旅行先などのスマホ撮影であると便利なのが「自撮り棒」。当初はスマホを固定する機能しかなく、シャッターが押しにくいデメリットがありましたが、最近では手元のスイッチでシャッターが切れるなど、使い勝手のよい製品が発売されています。

そこで今回は、自撮り棒の人気おすすめ製品をランキング形式でご紹介。スマホ撮影の楽しみがグッと広がるので、ぜひチェックしてみてください。

自撮り棒の種類

イヤホンジャックタイプ

By: amazon.co.jp

スマホのイヤホンジャックに自撮り棒のケーブルを繋げることで、手元でのシャッター操作ができるタイプ。簡単に自撮りを楽しめるのでおすすめです。

ただし、装着しているスマホケースがイヤホンジャックを塞いでしまっている場合は、自撮り棒を使う度にケースを取り外す必要があるので注意しておきましょう。

Bluetoothタイプ

By: elecom.co.jp

Bluetoothでスマホとリモコンをペアリングして使用するタイプ。初期設定の手間はかかりますが、ケーブルを繋げなくても手軽に自撮りできる点が魅力です。撮りたいと思ったときに素早く対応できるのでおすすめ。イヤホンジャックが廃止された「iPhone 7」以降のiPhoneシリーズでも使えます。

なお、Bluetoothタイプの自撮り棒は本体の充電が必要なので、使用前に電池の残量をチェックしておくと安心です。

自撮り棒の選び方

対応機種で選ぶ

所有しているスマホに対応しているかどうかの確認も重要。iOS、Androidのどちらに対応しているかをしっかりと確認しておきましょう。

自分のスマホに使うだけであれば、iOSとAndroidのどちらか一方に対応していれば十分ですが、家族や友達同士で共用をするのであれば、両方のOSに対応している自撮り棒が便利です。

撮影のしやすさで選ぶ

自撮り棒は、伸びる長さや手元の素材によって、撮影のしやすさや使用感が異なってきます。目安としては、長さ70cm程度の自撮り棒がおすすめ。汎用性が高く、使い勝手も良好です。

なお、棒が長いタイプは視野角が広いですが、その分使いにくい側面もあります。自分の用途に合わせて適切な長さのモノを選びましょう。

また、手元の素材はゴムやスポンジなどを採用し、しっかりと握れるタイプがおすすめ。撮影時の安定感が高いので、写真の手ブレが抑えられます。ぜひチェックしておきましょう。

携帯性で選ぶ

自撮り棒は旅行先などに持っていくことが多いので、携帯性が重要。購入する際は、収納時の大きさを事前に確認しておきましょう。

なお、自撮り棒の重量も使い勝手に関わってくる部分なので、アイテムの重さがストレスにならないかどうかもポイント。一方で、軽すぎると耐久性が低い場合もあるので、購入する際はバランスを考慮して選びましょう。

三脚の有無で選ぶ

集合写真などの画角が広い撮影には、三脚付きの自撮り棒がおすすめ。三脚を地面に設置して使えるので、手ブレせずに広い範囲を撮影できます。また、自分一人でも風景と自分の全身を収めるような写真が撮れるのも魅力。集合写真を撮る機会が多い方だけではなく、一人で遠出をする機会が多い方にも適しています。

付属品として三脚パーツが付いてくるモノや、三脚パーツを内蔵しているモノなど、三脚付き自撮り棒の種類はさまざま。三脚パーツの使用頻度や、自分好みの使い勝手に合わせて選ぶようにしましょう。

自撮り棒が禁止されている場所

自撮り棒は、さまざまな場所で自撮りができる便利なアイテムですが、場所によっては使用を禁止しているところもあるため注意が必要。例えば、人気テーマパークの「東京ディズニーランド」は、ゲストの安全を守るために自撮り棒の使用を禁止しています。

また、花火大会の観客席内などでも、自撮り棒の使用が禁じられる場合があります。テーマパークや遊園地などはもちろん、各種イベントなどでも自撮り棒が使えるかどうかを事前に確認しておきましょう。

自撮り棒のおすすめ人気ランキング

第1位 Hohem iSteady X スマホジンバル

軽量でコンパクトサイズなので持ち運びに便利

3軸ジンバル設計を採用した重さわずか259gの自撮り棒です。コンパクトサイズに折り畳めるので、カバンやポケットに収納してどこへでも持ち運べます。

専用アプリ「Hohem Pro」を利用することで、美容モードや顔追跡、トラッキングモーションや自動クリップ共有などがスムーズにできるのも魅力。Vlogを作ったり、SNSで気分をリアルタイムで共有したりできます。

