を繊細に描きたい方におすすめのアイブロウペンシルです。本製品は、1本1本を細く描きやすい、0.9mmの細芯が特徴。眉尻の毛が少ない方や、自然に毛流れを描きたい方に適しています。

水・汗・皮脂に強いウォータープルーフ処方なので、アイブロウメイクが長時間続きやすいのも魅力。メイクをしたあとに、汗をかいて崩れやすい方にぴったりです。力を入れなくてもしっかり描きやすい、美発色アイテムと謳われています。

第6位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク パーフェクトエアリーアイブロウ

人気のプチプラコスメブランド、キャンメイクから販売されているアイブロウペンシルです。繰り出し式で、削る手間がかからないのが魅力。安い価格設定ながら、ふんわりとした眉に仕上げやすいのが特徴です。

本製品は、パウダーを使用せずに、柔らかい印象の眉毛に仕上げやすいアイテム。楕円芯なので、太さの調節がしやすいのもメリットです。細いラインを描いたり、太いラインを描いたりできます。

また、メイク直し用のアイテムとしてもおすすめ。持ち運びしやすいスリムなサイズ感です。

第7位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク ファッションブロウ パウダーインペンシル N

きれいな仕上がりが長時間続きやすい、ウォータープルーフ処方のアイブロウペンシル。汗や水に強いため、アイブロウメイクが崩れやすい方におすすめです。

本製品は、三角芯のペンとブラシがセットされているデュアルタイプ。三角芯の最細部分は1mmなので、眉尻などの細いラインがきれいに描きやすいのがポイントです。また、面部分を使うと、眉頭や眉全体のメイクを素早く完成させられます。自分好みのメイクに仕上がりやすいアイテムです。

ふんわりとした眉毛に仕上がりやすいメイクアップ成分として、シリコン処理パウダー、シリコン未処理パウダー、カラーパウダーを配合。軽やかな印象のアイブロウメイクが叶います。

第8位 イミュ(imju) デジャヴュ パウダーペンシルアイブロウ ステイナチュラ

立体感があるナチュラルな眉毛に仕上げたい方におすすめのアイブロウペンシルです。本製品は、パウダーをペンシル形状に練り固めて作られているアイテム。描くときにパウダーがほぐれる処方のため、ふんわりとした印象に仕上がります。

また、3色のカラーパウダーをバランスよく調合しているのも魅力。1本で描いても、3色のカラーを使って仕上げたような立体的なアイブロウメイクに仕上がりやすいと謳われています。

繰り出し式タイプなので、削る手間がかからないのもポイントです。

第9位 常盤薬品工業 エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX

アイブロウペンシル・アイブロウパウダー・スクリューブラシがひとつになっている、便利なアイテム。特に、眉の毛量が多い方や、ぼかしたような質感のアイブロウメイクに仕上げたい方におすすめです。

楕円形のペンシルは、眉の隙間を埋めたり細いラインを描いたりしやすいのが魅力。眉尻部分の毛を足したいときにもぴったりです。パウダーを使用すれば、眉に立体感が出ます。ペンとパウダーの2種類を使い分けて、眉の濃淡がつけやすいのがメリットです。

豊富なカラー展開も魅力のひとつ。髪色に合わせて選びやすいバリエーションが存在します。

第10位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート アイブローペンシルN

削る手間がかからない、繰り出し式のアイブロウペンシルです。気軽に使いやすいため、メイク初心者におすすめのアイテム。力を入れずに自然な眉が描きやすいと謳われています。

本ペンシルの反対側には、ブラシが付属。眉の毛流れを整えたり、ぼかしたりできます。落ちにくくにじみにくいので、メイクを長時間キープしたいときにおすすめです。

第11位 カネボウ(KANEBO) ケイト ラスティングデザインアイブロウW スクエア

アイブロウペンシルとパウダーがセットされた、デュアルタイプのコスメアイテム。立体感のある自然な仕上がりを好む方におすすめです。

ペンシルの芯の形状は、スクエア型。角部分を使うとすっきりとエッジの効いたラインを描きやすいのが魅力です。パウダーはチップタイプ。ぼかしやすいので、眉毛の間を埋めたり、眉頭を自然に仕上げたりしやすいのがメリットです。

第12位 ちふれ(CHIFURE) アイブロー ペンシル くり出し式

安い価格設定が魅力のブランド、ちふれのアイブロウペンシルです。本アイテムは、手軽に使えて便利な繰り出し式。削る手間がかからないので、メイクの時短がしやすいアイテムです。

