ブルーレイディスクに収録された高画質な映像を再生できる「ブルーレイプレーヤー」。最近は4K出力に対応した機種やブルーレイディスクの後継となる「Ultra HD Blu-ray」に対応した機種も販売されており、ラインナップが豊富に揃っています。

今回は、おすすめのブルーレイプレーヤーをご紹介。リーズナブルな機種からハイエンドモデルまでピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーとブルーレイレコーダーの違い

By: amazon.co.jp

ブルーレイプレーヤーは、名前の通りブルーレイディスクの再生に特化した機器のこと。ブルーレイ作品の再生などが主な用途です。なお、録画機能は備わっていないので、注意しましょう。

一方で、ブルーレイレコーダーは録画機能も備えた機器を指します。再生と録画どちらにも対応しているものの、プレーヤーよりも比較的値段が高めなのがデメリット。そのため、ブルーレイの再生だけに使いたい方や、コストを抑えたいと考えている方はブルーレイプレーヤーを選ぶのがおすすめです。

ブルーレイレコーダーについて詳しく知りたい方はこちら

ブルーレイプレーヤーの選び方

画質で選ぶ

フルHD対応モデル

By: panasonic.jp

ブルーレイディスクの画質は画素数1920×1080である「フルHD(ハイビジョン)」。地上デジタル放送の画素数1440×1080を上回った画素数で、ブルーレイディスクを再生できるブルーレイプレーヤーは、フルHDでの出力・再生が可能です。

ブルーレイプレーヤーの製品ごとに異なる部分は、ブルーレイ以外のメディアへの対応画質。地上デジタル放送を録画したBD-Rや市販のDVD、録画したDVDなど、フルHD未満の映像素材はそのまま出力すると低解像度で表示されます。

製品によっては、フルHD未満のコンテンツをフルHD画質に変換して出力できるコンバート機能を搭載。メディアの種類にかかわらず高画質が楽しめるため、チェックしてみてください。

Ultra HD Blu-ray対応

Ultra HD Blu-rayとは、4Kの解像度に加えて60pの高フレームレートやHDRに対応しているブルーレイのことです。滑らかな映像や、陰影のあるリアルな映像が楽しめます。

また、色の再現性を高める「BT.2020」に対応しているのもポイント。より美しい色の豊かさや鮮やかさを実現しています。より美麗な映像でコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

4Kアップコンバート対応製品をチョイス

By: amazon.co.jp

「4Kアップコンバート」とは、地上デジタルやBS・CS放送、およびブルーレイディスクのハイビジョン映像を解析補正して、4K信号にまでグレードアップする機能です。

なお、4K対応のブルーレイプレーヤーは、4Kアップコンバート機能を搭載したモデルが多く展開されています。ハイビジョン画質のブルーレイディスクやDVDの映像を、4K相当の画素数3840×2160で再生できるのが特徴です。

音質や画質に影響する接続端子を確認

By: panasonic.jp

接続端子は信号を送るためのケーブルで、画質や音質に影響します。ブルーレイプレーヤーは基本的にHDMI端子を採用。HDMI端子は映像と音声を1本のケーブルで送れて、信号の劣化が少ないのが特徴です。

また、ホームシアターなどで視聴する場合におすすめなのが、HDMI端子が映像用と音声用に分かれているモノ。ただし、価格帯にも影響するので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮するようにしましょう。

再生できるメディアを確認する

ブルーレイプレーヤーで再生したいメディアが決まっている方は、あらかじめ対応メディアをチェックしましょう。ブルーレイディスクには1回のみ書き込みできる「BD-R」と、繰り返し書き込みできる「BD-RE」の2種類が存在します。

また、再生したいメディアがブルーレイプレーヤーに対応していない場合、再生することができない点にも注意が必要。特に前機種で録画したメディアも再生したい方は、事前に確認してから購入するようにしましょう。

付加機能で選ぶ

ストレスなく使える「高速起動」機能をチェック

By: sony.jp

「高速起動」とは、電源OFFの状態からでもスムーズに本体を立ち上げられる機能のこと。4K画質などハイスペックなモデルになるほど待機時間が長くなってしまう傾向がありますが、高速起動を搭載しているモデルであればストレスなく使用できます。

