乗り換えユーザーが増えている「SIMフリースマホ」。格安のSIMカードと組み合わせることで、大手キャリアよりも月額料金が抑えられることは以前から話題となっていましたが、最近はスマホ全体の価格高騰も影響しており、さらに注目度が高まっています。

そこで今回は、SIMフリースマホのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SIMフリーとは?

By: amazon.co.jp

「SIMフリー」とは、スマホを販売しているキャリアにかかわらず、ほかの通信事業者のSIMカードも利用できる状態のことを指します。海外の多くの国では以前から採用されていました。

docomoをはじめauやSoftBankといった大手キャリアが販売するスマホは基本的に「SIMロック」がかかっています。そのため、他社のSIMカードを使用するにはSIMロック解除の手続きをする必要があるので注意が必要です。

最近は、通信事業者を自由に選べる利便性のよさが追い風となり、日本でもSIMフリースマホが多くラインナップされています。月々の価格を安く抑えられるなどのメリットもあるのでチェックしてみてください。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

By: huawei.com

メリット

大手キャリアが販売するスマホと違って、SIMフリースマホにはSIMロックがかけられていないため、基本的には自分の好きな通信会社のSIMカードを選んで使えます。大手キャリアのSIMカードだけではなく、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供している格安SIMも利用できるため、人によってはSIMフリースマホに変えるだけで月々の通信料金を安く抑えられます。

デメリット

SIMフリースマホに変えると、大手キャリアで使えていたキャリアメールが一切使えなくなります。SIMフリースマホでもメールの利用は可能ですが、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールサービスを使うことになるので、その点は留意しておきましょう。また、故障などのトラブルが発生したときにキャリアのサポートを受けられない場合も多く、修理費用などが自己負担になるため、注意が必要です。

SIMフリースマホの選び方

スペックをチェック

とにかく安く購入したいなら3万円前後のエントリーモデル

By: amazon.co.jp

エントリーモデルは、3万円前後から購入できる低価格が魅力。必要最低限の機能を兼ね備えているため、とにかく安くSIMフリースマホを購入したい方や、2台目のサブスマホが欲しい方などにおすすめです。

スペックは、CPUがSnapdragon 400~600シリーズ、RAMは3~4GB、ROMは32~64GBを搭載したモデルが多くラインナップされています。

アプリやゲームをある程度サクサク楽しみたいなら、CPUはSnapdragon 600シリーズ、RAMは4GB程度は最低でも欲しいところ。逆に、SNSやメール、動画を見たりする程度なら、CPUはSnapdragon 400シリーズ、RAMは3GB程度の低スペックでも十分にサクサクと動きます。

ストレスなく使いたいなら5万円前後のミドルレンジモデル

By: rakuten.co.jp

ストレスなくスマホを楽しみたいなら、5万円前後で購入できるミドルレンジモデルがおすすめ。比較的リーズナブルな価格ながら、CPUにSnapdragon 600~800シリーズ、RAMに4~6GB、ROMに64~128GBを搭載したモデルが多くラインナップされています。全体的なスペックが高いので、処理の重いアプリやゲーム、マルチタスクなどもサクサク快適に動きます。

おサイフケータイや画面内指紋認証、防水・防塵など、便利な機能が充実しているのもミドルレンジモデルならではの魅力。そこまでハイスペックなモデルはいらないけれど、トレンドの機能をバランスよく使いたい方や、価格と性能のバランスで選びたい方にもピッタリです。

動画の撮影・編集やゲームも楽しみたいなら6万円以上のハイスペックモデル

By: rakuten.ne.jp

価格が6万円以上するハイスペックモデルは、CPUにSnapdragon 850~865シリーズ、RAMに8~12GB、ROMに128〜256GBなど、高性能なパーツを搭載しているため、最新のグラフィックを駆使したゲームや、処理の重い動画の撮影・編集もノンストレスで快適に動きます。

色鮮やかな高精細映像が楽しめる「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルや、大容量データもあっという間にダウンロードできる「5G」に対応したモデルなど、最先端のトレンドをいち早く導入しているのも大きなポイント。カメラ性能に優れたモノも多いため、写真・動画をきれいに撮影したい方にもおすすめです。

