テレビ番組を高画質で録画するのに欠かせないブルーレイレコーダー。もちろん、プレイヤーとしてDVDやブルーレイを再生できるので、1台持っていればさまざまなコンテンツを楽しめます。

そこで今回は、人気でおすすめのブルーレイレコーダーをメーカー別にピックアップしてご紹介。どの製品を選べばよいかわからないという方や買い替えを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブルーレイレコーダーの選び方

内蔵HDDの容量をチェック

録画した番組をすぐ見て消すなら「500GB」

内蔵HDDの容量が500GBだと、BSデジタルなら約45時間、地上デジタルなら約63時間録画できます。

一人暮らしの方や、録画した番組をすぐ見て消す方なら500GBでも十分ですが、家族でシェアして使う方や、録画した番組を週末にまとめて見る方の場合、録画する本数によってはあっという間にHDDの容量が一杯になってしまいます。

録画した番組を週末にまとめて見たいなら「1~2TB」

内蔵HDDの容量が1~2TBだと、BSデジタルなら90~180時間、地上デジタルなら127~254時間録画できます。HDDの容量に少し余裕があるので、家族でシェアして使いたい方や、録画した番組を週末にまとめて見たい方におすすめ。

ただし、録画した番組を定期的に消さないとHDDの容量が不足することがあります。

容量を気にせずたくさん録画したいなら「3TB」

内蔵HDDの容量が3TBの場合、BSデジタルなら約270時間、地上デジタルなら約381時間録画できます。HDDの容量にかなり余裕があるので、容量を気にせずたくさんの番組を録画・保存したい方におすすめ。

ただし、ブルーレイレコーダーは内蔵HDDの容量が大きくなると価格も上がるため、コストパフォーマンスを重視する方は他を検討してみましょう。

機能面をチェック

By: amazon.co.jp

放送時間が被っても安心「同時録画機能」

同時録画機能とは、文字通り複数の番組を同時に録画できる便利な機能のこと。2つの番組を録画できるモノから、最大10チャンネルの録画ができるハイスペックなモノまで、用途に合わせてさまざまな種類があります。

選び方の目安として、あまりテレビを見ない方や一人暮らしの方には「1~2番組」、普段からテレビをたくさん見る方や家族でシェアして使う方には「3番組以上」同時に録画ができるモデルがおすすめです。

映像をクリアに映してくれる「画質調整機能」

画質の粗いDVDや長時間録画モードで録画した映像を再生すると、場合によっては輪郭がぼやけたり発色が悪くなったりと画質が低下することがあります。そこで重要なのが、画質を補正して見やすくする「画質調整機能」です。

ひと口に画質調整機能と言っても「アップコンバート」や「HDオプティマイザー」など、機種ごとに搭載している機能はさまざま。必要な画質調整機能をしっかりと見極めて自分にあったモノを選びましょう。

スマホで観るならWi-Fi機能をチェック

スマホやタブレットなどで視聴する方にはWi-Fi機能を搭載しているブルーレイレコーダーがおすすめです。Wi-Fi対応のモノなら、レコーダーを介してリアルタイムでテレビ番組や録画した番組を視聴できます。

また、家族など複数人で使用する場合は同時接続可能な台数にも注目しましょう。特にルーターを必要としない「Wi-Fi Direct」に対応しているモノがおすすめです。ただし、録画した番組データをパソコンに転送する際は時間がかかるので、その点は注意しておきましょう。

接続端子をチェック

By: amazon.co.jp

ブルーレイレコーダーを選ぶ際に忘れがちなのが接続端子。普通に番組を録画・再生する分には、特に気にする必要はありませんが、本体を外部周辺機器に接続する際に重要です。

例えば、ブルーレイレコーダーをインターネットに接続して、YouTubeや映画を楽しみたい方は「LAN端子」、外部スピーカーと接続して迫力のあるサウンドが楽しみたい方は「光デジタル音声出力端子」または「同軸デジタル音声出力端子」、外付けHDDなど、さまざまな周辺機器を接続したい方は「USB端子」を搭載しているか事前にしっかりと確認しましょう。

外付けHDDを使うなら「SeeQVault」をチェック

By: amazon.co.jp

SeeQVault(シーキューボルト)とは、さまざまな対応機器での再生互換性と強固なセキュリティを実現するコンテンツ保護技術です。ブルーレイレコーダーと外付けHDDの両方がSeeQVaultに対応していれば、新しい機種に買い換えても、外付けHDDをつなぎ替えるだけで、これまで録りためていた映像をそのまま引き継ぐことができます。

録画した番組をすぐ見て消す方には必要ない機能ですが、たくさんの番組を録画・保存したい方や、録画番組のバックアップを取りたい方には重要な機能のひとつです。

ブルーレイレコーダーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、高画質録画が特徴の「DIGAシリーズ」で有名なメーカー。4Kに相当するブルーレイ規格「Ultra HD Blu-ray」にも対応しているので、、映画やテレビ番組を高画質・高音質で楽しみたい方におすすめ。