また、高速起動は、待機時間にかかる消費電力を抑える効果があるのも特徴。高機能モデルに搭載されていることが多いのでやや価格は高くなってしまいますが、快適にブルーレイを楽しみたい方におすすめです。

ネットワークに対応しているかチェック

ブルーレイプレーヤーのなかにはインターネット接続機能を備えたモノがあります。Webブラウザだけでなく、NetflixやYouTubeなど、各種インターネット動画配信サービス(VODサービス)への対応もポイント。ネット経由でさまざまな映像が楽しめます。

VODサービスへの対応はメーカーやモデルによっても異なるので、購入前に使いたいサービスに対応しているか確認しておきましょう。

オーディオとしても使用するならオーディオフォーマットに注目

By: sony.jp

映像だけでなく音楽を楽しむためのオーディオとしても使いたい場合は、オーディオフォーマットを確認するのも重要です。主にDVDオーディオやSACDといった種類が存在します。

なかでも、SACDはサンプリング周波数の値がCDよりも大きく高音質なのでおすすめ。原音に忠実な音を再生できるため、よりリアルなサウンドを楽しみたい方にも適しています。

ブルーレイプレーヤーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

東京都港区に本社をかまえている電機メーカーです。音響・映像機器やゲーム関連などの製品・サービスを展開。ブルーレイプレーヤーにおいては、Ultra HD Blu-ray対応のハイグレードモデルからスタンダードモデルまで幅広くラインナップしています。

4Kアップコンバート対応モデルも発売しており、従来のブルーレイディスクも4K相当の高画質で再生可能。独自の変換技術を駆使した超解像処理によって、HDR非対応4Kテレビでも階調・色彩の豊かな高画質映像を楽しめます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社をかまえている総合電機メーカーです。エアコンや洗濯機などの白物分野から住宅設備分野、車載分野まで幅広く事業を展開。ブルーレイプレーヤーにおいては、高画質・高音質のハイグレードモデルからコンパクトなモデルまでラインナップしています。

Ultra HD Blu-ray対応モデルも発売しており、4KやHDR画質を楽しみたい方にぴったり。最新のHDR規格「HDR10+」に加えて「Doby Vision」にも対応し、映像製作者の意図に忠実なHDR映像を再現します。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

韓国に本社を置く総合電機メーカーです。白物家電や有機ELテレビ、スピーカーなど幅広く製品を手がけています。ブルーレイプレーヤーにおいては、Ultra HD Blu-rayモデルとコンパクトなブルーレイDVDプレーヤーを展開。買い求めやすいリーズナブルなモデルを発売しています。

ネットワークに接続して、YouTubeとNetflixといった4K動画を再生できるモデルもラインナップ。「HDR10」や広色域規格「BT.2020」に対応し、高輝度で色彩豊かな映像を楽しめるモデルにも注目です。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|人気

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー BDP-S1500

横幅約230mmのコンパクトなブルーレイプレーヤーです。限られたスペースに設置しやすく、AVラックの中にスマートに収めたい方におすすめ。シンプルなデザインでテレビまわりの雰囲気やインテリアに馴染みやすいアイテムです。

DVD映像を高画質化する「プレシジョンシネマHDアップスケール」を搭載。アップスケール処理を上下方向だけでなく斜め方向にもおこない、大画面でもノイズを低減したクリアで高精細な映像を楽しめます。また、電源オフの状態から1秒以下で高速起動する「高速起動モード」を備えているのも魅力です。

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー BDP-S6700

Wi-Fi機能を内蔵しているブルーレイプレーヤーです。ワイヤレスでネットと接続でき、ネット動画をケーブルなしで視聴可能。別の部屋に音楽や動画を飛ばして楽しめるなど、ライフスタイルに合わせて豊富なコンテンツを視聴できるおすすめモデルです。ハイレゾ音源をBluetooth経由で伝送できる、LDACコーデックにも対応しています。

