湿気の多い季節や日照時間の少ない時期などに活躍する「布団乾燥機」。布団のお手入れをラクにするのはもちろん、ダニ対策に有効なモノもあり、小さな子どもや年配の方と一緒に暮らしている家庭でも注目されているアイテムのひとつです。

そこで今回は、人気の布団乾燥機のおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントなども解説するので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

布団乾燥機って本当にダニ退治ができるの?

By: amazon.co.jp

布団乾燥機は、温風を発することによって、ダニを除去する効果が期待できます。ダニは50℃以上の高温が苦手とされており、一時的に布団内のダニを排除ないし追い払うことによって、快適な寝心地の空間を整えることが可能です。

布団乾燥機のダニ退治以外の使い方

By: amazon.co.jp

布団乾燥機の役割は、布団のダニ退治だけではありません。靴用アタッチメントが付属されているモデルであれば、靴の乾燥ができます。急な雨で濡れてしまったときや、洗濯後に乾かしたいときに便利です。衣類乾燥コースを搭載していれば、部屋干しの服も乾かせます。

また、布団乾燥機は布団を暖めたい場合にも活躍してくれるアイテムです。寒い季節の冷たい布団はヒヤッとして苦手という方も多いはず。そんなときは、布団乾燥機であらかじめ暖めておくのがおすすめです。

布団乾燥機の選び方

乾燥マットの有無

By: amazon.co.jp

布団乾燥機の種類は大きく分けて、乾燥マットが付いているタイプと、マットが付いていないタイプの2種類があります。

乾燥マットが付いているタイプは布団を隅々まで乾燥できるので、肌触りのよいふわっとした仕上がりになるのがメリット。ただし、乾燥マットをセットしたり片付けたりする手間がかかるのがデメリットです。

一方、マットが付いていないタイプはホースなどで風を直接送る設計。セッティングの手間がないので、手軽に使えるのがメリットです。デメリットとしては、重い布団だと隅々まで風が届きにくいため、乾燥にムラができてしまう場合もある点が挙げられます。

このことから、布団をまんべんなく暖めたい場合は乾燥マットが付いたタイプを選び、手軽に使いたい場合はマットが付いていないタイプを選ぶのがおすすめです。

対応できる布団の素材を確認

羊毛・羽毛・綿など、対応できる素材も確認しておくことをおすすめします。主流の素材には全部対応しているという製品が多いものの、対応していないモデルを選んでしまうと、布団にダメージが出てしまう場合があるので注意が必要です。

その他の機能をチェック

ダニ対策機能

By: amazon.co.jp

布団といえば気になるのがダニの存在。目に見えない布団の奥底にダニが潜んでいると、糞や死骸がアレルギーや皮膚炎の原因になると言われています。そこで着目したいのが布団乾燥機のダニ対策機能。ダニを死滅させるには、50℃以上の熱を30分程当てるとダニ対策に効果的と言われており、布団乾燥機の温風でダニ対策ができると謳われています。

ダニ対策機能を搭載したモデルは、専用のボタンを押すとダニが死滅する温度と時間で布団に温風を吹き付けるため、面倒な設定をする必要がありません。湿気が多い部屋で寝ている方やなかなか布団を干せない方は、ダニ対策機能を搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。

脱臭機能

朝起きると気になる布団のニオイ。寝ている間も汗をかくので、毎日寝る布団は汗臭や体臭をたっぷり吸い込んでニオってしまいます。このニオイの解消に効果が期待できるのが脱臭機能の付いた布団乾燥機です。

最近は各社からマイナスイオン機能を搭載したモデルが多数リリースされており、布団を乾燥すると同時に脱臭もできると謳われているので人気があります。布団が干せない環境に住む方は布団にニオイがこもりやすいので、脱臭機能が必要かどうかをよく検討してみましょう。

暖め機能、クールダウン機能

寒い冬は布団が冷たいとなかなか寝付けず、暑い夏は布団に熱がこもって寝苦しくなります。この問題を解決するのに便利なのが布団乾燥機の暖め機能とクールダウン機能。冬は低温の暖め機能で布団の温度を上げておくと心地よく寝付けます。夏はクールダウン機能で布団にこもっている熱と湿気を飛ばしておけば、快適な布団で眠れるのでおすすめです。

布団乾燥機のなかには、足元だけを暖める機能を搭載したモデルもあるので、冬場の寒さや夏の冷房で足が冷えて眠れない方におすすめ。疲れていてすぐ寝たいのに体や足が冷えてなかなか寝付けない悩みがある方には、布団乾燥機の付加機能が役に立つはずです。

安全機能

By: amazon.co.jp

熱風を吹き出す布団乾燥機には安全機能を搭載したモデルが多数あります。赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭では、予想外の事故を防ぐためにも安全機能を搭載した布団乾燥機を選んでおくと安心です。

