バターのカットに用いる「バターカッター」。使いやすいサイズに切り分けて、バターをトーストや料理に使う際に便利なアイテムです。また、さまざまなタイプが展開されており、使用目的によって選べるのもポイント。

そこで今回は、用途に応じたバターカッターの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。選び方やそれぞれの特徴も解説するので、参考にしてみてください。

バターカッターのメリット

By: amazon.co.jp

通常、バターはブロック状の塊のまま販売されている場合が多く、そのまま使うには大きすぎることがあります。また、冷蔵庫で冷やされて硬くなっていたり、油で滑りやすかったりと、包丁やナイフでは切るのが難しいのも難点です。

バターカッターであれば、バターの上から押し込むだけで簡単にカットが可能。きれいに細かく切り分けられるので、パンに塗ったり調理に使ったりするのにも便利です。切り分けた状態で保存しておけば、必要なときにいつでもスムーズに使えます。

バターカッターとバターナイフの違い

By: amazon.co.jp

バターカッターはバターをカットして小分けするのに適している一方で、バターナイフはバターを削ってパンに塗るために使うのが主な用途。そのため、それぞれの特徴も異なり、バターの用途によって使い分けが必要です。

バターナイフでは、大きな塊のバターをきれいに切り分けるのには不便。また、バターカッターで小量のバターを削ってパンに塗るのも難しいので、目的に応じた使い方をするのがおすすめです。

バターカッターの選び方

カットするバターのサイズに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

市販されているバターは200gが一般的なサイズで、バターカッターも200gに対応するタイプが多くラインナップされています。450gと大きなサイズのバターも販売されているため、普段からバターの使用が多い場合はバターのサイズに合ったモノを選ぶのがポイントです。

大型サイズに対応できるバターカッターであれば、450gの大きなバターでもスムーズなカットが可能で、ストレスなく使えます。

小分けにするなら等分できるモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

バターはトーストやお菓子作りなどのさまざまな料理で使う際に、あらかじめ小分けにして保存しておくと便利。格子状の刃が備わったバターカッターであれば、簡単に小分けにできるのでおすすめです。

また、用途に応じて小分けにするサイズで選ぶのも重要。トーストに使うのであれば5g、お菓子作りや調理に用いる場合には10gにカットできるタイプを目安に選んでみてください。

カットしたまま保存するならケース付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

小分けにカットしたバターをそのまま保存するのにおすすめなのが、ケース付きのバターカッター。小分けにした状態でケースに入れておけば、使うときに必要な量だけをすぐに取り出せて、また冷蔵庫などで保存しておけるので便利です。

使う際に毎回パッケージから取り出して、必要分をカットしたり削ったりする手間が省けるのも魅力。何度も包み紙を手で触らずに済むため、衛生面でも優れています。

自由なサイズにカットするならまな板付きがおすすめ

By: rakuten.co.jp

普段からバターを使うことが多い方は、まな板付きのバターカッターをチェックしてみてください。何個もバターをとり出す必要がなく、より便利に使用できます。

まな板付きのタイプを使用すれば、用途に応じて必要なサイズでカット可能。また、5gや10gなどの小分けはもちろん、大きくカットしたいときにも活躍します。

バターカッターのおすすめ

小久保工業所(KOKUBO) 大さじ1杯バターカッター

約12gの大さじ1杯分に、手軽に切り分けられるバターカッター。刃のラインをバターの端に合わせて調節すれば、約4gの小さじ1杯分にもカットできます。

コンパクトなので必要なときに使う量だけカットして、残った分は包装したままで保存しておけるのもポイント。使い方も簡単で、バターの端でサイズを調節しつつ、上から刃を真っすぐに押し込めばスムーズにカットできます。シンプルで扱いやすく、状況に応じて使い分けたい方におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) カッター シルバー CC-1252

使う分量だけを便利に切り分けられるバターカッター。刃を角に合わせ、上から押せばスムーズにカットできます。約5gで切れるメモリも付いているため、計量して切り分けやすいのもポイントです。

また、ギザ刃を搭載しているので、トーストに使いやすいふわふわのバターも作れます。さらに、素材はサビや腐食に強いステンレス鋼を採用。お手入れがしやすいうえ、食洗器や乾燥機にも対応しているので衛生面を重視する方にもおすすめです。

