刀のような形と輝く魚体が美しいタチウオ。食べてもおいしい魚で、1mを超える大型サイズが釣れる場合もあり、多くの釣り人を魅了しています。各メーカーから専用のタックルが販売されており、「タチウオルアー」の種類も豊富です。

しかし、はじめて購入する場合はどれを選んだらよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、タチウオルアーのおすすめモデルをご紹介します。選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

タチウオルアーの魅力

By: jackall.co.jp

タチウオはエサを使う投げ釣りのほか、ルアーフィッシングでも狙えます。ただし、エサ釣りはエサの用意やセット、仕掛けのセッティングなどに時間を要するのがデメリット。エサで手が汚れやすいのも懸念点です。

タチウオルアーを使用すれば、頻繁に交換する必要がなくセットも簡単。手返しの早い釣りを展開できます。とくに、タチウオが活発に捕食活動する時間帯(時合い)で集中的に数を釣ることが可能です。エサの交換や手間がなく、慌てる必要もありません。

また、タチウオルアーは種類が豊富なのもメリット。タイプやカラーの違うルアーをローテーションすれば、当日のヒットルアーを見つけやすくなります。

タチウオがヒットした際は、ルアーを巻き上げているときにゴツゴツとした独特のアタリがあり、引きは強烈。ダイナミックな釣りを楽しめるのも魅力です。

タチウオルアーの選び方

種類をチェック

メタルジグ

By: daiwa.com

ロッドをあおってリアクションバイトを誘うのが「メタルジグ」。重量があり、ロングキャスティングして沖目のポイントを幅広くサーチしたい場合にも活躍します。また、沈むのが早く、船釣りでタナが深いときに手返しよく攻められるほか、強風下で使いやすいのもメリットです。

なお、タチウオ専用に開発されたメタルジグも豊富。なかでも、派手なカラーリングを施したモデルはタチウオに対して猛烈にアピールするほか、独特なダートアクションで誘うモデルもあります。

使い方としては、着水して海底まで沈めたら2~3回素早いロッドワークでジャーク。再びメタルジグを沈めて、ジャークを繰り返します。フォール中にバイトすることも多く、バイトを感じたら即アワセてみてください。

バイブレーション

By: amazon.co.jp

「バイブレーション」は、さまざまなジャンルのルアーフィッシングで使用されているルアー。リーリングするとヘッドで水を受けてボディが小刻みに震え、タチウオにアピールするのが特徴です。

メタルジグ同様、重量のあるモデルが多く、ロングキャストして広い範囲をサーチするパイロットルアーとしても活躍。タチウオルアーでは、薄い形状の鉄板バイブが主流です。基本的にロッドアクションはおこなわず、ただ巻きで使用するのが一般的。リップがないため、巻き抵抗が少なくスムーズにリーリングできます。

多種多様なモデルが各メーカーから販売されており、さまざまなシチュエーションに対応するためにはカラーリングにも注目。天候や時間帯などによってルアーをローテーションしながら、当たりルアーを見つけるのが釣果を上げるコツです。なお、ワームと同じ素材を採用したソフトモデルも多数販売されています。

ミノー

By: rakuten.co.jp

「ミノー」は小魚を模した、細長い形状が特徴のルアー。ルアーのなかでもポピュラーなタイプで、さまざまなジャンルの釣りで使用されています。リップを搭載しており、リーリングした際に抵抗を受けて潜行する仕様。リップの角度や長さ、形状によって潜行深度が変わります。

タイプとしては大きく分けてフローティング・サスペンド・シンキングの3種類。タチウオルアーでは、長いリップを搭載して深く潜る「ロングビルタイプ」が主流です。

ワーム

By: amazon.co.jp

「ワーム」は、軟質プラスチックで成形されたルアー。小魚やエビなど、さまざまなベイトフィッシュを模したモデルが販売されています。タチウオ釣りでは、オモリとハリが一体化している「ジグヘッド」にセットして使用するのが一般的。専用のジグヘッドが用意されているモデルもあります。

なお、最近はジグヘッドにワームをセットしてロッドを上下に誘う「ワインド釣法」が人気。ワームが左右にダートして、リアクションバイトを誘います。底まで沈めたらロッドをしゃくりながらリーリング。表層まで巻き上げてバイトを誘います。なお、ワインド釣法に関してはそれに適したロッドを用意するのがおすすめです。

サイズをチェック

By: jackall.co.jp

タチウオルアーのサイズは、活性・サイズ・ポイント・ベイトフィッシュの大きさ・季節を考慮して選択するのが一般的。タイプによって異なるものの、80~140mm程度のモデルが主流です。さまざまな状況に対応するためにも、幅広いサイズを揃えておきましょう。

