友人や家族とコミュニケーションをとる際やビジネスシーンなど、今や生活に欠かせないスマホ。 スマホをよりお得に使いたい方には、好きな通信事業者のSIMカードを挿して利用できる「SIMフリースマホ」がおすすめです。

そこで今回は、SIMフリースマホのおすすめモデルをご紹介。気軽に購入できるエントリーモデルから、最新のアプリやゲームがサクサク動くハイエンドモデルまで、さまざまな製品をピックアップしました。ぜひ最後までチェックしてみてください。

SIMフリースマホとは?

By: amazon.co.jp

au・docomo・Softbankなどの大手キャリアが販売するスマホには、特定のSIMカードしか使えないように、あらかじめ端末にSIMロックがかけられています。

基本的にSIMロックのかかったスマホは、その端末を購入したキャリアのSIMカードしか利用できないため、docomoで購入したスマホならdocomoのSIMカード、auで購入したスマホならauのSIMカード、Softbankで購入したスマホならSoftbankのSIMカードしか使えません。

その点、SIMフリースマホはSIMロックが端末にかかっていないので、キャリアに縛られることなく通信事業者を自由に選択できます。

SIMフリースマホの事業者について詳しく知りたい方はこちら

SIMフリースマホのメリット

By: amazon.co.jp

SIMフリースマホは、自分の好きな通信会社のSIMカードを選んで使えるため、docomo・au・Softbankなどの大手キャリアはもちろん、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供する格安SIMも利用できます。

料金プランの安い通信サービスと組み合わせれば、月々のスマホ代を安く抑えられるのも魅力です。2つのSIMカードを挿して使えるデュアルSIMに対応したモデルなら、2つの電話番号を1台にまとめたり、音声通話とデータ通信でそれぞれベストなプランを選択したりすることも可能。

現地のSIMが使用できるモデルなら、海外旅行の際に現地の通信事業者のSIMカードを挿して、普段と同じようにスマホが使えるのも嬉しいポイントです。

SIMフリースマホの選び方

用途に合ったスペックと価格を選ぼう

スマホをあまり使わない方や2台目の方:3万円前後のエントリーモデル

By: amazon.co.jp

エントリーモデルのSIMフリースマホは、3万円前後から購入できるリーズナブルな価格が魅力。価格重視でスマホを選びたい方はもちろん、スマホをあまり使わない方や2台目のスマホが欲しい方にもおすすめです。

一般的に、価格が安いモデルは全体的なスペックがさほど高くありませんが、SNSやメールをしたり、動画を見たりする程度なら快適に使えます。

なお、アプリやゲームも適度に楽しみたい方は、最低でもCPUはSnapdragon 600シリーズ、RAMは4GB以上備わったモノを選ぶと安心です。

動画視聴やカメラ撮影などの普段使い:5~8万円前後のミドルレンジモデル

By: biccamera.com

価格と性能のバランスで選びたいなら、5~8万円のミドルレンジモデルがおすすめ。低価格なモデルよりも全体的なスペックが高めで、アプリやゲーム、動画視聴も快適に楽しめます。

比較的手頃な価格帯で、おサイフケータイ・ワイヤレス充電・防水機能など、便利な機能が充実したモデルがラインナップされているのも魅力。カメラ性能に優れたモデルもあり、写真や動画もきれいに撮影できます。

スマホを不自由なく使いたい方はもちろん、過剰なスペックが不要でトレンドの機能をバランスよく使ってみたい方にもピッタリです。

最新のゲームや機能を楽しみたい人:10万円クラスのハイエンドモデル

By: amazon.co.jp

10万円クラスのSIMフリースマホは、CPUにSnapdragon 800~888シリーズ、RAMに8~12GB、ストレージに128〜256GBなど、ハイスペックなパーツを搭載したハイエンドモデルが多いのが特徴。

最新のアプリはもちろん、処理の重い動画の撮影・編集や、高画質なグラフィックのゲームもサクサク快適に楽しめます。F値や画素数といったカメラ性能も高めなので、スマホをコンデジ代わりに使いたい方にもおすすめです。

