リラックス空間を演出する「観葉植物」。部屋にひとつあるだけで部屋の雰囲気が明るくなるなど、魅力の多いアイテムです。とはいえ、どんな観葉植物が育てやすいのかわからない方や、留守にしがちで枯らしてしまいそうと心配な方も多いはず。

そこで今回は、初めて育てる方も安心して選べるおすすめの観葉植物をご紹介します。枯れにくい育て方のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

観葉植物を置くメリット

インテリアとして部屋の雰囲気をおしゃれに

雑貨店やおしゃれなカフェなどにさりげなく飾られている観葉植物。自宅にインテリアの一部として飾ると、部屋の雰囲気をワンランクアップできます。
サイズもさまざまなので、床置きにするだけでなく、壁に掛けたり天井からハンギングしたりとアレンジが楽しめるのもポイント。同じ種類の観葉植物でも、大きさや鉢のカラー、素材で印象が変わります。

素焼きの鉢なら和風、ラタンのバスケットや大きめの植物は南国風、陶器の鉢はナチュラル、特徴的でアーティステックな樹形やすらっと背が高い植物はモダンな雰囲気を出すことが可能。センスを活かして、観葉植物を使ったインテリアコーディネートを楽しみましょう。

庭がなくても植物を育てられる

By: rakuten.co.jp

アパートやマンション住まいなど、庭がなくても植物を育てたいという思いを叶えられるのが観葉植物です。リラックス空間を演出できるだけでなく、育てる行為そのものを楽しめます。

屋外で植物を育てるには水やりや施肥など、こまめな世話が必要ですが、室内で育てる観葉植物は少ない水分で育ち、手間のかからないモノが多いのが特徴。丈夫で育てやすい観葉植物を選べば、留守が多い方や毎日仕事の帰りが遅くなる方でも、気軽にグリーンと暮らすことが可能です。

暑い夏も涼しさを演出

小さいながら森や草原をイメージさせる観葉植物は、涼しげな空間作りにも効果的。観葉植物は、殺風景な部屋にひとつ置くだけでも雰囲気が明るくなるのでおすすめです。

パキラなどの細くシャープな葉は、凛とした存在感が爽やか。クワズイモなど瑞々しいツヤがある葉は、フレッシュな潤いが感じられます。また、モンステラなどは南国のリゾートホテルのような涼しげな癒しの空間を演出。ウンベラータなどひとつひとつの葉の面積が広いモノは、強い日光をさえぎる木陰を連想させます。

観葉植物のおすすめ

ReiRi 幸福をもたらす精霊が住む木 ガジュマル RRH-00-016

太い幹が印象的な、クワ科の植物ガジュマル。沖縄では幸せをもたらすともいわれる精霊「キジムナー」が棲むとされていることから、多幸の木や幸運を見守る木などと呼ばれています。

また、生命力が強く育てやすいのも特徴です。葉焼けを起こしやすいので直射日光は避けながら、日当たりのよい場所に置くこと、土が乾いたら水をたっぷりと与えることに気を付けていれば、すくすくと成長します。耐寒性もあり、5℃までの環境下であれば冬越しも可能です。

本商品はおしゃれな丸い陶器鉢を採用しており、ナチュラルテイストの部屋にぴったり。自宅用はもちろん、ギフトにもおすすめの縁起のよい観葉植物です。

幸せの花急便 モンステラ7号陶器鉢ロング

モンステラは、大きな穴や切れ込みのあるユニークな葉っぱが特徴。暑さ、寒さ、乾燥に強く、育てるのにあまり手がかからないので初心者におすすめ。冬場は水のやり過ぎに気を付けながら、レースのカーテン越しの明るい室内で育てましょう。

鉢は、シンプルな陶器製。植物全体の高さは、鉢を含めて約80cmです。インパクト大のおしゃれな観葉植物を探している方はぜひチェックしてみてください。

アヤナス(AYANAS) フィカス・ベンガレンシス陶器鉢 ゴムの木

太めの幹にたまご型の葉をもつフィカス・ベンガレンシス、別名「ゴムの木」は、人気の高い観葉植物の定番です。生命力が強く、丈夫な品種なので、初めて育てる観葉植物におすすめ。

