室内で植物を育てる場合に便利な「植物育成ライト」。日光の代わりとして、日当たりの悪い部屋での利用にもおすすめです。従来は、農園や植物栽培工場などで日照不足の解消や成長促進用に使用されていましたが、最近では家庭用の植物育成ライトも増えています。

そこで今回は、おすすめの植物育成ライトをご紹介。選び方のコツや設置の方法についても解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

植物育成ライトの選び方

機能性をチェック

By: amazon.co.jp

フルスペクトルLED

「フルスペクトルLED」は、太陽光に近い光が出せるのが特徴。白・赤・青・オレンジ・UV・IRなど、さまざまな波長の光を採用しており、植物の成長だけでなく発芽や開花などの過程でも活躍します。

植物育成用の人工光としては植物に必要な光を広くカバーしているので、しっかりと育てたい場合におすすめです。

高出力LED

「高出力LED」は、名前の通りハイパワーな光が出せるタイプ。光の波長が適切であっても、光量が足りないと植物がうまく育たない場合もあります。育てる植物に応じて、適切な光量を選択するのがポイント。

卓上や小さな棚の上で植物を育成する場合には必要ありませんが、ガーデニングの規模が大きい場合におすすめです。また、室内の隅々まで光を届けたい場合にもおすすめ。高出力LEDはハイパワーな分、発する熱も高いため、使用する際は植物との距離に注意しましょう。

調光機能LED

「調光機能LED」は、光の色が調節できるタイプの植物育成ライトです。太陽光に含まれているさまざまな波長の光を再現できるため、発芽から結実、または収穫までに必要な光を効率よく与えられます。

適切な室温や肥料と組み合わせて使用すれば、収穫までの期間を調節できるのが魅力です。

設置の方法で選ぶ

吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

広い範囲に光を照射したいのであれば「吊り下げタイプ」がおすすめ。天井から吊り下げて、広範囲にわたって均一な光の照射が可能です。照射範囲が狭いLED照明のデメリットを補いやすいのもメリット。部屋の広い面積で植物を育成する場合に便利です。

ただし、天井に照明を吊り下げられるスペースが必要。クリップタイプやアームタイプに比べると設置に手間がかかる点にも留意しておきましょう。

クリップタイプ

By: amazon.co.jp

「クリップタイプ」の植物育成ライトは、クリップで挟んで簡単に設置できるのがメリット。デスクやラックなどの家具周辺にも取り付けやすく、設置に工具が必要ない点も魅力です。ただし、クリップで挟めるモノが周囲にない場合には設置ができないというデメリットもあります。

また、電源の供給に配線が必要なので、コードが届く範囲にコンセントが必要。手軽に設置でき、設置場所を簡単に変更できるモノを探している方におすすめです。

アームタイプ

By: amazon.co.jp

「アームタイプ」は、フレキシブルに動かせるアームの先に植物育成ライトを搭載しているタイプ。光を照射する位置を細かく調節できるのがメリットです。アームの長さは数10cm程度の製品が多いので、小さい植物の育成におすすめ。デスク上やラックに植物を置いている場合にも便利です。

逆に高さのある植物や、大きな鉢に入った植物には、アームの長さが足りない場合があるので注意しましょう。

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

「スタンドタイプ」は、名前の通りスタンドの先に植物育成ライトを搭載したタイプ。背の高い観葉植物の横に並べて設置する場合におすすめです。

スタンドタイプの植物育成ライトは、スタイリッシュなデザインのモデルが多く、インテリアや部屋とマッチしやすいのも特徴。部屋の景観を損ねたくない場合には、白い光をベースとしたスタンドタイプを選びましょう。リビングやダイニングなどで、観賞用の植物を育てている場合におすすめです。

植物育成ライトのおすすめ

SMARTUP 植物用ライト

2色のライトを使い分けて光合成と成長を促す

赤色と青色のLEDライトを搭載した植物育成ライトです。VEGボタンで設定できる赤色のLEDライトは光合成を促し、BLOOMボタンで設定できる青色のライトは葉や実の成長を促す効果があるとされています。

本製品は「VEG」と「BLOOM」のボタンを使い分けて光の調節も可能。本体背面には冷却用のファンも搭載しています。点灯時間が長い場合でも、安定した動作ができる仕様です。

