ひと息つきたい時にあると便利なのが「リラックスチェア」。包み込まれるような座り心地で、ゆったりとくつろぐことができるのが特徴です。

とはいえ、さまざまな製品がリリースされているので、選ぶ際には悩んでしまうもの。そこで今回はリラックスチェアのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

リラックスチェアとは?

By: amazon.co.jp

「リラックスチェア」とは一人掛けのゆったりと座れる椅子のこと。読書やテレビを見るときなどに長時間座っても疲れにくく、ひと休みする時にも便利なアイテムです。

また、近年ではただ座ってくつろげるだけでなく、足乗せ用ソファの「オットマン」が付いているモノやリクライニング機能が備わっているモノなど、さまざまなタイプがあります。

リラックスチェアのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

リラックスチェアのメリットは、パーソナルスペースを形成できることです。複数人掛けのソファと違って一人で座るものなので、よりゆっくりとくつろぐことができます。

デメリット

By: amazon.co.jp

リラックスチェアのデメリットは普通の椅子に比べて、サイズが大きいこと。特にオットマンが付いているモノは足が乗せられるので便利ですが、その分設置スペースを取ってしまうので、事前に寸法は確認しておきましょう。

リラックスチェアの選び方

大きさで選ぶ

リラックスチェアを置く際は部屋の広さに応じて大きさを決めましょう。ソファに比べればサイズ感は小振りですが、配置や使い方次第で存在感が異なってくるので、インテリアなどとのバランスを考慮することも重要です。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

リラックスチェアには耐荷重が決められているので、特に大柄な方はしっかりとチェックしておきましょう。なお、リラックスチェアの耐久性は採用されている素材やデザインによっても異なっているので、予算との兼ね合いを考慮することも重要です。

オットマンの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

「オットマン」とは足乗せ用のソファのこと。リラックスチェアでは椅子とオットマンとが分離されたセパレート仕様が主流ですが、最近ではオットマンとチェアがセットになっている一体型のモデルも販売されています。

折りたためるかどうかで選ぶ

By: rakuten.co.jp

折りたたみ機能が備わっている製品は使わない時には折りたたんで部屋の端に置いておいたり、押し入れなどにしまっておいたりと収納性に優れます。常設できるほど部屋にスペースがないという方には折りたためるリラックスチェアがおすすめです。

リクライニング機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

リクライニング機能は座りやすい角度に調節できることはもちろん、フラットに倒せるタイプであればベッドのように使うこともできます。なお、座り心地と寝心地は相容れない部分なので、その点は留意しておきましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

リラックスチェアで素材をチェックする項目はふたつあり、パーツの素材と表面に採用されている生地の素材を確認するのが重要です。前者は木製や金属、後者は高級感のあるレザーやお手入れが簡単な合成皮革、耐摩耗性と通気性に優れた生地などがあります。インテリア性や使い勝手に関わってくる部分なので、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

リラックスチェアのおすすめモデル|オットマン付き

ハンス・J・ウェグナー ウイングチェア CH445

おしゃれなリラックスチェア。14歳で家具職人になり、2007年に生涯を閉じるまでに500脚以上もの椅子を手掛けたと言われるデンマークのハンス・J・ウェグナー氏の作品として知られているアイテムです。

背もたれとアームが独特な形状をしているのが特徴。身体に負担をかけずに、ごく自然な格好で座れる設計になっています。

オットマンが付属しているので、足を乗せてリラックスすることが可能。本体・オットマン共に素材にはイタリアンレザーが採用されています。本体サイズは幅890×高さ1000×奥行740mm。高級感あふれるアイテムです。

セブンエステ リクライニングチェア B-02

座り心地と手触りのよいリラックスチェア。椅子はもちろん、付属するオットマンもブロックカット仕様になっており、快適にくつろげるのが特徴です。

リクライニング機能が備わっており、120~140°まで調整が可能。フルフラットにはなりませんが、好みに合わせてゆったりと座ることができ、最大まで倒せば仮眠をとることも可能です。