さらに、幅広いサイズのスマホに対応しているのもポイントです。幅55~90mm、最大6.5インチまで取り付けられるため、「iPhone11 Pro Max」や「iPhone SE第2世代」などでも使用可能。

コンパクトかつ汎用性の高い自撮り棒を探している方は、チェックしてみてください。

第2位 エレコム(ELECOM) Bluetooth自撮り棒 P-SSB01R

Bluetooth接続可能で撮影が簡単

Bluetooth接続に対応した自撮り棒です。手元のボタンを押すだけで簡単にシャッターを切ることが可能。ボタンは取り外して「ワイヤレスリモコン」としても使えるため、離れた位置からも撮影できます。

幅85mmまでのスマホに対応。スティックは最大103cmまで伸ばせるロングタイプで、使用しないときは約20cmまでコンパクトに収まるため、旅行やアウトドアなどのシーンでも持ち運びやすいのが魅力。コスパに優れたおすすめの自撮り棒です。

第3位 Ginova Bluetooth 自撮り棒

1本でさまざまなシーンに活躍する自撮り棒

7段階で伸縮できる自撮り棒です。最大100cmまで本体を伸ばせるほか、20cmのコンパクトサイズに折り畳めるのが特徴。耐久性に優れたアルミ素材を採用しており、重量はわずか235g。かさばらないサイズで旅行にもぴったりです。

シャッター用にBluetoothリモコンが付属。スマホから最大10m以内で遠隔操作を行えるため、風景や集合写真にもおすすめです。幅5.2~10.5cmまでのiPhoneおよびAndroid端末に対応しており、スマホを機種変更してもそのまま使用できます。

第4位 JPARR 三脚一脚兼用 自撮り棒 L07

LEDリングライトが付いた便利な自撮り棒です。暖色から白色まで9段階での調光に対応しており、夜間など暗い場所での撮影に便利。また、ホルダー部分が360°回転するため、撮影する景色や被写体に合わせて自由自在に角度を調節できます。

幅広いデバイスとの互換性を有しているのも魅力。iPhone・Androidのスマホはもちろん、GoProシリーズにも対応しています。わずか310gの軽量設計に加え、コンパクトに収納できるので、旅行やアウトドアなどにもおすすめのモデルです。

第5位 rakum 自撮り棒 XT09

コンパクトに収まる自撮り棒です。長さは最短19cm、重量はわずか120gなので、カバンに入れても邪魔になりません。本体には、耐久性に優れたABS素材が採用されているほか、ヘッド部分には保護パッドが取り付けられており、装着時にスマホへの傷を防げるのが魅力です。

遠隔でシャッターを切れるBluetoothリモコンが付属しているので、撮影チャンスを逃したくない方に適しています。さらに、最大68cmまで5段階で長さを切り替えられるため、視野の広い写真を撮影する際におすすめのモデルです。

第6位 SanDony 自撮り棒 ADYSS-A19

LEDライトを搭載した自撮り棒です。シーンに合わせて、暖色から白色まで3段階で調光できます。また、三脚部分には滑り止め用のゴムが取り付けられており、撮影中の転倒を防げるのが魅力。

自由に長さを調節できるのも本製品の特徴です。22~110cmの範囲内で、8段階で切り替えられます。さらに、360°回転する雲台を備えており、広範囲に及ぶ景色のパノラマ撮影にも適したモデルです。

第7位 ZHIYUN Smooth X 自撮り棒 SM108-Gset

集合写真の撮影に便利な自撮り棒です。最大260mmまで伸ばせるため、高い位置から被写体を収められます。また、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しており、シャッターチャンスを逃すことなく撮影できるのが魅力です。

専用アプリ「ZY Cami」を利用できるのもポイント。撮影した画像や動画をスマホ上で加工できるため、TwitterやInstagramなどのSNSにそのまま投稿できます。アプリ内には複数のテンプレートが用意されており、スキルがなくても編集作業を楽しめるモデルです。

第8位 KKUYI 自撮り棒 AB-202

取り外し可能なBluetooth対応リモコンを搭載した自撮り棒です。最大10mの距離からでも、シャッターボタンを押すだけでタイミングを逃さずに素早く撮影を行えます。また、リモコンはリチウム電池による充電式で、最大24時間の撮影が可能です。

三脚の先に滑り止めのゴムが取り付けられており、屋外でも安定した撮影が可能。長さは19.5~84cmで伸縮し、コンパクトサイズに折り畳めるため、移動中の負担を軽減したい方にもおすすめのモデルです。

第9位 Besiter 自撮り棒 BST-KISS

リップスティックをモチーフにしたおしゃれなデザインの自撮り棒です。 コンパクトサイズに折り畳めるほか、重さは152gの軽量設計で携帯性も良好。ポーチやカバンの中に入れても邪魔になりません。

