※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

自撮り棒の種類

シャッター操作ができるイヤホンジャックタイプ

By: amazon.co.jp

「イヤホンジャックタイプ」は、スマホのイヤホンジャックに自撮り棒のケーブルを繋げることで、手元でのシャッター操作ができます。簡単に自撮りを楽しめるのでおすすめです。

ただし、装着しているスマホケースがイヤホンジャックを塞いでしまっている場合は、自撮り棒を使う度にケースを取り外す必要があるため注意しておきましょう。

無線接続が可能なBluetoothタイプ

By: elecom.co.jp

「Bluetoothタイプ」は、Bluetoothでスマホとリモコンをペアリングして使用します。初期設定の手間はかかりますが、ケーブルを繋げなくても手軽に自撮りできる点が魅力です。

撮りたいと思ったときに素早く対応できるのでおすすめ。イヤホンジャックが廃止された「iPhone 7」以降のiPhoneシリーズでも使えます。

なお、Bluetoothタイプの自撮り棒は本体の充電が必要なので、使用前に電池の残量をチェックしておくと安心です。

自撮り棒の選び方

対応OSで選ぶ

By: amazon.co.jp

自撮り棒を購入する際は、事前に「対応OS」をチェックしておくのが重要。自撮り棒は製品ごとに対応するOSが異なるので、使用するスマホの機種によってはうまく連動しない可能性もあります。

iPhoneで使用する場合には「iOS」、Androidスマホを使う場合には「Android」に対応している製品を選択しましょう。

また、自撮り棒には、デジカメに対応しているモデルも存在します。旅行先でも景色や運動会などの撮影も行いたい場合は、カメラへの対応有無もあわせて確認しておくのがおすすめです。

取り付け可能なスマホのサイズに注意

By: amazon.co.jp

自撮り棒は製品ごとに取り付けられるスマホサイズが異なります。購入する際は事前にスペック表などを確認し、対応するスマホの本体サイズ及び画面サイズを把握しておきましょう。

また、スマホにケースを付けたまま自撮り棒を使いたいのであれば、対応サイズに余裕をもたせておくのもポイント。特に手帳型のケースはかさばりやすいので注意しましょう。

棒の長さやグリップの握りやすさで選ぶ

By: elecom.co.jp

自撮り棒は、伸びる長さや手元の素材によって、撮影のしやすさや使用感が異なります。目安としては、長さ70cm程度の自撮り棒がおすすめ。汎用性が高く、使い勝手も良好です。

なお、棒が長いタイプは視野角が広い分、シーンによっては使いにくい場合もあります。自分の用途に合わせて適切な長さのモノを選びましょう。

また、手元の素材はしっかりと握れるタイプがおすすめ。撮影時の安定感が高いので、ブレが軽減できます。ぜひチェックしてみてください。

持ち運びたいならコンパクトで軽量な製品を

By: elecom.co.jp

外出や旅行などへ持って行くことを考えると、できるだけ軽量でコンパクトなモノがおすすめ。なかには140gほどの軽量なモデルもあります。また、自撮り棒を小さく折りたためると、カバンの中でかさばりにくいのがメリットです。

なお、飛行機内に自撮り棒を持ち込む場合には注意が必要。航空会社によってはサイズ制限などを設けていることがあるので、事前に確認しておきましょう。

三脚の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

集合写真などの画角が広い撮影には、三脚付きの自撮り棒がおすすめ。三脚を地面に設置して使えるので、手ブレせずに広い範囲を撮影できます。また、自分1人でも風景と自分の全身を収めるような写真が撮れるのも魅力。集合写真を撮る機会が多い方だけではなく、1人で遠出をする機会が多い方にも適しています。

付属品として三脚パーツが付いてくるモノや、三脚パーツを内蔵しているモノなど、種類はさまざま。三脚パーツの使用頻度や、自分好みの使い勝手に合わせて選ぶようにしましょう。

