ナチュラルな眉メイクができるリキッドアイブロウ。リキッドアイブロウはさまざまなメーカーから販売されており、それぞれ異なる特徴があるため、どれを購入すればよいか迷いがちです。

そこで今回は、おすすめのリキッドアイブロウをランキング形式でご紹介します。リキッドアイブロウの選び方や使い方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

リキッドアイブロウの選び方

筆先のタイプで選ぶ

1本1本丁寧に眉毛を描けるベーシックな「細筆タイプ」

By: amazon.co.jp

細筆タイプは、眉毛を1本1本描くようにして使うベーシックなリキッドアイブロウ。ナチュラルに仕上げたいときや、眉毛の形を微調整したいときに役立つタイプです。細筆タイプで眉尻をきれいに整えると、垢抜け眉に見せられます。

カラーバリエーションが多いため、眉メイクにこだわりたい方にもおすすめ。1本持っていると便利なアイテムです。

しっかりとした描き心地を得られる「フェルトタイプ」

By: amazon.co.jp

フェルトタイプは太めの芯でしっかりとした描き心地のタイプ。ペン先が安定しているため、リキッドアイブロウに慣れていない方でも使いやすいのが魅力です。アウトラインを描きたいときや、太い眉に仕上げたいときに役立ちます。

フェルトタイプのなかには、ペン先がフォークのように分かれているタイプもラインナップ。フォーク型のリキッドアイブロウなら、スピーディにナチュラルな眉に仕上げられます。

「デュアルタイプ」なら1本で眉メイクが完成

By: amazon.co.jp

リキッドアイブロウやアイブロウパウダー、アイブロウペンシルなどが1本になったデュアルタイプ。1本で本格的な眉メイクができるのが魅力です。コンパクトなので、外出先でのお直しにも役立ちます。

また、さまざまな眉メイク用のアイテムを買わずにすむため、メイク初心者の方にもおすすめ。なお、本体に備わっているアイテムの組み合わせはメーカーによって異なります。

カラーは髪色との相性がよいものを選ぶ

By: amazon.co.jp

自然な眉毛に仕上げるなら、髪色と相性のよいカラーを選ぶのがおすすめです。髪色と同系色で、少し明るめのカラーを選ぶと、髪と眉毛のバランスがよくなります。

黒髪の方は、黒よりもダークブラウンやアッシュ系のカラーがぴったり。ほどよく眉毛の存在感を抑えて、全体のバランスが整います。アイブロウパウダーを併用する場合は、濃いリキッドアイブロウを使ってグラデーションを作るのもおすすめです。

汗・皮脂・擦れに強く落ちにくいものを選ぼう

By: amazon.co.jp

眉毛のメイクはできる限り崩したくないものです。しかし、いつでもお直しができるとは限らないので、汗・皮脂・擦れに強い落ちにくいリキッドアイブロウを選んでみてください。

特にウォータープルーフタイプのリキッドアイブロウは、水や汗に強く、落ちにくいため便利。ウォータープルーフタイプを使えば、スポーツやレジャーもより一層楽しめます。

ティントタイプなら毎日の眉メイクの時短も可能

By: amazon.co.jp

ティントタイプのリキッドアイブロウは、ウォータープルーフタイプよりもさらに落ちにくいリキッドアイブロウです。長時間落ちないため、とにかく崩したくないときにも頼りになります。

夕方には眉がなくなってしまう方や、プールや海にいく方などにもおすすめ。キープできる期間は製品によって違うので、用途に合わせて選んでみてください。

リキッドアイブロウのおすすめランキング

第1位 フジコ(Fujiko) 書き足し眉ティントSV


フォークのようにペン先が4つに分かれた、人気のリキッドアイブロウ。ティントタイプのため汗・水・皮脂に強く、落ちにくいのが魅力です。消えかけた眉ティントを書き足したいときにも使えます。

ラインの濃淡をコントロールしやすいので、ナチュラルな眉メイクが簡単にできるのも特徴。コームのように眉毛の毛流れを整えることもできるため、ボリュームのある立体的な眉毛に仕上げられるリキッドアイブロウです。

