乗り換えユーザーが増えている「SIMフリースマホ」。格安のSIMカードと組み合わせれば、大手キャリアよりも月額料金が抑えられることは以前から話題となっていましたが、最近はiPhoneの価格高騰も影響しており、さらに注目度が高まっています。

そこで今回は、SIMフリースマホのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SIMフリースマホとは?

By: amazon.co.jp

SIMフリースマホとは、その名前の通り「SIMロックがかかっていない端末」のこと。大手キャリアが販売するスマホには、特定の通信業者のSIMカード以外は利用できない「SIMロック」がかかっているため、docomoで購入したスマホはdocomoのSIMカード、auで購入したスマホはauのSIMカードのように、通信業者から購入した端末はその通信業者が提供するSIMカードしか使えません。

一方で、SIMフリースマホは大手キャリアと違って端末にSIMロックがかかっていないため、利用料金の安い格安SIMカードや、海外の通信業者が提供するSIMカードなど、用途に応じてSIMカードを使い分けることができます。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

メリット

SIMフリースマホにはSIMロックがかけられていないため、各通信会社で提供されているSIMカードを自由に差し替えられます。大手キャリアのものだけではなく、MVNOが提供する格安SIMも利用できるため、それらと契約すれば通信料金を大幅に抑えられるのがメリットです。

また、一部のSIMフリースマホであれば、海外の通信会社が提供するSIMカードも現地で使うことができます。海外でも日本国内で使っているスマホをWi-Fiに依存せず活用したい方にとっては便利です。

デメリット

大手キャリアのスマホは、通常の契約プランに電話かけ放題が含まれている場合が多いですが、格安SIMの場合はある程度の時間制限が設定されています。とはいえ、近年ではLINEなどを含む無料電話アプリが豊富に揃っており、通話はある程度カバーできるので、月額料金と通信容量を考慮するようにしましょう。

また、大手キャリアでは「@docomo.ne.jp」「@i.softbank.jp」「@ezweb.ne.jp」といった、いわゆる“キャリアメール”と呼ばれる端末固有のメールアドレスを取得できます。一方、SIMフリースマホの場合はこれらキャリアメールが使用できません。GmailやYahoo!メールなどの「フリーメールサービス」で対応することになるので、その点は留意しておきましょう。

さらに、SIMフリースマホの場合は格安SIM各社のサービスに対応するため、緊急地震速報や弾道ミサイル情報などの「Jアラート」が受け取れない場合もあります。ただ、それらは代替アプリをダウンロードしておくとある程度対応できるので、事前に確認しておきましょう。

SIMフリースマホの選び方

画面サイズで選ぶ

最近のSIMフリースマホは5インチ以上の画面サイズが主流。片手で扱うには大きすぎるため基本的には両手で操作することになりますが、動画視聴やゲームを楽しみたい方にとっては見やすいほか、文字も大きく表示されるので、電子書籍やPDF書類の閲覧も快適です。どうしてもコンパクトさにこだわりたい方は、4.7インチ以下の機種を検討しましょう。

カメラ性能で選ぶ

カメラ性能にこだわりたい方は画質を左右するメインカメラとサブカメラの画素数を確認。ハイスペック機にはレンズを2基搭載したデュアルレンズを採用しているモデルもあります。

また、レンズの性能も重要。F値が小さいレンズを搭載したカメラほど、背景がボケやすく、暗所でもクリアな画質で撮影ができます。また、焦点距離は数値が小さいほどより広範囲を、大きいほどより遠くの被写体を撮影することが可能です。

最近はデジカメ並みのスペックを要する端末もラインナップされているので、よりクオリティの高い撮影をしたい場合はしっかりとチェックしておきましょう。

ストレージ容量で選ぶ

ストレージとは、写真や音楽など、さまざまなデータを保管しておく場所。容量が大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、しっかりとチェックしておくべき項目です。

選び方としては64GB以上が目安。写真や動画、音楽だけでなく、アプリやゲームも楽しみたい方は128GB以上を基準にするのがおすすめ。なお、SIMフリースマホのなかにはmicroSDカードに対応した製品もあるので、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無も確認しておきましょう。

防水対応かどうかで選ぶ

By: sharp.co.jp

お風呂やキッチンなどの水回りでも動画や音楽を楽しみたい方や、アウトドアでもアクティブに使いたい場合は、防水対応のSIMフリースマホがおすすめ。目安としてはIPX7以上の機種であれば安心です。

スペックで選ぶ

CPUをチェック

By: amazon.co.jp

CPUは「中央演算処理装置」の略称で、スマートフォンの頭脳にあたる重要なパーツです。基本的にはCPUの性能が高いほどスマホの処理能力が上がるため、アプリやゲームを快適に楽しみたい方は高性能なCPUを搭載したスマートフォンを選びましょう。CPUの性能をチェックする方法はいくつかありますが、なかでも重要なのが「コア」と「クロック周波数」の2点です。

