自宅でリラックスしたい時に活躍してくれる「アロマディフューザー」。ミントや柑橘系、フローラル系などの専用オイルと一緒に使うと気分を落ち着かせる効果が期待できるので、癒しアイテムとして注目されています。

そこで今回はアロマディフューザーのおすすめアイテムをランキング形式でご紹介。種類による違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

アロマディフューザーについて

アロマディフューザーとは?

By: rakuten.co.jp

アロマディフューザーとは、アロマポットやアロマランプと違い、火や熱を使わずにアロマオイルの香りを拡散するアイテム。主に超音波式と噴霧式、リードディフューザーの3つのタイプがあります。

火を使わないので安全に使用できるのが魅力で、タイマー機能が付いている製品であれば就寝時にも自動で停止することが可能。サイズや形状についてもさまざまなタイプがあるほか、インテリア性にも配慮したモデルも数多くリリースされています。

種類による違い

超音波式アロマディフューザー

By: amazon.co.jp

超音波式アロマディフューザーとは少量の水とアロマオイルを超音波でミストにして、部屋に拡散させるタイプ。ミストが部屋の中に広がっていく効果を視覚的に楽しむことができ、加湿効果が期待できるのもポイントです。

なかでもライトがイルミネーションのように点滅するタイプやタイマー機能を搭載しているモデルは使い勝手がよく、寝る前に香りを楽しみたい時や気分転換したい時などにおすすめ。なお、しばらく水を取り換えないと雑菌が繁殖することもあるので、その点は注意しておきましょう。

噴霧式アロマディフューザー

By: amazon.co.jp

水を使用する超音波式と異なり、噴霧式は精油の原液を使用するのが特徴。ガラス容器にアロマオイルの原液を垂らして使用する「アロマドロップ式」と、精油瓶を本体に直接セットする「ネブライザー式」があります。

どちらも空気振動によってオイルを微粒子化し、霧状に噴射することで香りを拡散するのがポイント。原液の消費がやや早いのは懸念点ですが、非常に香りが強いため、広範囲に香りを拡散させたいという方におすすめです。

リードディフューザー

By: amazon.co.jp

リードディフューザーとはディフューザーオイルに、リードと言われる竹などの棒を差して使用するタイプ。植物性のリードがオイルを吸い上げることで、香りを広げます。なお、リードの本数を変えることによって香りの強さや持続時間を調節することができるのもポイントです。

リードの本数やオイルの種類によって誤差はありますが、目安としてはディフューザーオイル500mlで6ヶ月ほど使用することが可能。市販されている製品は1ヶ月ほど効果が続くタイプが一般的です。

アロマディフューザーの選び方

アロマディフューザーには、加湿器機能が付いたタイプや間接照明としても使えるモノなど、さまざまなタイプがあります。連続稼働時間や芳香可能範囲も製品によって異なるので、しっかりとチェックしておきましょう。

効果範囲で選ぶ

By: amazon.co.jp

現行の製品ラインナップは、基本的に6畳ほどの範囲に対応しているモノが多く、例えば小型の超音波式のアロマディフューザーは6~8畳くらいがカバーする範囲の目安となります。一方、広範囲に香りを噴霧できる噴霧式アロマディフューザーは香りの広がり方が強く、モノによっては20畳ほどの広い場所でも使用できます。

とはいえ、アイテムによっては最大で40畳の部屋まで対応した製品もあり、そうしたタイプはオフィスなどで活用する際に便利。美容室、エステや雑貨店などでも活用されています。

持続時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

超音波式のアロマディフューザーは運転時間が3~6時間程度。タイマー付きの製品を選べば、就寝時に自動で消えるので、眠る前のリラックスしたい時に最適です。

噴霧式アロマディフューザーの場合は20滴のオイルで1時間程度が目安。リードディフューザーは製品によって持続時間が異なりますが、平均すると100mlで1ヶ月ほど香りが持続します。

アロマディフューザーのおすすめメーカー

無印良品

デザインよりも香りとコスパ重視なら、「無印良品」の超音波アロマディフューザーがおすすめ。コンパクトながら、エッセンシャルオイル本来の自然な香りを部屋全体にしっかりと拡散してくれます。

無印良品ではオリジナルブレンドのエッセンシャルオイルを取り扱っているほか、製品が手に入りやすいのもポイント。シンプルで合わせやすく、インテリアとしても映えるのでおすすめです。

生活の木

「生活の木」はハーブとアロマセラピーの専門店。アロマディフューザーの種類が豊富なのが特徴です。エッセンシャルオイルの微粒子を空気で効率よく拡散させるタイプからフラスコのような形の個性的なモノまで、オリジナリティの高いアイテムが揃っています。