また、コンセントの接続口も搭載されているので、本製品を複数つなげても利用可能。光を照射する面積が広い場合におすすめです。

YC LED植物成長ランプ

1200Wとハイパワーながら自然光に近い色味で部屋になじむ

1200Wのハイパワー設計が特徴の植物育成ライト。適用範囲が広めで、同時に複数の植物に光を当てられます。自然光に近い色なので、部屋の雰囲気を損ないにくい仕様です。

静音冷却ファンとアルミ製ラジエータが搭載されているのもポイント。ランプ内の熱がこもりにくく、LEDライトの過熱を予防すると謳われています。野菜や観葉植物の育成など、幅広い用途に使える植物育成ライトです。

Derlight 植物育成ライト

E26のソケットに対応し手ごろな価格も魅力

E26のソケットに取り付けて使用する、吊り下げタイプの植物育成ライト。414個のLEDチップが搭載され、100W相当のパワーがあると謳われています。光の種類はフルスペクトルで、太陽光に近い光を当てられるのが特徴です。

ライトのカバーは透明度の高いモノを採用し、植物へ均一に光を届けやすい仕様。植物の大きさに合わせてライトの照射角度を90°・180°に調節できるのもポイントです。価格は比較的手ごろなので、コスパのよいモノが欲しい方はチェックしてみてください。

OUMMET 植物育成ライト

100個のLEDダイオードが付いたフルスペクトル植物育成ライト。赤・青・白のライトだけでなく、UV LEDやIR LEDなども搭載されています。発芽から開花のサポートまで、さまざまな用途に使えるのが特徴です。

4時間・8時間・12時間のタイマー機能があり、設定した時間が経つと自動的に消えるのもポイント。光の当て過ぎを予防します。メモリー機能があるため、自動的に電源を入れることも可能です。多機能なモデルが欲しい方はチェックしてみてください。

ドーナッツファクトリー オリジナル 観賞用植物育成LEDライト

E26口金を採用した植物育成ライトです。一般的な電球ソケットに取り付けられるのが特徴。本製品は、植物工場向けのLEDと同様に赤色LEDを採用しています。青色の波長が多い白色も追加されており、観賞向けに改良されているのもポイントです。

使用には電球ソケットが必要ですが、気軽に導入が可能。比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

BARREL LED PlantLight 18W

クリップタイプで簡単に設置できる植物育成ライトです。18WのLEDライトは、観葉植物・花・葉物植物・サボテンなど、光合成を行う植物の育成が可能。肉眼ではあたたかみのある白ベースの光に見えますが、太陽の光を再現する赤や青の波長を強くしたライトが採用されています。

本製品を1日12時間×31日使用した場合、月の電気代は約147円。ランニングコストが気になる方におすすめです。クリップで挟める幅10〜25mmの場所であれば、どこでも簡単に設置できるのも魅力。コンパクトなサイズで、スペースが限られている場合にも設置できます。

ステンレス鋼を使用した本体はデザイン性にも優れており、外観を重視する場合にもおすすめです。

ZY 植物育成ライト

10WのLEDを2つ搭載した植物育成ライトです。赤や青、昼白色など、さまざまな波長の光が照射できるフルスペクトルLEDを搭載。種子の発芽や成長の促進などに効果が期待できる光を照射できます。

本体の素材にはアルミニウムを採用しており、放熱性を向上させているのもポイント。葉や花を傷めにくいだけでなく、LEDランプの寿命を伸ばす効果も期待できます。設置はクリップで挟むだけなので簡単。クリップの底面には壁掛け用の穴も開いており、壁面にも設置できます。

また、フレキシブルアームを採用しており、光の照射位置を細かく変更できるのもおすすめのポイントです。

SHUIBIAN 植物育成ライト

4本のチューブを採用した植物育成ライトです。合計で80個のLEDライトを搭載しており、9段階で調光が可能。さまざまな植物の異なる成長過程に適した強度の光を照射できるのが魅力です。光の色は、黄・紫・黄と紫の3種類で切り替え可能。光合成はもちろん発芽や開花、結実も促進する効果が期待できます。

時間を設定しておけば、3時間・9時間・12時間後に自動で電源OFFが可能。サイクルタイマーによって、毎日時間を設定する必要がない点もおすすめです。4つのチューブにはそれぞれフレキシブルアームが搭載されており角度調節が可能。広い範囲に光を照射できるのもメリットです。

Lominie アクアリウム ライト

水草用におすすめの植物育成ライト。ボタンスイッチでONとOFFを切り替えでき、操作が簡単で使い勝手に優れているのがメリットです。本製品にはフレキシブルアームが搭載されているので、光の照射角度を細かく調節可能。アーム部に防錆加工が施されているのもポイントです。