第5世代移動通信システム「5G」や、顔の特徴を検出してロック解除する「顔認証」など、トレンドを取り入れたモデルがラインナップされているのも魅力。価格よりも、機能やスペックを重視する方に適しています。

画面サイズをチェック

By: jp.sharp

一口にSIMフリースマホといっても、片手で持ちやすい4インチ台から迫力ある映像が楽しめる6インチ台まで、さまざまな画面サイズがラインナップされています。1インチ違うだけでも使いやすさが大きく違うので、自分に合った画面サイズを選びましょう。

ゲームや動画を快適に楽しみたいなら、画面が大きく見やすい6インチ前後がおすすめ。小さな文字も見やすいため、WebやSNSなどの視認性も向上します。ただし、画面サイズが大きすぎると携帯性が悪くなるので、移動中にスマホを使う方や、手の小さい方は注意が必要です。

携帯性や操作性を重視するなら、4~5インチの画面が備わったコンパクトなモデルを選ぶのがおすすめ。4インチ台のモデルなら手の小さい方でも気軽に使えます。

バッテリー容量をチェック

By: huawei.com

SIMフリースマホを選ぶ際には、搭載しているバッテリー容量もしっかりとチェックしましょう。バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表記されており、基本的にはmAhの値が大きくなるほどスマホを使える時間が長くなります。

選び方の目安としては、普段あまりスマホを使わない方は3000~3500mAh、時間を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方なら4000mAhは最低でも欲しいところ。

5000~6000mAhの大容量バッテリーを搭載したモデルなら、バッテリー残量を気にすることなく1回の充電で長時間使えます。ただし、一般的にバッテリー容量が大きくなるとサイズや重量も大きくなるため、留意しておきましょう。

ストレージ容量をチェック

By: amazon.co.jp

ストレージとは、写真やアプリなどのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、スマホ内のさまざまなデータを保存しておく場所のこと。ストレージ容量が少ないと、容量不足に悩まされたり、スマホの動作が不安定になったりするので、自分に合ったストレージ容量をしっかりと選びましょう。

使う用途にもよりますが、スマホを快適に使いたいならストレージ容量は最低でも32GBは欲しいところ。アプリやゲームなどさまざまなコンテンツを楽しみたい方は、64~128GBあると安心です。

SDカードスロットを搭載したモデルなら、スマホのストレージ容量を気にせず、外部のメモリにデータをたっぷり保存できます。

キャッシュレス決済を使うなら「おサイフケータイ」対応モデルを

By: oppo.com

キャッシュレス決済を使いたい方は、おサイフケータイに対応したSIMフリースマホを選びましょう。非接触型ICカードの技術方式「Felica」を搭載したモデルなら、電子マネーのSuica・nanaco・楽天Edyなど、さまざまなキャッシュレス決済を利用可能。

普段の買い物の支払いはもちろん、バスや電車にもスマホひとつで気軽に乗車できます。会計時にポイントの加算や利用ができたり、アプリから利用履歴が確認できたり、支払い以外にさまざまな使い方ができるのも嬉しいポイントです。

おサイフケータイ対応のスマホは、本体背面に四角いFelicaマークが必ずついているので、キャッシュレス決済を使いたい方はマークの有無もしっかりと確認しましょう。

防水性能をチェック

By: oppo.com

キッチンやバスルームなどの水まわりでスマホを使うことが多い方は、防水性能も要チェック。スマホの防水性能は、「IPX」と呼ばれる防水等級で細かく分けられており、基本的にはIPXの後に続く数字が大きいほど水に強いと判断できます。

スマホに多少の水が付着する程度なら、生活防水レベルのIPX4~5のモデルでも十分ですが、プールや浴槽などスマホが完全に水に浸かるおそれがある場合には、完全防水のIPX8が備わったモデルを選んでおくと安心です。

ただし、不純物が多く含まれている海水に落としたり、熱いお湯などが付着したりすると、防水対応のスマホでも水没して壊れてしまう場合があります。防水性能を過信しすぎず、不意な水没事故に備える程度と考えておくことも大切です。

SIMフリースマホのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

マザーボードが世界中で高いシェアを占めているエイスースは、SIMフリースマホも多数開発しています。価格の安いエントリーモデルから、スペックの高いゲーミングスマホまで、ラインナップが充実しているのも特徴です。

人気シリーズの「ZenFone」は価格が安くシンプルで使いやすいため、スマホ初心者の方におすすめ。さまざまな視点で撮影できる「フリップカメラ」や、ゲーミングの際に便利な機能を搭載しているのも魅力です。

オッポ(OPPO)

By: amazon.co.jp

オッポは世界で高いシェアを占める中国の人気スマホメーカー。ハイスペックなスマホをリーズナブルな価格で販売しており、最近では国内でも注目を集めています。

最新の光学式手ぶれ補正機能や、複数のレンズを組み合わせた4眼カメラなど、カメラ性能に力を入れているのもポイント。写真や動画をきれいに撮影したい方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、中国の北京市に本社を置く総合家電メーカー。中国のAppleともいわれており、高性能なSIMフリースマホを多数取り扱っています。

人気シリーズの「Note」は、高品質ながら価格がリーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。洗練されたスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

SIMフリースマホのおすすめモデル|3万円前後

エイスース(ASUS) ZenFone Max Pro ZB631KL-BL64S6/A

5000mAhと大容量のバッテリーを搭載したSIMフリースマホ。時間を気にせずお気に入りの動画やゲームを楽しみたい方におすすめです。8個のコアを搭載したQualcomm Snapdragon 660や、大容量の6GBメモリなど、全体的なスペックが高いのも魅力的。

大容量バッテリーの強みを活かした「リバースチャージ機能」を使えば、コンセントのない場所でもほかのデバイスを気軽に充電できます。

ほかにも、高い耐衝撃性を備えた「Corning Gorilla Glass 6」や、本格的な写真が撮影できるデュアルカメラシステムなど、便利な機能を多数搭載。6.3インチのディスプレイを採用することで、迫力ある映像が楽しめるのも特徴です。

オッポ(OPPO) Reno3 A CPH2013

便利な機能が充実した人気のSIMフリースマホ。約4800万画素の4眼カメラシステムを搭載しており、プロレベルの本格的な写真を気軽に撮影できます。独自のアルゴリズムと電子式手ブレ補正を組み合わせることで、安定した動画撮影が楽しめるのも特徴です。

スペック面では、CPUにQualcomm Snapdragon 665、6GBのメモリ、128GBのストレージ容量を搭載。アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたい方にもおすすめです。

キャッシュレスで支払いができるおサイフケータイや、ワンタッチで素早くロック解除できるディスプレイ指紋認証、2つのSIMカードが同時に使えるデュアルSIMスロットなど、日常生活で役立つ機能が搭載されているのも魅力。

また、水に濡れても壊れにくいIPX8の防水機能を備えているので、キッチンやバスルームなどの水まわりでも安心して使えます。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note10 Lite

機能性とデザイン性のバランスに優れたSIMフリースマホ。曲面3Dカバーが備わったデザインを採用することで、スタイリッシュな見た目に仕上がっています。

スマホの前面・背面には「Corning Gorilla Glass 5」を採用しており、耐久性が気になる方でも安心して使用可能。広角カメラ・深度センサー・Sony IMX 686 センサー・マクロカメラを組み合わせることで、写真や動画がきれいに撮影できるのも特徴です。

バッテリー容量は5260mAhで、30Wの急速充電テクノロジーに対応。スマホの性能を左右するCPUにはQualcomm Snapdragon 730Gを搭載しているので、アプリやゲーム、マルチタスクも快適に楽しめます。

モトローラ(Motorola) Moto g Pro PAK00014JP/A

シンプルで扱いやすいSIMフリースマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、オクタコアCPUのQualcomm Snapdragon 665や、大容量の4GB RAM・128GBのストレージを搭載しています。

バッテリー容量は4000mAhと大きいため、お気に入りのアプリやゲームを長時間楽しむことが可能。機能面では、2つの電話番号が使えるDSDVや、⼿書きのメモやイラストを書けるスタイラスペン、クオリティの高い撮影が楽しめるトリプルカメラを搭載しています。