反対側には、スクリューブラシが付属。描いたラインをぼかせるため、ナチュラルな印象の眉毛に仕上げたい方におすすめです。

肌への密着感が高いラスティング処方を採用しているのもポイント。水や汗、皮脂にも強いので、きれいな仕上がりを長時間キープできます。アイブロウで描いても、すぐに取れてしまう方におすすめです。

第13位 クリオ(CLIO) キル ブロウ オート ハード ブロウ ペンシル

韓国コスメブランドから販売されている、アイブロウペンシルです。本製品には、スクリューブラシとシャープナーが付属。描いたラインをぼかしたり、芯の先端を細く削ったりしやすいアイテムです。

芯はハードタイプで、油分の多い眉毛から乾燥している眉毛まで、描きやすいフォーミュラと謳われています。豊富なカラーバリエーションが存在するので、髪色やメイクの好みに合わせて選びやすいのが魅力です。

第14位 エチュード(ETUDE) ドローイング アイブロウ ペンシル

なめらかな描き心地が特徴のアイブロウペンシルです。本製品は、ふんわりとしたナチュラルな眉毛に仕上げたい方におすすめのアイテム。硬すぎない三角形のペン先で、毛流れがナチュラルに描けます。

反対側にはスクリューブラシが付属しているので、描いたラインを馴染ませたりぼかしたりしやすいのがメリット。自分好みのアイブロウメイクに仕上げやすいのが魅力です。仕上がりが長続きしやすい、落ちにくいアイテムと謳われています。

第15位 コーセー(KOSE) ファシオ ペンシル&パウダー アイブロウ

ペンシルとパウダーが1本になったデュアルタイプのアイブロウペンシル。ペンシルとして使ったり、パウダーとして使用したりと、メイクに合わせて使い分けやすいのが特徴です。

本製品は、落ちにくい処方が魅力。ウォータープルーフ・皮脂プルーフ・タッチプルーフのため、汗・皮脂・こすれに強く、きれいな仕上がりをキープしやすいのがメリットです。

エモリエント成分として、5種のオーガニック植物抽出成分やスクワランが配合されています。

アイブロウペンシルのおすすめランキング|デパコスブランド

第1位 コーセー(KOSE) アディクション アイブロウ ペンシル

人気のデパコスブランド、アディクションから販売されている繰り出し式のアイブロウペンシル。手軽に使えて便利なので、メイク初心者にも使いやすいのが特徴です。

本製品の魅力は極細の芯。1本1本が繊細に描けるため、自然な印象の眉毛に仕上がりやすいのがメリットです。

ペンシルながら、パウダリーな感触で使いやすいのもポイント。眉になめらかに馴染みます。反対側には、ブラシが付属。簡単にぼかせるので、ナチュラルな仕上がりにしたいときにおすすめです。

・レフィル

・ホルダー

第2位 マック(M・A・C) アイブロウ スタイラー

細芯のアイブロウペンシルを探している方におすすめのアイテム。柔らかな芯が特徴で、眉毛1本1本をなめらかに描けます。繰り出し式なので、気軽に使用しやすいのもメリットです。

本製品は、汗や湿気、皮脂でも落ちにくい、ヒューミディティレジスタント・スウェットレジスタント処方。メイクが落ちやすい方や、長時間メイク直しができないときにおすすめです。

第3位 アクロ(ACRO) FIVEISM×THREE アイブロウスティック

パウダーのように柔らかなテクスチャーが特徴のアイブロウペンシルです。なめらかな質感でメイクがしやすいため、初心者にもおすすめのアイテム。テクニック不要で、簡単に描きやすいと謳われています。

ペンシルの形状はしずく型。太く描いたり細く描いたりしやすいので、描く部分に合わせて使い分けができます。眉が生えない部分や、眉の隙間を埋めたいときにも使いやすいアイテムです。繰り出し式なので、削る手間がかからないのもポイント。自宅でも外出先でも、気軽に使えます。

・レフィル

・ホルダー

第4位 日本ロレアル シュウ ウエムラ ハード フォーミュラ ハード9

人気のメイクアップブランドから販売されているアイブロウペンシルです。本製品は鉛筆タイプ。ペンシルの先を、自分好みの形に調節しやすいのがメリットです。

硬めの芯なので、なぎなたの形に削りやすいのが特徴。1本1本をしっかりと描きやすいため、細いラインを引きたいときに適しています。濃いめのメイクに仕上げたいときや、眉毛をはっきりと際立たせたいときにおすすめです。