スマホに差し込むだけで使用できる有線タイプ。初期設定が不要なので、初心者の方にもおすすめです。手元部分にシャッターボタンが取り付けられているため、ワンタッチで撮影できます。

第10位 タクストア(TAKU STORE) 自撮り棒

最大66cmまで6段階で伸ばせる伸縮調節機能が付いた自撮り棒。前後180°の角度調節にも対応しており、自分好みの構図で自撮りができます。持ち手部分を開けば三脚として使えるのもポイントです。

また、本体には取り外し可能なシャッターボタンが付いているため、手元でカメラのシャッターが切れて便利に使えます。約128gと軽量で、持ち運びやすいのも魅力です。ピンクやグリーンなど、ブラック以外の色も用意されているので、自分の好みやスマホのカラーに合わせて選んでみてください。

第11位 Yibaodan LEDライト付き 自撮り棒

LEDライトを搭載した自撮り棒です。屋内や夜間など、暗所でも綺麗に撮れる製品を探している方におすすめのモデル。電球色・温色・昼白色と3種類の調光機能を備えているため、好みのライティングで撮影が行えます。電源にはUSB充電方式を採用しており、フル充電で約1.5時間使用することが可能です。

分離式のリモコンを搭載しているのも本モデルの特徴。Bluetoothで接続し10m以内であれば離れた場所からシャッター操作が行えます。グリップ部分が三脚になるため、家族や仲間と集合写真を撮る際に便利です。

本体重量は約215gと軽量。長さ19cmでコンパクトに折りたためるなど携帯性は良好です。Android・iPhone問わず幅が6〜9cmのデバイスに対応しているので、気になる方はチェックしてみてください。

第12位 Anero 自撮り棒

小型の自撮り棒を探している方におすすめのモデルです。折りたたみ時の全長が12cmと、iPhone 11よりも小さなサイズが特徴。女性のポーチなどにもスッキリと収納できます。また、重さが102gと非常に軽量なため持ち運ぶのも容易です。

コンパクトながら最大伸縮長は72cmと使い勝手のよい長さを確保。ホルダー部分の縦横回転や角度調節ができるので、好みのアングルにセットすることが可能です。ただし、三脚機能は搭載していないため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

Bluetooth接続タイプのリモコンと容量55mAhのリチウムバッテリーを内蔵。約30分の充電で最大5000回の撮影に対応することが可能です。スタンバイモードで最大3ヶ月動作するなど、普段使いはもちろん、長期の旅行などでも重宝します。

第13位 Zeshbit スマホジンバル

スタビライザー機能を搭載したスマホ用のジンバルです。歩いたり乗り物に乗ったりしながら、写真やビデオを撮影したい方におすすめのモデル。Vlogをはじめ、さまざまなスポーツシーンの撮影にビッタリです。容量450mAhのバッテリーを内蔵しているため、フル充電で約2時間連続動作します。

スタビライザーを手動でロックすれば、普通の自撮り棒として使えるのも本モデルの特徴。さらに三脚機能を搭載しているので、集合写真を撮りたいようなシーンで便利です。脱着式のリモコンを備えているため、離れた場所からでも容易にシャッター操作が行えます。

第14位 エレコム(ELECOM) 2Way 自撮り棒 P-STSR

自撮り棒はもちろん、三脚としても使える2Wayモデルです。4.0〜6.5インチのスマホに対応しています。8段階に伸縮し最大90cmまで伸ばすことが可能。背景をしっかりとフレームに収めたセルフィーが撮影できます。雲台が前後左右に可動するため、好みのアングルにセットすることが可能です。

Bluetoothリモコンが付属しており、旅先で家族や仲間と記念写真を撮りたいシーンなどで重宝します。雲台に1/4インチサイズの標準ネジを採用しているのもポイント。スマホ用ホルダーを取り外せばデジカメ用の三脚として使えるので、写真撮影が趣味の方も一度チェックしてみてください。

第15位 Trackbee 自撮り棒

7段階の伸縮機構を採用した自撮り棒です。最長100cmまで伸ばして、広い範囲を撮影することが可能。1人はもちろん、家族など複数人でセルフィーが撮りたい方におすすめのモデルです。雲台にボールジョイントを採用しており自由な角度に調節できるため、多様なアングルでの撮影が楽しめます。

本体重量は約200gと軽量。折りたたんでコンパクトに収納できるので容易に持ち運ぶことが可能です。便利なBluetoothリモコンが付属しています。

自撮り棒のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自撮り棒のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。