画面サイズをチェック

By: pixabay.com

スマホの画面サイズは年々大型化が進んでいます。大きな画面は動画の視聴、ウェブサイトの閲覧、ゲームなど、見やすさが求められるさまざまなシーンで有利です。

ただし、画面サイズが大きいと携帯性は落ちるので注意が必要。また、手が小さい方には操作がやりにくくなるなどのデメリットもあります。自分の使用用途だけでなく使い勝手もよく考慮したうえでサイズを選んでみてください。

カメラ性能をチェック

By: sonymobile.co.jp

コンデジ代わりにスマホカメラを利用する機会が多い方は、カメラの性能も要チェックです。画素数はエントリーモデルでも1000万画素オーバーの製品が一般的。ミドルレンジ以上の製品では、1億画素を超えるカメラを搭載したモデルなども発売されています。

また、最近は複数のカメラを搭載した多眼モデルが多いのも特徴です。超広角・望遠・マクロカメラなどを備えており、多様な撮影シーンに対応することが可能。ボケ感のある写真が簡単に撮れるモデルもあるので、使い方に合ったカメラ性能の製品を選びましょう。

その他機能をチェック

防水性能

By: amazon.co.jp

キッチンなど水回りでスマホを使うことが多いなら、防水性能に注目しましょう。一般的に防水性能は「IPX5」や「IPX7」のように表記されています。末尾の数字を1〜8であらわし「IPX8」が最高の防水等級。

アウトドアなど屋外で使用する頻度が高い方も、防水性能の高いスマホが安心です。水に濡れた手でも気にせず触れるうえ、突然の雨でも慌てる心配がありません。

おサイフケータイ(Felica)

By: oppo.com

おサイフケータイ(Felica)に対応したSIMフリースマホなら日常生活がさらに便利に。おサイフケータイとは非接触型の少額決済サービスのことで、「Felica」チップを内蔵したスマホで使用できます。

コンビニでの買い物はもちろん、電車やバスに乗る際もスマホをかざすだけで支払いが完了するので便利。ただし、日本独自サービスのため、海外メーカーのスマホを購入する際は注意が必要です。

最近ではiPhoneやOPPOの一部モデルなど、対応している製品も増えてきているので、財布を持たず気軽に出かけたい方はぜひチェックしてみてください。

デュアルSIM

デュアルSIMに対応しているモデルは、2枚のSIMカードを挿入して使用することが可能です。プライベートとビジネス用のSIMを入れておけば、2つの電話番号を使い分けられるので便利。用途に応じて2台のスマホを持ち歩く必要はありません。

通話用に今まで利用していたSIMを使い、データ通信用に格安SIMを挿入するといった使い方をすれば、電話番号を変えずに月々の通信コストを節約することも簡単にできます。工夫次第でSIMフリースマホの可能性を広げてくれる便利な機能です。

SIMフリースマホのおすすめモデル|~3万円台

ソニー(SONY) Xperia Ace J3173

ソニーの人気シリーズ「Xperia」のコンパクトモデルです。画面サイズは約5インチで、重量は約155gと軽量なので、片手で気軽に持って使えます。前面に「強化ガラス」、背面に「グラスファイバー強化プラスチック」を採用することで、高い耐久性を実現しているのも特徴です。

そのほか、かざすだけで支払いができるおサイフケータイ、水まわりでも安心して使える「防水性能(IPX5/8)」など、便利な機能を搭載。端子に上下の区別がないUSB Type-Cに対応しているのも嬉しいポイントです。ディスプレイには、ブラビアで培った映像技術を応用した「トリルミナス ディスプレイ for mobile」を搭載しているので、お気に入りの動画やゲームがきれいな映像で楽しめます。

エイスース(ASUS) Zenfone Max M2 ZB633KL-BK64S4/A

エイスースの人気シリーズ「Zenfone」のエントリーモデルです。4000mAhの大容量バッテリーを採用することで、最大約33日間の連続待受を実現。外出先でもバッテリー残量を気にせず、アプリやゲームが楽しめます。ほかのUSBデバイスに電源を供給する「リバースチャージ機能」を使えば、バッテリーが切れそうになったデジタルカメラやスマホをその場で充電することも可能です。

スペック面ではオクタコアCPU、Qualcomm Snapdragon 632や、容量4GBのRAM 、64GBのROMを搭載。2枚のnanoSIMカードと最大2TBのmicroSDカードが同時に装着できる「トリプルスロットトレイ」に対応しているのも嬉しいポイントです。

