ひと息つきたい時にあると便利なのが「リラックスチェア」。包み込まれるような座り心地で、ゆったりとくつろげるのが特徴です。

とはいえ、さまざまな製品がリリースされているので、選ぶ際には悩んでしまうもの。そこで今回は、リラックスチェアのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

リラックスチェアとは?

By: amazon.co.jp

「リラックスチェア」とは一人掛けのゆったりと座れる椅子のこと。読書やテレビを見るときなどに長時間座っても疲れにくく、ひと休みする時にも便利なアイテムです。

また、最近ではただ座ってくつろげるだけでなく、足乗せ用ソファの「オットマン」が付いているモノやリクライニング機能が備わっているモノなど、さまざまなタイプがあります。

リラックスチェアのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

リラックスチェアのメリットは、パーソナルスペースを形成できることです。複数人掛けのソファと違って一人で座るものなので、よりゆっくりとくつろぐことができます。

デメリット

By: amazon.co.jp

リラックスチェアのデメリットは普通の椅子に比べて、サイズが大きいこと。特にオットマンが付いているモノは足が乗せられるので便利ですが、その分設置スペースを取ってしまうので、事前に寸法は確認しておきましょう。

リラックスチェアの選び方

大きさで選ぶ

リラックスチェアを置く際は部屋の広さに応じて大きさを決めましょう。ソファに比べればサイズ感は小振りですが、配置や使い方次第で存在感が異なってくるので、インテリアなどとのバランスを考慮することも重要です。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

リラックスチェアには耐荷重が決められているので、特に大柄な方はしっかりとチェックしておきましょう。なお、リラックスチェアの耐久性は採用されている素材やデザインによっても異なっているので、予算との兼ね合いを考慮することも重要です。

オットマンの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

「オットマン」とは足乗せ用のソファのこと。リラックスチェアでは椅子とオットマンとが分離されたセパレート仕様が主流ですが、最近ではオットマンとチェアがセットになっている一体型のモデルも販売されています。

折りたためるかどうかで選ぶ

By: rakuten.co.jp

折りたたみ機能が備わっている製品は、使わない時には折りたたんで部屋の端に置いておいたり、押し入れなどにしまっておいたりと収納性に優れています。常設できるほど部屋にスペースがないという方には折りたためるリラックスチェアがおすすめです。

リクライニング機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

リクライニング機能は座りやすい角度に調節できることはもちろん、フラットに倒せるタイプであればベッドのように使うこともできます。なお、座り心地と寝心地は両立しない場合もあるので、その点は留意しておきましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

リラックスチェアで素材をチェックする項目はふたつあり、パーツの素材と表面に採用されている生地の素材を確認するのが重要です。前者は木製や金属、後者は高級感のあるレザーやお手入れが簡単な合成皮革、耐摩耗性と通気性に優れた生地などがあります。インテリア性や使い勝手に関わってくる部分なので、事前にチェックしておきましょう。

リラックスチェアのおすすめモデル|オットマン付き

ドリス(DORIS) リクライニングチェア

ドリス(DORIS) リクライニングチェア

柔らかなソフトレザーを採用したリラックスチェア。乾拭きで手入れができる合成皮革ならではの手軽さと、高級感のあるデザインが魅力です。座ったまま360°回転するため、リラックス中の方向転換が容易にできます。

また、無段階でリクライニングできるのも嬉しいポイント。映画を見る、読書をするなどリラックスシーンに合わせて倒す角度を調節できます。好きな角度に合わせてレバーで固定するだけの簡単ステップで、快適なリラックスタイムを実現可能です。

ふんわりとしたウレタンフォーム入りのクッションが、全身を包み込んでくれます。頭の先から足の先までふんわりとした質感に包まれたい方におすすめです。

THE LUSH ROOM レザーパーソナルチェア

THE LUSH ROOM レザーパーソナルチェア

回転式のパーソナルチェアとオットマンのセット。リクライニングレバーを回して固定することで、好きな角度でリラックスタイムを過ごせます。ハイバックで頭の先まで預けることができ、さらにアームレストやオットマンを使うことで全身を支えてくれるのが魅力。安定感のあるリラックスチェアを購入したいと考えている方におすすめです。

本革を分割して削ぎ落とした裏側の部分であるスプリッドレザーを前面に採用しているため、高級感があります。さらに、背面には合成皮革を採用し、耐久性を高めているのが特徴。おしゃれさと使い勝手のよさを両立させたリラックスチェアです。