なるべく日当たりのよい場所に置き、土表面が乾いたタイミングで水を与えれば元気に育ちます。葉が大きく、水分の蒸発が早いため、霧吹きも適宜行いましょう。

なかでも本商品は高さ約80~120cmと背が高く、存在感ばっちり。リビングのシンボルツリーを探している方は要チェックです。

幸せの花急便 幸福の木 ドラセナ・マッサンゲアナ 7号

ストライプの斑が葉に入った、人気の観葉植物ドラセナ。生命力が強く、寿命が長いことから「幸福の木」の別名で知られており、お祝いごとのプレゼントにもおすすめです。

暑さに強く、日光を好む植物ではありますが、夏場の強い日差しに直接当たると葉が焼けてしまうので、レースカーテン越しの明るい室内で管理しましょう。

鉢は、ユニークな「穴あき陶器鉢」、スタイリッシュな「角高陶器鉢」などの計7種類から選択可能。部屋のテイストや好みに合わせて選んでみてください。

イーラン(e-RAN) ストレリチア・オーガスタ スクエアホワイト陶器鉢仕立 augasuta-touki

バナナの木のように大きな葉をもつ「オーガスタ」。一鉢で南国の雰囲気を演出できるのに加え、育てやすいことから高い人気を誇ります。

日光を好むため、レースカーテン越しの窓際に設置するのがおすすめ。また、葉っぱが横に大きく広がっていくので、設置スペースには余裕をもたせておきましょう。

鉢には、洗練されたスクエア型の陶器鉢を採用。部屋のおしゃれなアクセントになる観葉植物です。

アジアン ファーム(Asian Farm) フィカス・ウンベラータ 10号鉢 1205

ゴムの木の一種フィカス・ウンベラータは、大きなハート型の可愛らしい葉が特徴。生命力旺盛で育てやすいため、初心者にもおすすめの観葉植物です。

基本的に日当たりのよい場所を好みますが、耐陰性を備えているため室内でも育ちます。ただ寒さにはやや弱く、葉の上に埃がたまりやすい点には留意しておきましょう。

日本で販売されているウンベラータは高さ50~150cmほどの大きさが主流ですが、こちらは高さ170cm前後の大型タイプ。インパクト抜群のインテリアとして、リビングや寝室をおしゃれに演出します。

岐阜緑園(Gifu Ryokuen) アロカシア アマゾニカ 4号

濃い緑色の大きな葉と、真っ白な葉脈が特徴の観葉植物、アロカシア・アマゾニカ。耐陰性、耐暑性に優れており、育てやすいので初心者にもおすすめです。

日光が当たる場所なら室内でもベランダでも育ちますが、低温には弱いので肌寒くなってきたら室内に入れて管理する必要があります。

本商品は高さ30cm前後と手頃なサイズ感も魅力。なお、乾燥や害虫被害を防ぐために、毎日1回は霧吹きすることをおすすめします。

アジアン ファーム(Asian Farm) クワズイモ スクエア陶器鉢仕立て

土の上で膨らむ根茎と大きな葉っぱが特徴のクワズイモ。存在感ばっちりの観葉植物を探している方におすすめです。鉢にはインテリアに合わせやすい、シンプルな白いスクエア型の陶器鉢を採用しています。

クワズイモは生命力が強く、耐寒性にも比較的優れているので、寒さで枯らしがちな方も安心です。

ただ、クワズイモの樹液には要注意。樹液にはシュウ酸カルシウムを含んでおり、皮膚につくとかぶれてしまうこともあります。植え替えなどは、ゴム手袋をはめて行いましょう。

幸せの花急便 パキラ 8号鉢

パキラは、手のひらのようにパッと広がった葉が特徴の観葉植物。比較的乾燥に強いほか、害虫も付きにくく、さまざまな環境に適応できるので初心者でも安心して育てられます。

日当たりと風通しのよい場所で管理し、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

本商品は高さ約120cmと床置きにちょうどいいサイズ感。幹が編み込まれたデザイン性の高いシルエットが魅力。また、プラスチック鉢に竹製のバスケットが付属しています。パキラのエキゾチックな雰囲気と相まって、南国風な部屋を演出可能です。

幸せの花急便 ユッカ(青年の木) 6号鉢 高さ70cm

ユッカは、太い幹と上向きの尖った葉が特徴。生命力が強く、まるで青年のようにグングン育つため、「青年の木」とも呼ばれています。サイズも大きく、オフィスインテリアにも馴染むので贈り物にもおすすめです。

鉢の色は、白と黒の2色から選択できます。日光が足りないと葉が弱まり細くなってしまうので、直射日光を避け、日当たりのよい窓辺で管理しましょう。

岐阜緑園(Gifu Ryouen) ベンジャミン バロック 6号サイズ 鉢植え 6558

くるんと丸まった可愛らしい葉っぱが印象的なベンジャミンバロック。インテリアのアクセントとして活躍します。また、比較的リーズナブルな価格のモノが多く、気軽に購入可能です。

