ふんわりした眉に仕上がるアイブロウパウダー。アイブロウパウダーはさまざまなメーカーから販売されているので、選び方で迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイブロウパウダーのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントも解説するので、参考にしてみてください。
※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

アイブロウパウダーの選び方

種類で選ぶ

色を微調整できる「パレット」タイプは眉メイクにこだわりがある方におすすめ

By: amazon.co.jp

「パレット」タイプは、アイシャドウのようにプレストされたパウダーがケースの中にセットされているタイプ。チップやブラシにパウダーを取って、少しずつ眉に乗せていきます。

複数のカラーが入っていることが多く、濃淡や色味を微調整しながら使えるのもポイント。メイクの雰囲気や髪色などに合わせやすいので、眉メイクにこだわりのある方におすすめです。

アイブロウとしてだけでなく、ノーズシャドウやハイライトとして使えるものもあり、1つ持っていると重宝するアイテムです。

ラフに仕上がる「チップ」タイプは自眉が生えている方にぴったり

By: amazon.co.jp

チップとパウダーが一体化した「チップ」タイプは、マスカラのようにスティック型の容器に入っているのが特徴。キャップの内側に付いたチップで、直接眉に塗っていきます。

眉に色づけしながらふわっとした質感に仕上がるので、自眉が生えている方におすすめ。スリムな形状で持ち運びにも便利なため、外出先でのメイク直しにも重宝します。

1色だけ入っていることがほとんどなので、1本でグラデーションをつけるのは難しいのが懸念点ですが、キャップを外してサッと塗れる手軽さが魅力です。

「デュアル」タイプは1本で眉メイクを完成できる

By: etvos.com

「デュアル」タイプは、ペンシルとパウダーや、リキッドとパウダーなど、種類の異なるアイブロウがセットになっているのが特徴です。ペン型のスリムな形状で、製品によってはスクリューブラシが付いているタイプもあります。

ペンシルやリキッドで自眉が薄い部分を描き足したり、パウダーでふわっとぼかしたりと、目的に応じて使い分けられるのが大きな魅力。1本で眉メイクが完成するので、メイクアイテムをたくさん持ち歩きたくない方にもおすすめです。

黒髪やハイトーンなど髪色にあわせてカラーを選ぶ

By: threecosmetics.com

アイブロウパウダーのカラーは、髪色に合わせて選びましょう。髪と眉で違ったトーンや系統の色を使うと、ちぐはぐな印象になってしまいます。眉だけが目立ってしまうといった失敗を避けるには、髪色よりやや明るめのカラーを選ぶのがポイントです。

黒髪の方には、黒のほかにグレーなどもおすすめ。また、ダークブラウンなど少しだけ明るめの色を選ぶと、あか抜けた印象に仕上がります。

ハイトーンの髪色の方は、イエローブラウンなど明るい色を選んでみてください。暖色系の髪色ならレッド系やオレンジ系のブラウン、寒色系ならカーキなど、色味を合わせると統一感のある仕上がりになります。

摩擦や汗などに強く落ちにくいものを選ぶ

By: mimc.co.jp

アイブロウパウダーを選ぶときは、落ちにくさにも着目することが大切です。摩擦や汗などに強く、落ちにくいものを選びましょう。

メイク崩れしにくいものを選ぶなら、オイル成分が配合されてしっとりしたタイプや、粒子の細かいパウダーが配合されているものがおすすめ。肌に密着しやすく、摩擦などでも崩れにくくなります。

また、スポーツをする方や汗をかきやすい季節には、汗や水に強いウォータープルーフ処方のアイテムを選んでみてください。

アイブロウパウダーのおすすめブランド

セザンヌ化粧品(CEZANNE)

By: amazon.co.jp

セザンヌ化粧品はドラッグストアなどで手軽に購入できるコスメグッズを数多く販売しているブランドで、幅広い世代から愛用されています。高品質なメイクアイテムがプチプラ価格で手に入るため、メイク初心者でも使いやすいのが魅力です。