第2位 常盤薬品工業 エクセル ロングラスティングアイブロウ


リキッドとパウダーがセットになった、デュアルタイプのリキッドアイブロウ。リキッドは極細の薄付きタイプなので、初心者の方でも使いやすいのが魅力です。パウダーはふんわりとナチュラルに仕上げられるにもかかわらず、しっかりと密着します。

スーパーウォータープルーフと謳われており、汗・皮脂・水ににじまず長時間落ちにくいのがポイント。カラーバリエーションは、ナチュラルブラウン・キャメルブラウン・グレイッシュブラウンが展開されています。

第3位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク 3wayスリムシェードライナー


リキッドアイブロウ・ふたえ強調・涙袋の影の3wayで使えるアイテム。激細筆で線が太くならないため、眉メイクを丁寧に仕上げたい方におすすめです。用途が豊富なので、1本持っているとメイクの幅が広がります。

ウォータープルーフかつスマッジプルーフで、汗・皮脂・こすれに強く、長時間落ちにくいのも魅力。カラーバリエーションは、ナチュラルブラウンとアッシュブラウンが展開されています。

第4位 コーセー(KOSE) アディクション アイブロウリキッド マイクロ

本物の眉毛のような繊細なラインを描ける、超極細の筆を採用した人気のリキッドアイブロウ。自眉が濃い人でも薄い人でも自然になじむように染料を配合しており、自眉に溶け込むような眉メイクができます。

カラーステイ成分が汗・皮脂・擦れに強い膜を作り、長時間落ちにくいロングラスティング処方。色のくすみや色落ちもしにくいリキッドアイブロウです。カラーは、シナモン・マロン・アーモンド・エスプレッソが展開されています。

第5位 資生堂(SHISEIDO) イプサ アイブロウリキッドライナー


シアーに発色するリキッドアイブロウ。影のように薄く発色するので、アウトラインを描いたり、眉の影を演出して立体感を出したりするときに便利です。ベージュブラウン・ブラウン・グレイのカラーを展開しています。

なお、本製品は、アイブロウペンシル・アイブロウマスカラとの3本セットで「クリエイティブ アイブロウ エレメンツ」としても販売されています。セットで使うことで、空気感のあるナチュラルな眉メイクができるのが魅力です。

第6位 エキップ(e`quipe) RMK Wアイブロウカラーズ


リキッドアイブロウとアイブロウマスカラが1つになったアイテム。リキッドアイブロウは平筆タイプで、眉毛と眉毛のすき間を埋めたり、1本1本描いたりできます。マスカラには小回りがきくブラシを採用しており、簡単に立体的な眉メイクができるのが魅力です。

カラーバリエーションが多いのもポイント。キャラメルゴールド・マロンブラウン・ゴールデンモーヴ・レッドブラウン・メープルブラウン・モーヴブラウンが展開されています。

第7位 カネボウ(KANEBO) ケイト デザイニングライナー


さまざまな用途に使える、多機能なリキッドアイブロウ。細い線も太い線も描きやすい細筆タイプのリキッドアイブロウで、眉毛・下まつ毛・髪の生え際などをナチュラルに描き足せます。色は、透け感のあるクリアブラウンです。

フィルムタイプなので、落ちにくくにじみにくいのも特徴。お湯でオフできるので、ノーメイクで眉毛だけ整えたいときにも役立ちます。

第8位 クオレ(CUORE) K-パレット ラスティングツーウェイアイブロウ リキッド


リキッドアイブロウとアイブロウパウダーがひとつになったアイテムです。リキッドアイブロウは濃淡の調節がしやすい、絶妙な薄付き発色。筆の断面が星形になっており、液含みがよいので、かすれにくいのが魅力です。

アイブロウパウダーには、眉のツヤ感を引き立てる艶めきパールを配合。高密着で粉飛びしにくいのも魅力です。毛流れをキープする効果もあり、軽やかな立体眉に仕上げられます。

第9位 ブレンドベリー(BLEND BERRY) ニュアンスオン 3Dアイブロウ


ニュアンスカラーを楽しめる、デュアルタイプのリキッドアイブロウ。リキッドとパウダーがひとつになっており、簡単に立体的な眉メイクができます。ふんわり眉もきりっと眉も自在に描けるのが魅力です。

