布団の天日干しの手間を省ける「布団乾燥機」。布団を持ち上げることなく敷いたままセットできるのが特徴で、寒い季節はもちろん、花粉シーズンや湿気の多い梅雨時期にも活用できる便利なアイテムです。

そこで今回は、布団乾燥機のおすすめモデルをご紹介。タイプ別に製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

布団乾燥機を使うメリット

By: irisohyama.co.jp

布団乾燥機とはその名の通り、布団の乾燥を促す家電。乾燥といっても備え付けの洗濯乾燥機やコインランドリーの乾燥機とは異なり、敷いてある布団にセットして、ふんわりと仕上がるのが特徴です。

布団を持ち上げる手間がないのが最大のメリット。天候や時間にも左右されず、ちょっとした合間に対応できるのも魅力です。

また、天日干しではケアしきれない花粉やPM2.5に配慮できるのもポイント。さらに日光よりも高温の熱風を当てられるので、ダニ対策にも効果が期待できます。

布団乾燥機の選び方

マットの有無をチェック

マットあり

By: amazon.co.jp

マットありの布団乾燥機を使う手順としては、まず敷布団と掛け布団との間に布団乾燥機用のマットをセット。次いでそのマットの内部に熱風を入れて膨らまし、布団をあたためます。

マットが膨らむことで、布団全体を内部からふんわりとあたためられるのが特徴。また、ダニをより外へ外へと追いやることにもつながります。

ただ、使用する際はマットの準備と使用後の片付けが必要。さらに、マットと布団のサイズ感にも配慮する必要があるので、その点も留意しておきましょう。

マットなし

By: amazon.co.jp

マットなしの布団乾燥機を使う手順としては、温風口を布団内部にセットするだけ。準備の手間が少ないため、簡単に使用できます。

比較的コンパクトなモデルが多く、持ち運びや収納に便利な点もおすすめ。また、用途としては応用がきくので、衣類や靴などの布団以外の乾燥にも役立てられます。

なお、構造上は布団内部に熱風が行き届いているように思えても、場所によっては差が生じてしまうためその点は注意。さらに、熱風のみでの乾燥となるので、仕上がりの質を求めるのであればある程度の時間を要することも考慮しておきましょう。

ダニ対策性能をチェック

By: amazon.co.jp

布団乾燥機の多くにはダニ対策コースが用意されていますが、これはダニが布団の中で繁殖しやすいため。ダニにとっては体温と汗による湿気がある布団の中は居心地がよく、さらには人間の皮膚やアカをエサにしているので、住みやすい環境が整っています。

熱風を長時間かつ広範囲に出すことによって、ダニ対策にも良好。ダニ対策専用のコースが備わっているのはもちろん、温度や運転時間もチェックしておきましょう。

切り忘れや誤動作を防ぐ安全機能があると安心

By: amazon.co.jp

布団乾燥機は熱風を利用することになるので、温度の過剰な上昇や長時間の稼働は要注意。基本的にはタイマー機能などでカバーできますが、切り忘れや誤動作を防ぐ機能があるとより安全に使えます。

また、小さな子供がいる家庭の場合はチャイルドロックの有無もチェック。万が一の事故やトラブルを未然に防ぐことにもつながるため、気になる方はしっかりとチェックしておきましょう。

あると便利な機能

衣類・靴乾燥

By: amazon.co.jp

布団乾燥機は当然布団を乾燥させる製品なので用途が限られます。ただ、製品によっては衣類や靴の部屋干しを助長できる場合もあるためしっかりと確認しておきましょう。

マットありの場合はマットのなかに温風を入れることになるので、その上に衣類を乗せれてば下からのあたためが可能。マットなしの場合はノズルの角度などを調節して熱風を当てることになるため、備え付けのドライヤーのように使えるのが魅力です。

あたため機能

By: irisohyama.co.jp

布団乾燥機は布団内部をあたためるのがメインとなるので、湯たんぽの要領で活用することも可能。通常の布団やベットで使うのはもちろん、赤ちゃんに配慮してベビーベットでの使用もおすすめです。

また、製品によっては事前にあたためを開始できる予約機能が備わっている製品もラインナップ。寒さが気になる方や冷え性の方はチェックしておきましょう。

脱臭機能

布団乾燥機は睡眠に関わる部分なので、不快なニオイは気になるところ。メーカーによっては空気清浄機などで培った技術を布団乾燥機に転用している場合があるため、選ぶ際には確認しておきましょう。

なお、機種によっては脱臭ではなく香り付けができる場合もあり、アロマオイルやデオドラント剤を活用する製品もあります。なお、そうした場合は別途アイテムを購入することになるので、その点は考慮しておきましょう。

