寒い季節や湿気の多い時期でも、フカフカの布団に仕上がる「布団乾燥機」。天候に左右されずに室内で布団のお手入れができるのに加え、製品によっては靴や衣類の乾燥、ダニ対策にも使えるので便利です。

しかし、各メーカーからさまざまなモデルが発売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめの布団乾燥機をご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

布団乾燥機とは?

By: amazon.co.jp

布団乾燥機とは、乾燥マットやホースなどを使って温風を送り、布団やベッドを乾燥させる家電製品です。雨天や冬場など、外に干しにくい天候や季節でも、屋内で簡単に乾燥できます。必要な時間は1回あたり数十分ほどと、外干しよりも早く乾燥できるのもポイントです。

高温で加熱し続けることにより、天日干しだけでは難しいダニやカビ対策の効果も期待できるなど、布団を衛生的に保てるのもメリット。また、布団があたたかくなるため、冬場の就寝前に布団をあたためる用途にも使えます。

さらに、布団乾燥機のなかには衣類や靴も乾かせるモノや、脱臭機能を搭載したモデルもあるのでチェックしてみてください。

布団乾燥機の選び方

乾燥方式をチェック

マットタイプ

By: amazon.co.jp

マットタイプは、付属の乾燥マットや専用マットを敷き布団と掛け布団の間に挟んで使う方式。効率的に温風を送り込んで、布団の隅々までしっかりと乾燥できるのが特徴です。

ただし、布団に比べて乾燥マットのサイズが小さすぎると端までうまく乾燥できないことがあり、マットタイプのメリットが減少してしまいます。敷き布団やマットレスの幅を基準に、乾燥マットの幅を決めて選ぶことが大切です。マットタイプは設置や片づけに少々手間がかかるのに加え、保管場所を広めに確保する必要もあるので注意しましょう。

マットなしタイプ

By: amazon.co.jp

マットなしタイプは、ホースなどの付属アタッチメントを掛け布団と敷き布団の間に入れて、直接温風を送り込んで乾燥させるタイプです。マットタイプのように設置や片づけが不要なので、手軽に使用できるのがメリット。また、比較的コンパクトに収納できるのもポイントです。

ただし、重く分厚い布団に使用する場合には布団の隅々まで温風が届きにくいので、乾燥にムラがでる恐れがあります。普段使用している布団のボリューム感なども考慮して選びましょう。

マットなしタイプは高頻度で使いたい、手軽さを重視したい方におすすめです。また、マットタイプに比べてリーズナブルなモデルもあるため、できるだけ予算を抑えたい方にも向いています。

乾燥時間をチェック

By: rakuten.co.jp

布団乾燥機の多くは1枚ずつしか布団を乾燥できないため、最低乾燥時間が短いモノを選んだほうが使い勝手がよくなります。特に布団の枚数が多い場合は乾燥時間をしっかりチェックしておくことが大切です。また、布団乾燥機は機種によって乾燥時間が異なるので、確認しておきましょう。

そのほか、乾燥用途ではなく、就寝前に手早く布団をあたためたい場合は、短時間で足下などをあたためられる急速モードを搭載したモノがおすすめです。

サイズや重さをチェック

By: panasonic.jp

布団乾燥機を選ぶ際にはサイズと重さを確認し、出し入れがしやすいかを考えておくことが大切です。布団やベッドがある寝室の収納に入るサイズかチェックし、自分の力でも楽に扱える重さのモノを選ぶようにしましょう。

寝室以外の場所に布団乾燥機を収納してしまうと、出し入れが面倒になって徐々に使わなくなる場合もあります。どうしても収納する場所がない場合は、部屋の隅やベッドサイドに置いても邪魔にならないコンパクトタイプを選ぶのがおすすめです。

ダニ対策機能をチェック

By: amazon.co.jp

布団乾燥機でダニ対策を行うときは、「ダニ対策機能」を搭載したモデルがおすすめです。各メーカーで多少の違いはあるものの、50℃以上の温風を発生させることでダニ対策が可能といわれています。ボタンを押すだけで自動的に細かい設定をしてくれるモデルがほとんどなので、初めて布団乾燥機を使用する方も安心して使用可能です。

その他機能をチェック

衣類乾燥や靴乾燥

By: rakuten.co.jp

布団乾燥機には、衣類乾燥や靴乾燥に対応したモデルがあります。衣類乾燥では、カバーが必要なモノが多い傾向にありますが、一部のモデルでは干している衣類の下に設置するだけで対応可能です。ただし、干している衣類の量が多いと充分に乾燥できない場合があるので注意しましょう。

