旅行先などのスマホ撮影であると便利なのが「自撮り棒」。当初流通したアイテムはスマホを固定する機能しかなく、シャッターが押しにくいというデメリットがありましたが、最近では手元のスイッチでシャッターが切れるなど、使い勝手のよい製品が発売されています。

そこで今回は、自撮り棒の人気おすすめ製品をランキング形式でご紹介。スマホ撮影の楽しみがグッと広がるので、ぜひチェックしてみてください。

自撮り棒の種類

イヤホンジャックタイプ

By: amazon.co.jp

スマホのイヤホンジャックに自撮り棒のケーブルを繋げることで、手元でのシャッター操作ができるタイプ。簡単に自撮りを楽しめるのでおすすめです。

ただし、装着しているスマホケースがイヤホンジャックを塞いでしまっている場合は、自撮り棒を使う度にケースを取り外す必要があるので注意しましょう。

Bluetoothタイプ

By: elecom.co.jp

Bluetoothでスマホとリモコンをペアリングして使用するタイプ。初期設定の手間はありますが、ケーブルを繋げなくても手軽に自撮りできる点が魅力です。撮りたいと思ったときに素早く対応できるのでおすすめ。イヤホンジャックが廃止された「iPhone 7」以降のiPhoneシリーズでも使えます。

なお、Bluetoothタイプの自撮り棒は本体の充電が必要なので、使いたいときに電池が切れていることがないよう注意しましょう。

自撮り棒の選び方

対応機種で選ぶ

所有しているスマホに対応しているかどうかの確認も重要。iOS、Androidのどちらに対応しているかをしっかりと確認しておきましょう。

自分のスマホに使うだけであれば、iOSとAndroidのどちらか一方に対応していれば十分ですが、家族や友達同士で共用をするのであれば、両方のOSに対応している自撮り棒が便利です。

撮影のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

自撮り棒は伸びる長さや手元の素材によって、撮影のしやすさや使用感が異なってきます。目安としては長さ70cm程度の自撮り棒がおすすめ。汎用性が高く、使い勝手は良好です。

なお、棒が長いタイプは視野角が広いですが、その分使いにくい側面もあります。自分の用途に合わせて適切な長さのモノを選びましょう。

また、手元の素材はゴムやスポンジなどを採用し、しっかりと握れるタイプがおすすめ。撮影時の安定感が高いので、写真の手ブレが抑えられます。ぜひチェックしておきましょう。

携帯性で選ぶ

By: rakuten.co.jp

自撮り棒は旅行先などに持っていくことが多いので、携帯性が重要。購入する際は収納時の大きさを、事前に確認しておきましょう。

なお、自撮り棒の重量も使い勝手に関わってくる部分なので、アイテムの重さがストレスにならないかどうかもポイント。一方で、軽すぎると耐久性が低い場合もあるので、購入する際はバランスを考慮して選びましょう。

三脚の有無で選ぶ

集合写真などの画角が広い撮影には、三脚付きの自撮り棒がおすすめ。三脚を地面に設置して使えるので、手ブレせずに広い範囲を撮影できます。また、自分一人でも風景と自分の全身を収めるような写真が撮れるのも魅力。集合写真を撮る機会が多い方だけではなく、一人で遠出をする機会が多い方にも適しています。

付属品として三脚パーツが付いてくるモノや、三脚パーツを内蔵しているモノなど、三脚付き自撮り棒の種類はさまざま。三脚パーツの使用頻度や、自分好みの使い勝手に合わせて選ぶようにしましょう。

自撮り棒が禁止されている場所

自撮り棒はさまざまな場所で自撮りができる便利なアイテムですが、場所によっては使用を禁止しているところもあるので、注意が必要。例えば「東京ディズニーランド」は、ゲストの安全を守るために自撮り棒の使用を禁止しています。

また、花火大会の観客席内などでも、自撮り棒の使用が禁じられる場合があります。テーマパークや遊園地などはもちろん、各種イベントなどでも自撮り棒が使えるかどうかを事前に確認しておきましょう。