布団乾燥機のおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

コスパ良好の家電が揃う「アイリスオーヤマ」。同メーカーの布団乾燥機「カラリエ」シリーズは、軽量かつコンパクトで持ち運びに便利なほか、収納性にも配慮しているのが特徴です。

また、小型サイズながらパワフルな熱風で、しっかりとあたためられるのもおすすめポイント。製品ラインナップとしても仕様によって分かれているので、用途に応じた製品が選べるのも魅力です。

日立(HITACHI)

冷蔵庫や洗濯機など白物家電に精通している「日立」。同メーカーの布団乾燥機は使い勝手に優れているのが特徴で、なかでもホースにセットして使うU字型のアタッチメントが付属しているモデルは、布団を素早くあたためられるので便利です。

また、製品によっては専用のデオドラント剤が使えるのもポイント。心地よい布団に仕上がるのはもちろん、香りが広がることによって爽やかさがプラスされるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

テレビなどの黒物家電から掃除機などの白物家電まで、幅広い家電ジャンルを扱っている「パナソニック」。同社の布団乾燥機は空気清浄機で培った技術を活用しており、特に布団の消臭や除菌の効果が期待できる「ナノイー」搭載のモデルは注目されています。

製品ラインナップとしてはマットありタイプ、マットなしタイプのどちらも用意。落ち着いたデザインやシンプルな操作感にも配慮しており、シニア層でも扱いやすいモデルを揃えています。

布団乾燥機のおすすめ|マットあり

パナソニック(Panasonic) 布団乾燥機 FD-F06A7

オーソドックスなマットありタイプの布団乾燥機。内部から布団全体をしっかりとあたためられるので、ふんわりと仕上がるのが特徴です。

温風は本体から発し、ホースを経由してマット内部に拡散。ホースとマットは付いたままの状態で、出し入れします。また、本製品はくつ乾燥アタッチメントが付属しているのもおすすめポイント。雨で濡れたスニーカーなどを乾かす際に便利です。

三菱電機(MITSUBISHI) 布団乾燥機 AD-X50

角が取れたスクエアフォルムの布団乾燥機。往年のマットありタイプで、寸法は1800×1200mmとダブルサイズの布団に対応できる大きさなのが特徴です。

操作系はダイヤル式で、年配の方でも扱いやすい仕様。コースとしてはまず夏か冬か選び、さらに用途に合う時間のメモリに調節します。シンプルな布団乾燥機を求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) フトンクリニック 布団乾燥機 AD-X80

専用マット「ヒートパンチマット」が付属している布団乾燥機。ホースのみの場合は布団をあたためる湯たんぽ感覚での使用となりますが、マットを使用する場合は布団を包み込むようにしてしっかりとあたためられます。

部屋の温度に合わせて仕上げる温度を調節可能。また、枕用の乾燥マットも付属しているので、別途ケアできるのも魅力です。

なお、布団マットはそれ単体で活用できるのもポイント。二つ折りにしたマットの間にタオルなどの小物を挟んで、その後熱風を入れて膨らまれば簡易的な衣類乾燥機としても使えます。

さらに、ホースのノズルを曲げればスニーカーや長靴の乾燥にも対応。シーズンを通して活用できるおすすめの製品です。

布団乾燥機のおすすめ|マットなし

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ KFK-W1

2本のノズルを搭載したマットなしタイプの布団掃除機。従来モデルよりも、パワフルかつ広範囲に温風を送り込めるのが特徴です。コース選択は4つの自動モードのほか、手動モードも用意。サイズ感としても軽量コンパクトで、持ち運びにも便利です。

また、本製品はアロマケースが付属しているのも魅力。脱脂綿に別途アロマオイルをしみ込ませると、布団内に香りを広げられます。香りも楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ FK-C3

1本のノズルを搭載したマットなしタイプの布団掃除機です。立体ノズルを採用しているのが特徴。布団を内部から軽く持ち上げスペースをつくり、温風を拡散できる仕様です。

コース選択は4つの自動モードと手動モードの計5つ。また、就寝前の布団をあたためるのも容易で、30分前からセットできるタイマー機能も付いています。

さらに、ノズルの角度を調節すればブーツなどの靴乾燥も可能。押入れやクローゼットなどの乾燥にも使用できます。汎用性の高いおすすめアイテムなので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイパワーシングルノズル KFK-301

ハイパワーかつロングノズルを採用したマットなしタイプの布団掃除機。消費電力900Wの温風を、約1100mmのホースから発することで速乾性に優れているのが特徴です。

自動モードは4つ用意されていますが、それぞれにターボ機能があるのもポイント。例えば高温風運転を行う「ダニモード」が通常100分のところを、ターボモードであれば80分で対応できます。