アイブロウパウダーは、複数のカラーや質感の異なるパウダーがセットになった、パレットタイプがそろっているのがポイント。メイク崩れしにくいウォータープルーフタイプもあります。

ケイト(KATE)

By: rakuten.co.jp

ケイトは、カネボウ化粧品が展開しているブランドです。クールな印象で高級感のあるメイクアイテムがプチプラ価格で手に入ります。ベースメイクからカラーメイクまで、トレンドを意識したアイテムがそろっているのがポイントです。

アイブロウパウダーは、パレットタイプだけでなく、ペンシルとパウダーがセットになったデュアルタイプも販売されています。特に、パレットタイプはカラーバリエーションが豊富なので、髪色やなりたいイメージに合わせて選びたい方にもおすすめです。

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

キャンメイクは、「かわいく、たのしく、輝きたい!」をコンセプトとしたメイクブランド。ドラッグストアのコスメコーナーでも目を引く、かわいいデザインのパッケージに入ったメイクアイテムが多数展開されています。

アイブロウアイテムのバリエーションも豊富で、リキッド・ペンシル・パウダーなど、さまざまなタイプがリーズナブルな価格で購入できるのが魅力。パレットタイプのほか、ペンシルとパウダーがセットになったデュアルタイプが販売されています。

コーセー(KOSE) ヴィセ

By: amazon.co.jp

ヴィセは、ドラッグストアのプチプラコスメとして定番のブランドです。リーズナブルな価格帯ながら、おしゃれでスタイリッシュなデザインのアイテムが多く、大人っぽさを求める10~20代の若い世代の女性を中心に人気を集めています。

アイブロウパウダーは、パレットタイプとデュアルタイプの2種類を展開。どちらのタイプにも保湿成分が配合されており、メイクしながら保湿ケアができるのも魅力です。パレットタイプは3色がセットになっています。

ルナソル(LUNASOL)

By: lunasol-official.com

ルナソルは、メイクアップアイテムのほかにスキンケアアイテムを展開しているデパコスブランドです。

見た目だけでなく、心も洗われるような気分に導く「浄化メイク」を提案しているのが特徴。肌なじみがよい色味のポイントメイクアイテムや、スキンケア感覚で使えるベースメイクなどを取りそろえています。

ルナソルのアイブロウパウダーは、5色がセットになったパレットタイプ。アイシャドウやアイライナーとしても使えるため、1つでアイメイクを完成できるのが魅力です。

アイブロウパウダーのおすすめ|プチプラ

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ノーズ&アイブロウパウダー

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ノーズ&アイブロウパウダー

ノーズシャドウに使えるカラーもセットされた、3色グラデーションのアイブロウパウダーです。眉の位置によって色を使い分けることで、ふんわりとした立体感のある眉を作れるのが魅力。ノーズシャドウとして使えば、彫りの深い目元を演出できます。

また、皮脂吸着パウダー配合により、メイク崩れしにくく、メイクの仕上がりが長持ちするのもメリット。ノーズシャドウ用とアイブロウ用で使い分けられるダブルエンドブラシ付きです。

ケイト(KATE) ラスティングデザインアイブロウW スクエア

ケイト(KATE) ラスティングデザインアイブロウW スクエア

ペンシルとパウダーが1本になったデュアルタイプのアイブロウパウダー。ペンシルでラインを引き、パウダーチップでぼかすことで、立体感のある自然な眉に仕上がります。

ペンシルはスクエア芯になっており、角やエッジを使って繊細なラインを描けるのがポイント。平行な面を使えば太いラインも描けます。スリムな形状ですが、持ち手部分は安定性があり、手ぶれしにくい設計です。

カラーバリエーションは、明るめからアッシュ系までトーンの異なるブラウン系の3色。さまざまな髪色の方におすすめです。

キャンメイク(CANMAKE) ミックスアイブロウカラー

キャンメイク(CANMAKE) ミックスアイブロウカラー

3色がセットになったパレットタイプのアイブロウパウダー。ピンクやパープルのカラーも入っており、トレンドのカラー眉メイクを楽しみたい方にもおすすめです。3色のカラーはブレンドしても使えるため、好みの色味に調節も可能。髪色やメイクの雰囲気に合わせて楽しめます。