モトローラ(Motorola) Moto G8 Power PAHF0017JP/A

価格と性能のバランスに優れたSIMフリースマホです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、8個のコアを搭載したQualcomm Snapdragon 665、大容量4GBのRAMを搭載。最新のアプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。

ROMの容量は64GBで、最大512GBのmicroSDカードにも対応。写真や動画、音楽など、容量を気にせずたくさんのコンテンツが保存できます。大迫力の映像が楽しめる6.3インチの「Max Vision FHD+ ディスプレイ」や、臨場感あふれるサウンドが体験できるデュアルステレオスピーカーを搭載しているのも大きな特徴です。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 9S

基本性能が充実したシャオミの人気モデルです。4800万画素のメインカメラや800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素深度センサーの4つのカメラを搭載。価格の安いエントリーモデルながら、ハイクオリティな写真や動画撮影が気軽に楽しめます。

前面と背面に丈夫な「Corning Gorilla Glass 5」を採用することで、高い強靭性と耐久性を実現しているのもポイント。最大2.3GHzで駆動するQualcomm Snapdragon 720Gやワンタッチでロック解除できる「サイドマウント指紋センサー」、1回の充電で長時間使える5020mAhのバッテリーなど、基本性能が充実しているのも魅力です。

ユミディジ(UMIDIGI) S5 Pro

高性能なSIMフリースマホが欲しいけれど、価格が高くて手が出せない方におすすめのモデルです。オクタコアCPU「MediaTek Helio G90T」をはじめ、6GBのRAMや、たくさんのデータが保存できる256GBのROMなど、高性能なパーツを多数搭載。マルチタスクや処理の重いアプリ、ゲームもノンストレスで楽しめます。

機能面では、画面上部から必要に応じて飛び出す「ポップアップ セルフィカメラ」がポイント。また、短時間で素早く充電できる18Wの急速充電にも対応しています。温度上昇によるパフォーマンス低下を抑える「液体冷却システム」を搭載。湾曲したガラスパネルを採用することで、スタイリッシュな見た目なのも魅力です。

SIMフリースマホのおすすめモデル|~5万円台

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09

横幅64mmのコンパクトボディに約5.2インチのフルHDディスプレイを搭載したSIMフリースマホ。液晶テレビの技術を応用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」と、残像を抑えたなめらかな描画が可能な「ハイスピードIGZO」を組み合わせることで、動画やゲームがきれいな映像で楽しめます。

キャッシュレスで支払いができる「おサイフケータイ」や、周囲の視線をブロックする「のぞき見ブロック」、手袋をしたまま操作できる「グローブモード」など、基本性能も充実。機能性と携帯性のバランスに優れたおすすめのモデルです。

パルム(Palm) Palm Phone PVG100E-2A1PJPD

手のひらサイズのコンパクトなSIMフリースマホです。クレジットカードとほぼ変わらない約横幅50.6×縦96.6mmを実現しながら、Qualcomm Snapdragon 435を搭載しています。

カメラを見つめるだけでロック解除できる顔認証や、水に濡れても壊れにくい防水・防塵性能(IP68)を搭載し、シーンを選ばず使いやすいのも魅力。また、お気に入りのアプリに素早くアクセスが可能な「ジェスチャーパッド」や、直感的に操作できる「アプリ ショートカット機能」など、使いやすさにこだわって作られています。

1200万画素のリアカメラや800万画素のフロントカメラを使えば、きれいな写真や動画の撮影を楽しめるおすすめのモデルです。

TCL 10 Pro T799H-2ALCEU12

基本性能が充実したSIMフリースマホです。約6.47インチの「曲面有機ELディスプレイ」と、正確な色調を再現する独自の「NXTVISION」搭載。お気に入りのゲームや動画が大迫力のきれいな映像で楽しめます。リーズナブルな価格を実現していながら、8個のコアを内蔵したQualcomm Snapdragon 675や、6GBのRAM、128GBのROMなど、全体的なスペックが高いのも大きな特徴です。

そのほか、目の負担を軽減させるブルーライト軽減、クオリティの高い写真や動画撮影が楽しめるクアッドカメラ、最大4つのスピーカーと接続できるスーパーBluetooth」など、便利な機能を多数搭載。傷が付きにくく割れにくい最新の「Corning Gorilla Glass 5」を採用することで、高い耐久性を実現しているのも魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) NOVA 5T