ロウヤ(LOWYA) パーソナルリクライニングチェア F103_G1135

ロウヤ(LOWYA) パーソナルリクライニングチェア F103_G1135

手軽にお手入れできる合成皮革のリラックスチェア。反発力のあるウレタンを素材に採用しつつ、体重がかかりやすい中心部は周りよりも柔らかめに作られているのが特徴です。ふんわりと体が沈み込むので、体が包み込まれているような感覚を得られます。

また、腰部分のクッションを周りよりも盛り上げることで、腰のカーブを支えて正しい姿勢をキープ。長時間座っても疲れにくい、リラックスに適したアイテムです。最大約135°に無段階でリクライニングできるので、好きな姿勢でくつろぐことが可能。柔らかさと安定感にこだわったリラックスチェアを探している方におすすめです。

ロウヤ(LOWYA) ラウンジチェア F107_G1001

ロウヤ(LOWYA) ラウンジチェア F107_G1001

丸みのあるデザインとナチュラルな木製の脚が印象的なリラックスチェア。素材にファブリックを採用しているため、年中さらっとした質感を楽しめます。また、チェアにもオットマンにもピュアウレタンが詰まっているため、柔らかな座り心地です。

少し後ろに傾いている座面によって、体を背もたれに預けて深く座れます。さらに、背もたれやアームはなだらかな曲線になっており、体を優しく包んでくれるのが特徴。北欧家具のようなおしゃれで快適なリラックスチェアです。

レジーナ(REGINA) パーソナルチェア

レジーナ(REGINA) パーソナルチェア

ハイバックタイプのリラックスチェア。ヘッド部分が分厚くなっているので、頭を優しく支えてくれます。また、無段階でリクライニングできるため、好きな姿勢をキープしながらくつろげるのが特徴。さらに、背もたれを倒すと座面が前にスライドするので、自然に体を伸ばせます。

本物の牛革を素材に採用し、高級感を高めているのも嬉しいポイント。重厚感のある部屋を演出するとともに、経年変化による味わい深さを楽しめます。おしゃれさと機能性の高さを両立させたリラックスチェアを探している方におすすめです。

アドロア(ADROWA) ラウンジチェア

アドロア(ADROWA) ラウンジチェア

北欧家具のようなナチュラルなデザインが印象的なリラックスチェア。木製のフレームに落ち着いたファブリック素材を組み合わせています。椅子と同じ素材のオットマンが付属しているので、足を伸ばしてくつろぐことも可能です。

オットマンは足を伸ばすときだけでなく、サイドテーブルとしても使えます。本やお菓子、飲み物などを置けば、自分だけのリラックスできる空間づくりが可能。自分の時間を楽しむためのリラックスチェアを購入したいと考えている方におすすめです。

リラックスチェアのおすすめモデル|折りたたみ式

LUMOS リクライニングチェア

LUMOS リクライニングチェア

フットレスト付きのリクライニングチェア。6段階にリクライニングできるため、好きな角度に合わせてくつろげるのが特徴です。また、ハイバック仕様なので背中をゆったりと預けられます。頭の先から足の先まで包まれるような安定感を求めている方におすすめです。

使わないときはたたんで収納できる折りたたみタイプのため、部屋のスペースが限られている方も安心。クッションにはウレタンフォームを採用しふかふかなうえ、表面には合成皮革を採用しているので手軽にお手入れができます。手軽さと機能性の高さを実現したリラックスチェアです。

リコメン堂(RECOMMEND) リラックスチェア

リコメン堂(RECOMMEND) リラックスチェア

リクライニングできるリラックスチェア。背もたれを倒すとフットレストが上がる仕様なので、体を伸ばしてくつろげます。アームを上に持ち上げるとリクライニングでき、角度を決めたらアームを戻すことで固定できるため、座りながら角度調節できるのが魅力です。

専用のメッシュカバーをつけることで通気性が高まり、年中快適に使えるのも嬉しいポイント。さらに、折りたたむことで厚さ約15cmになり、スリムな状態で収納できます。

リコメン堂(RECOMMEND) 折りたたみ式ハンモックチェア

リコメン堂(RECOMMEND) 折りたたみ式ハンモックチェア

安定感がありつつ、ハンモックのような絶妙なホールド感を楽しめるリラックスチェア。曲線を描いている座面が体をすっぽりと包み込んでくれるので、無重力で揺られているような快適さがあります。

表面はさらりとした質感のファブリックで、年中快適に使えるのが魅力。さらに中のクッションを取り出せばカバーを洗えるので、清潔さを保てます。着脱可能なクッションや収納ポケットが付属しているため、自分だけの快適な空間づくりをサポート。座り心地のよさと清潔さを両立させたリラックスチェアを探している方におすすめです。