本体サイズは幅670×高さ950×奥行750mm。本体の素材には軽くて扱いやすいポリエステルが採用されています。しっかり休めてメンテナンスも簡単に行える万能型のアイテムです。

タマリビング(Tamaliving) パーソナルチェア ニース

オットマンと一体型になっているリラックスチェア。本体の素材には肌触りのよいPUソフトレザーを採用し、落ち着きある装いにまとまっているのが特徴です。ボディと肘かけにはクッション性に優れたウレタンを採用。良好な座り心地を体感できます。

背もたれに体重をかけると自然にリクライニングする自動リクライニング機能を搭載。無段階に調節でき、手元のレバーで固定できます。また、オットマンにも同様に備わっているので、好きな体制で楽に座れます。

本体サイズは幅800×高さ730〜1000×奥行810〜1590mm。座面高は440mmです。脚部には回転盤を使用しており、360°回転するのでテーブルから出入りしやすい仕様になっています。機能もデザイン性も兼ね備えている1台です。

ロウヤ(LOWYA) リクライニングソファ

高級感があるデザインが魅力なオットマン一体型のリラックスチェア。オットマンは肘掛けまで広がっているワイドタイプなので、足がゆったり伸ばせます。ウレタンが詰まったボディは肉厚で、クッション性に優れているのも魅力です。

本体側面のレバーを引きながら背もたれに体重をかけることでリクライニングは150°まで対応可能。本体サイズは幅880×高さ830~1050×奥行990~1700mm、座面高は500mmです。また、100kgまで耐荷重があるので、大柄な方でも安心して座れるアイテムです。

不二貿易(Fujiboeki) パーソナルチェア メソッド 79746

リクライニング機能が付いたオットマン付属のリラックスチェア。本体側面のレバーで無段階にリクライニングでき、オットマンと組み合わせることでゆったりとくつろげます。

ボディにはウレタンがぎっしりと詰まっており、身体を包み込んでくれるので座り心地は良好。本体サイズは幅860×高さ920〜1040×奥行840〜860mm。座面高は420〜480mmです。本体の素材には手入れが簡単な合成皮革を採用。汚れは拭き取りで対応できるのでお手入れが容易なのも魅力です。

ドリス(DORIS) リクライニングチェア クラウド

シンプルでスリムな印象のオットマン付きリラックスチェア。本体側面にあるダイヤルを回すだけでリクライニングすることが可能で、最大140°まで対応できるのが特徴です。

ボディやヘッド部、オットマンにはウレタンがたっぷり詰め込まれており、座り心地は快適。また、本製品は360°回転する仕様で、使い勝手も良好です。

本体のサイズは幅670×高さ840〜960×奥行750〜940mm、座面高は460mmです。価格は1万円前後とリーズナブルなので「とりあえずリラックスチェアを使ってみたい」という方におすすめです。

インテリア・マーヤ ロータイプリクライニングチェア RC7000

長時間座り続けても身体が痛くなりにくいオットマン付きのリラックスチェアです。座面に耐久性の高いS字バネを採用。クッション性と弾力性を兼ね備えており、身体に負担がかかりにくい仕様になっています。

フルフラットにはできないものの、最大148°まで倒せる9段階式のリクライニング機能を搭載。オットマンと組み合わせることでより高いリラックス効果が期待できます。

本体サイズは幅760×高さ710~855×奥行915〜1165mm、座面高は290~320mmです。表面の材質は牛革が使用されているので、使い込んでいくことに経年変化も楽しめます。

リラックスチェアのおすすめモデル|折りたたみ式

FLAMROSE 枕一体型折りたたみリラックスリクライニングチェア

ゆったりと体全体をサポートしてくれる折りたたみ式のリラックスチェア。ハンモックに包まれているような優しい座り心地が魅力です。耐荷重は200kgあるので、大柄な方でも楽に座れます。

本体サイズは幅600×奥行き750×高さ1100mm。座面高は500mmです。重さは10kgで、折りたたむことにより簡単に持ち運んだり収納したりすることができます。