また、靴乾燥は、専用のアタッチメントを取り付けて使用できることがほとんどです。靴の材質や布団乾燥機本体の性能にもよりますが、60~120分で乾燥できます。靴を洗ったときだけでなく、急な雨や汗で湿ってしまった場合などに便利です。

温風で布団をあたためられる「あたため機能」

By: amazon.co.jp

寒い季節におすすめなのが「あたため機能」です。就寝前にあたため機能を使用することで、あたたかいふとんでくつろげます。

また、製品によっては足元だけをあたためられるタイプもあり、就寝時の布団が冷えているとなかなか寝つけない方にもおすすめです。

乾燥後の熱気を取り除く「クールダウン機能」

蒸し暑い夏に活用したいのが「クールダウン機能」。夏は、布団に熱がこもってジメジメしてしまいがちです。クールダウン機能を使用すると、布団を一度あたためてカラッと乾燥させた後に風を送ることで、熱や湿気を飛ばして快適に使えます。

また、製品によっては室温を検知することで、自動で送風時間をコントロールする機能が備わっているのもポイント。季節を問わず快適に使用できるのが魅力です。

イヤなニオイを抑える「脱臭機能」

脱臭機能は、寝汗などで発生するイヤなニオイを抑えてくれる効果が期待できるのが特徴です。マイナスイオンを布団に吹き付けることで、乾燥と同時に脱臭できるといわれています。

また、なかには専用のデオドラント剤をセットすることで、好みのアロマを楽しめる製品も。普段なかなか布団を干せない方など、ニオイが発生しやすい環境の方はぜひチェックしてみてください。

布団乾燥機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

「日立」は、家電製品で高いシェアを誇る総合電機メーカー。同メーカーの布団乾燥機は速暖性と速乾性に優れているのが特徴で、時間がないときに重宝します。なかでも、ホースにセットして使う「ふとん乾燥アタッチメント」付きのモデルは、乾燥マットなしで布団を素早くあたためてくれるのでおすすめです。

また、専用のデオドラント剤を「ふとん乾燥アタッチメント」にセットすることで、消臭しながら爽やかな香りを楽しめるのも魅力。心地よい香りに包まれながらフカフカの布団で眠りたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、独自技術を活かしたさまざまな家電製品を取り扱っている日本の大手電機メーカー。どの製品もデザインがおしゃれで高級感があり、品質も高いので人気があります。布団乾燥機はスタイリッシュでコンパクトなのが特徴。収納場所や寝室が狭くても快適に使えます。

パナソニックの布団乾燥機には「ナノイー」を搭載したモノがあり、布団の消臭や除菌の効果が期待できるのが魅力。布団と一緒に枕を乾燥させれば、枕のニオイ対策も可能です。マット付きとマットなしが揃っているので、ニーズに合わせて選べます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

「アイリスオーヤマ」は、家庭用プラスチック製品や、家電製品を手掛けている国内メーカー。同メーカーの布団乾燥機「カラリエ」は、軽量かつコンパクトなので快適に持ち運べるのに加え、収納の際にスペースをとらないことで人気のモデルです。

また、小型サイズながら、パワフルな風量でダブルサイズの布団までしっかりあたためられるのもポイント。「ふとん乾燥モード(冬・夏)」や「ダニモード」「手動モード」など、用途に応じた運転モードを備えています。使いやすい布団乾燥機を探している方におすすめのメーカーです。

布団乾燥機のおすすめモデル

日立(HITACHI) ふとん乾燥機 HFK-VS2000

日立(HITACHI) ふとん乾燥機 HFK-VS2000

本製品はV字型の「ふとん乾燥アタッチメント」を採用したマットなしタイプの布団乾燥機。付属のアタッチメントに布団を挟み込んで表と裏を一度に乾燥できるのが特徴です。約28分で布団をスピード乾燥できるパワーも備えているため、家族が多い方に適しています。メタリックのおしゃれなデザインでインテリアを邪魔しないのも魅力です。

別売の「ダニ対策専用デオドラント剤」を使用して運転すれば、ダニ対策ができるとともに布団にハーブの香りが広がるので快適に眠れます。靴乾燥や衣類乾燥に対応しており、雨の日に活用できるのもポイント。「静音コース」も搭載しているため、夜間でも安心して使えます。

パナソニック(Panasonic) ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2

パナソニック(Panasonic) ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2

パナソニック独自技術の「ナノイー」を搭載した人気の布団乾燥機。布団にこもってしまう嫌なニオイを「ナノイー」で消臭する効果が期待できるので、布団を干しにくいマンション住まいの方にもおすすめです。枕も一緒に乾燥させれば、気になる頭皮臭を脱臭する効果も期待できます。

