テレビ番組を高画質で録画するのに欠かせない「ブルーレイレコーダー」。プレーヤーとしてDVDやブルーレイの再生もできるので、1台持っていればさまざまなコンテンツを楽しめます。

そこで今回は、おすすめのブルーレイレコーダーをご紹介。どの製品を選べばよいかわからない方や、買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

ブルーレイレコーダーとは?

By: amazon.co.jp

ブルーレイレコーダーとは、地上デジタル放送やBSデジタル放送などのハードディスクへの録画や、DVDの次世代メディア「ブルーレイディスク」を使用して録画・再生を楽しめるAV機器です。記録容量が大きく、最大4K画質で録画できるのが特徴。DVD規格と比べて約5倍もの記憶容量を備えており、DVDより高精細な映像を楽しめます。

モデルによってさまざまな機能を搭載しているのもポイント。多数の番組を同時録画できる機能や、気になるキーワードを登録しておけば自動で録画する機能などをライフスタイルに合わせて選択可能です。スマートフォンと連携できるモデルなら、外出先で録画した番組を視聴したり、予約録画を設定したりと、さまざまな使い方ができます。

ブルーレイレコーダーの選び方

HDDの容量をチェック

By: panasonic.jp

録画した番組をすぐ見て消すなら「500GB」

500GBであれば、BSデジタルで約45時間、地上デジタルで約60時間の録画が可能。録画した番組を保存しない方や、一人暮らしの方におすすめです。ただし、家族でシェアしながら使う方や、録画した番組をまとまった時間に視聴する方にとっては容量が足りない可能性もあります。

録画できる時間は、ハードディスクの容量によって大きく左右されるので事前にチェックしておきましょう。

録画した番組を週末にまとめて見たいなら「1~2TB」

1TBあれば、地デジ放送を約120時間録画できます。さらに、容量が2TBであればBSデジタルで90~180時間、地上デジタルなら127~254時間録画が可能です。容量にやや余裕ができるため、家族とシェアしながら楽しんだり、録画した番組を好きな時間にまとめて視聴したりできます。

たくさん録画したいなら「3TB」

容量を気にせずに録画したい方は、3TBのハードディスクがおすすめです。3TBでは、BSデジタルで約270時間、地上デジタルで約381時間の録画が可能。データを気にすることなく、録画や保存が行えます。ただし、これらの時間はあくまで目安。録画時間を長くしたい場合は、画質を落としたり、BS・CSのHD放送を録画したりという方法があります。

また、購入後に容量が足りなくなった場合には、どの製品でも市販のUSBハードディスクを増設可能。一方で、このような外部機器に録画をすると「不正コピー防止機能」が作動し、録画した番組が視聴できないこともあります。ハードディスクは後から増設が可能ですが、できるだけ購入前に適切な容量を定めておきましょう。

同時録画・全録機能をチェック

By: panasonic.jp

視聴したい番組が多い方は、「同時録画機能」が搭載されているモデルをチェックしておきましょう。同時録画機能は、同じ時間帯に放送されている複数の番組を同時に録画できる機能。

2つの番組を同時に録画できるモノや、最大で6番組の録画が同時にできるモノまであります。チューナーの数だけ番組を録画できるので、気になる番組の放送時間が重なった場合に便利です。

また、「全自動録画機能」も要チェック。個別で録画の予約をする必要がないため、録画し忘れる心配がありません。さらに、予約しなくても後で気になった番組を視聴できるのもポイントです。ブルーレイレコーダーを選ぶ際には、何チャンネル分を全録できるのか、チューナー数を確認しておきましょう。

4K Ultra HD ブルーレイに対応しているかチェック

By: sony.jp

鮮やかな4K映像を楽しみたい方は、「4K Ultra HD ブルーレイ」に対応しているかどうかの確認もしておきましょう。4K Ultra HD ブルーレイは、4K対応テレビと「プレミアムハイスピードHDMIケーブル」などと一緒に使うことで、DVDやブルーレイディスクよりも高精細な画像になります。

