主に小学生が水泳の授業で泳ぎの練習をする際に用いる「ビート板」。浮力を利用してバタ足を練習するために使われます。初心者の方はもちろん、上級者の方もトレーニングに活用できる便利なアイテムです。

そこで今回は、ビート板の選び方や、おすすめのモデルをご紹介。性能や特徴なども解説するので、ぜひ自分の目的に適したアイテムを見つけてみてください。

ビート板の選び方

浮力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ビート板を使用する主な目的は、泳ぎが苦手な方などが上半身を浮かせてキックの練習をするためです。初心者の方の場合、ビート板に上半身を預けた際に、身体を安定させるのが重要。

そのため、初心者の方が泳ぎの練習をする場合には、浮力が高く沈みにくいビート板を選びましょう。高い浮力を備えている素材として、ポリエチレンやEVAなどがあるので確認してみてください。

また、厚みがあり、大きなタイプになるほど浮力も増すため、自分の身体の大きさや体重に合わせて選ぶのもポイントです。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ビート板は持ち運びの際にかさばりやすい側面があります。水泳には水着はもちろん、タオルやゴーグルなどのアイテムも必要なため、大きすぎるビート板では荷物がかさばり、持ち運びに不便です。

携帯性を重視する方は、できるだけコンパクトで軽量なモデルを選ぶのがおすすめ。水泳に必要なアイテムと一緒に収納しても、かさばらずに持ち歩けるよう、サイズをチェックして選びましょう。

目的に応じて選ぶ

By: amazon.co.jp

初心者の方や泳ぎが苦手な方がバタ足の練習に用いる場合、上半身を浮かせた状態でキックボードとしてビート板を使用します。水中に慣れていない初心者の方は、浮力の高さはもちろん、持ちやすい形状かをチェックして選ぶのがポイント。浮力が高く持ちやすければ安定感も高まり、練習に集中しやすくなります。

一方、上級者の方が本格的な泳ぎの練習をする場合は、脚に挟み「プルブイ」のように腕で水をかくトレーニングに使用します。プルブイとして使用する場合には、泳ぎやすさを重視し、コンパクトで脚に挟みやすいタイプがおすすめです。それぞれの目的に応じた性能や特徴を備えたビート板を選んでみてください。

ビート板のおすすめモデル

アリーナ(arena) ビート板 ARN-100

サイズが縦28×横23×厚さ6cmとコンパクトで、手軽に使用できるビート板。素材には発泡ポリエチレンが使われており、浮力も高いため初心者の方でも安定して泳ぎの練習ができます。

また、脚に挟みやすいように、中央が凹んでいるので、プルブイにも活用可能。水中で美しい姿勢とフォームを維持するための補助としても適しています。しっかりとした泳ぎの練習から、フォームづくりまで幅広く使えるビート板を探している方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) プルブイ 85ZB750

初心者の方のキック練習にはもちろん、本格的な下半身の強化にもおすすめのビート板。脚が閉じやすいように凹みが設けられており、プルブイに使用するのにも適しています。ひょうたん型で太ももとふくらはぎに挟みやすく、自然なフォームで泳げるのが特徴。

下半身に挟み、浮かせた状態で使用すれば、腰・お尻・脚の位置などを正しく覚え、フラットスイムの体得と上達にも効果的です。また、上半身を集中的に鍛え、正しいフォームを身につける練習も行えます。

トーエイライト(TOEI LIGHT) スイムマルチボード B6096

縦27×横24×厚さ6cmのコンパクトサイズで、シンプルなデザインが特徴のビート板。素材にはEVAを使用しており、浮力や柔軟性にも優れているため、初心者の方でも扱いやすいのが特徴です。浮力は約3.7kgで、身体をしっかりと安定して支えます。

また、中央部分が凹んでいるため、脚で挟みやすく、プルブイでの使用にも適したアイテム。下半身のフォームや、水中での姿勢を正しく身につけるのにも効果的です。

重量が約150gと軽量なのも魅力。コンパクトで軽量なので、持ち運びのしやすさを重視する方にもおすすめのビート板です。

ミズノ(MIZUNO) マスタービート 85ZB751

素材に発泡ポリエチレンを使用し、軽量で柔軟性に優れたビート板。サイズも、縦45×横28×厚さ4cmとコンパクトで薄く、初心者の方や子供でも使いやすいのが特徴です。キックの練習など、脚のトレーニングを重点的に行いたい方に適しています。プルブイの代用としても使用可能です。