LEDライト付きなら暗所や屋内でも撮影しやすい

By: amazon.co.jp

自撮り棒のなかにはLEDライトが付いたモノもあります。屋内の暗所や夜間での撮影など、周囲が暗くてもハッキリと写真に映りやすいためおすすめです。

調色機能が搭載されている場合は、撮りたいイメージに合わせて昼光色や電球色などを切り替えることが可能。また、三脚も付いていれば、LEDライトを照らすことで簡易的なスタンドライトとしても使用可能なので便利です。

自撮り棒のおすすめ人気ランキング|機能性重視

第1位 ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO MOBILE 6

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO MOBILE 6

多彩な機能を搭載しているスマホ用のスタビライザーです。携帯または収納する際は、折りたたんでコンパクトな形状にすることが可能。スマホと一緒に持ち運びしやすいのが魅力です。

スマホの取り付けには、「磁気スマートフォンクランプ」を使用。素早く取り付けてスムーズに撮影できる設計です。

1度スマホとペアリングしておけば、時間からは電源を入れるだけで自動的に「DJI Mimo」アプリが起動。3軸スタビライザーも備えており、手ブレを効果的に抑制できます。

手元部分にはステータスパネルも搭載。バッテリーの残量や設定などが表示されます。本体には延長ロッドを内蔵。ハイアングルやローアングルからの自撮りに対応できる点もおすすめです。

第2位 Insta360 Insta360 Flow

Insta360 Insta360 Flow

AI追跡機能を搭載しているスマホ用ジンバルです。手ブレ補正機能も搭載されており、写真だけでなく動画もキレイに撮影が可能。被写体をフレームに収め続けるだけでなく、ピントも自動で合わせる設計です。

携帯する際はコンパクトに折りたたみが可能。スマホと一緒にカバンに入れて持ち運びたい場合にも便利です。グリップ部分に内蔵されている自撮り棒の長さは215mm。複数人で撮影する場合にも適しています。

また、三脚として利用できる点もメリット。デスクなどに置いて自撮りする場合に使えるのもおすすめです。対応するスマホは、厚み6.9〜10mm、幅64〜84mm、重量130〜300gの機種。Bluetooth通信を利用して接続できるほか、USB Type-Cポートを利用した充電も可能です。

第3位 ZHIYUN SMOOTH Q4

ZHIYUN SMOOTH Q4

215mmの延長ロッドが内蔵されているスマホ用の3軸ジンバルです。ロッドを伸ばせば、複数人での自撮りにも対応が可能。ZHIYUN公式アプリの「ZY Cami」を利用すれば、さまざまな撮影モードを使ってバリエーション豊かな撮影をすることができます。

また、多機能なコントロールホイールを備えているのも特徴。明るさや焦点距離、撮影モードなども片手で簡単に調節できます。

さらに、携帯時や収納時に折りたためるのもポイント。カバンに入れて持ち運びやすい自撮り棒を求めている場合にもおすすめの製品です。付属品としてミニ三脚を同梱。デスクなどに設置して使える点もメリットです。

第4位 エレコム(ELECOM) スタビライザー P-STB01

エレコム(ELECOM) スタビライザー P-STB01

撮影中のスマホを水平に保てるおすすめのスタビライザーです。手ブレを抑え、歩いたり走ったりしながらでも撮影が可能。写真だけでなく動画を自撮りしたい場合にも適しています。

収納時の全長は約288mmとコンパクト。重量も約275gと比較的軽量なので、カバンに入れて気軽に持ち歩けます。スタビライザー部分と自撮り棒は分割が可能。自撮り棒下部には三脚も搭載されており、デスクやテーブルに置いても使用できます。

また、アプリのダウンロードや設定が必要ない点もメリット。電源を入れればすぐに使用できるので、スマホでの設定が苦手な場合にも便利です。対応するスマホや4.7〜6.7インチのモデル。ホルダーの挟み幅は、約60〜125mmに対応しています。

第5位 MOZA Mini-S

MOZA Mini-S

伸縮性のあるスマホ用のジンバル。本体に「4ステージエクステンションロッド」を内蔵しており、長さを41cmまで伸ばして自撮りできるのが特徴。1人で撮影する場合はもちろん、複数人で撮影する場合にも対応できます。