また、白飛びや黒潰れを減らしてダイナミックな映像を楽しめる「HDR」に対応。世の中にあるほぼすべての色を網羅するとされる「BT.2020」によって、従来のブルーレイディスクでは再現できなかった美しい映像を楽しめます。

さらに、通常のブルーレイディスクと比較して、約10~100倍の輝度ピークを実現。コントラストのはっきりとした映像を再生可能です。

4Kチューナーを搭載しているかチェック

By: panasonic.jp

4Kテレビをすでに持っている方は、ブルーレイレコーダーに4K衛星放送対応のチューナーが搭載されているかも要チェックです。4Kテレビと併せ持つことで、白飛びや黒潰れを軽減するHDRや、あらゆる色を表現できるBT.2020などにより、通常の地上デジタル放送やBS・CS放送では表現できない映像を楽しめます。

また、リアルタイムの視聴だけでなく、録画した番組を好きな時間に楽しむことも可能。チューナーを複数搭載しているモデルであれば、視聴しながら裏番組の録画もできます。画質にこだわりたい方はチェックしてみてください。

スマホで観るならWi-Fi機能をチェック

By: amazon.co.jp

スマホやタブレットなど、テレビ以外の端末でも番組を視聴する方は、「屋外視聴対応機能」を搭載したブルーレイレコーダーがおすすめです。なかでも、「Wi-Fi機能」を搭載しているモノであれば、レコーダーを介して録画した番組を楽しめます。

また、録画した番組を屋外での移動中に見られるので、時間の有効活用にもぴったり。外出中に、スマホやタブレットから録画予約もできます。使い勝手のよさを求める方は、Wi-Fi機能が搭載されているかどうかチェックしてみてください。

ただし、家族など複数人で使用する場合は、同時接続可能な台数をあらかじめ確認しておくのがベスト。なお、録画した番組データを無線でパソコンに転送する際は時間がかかるので、その点には注意が必要です。

SeeQVault対応なら外付けHDDも使用できる

By: sony.jp

「SeeQVault(シーキューボルト)」とは、さまざまな対応機器での再生互換性と強固なセキュリティを実現するコンテンツ保護技術です。通常の外付けHDDでは、録画したレコーダーでしか番組の視聴ができない仕組みでした。しかし、SeeQVaultの対応により、さまざまな機器への引継ぎが可能に。

新しい機器に買い換えた場合にも、SeeQVaultに対応した機器同士であれば、外付けHDDをつなぎ替えるだけで録画した番組をほかの機器で視聴したり、録りためていた映像をそのまま引き継いだりできます。

たくさんの番組を録画・保存したい方や、録画番組のバックアップを取りたい方は重要視しておきたい機能です。データを引き継ぐ可能性がある場合には、ハードディスクの容量だけでなく、SeeQVaultに対応しているかの確認もしておきましょう。

ブルーレイレコーダーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックは、高画質録画が特徴の「DIGAシリーズ」で有名なメーカー。4Kに相当するブルーレイ規格「Ultra HD Blu-ray」にも対応しているので、映画やテレビ番組を高画質・高音質で楽しみたい方におすすめです。

ほかにも複数のチャンネルを20日以上録画可能な製品から、初心者でも簡単に使える製品までさまざまなタイプのブルーレイレコーダーをラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は、地デジ番組を最大6チャンネル、約80時間分まるごと録画できる「タイムシフトマシン」機能で有名なメーカー。録画性能・録画容量に優れており、たくさんのテレビ番組を録画したい方におすすめです。さらに、編集機能も優れているので、パソコンを使わずに簡単な映像編集も行えます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、便利な機能を多く搭載している「BDZシリーズ」で有名なメーカー。最近では、テレビ番組の予約ランキングや視聴数をチェックできる機能など、独自機能を搭載しています。

ほかにも、スマホやタブレットで録画した番組を楽しめる機能や、リモートで番組録画ができる機能など、ブルーレイレコーダーをより便利に使える機能も魅力です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは、使い勝手に優れた「AQUOSシリーズ」で有名なメーカー。シンプルで扱いやすいため、機械が苦手な方でも簡単に使えます。