他にも10チャンネルを20日以上録画可能な製品から、初心者でも簡単に使える製品までさまざまなタイプのブルーレイレコーダーを販売しているのも特徴です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は、地デジ番組を最大6チャンネル、約80時間分まるごと録画できる「タイムシフトマシン」機能で有名なメーカー。録画性能・録画容量に優れ、たくさんのテレビ番組を録画したい方におすすめです。さらに、編集機能も優れているので、パソコンを使わずに簡単な映像編集が行えます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、便利な機能を多く搭載している「BDZシリーズ」で有名なメーカー。最近では、テレビ番組の予約ランキングや視聴数をチェックできる機能など、独自機能を搭載しています。

他にも、スマホやタブレットで録画した番組を楽しめる機能や、リモートで番組録画ができる機能など、ブルーレイレコーダーをより便利に使える機能も魅力です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、使い勝手に優れた「AQUOSシリーズ」で有名なメーカー。シンプルで扱いやすいため、機械が苦手な方でも簡単に使えます。

ドラマだけをリストアップするシャープ独自の機能「ドラ丸」を搭載。わざわざ番組録画をしなくても、自動で連ドラを予約してくれるためドラマ好きの方にもおすすめです。

ブルーレイレコーダーのおすすめ人気モデル

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZW1500

番組表に表示できる情報が多く、各番組の出演者もチェックできるブルーレイレコーダーです。予約ランキング上位の番組に王冠アイコンを表示。タレント名やキーワードなどを登録しておけば、予約しなくても再放送を避けて自動録画できます。

内蔵HDDは1TB搭載しているため、2番組を同時に録画可能です。Wi-Fi対応しており、スマホで録画操作できます。ハイレゾ対応で高音質なので、音楽番組の録画にもおすすめです。

4Kカメラ動画取り込みにも対応しており、日付でまとめ表示もできます。SeeQVault対応で、外付けHDDへの直接録画も可能。2Kの映像を4K映像にアップコンバートできるため、高画質で視聴したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ DMR-BRW1050

無線LANを内蔵しているブルーレイレコーダーです。無料アプリの「どこでもディーガ」に対応。HDMI接続をすればスマホで撮影した写真や動画を大画面テレビで楽しめます。USBポートも2つあり、外付けHDDとの接続にも便利です。

また、スマホで撮影した写真や動画の保存できるほか、保存した曲をスマホでストリーミング再生することも可能。録画した番組の視聴やダウンロードもできます。

また、郵便番号を入力だけで放送エリアを自動設定できるため、初めて使用する方も簡単に設定可能。内蔵HDDの容量は1TBで、2番組同時録画に対応しています。4KアップコンバートやHDオプティマイザーにも対応しており、2K動画もノイズを低減してより高精細に再生できる製品です。

シャープ(SHARP) AQUOSブルーレイ ブルーレイディスクレコーダー BD-NW1200

録画した番組を18~60番組まで同時表示できるブルーレイレコーダーです。観たい番組をすぐに見つけられます。連続ドラマは自動録画し、再生後4週間経つと自動的に削除。容量を効率的に使用できます。

2番組同時録画に対応しており、内蔵HDDの容量は1TBです。HDMI端子やLAN端子のほかにUSB端子も装備しており、外付けHDDも手軽に接続できます。

また、本製品は1.5倍速再生が可能。素早く観たい時に便利です。0.9倍速のゆっくり再生にも対応しており、バラエティ番組など早口のセリフもはっきりと聞きとれます。

インターネット接続に対応しているのも魅力です。スマホで録画予約などリモート操作できます。Wi-Fiにも対応しており、スマホへ録画番組の転送も可能です。レコーダーのない部屋でもインターネット接続せずに視聴できます。

シャープ(SHARP) AQUOSブルーレイ ブルーレイディスクレコーダー BD-NT1200

250倍の早送り機能を搭載したブルーレイレコーダーです。60分番組を約15秒で早送りでき、目当てのシーンを素早く探せます。

流し見しやすい1.5倍再生にも対応しているため、音声付き、字幕表示対応で素早く観たい時も便利です。0.9倍速にも対応しており、好みのスピードで再生できます。

内蔵HDDの容量は1TBで、3番組同時録画が可能です。連続ドラマは自動で録画するため予約する手間がありません。4週間後には録画番組を自動削除するため、空き容量を気にせず使用できます。

また、録画した18~60番組の一覧表示も可能。カーソルを合わせると音声付動画で確認でき、観たい動画がすぐに見つかるのも魅力です。

そのほか、Wi-Fiにも対応しており、スマホへ録画番組を転送できます。インターネットに接続すれば、外出先から録画予約も可能です。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ DMR-BRW550

スマホの写真や動画をレコーダーに保存できるブルーレイレコーダーです。2番組の同時録画が可能ですが、内蔵HDD容量は500GBと少なめなので、一人暮らしの方や、録画した番組をすぐ見て消す方におすすめ。また、USB端子を装備しており、外付けHDDやBDへ手軽にバックアップできます。

有線LAN対応にも対応しており、スマホで録画予約ができる上、視聴も可能。さらに、4Kへアップコンバートもできるため、より高精細な映像を楽しみたい方におすすめの製品です。