シンプルながら洗練されたボディデザインは、水槽ともマッチします。頑丈なプレミアムアルミニウムハウジングが採用されている点もおすすめです。

Ustar Tech 植物育成ライト

金属製のフレキシブルアームを採用し、360°好きな角度から植物に光を当てられるモデル。5段階の調光機能が搭載され、植物の成長段階に応じて光を調節できます。クリップタイプなので、工具を使わず家具に固定できるのもポイントです。

青・赤・青+赤の3種類から光の色を選択でき、植物の状態に適した光を当てることが可能。3時間・6時間・12時間のタイマー機能も搭載され、消し忘れも予防できます。テーブルや棚などで育てている観葉植物におすすめのモデルです。

Hommit1 植物育成ライト

80〜1400ルーメンまで無段階に調光できるモデル。植物の種類や状態に応じて、適切な明るさの光を当てられます。クリップ式スタンドを採用しているため、テーブルや棚などに挟むだけで設置できるのもポイントです。

4つのヘッドが搭載されており、複数の植物にまんべんなく光を当てやすいのも魅力。ステンレス製のフレキシブルアームを採用しているため、ライトが当たる角度も自由に調節できます。

さらに、タイマー機能も搭載。時刻を設定しておけば、自動的に電源をつけたり消したりできるので、外出時にも重宝します。多方向にライトを当てたい方やタイマーを利用したい方におすすめです。

BARREL LED PlantLight 10W

高さ50cmのスタンドを採用した植物育成ライトです。台座の直径は約12cm。ライトの直径は約8.5cmなので、小さめの植物用におすすめです。台座とライト部分をつなぐアームはフレキシブルタイプで、光を照射する位置の変更が可能。植物の大きさにあわせて、ライトの位置を調節できます。

ヘッド部や台座部にはアルミニウム、アーム部にはスチールを採用。本体は800gと軽量なので、設置場所を頻繁に変更する場合にも便利です。

BARREL LED PlantLight 110cm

高さ約110cmのスタンドタイプ植物育成ライトです。植物にとって効果的な波長で作られたライトを採用しています。肉眼だと光の色は白色に近く、リビングやダイニングへの設置にもぴったり。レンズを使用しておらず、反射板で制御する集光方式を採用しています。

シンプルながらスタイリッシュなデザインで、インテリアや部屋にマッチしやすい点もおすすめです。

ジェントス(GENTOS) 植物ライト IK-S72G

野菜作りや植物観賞用に適した植物育成ライトです。太陽光に近い高演色(Ra95)LEDを搭載。自然な太陽の光を再現しており、植物の色合いをキレイにはっきりと照らせるのがポイントです。

明るさは、育苗モードと育生モードの2種類を切り替え可能。植物の成長過程にあわせた光量が調節できます。本体サイズは約22×53×22cm。コンパクトなサイズなので、小さめの植物用としてもおすすめです。

ジェントス(GENTOS) そだつライト DK-S91SB

高さ30cmまでの容器に対応する植物育成ライトです。水草の育成やテラリウム、ボトリウム、観賞魚、苔玉用ライトにおすすめ。太陽光に近いRa90の光が出せ、明るさは3段階で調節ができます。

照射対象物にあわせて、透明版と散光板、2種類のレンズを使い分けられるのもポイントです。また、スイングアームを採用しているので、光の照射方向は細かく調節可能。付属のシリコンスペーサーを利用して、台座より大きな容器に設置もできます。

iGrowtek 卓上育成ライト

パワフルなフルスペクトルウォームホワイトLEDを採用した植物育成ライトです。12時間ONと12時間OFFの自動タイマー機能を搭載。点消灯忘れを予防できるのがメリットです。アーム部にはフレキシブルプラスチックパイプを採用。さまざまな高さの植物に対応できる仕様です。

本製品には自水式の植木鉢も付属。最大で10日間、自動で水やりができる機能を搭載しているのもおすすめのポイントです。

はせがわさとう商店 ルーチェ・マンハッタン

洗練されたデザインと実用性を両立した植物育成ライトです。植物に必要な色温度や照度を保持したまま、インテリアとしても楽しめるデザインを実現しています。

本製品のサイズは約10×63×10cmとコンパクトで、卓上で植物を育てたい場合にも便利です。また、給電がUSBから行えるのもポイント。重量が約180gと軽い設計なので、移動して使用したい場合にもおすすめです。

植物育成ライトのAmazonランキングをチェック

植物育成ライトのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。