自宅などでのリラックスタイムにおすすめのアロマディフューザー。ミントや柑橘系、フローラル系などの専用のオイルと一緒に使うと気分がスッキリしたり落ち着いたりする効果があり、女性だけでなく男性からも支持されているアイテムです。

そこで今回は、アロマディフューザーを選ぶ上で気をつけておきたいポイントとおすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。

アロマディフューザーについて

アロマディフューザーとは

By: rakuten.co.jp

アロマディフューザーとは、アロマポットやアロマランプと違い、火や熱を使わずにアロマオイルの香りを拡散する製品です。主に超音波式とエアー式、リードディフューザーの3つのタイプがあり、超音波タイプが最も一般的。火を使わないので安全に使用できるのが魅力。また、タイマー機能が付いている製品であれば就寝時にも自動で停止するので便利です。

超音波式アロマディフューザー

By: amazon.co.jp

超音波式アロマディフューザーとは少量の水とアロマオイルを超音波でミストにして、部屋に拡散させるタイプです。ミストが部屋の中に広がっていく効果を視覚的に楽しむことができ、加湿効果もあるのがポイント。

ライトがイルミネーションのように点滅するモノやタイマー機能を持っているモノもあります。寝る前に香りを楽しみたい時や気分転換したい時などにおすすめです。ただし、しばらく水を取り換えないと雑菌が繁殖することもあるので、使用しない時は水を入れないように注意しましょう。

リードディフューザー

By: amazon.co.jp

リードディフューザーとはディフューザーオイルに、リードと言われる竹などの棒をさして使用する製品。植物性のリードがオイルを吸い上げることで、香りを広げます。なお、リードの本数を変えることによって香りの強さや持続時間を調節することができるのもポイントです。

リードの本数やオイルの種類によって誤差はありますが、ディフューザーオイル500mlで6カ月ほど使用できます。市販されている製品は1か月ほど効果が続くタイプが一般的です。

アロマディフューザーの選び方

効果範囲

By: amazon.co.jp

ラインナップ製品は基本的に6畳ほどの範囲で香りを楽しむことが多く、小型で超音波式のアロマディフューザーは6~8畳くらいの広さにおすすめ。広範囲に香りを噴霧できるエアー式アロマディフューザーは、香りの広がり方が強く、モノによっては20畳ほどの広い場所でも使用できます。

とはいえ、アイテムによっては最大で40畳の部屋まで対応した製品もあり、そうしたタイプはオフィスなどで活用する際に便利。美容室、エステや雑貨店などでも活用されています。

持続時間

By: amazon.co.jp

超音波式のアロマディフューザーは運転時間が3~6時間程度。タイマー付きの製品を選べば、就寝時に自動で消えるので、眠る前のリラックスしたい時に最適です。

リードディフューザーは製品によって持続時間が異なりますが、平均すると100mlで1か月ほど持続します。エアー式アロマディフューザーの場合、20滴のオイルで約1時間香りを楽しめます。

アロマディフューザーのおすすめランキング|TOP1~10

第1位 無印良品 超音波うるおいアロマディフューザー HAD-001-JPW

シンプルなデザインが人気の超音波アロマディフューザー。和室にも洋室にも合うデザインは、どこに置いても違和感がないのが特長で、サイズは直径が約16.8センチとコンパクトですが、12~15畳までの広いスペースでも十分に香りを楽しめる大容量なところが魅力です。

LEDライトをつければ簡易照明としても利用できます。30・60・120・180分の4段階のタイマー付きで連続稼働時は最大で3時間。ご家庭からオフィスや店舗まで、さまざまな場所で利用できるおすすめのアロマディフューザーです。

第2位 エニープロ(Anypro) 超音波式アロマディフューザー LM-008

7色の光が点灯するアロマディフューザー。本体サイズは約90×90×126mmとコンパクトサイズなのが特長で、操作ボタンはミストボタンとLEDライトボタンの2つのみと、操作は簡単です。

タイマー機能はありませんが、タンクの水がなくなると自動停止するのがポイント。ミストの機能は約6畳まで拡散可能。超音波式なので熱くならず、火傷の心配がないので小さな子どものいる部屋でも安心して利用できます。

第3位 生活の木 アロマミストディフューザー YUN

ハーブとアロマの専門店である「生活の木」が販売する、音楽再生機能付きのアロマディフューザー。リラクゼーション系の音楽を楽しめる他に、iPodなどの音楽再生機器と接続できるので、お気に入りの音楽を聴くこともできます。

