歩き始めたばかりの赤ちゃんや、好奇心旺盛な子供を危険から守るのに役立つ「ベビーゲート」。階段やキッチン、浴室など、ケガや誤飲を招きやすい場所に設置すると安心です。触られたくないモノから距離を置いたり、イタズラを防止したりする目的にも使えます。

そこで今回は、ベビーゲートのおすすめアイテムをご紹介。ベビーゲートの種類や選び方のポイントもあわせて解説するので、購入を考えている方は参考にしてみてください。

ベビーゲートの選び方

設置方法で選ぶ

固定タイプ

By: amazon.co.jp

頻繁に出入りする場所や危険が多い場所には、しっかりと固定できるタイプがおすすめ。壁に穴を開けてネジで固定することで強度が確保でき、万が一の事故を防ぐことが可能です。包丁やガスコンロなど危険物が多いキッチンや、落下する危険性がある階段の上、玄関などに向いています。

ただし、壁に穴を開けられない賃貸住宅では使えないのがデメリット。賃貸住宅に住んでいる方や、持ち家でも穴を開けたくない方は留意しておきましょう。

突っ張りタイプ

By: amazon.co.jp

突っ張りタイプは、壁と壁との間に突っ張り棒を渡して設置します。あまりに強い力がかかるとズレる可能性はありますが、壁に穴を開けずに固定できるのがポイントです。

なお、突っ張りタイプは、出入り口の幅にあわせて調節できるのもポイント。設置場所の寸法が調節幅の範囲内に入っているかどうかもあわせてチェックしておきましょう。

置くだけタイプ

By: amazon.co.jp

置くだけで自立するタイプは、簡単に設置できるので便利です。置く場所を選ばず、必要に応じて移動させたり片付けたりできます。また、赤ちゃんに触らせたくない家電品を囲んだり、邪魔されたくない作業中だけ入れないエリアを設定したりすることも可能です。

なお、ほかのタイプに比べると安全面では劣るため、接地面が広く倒れにくいモノを選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ベビーゲートを購入する際は、設置場所の幅とガードするのに必要な高さを要チェック。突っ張りタイプのように幅の調節が可能な製品もありますが、出入り口の間口の寸法に合わないと設置できない製品もあるので注意が必要です。

高さは最低でも60~70cmあると安心。身長が伸びるとよじ登れることもあるため、製品の対象年齢も参考にして選んでみてください。

設置場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

ベビーゲートをどこに置くかによって、適切なタイプを選ぶことが大切。キッチンや階段はケガや落下の危険性が高い場所なので、より安全性が高い固定タイプがおすすめです。出入りが頻繁なため、扉式やロール式で開閉できるモデルが適しています。

玄関やベランダ、浴室などには、さっと移動できる置くだけタイプが便利。窓を開けたときだけ設置したり、来客のときは片付けたりと、臨機応変に対応できます。

安全性で選ぶ

留め具の強度を確認

By: amazon.co.jp

留め具の強度もしっかりとチェックしておきたいところ。赤ちゃんが寄りかかったりつかまり立ちをしてもぐらつきにくい、頑丈な留め具が施されているモノがおすすめです。

設置したい場所の壁も要チェック。幅木などで上下の幅が異なる壁に突っ張りタイプのベビーゲートを設置する場合は、段差を避けて取り付けできるように取り付け箇所が選択できるモノがおすすめです。

開閉方法を確認

By: amazon.co.jp

ベビーゲートを開閉するタイプには、扉式とロール式の2種類があります。扉式は、片開きのモノと、内側と外側の両方に開閉できる両開きのモノがラインナップ。階段上には階段方向には開かない片開きのモノがおすすめです。

また、頻繁に出入りをするような場合は、ロックや解除がスムーズにできるモノだと便利。自動に閉まるオートクローズ機能が付いているモノだと、閉め忘れを防ぎやすいのでチェックしてみてください。

ロール式のベビーゲートは、使わないときは巻き取ってすっきりと開放できるのがメリット。余計なパーツがなく広く開けられるため、間口が狭い場所に設置するのに便利です。

ベビーゲートのおすすめモデル

リッチェル(Richell) 階段の上でも使える木のバリアフリーゲート

片開きで階段上に使用できる、固定タイプのベビーゲートです。ネジでしっかり固定しており、足元に段差がないのでつまずきにくい仕様。開けた扉が自動で閉まるオートクローズ機能を搭載し、閉まると同時に上下2ヶ所がオートロックされます。

開けたままの状態にキープすることも可能で、手がふさがった状態での出入りなどに便利です。また、木製のあたたかみのあるデザインで、周りのインテリアと馴染みやすいのも魅力。安全面に十分に配慮されたおすすめアイテムです。

