乗り換えユーザーが増えている「SIMフリースマホ」。格安のSIMカードと組み合わせることで、大手キャリアよりも月額料金が抑えられることは以前から話題となっていましたが、最近はスマホ全体の価格高騰も影響しており、さらに注目度が高まっています。

そこで今回は、SIMフリースマホのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SIMフリーとは?

By: amazon.co.jp

「SIMフリー」とは、スマホを販売しているキャリアにかかわらず、ほかの通信事業者のSIMカードも利用できる状態のことを指します。海外の多くの国では以前から採用されていました。

docomoをはじめauやSoftBankといった大手キャリアが販売するスマホは基本的に「SIMロック」がかかっています。そのため、他社のSIMカードを使用するにはSIMロック解除の手続きをする必要があるので注意が必要です。

最近は、通信事業者を自由に選べる利便性のよさが追い風となり、日本でもSIMフリースマホが多くラインナップされています。月々の価格を安く抑えられるなどのメリットもあるのでチェックしてみてください。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

メリット

大手キャリアが販売するスマホと違って、SIMフリースマホにはSIMロックがかけられていないため、基本的には自分の好きな通信会社のSIMカードを選んで使えます。大手キャリアのSIMカードだけではなく、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供している格安SIMも利用できるため、人によってはSIMフリースマホに変えるだけで月々の通信料金を安く抑えられます。

デメリット

SIMフリースマホに変えると、大手キャリアで使えていたキャリアメールが一切使えなくなります。SIMフリースマホでもメールの利用は可能ですが、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールサービスを使うことになるので、その点は留意しておきましょう。また、故障などのトラブルが発生したときにキャリアのサポートを受けられない場合も多く、修理費用などが自己負担になるため、注意が必要です。

SIMフリースマホの選び方

スペックをチェック

低価格で購入できる「エントリーモデル」

By: amazon.co.jp

メッセージやSNSアプリの利用がメインの方におすすめのモデル。3万円以下で購入可能な安い価格が魅力なので、学生や初めてスマホを購入する方にも、最適な価格帯のSIMフリースマホです。スペック的には、RAM容量が3〜4GBでROM容量32GBくらいのモデルが多くラインナップされています。

ただし、なかにはミドルレンジにも採用されているCPU「Snapdragon 710」を搭載していたり、6GBのRAMと128GBのROMを実装していたりと、上位機種にせまるスペックを備えているモデルもあるので要チェックです。

比較的多くのモデルで1200万画素以上のカメラを搭載しているため、コンデジのように画質を求めない方には十分な性能。高性能スペックに目を奪われるのではなく、自分の使い方にマッチしたコスパのよい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

価格と性能のバランスに優れた「ミドルレンジモデル」

By: amazon.co.jp

販売価格帯としては3〜6万円の製品。ゲームプレイがメインなど、ハードな使い方をしないのであれば、普段使いのSIMフリースマホとして特におすすめのモデルです。CPUにはQualcomm社の「Snapdragon 710」や、ファーウェイモデルであれば「Kirin710」などが搭載されている傾向にあります。

RAM容量には6GBを実装しているモノも多く、通常のアプリであればサクサク動作します。手頃な価格ながら防水・Felica・顔認証など、使い勝手のよい機能が搭載されたモデルが多いのも「ミドルレンジモデル」の特徴です。

ゲームも快適に遊べる「ハイエンドモデル」

By: jp.sharp

明確な定義はありませんが、購入価格がだいたい6万円以上になってくる高価格帯の製品です。最上位機種や、ゲーミング専用スマホになると10万円近いモデルもラインナップされています。頭脳にあたるCPUにはQualcomm社の「Snapdragon 845」や、Huawei社の「Kirin980」など高性能なパーツを採用しており、動きの激しいゲームも快適にプレイできるので、スマホゲーム好きの方にもおすすめのモデルです。

また、RAM容量も6GB以上と、余裕のある容量を搭載したモデルが多いのも特徴。RAMはパソコンでいうとメインメモリにあたり、容量が大きいほど処理速度が速くなります。CPUと並んで重要なパーツなので、購入時には必ずチェックしましょう。

画面サイズをチェック

By: jp.sharp

スマホの画面サイズは年々大型化が進んでいます。大きな画面は動画の視聴、ウェブサイトの閲覧、ゲームなど、見やすさが求められるさまざまなシーンで有利です。

ただし、画面サイズが大きいと携帯性は落ちるので注意が必要。また、手が小さい方には操作がやりにくくなるなどのデメリットもあります。自分の使用用途だけでなく使い勝手もよく考慮したうえでサイズを選んでみてください。

カメラ性能をチェック

By: amazon.co.jp

コンデジ代わりにスマホカメラを利用する機会が多い方は、カメラの性能も要チェックです。画素数はエントリーモデルでも1000万画素オーバーの製品が一般的。ミドルレンジ以上の製品では、1億画素を超えるカメラを搭載したモデルなども発売されています。