最近はほとんどのモデルがタイマー式を採用しており、電源の消し忘れによる事故はそれほど心配ありません。しかし、子どもが興味本位に布団乾燥機を操作してしまう可能性もあるので、「チャイルドロック」機能があれば余計な心配も減ります。その他にも、一定の時間が経過すると自動的に電源が切れるモノや温度の上がりすぎを防止するモノがあり便利です。

靴や衣類を乾燥する機能

By: amazon.co.jp

雨の日に乾かなくて困る、衣類や靴を乾燥する機能を有しているモノもあります。ノズルを延ばして靴の中に熱風を当てたり、乾燥マットの間に衣類を挟んで乾かしたりできるので雨の日でも安心。

干した衣類に向けて熱風を当てられるモデルであれば、梅雨の時期に重宝するのでおすすめです。また、マイナスイオン機能を搭載した布団乾燥機で靴や衣類を乾かせれば、脱臭や除菌の効果も期待できます。

布団乾燥機のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の布団乾燥機は、速暖性・速乾性の高さが魅力です。時間がないときでも素早く暖められます。なかでも「ふとん乾燥アタッチメント」を搭載しているモデルがおすすめ。噴出口を複数備えているので、マットがなくても布団をまんべんなく暖められるのが魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

コンパクトな布団乾燥機を探している方には、アイリスオーヤマの布団乾燥機がおすすめ。小型のモデルをリリースしており、さらに軽量なので持ち運びやすいです。使用時はもちろん、収納時も邪魔になりません。また、小型でありながらダブルサイズの布団を暖められるほどパワフルな点も魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の布団乾燥機を選ぶのであれば、布団を包み込んで中綿までしっかりと暖められる「ヒートパンチマット」搭載のモデルを選ぶのがおすすめ。温風を逃さず、ダニを退治する効果が期待できます。送風機能があれば夏でも快適に使用可能。オールシーズン快適に使える布団乾燥機を探している方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンの布団乾燥機は、マットもホースも必要としない特殊なモデルをリリースしているのが特徴です。セッティングも後片付けもラクに行えます。50℃以上に暖める「ダニ対策」コースや、無駄な電力の消費を防ぐ「エコ」コースなど、さまざまなコースを搭載しているのがおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの布団乾燥機は、同社の独自技術である「ナノイー」を搭載したモデルがラインナップされています。アレル物質やカビ菌などの抑制をはじめ、脱臭効果も期待できるので、常に清潔で気持ちよい状態の布団をキープできるのが魅力です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの布団乾燥機を選ぶ場合は、「プラズマクラスター」搭載のモデルがおすすめ。アレル物質の増加を抑えたり、ニオイを除去したりとさまざまな効果が期待できます。また、アタッチメントによる送風とマットによる暖めを使い分けられるのが魅力。1台でもさまざまな使い方ができる布団乾燥機が用意されています。

布団乾燥機のおすすめ人気ランキング|一人暮らし向け

第1位 山善(YAMAZEN) 布団乾燥機 ZFD-Y500

オールシーズン対応で1年中快適に使える布団乾燥機。夏は布団をからっと乾燥させ、冬は温風で暖めます。縦置きでも横置きでも使えるので、高さのあるベッドや床に敷いた布団にも対応できるのが魅力です。

また、付属のエアマットを衣類干しハンガーにかけ、布団乾燥機の熱風を当てると衣類の乾燥が可能。雨の日や湿気の多い日に重宝します。付属の靴アタッチメントを使えば、靴を乾燥させるだけでなく消臭も期待できます。

コンパクトな本体に付属品が収納できる点も便利。綿布団だけでなく羽毛や羊毛にも対応している使いやすい布団乾燥機を探している方におすすめです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ FK-C2-WP

布団と布団の間にホースを入れるだけで簡単に使える布団乾燥機。立体ノズルのフラップを立ち上げて布団の中に空間を作って乾燥できるので、広範囲に布団に熱風を送り出せます。簡単に使えて手間がかからず、時間がないときにでも素早く使える布団乾燥機を探している方におすすめです。

1年中使える便利なコースも搭載。冬モードや夏モードはもちろん、あたためモードやダニモードもあるので常に快適な寝具を保てます。手動モードを使えば、衣類や乾きにくい靴の乾燥も可能。コンパクト設計で収納も場所をとらないので、狭いワンルームで布団乾燥機を使いたい方におすすめのモデルです。