ロウヤ(LOWYA) NORZY 1人掛けリラックスソファ S_S200210

ロウヤ(LOWYA) NORZY 1人掛けリラックスソファ S_S200210

北欧風のナチュラルデザインが特徴のリラックスチェア。厚みのあるクッションで存在感がありますが、ロースタイルなので圧迫感を与えません。安定感のある椅子ながら、ハンモックのような小さな揺れによってリラックス効果を得られます。

弾力のあるピュアウレタンとふんわりとした柔らかいコットンをミルフィーユ状に重ねることで、適度な弾力性と柔らかさを実現。さらに、クッションを取り外してフレームを折りたたむだけで、コンパクトに収納できます。快適性と収納性を両方実現させているリラックスチェアです。

Scilla 無段階リクライニング 折りたたみ式リラックスチェア

Scilla 無段階リクライニング 折りたたみ式リラックスチェア

無段階でリクライニングできる折りたたみ式のリラックスチェア。背もたれを倒すとフットレストが上がるので、無理のない姿勢を保てるのが魅力です。

耐久性が高く弾力性があるポリエステルを素材に採用しているため、長く使い続けられます。さらに、ドリンクや小物を置けるホルダーが付いているので、快適な空間を作り上げられるのも嬉しいポイント。手軽に自分だけのスペースを手に入れたい方におすすめです。

リラックスチェアのおすすめモデル|木製

ニトリ リラックスチェア バハマNC 1300890

ニトリ リラックスチェア バハマNC 1300890

ラタン(藤)を素材に採用したリラックスチェア。しなやかで耐久性が高いというラタンの特徴を活かした、曲線と直線のコントラストが印象的な椅子です。ナチュラルな雰囲気の家具を揃えたい方に向いています。

厚みのあるクッションが体を包み込み、リラックスタイムをサポート。夏は接触冷感クッションでひんやりとした触り心地を楽しめます。冬は裏返して通常のクッションとして使用できるため、年中快適に座れるのが嬉しいポイント。デザイン性と快適性を両立させたリラックスチェアを探している方におすすめです。

ニトリ 4段調整 高座椅子 グランデ 7810799

ニトリ 4段調整 高座椅子 グランデ 7810799

座面の高さを調節できるリラックスチェア。背もたれも8段階で調節できるため、リラックスできる姿勢を保てます。座ったままリクライニングできるよう手元にレバーが付いているので、リラックスタイムを楽しみながら角度を変えられるのが魅力です。

また、フットレストと頭部も14段階で角度が変えられるため、自分に合った角度を見つけられるのも嬉しいポイント。さらに、リクライニング時に後ろに倒れてしまわないよう、脚の後ろが長く設計されています。機能性と安全性にこだわったリラックスチェアです。

イケア(IKEA) ペロ パーソナルチェア 901.607.20

イケア(IKEA) ペロ パーソナルチェア 901.607.20

北欧家具のようなナチュラルデザインが魅力のリラックスチェア。落ち着いたデザインで、和室にも洋室にもよく合います。価格が安いので、手軽に購入できるのもメリットです。

適度に柔らかいクッションにより、体を包み込んでくれる感覚を得られます。さらに、頭部にクッションが付いているので、頭を預けて存分にリラックスすることが可能。北欧のおしゃれデザインと快適性を組み合わせたリラックスチェアを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) リクライニングチェア WTMC-57M

山善(YAMAZEN) リクライニングチェア WTMC-57M

木製フレームとボリュームのあるクッションが印象的なリラックスチェア。ファブリック素材のカバーのなかにはもこもこの中綿が入っているので、ふんわりとした手触りです。背もたれも座面も適度な柔らかさがあるため、体全体を包み込んでくれます。

背もたれは6段階にリクライニングできるので、リラックスしやすい姿勢に合わせることが可能。移動させたいときは、背もたれを折りたたむことで手軽に持ち上げられます。程よい柔らかさで休息時間をサポートしてくれる、リクライニング機能付きのリラックスチェアです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウッドアームチェア WAC-M

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウッドアームチェア WAC-M

木製フレームとファブリック素材のクッションが特徴のリラックスチェア。高すぎず低すぎない高さの座面で、立ちやすく座りやすいのが魅力です。

7段階でリクライニングできるため、好きな角度に合わせてくつろぐことが可能。テレビを見るときは倒し、読書をするときは起こすなど、用途に応じて姿勢を変えられます。厚みのある座面クッションは、長時間座っても疲れにくいのがメリット。使い勝手のよいリラックスチェアを探している方におすすめです。