リキッドもパウダーも薄付きなので、初心者の方におすすめ。カラーバリエーションは、クールな「グレー&ニュアンスオリーブ」、キュートとセクシーを両立した「ピンクブラウン&ニュアンスカシス」、ナチュラルな「オレンジブラウン&ニュアンスゴールド」のラインナップです。

第10位 リンメル(RIMMEL) ブロウ プロ マイクロ ペン


1本1本思うがままに描きやすい極細リキッドアイブロウ。0.2mmと細いペン先なので、眉毛のすき間を埋めたり、眉毛を描き足したりして、自眉のようなナチュラルな眉メイクができます。

ロングラスティング設計で、汗や擦れに強いのもポイント。透け感のあるみずみずしいテクスチャーで、初心者の方でも使いやすいリキッドアイブロウです。カラーは、ブロンドとハニーブラウンが展開されています。

第11位 コーセー(KOSE) エスプリーク W アイブロウ スタイラー リキッド&パウダー

By: maison.kose.co.jp

リキッド&パウダーにアイブロウブラシが付いた、3wayタイプのアイテム。リキッドはコシのある細筆で、繊細な眉メイクが描けます。絶妙な発色で失敗しにくいので、リキッドアイブロウになれていない方にもおすすめ。こすっても落ちにくいのもポイントです。

パウダーにはやわらかいチップを採用。スルスル描ける密着力の高いパウダーで、眉毛にふんわりとなじみます。毛流れを整えるブラシも付属。朝のメイクにもお直し用にも使えて、1本持っていると便利なアイテムです。

第12位 常盤薬品工業 サナ パワースタイル リキッドアイブロウスーパーウォータプルーフ


落ちにくい眉メイクがしたい方におすすめのリキッドアイブロウ。高密着ポリマー処方で、高い耐久性を実現しています。眉尻まで落ちにくいため、お直しをする時間が取れない方にもぴったりです。

細筆のフェルトタイプで、濃さも太さも自在に描きやすいのが魅力。また、保湿成分のカミツレ花エキスを配合しています。カラーバリエーションはナチュラルブラウン・モカブラウン・グレイッシュブラウンの3色展開です。

第13位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート ビューティーガイドアイブロー N


リキッドアイブロウとパウダーアイブロウがセットになった、2wayタイプのアイテム。薄く描けるリキッドとふんわりと描けるパウダーで、ナチュラルなグラデーション眉が叶います。

汗・皮脂・水に強いウォータープルーフタイプで、きれいな仕上がりが長時間持続するのも魅力。カラーは明るいブラウンと暗いブラウンの2色があるので、髪色に合わせて色を選んでみてください。

第14位 伊勢半 ヒロインメイク 影⾊シークレットアイライナー SPキープ


描き足し眉・ふたえ強調・涙袋の影など、さまざまな用途に使える便利なアイテム。カラーは、肌なじみのよい薄いピンクベージュです。

筆先0.1mmの極細かつ短めの筆なので、ブレにくくきれいなラインを描きやすいのが魅力。涙・汗・皮脂・こすれに強く、長時間落ちにくい処方ながら、お湯で簡単にオフできます。

第15位 ディーエイチシー(DHC) ティント リキッドアイブロー


ティントタイプのリキッドアイブロウ。色が定着しやすく、発色が長時間続きます。汗・水・皮脂・こすれにも強いので、スポーツをするときや、海やプールに行くときなどに活躍するアイテムです。

コシのある細筆を採用しており、思い通りの眉メイクができます。肌なじみのよいカラーがそろっているため、美しいナチュラルな仕上がりを求める方におすすめです。

リキッドアイブロウの使い方・描き方

By: rimmellondon.jp

リキッドアイブロウを使う際、まずは、毛量の少ない眉山から眉尻にかけて描いていきます。1本1本描き足すように描くと、ナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。

眉頭から眉山は、まずアイブロウパウダーでふんわりとラインを描いてみてください。その後、眉頭から眉山に向かってリキッドアイブロウで毛を1本1本描き足していくと、自然な毛流れを感じられる眉メイクができます。