コアとは、実際に演算処理を行うCPUの中枢部分にあたるパーツのこと。基本的にはコアの数が多いほど複数の処理が同時に行えるようになり、CPUの処理能力が高くなります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」「ヘキサコア(8コア)」、価格と性能のバランスで選ぶなら「クアッドコア(4コア)」がおすすめです。

また、CPUのコア数が同じ場合には、1つのコアが1秒間にどのくらい計算できるのかを示す「クロック周波数」も重要になってきます。クロック周波数は「GHz(ギガヘルツ)」と呼ばれる単位で表記されており、その値が大きいほどコアの処理能力が高くなります。アプリやゲームを快適に楽しみたいなら「2.50GHz~」、価格と性能のバランスで選ぶなら「1.80GHz~」を目安に選ぶとよいでしょう。

メモリ(RAM)をチェック

By: amazon.co.jp/

RAMは「Random Access Memory」の略称で、作業中のデータを一時的に保存しておくパーツです。机のサイズが大きいと一度にたくさんの作業ができるのと同じで、RAMも容量が大きいほど一度にたくさんの作業ができるようになります。スマートフォンのレスポンスを大きく左右する重要なポイントなので、自分に合ったRAMをしっかりと選びましょう。

選び方の目安として、複数のアプリケーションを同時に使う方や、最新の3Dゲームを快適に楽しみたいヘビーユーザーには「6〜8GB」、逆にゲームは一切せずWebサイトやSNS、動画を見るのがメインのライトユーザーなら「2〜4GB」のRAM容量がおすすめです。

おサイフケータイ対応かどうかで選ぶ

By: apple.com

おサイフケータイに対応したSIMフリースマホでは、「モバイルSuica」や「楽天Edy」などの電子マネーを使った電子決済が利用可能。スマホを設置されたリーダーにかざすだけで支払いができるので便利です。

ただし、スマホのバッテリーがなくなるとおサイフケータイは使用できなくなるので、その点は注意しておきましょう。

SIMフリースマホのおすすめ|カメラ性能重視

グーグル(Google) Pixel 3 XL 842776108753

グーグル(Google) Pixel 3 XL 842776108753

機能性とデザイン性を兼ね備えたグーグルのSIMフリースマホです。シャッターを押す前後の写真をAIが解析してベストな一枚選んでくれる「トップショット機能」や、背景をぼかしたプロ品質の写真が撮れる「ポートレートモード」、自撮りを広角で撮影する「グループ自撮りモード」を搭載。

一定期間まで無料で使える「無制限のオンラインストレージ」が付いているので、ストレージ容量を気にせず写真や動画を好きなだけ楽しめます。

ほかにも、短時間で素早く充電できる「急速充電」、話しかけるだけでさまざまな応答や手助けをしてくれる「Googleアシスタント」、見たモノをそのまま検索できる「Googleレンズ」など、便利な機能が充実しているのも魅力。 専用のファブリックケースを併用すれば、柔らかな印象にカスタマイズできるのも嬉しいポイントです。

オッポ(OPPO) Find X 871330

オッポ(OPPO) Find X 871330

中国の電気機器メーカー「OPPO」が販売するハイスペックモデル。「スライド式ステルス3Dカメラ」を採用することで、画面占有率93.8%のパノラマ画面を実現しています。また、顔の細かな特徴を立体的にスキャンして最適な補正を加える「A.I.ビューティー機能」や、芸術的なライティングが楽しめる「3Dライティング技術」など、カメラ機能が充実しているのも大きな特徴です。

CPUにはハイエンドクラスの「Qualcomm Snapdragon 845(オクタコア)」を搭載し、メモリは6GB RAM、ストレージは256GBを採用しているので、高解像度の写真・動画撮影も快適に楽しめます。わずか35分で充電が完了する「Super VOOC フラッシュチャージ」に対応しているのも魅力です。

アップル(Apple) iPhone XS Max MT6Q2J/A

アップル(Apple) iPhone XS Max MT6Q2J/A

Appleの最新技術が詰まった高性能SIMフリースマホです。暗い場所でもキレイな写真が撮れるスマートHDR対応の「デュアルカメラシステム」や、スワイプするだけでボケ味を調整できる「ポートレートモード」を搭載。簡単な操作でプロレベルの本格的な写真撮影が楽しめます。左右それぞれ別の音を録音できる「ステレオ録音」に対応しており、ワイドで臨場感のあるビデオ撮影が楽しめるのもポイントです。

機能面では、カメラを見つめるだけでロックの解除や支払いができる「Face ID」、最大水深2メートルで30分間まで耐えられる「IP68の防水・防塵性能」を搭載。Apple次世代のNeural Engineを搭載した「A12 Bionic」を採用することで、処理の重いアプリやゲームがノンストレスで楽しめるのも大きな特徴です。