本体素材には耐摩耗性と通気性に優れたテクスチレン生地の布を採用しており、お手入れも簡単。アウトドアシーンにもおすすめのアイテムです。

ニーチェア(Nychair) X NY-101

世界各国で40年以上愛されているメイドインジャパンの折りたたみ式リラックスチェア。畳1枚分のスペースがあればどこでも設置することができるので、汎用性が高いのが特徴です。

シートのもっとも深い所は床から20cmの位置にあり、座り心地は良好。また、シートの素材には一級帆布と言われる「倉敷帆布」を採用しており、丈夫で破れにくいのもポイントです。

紐で引っ掛けるだけで簡単に折りたたむことができ、折りたたんだ時の本体幅は約150mm。また、本体重量は6.5kgと軽く、持ち運びにも便利です。

リラックスチェアのおすすめモデル|木製

イケア(IKEA) POANG S29891449

有名家具ブランド「イケア」のリラックスチェア。ブラックやブラウンといった落ち着いた色のモノから、レッドやイエローといったポップなモノまでさまざまなカラーバリエーションがあり、部屋の雰囲気に合わせて選べるのが魅力です。

ボディの素材には身体のラインに沿って歪曲した木製フレームを採用。弾力性があり身体をしっかり支えてくれます。また、腰と首をサポートするので、長時間座っても疲れにくくなっているのもポイントです。

本体寸法は幅680×高さ1000×奥行820mm。座面高は420mmです。カバーは取り外して洗濯機で丸洗いすることが可能。汚れを簡単に洗い落とせます。座り心地がよく、お手入れも簡単なリラックスチェアを探している方は要チェックのアイテムです。

イケア(IKEA) POANG 90160720

小柄な方におすすめのリラックスチェア。座面高が370mmと少し低めの設定になっているので、背の低い女性や子どもが座りやすい設計になっています。座面は弾力性に優れ、柔らかすぎず、硬すぎない座り心地になっています。

全体的に白を基調としたデザインになっています。本体サイズは幅67×高さ960×奥行850mm。価格は7000円台とリーズナブルなので、まとめて複数買い揃えたい方にもおすすめです。

不二貿易(Fujiboeki) リラックスチェア 84055

シックでシンプルなリラックスチェア。ブラックやブラウンといった6種類のカラーバリエーションがあり、部屋の雰囲気に合わせて選べるのが特徴です。

座面と背面の素材にはウレタンを採用。クッション付きのハイバック仕様で、頭までしっかりと支えてくれます。ボディには天然の木材を採用。体重を預けると木の弾力がしっかりと感じられ、心地よく座り続けることができます。

本体寸法は幅590×高さ1020×奥行き770mm。座面高は500mmで、耐荷重は80kgです。価格はリーズナブルながらデザイン性良好のアイテムなので、お得感の高いリラックスチェアを探している方はぜひチェックしておきましょう。

コイズミファニテック 楽座 リクライニングチェア KSC-844

座り心地や背もたれのフィーリングに配慮した木製のリラックスチェア。リクライニング機能が備わっており、140°まで倒せるのが特徴です。また、頭部はラチェット可動式の枕になっており、5段階の調節が可能。使い勝手良好の1台です。

本体サイズは幅600×高さ920〜1040×奥行620mm。座面高は350・380・410・440・470mmと5段階に変更できます。なお、本製品は組み立て式なので、その点は留意しておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウッドアーム チェア WAC

和室や洋室に関わらず、どんな部屋にも置ける木製のリラックスチェア。落ち着いた色合いとシンプルなデザインで、汎用性が高いのが特徴です。

シートクッションの厚さが約14cmあり、ふわふわした座り心地を体感できるのもポイント。リクライニング機能も備わっており、腰部は7段階、ヘッド部分は14段階の調節が可能です。

本体サイズは幅580×高さ915〜1010×奥行640〜880mmとコンパクト。また、価格は6,00円台とお手頃なので、ちょっとしたテーブルとセットで買いたい方にもおすすめです。