ドラマだけをリストアップするシャープ独自の機能「ドラ丸」を搭載。わざわざ番組録画をしなくても、自動で連ドラを予約できるのでドラマ好きの方にもおすすめです。

ブルーレイレコーダーのおすすめ|スタンダードモデル

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー おうちクラウドDIGA DMR-2T101

3番組を同時に録画できるブルーレイレコーダーです。1TBのHDDに最大1350時間の番組録画が可能。「番組ニュース記事」から番組を検索・録画予約できるなど、さまざまな番組を録り逃したくない方におすすめのモデルです。興味に合わせて、関連記事や番組を知らせる機能も搭載しています。

録画予約は番組表から観たい番組を選んだら、リモコンの「ワンタッチ予約/録画」ボタンを押すだけと簡単。ジャンルや好きなタレント名をキーワードで登録しておくと、自動で検出・録画する機能も備えています。

スマホを活用して本機で録画した番組を視聴可能。通勤時間などすき間時間を利用して録りためた番組をチェックできます。外出先からも録画予約できるほか、放送中の番組をスマホでリアルタイムに視聴できるのも魅力です。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイレコーダー REGZA DBR-W509

番組を見る・残す・録る・探すを時短で楽しめるブルーレイレコーダーです。なかでも、手軽に録画した番組をディスクにダビングできる「おまかせダビング」に注目。リモコンを使用して3ステップでダビングが完了します。お気に入りの番組をディスクに保存しておきたい方におすすめのモデルです。

録画機能が充実しているのも魅力。「おまかせ自動録画」を選択すれば、設定した好みのカテゴリーやジャンルの番組を自動録画します。チャンネルを指定するなど、より絞り込んでの録画予約も可能です。

スマホで外出先から録画した番組を視聴したり予約したりできるのも便利。スマホをリモコン代わりにしてさまざまな操作や設定ができるほか、番組説明や出演者の情報をチェックできます。

ソニー(SONY) ブルーレイレコーダー BDZ-ZT1700

録画機能が充実しているブルーレイレコーダーです。最長1ヶ月先から先行予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載。一覧に表示される見たい番組を選ぶだけの簡単操作で録画予約が可能です。ガイドで新作ドラマやアニメの概要を確認してから予約できます。

好きなタレントの名前を入力して自動録画する「おかませ・まる録」も魅力。サッカー・海外ドラマなどジャンル名でも選択でき、好みの番組を録りためておきたい方におすすめのモデルです。

スマホで録画や視聴できる点にも注目。専用アプリ「Video&TV SideView」を活用すれば、好きな場所で観たり、外出先から録画予約したりとすべての操作が可能です。また、他社製テレビも操作できるリモコンが付属しています。

シャープ(SHARP) ブルーレイディスクレコーダー AQUOS 2B-C05CW1

500GBのHDDを内蔵しているブルーレイレコーダー。録画した番組を見たらマメに消去する方におすすめのモデルです。地デジ・BSデジタル・110°CSデジタルのダブルチューナーに対応し、2番組同時録画が可能です。

予約いらずで連続ドラマを自動録画する「ドラ丸」を搭載し、開始前の新作連続ドラマ4週間分を自動で録画予約。「ドラ丸」ボタンを押せば、開始前や録画しているドラマを一覧表示でチェックできます。見たいシーンのボタンを押すだけで再生できる「見どころポップアップ」機能も便利です。

HDDやブルーレイドライブの診断機能にも注目。現在のドライブの状況を確認でき、突然の故障に備えておくことが可能です。診断結果にくわえて、ディスクや読み取り部のお手入れの情報も案内します。

シャープ(SHARP) ブルーレイディスクレコーダー AQUOS 2B-C10CW2

従来モデルと比較して約3倍の長寿命設計が特徴のブルーレイレコーダーです。ドライブの密閉度を高めて、チリやホコリが内部に侵入するのを抑制する「ホコリシールドBDドライブ」を搭載。ディスクの読み取り性能の劣化を抑え、長寿命を実現しているおすすめモデルです。