第3位 象印(ZOJIRUSHI) 布団乾燥機 スマートドライ RF-AB20-CA

本体を開いて吹き出し口を布団に挿し込むだけで簡単に使えるモデル。マットやホースのセットが不要なので、気がついたときにすぐ布団の乾燥ができて片付けもラクラクです。布団に隙間を作らずにしっかりフィットした状態で隅々にまで風を送り、乾きにくい部分も乾燥させます。コンパクトで置き場所に困らないのも魅力です。

シングルのロングサイズまで対応できるので、大きめの布団を使用する背の高い方にもぴったり。また、排気口にはアレル物質抑制フィルターを採用し衛生面にも配慮しています。

吹き出し口は角度を自在に変えられるので、靴や衣類の乾燥にも活用可能。使い方が簡単で布団をしっかり乾燥できるモデルを探している方におすすめです。

第4位 三菱電機(MITSUBISHI) 布団乾燥機 AD-X50-W

大きめのダブルサイズマットを採用し、乾燥時間を短縮させた使いやすいモデル。マットを半分に折りたたんで枕や衣類を挟んで乾燥させることも可能で、マットを外してノズルだけで運転すれば、足元暖房や長靴の乾燥もできます。

夏モードと冬モードがあり、季節に合わせて布団を快適な状態に保つことが可能。ダニ退治モードを使えば、布団の中に潜むダニを死滅させる効果が期待できます。価格が安くコンパクトで機能が充実しているモデルを探している方におすすめです。

第5位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター乾燥機 DI-FD1S

一人暮らしでダブルサイズの布団を使用している方におすすめのモデル。ワイド送風アタッチメントを布団の間に挿し込むだけで簡単に乾燥が可能です。高濃度プラズマクラスターイオンも送風と一緒に吹き出すため、布団の消臭と除菌の効果があると謳っています。就寝前に布団暖めモードを使えば、寒い日も快適です。

付属の乾燥マットを使うと布団の隅々に温風が行き届くのでダニ対策が可能。温風と共に吹き出すプラズマクラスターは、ダニの糞や死がいなどのアレル物質の作用を抑制できると謳われています。

ワイド送風アタッチメント付きなので、靴や衣類の乾燥はもちろん、スポット暖房としても使えて便利。布団の消臭も期待できるモデルを探している方におすすめです。

第6位 ツインバード(TWIN BIRD) さしこむだけのふとん乾燥機 アロマドライ FD-4149

縦置きでも横置きでも使える便利な布団乾燥機。ベッドにも布団にも使えるので、家族がそれぞれ違う寝具で寝ているファミリーにおすすめ。ホースを布団に挿し込むだけで簡単に扱えるのが魅力です。即熱のセラミックヒーターを採用しているため、立ち上がりが早くすぐに温風が吹き出します。

つまみ式のダイヤルを回すだけの簡単操作なので、機械操作が苦手な方にもおすすめ。そのほか、布団に香り付けができるアロマケース、スニーカーや長靴の乾燥ができる靴アタッチメントなどの付加機能も搭載。コンパクトでも幅広く使える布団乾燥機を探している方におすすめです。

第7位 エスキュービズム(S-cubism) 布団乾燥機 SFD-010

個性的なカラーとデザインが特徴的な布団乾燥機。ホースを挿し込むだけで簡単に使用でき、操作も2つのダイヤルを回すだけなので面倒な設定は不要です。コンパクトな本体にはハンドルが付いており、簡単に移動させられてちょっとした隙間に収納が可能。カラーはレッドの他にネイビーもあり、好みに合わせて選べます。

付属の靴用アタッチメントを使えば、スニーカーやブーツの乾燥も可能。部屋干しの衣類に送風口を向けて乾燥もできます。付属のアロマケースにアロマオイルを入れて布団に香り付けができるので、アロマを感じながらゆったり眠りたい方におすすめ。使い勝手がよいコスパ良好な布団乾燥機を探している方におすすめです。

布団乾燥機のおすすめ人気ランキング|ファミリータイプ向け

第1位 日立(HITACHI) 布団乾燥機 アッとドライ HFK-VH880

布団乾燥アタッチメントをホースに取り付け、布団の中央にセットするだけで簡単に使えるモデル。シングルなら約30分、ダブルなら約90分と高速で乾燥できるので、布団の数が多いファミリーにおすすめです。吹き出し口からは50℃以上の温風が上下左右だけでなく前後にも広がるので、布団全体をしっかり乾燥させてダニ対策も期待できます。

また、コの字型の布団乾燥アタッチメントに敷布団を挟んでセットできるので、1度に表も裏もしっかり乾燥できるのも魅力です。足もと暖めコースは、約5分で素早く足元をポカポカにしてくれます。アタッチメントの角度を変えれば靴や衣類も乾燥可能。素早く布団乾燥できるモデルを探している方におすすめです。

