外でも高品質なサウンドで音楽を聴きたいけれど、ヘッドホンを持ち運ぶのは面倒くさい。そんなときに試して欲しいのが高級イヤホンです。

機種によってメーカー独自の技術を採用していたり、ドライバーユニットを複数搭載していたりと高音質を究めたスペックが揃っています。そこで今回は、高級イヤホンのおすすめ機種をご紹介。よりハイレベルなサウンドを求めている方は要チェックです。

普通のイヤホンと高級イヤホンとの違い

普通のイヤホンと高級イヤホンで大きく異なる点は、やはり音質。高級イヤホンは信号を音に変える「ドライバーユニット」と呼ばれる部品に注力しています。

一般的にドライバーユニットが小さいと音質も低下してしまいますが、高級イヤホンでは複数のドライバーユニットを搭載することで高音質を具現化。より音質にこだわるのであれば、解像度の高い音源「ハイレゾ」に対応しているモデルを選びましょう。

高級イヤホンの比較ポイント

発音方式で比較

ひとくちに高級イヤホンといってもさまざまな種類があるので、各モデルを比較しながら自分に合うモノを選ぶのが大切です。

まずは発音方式をチェック。イヤホンの発音方式には大きく分けて「ダイナミック型」と「バランスド・アーマチュア型(BA型)」の2種類があります。

ダイナミック型は低音の再現性に優れているので、迫力ある音楽を聴きたい方におすすめ。BA型はサウンドを繊細に表現してくれるため、クリアに音楽を聴きたい方におすすめです。

ドライバーユニットの数で比較

先述した通り、高級イヤホンはドライバーユニットに力を入れていることが多いので、ドライバーユニットが1基だけのモデルと比較して、複数あるモデルであれば、より質の高い音楽を楽しめる傾向にあります。

高級イヤホンのおすすめ人気モデル

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) イヤホン XELENTO REMOTE

強力な磁力で高い解像度を実現する独自の「テスラテクノロジー」を搭載した高級イヤホン。これにより、ダイナミック型のシンプルな構成でありながら迫力あるサウンドを聴かせてくれます。

着脱式のケーブルを採用しているほか、スマホ用のマイクが付いたリモコンを装備しているため使い勝手がよいです。コンパクトな高級イヤホンを求めている方におすすめします。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応カナル型イヤホン XBA-N3

「ソニー」がリリースしている高級イヤホン。駆動力を向上させる外磁型磁気回路を採用した9mmダイナミック型ドライバーと、独自のBA型ユニットによるハイブリッド構成を採用しています。再生周波数帯域は3Hz~40000Hzで、ハイレゾに対応した超ワイドレンジ再生がおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型イヤホン ATH-LS400

「オーディオテクニカ」の高級イヤホン。4基のBA型ドライバーユニットを搭載しています。マルチドライバー設計により、音の解像度と量感の豊かさを両立している点が魅力です。

イヤホンの本体部分にあたるハウジングには、ステンレスと特殊樹脂のハイブリッド素材を使用しており、シャープでありながら温かみのある音質に仕上がっています。

コードは着脱式で、抜けやすさと耐久性に優れている「A2DCコネクター」を採用。端子部の接触不良が気になる方におすすめです。

シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE846

高級イヤホンブームを起こした立役者といっても過言ではないオーディオメーカー「シュア」のカナル型高級イヤホン。4基のBA型ドライバーユニットで豊かな低音を聴かせてくれます。交換式ノズルの採用で好みの音に調整できる点が特長です。

航空機内用のアダプターや116cmの着脱式ケーブル、イヤホンを清潔に保つためのポリッシュクロスなど付属品が充実している点も魅力。カラーはブラック・クリスタルクリアー・ブルー・ブロンズの4種類をラインナップしています。

エティモティックリサーチ(Etymotic Research) ER4SR

BA型ドライバーユニット1基というシンプルな構成でありながら、大型ヘッドホンを思わせるスケール感で楽しませてくれる高級イヤホン。腐食を防ぐアルマイト加工が施されたアルミ製ボディを採用してます。

エティモティックリサーチが誇る大人気機種「ER4S」の後継モデルとなっており、よいところを活かしながら進化。着脱式ケーブルを採用していて、ケーブル部分が破損した際に容易に交換できる点も魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE800

ダイナミック型ドライバーユニット1基を使用したシンプルな構成の高級イヤホンです。実勢価格が数万円以上のイヤホンはBA型のドライバーユニットを複数使用しているか、ダイナミック型とBA型の両方を組み合わせたハイブリッド型が大半ですが、本製品はダイナミック型にこだわっています。