アロマディフューザーのおすすめランキング

第1位 無印良品 超音波アロマディフューザー AD-SD2

無印良品で定番の超音波アロマディフューザー。シンプルなデザインで汎用性が高いのがポイントです。熱を加えず、超音波による振動で水とエッセンシャルオイルを拡散するため、アロマオイル本来の香りが楽しめます。

連続運転時間は3時間。さらに4段階のタイマー付きで、ベッドサイドに置くディフューザーにもぴったりです。なお、加湿効果を重視したい方や広い空間に香りを拡散したいなら、やや価格は高くなりますが同ブランドの「超音波うるおいアロマディフューザー」も検討してみましょう。

第2位 生活の木 アロマミストディフューザー YUN

生活の木のロングセラーモデルのアロマディフューザー。リラクゼーション系の音楽なども楽しめるので、香りを感じるだけでなくサウンドからのリラックス効果も期待できる製品です。

操作は付属のリモコンで対応。カバーにはガラス素材、ボディにはカエデの間伐材が使われており、インテリア性の高さもポイントです。

さらに、本体を動作させるとガラスドーム内にミストが立ち込み、LEDライトを付けることで、イルミネーションと煙の幻想的な様子を楽しめます。嗅覚・聴覚・視覚で楽しめる1台としておすすめです。

第3位 エンニプロ(Anypro) アロマディフューザー

木目調のデザインがおしゃれなアロマディフューザー。1時間に33mlもの水を噴霧してくれるため、加湿効果が期待できるのも特徴です。好みの香りのアロマオイルで癒されるだけでなく、7色に切り替え可能なLEDライトでイルミネーションも楽しめます。

水がなくなったら自動的に電源をOFFしてくれる空焚き防止機能付きで、手入れが簡単なのもポイント。ビジュアル・機能性・コスパなどのトータルバランスが優れた1台です。

第4位 EIVOTOR アロマディフューザー

EIVOTORのアロマディフューザーは、加湿器と空気清浄機の機能を備えた便利なアイテム。LEDソフトナイトライトはカラフルな7色に変化し、間接照明としての役割も果たしてくれます。

タイマー機能や空焚き防止機能など便利な機能が揃っているのもポイント。リビングや書斎など自宅の部屋に設置するのはもちろん、オフィスなどでも使える1台です。

第5位 Vacplus アロマディフューザー 加湿器

コンパクトながら300mlと大容量で、10時間連続運転できる加湿器タイプのアロマディフューザー。空気中の酸素分子をアップさせて空気を洗浄し、エッセンシャルオイルを組み合わせることで異臭除去効果も期待できる万能な1台です。

噴霧量は2段階調整できるので、部屋の広さに合わせて選択することが可能。静音設計で稼働音が気にならないので、寝室での使用もおすすめです。

第6位 Tenswall アロマディフューザー 超音波式

木目調のデザインでやさしい雰囲気が漂うTenswallのアロマディフューザー。インテリア性が高い上に加湿機能も付いているのが特徴です。超音波振動で湿潤細霧を吹き出し、部屋を加湿しながらアロマの香りも楽しめます。

見た目はコンパクトですが、タンクには400mlもの水が入れられるので長時間稼働できるのもおすすめポイント。低騒音仕様で稼働音が気にならないので、お休み前やリラックスタイムに使用するのに向いています。

第7位 ボルツ(boltz) アロマディフューザー

陶器製のアロマディフューザー。超音波振動で香りを拡散させるタイプですが、作動音が非常に小さいので、ストレスを感じずに使えるのが特徴です。

連続運転はもちろん、30秒運転と30秒停止を繰り返すリズム運転機能もついていて、気分に合わせて使い分けが可能。ライトはカバーから透ける仕様で、間接照明としても活躍してくれるディフューザーです。

第8位 HIMETSUYA アロマディフューザー

500mlの大容量で、部屋を加湿しながら最大6時間連続運転してくれる超音波振動加湿方式のアロマディフューザー。明/暗モードから選べる7色のライトや四種類の噴霧モード、空焚き防止機能を搭載しているのが特徴です。

お手頃価格のほか、低消費電力で電気代が節約できるのもポイント。インテリアとしても映えるリーズナブルなアロマディフューザーを求めている方におすすめです。

第9位 Deik アロマディフューザー

超音波技術が採用されており、アロマミストを優しく噴出してくれるアロマディフューザー。目に優しい7色のライトを搭載しているのが特徴です。指定の色で固定するのはもちろん、自動的に色を切り替える設定にすることもできます。