ベビーダン(Baby Da) ガードミー

おしゃれな見た目が目を引くデンマーク製のベビーゲートです。使わないときは折りたたんで、すっきりと開放できます。重い荷物や子供を抱っこしても移動がスムーズにできるのが魅力です。

部屋の雰囲気を損ないにくく、インテリアにこだわりのある方にもおすすめ。なお、固定タイプで壁に穴を開ける必要があるので留意しておきましょう。

日本育児 スルする~とゲイト

ネットを巻き取る形で開閉するロール式のベビーゲート。ネジでしっかり固定でき、階段上にも設置可能です。最大約115cmまで取り付け幅を自由に調節できます。また、本体部分から自由な角度でロールネットを引き出せるので、斜めの間口にも取り付けが可能です。

さらに、8秒間のタイマーによるオートロック方式を採用しているのも魅力。おしゃれなホワイトと、アクセントカラーのピンクの2色から選べます。

日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006

突っ張りタイプの両開きベビーゲート。片手で簡単に開閉でき、頻繁に出入りする場所での使用におすすめです。約90°の位置で扉を開けたまま固定することも可能。大きな荷物を抱えているときなど、両手がふさがっている場合の移動に便利です。

拡張フレーム1枚が付属し、73~90cmの幅で調節可能。また、補助ソケットを使用することで、ぐらつきを軽減し安定性が向上するのがポイントです。さらに、スチール製で頑丈なのも魅力。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

日本育児 スマートゲイト2 プラス

片開きタイプのベビーゲートです。細かい安全性に配慮されたアイテムで、2階に寝室がある方などにおすすめ。Wロック機能に加えて、ロックカバーで確実に誤開閉を防止します。ステップカバーで下部の段差を解消しているので、つまずきにくく安心です。

幅木の段差を避けて固定できるよう、取り付け部分は2段階で選択可能。使わない穴はキャップでふさげます。扉開放機能やオートクローズ機能もあり、使い勝手のよいおすすめのベビーゲートです。

カトージ(KATOJI) ウッドスルーオートゲートS

インテリアや家具になじみやすい木製ベビーゲートです。突っ張りタイプで、76~86cmの幅で調節可能。上部のつまみをスライドさせて扉を少し持ち上げると、片手で簡単にロックが解除できます。

扉は両開きで、自動で閉まるオートクローズ機能を備えているのも魅力。開けたまま固定することもできます。パイン材を使用したナチュラルな色みで、さまざまな部屋にマッチしやすいおすすめアイテムです。

西松屋 SmartAngel シンプルフェンス Sサイズ グレー

メッシュ地で軽く、グリップを回すだけで簡単に取り付けできる突っ張りタイプのベビーゲート。メッシュ地はぶつかってもやさしい感触で受け止められることに加えて、赤ちゃんの様子が見えやすいのがポイントです。

キッチンの入り口や部屋の出入り口など、さまざまな場所に設置できるのも魅力。なお、開閉機能はありませんが、大人がまたぎやすい約60cmの高さに設定されています。

リッチェル(Richell) ママらくソフトゲートR

子供の成長にあわせて3段階で高さを調節できる突っ張りタイプのベビーゲートです。ハイハイ期の赤ちゃんの場合は低めに設定しておくと大人がスムーズにまたげ、つかまり立ちから身長が伸びるにつれて高めの位置に調節して使えます。

メッシュ地でやわらかいので赤ちゃんにやさしく、様子が逐一確認できるのもポイント。高さや幅にあわせて調節用ボタンやベルトを操作すると、ネットのたるみを防げます。取り付けプレートはゴムクッション付きで、壁や柱を傷つけにくいのもポイントです。

日本育児 おくだけとおせんぼ S

キッチンや階段下に手軽に設置できる置くだけタイプのベビーゲートです。壁や柱を傷つけずに設置でき、必要に応じて自由に移動できるのがポイント。左右のフレームが伸縮し、間口にあわせて77~95cmの幅で調節できます。

広めのセーフティープレートと反対側のスタンドフレームで、安定感に優れているのもポイント。また、スタンドフレームは折りたたみ式で、スペースに応じて使い分けられるのも魅力です。

日本育児 キッズパーテーション

子供に触ってほしくないテレビ周りなどに、角度を付けて囲むようにして設置できるベビーゲートです。置くだけタイプなので手軽に設置可能。必要に応じて移動させたりレイアウトを変更したりできるため便利です。

パーテーションは最大幅361cmまで対応。出入りに便利な扉パネルも付属しています。設置場所の自由度が高いモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ベビーゲートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビーゲートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。