温度状況に応じてカラーランプが変更し、安全性にも配慮。パラフルながら、軽量かつコンパクトで設置しやすいのも魅力です。

日立(HITACHI) 布団乾燥機 アッとドライ HFK-VS2000

U字型のアタッチメントをセットするマットなしタイプの布団乾燥機。複数箇所から出る温風によって、素早く広範囲をあたためるのが特徴です。

また、コース選択が豊富なのもポイント。「かしこく室温検知」により送風と温風を使い分ける「おまかせコース」、スピード仕上げに適した「しっかりコース」のほか、ダニ対策コースや静音コース、暖めコースも揃っています。

なお、別途ダニ対策専用のデオドラント剤を使用すれば、温風とともにハーブの香りが広がるのも魅力。不快なニオイを気にせず、心地よく使えるおすすめの製品です。

日立(HITACHI) 布団乾燥機 アッとドライ HFK-VL3

やや細長のスリム形状を採用したマットなしタイプの布団乾燥機。U字型のアタッチメントを使用する点はシリーズで共通していますが、コース選択は4つで、稼働時間を細かく設定できるのも魅力です。

コンパクトサイズで、片手でも持ち運べるのもポイント。ラックの下などちょっとした場所に設置できるので便利です。

また、布団乾燥のほか、靴や衣類の乾燥にも対応。特に衣類乾燥に関しては、別途専用の衣類乾燥カバーを用意することで部屋干しもスムーズに行えます。

パナソニック(Panasonic) 布団乾燥機 FD-F06X2

約100cmのロングホースを採用したマットなしタイプの布団乾燥機。敷布団を広範囲にあたためられるのはもちろん、脚の高いベットにもセットしやすいのが特徴です。

温風口にも厚みがあり、掛けふとんへの上昇温風と敷きふとんへの下向き温風に分かれて熱風を出すのもポイント。また、靴や少量の衣類を乾燥させる場合はホースを伸ばす必要がなく、収納時と同じ状態から温風を発します。

なお、本製品は布団の消臭や除菌の効果が期待できる「ナノイー」対応モデル。普通モデルは語尾が「S2」となっているので、購入する際は確認しておきましょう。

シャープ(SHARP) 布団乾燥機 UD-CF1

やや丸みを帯びたマットなしタイプの布団乾燥機。コンパクトにまとまっており、テーブルや棚の下などちょっとしたスペースに収納できるのが特徴です。

また、本製品は消臭効果が期待できるプラズマクラスターに対応。カビ臭や汗臭はもちろん、加齢臭などもケアできると謳うほどの性能を備えています。幅広い層に対応した使い勝手のよいモデルなので、プレゼントにもおすすめです。

シャープ(SHARP) 布団乾燥機 UD-BF1

筒形のフォルムを採用したマットなしタイプの布団乾燥機。見た目に柔らかみを感じるほか、サイズもコンパクトなので違和感なく部屋置きできるのが特徴です。

消臭効果が期待できるプラズマクラスターに対応しているほか、メーカー独自の「きのこアタッチメント」を採用しているのもポイント。傘の部分から熱風が出ることによって、クリーンなあたたかさを広げられるのも魅力です。

部屋干しに関しては2段階の角度調節が可能。さらに、付属の「くつ乾燥アタッチメント」を使用すればスニーカーやブーツの乾燥もできます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 布団乾燥機 スマートドライ RF-AC20

マットだけでなく、ホースも不要の布団乾燥機です。使い方としては、まず製品を広げて敷布団の上にセット。掛け布団をかけてモード選択をしてスイッチを押せば、吹出口から温風が出て自動で乾燥を開始します。

乾燥は標準・低温・送風仕上げ・エコの4つ、メインとなる布団乾燥はしっかり・お急ぎ・ダニ対策の3つとコースが充実しているのもポイント。小物の乾燥についても3コースあり、ちょっとした用途にも活用できます。手軽さと汎用性の高さを兼ね備えたおすすめのモデルです。

コイズミ(KOIZUMI) 布団乾燥機 KBD-0550

付属アイテムも本体内に収まるオールパッケージ仕様の布団掃除機。マットなしタイプの製品で、デザインもシンプルにまとまっているのが特徴です。

布団乾燥する際のアタッチメントは伸縮ノズルを採用。また、枕の乾燥用の袋が別途用意されているのも魅力です。

ドウシシャ(DOSHISHA) Pieria HKU-553C

ボックス型でマットなしタイプの布団乾燥機です。製薬会社「大幸薬品」が開発した「クレベリンLED」を採用。専用の二酸化塩素発生剤をカートリッジに入れて稼働させることによって、除菌や消臭効果を期待できます。

複雑な構造をしたノズルを備えているのもポイント。布団内部にしっかりと温風を広げます。モード選択も豊富で、夏モードや冬モードのほか、ダニモードや送風モード、さらにはecoモード、あたためモードなどが揃っているのも魅力です。