オークス(AUX) レイエ ワイヤーでスーッと切れるバターカッター LS1551

上からひと押しするだけで、簡単にカットできるバターカッター。ステンレス製で頑丈なため、200gのカットはもちろん、450gの大きなバターでもスムーズに切り分けが可能です。

200gのバターでは約5g、450gで約11gに均等にカットでき、料理やトーストなど幅広い用途で便利に使えます。また、薄切りにできるので溶けやすく、トーストやパンケーキなどに使いやすいおすすめアイテムです。

佐藤金属興業(SALUS) バター&チーズスライサー

キッチン用品や生活雑貨など、おしゃれで便利なアイテムを手掛ける「佐藤金属興業」のバターカッター。厚めにカットできるため、分量を多めに切り分けておくのに適しています。

サイズは幅19.5×奥行き7×高さ2.5cmとコンパクトで使いやすく、光沢感のあるおしゃれなデザインも魅力。また、バター以外に、チーズのカットもできます。おしゃれで手軽に使えるバターカッターを愛用したい方におすすめです。

バターカッターのおすすめ|ケース付き

スケーター(SKATER) ステンレスバターカッター&ケース バターナイフ付 BTG2DX

200gサイズのバターを10gの分量で20個に等分して保存できる、ケース付きのバターカッター。先割れタイプで、小分けにしたバターを取りやすいバターナイフも付いています。バターをカットして、すぐにパンに塗れるので便利です。

保存する際はカットに使ったバターカッターを敷いた状態で、バターナイフも一緒にケース内に入れておけます。利便性の高いバターカッターを求める方におすすめです。

曙産業(AKEBONO) カットできちゃうバターケース ST-3005

バターの上から蓋で押して簡単に切り分けられるバターカッター。直接手を触れずにカットできるので、手が汚れないうえバターも清潔に保てます。ケース付きで、カットしてそのまま保存できるため便利です。

約5gの薄切りに切り分けが可能。お菓子作りをはじめ、トーストやパンケーキに使いやすいサイズにカットできるのも魅力です。また、バターをカットするワイヤーにはステンレススチールを採用。サビや腐食に強く、手入れがしやすいのもポイントです。使い勝手に優れたバターカッターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

貝印 バター5gカット保存ケース FP5150

高性能な生活雑貨を幅広く展開する大手メーカー「貝印」が手掛けるバターカッター。切り分けられる分量の目安は、150gサイズのバターで約3.7g、200gサイズで約5g。細かく切り分けられるため、料理やトーストなどに使いやすいのも魅力です。

また、価格も比較的安いのも魅力。コスパが高く手軽に使えるバターカッターを愛用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヨシカワ(YOSHIKAWA) 保存ができるバターカッター SJ2088

200gと450gのバターに対応する、2種類のワイヤープレートが付属したバターカッター。200gサイズのバターで約5g単位、450gのバターで約10g単位に切り分けられます。

また、手で直接触れずにバターがカットできるので、衛生的に使えるのもポイントです。さらに、カットした後はそのまま蓋をするだけで、簡単に冷蔵庫などで保存できて便利。使い勝手のよさを重視する方におすすめのバターカッターです。

バターカッターのおすすめ|まな板付き

uxcell スライサー

使用目的に応じて、自由なサイズでバターをスライスするのにおすすめの製品。まな板にバターを置き、ハンドルでワイヤーを操作して切りたい部分でカットします。大量にバターを使いたい場合や、5gや10gよりもさらに少量のサイズで薄くカットしたい場合に便利です。

バターだけでなく、チーズ・果物・野菜・など幅広い食材をカットでき、汎用性が高いのも魅力。また、ステンレス製で光沢感があり、スタイリッシュなおすすめアイテムです。

プロダイン(PRODYNE) 木製チーズスライサー BB-120

チーズスライサーとしてだけでなく、バターカッターとしても使用できる製品。幅広い食材をカットできるのが特徴です。また、木目調のおしゃれなデザインもポイント。キッチンのインテリアとしても活躍します。

用途に応じて自由自在にサイズを調節してカットできるので便利。使い勝手のよさだけでなく、デザイン性の高さにこだわる方にもおすすめです。