連続ドラマを自動録画する「ドラ丸」や、見たいシーンをすぐ再生できる「見どころポップアップ」など機能も充実。録画した番組を子画面で探せる「18画面録画リスト&まと丸」を利用すれば、見たい番組をすばやく探せます。

音声操作に対応しているのも注目ポイント。スマートスピーカーやGoogleアシスタント対応液晶テレビAQUOSのリモコン、スマホアプリを使って再生・録画・音量調節などを音声で操作できます。

ブルーレイレコーダーのおすすめ|同時録画対応モデル

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ レギュラーモデル DMR-2W50

2番組同時録画に対応したブルーレイレコーダー。放送時間帯の重なったドラマやアニメなど2番組を同時に録画できるので、気になる番組を見逃しません。容量500GBのHDDを搭載しているため、最大約675時間分の番組を録画可能です。

「どこでもディーガ」アプリをインストールした端末から録画予約ができます。録画した番組をスマートフォンで視聴可能なほか、放送中の番組の視聴にも対応。帰宅が遅くなって放送時間に間に合わないときも、気になる番組を外出先からチェックできます。

ブルーレイディスクやSeeQVault対応USBハードディスクへの書き出しも可能。安価ながら多機能なおすすめのブルーレイレコーダーです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ レギュラーモデル DMR-2W200

容量2TBのHDDを搭載したブルーレイレコーダー。2番組の同時録画に対応し、録画したい番組が重なっても録り逃しを防ぎます。最大約2700時間分の番組を保存できるので、スポーツや映画などの長時間番組も容量を気にせず録画可能です。

旬の番組に関する番組ニュース記事をチェックできるのも魅力。記事画面から番組を検索して録画予約できるので、話題の番組や注目のドラマを効率よくチェックできます。初放送映画や特番、番組改編期の新ドラマや新アニメをまとめて表示し、録画予約可能です。

LNE公式アカウントを友達追加すると、LINEのトーク画面から録画予約や番組検索ができます。トーク画面にメッセージを入力すると録画番組を表示可能です。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイディスクレコーダー DBR-T1009

3番組同時録画に対応したブルーレイレコーダー。BSや110°CSデジタル放送にも対応し、放送時間帯の重なった3番を同時に録画可能です。内蔵HDDだけでなく、外付けHDDへの3番組同時録画にも対応しているので、空き容量の心配がいりません。

録画番組のチャプターのなかから、お気に入りのシーンだけを再生するプレイリストを作成可能。複数番組からシーンを集めたプレイリストも作成でき、ダビングまで一画面上で快適に行えます。録画番組はディスク化後にもチャプター編集が可能です。

専用のスマートフォンアプリからは、番組表の閲覧や録画予約が可能。録画予約の人気ランキングを表示し、気になる番組をチェックして予約もできます。録画番組をディスクに残したい方におすすめのブルーレイレコーダーです。

シャープ(SHARP) ブルーレイディスクレコーダー 2B-C10CW1

ダブルチューナーを搭載し、2番組同時録画が可能なブルーレイレコーダー。同じタイトルの番組をフォルダにまとめながら、録画した番組は18画面で一覧表示可能です。カーソルを合わせた番組は音声付きで確認できるので、目当ての番組を素早く探せます。

録画番組を約5分ごとに子画面表示する「見どころポップアップ」に対応。早送りしなくても中身を素早く把握できるので、見たいシーンのみを選んで視聴可能です。再生速度の調節もできるため、時間がないときも録画番組を楽しめます。

放送中の番組を自動的に録画し、一時停止したり、見逃したシーンをもう一度さかのぼったりできる「AQUOSタイムシフト」にも対応。テレビを快適に楽しめる、おすすめのブルーレイレコーダーです。

シャープ(SHARP) ブルーレイディスクレコーダー 2B-C30CW1

2番組同時録画が可能な容量3TBのブルーレイレコーダー。連続ドラマを4週間分自動で録りおきできる「ドラ丸」に対応しています。3TBの大容量を搭載しているので大量のドラマを保存でき、開始前のドラマや録画したドラマを一覧表示可能です。