東芝(TOSHIBA) REGZAブルーレイ DBR-W1008

時間を短縮して再生したい方におすすめのブルーレイレコーダーです。再生時間は3タイプから選択でき、時間のない時も素早く内容の把握が可能。録画中の編集もでき、より時間が短縮できます。

内蔵HDDの容量は1TBあり、3番組の同時録画が可能です。フォルダー機能を搭載しており、録画番組の仕分けできるため、ジャンルや人物ごとに分けて保存でき、すぐに見つけられます。人物リスト検索にも対応しており、文字入力の手間がありません。

また、4Kアップコンバートに対応しているのも魅力で、普段観ている映像もより高解像度で再生できます。さらに、ブルーレイ3Dディスクにも対応しており、より迫力ある映像を楽しめる製品です。

そのほか、SeeQVaultにも対応しており、録画した番組をさまざまな端末で視聴できます。また、専用アプリを使用すればスマホへの転送も可能。機能性に優れた便利なモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ DMR-BRG2050

6番組の同時録画に対応しているブルーレイレコーダーです。内蔵HDD容量は2TBあり、家族の観たい番組が分かれても安心。SeeQVaultや4TB以下の外付けUSBハードディスクにも対応しており、容量を気にせず録画できます。

録画予約は番組表の中から観たい番組を選んで録画ボタンを押すだけの簡単操作です。人物名やキーワードを登録しておくと自動で検出して録画するため、見逃す心配もありません。

無線LANにも対応しており、スマホの写真や動画を本製品に保存・再生できます。本製品に保存した音楽のストリーミング再生も可能です。

また、スマホアプリを使用すればスマホからの録画予約も可能。録画した番組のダウンロードもできます。通勤・通学の合間に録画番組を観たい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-FW1000

Ultra HDブルーレイ再生に対応しているブルーレイレコーダーです。より解像度が高く滑らかにグラデーションする4K映像を再生できます。4Kアップコンバートにも対応しており、画質重視の方にもおすすめです。

また、先録機能を搭載しているのも本製品の魅力。最長1か月前から新番組を録画予約できます。新作ドラマ・アニメなどを一覧で確認できるほか、関連動画も表示。視聴者の口コミも閲覧でき、面白い番組を簡単に見つけられます。

番組表から録画ボタンを押すだけで録画予約完了。取り消しも録画ボタンを押すだけの簡単操作です。録画予約ランキングもあり、注目の大きな番組を見逃しません。

内蔵HDDの容量は1TBで、2番組同時録画が可能です。最大6TBの外付けHDDにも対応しており、録画容量を手軽に増やせます。SeeQVaultにも対応しており、他の端末で観たい時も便利です。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ 全自動モデル DMR-UBX4050

全自動で録画できるブルーレイレコーダーです。最大6ch×28日間全て自動で録画できるのが魅力。古い番組から上書きし自動録画するため予約の手間もありません。

指定した時間帯の番組だけ残せる機能も搭載。残した番組は約90日間保管されます。特定の番組だけ残せるワンタッチ保存機能や毎回保存機能を使えば、好きな番組だけ残すことが可能です。

7番組同時録画でき、内蔵HDD容量は4TBと大容量。さらに1~4TBの外付けUSBハードディスクに対応しています。SeeQVaultにも対応しており、別の機器でも録画した番組を手軽に再生可能です。

また、高画質なUltra HD ブルーレイ再生や4Kアップコンバートにも対応しています。無線LAN接続すればスマホ操作も可能。インターネット動画の視聴もでき、Netflixなどを視聴する方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ 4Kチューナー内蔵モデル DMR-SUZ2060

「新4K衛星放送」のチューナーを内蔵しているブルーレイレコーダー。放送中の画質をそのままにHDDへ保存できるため、より高精細で色彩豊かな映像を視聴で切るのが魅力です。

また、動きの多いスポーツ番組も高精細に再生できるUltra HD ブルーレイの再生にも対応。そのほかにも4KダイレクトクロマアップコンバートやHDオプティマイザーなどに対応しており、高画質で楽しめます。

内蔵HDDの容量は2TBで、記事から番組の検索も可能です。関連番組をポップアップで知らせるため、見逃す心配もありません。USBハードディスクへの録画にも対応。SeeQVaultにも対応しており、異なる再生機器でも手軽に再生できます。

無線LANを内蔵しており、NetflixやAmazonプライム・ビデオなども視聴可能。4Kインターネット動画を視聴する方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-FT2000

録り逃し防止機能が充実しているブルーレイレコーダーです。最長1か月前から新番組の録画ができ、スマホからも予約できます。録画した番組のダウンロードもできるため、通勤・通学中に視聴したい方にもおすすめです。

予約ランキングを閲覧できるため人気番組も見逃しません。また、タレント名などを登録しておけば、予約しなくても関連の番組を自動録画。番組名を一度設定しておけば、以降は自動で番組名を検索して録画するため急な時間変更があった場合も安心です。

内蔵HDDの容量は2TBで、3番組の同時録画が可能。高画質なUltra HDブルーレイ再生にも対応しており、よりリアルな4K映像を視聴できます。ハイレゾにも対応しており、高音質・高画質です。

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。