肌に乗せると柔らかくなる、半固形状のテクスチャーなので、眉に密着しやすいのもポイント。仕上がりの美しさを長時間キープします。付属のブラシは、ノーズシャドウにも使えるブラシと、眉尻を描きやすい斜めカットブラシのダブルエンドタイプです。

コーセー(KOSE) ヴィセ アイブロウパウダー

コーセー(KOSE) ヴィセ アイブロウパウダー

3色のカラーがセットされたパレットタイプのアイブロウパウダーです。単色で使うのはもちろん、好きな色を組み合わせれば、立体感のある眉メイクが完成。ノーズシャドウやハイライトとしても使えるので、陰影のある目元を作りたい方にもおすすめです。

粉っぽさのないしっとりした質感で、眉毛にしっかり密着するのもポイント。伸びがよいのでムラなく均一に仕上がります。ブラシやミラーも付いているので、外出先でのメイク直しにも便利です。

また、保湿成分のヒアルロン酸とミネラルオイル配合により、メイクと同時に保湿ケアも叶います。

コーセー(KOSE) ファシオ リキッド&パウダー アイブロウ

コーセー(KOSE) ファシオ リキッド&パウダー アイブロウ

繊細なラインも描けるリキッドと、ふんわりぼかせるパウダーが1本になったアイブロウパウダー。ナチュラルで立体感のある眉が簡単に仕上がります。

リキッドにはコシのある平筆を採用しており、筆の向きによって細いラインも太いラインも自在に描けるのがポイント。カラーステイ成分やタッチプルーフ成分が配合され、汗や摩擦などでも落ちにくい処方です。

パウダーはオイルコーティングされており、くすみや色落ちしにくいのがメリット。エモリエント成分として、オーガニック植物抽出成分やスクワランも配合されています。

エテュセ(ettusais) エテュセ アイエディション ブロウライナー

エテュセ(ettusais) エテュセ アイエディション ブロウライナー

1つの芯に、ペンシルとパウダーがまとまったアイブロウパウダーです。しずく型の芯の角の部分は濃いアッシュカラー、面の部分は淡いアッシュカラーの2色になっているのがポイント。角を使って眉を描き足しながら、面の部分でぼかせます。

汗や皮脂、こすれに強いウォータープルーフ処方採用により、メイク崩れしにくいのもメリット。トリートメント成分としてスクワランも配合されています。スティックの反対側にはスクリューブラシがついており、仕上げのぼかしや毛流れを整える際に便利です。

常盤薬品工業 エクセル カラーエディットパウダーブロウ

常盤薬品工業 エクセル カラーエディットパウダーブロウ

髪色に合ったカラーを選びたい方におすすめのアイブロウパウダー。トレンド感のあるカラーもそろっているので、ヘアカラーを楽しんでいる方にもぴったりです。

濃淡の異なる4色がセットされており、単色で使ったり組み合わせたりしながら、自分だけのカラーを楽しめるのが魅力。ノーズシャドウとしても使えます。

濃い色ほど密着力が高く、落ちにくい処方になっているので、メイク崩れしやすい眉尻部分もしっかりキープ。パンテノールやスクワランなどの保湿成分配合により、眉をすこやかに保ちます。

資生堂(SHISEIDO) グレイシイ チップオン パウダーアイブロウ

資生堂(SHISEIDO) グレイシイ チップオン パウダーアイブロウ

ふわりとした自然な眉が簡単に作れる、チップタイプのアイブロウパウダー。伸び広がりやすい板状粉末と、軽い仕上がりになる球状粉末の2種類を配合した、ルース状のパウダーになっています。

パウダーが眉毛や地肌に絡んで密着することにより、メイク崩れしにくいのが魅力。ウォータープルーフ処方に加えてスマッジプルーフ処方も採用しており、メイクしたての美しさを1日中キープします。