6.26インチの「パンチホールディスプレイ」を採用したSIMフリースマホ。画面占有率約91.7%の圧倒的な没入感で、お気に入りのゲームや動画が思う存分楽しめます。CPUには、ファーウェイ独自の「HUAWEI Kirin980」を搭載。最新のグラフィックを駆使したゲームや、処理の重い動画の撮影や編集もストレスなく楽しめます。

カラーは数色展開されており、ファッション感覚で自分の好きな色が選べるのもおすすめのポイントです。AIを搭載した4つのアウトカメラを使えば、豊かで鮮明な写真やビデオが誰でも手軽に撮影できます。

SIMフリースマホのおすすめモデル|~6万円以上

グーグル(Google) Pixel 4 XL

シンプルで扱いやすいGoogleのSIMフリースマホ。余計な機能や不要なアプリが最小限に抑えられているため、Androidスマホが初めての方でもすぐに使い始められます。発色豊かな6.3インチの有機ELディスプレイを採用しているので、スマホの画質にこだわりたい方にもおすすめです。

CPUには処理能力の高いQualcomm Snapdragon 855、RAMには大容量の6GBを搭載。レーダーで動きを探知する「クイック ジェスチャー機能」を使えば、画面の上で手をさっと動かすだけで曲のスキップや、アラームのスヌーズなど、スマホに手を触れずさまざまな操作ができておすすめです。

アップル(Apple) iPhone 11 Pro

「トリプルカメラシステム」を搭載した「iPhone 11 Pro」。一眼レフで撮影したような本格的な撮影が楽しめるおすすめのモデルです。独自の高性能SoC「A13 Bionicチップ」や、映画制作の標準となる広色域に対応する「Super Retina XDR ディスプレイ」など最新のテクノロジーを多数搭載。Face IDを使えば、カメラを見つめるだけでロックの解除も可能です。

背面の素材に「テクスチャードマットガラス」を採用することで、高級感のあるデザインに仕上がっています。省電力技術やバッテリーを新たに見直すことで、従来モデルより最大4時間長い駆動時間を実現しているのもポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2 SH-M13-B

コンパクトなボディに最新機能を詰め込んだ1台。リフレッシュレート240Hz対応の有機ELディスプレイを搭載しており、動きの速いゲームや動画もノンストレスで快適に楽しむことが可能です。CPUにはQualcomm Snapdragon 855、8GBのRAM、256GBのROMを採用しています。

本体の素材にマグネシウム合金フレームを採用することで、高い耐久性を実現しているのも魅力です。機能面では、2回線のLTEを利用できるデュアルSIM(DSDV対応)や、素早くロック解除できる「画面内指紋認証&顔認証」、水まわりでも安心して使える「防水・防塵(IP68)」に対応しています。

サムスン(SAMSUNG) Galaxy S10 SM-G973C

機能性とデザイン性のバランスに優れたSIMフリースマホです。重ねるだけでほかのデバイスに電力供給が可能な「ワイヤレスパワーシェア」や、画面にタッチするだけでロック解除できる「超音波指紋センサー」などを搭載しています。また、ブルーライトを42%削減すると謳う「ダイナミック有機EL」ディスプレイもポイントです。

サウンド面では、Dolby Atmos対応のハイパワーなステレオスピーカーを採用。イヤホンやヘッドホンを使わなくても臨場感のあるサウンドが堪能できます。プリズムブルーとプリズムホワイトのスタイリッシュなカラーバリエーションも魅力です。

ヌビアテクノロジー(Nubia Technology) Nubia Red Magic 5G NX659J

次世代通信規格「5G」対応のハイスペックモデル。容量の大きなアプリやゲームも、サクサクとダウンロードして楽しむことが可能です。高負荷時でもスマホ内部の温度上昇を抑える「アクティブリキッドクーリング」や、より快適にプレイができる「ビルトインプロトリガー」など、便利なゲーミング機能が充実しているのも魅力的。

背面には、6400万画素のメインカメラや800万画素のウルトラワイドカメラ、200万画素のマクロカメラを搭載しているので、写真や動画をきれいに撮影して楽しむことも可能です。最大2.84GHzで駆動するQualcomm Snapdragon 865で、最新のグラフィックを駆使したゲームや、処理の重い動画の撮影や編集も快適に楽しめます。