ティーシーエル(TCL) TCL 10 5G T790H-2ALCJP11

第5世代移動通信システム「5G」に対応したSIMフリースマホ。ダウンロード速度は最大2.3Gbkpsと高速なので、高解像度のストリーミングやクラウドゲームも快適に楽しめます。

低価格を実現していながら、ミドルクラスのQualcomm Snapdragon 765Gや、大容量の6GB RAM・128GBのストレージなど、全体的なスペックが高いのも魅力です。

そのほか、本格的な写真・映像を撮影できるAIクアッドカメラや、最大4台のオーディオ機器に接続可能なスーパーBluetoothなど、便利な機能を多数搭載。迫力ある映像が楽しめる、6.53インチのFHD+ディスプレイを採用しているのも特徴です。

SIMフリースマホのおすすめモデル|5~8万円前後

エイスース(ASUS) ZenFone 7 ZS670KS-BK128S8/A

電動駆動式のトリプルフリップカメラを搭載したSIMフリースマホです。カメラの角度をボタンひとつで自由に調節できるのが特徴。従来のスマホでは撮影するのが難しかったアングルでの撮影も、気軽に楽しめます。

リアルな映像を映し出す「ナノエッジAMOLEDディスプレイ」を採用することで、お気に入りの動画やゲームがきれいな映像で楽しめるのもポイント。

そのほか、長時間使える5000mAhの大容量バッテリーや、ワンタッチでロック解除できる指紋認証センサーなど、基本性能も充実。最大2.84GHzで駆動するQualcomm Snapdragon 865を搭載しているので、処理の重いアプリやゲームもサクサク動きます。

アップル(Apple) iPhone SE MHGU3J/A

コンパクトで扱いやすいAppleの人気モデル。画面サイズは4.7インチと持ちやすいサイズなので、男性はもちろん女性でも片手で気軽に操作できます。

スマホの性能を左右するCPUには、独自開発のA13 Bionicを採用。グラフィックを多用する処理の重いゲームも快適に楽しめます。機能面では、指先ひとつでロック解除できるTouch ID、環境に合わせてホワイトバランスを調節するTrue Tone、2つの電話番号が使い分けられるデュアルSIM機能を搭載。

そのほか、強固なガラス素材とアルミニウムボディを組み合わせることで、デザイン性と耐久性を両立しているのも特徴です。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13

シャープの技術が詰まったSIMフリースマホです。軽量かつ高強度のマグネシウム合金フレームを採用することで、重量わずか141gのコンパクトなボディを実現。長時間使っていても手が疲れにくいのが特徴です。

パワフルなQualcomm Snapdragon 855と大容量の8GB LPDDR4Xを組み合わせることで、最新のアプリやゲームがサクサク楽しめるのも魅力。ストレージ容量は256GBと大容量なので、クラウドストレージやSDカードを使わなくても大量のデータが保存可能です。

ディスプレイには、リフレッシュレート240Hz表示の有機ELディスプレイを搭載しており、激しい動きの動画やゲームもくっきりとした映像で楽しめます。スマホで簡単に支払いができる「おサイフケータイ」に対応しているのも嬉しいポイントです。

エイチティーシー(HTC) U11

おしゃれなデザインが魅力のSIMフリースマホです。水のように滑らかな「リキッド・サーフェイスガラス」と、屈折率の高い素材を幾重にも重ねた「光学スペクトル・ハイブリッドカラー技術」を採用。光の当たり方でデザインが変わる、複雑な色合いが楽しめます。

素早く精確なフォーカスを可能にする「Uウルトラスピード・オートフォーカス」をはじめ、撮影時のブレを抑える「電子手ぶれ補正システム」や、瞬時に影とハイライトを計測する「HDRブースト」など、カメラ性能に優れているのも大きな特徴。

CPUにはQualcomm Snapdragon 835を採用しており、4GBのRAMと64GBのストレージ容量を搭載しているので、最新のアプリやゲームも快適に楽しめます。