マットなしタイプでノズルを布団の間に差し込むだけなので手間がかかりません。本体の奥行が14cmと薄く、重さも約3.3kgと軽いので出し入れも簡単です。ノズルを外してルーバーの角度を変えれば、靴や靴下の乾燥も可能。ダニコースも搭載したコンパクトな布団乾燥機です。

パナソニック(Panasonic) ふとん乾燥機 FD-F06A7

パナソニック(Panasonic) ふとん乾燥機 FD-F06A7

布団を隅々まで乾燥させたい方におすすめのマット付きタイプ。マットサイズが横117×縦180cmと大きめなので、布団の際までしっかり乾燥できます。また、「ダニコース」も搭載しているほか、夏と冬に分けた最適な温度設定ができるのもポイントです。

さらに、「くつ乾燥アタッチメント」を付属しており、雨で濡れた運動靴や乾きにくい上履きを素早く乾燥させることも可能。ハンカチや下着などの小物類を約65℃の温風でスピード乾燥できるので、部屋干しで乾かないときに活用できます。価格も安いので、初めて布団乾燥機を購入する方に最適です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとん乾燥機 カラリエ FK-W1

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとん乾燥機 カラリエ FK-W1

2枚の布団を同時に乾燥できる「ツインノズル」を搭載した、マットなしタイプの布団乾燥機。2本のノズルは100cmと長めなので、ダブルサイズの布団に同時に差し込んで一気に乾燥させることも可能です。

また、重さが約2.2kgと軽くサイズもコンパクトなので、出し入れがしやすく収納場所を取りません。2本のノズルを使って靴を2足同時に乾燥できるため、雨の日に重宝します。布団の熱を取る「夏モード」や「ダニ対策モード」も便利。布団の枚数が多い方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ FK-C2

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ FK-C2

多彩なモードを搭載し、1年中便利に使えるマットなしタイプの布団乾燥機。「くつ乾燥アタッチメント」を付属しており、雨で靴が濡れても乾かせます。コンパクトサイズで収納場所を取らないのも魅力。重さが約1.8kgと軽量なので、力に自信のない方でも楽に出し入れができます。

立体ノズルのフラップを立ち上げて布団の中に空間を作り出せるため、温風が届きにくい場所もしっかり乾燥させることが可能。「ダニモード」では約65℃の風でダニをしっかり退治できるので、外に布団が干せなくても布団を衛生的に保てます。素早く使える軽い布団乾燥機を探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) ふとん乾燥機 UD-CF1

シャープ(SHARP) ふとん乾燥機 UD-CF1

シャープ独自技術である「プラズマクラスター」を搭載したマットなしタイプの製品。布団に染み付く体臭だけでなく、加齢臭やカビ臭を軽減する効果が期待できます。子供の寝汗やおねしょ臭にも効果が期待できるため、子育て世代におすすめです。プラズマクラスターと温風の効果により、ダブルサイズの布団もダニ対策できます。

きのこの形状が胞子を遠くに飛ばすことにヒントを得てデザインされた送風アタッチメントにより、約10分間で足元をあたためることが可能。広範囲に温風を届けられるので、布団がふかふかになります。コンパクトサイズでくつ乾燥や衣類乾燥もできる人気製品です。

三菱電機(MITSUBISHI) ふとん乾燥機 フトンクリニック AD-X80

三菱電機(MITSUBISHI) ふとん乾燥機 フトンクリニック AD-X80

本製品は縦200×横205cmのマットと、縦50×横70cmの枕用乾燥マットを付属しているのが特徴。ダブルサイズまでの布団と枕の乾燥ができるので、布団を干せない集合住宅に住んでいる方におすすめです。ダブルの布団は約45分で乾燥できます。

「快適温度コントロール」機能により、部屋の温度に合わせて仕上げ温度をおまかせで調節できます。マットを取り外してノズルだけを布団に差し込むと足元をあたためられるので便利。ダブルサイズの布団が干せずに困っている方におすすめの製品です。

象印(ZOJIRUSHI) 布団乾燥機 スマートドライ RF-AC20

象印(ZOJIRUSHI) 布団乾燥機 スマートドライ RF-AC20

台形型の幅広い吹出口を布団の間に差し込むだけで簡単に使える布団乾燥機。長いホースやマットがないので、面倒な手間がかからず使いたいときに素早く布団を乾燥できます。吹出口を折りたたむだけで簡単に片づけられるのも魅力。吹出口は角度調節ができるため、靴や衣類の乾燥にも使えます。

コンパクトサイズで奥行が13cmとスリムなので、部屋の隅やベッドサイドに置いても邪魔になりません。足元をあたためるのに便利な「お急ぎコース」や、「ダニ対策コース」を搭載しているので、便利に使えます。ストレスなく使える布団乾燥機です。