また、先端が丸いチップは適度な毛足の長さがあり、パウダーをぼかしやすいのが特徴。ラインも自在に描けます。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルデザイニングアイブロウ

エトヴォス(ETVOS) ミネラルデザイニングアイブロウ

1本で、ペンシル・パウダー・ブラシの3役をこなす3in1タイプのアイブロウパウダー。これだけで、くっきりした太眉も、ふわりとしたやさしい印象の眉も思い通りに描けます。

ペンシルの芯は楕円形になっており、眉頭から眉尻までスムーズな描き心地。肌当たりがソフトで、肌への負担がかかりにくいのもポイントです。パウダーは発色がよく、ペンシルで描いたあとに馴染ませると、ナチュラルで抜け感のある眉に仕上がります。

また、整肌成分のグリチルレチン酸ステアリルや、保湿成分のリピジュアを配合しており、肌の乾燥を防げるのも魅力です。

アンドビー(&be) パレットアイブロウ

アンドビー(&be) パレットアイブロウ

ワックスカラー・メインカラー・ニュアンスカラーの3色がセットになった、アイブロウパウダー。自然な立体感のあるグラデーション眉が手軽に描けます。

淡い色のワックスカラーは水に強く、下地として使うことで、汗や水でも崩れにくくなるのがポイント。発色のよいメインカラーと彩度の高いニュアンスカラーを重ねるだけで、大人向けのカラー眉メイクが仕上がります。

肌にやさしい処方にもこだわっており、合成着色料や紫外線吸収剤、エタノールなどは配合されておりません。また、広い部分や細い部分を塗り分けられる、斜めカットのダブルエンドブラシが付いています。

オルビス(ORBIS) ブレンドアイブローコンパクト

オルビス(ORBIS) ブレンドアイブローコンパクト

黒髪から明るめの茶色まで、さまざまな髪色の方におすすめのアイブロウパウダー。肌なじみのよい3色のパウダーがセットされており、髪色やなりたいイメージに合わせて自在にブレンドして使えます。

なめらかな塗り心地のパウダーが、溶け込むように肌に密着。ナチュラルで立体感のある眉に仕上がります。保湿成分が配合されているため、目元のうるおいを保ちながらメイクしたい方にもおすすめです。

汗や皮脂をはじく「ダブルロックパウダー」配合により、ふんわりした仕上がりを崩さず長時間キープ。目尻を整えやすい斜めカットブラシと、全体になじませやすい丸みのあるブラシ付きです。

常盤薬品工業 ニューボーン チップパウダーアイブロウ EX

常盤薬品工業 ニューボーン チップパウダーアイブロウ EX

細いラインもふんわりした質感も、1つで完成できるチップタイプのアイブロウパウダー。丸みのあるチップを立てて描いたり寝かせて描いたりすることで、ふんわりとした自然な眉が描けます。

密着力の高いパウダーに、ファイバーが配合されているのがポイント。サッとひと塗りするだけで薄さをカバーし、自然にボリュームアップした眉に仕上がるため、自眉が薄い方やまばらな方にもおすすめです。

ウォータープルーフ機能とスマッジプルーフ機能がついており、美しく仕上がった眉が長時間続きます。また、パンテノールやカミツレ花エキスなどの保湿成分配合により、眉毛や肌をいたわりながらメイクできるのも魅力です。

アイブロウパウダーのおすすめ|デパコス

ルナソル(LUNASOL) スタイリングアイゾーンコンパクト

ルナソル(LUNASOL) スタイリングアイゾーンコンパクト

手軽にグラデーション眉を作りたい方におすすめのアイブロウパウダー。1つのパレットに、ベージュからダークブラウンまで濃淡の異なるカラーがセットになっています。

アイシャドウやアイライナーとしても使えるため、1つで目元のメイクが完成するのも魅力。メイクアイテムをコンパクトにまとめたい方にもぴったりです。

ノーズシャドウとして使って、外国人風の堀の深さを演出することも可能。単色で使ったり、色をブレンドしたりと、髪色やなりたい雰囲気に合わせて楽しんでみてください。

アールエムケー(RMK) パウダーアイブロウ N

アールエムケー(RMK) パウダーアイブロウ N

濃淡の異なるブラウン系の2色のカラーにグレー系が加わった、3色セットのアイブロウパウダー。3色を自由にブレンドして使えるため、その日の気分やメイクに合わせて仕上がりの印象を変えられます。