SIMフリースマホのおすすめモデル|10万円前後

エイスース(ASUS) ROG Phone 3 ZS661KS-BK512R12/A

ゲーミング機能が充実したSIMフリースマホ。ハイエンドCPU「Qualcomm Snapragon 865 Plus」と、大容量のLPDDR5 12GB、UFS 3.1対応の高速ストレージを組み合わせることで、処理の重いゲームやアプリもノンストレスで楽しめます。

ディスプレイには、270Hzの高速タッチサンプリングレートに対応するタッチパネルを搭載。FPSや音ゲーのような機敏なタッチが求められるゲームも快適にプレイが可能です。

大迫力のサウンドが楽しめるデュアルフロントスピーカーや、携帯ゲーム機と同じ感覚で操作できるAirTrigger 3、クリアなボイスチャットが楽しめるクアッドマイクシステムなど、ゲームをより快適に楽しめる機能も多数搭載。

そのほか、熱くなりやすいパーツ周辺を集中して冷却できる「AeroActive Cooler 3」を使用すれば、発熱を気にせず長時間ゲームが楽しめます。

アップル(Apple) iPhone 12 Pro MGMD3J/A

基本性能が充実したSIMフリースマホです。独自開発のOLEDを使用した「Super Retina XDRディスプレイ」を採用。動画やゲームなどさまざまなコンテンツを高いコントラストと美しい映像で楽しめます。

超広角・広角・望遠から構成されるトリプルカメラで、写真・動画がきれいに撮影できるのも魅力的。金属よりも硬いナノセラミッククリスタルが組み込まれたガラスを採用することで、耐久性を向上させているのも特徴です。

スマホの性能を左右するCPUには、処理速度とグラフィックス性能が大幅に向上したA14 Bionicを採用。ハイスペックなSIMフリースマホが欲しい方にもおすすめの1台です。

ソニー(SONY) Xperia1II XQ-AT42 V3JPCX1

ソニーの人気シリーズ「Xperia」のハイスペックモデルです。5G対応のCPU「Qualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform」をはじめ、大容量の12GB RAM・256GBのストレージなど、高性能なパーツを多数搭載。

バッテリーは4000mAhと大容量なので、外出先でも長時間アプリやゲームが楽しめます。美しい映像を大迫力で堪能できる4K HDR対応有機ELディスプレイや、臨場感のあるサウンドが楽しめるDolby Atmosなど、画質と音質に優れているのも大きな特徴です。

カラーバリエーションは、パープル・ブラック・ホワイトの全3色から選択が可能。ファッション感覚で自分の好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) P40 Pro

カメラ性能に優れたファーウェイのSIMフリースマホです。約5000万画素のウルトラビジョンカメラをはじめ、望遠カメラ・超広角シネマカメラ・3D被写界深度カメラの合計4つのアウトカメラを搭載。プロレベルの本格的な撮影が気軽に楽しめます。

最大2.86GHzで駆動するHUAWEI Kirin990 5G SoCや、大容量の8GB RAM・256GBのストレージを搭載するなど、全体的にハイスペックなのも魅力です。

急速充電ができる「HUAWEI SuperCharge」や、カメラを見つめるだけでロック解除できる顔認証、最大2.4 Gbpsの高速通信が可能なWi-Fi 6+など、機能面も充実。

滑らかな曲線が美しい「クアッドカーブディスプレイ」を採用することで、高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上がっているのも特徴です。

キャタピラー(Caterpillar) CAT S61

高い耐久性を兼ね備えたSIMフリースマホ。米国国防省が制定する規格「MIL-STD-810G」に対応しており、高温・低温や高湿度といった過酷な環境下でも安心して使えます。

長さ・高さ・エリアを手軽に測定できるレーザー支援型距離測定や、暗闇でも熱源の位置を確認できるサーマルイメージングカメラ、揮発性有機化合物を検出する室内空気質モニターなど、ユニークな機能を多数搭載しているのも魅力です。

スペック面では、CPUに2.2GHzで駆動するQualcomm SD 630チップセット、メモリにLPDDR4 4GB、ストレージにeMMC 64GBを搭載。2つのSIMカードを同時に使えるDSDS対応モデルなのも嬉しいポイントです。