第2位 シャープ(SHARP) プラズマクラスター布団乾燥機 UD-AF1

ユニークなきのこ型の吹き出し口を挿し込むだけで広範囲に温風を届けられる布団乾燥機。きのこの形が布団の中に風が通る空間を作るので、風が均一に広がってしっかり乾燥。温風と同時にプラズマクラスターイオンが吹き出すため、洗えない布団や枕の気になるニオイの消臭効果も期待できます。布団が干せない環境に住む方にもおすすめです。

きのこアタッチメントの角度を変えて運転すれば、クローゼットや衣類の乾燥にも使用可能。靴乾燥アタッチメントも付属しているので、雨の日に靴が濡れてしまった際などにも活躍します。

第3位 三菱電機(MITSUBISHI) 布団乾燥機 フトンクリニック AD-X80-T

ダブルサイズの布団に対応したマット式の布団乾燥機。マットの隅々まで温風を送って、しっかりと乾燥させることが可能です。また、部屋の温度に合わせて布団の仕上げ温度を自動調整するため、夏はサラッと快適に冬はほっこり暖かく仕上がります。

付属のヒートパンチマットは布団をすっぽり包み込む新形態なので、中綿まで熱を伝えてダニ対策が期待できるのも魅力。付属の枕用乾燥マットを使えば、枕だけでなくぬいぐるみの乾燥も可能です。衣類や靴の乾燥ももちろん対応できます。マット式の布団乾燥機で布団を隅々までしっかり乾燥させたい方におすすめのモデルです。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団乾燥機 カラリエ KFK-W1-WP

ツインノズルで2組の布団を同時に乾燥させたり暖めたりできる布団乾燥機。時間がないときにでも家族みんなの布団を効率よく乾燥させたい方におすすめです。ホースを差し込むだけなので、面倒なマットのセットも不要。本体は縦置きでも横置きでも使え、ベッドでも布団でも使用できて便利です。

靴乾燥ノズルを2つ付属しているので、2足の靴を同時に乾燥可能。雨で靴が濡れやすい季節に便利です。2本のホースを広げて使えば、ダブルサイズの布団も隅々までしっかり乾燥できます。軽量でコンパクトなので、持ち運びも収納もラクラク。家族みんなの布団や靴を短時間で乾燥できる使いやすいモデルを探している方におすすめです。

第5位 パナソニック(Panasonic) 布団乾燥機 FD-F06X2-N

ノズルを布団の間に挿し込むだけで簡単にセットできる布団乾燥機。従来機よりもホースが20%長くなり、布団の隅々にまで温風を行き渡られるのが特徴です。組み立て不要なためラクに準備や片付けができ、本体は小型・軽量なので、持ち運びしやすくちょっとした隙間にも収納できます。

ノズルの先端は布団の中に程よい空間を作る形状。寒い冬は布団をしっかり暖め、ジメジメした日にはすっきり乾燥させます。吹き出し口はルーバー仕様で、角度が変えられるので靴や衣類の乾燥も可能。

また、温風と共にナノイーが吹き出すので、布団の脱臭と除菌が期待できます。コンパクトでもパワーがある布団乾燥機を探している方におすすめです。

第6位 ドウシシャ(DOSHISHA) 布団乾燥機 ピエリア HKS-551C

布団の除菌と消臭の効果が期待できる「クレベリンLED」を搭載したモデル。ダニモードも搭載しているので、布団を清潔に保ちたい方にもおすすめ。ダブルサイズまで対応し、ベッドでも布団でも使用できます。ホースは1mと長く、布団の奥まで乾燥させたいときにも便利。コンパクト設計なので持ち運びや収納にも困りません。

布団が干せなくてもダニ対策モードがあるので、嫌なダニ退治の効果が期待できます。靴乾燥アタッチメントを付ければ乾きにくいスニーカーの乾燥も可能。雨の日は室内干しの衣類にノズルを向けて乾燥もできます。シングルサイズなら約45分で乾燥でき、羊毛や羽毛の布団にも使用可能です。

第7位 テスコム(TESCOM) 布団乾燥機 TFD100

テスコムのヘアドライヤー技術を活かした大風量の布団乾燥機。たっぷりの風が布団の奥や隅々まで行き届き、素早く乾燥させます。ホースを布団に挿し込むだけで簡単に乾燥できる手軽さも魅力です。「おひさまドライ」機能を使えば、ダニ対策と脱臭の効果が期待できます、

また、手動で温風または送風と乾燥時間が選べ、温度や湿度に合わせて使い分けが可能。布団乾燥は冬・夏・温めの3コースから選べます。コードは本体に巻きつけ収納ができ、持ち運びに便利なハンドルが付いているので後片付けも簡単。操作が簡単で布団をしっかり乾燥できるモデルを探している方におすすめです。