また、人工知能認識技術を備えているのもポイント。複数の被写体を自動的に検出し、しっかりと追跡できます。

さらに、コンパクトに折りたたんで持ち運べる点もメリット。携帯性を重視する場合にもおすすめです。OSは、iOSとAndroidの両方に対応。幅広いスマホで使用できる点も魅力です。

第6位 Being スマホ ジンバル

Being スマホ ジンバル

高精度モーターや6軸加速度ジャイロなどを搭載しているにもかかわらず、手頃な価格を実現している自撮り棒です。手ブレ補正システムを備えており、キレイな写真や映像を撮影できるのが魅力。三脚が付いているので、デスクに設置しても使えます。

また、リモコンが付属しているのもポイント。三脚を使ってスマホを設置した場合に、遠隔操作でシャッターが切れます。

さらに、5段階で伸縮する点もメリット。撮影する人数やシーンに合わせて長さを設定できます。携帯または収納する際は、コンパクトな形状に折りたたみが可能。収納スペースが限られている場合にもおすすめの自撮り棒です。

第7位 FeiyuTech Vimble 3SE

第7位 FeiyuTech Vimble 3SE

片手で簡単に操作できるおすすめの自撮り棒です。持ち手部分にボタンが配置されているのが特徴。シャッターを切ったり、携帯の向きを縦・横向きに切り替えたりとさまざまな操作ができます。

専用のアプリと連動することで高度な撮影ができるのもポイント。被写体を画面中央に固定するAI追跡機能が利用できるため、動く子供やペットを撮影するのに便利です。手ブレ補正機能も備えられており、自撮り棒での撮影が不慣れな方でも簡単に撮影できます。

また、折りたたみが可能で、持ち運びに適しているのも魅力。カバンに収まりやすいので、旅行やレジャーで手軽に使えるアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

第8位 PGA ワイヤレス セルフィースティック PG-SSTK03

PGA ワイヤレス セルフィースティック PG-SSTK03

本体の幅が80mm以下のスマホに対応している自撮り棒です。Bluetooth通信を利用してスマホと接続できるのが魅力。グリップ上部に備えているボタンを押すだけで、簡単にスマホのカメラで写真が撮影できます。

また、グリップ部分を開いて、三脚として使えるのもメリット。デスクやテーブルなどに設置して自撮りできる点も便利です。

スマートフォンホルダーは、360°回転する設計。シーンに合わせて角度を調節できる点もおすすめです。

第9位 ベルボン(Velbon) 一脚 ウルトラスティックセルフィーII USSF-2

ベルボン(Velbon) 一脚 ウルトラスティックセルフィーII USSF-2

堅牢製に優れているオールメタル製の自撮り棒です。伸縮式ロッドの関節部が強く、アクティブなシーンで使用する場合にも便利。付属のアダプターを利用して、スマホやアクションカメラを取り付ける設計です。また、カメラを使用する際はアダプターなしで対応できます。

自撮り棒を伸ばす際は、先端を握ってひねるだけ。「ウルトラロック方式」と呼ばれる固定・解除方式が採用されており、スピーディに自撮り棒を設定できます。

さらに、自由雲台を備えている点もメリット。スマホやカメラなどの向きを自由に設定できるのもおすすめです。

第10位 JOBY Smart Stabilizer JB01656-BWW

JOBY Smart Stabilizer JB01656-BWW

180mm伸ばせる伸縮式ハンドルを備えているスマホ用のスタビライザーです。1人で自撮りする場合はもちろん、グループショットの撮影にもおすすめ。スマホの向きは縦横の両方に対応できます。

また、3軸ジンバルを搭載しており、手ブレを効果的に抑制できるのも魅力。歩きながら動画撮影する場合にも便利です。

専用のアプリを利用すれば、ダイナミックタイムラプス撮影やパノラマ撮影にも対応が可能。多彩な機能を使ってクリエイティブな撮影ができます。バッテリーでの駆動時間は最大で10時間。長時間連続で使用する場合や、旅行に携帯する場合にもおすすめの自撮り棒です。