置く場所は、日当たりのよい環境を好むので明るい窓辺に置いておくのがおすすめ。ただし、直射日光は葉焼けを起こしてしまうので、注意しましょう。

彩植健美 ポトスタワー 8号 鉢カバー付 KM070003

ポトスは丈夫で育てやすく、初心者にぴったりの観葉植物。耐陰性に優れており、室内灯でも育てられます。また、床置きだけではなく、天井からハンギングしたり、水に挿して水耕栽培をしたりと、さまざまな方法で楽しめるのもメリットです。

多湿気味な環境を好むため、土表面が乾いたらたっぷりと水を与え、葉っぱにも頻繁に霧吹きをしましょう。

本商品は、高さ約100~110cmと床置きでも存在感たっぷり。ツートーンカラーのおしゃれな鉢カバーも付属しています。

Charm ワイヤープランツ 3号(1ポット) 59151

針金のような細い茎と、可愛らしい小さな葉をもつ観葉植物ワイヤープランツ。地面を這うように横へと広がっていくため、寄せ植えにプラスしたり、高いところから吊るしたりと多彩に楽しめます。

痩せ地でも育つ強い植物なので、初心者でも安心。日当たりを好みますが、耐陰性があるため日光が一切当たらない場所以外であれば室内でも管理可能です。また、剪定した枝を水に挿すと発根するので、水耕栽培を楽しみたい方にもおすすめ。

本商品は、鉢径9cmの小型なので手軽に飾れます。なお、3ポットセットや5ポットセットも販売されているので、複数並べておしゃれ感を演出したい方はチェックしてみてください。

フラワーコーポレーション サンスベリア 陶器鉢植え

サンスベリアは、葉が剣のように真っ直ぐ伸びているのが特徴。独特の模様がトラのしっぽを連想させるため、別名「トラノオ」とも呼ばれています。

日光を好むものの、耐陰性を備えているため光の入る室内なら十分に生育可能。また、葉に水分を蓄えられるので乾燥に強く、水やりの頻度が少なく済むのも育てやすいポイントです。水やりは表面の土が乾燥してから2〜3日空けてから行い、冬場は控えましょう。

鉢には、スタイリッシュなスクエア型の陶器鉢を採用。土の表面には白石を敷きつめ、インテリア性を高めています。なお、寒さには弱いので、なるべく10℃以上の場所で管理するように気を付けましょう。

ブルーミンググレイス(Blooming Grace) エバーフレッシュ ねむの木 陶器鉢 kanyou-027

エバーフレッシュは、公園や寺社などでよく見かける「ねむの木」の仲間。羽根を思わせる繊細な葉がかわいらしく、インテリアグリーンとして高い人気を誇ります。また、昼間は開いていた葉っぱが、夜になるとパタリと閉じ、昼夜で異なる様子を見せるのも魅力です。

さらに、丈夫で育てやすいのもポイント。日当たりに置くのが好ましいものの、耐陰性があるため日陰でも育ちます。日陰に置いておく場合は、定期的に日光浴をさせましょう。

本商品は高さ約120~140cmの大型なので、存在感のある観葉植物が欲しい方におすすめです。鉢には、シンプルな白い陶器鉢を採用しています。

ブルーミンググレイス(Blooming Grace) シマトネリコ 8号鉢 kanyou-007

風が吹くとサラサラと揺れる、小さく繊細な葉っぱが魅力のシマトネリコ。涼しげな空間を演出したい方におすすめです。
庭木としても人気が高く、直射日光を好むため、夏場などたっぷり日差しを浴びせることが生長のコツ。

暑さや寒さ、害虫などにも強く、手間が掛からないので、初心者でも安心して育てられます。さらに、どこを剪定しても新たに芽が出てくるため、美しいシルエットを維持することも可能です。

サニーポップ(sunnypop) セレウスペルヴィアナス

セレウスペルヴィアナスは、モコモコとした見た目が特徴のサボテン。比較的丈夫で育てやすく、極端な暑さや寒さでなければ耐えられます。
2.5号ポットを麻布でアレンジしているのもおしゃれ。全体の高さは約20cmと、程よいサイズで飾りやすさもばっちりです。

なお、なるべく日当たりと風通しがよい場所に設置し、水は控えめに与えるようにしましょう。

e-花屋さん エアプランツ・発根コレクション otamesi-06b-202-21

空気中の水分を吸収して育つ小さい観葉植物ティランジア。別名「エアープランツ」のコレクションです。土が要らないため、透明のボトルに入れたり、壁のオブジェに差し込んだりとさまざまな方法でディスプレイできるのが魅力。