自撮り棒のおすすめ人気ランキング

第1位 Ginova Bluetooth 自撮り棒 Ginova-9928

Ginova Bluetooth 自撮り棒 Ginova-9928

低価格ながら優れた機能性で人気のBluetooth式自撮り棒です。重さ約235gの軽量ボディは収納時の長さが約20cmとコンパクトですが、7段階の伸縮調節機能で最長約100cmまで延長が可能。大型機種にも対応する先端のスマホホルダーは、水平360°・上下120°の回転ができるので、縦位置での撮影も快適に行えます。

グリップ部分は展開すると三脚になるのもポイント。夜景や360度カメラでの全天球撮影時などに重宝します。撮影は付属のBluetoothリモコンから行えますが、フル充電で約20時間まで使用可能。また、Androidスマホではズーム操作も遠隔で行えます。

第2位 エレコム(ELECOM) Bluetoothリモコン付き自撮り棒 P-SSB

エレコム(ELECOM) Bluetoothリモコン付き自撮り棒 P-SSB

国内メーカーであるエレコム製のBluetooth式自撮り棒です。スティック部分には撮影に使用するBluetoothリモコンがマウントされているので、携帯の際に忘れる心配がありません。また、取り外して使用すれば、撮影時の手ぶれを軽減できます。

最長約42cmまで伸長でき、持ち運び時は約13cmとコンパクトサイズで携帯性に優れています。また、スマホホルダー部の裏側にミラーが搭載されているのも特徴。高画質なアウトカメラを使用して自撮りをする際に撮れる範囲や表情が簡単に確認できます。価格が安く初心者の方にもおすすめのアイテムです。

第3位 エレコム(ELECOM) Bluetooth自撮り棒 女子向けタイプ TH-SSBM

エレコム(ELECOM) Bluetooth自撮り棒 女子向けタイプ TH-SSBM

おしゃれなデザインがポイントのBluetooth式自撮り棒です。グリップ部分の素材にはアルミニウムが採用されており、スタイリッシュな見た目が特徴。また、スマホホルダー部の裏側にはミラーが付いているので、広角のアウトカメラでグループ自撮りをする際にも重宝します。

最長約43cmまで伸長でき、持ち運び時は約14cmまで縮小が可能。コンパクトなデザインなのでバッグにも簡単に収納できます。さらに、グリップ部分には付属のBluetoothリモコンが搭載されているのも特徴。取り外しが可能なのもポイントで、手ぶれを抑えてより安定した画像で撮影したいときにおすすめです。

第4位 ハミィ(Hamee) LEDライト付き自撮り棒 SelfieStick with Light

ハミィ(Hamee) LEDライト付き自撮り棒 SelfieStick with Light

夜景など、暗い場所でもきれいなセルフィー画像が撮影できる有線式自撮り棒です。スマホホルダーの上部にLEDライトを搭載しているのが特徴。ライト部分は3段階の光量調節が可能なので、シーンに応じて好みのライティングが楽しめます。

おしゃれな金属製の本体は最長約86cmまで伸長でき、収納時は約19cmとコンパクト。有線方式なので使用時はスマホのイヤホンジャックにケーブルを挿す必要があります。

また、スマホホルダー部の背面にミラーを搭載しているのも特徴。LEDライトは360°回転可能なので、アウトカメラを使用して、パーティーなどで大人数の記念撮影を行う際も高画質が狙えます。

第5位 良い物 iPhone専用有線式自撮り棒 LW-03

良い物 iPhone専用有線式自撮り棒 LW-03

電源不要で使用できるiPhone専用の有線式自撮り棒です。接続ケーブルの先端にLightningコネクタが採用されているのが特徴。イヤホンジャックのないiPhone 7以降の機種から最新のiPhone 11シリーズまで多彩な機種で自撮りができます。

重さは約150gと軽く、5段階の伸縮機能によって約24〜95cmまで、長さを調節できるのがポイント。本体には飛行機にも採用される上質な航空ジェラルミン材質が使われており、高い耐久性が期待できます。

スマホホルダー部は縦に270°、横に360°回転できるのも特徴。加えて、背面に搭載されたミラーも回転が可能なので、アウトカメラでも縦横両方の構図で快適に撮影が楽しめます。