SIMフリースマホのおすすめ|ゲーム向け

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL

エイスースの人気ゲーミングシリーズ「ROG」のSIMフリーモデルです。クロックアップによって最大2.96GHzで動作する「Qualcomm Snapdragon 845」や、大容量の「8GB RAM」と「128GBのストレージ」を採用。超高速無線LAN規格のIEEE802.11adに対応しており、タイムラグを一切感じない超高速ネットワーク通信でゲームが楽しめます。

最大90Hzの高速リフレッシュレート対応の「高速駆動高速応答の有機ELディスプレイ」や、本体の表面温度を最大-4.7℃冷却できる「AeroActive Cooler」、物理ボタンがなくても正確なコントールを可能にする「AirTrigger」など、ゲームをより快適に楽しめる便利なオプションが充実しているのも魅力です。

レイザー(RAZER) Phone2

レイザー(RAZER) Phone2

アメリカの人気ゲーミングデバイスメーカーが手掛けるSIMフリースマホです。専用の液体でスマホ内部を冷却する最先端の「ベイパーチャンバー式のヒートシンク」を採用。高負荷のグラフィックスを多用するゲームでも発熱を気にせず快適にゲームが楽しめます。64GBの大容量ストレージに加えて、最大2TBのmicroSDスロットを搭載しているので、たくさんゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

専用のモバイルアプリ「RAZER CORTEX: MOBILE」を使えば、本体背面のRazerロゴをエフェクトで自由にカスタマイズできるのも魅力。バッテリー残量1%から50%までわずか30分で充電できる「Quick Charge 4.0+」対応モデルなので、ゲーム中に万が一充電が切れてもサッと充電してすぐにゲームを再開できます。

SIMフリースマホのおすすめ|小型モデル

パーム(Palm) Palm Phone

パーム(Palm) Palm Phone

手のひらサイズのコンパクトなSIMフリースマホ。画面サイズは3.3インチと小さく、重量はたったの62.5gしかないため、どこにでも気軽に携帯して持ち運べます。小型ながらオクタコアCPU「Qualcomm Snapdragon 435」や、大容量の「3GB RAM」と「32GBのストレージ」を採用。サブ機としてだけでなくメインのスマホとしても使える十分なスペックを備えています。

機能面では、パームが開発した一筆書きで書ける文字入力システムを一部踏襲した「Graffiti(グラフィティ)」を搭載。利用したいアプリの頭文字を書くだけで、ロック画面からお気に入りのアプリに素早くアクセスできます、IP68の高い防水・防塵性能を備えているのも大きな特徴です。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S41

キャタピラー(Caterpillar)CAT S41

建設機械・エンジンメーカー「キャタピラー」が販売するSIMフリースマホです。米国国防省規格「MIL-STD-810G」に準拠し、ディスプレイには優れた強度を誇る「Gorilla Glass 5」採用。高さ1.8 mからコンクリートへ落下させても壊れない高い耐久性を備えています。水深2mに60分間浸しても壊れない防水・防塵規格「IP68」に対応しているのも大きなポイントです。

CPUには8個のコアを搭載した「MediaTek MTK6757 」、メモリにはアプリがサクサク動く「3GB RAM」を採用。ほかの端末へ電源供給が可能な「バッテリーシェア」や、手袋のまま使用できるモードなど、耐久性だけなく実用性に配慮して作られているのも魅力です。

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09

片手でも扱いやすい横幅64mmのコンパクトなSIMフリースマホ。最新のCPU「Qualcomm Snapdragon 845(オクタコア)」を搭載し、メモリは4GB RAM、ストレージは64GBを採用。アプリやゲームがサクサク動くミドルスペックにも関わらず、重量わずか「135g」の軽量ボディを実現しています。

ディスプレイには、液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載。きれいな映像で動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。スマホで簡単に支払いができる「おサイフケータイ」や、周囲から画面が見えなくなる「のぞき見ブロック」、生活に合わせてブルーライトの量を調節する「リラックスオート」など、あると便利な機能が充実しているのも嬉しいポイントです。

ウイコウ(Wiko) Tommy3 Plus

ウイコウ(Wiko) Tommy3 Plus

2万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホです。クラッドコアCPU「Mediatek MT6739WW」や、2GB RAM、16GBのストレージを採用。価格が安いので現行のスマートフォンと比べると、スペックは少し劣りますが、WebサイトやSNS、動画を見る程度なら十分快適に使えます。

低価格ながら、アウトカメラには1300万画素、インカメラには500万画素のCMOSセンサーを採用。きれいな写真・動画撮影が楽しめるのも魅力です。DSDVと同時にmicroSDが増設できる「トリプルスロット」に対応しているので、複数のSIMカードを運用したい方にもおすすめです。