乗り換えユーザーが増えている「SIMフリースマホ」。格安のSIMカードと組み合わせれば、大手キャリアよりも月額料金が抑えられることは以前から話題となっていましたが、最近はiPhoneの価格高騰も影響しており、さらに注目度が高まっています。

そこで今回はSIMフリースマホのおすすめモデルをピックアップ。価格帯を1~2万円程度、3~5万円程度、6万円以上に分けてご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SIMフリースマホとは?

通信回線のロックが掛かっていないスマホのこと

ドコモ・ソフトバンク・auの大手キャリアでスマホ本体を購入して料金プラン決めると、携帯電話番号などの固有情報を記録したSIMカードを挿入され、音声通話やデータ通信が可能となります。

大手キャリアの端末はSIMロックがかかっており、例えばドコモと契約時に渡されたSIMカードはドコモ機種のみ、ソフトバンクと契約時に渡されたSIMカードはソフトバンク機種のみしか使えません。

一方、「SIMフリースマホ」とは、そのSIMロックが解除された端末のことで、大手キャリア以外のSIMカードを挿すこともできます。SIMカードのサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)は近年増加傾向にあり、ユーザーはより自身のニーズにあった通信料金プランを選ぶことができます。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

メリット

SIMフリースマホにはSIMロックがかけられていないため、各通信会社で提供されているSIMカードを自由に差し替えられます。大手キャリアのものだけではなく、MVNOが提供する格安SIMも利用できるため、それらと契約すれば通信料金を大幅に抑えられるのがメリットです。

また、SIMフリースマホであれば海外の通信会社が提供するSIMカードも現地で使うことができます。海外でも日本国内で使っているスマホをWi-Fiに依存せず活用したい方にとっては便利です。

デメリット

大手キャリアのスマホは、通常の契約プランに電話かけ放題が含まれている場合が多いですが、格安SIMの場合はある程度の時間制限を求めた電話かけが設定されています。とはいえ、近年ではLINEなどを含む無料電話アプリが豊富に揃っており、通話はある程度カバーできるので、月額料金と通信容量を考慮するようにしましょう。

なお、大手キャリアでは「@docomo.ne.jp」「@i.softbank.jp」「@ezweb.ne.jp」といった、いわゆる“キャリアメール”と呼ばれる端末固有のメールアドレスを取得できます。一方、SIMフリースマホの場合はこれらキャリアメールが使用できません。GmailやYahoo!メールなどの「フリーメールサービス」で対応することになるので、その点は留意しておきましょう。

また、SIMフリースマホの場合は格安SIM各社のサービスに対応するため、緊急地震速報や弾道ミサイル情報などの「Jアラート」が受け取れない場合もあります。ただ、それらは代替アプリをダウンロードしておくとある程度対応できるので、事前に確認しておきましょう。

SIMフリースマホの選び方

画面サイズで選ぶ

最近のSIMフリースマホは5インチ以上の画面サイズが主流。片手で扱うには大きすぎるため基本的には両手で操作することになりますが、動画視聴やゲームを楽しみたい方にとっては見やすいほか、文字も大きく表示されるので、電子書籍やPDF書類の閲覧も快適です。どうしてもコンパクトさにこだわりたい方は、4.7インチ以下の機種を検討しましょう。

CPUのスペックで選ぶ

CPUとは、人間で例えると頭脳にあたる重要なパーツです。スマホの性能に関わる重要なパーツなので、選ぶ際にはCPUの性能をしっかりとチェックする必要があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク快適に楽しみたいなら「ヘキサコア(6コア)」または「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載しているモノがよいでしょう。

また、CPUの性能をチェックする際には「クロック周波数」と呼ばれる数値もポイント。このクロック周波数はCPUの詳細に「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表記されており、基本的には数値が大きいほど処理能力が高くなります。

メモリのスペックで選ぶ

メモリとは、操作効率に関わるスペック。数値が高ければ1度にたくさんの作業が可能です。メモリの選び方の目安として、1度にたくさんのアプリやゲームを楽しみたいなら最低でも4GB、予算に余裕があるなら8GBを基準にするとよいでしょう。

ちなみに、画面の解像度が大きくなるとそれだけ多くのメモリ容量が必要になるため、解像度の高い機種を選ぶ際には注意が必要です。

ストレージのスペックで選ぶ

ストレージとは、写真や音楽など、さまざまなデータを保管しておく場所。容量が大きくなるほどたくさんのデータを保存できるため、いろいろなコンテンツを楽しみたい方は、しっかりとチェックしておくべき項目です。