本体の水がなくなると電源が自動で切れるので、手動で電源をオフにする手間もありません。動作音が気にならない静音設計のため、寝るとき用のアロマディフューザーを探している方におすすめです。

第10位 ZNT 超音波式アロマディフューザー 萌えニャンコ ZNT-E201

かわいい猫型のアロマディフューザー。女性へのプレゼントにもおすすめです。見た目のかわいいさだけではなく、超音波振動で6畳の広さまでしっかりとアロマの香りを拡散してくれるほか、空焚き防止やタイマー機能などが備わっているのも特徴です。

弱の明るさと消灯ギリギリの明るさを、呼吸するように2秒ごとにゆっくり点減をくりかえす「呼吸モード」を搭載しているのもポイント。置いておくだけでなんだか優しくなれる気がするおすすめのアイテムです。

水なしタイプのアロマディフューザーのおすすめランキング

アロマディフューザーには、水を使わないタイプもあります。水なしのメリットは、カビが生えにくくお手入れが簡単なこと、そしてエッセンシャルオイル本来の香りがそのまま楽しめること。なお、加湿効果は期待できないので、その点は留意しておきましょう。

第1位 エネルグ(ENERG) ネブライザー式アロマディフューザー T11-ENS1

精油瓶をセットしてスイッチを押すだけでアロマの香りが楽しめるアロマディフューザー。有効芳香面積は120平米もあるので、自宅はもちろんオフィスでの使用も可能です。

本モデルは、エッセンシャルオイルを空気微粒子に変換しながら香りをほどよく広がるのがポイント。水の管理も頻繁なオイルの補充も必要なく、エッセンシャルオイルのそのままの香りが満喫できるのが魅力です。

第2位 LANGRIA アロマディフューザー

空気の振動によって生まれるエネルギーを利用して、オイルを細かい微粒子に分解して拡散させるLANGRIAのアロマディフューザー。超音波式と異なり、水や熱を必要としないため、カビや雑菌が繁殖しにくく衛生的に使用できます。

30〜120分の間で4段階の設定ができるタイマー機能を搭載。さらに、噴出間隔や噴出量も調整できるなど、使い勝手のよさにこだわったおすすめのアロマディフューザーです。

第3位 SIS アロマ&ランプオイルディフューザー Dolce FL-3821

天然成分のみの精油をそのまま使うアロマオイルディフューザー。タッチセンサーで運転の強弱が2段階に調節でき、香りが強くなり過ぎないよう一定のリズムで稼働と停止を繰り返すこと間欠運転に対応しているのも特徴です。

自動運転停止機能も付いているので、お休み前にスイッチを入れて芳香浴を楽しむのもおすすめ。デザインも個性的で、部屋のインテリアとして飾っておけるのもポイントです。

第4位 エネルグ(ENERG) ネブライザー式アロマディフューザー T11-EN098

エッセンシャルオイルを空気微粒子に変換し、最大80平米まで香りを行き渡らせることができるネブライザー式のアロマディフューザー。USB Type-Cを採用したバッテリー内蔵充電式で、置く場所を選ばず自由に設置できるのが特徴です。

噴射時間や間隔時間、タイマー機能により、最大27種類の稼働設定が可能。さらに、稼働モードを記憶する「記憶機能」を搭載しているので、使い勝手良好の1台です。

第5位 クスハンドメイド(KUSU HANDMADE) くすのきアロマディッシュ

くぼみにオイルを垂らして、あとはただ置いておくだけのアロマディフューザー。水も火も電気も使わずただ置いておくだけなので、オフィスのデスクや玄関、トイレ、枕元などどんな空間にも簡単に設置することができます。

素材は九州産のクスノキの端材をひとつひとつ丁寧に削りだしたモノで、本体の木の中にじんわりとオイルが浸透していくため、香りが長く持続するのがポイント。ナチュラルな木の香りが楽しみたい方におすすめのアイテムです。

アロマディフューザーの楽天市場ランキングをチェック

アロマディフューザーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ライターからヒトコト

アロマは好みの問題があるので一概には言えませんが、集中力アップや気分転換に効果が期待できると言われています。清涼感を求めるのであればラベンダー、リフレッシュさを求めるのであればレモン、爽やかさを求めるのであればローズマリーなど、さまざまな種類があるので、ぜひシーンによって使い分けてみてください。

Top photo by: amazon.co.jp
記事内容について連絡
  • この記事が気に入ったらいいね!しよう
  • この記事が気に入ったら
    「いいね!」しよう
  • Twitterで最新情報をチェックしよう