今まで使っていたレコーダーの録画番組や外付けHDDに録画した番組を、LANケーブル接続で新しいレコーダーにダビングできます。録りためた番組を手軽に引っ越しできるので、レコーダーの買い換えや買い増しも効率よく行えるのが魅力です。

スマートフォンとの連携にも対応。写真や動画を専用アプリを使って手軽にWi-Fi転送し、ブルーレイディスクに保存可能。録画した番組や放送中の番組をスマートフォンから視聴できるので、外でもテレビを見たい方におすすめのブルーレイレコーダーです。

ブルーレイレコーダーのおすすめ|全録対応モデル

パナソニック(Panasonic) 全自動ディーガ DMR-2X200

お気に入りのチャンネルをまるごと楽しめるブルーレイレコーダー。最大6ch、16日間分の番組を自動で録画可能です。ドラマとアニメであれば最大90日間、自動消去されないように保存できるので、話題のドラマや気になる番組の見逃しを防げます。

録画した番組を自動でジャンルやシリーズごとに整理して表示する「新着番組欄」に対応。大量の録画番組のなかから見たい番組をスムーズに見つけられるので、興味のある番組や注目のスポーツなどをすぐにチェックできます。

「どこでもディーガ」アプリを使うと、録画した番組をスマートフォンで視聴可能。スマートフォンで見ていた番組をテレビに映し、そのまま続きを見る機能も搭載しています。生活スタイルに合わせて自由に視聴できる、おすすめのブルーレイレコーダーです。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー 全自動ディーガ DMR-4X600

約1ヶ月分の自動録画に対応したブルーレイレコーダー。28日間、最大4chのハイビジョン放送を自動で録画可能です。指定したチャンネルの番組をすべて録画するので、録り逃す心配がありません。容量がいっぱいになると、古い番組から自動で上書きします。

ドラマとアニメは約90日間消去されないので、気になる番組の見逃しを防げるのもポイント。ジャンルや時間帯を指定できるため、ドラマと深夜アニメのみなどの指定が可能です。

チャンネル録画した番組のなかで残しておきたい番組は、自動で消去されない領域に簡単に移せます。再生中の番組や特定の1番組のみの保存も可能。絶対に見逃したくない番組がある方におすすめのブルーレイレコーダーです。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー 全自動ディーガ DMR-4X1000

動画配信サービスに対応したブルーレイレコーダーです。自動録画は最大8ch、28日間分の録画に対応。録画番組のほかにもNetflixやYouTubeなどの視聴が可能です。使いたいアプリを追加し、さまざまなサービスを楽しめます。

チャンネル録画した番組はジャンルやシリーズごとに自動で整理されるので、目当ての番組をすぐに見つけられます。チャンネル録画した番組の再生中は、リモコンのカーソル操作だけで前後の時間帯や左右のチャンネルに切り換えて視聴可能です。

放送番組や録画番組の音声をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター再生」にも対応。臨場感のある音で番組を楽しみたい方におすすめのブルーレイレコーダーです。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイレコーダータイムシフトマシン DBR-M4008

「タイムシフトマシン」機能を搭載したブルーレイレコーダー。最大7チャンネルを録画予約不要で自動録画し、古い番組から自動で削除可能です。タイムシフトマシン専用エンジンを搭載しているため、さまざまな機能を同時に動作させてもサクサクと処理できます。

タイムシフトマシン録画中にも自動でチャプターが付く「マジックチャプター機能」を搭載。テレビをつけたときやチャンネルを変えたときに番組冒頭に戻れるので、いつでも最初から番組が見られるほか、見たいシーンへ素早くスキップできます。

「おまかせダビング」「かんたんダビング」「詳細ダビング」など、さまざまなダビング方法に対応。外付けHDDを購入した際にはフォルダごとダビングもできます。大量の番組を撮りためておきたい方におすすめのブルーレイレコーダーです。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイレコーダータイムシフトマシン DBR-M3009

「タイムシフトマシン」に対応したブルーレイレコーダー。最大7チャンネルまでまるごと録画可能です。古い番組から自動で削除されるので、番組表から目当ての番組を探したり、古い動画を削除したりする手間がかかりません。