また、最近は複数のカメラを搭載した多眼モデルが多いのも特徴です。超広角・望遠・マクロカメラなどを備えており、多様な撮影シーンに対応することが可能。ボケ感のある写真が簡単に撮れるモデルもあるので、使い方に合ったカメラ性能の製品を選びましょう。

その他機能をチェック

防水性能

By: jp.sharp

キッチンなど水回りでスマホを使うことが多いなら、防水性能に注目しましょう。一般的に防水性能は「IPX5」や「IPX7」のように表記されています。末尾の数字を1〜8であらわし「IPX8」が最高の防水等級。

アウトドアなど屋外で使用する頻度が高い方も、防水性能の高いスマホが安心です。水に濡れた手でも気にせず触れるうえ、突然の雨でも慌てる心配がありません。

おサイフケータイ(Felica)

By: oppo.com

おサイフケータイ(Felica)に対応したSIMフリースマホなら日常生活がもっと便利に。おサイフケータイとは非接触型の少額決済サービスのことで、「Felica」チップを内蔵したスマホで使用できます。

コンビニでの買い物はもちろん、電車やバスに乗る際もスマホをかざすだけで支払いが完了するので便利。ただし、日本独自サービスのため、海外メーカーのスマホを購入する際は注意が必要です。

最近ではiPhoneやOPPOの一部モデルなど、対応している製品も増えてきているので、財布を持たず気軽に出かけたい方はぜひチェックしてみてください。

デュアルSIM

デュアルSIMに対応しているモデルは、2枚のSIMカードを挿入して使用することが可能です。プライベートとビジネス用のSIMを入れておけば、2つの電話番号を使い分けられるので便利。用途に応じて2台のスマホを持ち歩く必要はありません。

通話用に今まで利用していたSIMを使い、データ通信用に格安SIMを挿入するといった使い方をすれば、電話番号を変えずに月々の通信コストを節約することも簡単にできます。工夫次第でSIMフリースマホの可能性を広げてくれる便利な機能です。

SIMフリースマホのおすすめ|エントリーモデル

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Lite

コスパのよいSIMフリースマホを探している方におすすめのモデルです。ファーウェイが独自開発したCPU「Kirin710」と4GBのRAMを搭載。ROMは64GBを実装するなど、エントリークラスとしては十分な容量を備えているので、写真や動画、音楽などたくさんのデータを保存しておくことが可能です。

低価格モデルながらトリプルカメラを搭載しているのが特徴。超広角レンズを装備しているため、集合写真を撮るようなシーンでも活躍します。わざわざ被写体から離れて撮影する手間もありません。

約6.15インチの液晶パネルにはしずく型ノッチデザインを採用しています。フルHD表示も可能なため、広々とした綺麗な画面で動画や映画の視聴を楽しむことが可能です。

エイスース(ASUS) Zenfone Live (L1) ZA550KL-GD32/A

5.5インチ液晶ディスプレイを搭載したSIMフリースマホです。HD表示が可能なので動画や映画の視聴も快適。顔認証にも対応しており、セキュリティ面でも安心して使用できます。

1300万画素のカメラを搭載。風景やちょっとしたメモを撮るなど、デジカメ代わりにもおすすめのモデルです。また、F値2.0の明るいレンズは、室内など暗所での撮影にも活躍します。

実装しているROM容量は32GBとそれほど大きくはありません。撮影した写真や動画で容量が不足するようであれば、microSDカードを外部ストレージとして活用しましょう。最大2TBまでのmicroSDカードに対応しているため、たくさんのデータを保存することが可能になります。

オッポ(OPPO) A5 2020 CPH1943

SIMカード×2、microSDカード×1のトリプルスロット搭載モデルです。2枚のSIMカードが使えるので、2つの電話番号を必要に応じて使い分けることが可能。ビジネス・プライベートどちらの用途にも、1台で対応したい方におすすめのSIMフリースマホです。

5000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており長時間の外出でも安心。リバース充電機能を搭載しているため、ほかのデバイスに対して充電することも可能です。緊急時にはモバイルバッテリー代わりとしても重宝します。ただし、ほかのデバイスを充電する際には、OTG(On-the-Go)ケーブルを準備する必要があるので留意しておきましょう。

低価格モデルながら6.5インチの大画面ディスプレイを搭載しています。ノッチがほとんど気にならない広々とした画面で、ウェブサイトの閲覧や動画の視聴を楽しむことが可能です。

シャープ(SHARP) AQUOS sense2 SH-M08

気軽に購入できる普段使いに便利な、SIMフリースマホを探している方におすすめのモデルです。IPX8等級の防水性能を備えているのが特徴。キッチンなどの水回りでも安心して使用でき、多少の水濡れなら心配することはありません。