クリアな中音域と抜けのよい高音域が魅力。人間工学に基づいた楕円形のイヤーパッドを採用しているため、長時間装着していても疲れにくく、重量も約8gと軽量です。

イヤホンの本体部分にあたるハウジングにはセラミック素材を採用。デザイン性を高めてくれるのはもちろんのこと、傷に強いので綺麗な状態で使い続けられます。

アーカーゲー(AKG) ハイレゾ対応カナル型イヤホン N40

音響機器メーカー「アーカーゲー」によるハイレゾ対応の高級イヤホン。10Hzから40kHzまでのワイドレンジ再生が可能です。

対応機器の多いMMCX端子による着脱式ケーブルを採用しており、他のケーブルと交換すれば音質変化も楽しめます。耳掛け式のイヤホンなので、付け心地が安定していて使い心地は良好です。

「メカニカル・チューニング・フィルター」を採用することで、高音域・中音域・低音域のどれを重視するのか自分好みに調整できるのも魅力。電気信号を用いないフィルターのためロスが少なく、音源をクリアに再生してくれます。

ユニークメロディー(Unique Melody) イヤホン MACBETH II Classic

ミュージシャンのステージ用モニターイヤホンとして人気を集めるメーカー「ユニークメロディー」による高級イヤホン。「カスタムIEM」というオーダーメイドイヤホンを手がけてきたノウハウが活かされています。

本製品は音の空間を調整する「ポート・チューニング」を備えており、自分好みのサウンドに仕上げることが可能。プラチナで塗装された金属製のサウンドチューブを採用することで、響きのよい広大な音楽を聴かせてくれる点が魅力です。

ダイナミックなサウンドを楽しめるイヤホンでありながらコンパクト。職人の手で描かれた大理石のような模様も特徴です。

ジェイブイシー(JVC) WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FW01

木の振動板を採用した高級イヤホン。人間工学に基づいた「エルゴノミックフィットフォルム」を用いており、付けたときの安定感を向上させています。

本製品はウッド・ステンレス・ブラス・アルミなどの異種素材を組み合わせることで不要な振動をコントロールして響きを生み出す「メタルハーモナイザー設計」を採用。6Hz〜50000Hzの広い再生周波数帯域を持っており、ハイレゾにも対応しています。サウンドは繊細で、クリアに表現してくれるのが特長です。

キャンプファイヤーオーディオ(Campfire Audio) ANDROMEDA CAM-4808

新興オーディオメーカー「キャンプファイヤーオーディオ」の高級イヤホン。アルマイト加工が施されたアルミニウム筐体に5つのBA型ドライバーユニットを搭載しています。人間工学に基づいたフォルムなのでフィット感がよく、長時間の使用でもストレスなく音楽を堪能できます。

音導管を使用しない音響設計「Resonator assembly」を採用することで、サウンドはクセのないナチュラル仕様。質の高い音が楽しめるおすすめモデルです。

ウエストン(Westone) カナル型イヤホン Universal W80 WST-W80

プロ用のIEMイヤホンとして人気を集めているメーカー「ウエストン」の高級イヤホン。BA型ドライバーユニットを8基搭載しており、低音域も高音域も豊かに鳴らしてくれます。

ひとつひとつの楽器の音をしっかりと感じられるモデルなので、J-POPや洋楽はもちろんのこと、クラシックを聴くイヤホンとしてもおすすめです。

アユート(aiuto) AZLA 密閉型イヤホン AZLA-01R

新興イヤホンメーカー「アユート」によるハイブリッド型の高級イヤホン。通常、ハイブリッド型のイヤホンはダイナミック型とBA型をそれぞれバラバラに配置しているのですが、本機は「BED」と呼ばれる技術で同軸上に配置。これにより繊細さと迫力を兼ね備えたサウンドを楽しめます。

独自に開発された一体型モジュールドライバーを搭載することで、低音域もしっかりカバー。長年オーディオ業界に携わっていた「アシュリー・リー」氏が立ち上げた同メーカーだからこそ、新興といえどその品質は折り紙つき。実勢価格10万円以下の製品の中で本格的なイヤホンを求めている方におすすめです。

オーデジー(Audeze) 平面駆動型イヤホン iSINE 20

アメリカのオーディオメーカー「オーデジー」の高級イヤホン。振動板の形がフラットな「平面駆動方式」を採用しており、低音域から高音域までサウンドバランスは良好です。

見た目はボリューミーですが、重さが約20gと比較的軽量。Lightning接続に対応しているDAC搭載ケーブルが付属するため、iPhoneやiPadの音楽も気軽に楽しめます。