堤防に多く集まる小魚を狙ってタチウオが浅場に入ってきている場合は、やや小さめのモデルをチョイス。型の小さいタチウオの数釣りにも適しています。オフショアで大型をターゲットにする場合は、大きめのルアーを選ぶのが一般的。とくに、11~12月頃は大きめのルアーを使うのがおすすめです。

タチウオルアーのおすすめ

メジャークラフト(Major Craft) メタルジグ ジグパラ ショート

タチウオに対して猛烈にアピールするメタルジグ。空気抵抗の少ない形状によって飛距離がしっかりと出るのが特徴です。扱いやすいセンターバランスでフィールドやアクションを選ばないのもポイント。オールラウンドに使えるタチウオルアーを探している方におすすめです。

フロントとリアには日本製オリジナルフックを搭載。引き重り感の少なさでハイピッチからスローなジャークまで、さまざまテクニックに対応します。本モデル以外にも20~60gまでの最大20色をラインナップし、状況に合わせてローテーション可能です。

ダイワ(Daiwa) タチウオルアー 鏡牙ジグ ベーシック

同社のタチウオ専門ブランド「鏡牙」のメタルジグです。タチウオの捕食行動を研究して開発した、センターバランス設計を採用。引き抵抗を大幅に軽減させた形状により、負担を抑えながら釣果アップをサポートするタチウオルアーです。

また、カラー・ウエイトともにラインナップが豊富なのもポイント。単品指名買いはもちろん、異なるタイプを複数購入したり、まとめ買いしたりするのもおすすめです。

ダイワ(Daiwa) タチウオルアー 鏡牙ジグ セミロング

タチウオ専用メタルジグとして開発されたタチウオルアーです。食い渋り時のタチウオの捕食行動を研究して生まれた、非対称セミロング設計を採用。低活性時にスローなジャークで食わせたいシーンにおすすめのモデルです。タチウオの鋭い歯ではがれにくいHD塗装を施しています。

重さは100gで、船釣りでのスロージギングで活躍。タチウオ専用モデルながら、高い性能によって青物や根魚にも対応可能です。

ダイワ(Daiwa) タチウオルアー 鏡牙ジグRF

タチウオが立ち泳ぎしなら捕食活動する点に注目して開発されたメタルジグです。バランスをリアに集中させて、早いフォールでレンジに到達。ジャーク後にバランスを崩しにくく、横向きにならないように設計されています。センターバランスのジグで食わないシーンで試してみたい、おすすめタチウオルアーです。

トレンドが反映されたカラーリングを採用し、タチウオにアピール。コントラストのはっきりした高輝度グロー塗料を使用しているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) サムライ太刀 ケミバイブ 84S

高強度ABSソリッドボディを採用したバイブレーションです。貫通ワイヤーの搭載と相まって、タチウオの鋭い歯や堤防にぶつけても破損の心配が少なく済みます。耐久性に優れた、長く愛用できるタチウオルアーを求めている方におすすめのモデルです。

フォールスピードは遅めで、フォール中のアタリを取りやすいタイプ。レンジキープしやすく、タフコンディション下でスローに誘いたいシーンでも活躍します。ボディ腹面にケミホタル25を挿入できる「ケミカルライトホルダー」を搭載している点にも注目です。

ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR

全長125mm、重さ26gのスローシンキングタイプのミノーです。潜行レンジ2m以上とレンジキープ能力に優れ、堤防や磯場で中層を攻めたいシーンにおすすめ。「タングステンウエイトワイヤーオシレート機構」によってロングキャストしやすいのも特徴です。

ただ巻きのスローリトリーブで楽に釣れる引き心地と、魚にアピールするフラッシングや波動を発生させるのもポイント。低活性時のシビアなシチュエーションでも活躍します。

シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン XM-140N

シーバス向けミノーながら、タチウオルアーとしても活躍するモデルです。重心移動システム「AR-Cシステム」を搭載。ロングキャストで広くサーチしたいシーンに役立つおすすめモデルです。バネ式重心制御を採用し、着水時には安定姿勢で立ち上がります。

独自開発のオリジナルホログラム「狂鱗」により、タチウオに対して猛烈にアピール。複数のカラーがラインナップされており、ローテーションすればさまざまな状況に対応可能です。

ジャッカル(JACKALL) メタルジグ アンチョビメタル タイプ3

スリムシェイプによるトリッキーなフォールアクションができるメタルジグ。ノーアクションでタチウオを誘える、タフなコンディション下でおすすめのタチウオルアーです。

長さ140mm、重さ130gでオフショアでのジギングで活躍。そのほか、最大250gまでの重量級モデルを選択できるラインナップの豊富さも魅力です。当モデルのタチウオパープルにくわえ、10カラーから選択してローテーションできます。