自撮り棒のおすすめ人気ランキング|安い・コスパ重視

第1位 エレコム(ELECOM) Bluetooth自撮り棒 P-SSB01R

エレコム(ELECOM) Bluetooth自撮り棒 P-SSB01R

Bluetooth通信を利用してスマホと接続できる自撮り棒です。グリップ部分に配置されているボタンで簡単にシャッターを切れるのが特徴。ボタン部分は、取り外してリモコンとしても使えます。

スティックの長さは、最大約103cmまで伸ばすことが可能。最大15人で写真を撮影できる設計です。使用しない際は、約210mmまで縮まるのでコンパクトな形状で携帯できます。

スマホ設置部の素材にはシリコンを採用。幅85mmまでのスマホをしっかりと固定できます。また、シリコン製のグリップを備えているのもポイント。しっかりと握れるだけでなく、滑りも抑えるデザインです。

グリップ先端にはストラップリングも搭載。万が一の落下トラブルを予防できる点もおすすめの製品です。

第2位 MOZA NANO SE

MOZA NANO SE

コンパクトで持ち運びやすい自撮り棒です。折りたたんでコンパクトな形状で携帯できるのもポイント。本体重量も250gと軽く、カバンに入れて気軽に持ち歩けます。

手ブレを抑え、滑らかな自撮り動画を撮影できるのも特徴。ウォーキングしながらの撮影にも対応できます。

グリップ上部には取り外し可能なBluetoothリモコンを搭載。自撮り棒やスマホから離れた場合でもシャッターが切れます。グリップ部分は三脚としても利用が可能。デスク上に設置して自撮り写真を撮影する場合にもおすすめです。

第3位 エレコム(ELECOM) スマートフォン用2way三脚 P-STSR02

エレコム(ELECOM) スマートフォン用2way三脚 P-STSR02

自撮り棒としてだけでなく、三脚としても使える2wayタイプの製品です。手に持って撮影するだけでなく、デスクに設置して自撮りする場合にも便利。幅広いシーンで使用できるのが魅力です。

グリップ部には、ワイヤレスリモコンを搭載。Bluetooth接続によって、離れた場所からスマホのシャッターが切れます。

自撮り棒の長さは最大680mmまで伸ばすことが可能。三脚として使う場合には、約240〜740mmの間で長さが設定できます。スマートフォンホルダーは、6.7インチまでの大きさに対応。iPhoneとAndroidスマホの両方が利用できる点もおすすめです。

第4位 イオーノ(Eono) 自撮り棒

イオーノ(Eono) 自撮り棒

軽量設計が採用されており、スマホと一緒に気軽に持ち歩ける自撮り棒です。長さの調節は7段階で設定可能。最大730mmの長さまで伸ばせます。

また、グリップ部を三脚として使える点もメリット。デスク上や床に設置して自撮りする場合にも便利です。素材には、ABS樹脂とステンレススチールを採用。サビに強いだけでなく、耐摩耗性にも優れています。

撮影はグリップ部のシャッターボタンを押すだけなので簡単。気軽に使える点もおすすめです。

第5位 エレコム(ELECOM) 曲がる自撮り棒 P-STSRSSS2W

エレコム(ELECOM) 曲がる自撮り棒 P-STSRSSS2W

2ヶ所の関節を曲げて角度を調節できる自撮り棒です。細かく角度設定できるので、アーム部分の写り込みを防ぐことが可能。セーフティロック機能が搭載されており、関節を折りたたむ際に指を挟んでしまうトラブルも予防できます。

また、アクセサリーシューが付属しているのもポイント。マイクやライトなどの周辺機器を取り付けできるのもメリットです。スマートフォンホルダーは、6.5インチまでのサイズに対応しています。