こまめなお手入れが不要で、頻繁に世話をするのが難しい方におすすめです。乾燥には強いものの水が好きなので、定期的に霧吹きで水を与えつつ、時折水の中に浮かべると元気に育ちます。

エアプランツは100円ショップなどでも売られていますが、本商品は一般的なエアプランツと異なり「発根」しているのが特徴。根がたくさん出ているほど生長しやすいといわれており、長く楽しむことが可能です。イオナンタやハリシー、ブルボーサなどの計9種類をラインナップしているので、好みの種類を選んでみてください。

euro plants studio テーブルヤシ コリニア・エレガンス モダンラウンドグラスポット

涼しげな葉が特徴の小さなヤシ、コリニア・エレガンス。ほかのヤシよりも草丈が短いことから、「テーブルヤシ」の名で知られています。ヤシでありながら直射日光が苦手、日陰でも生長するのでさまざまな場所に設置可能。また、寒さにも比較的強く、0℃以上の室内であれば育てられます。

本商品は、土を使わない水耕栽培「ハイドロカルチャー」仕様。水や空気をためられる粘土の「ハイドロコーン」を鉢の中に敷き詰めており、土の鉢よりも衛生的で食卓の上にも設置できます。さらに、水やりの回数も少なくて済むため、観葉植物に手間をかけられない方にもおすすめです。

観葉植物のおすすめ|造花

みんとかふぇ(mint cafe) シサスアイビーシュガーバイン(造花) GP-015

花びらのような葉がかわいらしい、ツル性の観葉植物シュガーバインの造花です。

幅16×奥行6×高さ12cmの小型サイズなので、狭いスペースにも楽々ディスプレイできます。清潔感のある白い陶器鉢を採用しているため、キッチンや洗面所など水回りのインテリアグリーンにおすすめ。化粧石の色は、ホワイトとブラウンの2色を展開しています。

また、造花部分には触媒加工が施されており、光触媒とCT触媒の2種類の加工から選べるのもポイント。CT触媒は光を浴びなくても空気と触れることで、それぞれ抗菌や消臭効果をもたらすとされています。インテリア性と実用性を兼ね備えた人気アイテムです。

みんとかふぇ(mint cafe) スマイラックスリーフバイン(造花) BA-46058

ブライダルグリーンとして人気の高い、爽やかな観葉植物スマイラックスの造花です。

全長約105cmと長く、茎の中にワイヤーを使用していないため、自然と垂れ下がるのが特徴。壁や花瓶から垂らしたり、手すりに巻き付けてみたりとさまざまな飾り方を楽しめます。

また、光触媒とCT触媒の2種類から選べるのも魅力です。なお、触媒加工を施した表面がホコリなどで汚れると触媒効果が弱まってしまうため、ホコリは定期的に取り除きましょう。

みんとかふぇ(mint cafe) ラッキークローバー 2本(造花・未触媒) BJ-0313

かわいいクローバーの束を2本セットにした造花です。束の中には四つ葉のクローバーも混ざっており、眺めているだけで幸せな気分に。

全長約17cmのミニサイズなので、キッチンや洗面所、トイレや玄関などさまざまな場所に飾れます。大中小の葉がミックスされたリアルな見た目で癒し空間を演出できる、おすすめアイテムです。

Air Rhizome Interior パキラ 人工観葉植物 miy-art-c4306-80

観葉植物の定番、パキラの造花です。サイズは、幅48×奥行き48×高さ90cmとやや大きめ。茎と葉の角度は手で変えられるため、好みのシルエットに微調整できます。

鉢内に敷かれたバーグ(木片)には、廃ガラスを原料にした「エコバーグ」 を採用。無機質であることから劣化が少なく、安心して飾っておけます。また、光触媒の中でも特に高い消臭、抗菌効果が期待できるとされる、V-CAT光触媒加工を施しているのも魅力です。

グリーンクラフト(GREEN CLAFT) フェイクグリーン オリーブ実付き olive1500

平和のシンボルとしても知られる観葉植物、オリーブの造花です。直射日光を好むことから基本的に戸外で育てられているオリーブを、手軽に室内に飾れます。また、始めからオリーブの実がたくさん付いていますが、少しずつ実を切り取りながら好みの見た目にアレンジすることも可能です。