ジャッカル(JACKALL) 陸式アンチョビミサイル

ABSプラスチックボディ採用のタチウオルアーです。全長120mm、重さ35gの岸釣り専用モデル。バランスの優れたウエイト配置により、操作性に優れています。快適なアシストフックセッティングが可能で、高いフッキング率も魅力のおすすめモデルです。

タチウオのアタリを捉えやすく、状況を把握するパイロットルアーとしても活躍。優れたレンジキープ能力を備えているのも魅力です。

ジャッカル(JACKALL) ビッグバッカー ソフトバイブ 太刀魚パープルグローストライプ

ワームボディを採用したソフトバイブレーションです。鉄板バイブと異なる波動を発生させて、タチウオにアプローチ。全身から発生する柔らかい波動がタチウオの食い気を刺激する、低活性時に役立つおすすめのタチウオルアーです。

ソフトボディは、シャッドテールとピンテールの形状が異なる2種類を同梱しているのも注目ポイント。フィールドの状況や魚の活性に合わせて使い分けられます。ソフトボディのスペアも別売りされているため、破損したときの交換やカラーチェンジも可能です。

コアマン(Coreman) IP-26アイアンプレート シルバークロー

鉄板バイブレーションの定番として人気のルアーです。ボディに合わせて専用設計された、シングルフックを搭載してアップデートしたモデル。空気抵抗を従来飛モデルよりも抑えることで距離がよりアップしています。シーバス向けルアーながら、タチウオルアーとして広いエリアをサーチしたいシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

シングルフックへの変更は飛行姿勢を安定させているほか、フォール中にフックが絡むトラブルも軽減。1本のフックがタチウオの口にがっちりと掛かるため、バラシも防げます。全長75mm、重さ26gの軽量コンパクトサイズにまとまっているのもポイントです。

アズーロ(Azzurro) メタルバイブレーションII

タチウオルアーとしてはもちろん、シーバスや青物などソルトルアーフィッシング全般で活躍する鉄板バイブレーション。大阪湾を知り尽くしたスタッフによってテストされており、信頼度が高いのが特徴です。

飛距離や振動、シルエットを専用設計したモデルで広いエリアをサーチするパイロットルアーとしておすすめ。重さは26gで、キャスティングゲームに適しています。

スミス(SMITH) サラナ MD110S

重心移動システムを採用したミノータイプのタチウオルアーです。高比重タングステンウエイトを内蔵し、大きめのリップを搭載しながら飛距離に優れているのが魅力。とくに広い範囲を探りたいシーンにおすすめのモデルです。

浮き上がりにくいレンジキープ力を備えているほか、切れのよいウォブリングアクションができるのも特徴。タチウオをはじめとする噛みつき系バイトに対応するために、3箇所にフックを搭載しています。

フィッシュアロー(Fish Arrow) フラッシュ-J4 SW

アルミホイルを内蔵して、フラッシングで誘うワームです。発光素材「ルミノーバ」を使用して、蓄光時間約8分を実現したモデル。ナイトゲームや濁りの強いシーンにおすすめのタチウオルアーです。フォーミューラーを練り込んでおり、ニオイでもタチウオを誘います。

ダートやただ巻きなど、さまざまなテクニックに対応可能。専用のジグヘッド「フラッシュヘッド」にマッチします。

エコギア(Ecogear) ワーム パワーシャッド

タチウオをはじめとする、フィッシュイーターの捕食本能を刺激する形状が採用されたワームです。逆三角形のテールと張りのあるマテリアルによる、力強いウォブリングアクションが特徴。強力な波動で広範囲の魚にしっかりとアピールできる、おすすめタチウオルアーです。

ノーシンカーからヘビーウエイトジグヘッドまで対応する、オールラウンドな仕様。ベイトフィッシュが表層に見えるシチュエーションや、ノーシンカーリグのスイミングで攻略したいときに有効です。

オンスタックルデザイン マナティー 90

タチウオのワインド釣法におすすめのワームです。ジグヘッドをセットする位置に穴が設けられており、スムーズにセッティング可能。ワインド釣法初心者にも適しています。すばやいカラーローテーションで、スレたタチウオを攻略したいシーンでも活躍するタチウオルアーです。

スーパーハードマテリアルを採用しており、魚にアピールするダートアクションと波動を生み出せるのも魅力。スパッと水を切り裂くようなダートを実現しています。