また、シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。カラーも、ローズ・ブルー・パーブルなど豊富に展開しており、おしゃれを楽しみたい方にもおすすめのアイテムです。

エバニュー(EVERNEW) スイムボード SUN450

日本水泳連盟に推薦されている、高品質なビート板。オーソドックスな形状で使いやすく、浮力も3.9kgと優れているため、初心者の方や子供が安定して泳ぎの練習ができます。バタ足や、片腕を乗せた状態で水をかく練習もでき、水泳の基本からしっかりとトレーニングできるモデルです。

また、素材には耐久性の高いポリエチレンを採用しているため、長持ちするのも魅力。泳ぎが練習しやすく、長く愛用したい方におすすめのビート板です。

スピード(Speedo) キックボード SE41901

おしゃれなマーブル柄のデザインが魅力的なビート板。1928年の創業以来、90年以上にわたり多くのスイマーから人気を集める老舗ブランド「スピード」が展開する高性能なモデルです。硬くて丈夫なEVAを素材に採用しており、耐久性に優れているため長く愛用したい方の使用にも適したアイテム。

また、適度に重量感があり、波や水面の揺れによる抵抗を受けにくい構造なので、キックの練習が安定して行えます。本格的なトレーニングをしたい方や、スタイリッシュなデザインにこだわる方におすすめのビート板です。

エバニュー(EVERNEW) スイムボード EHA012

上級者の方におすすめのビート板。2.8kgと適度な浮力があるため本格的なトレーニングに使用しやすいのが特徴です。ボディ中央には凹みが設けられており、プルブイとしても使えます。

下半身の強化や、フォームチェックなど幅広い使い方ができるのがポイント。サイズは、縦28×横23×厚さ6cmとコンパクトで、持ち運びにも便利です。また、赤と青のカラーがラインナップされているため、好みによって選べます。

アリーナ(arena) キックボード AEAMGX20

ボディに穴があるビート板。指を入れて持てるので安定してキック練習ができます。上半身のぐらつきを抑えて練習したり、体幹や脚部を強化したりするのにぴったりです。

また、「arena」のロゴマークがアクセントとなった、スタイリッシュなデザインも魅力。特徴的な曲線のある形状も特徴で、おしゃれかつ機能的に泳ぎの練習が行えます。

安定感のある練習がしたい初心者の方や、競泳など本格的なトレーニングを行いたい上級者の方まで、幅広いスイマーにおすすめのビート板です。

トーエイライト(TOEI LIGHT) カラービート B3272Y

シンプルな設計で使いやすいビート板。素材にポリエチレンとEVAを使用しているため、滑らかな肌触りに加え、耐久性にも優れています。長期間使用しやすいのが魅力です。

浮力も3kgあるので、初心者の方でも安定してキックの練習に取り組めます。サイズは、縦43×横28×厚さ3cmで重量は170gと軽量です。子供でも取り扱いやすく、持ち運びにも便利。使い勝手がよく、長く愛用できるビート板を探している方におすすめです。

アリーナ(arena) プルキックプロ FAR-6926

グリップ部分が流線型となった独特な形状が特徴のビート板。浮力が約1.1kgと低く、ハードなトレーニングを行うのに適した上級者向けのモデルです。両脚に挟んでフィットしやすい形状で、プルブイにも使用できます。

サイズは、縦24.2×横19×厚さ5.8cmと非常にコンパクトで使いやすく、持ち運びがしやすいのも魅力。日常的に練習を行う方の使用にも適しています。本格的な体幹トレーニングをしたい方など、上級者の方におすすめのビート板です。

Horypt キックボード

環境に優しいEVA素材を使用したビート板。弾力性にも優れているので、安定して使用しやすいのが特徴です。また、丈夫なため破損しにくく、長く愛用したい方にも適したモデル。

また、グリップ部分が飛び出した独特な形状をしているのも特徴。しっかりと握って、バランスよくキックの練習ができます。子供や泳ぎの苦手な方が、安定して水泳の練習をするのにおすすめのビート板です。

QIN ビート板

重量が75gと、非常に軽量で子供でも使いやすいのが特徴のビート板。日常的に練習する場合や、スイミングスクールなどへの持ち運びに便利です。素材には、環境に優しいEVAを採用。弾力性に優れ、水からの抵抗も抑えるので、安定して泳ぎの練習ができます。

また、グリップとなる穴も空いているため握りやすく、水に対して恐怖感がある方でも安心感を得やすいのも魅力。これから泳ぎを練習する、子供や初心者の方におすすめのビート板です。

ビート板のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビート板のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。