「おサイフケータイ(Felica)」に対応しているため、近所の買い物程度であれば財布を持たずに出かけることが可能です。安い製品ながら、フルHD表示が可能なIGZOディスプレイを搭載しています。約5.5インチの縦長液晶なので、ニュースサイトや長文のメッセージを読む際に便利です。

従来モデルと比較して大画面化しているにもかかわらず、本体横幅は約71mmに抑えて持ちやすさを確保。重さも約155gと軽量なのでポケットに入れて気軽に持ち歩けます。

エイスース(ASUS) Zenfone Max M1 ZB555KL-RD32S3/A

4000mAhの大容量バッテリーを搭載した、SIMフリースマホ。最大35時間も連続で通話ができるほか、最大約38日間の連続待ち受けも可能。外出する機会が多く、充電する時間を確保するのが難しい方におすすめのSIMフリースマホです。

また、充電時間の短さも本モデルの特徴。付属のACアダプターを使用すれば約2.9時間で満充電にできます。15分も充電すれば4時間の通話が可能になるので便利です。

指紋認証センサーを手の指が自然に触れる場所に配置しているため、片手でロック解除が可能。ロックを解除するたびに、わざわざもう一方の手を使う必要はありません。1300万画素のメインカメラと120°の広角カメラを搭載しています。大自然の風景や都会の街並みもフレームに収めやすいので、旅行の際にも活躍するモデルです。

SIMフリースマホのおすすめ|ミドルレンジモデル

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-M12

頻繁に充電する手間を省きたい方におすすめのモデルです。4000mAhの大容量バッテリーを搭載。省エネ性能に優れたIGZOディスプレイとの組み合わせにより、ロングライフを実現しています。1日に1時間程度の通話やメッセージといった使い方であれば、1週間ちかく充電する必要はありません。外回りが多く充電する時間をとるのが困難な方にも適しています。

また、デュアルSIMに対応しているのも特徴です。2枚のSIMカードを挿入できるのでプライベートとビジネス、2つの電話番号を1台で使い分けることが可能。現在、スマホを2台持ちしている方もぜひ検討してみてください。

オッポ(OPPO) Reno A CPH1983

ミドルレンジながらゲームも快適に楽しめるSIMフリースマホです。Qualcomm社の「Snapdragon710」プロセッサーと6GBのRAMを搭載。タッチ操作の応答速度を速める「タッチブースト」や、画面描写を滑らかにする「フレームブースト」機能を備えています。一瞬の判断と動きが重要となる緊迫した戦闘シーンでも、的確な操作が可能。ゲーム好きにもおすすめのモデルです。

ほかにも、日常生活での使い勝手がいいのも本モデルの魅力。「おサイフケータイ」に対応しているため重い財布を持たずに外出できます。また、IPX7等級の防水性能を備えており、外出中の突然の雨にも慌てる心配はありません。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

高解像度カメラ搭載のSIMフリースマホを探している方におすすめのモデルです。1億800万画素のメインカメラをはじめ、望遠・超広角・ポートレート・マクロと5つのアウトカメラを搭載。手ぶれ補正機能も備えており、被写体の細部までしっかりとわかるクリアな写真が撮影できます。

また、3200万画素のインカメラも本モデルの魅力。セルフィーでも、一般的なスマホのメインカメラを凌ぐ高解像度で撮影可能です。

ディスプレイにはフルHDタイプの6.47インチ有機ELを採用。撮影した高解像度の写真やビデオが、コントラストの高い綺麗な画面で確認できます。5260mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、コンセントのない屋外などでも安心して撮影を続けることが可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) NOVA 5T

CPUにファーウェイ社の「Kirin 980」を搭載した高性能モデルです。8GBのRAMを実装しており多様なアプリを快適に使用することが可能。ゲームを楽しみたい方にもおすすめのSIMフリースマホです。

メイン・超広角・被写界深度測定用など、4基のアウトカメラを採用しているのが特徴。4800画素の高解像度写真が撮れるだけでなく、広角やボケ感のある写真撮影も思いのままです。

さらに、スマホカメラでは珍しいスーパーマクロレンズを搭載しているのもポイント。約4cmの距離から近接撮影ができるので、草花や昆虫の観察記録にも活躍します。スマホでさまざまな写真撮影に挑戦してみたい方も、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) Zenfone 5Z ZS620KL-SL128S6/A

手軽に綺麗な写真が撮れるSIMフリースマホを探している方に、おすすめのモデルです。広角・標準のデュアルカメラを搭載。AIがシーンを自動分析し最適設定で撮影できるので、細かな条件を気にすることなくシャッターボタンを押すことだけに集中できます。