操作は付属のリモコンで行い、本体は余計なスイッチがなくすっきりとしているのが特長。カバーにはガラス素材、ボディにはカエデの間伐材が使われており、インテリア性の高さもポイントです。

さらに、本体を動作させるとガラスドーム内にミストが立ち込み、LEDライトを付けることで、イルミネーションと煙の幻想的な様子を楽しめます。嗅覚、聴覚、視覚に作用できるおすすめのアロマディフューザーです。

第4位 電球型 超音波式アロマディフューザー

おしゃれな電球型デザインの超音波式アロマディフューザーです。石やヤシの木をモチーフにしたアイテムが付いているため、インテリアとして使いたい方におすすめです。本体の上部が7色に光り、幻想的なグラデーションを味わえます。

置き場所に合わせて、縦置きと斜め置きが選択可能。操作方法は、本体をUSBポートに接続してボタンを押すだけ。動作音は約30dBと小さいので、デスクの上に置いても仕事の妨げにはなりません。

容量は400mlあり、約5時間の連続稼働が可能。水が切れたら自動的に停止するので、就寝前に使用しても安心です。

第5位 ENERG ネブライザー式アロマディフューザー

水を使わずアロマを原液のまま噴霧させる方式のアロマディフューザー。珈琲のエスプレッソマシンのようなデザインが特徴的で、超音波式に比べて、水を使わないので香りの拡散力が強く、アロマオイルそのものの香りを楽しめるのが魅力です。

最大で40畳の広さに対応できるのもポイント。操作方法は、精油の瓶をそのままセットしてスイッチを押すだけで、タイマーも30分、60分、120分と設定可能。水の管理やオイルの補充も必要なく、手間がかかりません。アロマディフューザーを毎日使いたいという方におすすめです。

第6位 スタドラーフォーム(Stadler Form) Jasmine アロマディフューザー 2335

スイスの人気ブランド「スタドラーフォーム」のアロマディフューザー。シンプルでスタイリッシュなデザインは、どんなお部屋のインテリアにも合います。

10分運転した後は20分停止するを繰り返す「インターバル運転」が特長。通常運転だと連続で7時間の使用に対し、インターバル運転の連続使用は21時時間使用できるため、アロマの香りを長時間味わいたい方におすすめのアロマディフューザーです。

第7位 陶香(touka) 超音波式アロマディフューザー TO-102

グッドデザイン賞を受賞した超音波式アロマディフューザー。素材が磁器で陶器の風合いの美しさがあり、和室にも合うデザインが魅力。色もホワイトとブラックあり、部屋のインテリアに合わせたコーディネートができます。

3時間の連続運転ができ、インターバル運転に設定すると7時間の稼働が可能。デザイン性を重視したいという方におすすめのアロマディフューザーです。

第8位 アロマディフューザー ベッドサイドランプ 卓上加湿器 SparomaS1

ペンギン風のシンプルなデザインが可愛らしいアロマディフューザー。アロマを排出する部分が三角形になっているのが特徴です。スイッチはすべて有線でつながれたリモコンにあり、本体を動かすことなく操作することができます。

明るさは2段階に調整でき、暖かいオレンジ色のライトを楽しめます。タンクは300mlの容量があり、最大で7時間の使用が可能。1時間のタイマー付きなので、就寝前にセットしてリラックスタイムを過ごすにのもおすすめです。

第9位 ガーネッシュ(GONESH) リードディフューザー NO.8

アメリカの若者を中心に支持されている「ガーネッシュ」のアロマディフューザー。その中でも人気の高い本製品は、みずみずしく濃厚でフルーティーな香りを楽しめます。超音波型と違い電気を使わず音もしないので、静かな空間でアロマを楽しみたいという方におすすめです。

第10位 ミッレフィオーリ(Millefiori) SELECTED オレンジティ SDIF-S-008

香りだけではなく素敵なインテリアにもなる、スタイリッシュなデザインのリードディフューザー。オレンジティは、柑橘系の香りに加えて、紅茶の香りが含まれていて、お部屋を爽やかに演出します。

スティックの本数を増減することで香りの微調整が可能。リードディフューザーの特長である“ふと香る”のを好みの方におすすめです。