幹と枝には、人工樹木用に栽培された天然木を採用。防虫、防腐処理が施されているので、衛生面が気になる方にもおすすめです。さらに、光触媒付きであるのも魅力。

高さ約1.5mの大型サイズでありながら、樹形はスリムなので狭いスペースにも楽々設置できます。そのほか、樹脂製の鉢カバーが付属しているため、地震などで不意に倒れても鉢が割れてしまう心配が少ないのも魅力。鉢カバーのデザインは、計5種類から選択可能です。

神戸花物語 アレカパーム 140cm tg-7740sc

南国情緒が漂う、華やかな観葉植物、アレカパームの造花です。高さ約140cmと大型のため、リビングのシンボルツリーにぴったり。

枝の内部にはワイヤーが使われているため、自由に折り曲げながら、好みのシルエットにアレンジできます。また、根本に敷いたチップは天然の松の樹皮を使用しているので、ナチュラルな風合いとともに松の香りを楽しめるのも魅力です。

鉢には、洗練されたスクエア型の陶器鉢を採用。鉢の色は、ホワイトとブラックの2色から選択できます。さらに、光を浴びなくても抗菌、消臭効果をもたらすとされる、CT触媒加工が施されているのもポイント。自宅用にはもちろん、開店祝いなどのギフトにもおすすめのアイテムです。

神戸花物語 モンステラ テーブルポット mh-1003

部屋を南国風に彩ることができるモンステラの造花です。高さ23cmと程よいサイズ感なので、テーブルの上などへ手軽に飾ることが可能。幹や根本の質感がリアルに作られており、部屋を華やかに演出します。

また、CT触媒加工が施されているため、飾っているだけで抗菌、消臭効果が期待できるのもメリット。価格帯もお手頃なので、初めての方におすすめのアイテムです。

きつつき(KitsutsuKi) チェーングリーンガーランド アイビー/ポトス/グレープ

つる性植物の造花を1m単位で購入できる、ユニークな「切り売り」タイプのアイテムです。造花はチェーンで繋げられており、何m分かまとめて購入しても後から1mごとにチェーンを取り外して使用できます。

造花の種類は、イタリアンレストランなどに飾られることが多い「グレープガーランド」、班入りの葉が特徴的な「ポトス」、壁を装飾する観葉植物の定番「アイビー」の3種類から選ぶことが可能です。壁を緑一色にしたり、カーテンレールに這わせたりと、さまざまな飾り方を楽しんでみてください。

きつつき(KitsutsuKi) フェイクグリーン ゴールドクレスト 90cm let-2046

黄緑色の葉が美しい観葉植物、ゴールドクレストの造花です。葉にはPVC加工が施されており、雨に濡れても傷まないため室外にも飾れます。また、オーナメントやライトで装飾すれば、クリスマスツリーとして活躍するのもポイント。

サイズは、全長約90cmと程よい大きさです。さらに、UDD(ナノダイヤモンド)触媒加工が施されているため、飾るだけで消臭や抗菌、防カビ効果などが期待できます。

番外編:観葉植物の育て方のポイント

水やりの頻度や時間帯

観葉植物はこまめに水を与えるのがよいと思われがちですが、水を与えすぎると腐敗の原因にもなるので注意しましょう。おさえるべきポイントは土の表面が乾いてから、受け皿に水がしみ出してくるまでたっぷり与え、受け皿の水は溜めずに捨てることです。

また、水を与えるタイミングも重要。たとえば、夏場は日中に水やりをすると水自体の温度が上昇し、根や葉にダメージを与えてしまう可能性があります。また、冬場は夜や早朝に水やりをすると土の温度が下がって、観葉植物の元気がなくなってしまうことも。季節にあわせて水やりの時間帯を変えるようにしましょう。

直射日光を避ける

直射日光は、水分が早く蒸発してしまい水不足になったり、日光で葉っぱが焼けてしまったりするなど、観葉植物が枯れる原因になります。基本的に観葉植物は、直射日光の当たらない日当たりのよい場所で育てるのがポイントです。

風通しのよい場所に置く

By: rakuten.co.jp

基本的に観葉植物は「風通しのよい場所」に置くのがおすすめ。室内に置く場合は、部屋の換気をする際に窓の近くに置いて、外の風を当ててあげるといった配慮をすることが、生き生きと植物を育てるコツです。

温度管理をおこなう

By: rakuten.co.jp

観葉植物は基本的に寒さに弱い傾向があり、夜間の寒さで枯れてしまうこともあります。理想は常に15℃以上の気温を保つこと。

10℃を下回ると生育状況が悪くなる場合があります。特に冬場などは急激な温度差を避けて、一定の温度を保てるように心がけましょう。