使いやすいブラウン系のグラデーションなので、髪色のトーンに合った色に調節することも可能。肌にしっかり密着して、メイク崩れしにくいのもポイントです。

また、先端のカットが異なるダブルエンドブラシが付いており、眉頭のぼかしや眉尻のラインなど、パーツごとに使い分けできます。

イプサ(IPSA) アイブロウ クリエイティブパレット

イプサ(IPSA) アイブロウ クリエイティブパレット

ブラウン系のグラデーションカラーと、2色のニュアンスカラーがセットになった、5色入りのアイブロウパウダー。眉全体のぼかしや眉頭、眉尻など、パーツごとに適した色がそろっているため、簡単に立体感のある眉が描けます。

髪色に合わせて、オレンジや赤のニュアンスカラーを重ねてみるのもおすすめ。トレンドのカラー眉メイクも楽しめます。また、パウダーがオイルでコーティングされていることで、メイク崩れしにくいのもポイントです。

眉のパーツに応じて使い分けできるダブルエンドブラシが2本付属しています。

スック(SUQQU) 3D コントロール アイブロウ

スック(SUQQU) 3D コントロール アイブロウ

ダークカラーからライトカラーまで、3色が1つのパレットにセットされたアイブロウパウダー。3色を使って陰影を強調することで、自然な立体感のある眉を描けます。

単色で使ったり好みの色味にブレンドしたりと、使い方は自由自在。キリッとした印象の眉や、ふんわりしたやさしい眉など、その日の気分やメイクに合わせた眉を作れます。

抜け感のある目元を演出したいときは、ライトカラーをノーズシャドウやハイライトとして使うのもおすすめです。また、汗や皮脂にも強く、メイクしたての美しさが長時間続きます。

コスメデコルテ(DECORTE) コントゥアリング パウダーアイブロウ

コスメデコルテ(DECORTE) コントゥアリング パウダーアイブロウ

はっきりした顔立ちに整えられるアイブロウパウダー。ノーズシャドウがセットになっており、理想的な骨格を演出できます。濃淡の異なる2色のアイブロウパウダーをブレンドすることで、髪色に合わせたトーンに調節可能です。

発色がよく、くっきりした眉を描けるのがポイント。パウダーのキメが細かくぼかしやすいので、ふわりとした質感に仕上がります。

ロングラスティング処方により、メイクの仕上がりを長時間キープできるのもメリット。夕方になって眉が薄くなってしまう心配もありません。陰影をつけやすい3種類のブラシが付いています。

シュウ ウエムラ(shu uemura) ブローシェーダー

シュウ ウエムラ(shu uemura) ブローシェーダー

肌になじみやすいように考えられた、グラデーションカラーのアイブロウパウダー。色のトーンを自由に調節し、髪色や肌色に合ったカラーで眉を描けるのが魅力です。

自然な陰影をつけやすく、立体感のある眉を作れるのがポイント。また、シリカパウダーとシリコンフィラーの2種類のラスティング成分配合により、皮脂や汗などに強い処方になっています。

整肌成分の椿オイルを配合したクリーミーな質感のパウダーが、肌にしっかり密着。粉飛びしにくく、仕上がりの美しさが長時間続きます。ケースに鏡が付いているので、外出先でのメイク直しに便利です。

エムアイエムシー(MiMC) ミネラルプレストアイブローデュオ

エムアイエムシー(MiMC) ミネラルプレストアイブローデュオ

ふんわりと発色しながら、色が落ちにくいアイブロウパウダーです。2色のカラーと2種類のブラシがセットされており、パーツに合わせて使い分けることで、簡単に自然な立体感のある眉を完成できます。