選び方としては64GB以上が目安。写真や動画、音楽だけでなく、アプリやゲームも楽しみたい方は128GB以上を基準にするのがおすすめ。なお、SIMフリースマホのなかにはmicroSDカードに対応した製品もあるので、ストレージ容量を気にせずスマホを楽しみたい方は、外部ストレージの有無も確認しておきましょう。

カメラ性能で選ぶ

By: pexels.com

カメラ性能にこだわりたい方は画質を左右するメインカメラとサブカメラの画素数を確認。なお、ハイスペック機にはレンズを2基搭載したデュアルレンズを採用しているモデルもあります。

なお、レンズの性能も重要。F値が小さいレンズを搭載したカメラほど、背景がボケやすく、暗所でもクリアな画質で撮影ができます。また、焦点距離は数値が小さいほどより広範囲を、大きいほどより遠くの被写体を撮影することが可能です。

最近はデジカメ並みのスペックを要する端末もラインナップされているので、よりクオリティの高い撮影をしたい場合はしっかりとチェックしておきましょう。

おサイフケータイ対応かどうかで選ぶ

By: apple.com

おサイフケータイに対応したSIMフリースマホでは、「モバイルSuica」や「楽天Edy」などの電子マネーを使った電子決済が利用可能。スマホを設置されたリーダーにかざすだけで支払いができるので便利です。

ただし、スマホのバッテリーがなくなるとおサイフケータイは使用できなくなるので、その点は注意しておきましょう。

防水対応かどうかで選ぶ

By: sharp.co.jp

お風呂やキッチンなどの水回りでも動画や音楽を楽しみたい方や、アウトドアでもアクティブに使いたい場合は、防水対応のSIMフリースマホがおすすめ。目安としてはIPX7以上の機種であれば安心です。

SIMフリースマホのおすすめ|1~2万円程度(エントリー)

モトローラ(Motorola) Moto E5

5.7型のSIMフリースマホ。特徴はデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応していることで、最大2枚までのSIMカードを同時に使用することができます。

通話は大手キャリアのSIM、データ通信は格安SIMと使い分けることができるほか、旅行や出張が多い場合は海外用のSIMと併用することもできます。

CPUはSnapdragon 425(クアッドコア)、メモリは2GB、ストレージは16GB、カメラはF2.0と標準的ですが、DSDS対応のSIMフリースマホを求めている方におすすめです。

フリーテル(FREETEL) Priori 5

シンプルな操作性とデザインが特徴の5.0型SIMフリースマホです。CPUはSnapdragon 210(クアッドコア)、メモリは2GB、ストレージは16GBとスペックは控えめ。とはいえ、スマホ初心者に安心な「らくらくモード」を搭載しているほか、カメラは3つのモードを選ぶだけできれいに撮影することができます。

また、着脱式のカバー7色が同梱されているのもポイント。その日の気分や好みに合わせて着せ替えが楽しめます。なお、バッテリー交換可能。長く使えるSIMフリースマホを求めている方におすすめです。

ZTE Blade V8

カメラ機能が充実している5.2型フルHD液晶搭載のSIMフリースマホ。背面に1300万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載しており、デジタル処理によって美しいボケ味の写真や3D写真が撮影できます。

リフォーカス機能で撮影後にもピント位置の調整が可能。また、前面にも10段階の美肌加工に対応した1300万画素のカメラを搭載し、きれいな画質での自撮りも楽しめます。CPUはSnapdragon 435(オクタコア)、メモリは3GB、ストレージは32GB。128GBまでのmicroSDXCカードが使用でき、DSDSにも対応しています。

SIMフリースマホのおすすめ|3~5万円程度(ミドルレンジ)

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

価格が2万円台とコストパフォーマンスの優れた5.8型フルHDのSIMフリースマホ。高級感のあるデザインと価格に見合わぬ高性能を備えているのが魅力です。

特に、カメラ機能は充実しており、背面には1600万画素と200万画素のF2.2デュアルレンズカメラを搭載。クオリティの高い撮影が楽しめます。

CPUはKirin659(クアッドコア)、メモリは4GB、ストレージは64GB。顔認証と急速充電にも対応。お得感の高いSIMフリースマホを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense lite

5.0型フルHDのIGZOディスプレイを搭載したSIMフリースマホ。同社がこれまで液晶テレビで培ってきたパネル技術を注ぎ込み、豊かな色再現で写真や動画を楽しめるのが特徴です。

また、IPX8の防水性能を備えているのもポイント。濡れた手でも誤作動しにくいので、お風呂やキッチンなどの水回りでも快適に使用することができます。CPUはSnapdragon 430(オクタコア)、メモリは3GB、ストレージは32GBとスペックも十分。指紋認証やおサイフケータイにも対応しているのも魅力です。