第6位 ベルボン(Velbon) Coleman セルフィーライトワン OTH-AB601

ベルボン(Velbon) Coleman セルフィーライトワン OTH-AB601

自撮り棒の先端にLEDライトを搭載しているおすすめの製品です。光が広範囲に広がり、夜間や暗い場所でもキレイな写真を自撮りできるのが魅力。ライトの明るさは強弱2段階で調節できます。

また、LEDライトを簡単に着脱できる点もメリット。取り付けにはマグネットが採用されており、内蔵バッテリーはUSBで充電する仕様です。

グリップ部分にはシャッターボタンも搭載。Bluetooth通信を利用してスマホと接続しておけば、手元の操作でシャッターが切れます。さらに、スリムかつスタイリッシュなデザインが採用されているのも長所。カバンにも収まりやすく、携帯性にも優れています。

第7位 ベルボン(Velbon) Coleman セルフィースタンド

ベルボン(Velbon) Coleman セルフィースタンド

スタンドとしても使える便利な自撮り棒です。グリップ下部に三脚を備えているのが特徴。手で持って撮影するだけでなく、スタンドを使った自撮りにも対応できます。

携帯および収納の際は、500mlペットボトルより小さいサイズに折りたたみが可能。コンパクトで携帯性に優れている点も魅力です。

スマホの向きは縦横どちらにも対応。シーンに合わせて簡単に向きが変更できます。また、取り外し可能なリモコンを備えているのも長所。スマホや自撮り棒から離れた場所からシャッターが切れます。

本体の長さは740mm。自撮り棒として使いやすいサイズにデザインされている点もおすすめです。

第8位 エレコム(ELECOM) 自撮り棒 有線接続タイプ P-SSY01

エレコム(ELECOM) 自撮り棒 有線接続タイプ P-SSY01

アプリのインストールや設定の必要がなく、簡単に使える自撮り棒です。スマホとの接続には、イヤホンジャックを利用。ケーブルを接続しておけば、グリップ部に付いているボタンでシャッターが切れます。

自撮り棒の長さは、最大1000mmまで延長が可能。複数人で撮影に対応できる点はもちろん、人に撮ってもらったような写真を撮影できる点も便利です。

左右は360°、上下方向には180°の角度調節も可能。好みのアングルから撮影ができる点もおすすめです。

第9位 air-J SELFIE STICK Slim

air-J SELFIE STICK Slim

3.5mmジャックを搭載したスマホと有線接続できる自撮り棒です。手元にシャッターボタンを搭載しているのが特徴。スマホにケーブルを接続しておけば、ボタンを押すだけで簡単に自撮り写真が撮影できます。

また、スリムかつコンパクトにデザインされているのもポイント。グリップが握りやすく、最長約560mまで伸びる自撮り棒をしっかりとコントロールできます。

さらに、アプリのダウンロードや設定などが必要ない点も魅力。気軽に使える自撮り棒としてもおすすめです。

第10位 Ulanzi Ulanzi SK-07

Ulanzi Ulanzi SK-07

アルミ製のスティックを採用している堅牢性に優れた自撮り棒です。7段階で長さを調節できるのが特徴。最長1800mmの長さまで自撮り棒が伸びるので、複数人での撮影にも適しています。

また、グリップ部が4つに分割し、脚部として使える点もメリット。四脚スタンドとして利用し、デスクやテーブルにも設置できます。さらに、充電式リモコンが付属しているのもポイント。スマホから離れた場所でシャッターが切れる点もおすすめです。

自撮り棒の売れ筋ランキングをチェック

自撮り棒のランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編|自撮り棒が禁止されている場所

自撮り棒は、さまざまな場所で自撮りができる便利なアイテムですが、場所によっては使用を禁止しているところもあるので注意が必要。例えば、人気テーマパークの「東京ディズニーランド」は、ゲストの安全を守るために自撮り棒の使用を禁止しています。

また、花火大会の観客席内などでも、自撮り棒の使用が禁じられる場合が少なくありません。テーマパークや遊園地などはもちろん、各種イベントなどでも自撮り棒が使えるかどうかを事前に確認しておきましょう。