また、手ぶれ補正機能を採用しているため、乗り物で移動中や歩きながらの撮影でもブレる心配はありません。Qualcomm社の高性能CPU「Snapdragon845」を搭載し6GBのRAMを実装。ゲームなど負荷のかかるアプリも快適に使用できます。

128GBと大きな容量のROMが実装されているので、たくさんのアプリや写真を保存しておくことが可能です。大きく見やすい画面も本モデルの特徴。ノッチがほとんどない6.2インチ「オールスクリーンディスプレイ」を採用しています。画面への没入感が得られやすいため、映画の視聴やゲームに集中することが可能です。

SIMフリースマホのおすすめ|ハイエンドモデル

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL-BK256S8/A

CPUにQualcomm社の「Snapdragon855」を採用した高性能モデルです。8GBの大容量RAMを実装しており、アプリもゲームも快適に使いたい方におすすめ。また、ROMも256GBと大容量なので、写真や動画、ゲームなど多くのデータを保存して持ち歩くことが可能です。

フリップ式のデュアルカメラユニットを搭載しているのが特徴。ステッパーモーターで180°回転させることが可能です。自由な角度で止められるため、いつもと違ったアングルでの写真撮影が楽しめます。

4800万画素のメインカメラにはF値1.79の大口径レンズを採用。スマホカメラの苦手な夜景撮影でも、光量不足になることはほとんどありません。6.4インチのノッチレス液晶ディスプレイを搭載しています。遮るモノがない大画面で動画の視聴やゲームを楽しむことが可能です。

エイスース(ASUS) ROG Phone II ZS660KL-BK1T

エイスースが販売する人気ゲーミングスマホです。「Snapdragon855 Plus」に12GBのRAMを組み合わせた、高性能SIMフリースマホ。あらゆるゲームタイトルをストレスなく楽しみたい、ゲーム好きの方におすすめのモデルです。

1TBの大容量ROMを搭載しているため、過去にダウンロードしたタイトルもまとめて保存しておけます。冷却システム「GameCool2」を搭載しているのが特徴。3Dベイパーチェンバーと銅製ヒートシンクにより、高性能パーツから発生する熱を効率的に冷やします。長時間のゲームでもパフォーマンス低下が抑えられるため、快適にゲームを続けることが可能です。

リフレッシュレートが120Hzと高速のパネルを採用しているのもポイント。FPSなど動きの速いゲーム映像も滑らかに表示できます。また、遅延の少ないタッチパネルを採用するなど、ゲームを楽しむための機能が充実しているモデルです。

オッポ(OPPO) Reno 10×Zoom CPH1919

広角から望遠まで、多様な撮影シーンに対応可能なカメラ搭載モデルです。4800万画素のメインカメラをはじめ1300万画素の望遠、800万画素の広角と3つのカメラを搭載。遠くの景色から近くの被写体まで、距離を気にせずに撮影することが可能です。

望遠は10倍まで対応していますが、光学式の手ぶれ補正機能を備えているので手持ち撮影でも安心。歩きながらの撮影でも手ブレを心配する必要はありません。カメラの性能にこだわりたい方にもおすすめのSIMフリースマホです。

また、「ピボットライジングカメラ」を採用したことにより実現した、ノッチレスデザインも本モデルの魅力。遮るモノのない6.65インチの大画面で、動画やゲームも思う存分楽しみましょう。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 plus SH-M11

フルHD表示が可能な約6.0インチのIGZOディスプレイを搭載しています。写真の鑑賞や動画の視聴を、明るく綺麗な液晶で楽しむことが可能。また、内蔵しているステレオスピーカには立体音響技術「Dolby Atmos」を採用しているため、臨場感のあるサウンドが堪能できます。映像や音響にもこだわったSIMフリースマホが欲しい方におすすめのモデルです。

「Snapdragon636」と6GBのメモリを実装しているので、複数のアプリを起動しても快適に動作します。IPX8等級の防水性能を搭載しているのも本モデルの特徴。キッチンなどの水回りでも安心して使用できるため、レシピ動画をチェックしながら料理をするといった便利な使い方もできます。

アップル(Apple) iPhone 11

2019年発売のiPhone最新モデルです。iPhone11シリーズのなかでは購入しやすい価格設定のモデルながら、上位機種と同じ「A13 Bionicチップ」を搭載しているのが特徴。人気の最新iPhone性能を、手頃な価格で手に入れたい方におすすめのモデルです。

広角と超広角レンズを備えた、1200万画素のデュアルカメラを搭載しています。今までフレームに収まりきらなかった風景写真も、同じ場所から撮影することが可能になりました。また、セルフィーでもスロー動画が撮影できるなど、新しい写真や動画の楽しみ方ができるモデルです。

iPhone XRと比較して、2倍の水深に耐えられる耐水性能を搭載。アウトドアでも雨や多少の水濡れを心配することなく、アクティブに使用することが可能です。