第6位 XXZU 自由雲台付き自撮り棒 XZ-08

XXZU 自由雲台付き自撮り棒 XZ-08

多彩な機能を備えた人気のBluetooth式自撮り棒です。グリップ部に分離可能なBluetoothリモコンと一体型のミニ三脚を搭載しているのが特徴。さらに、スマホホルダー部にはカメラ用三脚にも使われる縦横360°の回転が可能な自由雲台を実装しているので、さまざまなアングルからの自撮りが楽しめます。

自由雲台にはスマホホルダーで幅5.2〜10.5cmまでのスマホを搭載が可能。さらに、1/4カメラネジ用のアダプタも付属しているので、コンデジやGoProのアクションカメラなども取り付けできます。

重さ約230gの本体はアルミ製で、7段階の伸縮調節に対応。収納時は約20cmとコンパクトな一方で、最長約100cmまで延長できます。

第7位 エレコム(ELECOM) 手元シャッターボタン付きコンパクト自撮り棒 P-SSYG

エレコム(ELECOM) 手元シャッターボタン付きコンパクト自撮り棒 P-SSYG

旅行やアウトドアで活躍する、コスパに優れた有線式自撮り棒です。バッテリーは不要で、使用時は接続ケーブルをスマホのイヤホンジャックに挿すだけなので簡単。また、操作の邪魔になりにくいL字型プラグとバッグへの取り付けに便利なカラビナもセットになっています。

収納時の長さは約13cmとコンパクト。最大伸長時は約62cmで、スマホの広角カメラを使用すれば最大12人ほどのグループ撮影が可能です。スマホホルダー部の裏側にはミラーも付いているので、高画質なアウトカメラが快適に使用できます。撮影時はグリップ部のボタンでシャッターを切りますが、スマホのOSに関係なく使用できるのが魅力です。

第8位 マンフロット(Manfrotto) COMPACT Xtremeマルチポール MPCOMPACT-BK

マンフロット(Manfrotto) COMPACT Xtremeマルチポール MPCOMPACT-BK

本格的な一脚やハイキング用のポールスティックとしても使える、頑丈な作りの自撮り棒です。重さ約280gと軽量にも関わらず、耐荷重1kgを達成。コンデジやGoProのアクションカメラはもちろん、小型レンズを装着したミラーレスカメラでも使用できます。

先端の自由雲台とグリップ下の石突きを相互に交換すれば、一脚としても使用可能。撮影時の安定性が向上するので、夜景や動く被写体の撮影で手ぶれを抑えたいときに重宝します。また、ポールスティックとしても使える強度があるので、登山やハイキングなどで高所移動が楽になるのも魅力です。

縮小時は約44cm、伸長時は約135cm。接続機能は非搭載なので、撮影時はカメラのWi-Fi機能を使用するのがおすすめです。

第9位 ベルボン(Velvon) CVSS-6 300881

ベルボン(Velvon) CVSS-6 300881

国産三脚メーカーのベルボンが人気アウトドアブランドのコールマンとコラボして開発した、機能美に優れた自撮り棒です。重さ約188gのボディは耐荷重が0.4kg。収納時の長さは約18cmで、最長約73cmまで延長できます。

独自構造「ウルトラロック」を採用しており、先端の雲台部分を握ってひねるだけで伸縮可能。また、雲台のカメラネジはダイヤルで独立して回転する親切設計なので、素早く確実にスマホやビデオカメラを取り付けられます。

前後にチルト可能な雲台のほか、スマホホルダーとカラビナを同梱。グリップ底面には三脚取り付け用のネジ穴があるので、ミニ三脚に搭載すれば夜景や360°動画の撮影にも重宝します。

第10位 スリック(SLIK) セルフィーポッド 1350

スリック(SLIK) セルフィーポッド 1350

老舗三脚メーカーのスリックが手掛けたシンプルで使いやすい自撮り棒です。同社で開発している一脚の構造を応用して設計されており、重さ約220gの軽量ボディで耐荷重0.4kgをカバーしているのが特徴。また、ウレタン製のグリップとリストストラップが付属するので、撮影時にも安定して保持できます。

幅56〜86mmと厚さ10mm以内の機種に対応するスマホホルダーが同梱。また、上部のカメラ台を外すと、GoProのアクションカメラを取り付けられるマウントが現れます。

収納時の長さは約41cmで、伸長時は最長約135cm。ハイアングル撮影用の撮影棒としても使用できます。

自撮り棒のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自撮り棒のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。