ツインバード工業(TWINBIRD) さしこむだけのふとん乾燥機 FD-4149

ツインバード工業(TWINBIRD) さしこむだけのふとん乾燥機 FD-4149

本製品は即熱のセラミックヒーターを搭載したマットなしタイプの布団乾燥機。電源を入れるとすぐに温風が吹き出すため、ノズルを布団に差し込むだけで乾燥できます。本体は縦置きにも横置にもできるので、ベッドと布団の両方に使用可能。ダイヤル式で操作が簡単なのも魅力です。

ベッドや布団に香り付けができる「アロマケース」に好みのオイルを入れて乾燥すると、心地よい香りに包まれて眠れます。ホースを固定して温風衣類乾燥としても活用可能。シューズから長靴まで対応できる「くつアタッチメント」も付属しています。布団の嫌なニオイを解消したい方におすすめの製品です。

山善(YAMAZEN) 布団乾燥機 ZFD-Y050E

山善(YAMAZEN) 布団乾燥機 ZFD-Y050E

マット付きの布団乾燥機でコスパのよいモノを探している方におすすめの製品。コンパクトな本体にマットとくつ乾燥アタッチメントを収納できます。横置きでも縦置きでも運転できるため、布団だけでなくベッドを乾燥させることも可能。ダイヤル操作で簡単に使えるのもポイントです。

「冬コース」と「夏コース」があり、気温に合わせて快適な温度で布団の乾燥ができます。約90分の運転でダニ対策ができるコースも搭載しているのも魅力のひとつ。マットのファスナーを開いてハンガーに掛けた衣類を入れれば、衣類乾燥もできるので便利です。

テスコム(TESCOM) ふとん乾燥機 TFD100

テスコム(TESCOM) ふとん乾燥機 TFD100

本製品はテスコムが得意とするヘアードライヤーの技術を活かし、大風量で布団を乾かせるのがポイント。冬でも乾燥時間約35分で素早く布団を乾かすので、雨や曇りの日に重宝します。「おひさまドライ」機能では、オゾンを含む風で外干ししたような状態に乾かすことが可能です。

「くつ乾燥アタッチメント」を付属しており、濡れた靴や洗った靴をしっかり乾燥できます。ホースを外せば寒い日のスポット暖房としても使用可能です。価格が安いのも魅力のひとつ。素早く布団乾燥ができるコスパのよい製品です。

コイズミ(KOIZUMI) 布団乾燥機 KBD-0550

コイズミ(KOIZUMI) 布団乾燥機 KBD-0550

本製品はホースも3つのアタッチメントも本体に収納できるオールインワン設計が特徴。使用後にすっきりコンパクトにまとめられるので、部屋の隅に置いても邪魔になりにくいのがポイント。シートなしタイプで簡単に布団乾燥ができるため、頻繁に使いたい方におすすめです。

伸縮ノズルを搭載しており、広範囲まで乾燥できるのも魅力のひとつ。枕の乾燥や少量の衣類の乾燥も可能なので、天気が悪い日に活用できます。「ダニ対策モード」も搭載しているため、布団が干せなくても清潔な状態を保つことが可能。1台でさまざまな用途に使える布団乾燥機です。

SUNRIZE 布団乾燥機

SUNRIZE 布団乾燥機

モダンな寝室に置いてもおしゃれに見えるスタイリッシュな布団乾燥機。本体カラーにブラックを採用しており、デザインにも無駄がないので生活感を感じさせません。本体サイズが幅30.3×奥行16.0×高さ29.3cmとコンパクトで、重さが2.4kgと軽いため、収納や出し入れしやすいのも魅力です。

マットなしタイプでホースを布団の間に差し込むだけで乾燥できるのがポイント。乾燥時間設定は30・60・90・120・150・180分から選択できるため、その日の気温や布団の状態に合わせて切り替えできます。「マイナスイオン」機能があるのも魅力。デザインがおしゃれでコンパクトな布団乾燥機です。

タンスのゲン ふとん乾燥機

タンスのゲン ふとん乾燥機

シンプルな布団乾燥機を探している方におすすめの製品。本体にはダイヤルが2つだけあり、20~120分でタイマーを設定し、強・弱・送風からモードを選ぶだけでよいので機械が苦手でも楽に扱えます。価格も安いので気軽に購入できるのが魅力です。

本体サイズは幅22.5×奥行14.5×高さ30.5cmとコンパクトで、重さが約2.3kgと軽いのもポイント。寝室の空きスペースや家具の間に収納するのに最適です。本体カラーはブラックのほかにホワイトもあり、好みで選べます。