第5位 エレガンス(Elegance) アイブロウ スリム

繰り出し式のアイブロウペンシルです。手軽に使えて便利なので、メイクを始めたばかりの方でも使いやすいのが魅力。特に、自然な印象のアイブロウメイクを仕上げたい方におすすめです。ペン先が細いので、足したい部分にピンポイントで描きやすいのが特徴です。

また、反対側にはブラシがセットされているため、ぼかしたり馴染ませたりがしやすいのもメリット。髪の毛のカラーに合わせて選びやすい色展開が存在します。

・レフィル

・ホルダー

第6位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) パーフェクトリー ディファインド ロングウェア ブロー ペンシル

眉メイクが崩れやすい方におすすめのアイブロウペンシルです。本製品は、ウォータープルーフ・ヒューミディティレジスタント・スウェットレジスタント処方。汗や水にも強いため、きれいな仕上がりを長時間キープしやすいのが魅力です。メイク直しができない日や、アイブロウをしっかりキープしたいシーンなどに適しています。

ペン先がなぎなた型なので、描きたい部分に合わせて使い分けやすいのもメリット。自分好みの眉が描きやすいと謳われています。繰り出し式で、削る手間がかからないのもポイントです。

第7位 シャネル(CHANEL) スティロ スルスィル ウォータープルーフ

人気のデパコスブランド、シャネルから販売されているアイブロウペンシルです。本製品は繰り出し式のダブルエンドタイプ。ペンシルの反対側には、ブラシがセットされています。スクリューブラシを使うと、眉の毛流れを整えたり、メイクをぼかしたりしやすいのがメリットです。

なぎなた型のペン先なので、当てる部分によってメイクの印象を変えられるのもポイント。ソフトに描いたり、しっかりと描いたりしやすいのが魅力です。水や汗にも強いウォータープルーフのため、長時間メイク直しができない方におすすめ。メイク後のきれいな仕上がりをキープしやすいアイテムです。

第8位 ポーラ(POLA) B.A カラーズ アイブロー ペンシル

なめらかな描き心地が魅力のアイブロウペンシルです。メイクの好みに合わせて使い分けしやすいアイテム。なぎなたの形をしているので、当てる部分でメイクの印象を調節できます。

角部分を使ってシャープなラインを描いたり、面全体を使って足りない部分を埋めたりしやすいのが魅力です。

反対側にはスクリューブラシが付属。描いたラインが自然にぼかせるのがメリットです。赤味のあるブラウンや、赤味のあるブラウンに炭色を加えたカラーなど、絶妙な色展開が存在します。

・レフィル

・ホルダー

第9位 クリニーク(CLINIQUE) アイブロウ クイック ライナー

手軽に使いやすい、繰り出し式のアイブロウペンシルです。アイブロウメイクが落ちやすい方におすすめのアイテム。汗や皮脂に強いウォーターレジスタントタイプなので、きれいなメイクをキープしやすいのが魅力です。

なめらかな質感のペンシルを採用しているのもポイント。極細芯なので、繊細なラインが描きやすいと謳われています。反対側にはブラシをセット。毛流れを整えたり、ラインをぼかしたりしやすいのがメリットです。カラーは好みに合わせて選びやすい、ブラウン系の6色が展開されています。

第10位 ディオール(Dior) ディオールショウ ブロウ スタイラー

人気デパコスブランド、ディオールから販売されている繰り出し式のアイブロウペンシルです。ペンシルのボディにもブランドのマークが描かれたデザインで、メイク中の気分も上がります。

また、極細のペンシルのため、描きたい部分にラインを引きやすいのが魅力。眉毛の細かい隙間を自然に埋めたり、形を整えたりしやすいのもメリットです。反対側にはスクリューブラシがついているので、描いたあとに眉毛をぼかして仕上げられます。

アイブロウペンシルの売れ筋ランキングをチェック

アイブロウペンシルのランキングをチェックしたい方はこちら。

アイブロウペンシルを使ったきれいな眉の描き方

アイブロウペンシルを使ってきれいな眉を描くには、眉毛の流れに沿って、足りない部分の毛を描き足すように仕上げてみてください。眉尻などの細いラインは、芯の角部分を使うときれいに仕上がります。

ペンシルの動かし方としては、眉頭から眉山に向かって描き足し、眉尻方向に向かって動かしましょう。毛流れと反対方向から描いてしまうと、ムラになったり色がのりにくくなったりするので注意が必要です。

また、眉頭や眉毛の隙間は、広い面の部分で馴染ませるようにぼかすのがおすすめ。パウダーが付属しているデュアルタイプは、パウダーで眉毛の隙間が埋めやすいため便利です。