シャープ(SHARP) AQUOS R compact

コンパクトさと使い勝手のよさを両立した4.9型のSIMフリースマホ。液晶の形を自由に変えられるIGZOフリーフォームディスプレイを採用することによって、サイズいっぱいの大画面にも関わらず、片手で扱えるのが魅力です。

また、カメラ機能も充実。2つのAF方式を併用するハイブリッドAFの採用によって、子どもやペットにも素早くピントを合わせることが可能です。前面カメラでは視線を集める表示が利用でき、目線のズレを解消しつつ自撮りでの集合写真が撮影できます。CPUはSnapdragon 660(オクタコア)、メモリは3GB、ストレージは32GBです。

エイスース(ASUS) ZenFone 5

スペック重視の方におすすめの6.2型フルHDのSIMフリースマホ。ミドルレンジに位置しながらも、CPUはSnapdragon 636(オクタコア)、メモリは6GB、ストレージは64GBとスペックは上々です。

重量わずか165gと軽量なのも特徴。背面カメラには大口径F1.8のデュアルレンズを搭載しており、旅行中の風景もダイナミックに撮影できます。

背面パネルには「指紋認証」、前面カメラには「顔認証」のダブルセキュリティを採用しているので、安全性にも配慮。特殊なガラスコーティングが施された「アルミニウムボディ」を採用することで、高い堅牢性と美しいデザインを両立しているのもポイントです。

SIMフリースマホのおすすめ|6万円以上(ハイエンド)

ファーウェイ(HUAWEI) P20

カメラ機能が優秀な5.8型のSIMフリースマホです。背面カメラにはドイツ老舗メーカー「ライカ」のデュアルレンズを採用しているのが特徴。1200万画素カラーと2000万画素モノクロの2基を搭載し、クオリティの高い撮影に対応できます。

AIによる自動認識機能も搭載されており、猫やフード、夜景など19の被写体やシーンを認識して、明るさや絞りなどの設定を自動で行ってくれるのもポイント。また、前面カメラも2400万画素とハイスペックで、スタジオ撮影のような自撮りが楽しめる3Dポートレートライティングを搭載しています。デジカメレベルの撮影満足度が得られるSIMフリースマホです。

エイスース(ASUS) ZenFone 5Z

高性能な6.2型のSIMフリースマホ。CPUにはハイエンドクラスのSnapdragon 845(オクタコア)を搭載し、メモリは6GB、ストレージは128GBあるので、高画質のゲームも快適に遊べます。

カメラ撮影でのシーン認識やバッテリー管理、ディスプレイ表示、着信音の調整などの各機能にAI(人工知能)の技術が採用されているのも特徴。複雑な設定がAIで最適な状態に自動調整してくれるので安心です。

また、2枚のSIMカードが併用できることに加えて、4G+4Gの同時待ち受けが可能なDSDVに対応しているのも特徴です。

エイチティーシー(HTC) U12+

ハイエンドクラスのSIMフリースマホ。1200万画素広角カメラと1600万画素望遠カメラの「デュアルカメラ」に加えて、しっかりとピントを合わせる「ウルトラスピード・オートフォーカス2」を採用しており、本格的な撮影が気軽に楽しめるのが特徴です。

特定の音や音声を拡大する「音声ズーム」、プロのように自動的にズームする「ワンタッチオートズーム」、クリアで安定した動画が撮影できる「光学式手ぶれ補正」など、撮影オプションが充実しているのも魅力。

機能面では、片手で素早く操作ができる「エッジセンス2」、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「HTC BoomSound」、カメラを見るだけでロックの解除ができる「フェイス・アンロック機能」を搭載。CPUはSnapdragon 845(オクタコア)、メモリは6GB、ストレージは128GBとスペックも高いので、データの重いゲームやマルチタスクもサクサク快適に対応できます。

オッポ(OPPO) R15 Pro

AIを活用した高機能なカメラ機能を特徴とする6.2型のSIMフリースマホ。背面と前面両方のカメラにAI機能を搭載しているのが特徴です。

背面カメラでは背景をボカして人物を強調させる「A.I.ポートレートモード」、前面カメラでは296のポイントで顔を捉えて認識精度を向上しより美しい自撮りができる「A.I.ビューティーモード」が搭載されています。

また、IPX7の防水性能を持つので風呂やプールでも故障を気にせず使えるほか、おサイフケータイにも対応しているのも魅力。CPUはSnapdragon 660(オクタコア)、メモリは6GB、ストレージは128GBと大容量なので写真や動画もたっぷり保存できます。