地肌にうるおいを与える保湿成分が配合されているのも、おすすめのポイント。カラスムギ穀粒油やメドウフォーム油、ヒマワリ種子油などの植物性の保湿成分が、メイクで刺激を受けがちな眉下の肌を整えます。また、肌にしっかり密着して、落ちにくいのも魅力です。

ジルスチュアート(JILLSTUART) ニュアンスブロウパレット

ジルスチュアート(JILLSTUART) ニュアンスブロウパレット

甘く、ふんわりした眉を作りたい方におすすめのアイブロウパウダー。ブラウン・ピンク・オレンジ・パープルなど、フェミニンな印象のカラーバリエーションがそろっています。

1つのパレットに3色セットされているので、自由にブレンドして使えるのがポイント。髪色やアイシャドウの色などに合わせた眉メイクを楽しめます。

球状パウダーのソフトフォーカス効果により、やわらかい雰囲気の眉に仕上がるのも魅力。汗や皮脂に強い処方で、メイクしたての発色が長時間持続します。長くて使いやすい、折りたたみ式のブラシ付きです。

アディクション(ADDICTION) プレスド デュオ アイブロウ

アディクション(ADDICTION) プレスド デュオ アイブロウ

カラーバリエーションが豊富なアイブロウパウダー。濃淡の異なる2色のカラーで、なりたい印象の眉を描けます。

濃い色を使ってキリッとした眉を描いたり、淡い色でふんわりした印象に仕上げたりと、使い方は自由自在。2色をブレンドすることで、髪色やメイクに合わせた色味を作れます。

粉飛びしにくいしっとりしたテクスチャーで、肌になじみやすいのもポイント。化粧持ちがよく、長時間崩れる心配がありません。無香料タイプなので、香りつきのコスメが苦手な方にもおすすめです。

スリー(THREE) アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ

スリー(THREE) アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ

ワックスと仕上げ用のパウダーがセットになったアイブロウパウダー。ワックスで眉の形を整え、その上からパウダーで色を乗せて仕上げます。

ワックスにはほどよい硬さがあり、付属のアングルブラシを使って、眉の1本1本まで濃淡を描き分けられるのが特徴。なめらかな質感で、肌にしっかり密着します。

色味やトーンの異なる仕上げ用のパウダーを重ねることで、立体感のある眉が完成。メイクの持ちも良く、美しい仕上がりが長時間続きます。また、コンパクトなサイズで、持ち運びにも便利です。

マック(M・A・C) グレイト ブロウ

マック(M・A・C) グレイト ブロウ

マットな質感のアイブロウパウダーと、クリーミーなテクスチャーのハイライターがセットになったアイテム。眉に自然な立体感を与え、メリハリのある目元を演出します。

眉山の下にハイライトを入れることで、ナチュラルな堀の深さも表現。2色のパウダーをブレンドすれば、髪色に合ったカラーも作れます。

ロングウェアリング処方により、美しい発色が長続きするのもポイント。よりくっきりした眉を作りたいときは、重ね塗りするのもおすすめです。

ラインを引いたりぼかしたりするのに便利な2種類のブラシのほかに、毛流れを整えるツイストブラシも付いています。

アイブロウパウダーの売れ筋ランキングをチェック

アイブロウパウダーのランキングをチェックしたい方はこちら。

アイブロウパウダーの使い方

By: shuuemura.jp

まず、パウダーがムラにならないように、スクリューブラシで眉の毛流れを整えておきます。次に、仕上がりの形をイメージして、眉山の位置を決めましょう。

眉山の位置を決めたら、パウダーを含ませたブラシで眉尻に向かって描いていきます。眉下のラインから描いていくとバランス良く仕上がります。

眉尻までラインを引いたら、眉中・眉頭の順に隙間を埋めていきましょう。眉尻の方を濃いめに、眉頭はパウダーを付けすぎないようにするのがポイント。最後にスクリューブラシを使ってぼかしたら完成です。