デザインが刷新された「ビジュアル過去番組表」に対応しており、番組の説明と1シーンの画像で内容が把握しやすいことが特徴です。チャンネルの並び順も変更でき、「タイムシフトマシン」の設定も過去番組表から変更できます。

手間をかけずに大量の番組を把握し保存できる、おすすめのブルーレイレコーダーです。

ブルーレイレコーダーのおすすめ|4Kチューナー内蔵モデル

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ 4Kチューナー内蔵モデル DMR-4W100

4K放送の2番組同時・長時間録画に対応したブルーレイレコーダー。従来のハイビジョン放送も同時に録画できるので、最大3つの番組を録画可能です。興味のある番組が重なってもすべてチェックできます。

放送画質のまま、1.5~8倍の長時間録画にも対応。解像度やフレームレートを維持しながら映像圧縮を行うため、高精細できれいな映像を長時間モードでも楽しめます。4K画質のまま、ブルーレイディスクへのダビングも可能です。

「どこでもディーガ」アプリを使うと、外出先からも録画番組の視聴ができるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドディーガ 4Kチューナー内蔵モデル DMR-4W300

4Kチューナーを内蔵したブルーレイレコーダー。4K放送を2番組同時に録画可能です。ドラマ・アニメ・映画・バラエティの番組ニュース記事を閲覧でき、そのまま録画予約もできます。

全ジャンルの新番組や特番、初放送の詳しい情報を一覧表示可能。内容や出演者などをまとめてチェックできるので、見逃しやすい新番組も忘れずに録画できます。好きなタレント名やキーワードを登録し、自動で番組を検出、録画も可能です。

スマートスピーカーとの連携にも対応。掃除や料理などの手が離せない家事の途中でも、音声で録画予約や録画番組の再生ができます。

ソニー(SONY) 4Kチューナー内蔵Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー BDZ-FBW2000

4K放送の録画に対応したブルーレイレコーダー。BS4K・110°CS4Kチューナーを内蔵しているので、高精細な4K放送を録画し視聴可能です。スポーツや映画など、さまざまなジャンルの番組を美しい4K画質で楽しめます。

録画中の番組とは別の4K番組や2番組同時の録画にも対応。録画したい番組が2つ重なっても録り逃しません。4K放送の長時間録画が可能な7つのモードも搭載。解像度は4K画質のままなので、番組によって好みのモードを選べます。

本体や外付けHDDに録画した番組は、ブルーレイディスクへダビング可能。4K放送を楽しみたい方におすすめのブルーレイレコーダーです。

ソニー(SONY) 4Kチューナー内蔵Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー BDZ-FBT4000

4K放送の2番組同時録画に対応したブルーレイレコーダー。4TBのHDDを搭載しているので、容量が大きくなりがちな4K放送もたくさん録画可能です。高圧縮技術を採用し、長時間録画にも対応。長時間モードでも4K画質のままきれいに再生できます。

新作の連続ドラマやアニメを約1ヶ月前から先行予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」は、4K放送にも対応。新番組を一通り録画し、第1話を見てから継続視聴するかを決めたい場合に活用できます。

専用アプリを使うと、外出先からスマートフォンで4K放送の録画予約も可能。新作ドラマの関連情報やクチコミランキングもチェックできるため、ドラマ好きの方におすすめのブルーレイレコーダーです。

シャープ(SHARP) 4Kレコーダー 4B-C10BT3

4K放送を含む3番組同時録画が可能なブルーレイレコーダー。輝度・解像度・色域・フレームレート・ビット深度の5つの要素をアップコンバートし、地上デジタル放送も、4K放送級の美しさで楽しめます。

4K放送を4K画質のまま、HDDに2番組同時録画可能。また、従来の地上デジタル・BSデジタル・110°CSデジタルチューナーも搭載しているので、4K放送も含めて3番組同時録画もできます。

たくさんの番組を録画したい場合は、4K番組のデータを2Kにダウンコンバートして録画可能。4Kのままブルーレイディスクにダビングもできます。

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。