4Kアップコンバートに対応しているのも特徴。4K対応のテレビにつなげば、ブルーレイディスクやDVDソフトはもちろん、ネット動画の映像も4K相当の高解像度で出力します。

高速ローディング技術により、ディスク挿入後にすばやく再生を開始するのもポイント。電源を入れるとすぐに立ち上がる「高速起動モード」を搭載しているなど、快適に使用できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X800

音の情報量がCDの約6.5倍ある、ハイレゾ音源対応のブルーレイプレーヤーです。原音に忠実な高音質サウンドを楽しめるのが魅力。高剛性シャーシーや独自開発のsfヒートシンクなどの高音質パーツを採用しており、音質を重視したい方におすすめのモデルです。

広色域再現技術「トリルミナスカラー」により、色彩豊かな映像を再現するのもポイント。Ultra HD Blu-rayの再生に対応しており、よりリアルな映像を楽しみたい方にもぴったりです。4Kストリーミング対応で、NetflixやYouTubeなどのネット動画も4K相当の高解像で視聴できます。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー DP-UB45

ハイレゾ音源に対応しているブルーレイプレーヤーです。ハイレゾオーディオ対応アンプを接続すれば、ハイレゾ音源を含む音楽ファイルを再生可能。自宅のシアター環境でハイレゾ音源を楽しみたい方など、高音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

最新のHDR規格「HDR10+」と「Doby Vision」の両方に対応しているのもポイント。より原作に忠実なHDR映像を再現します。また、幅320mmの省スペース設計も特徴。置き場所のスペース確保に困っている場合にぴったりの1台です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイプレーヤー BP250

幅270mmのコンパクトなブルーレイプレーヤーです。A4サイズの縦より小さい幅の省スペース設計で、設置場所の自由度の高さを求めている方におすすめ。ブルーレイディスクやDVDディスクに加えて、USBメモリーに対応しているのも魅力です。

HDMI接続に対応し、ハイクオリティな映像と音声の伝送が可能。HDMIケーブルが同梱されており、購入後すぐにセッティングできます。HDMI連動機能「SIMPLINK」に対応しているのもポイント。対応機器と接続すれば、付属のリモコンで機器を操作可能です。

東芝(TOSHIBA) レグザブルーレイ DBP-S500

1080/24pダイレクト出力に対応しているブルーレイプレーヤー。毎秒24コマで製作された映画のフィルム素材をそのまま出力するので、映画本来の質感を楽しみたい方におすすめのモデルです。

HDオーディオに対応し、高音質を楽しめるのも魅力。対応アンプとHDMIケーブルで接続すれば、迫力のある7.1chサラウンド環境を構築できます。

また、快適に操作しやすいリモコンが付属しているのもポイント。主要なボタンには、暗い場所で光る蓄光ボタンを採用しています。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|4K対応

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X700

4Kを楽しむための機能が充実しているブルーレイプレーヤーです。4K映像を収録しているブルーレイディスク「Ultra HD Blu-ray」に対応。従来のブルーレイと比較して解像度約4倍、輝度約10~100倍、色域約2倍の高画質を楽しめるおすすめモデルです。

映像本来の明るさ・コントラスト・色を再現するHDRにも対応。広いダイナミックレンジの輝度情報により、まるで肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のあるリアルな映像を実現します。

HDR10やDoby Visionなど3つのHDRフォーマットに対応しているのもポイント。さまざまなUltra HD Blu-rayソフトを、より高精細な画質で視聴できます。ネット動画配信サービスの4Kストリーミングに対応しているのも魅力です。

そのほか、サンプリング周波数の値がCDよりも大きいSACDの再生も可能。原音により忠実なサウンドを楽しめます。

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X800M2

4Kアップコンバート対応のブルーレイプレーヤーです。フルHD映像を4K相当の高解像度で再生。超解像処理によって、滑らかな輪郭とくっきりとした高精細な映像を楽しめるおすすめモデルです。独自変換技術により、HDR非対応4KテレビでもHDRコンテンツならではの階調や色彩を再現します。

AVアンプで採用している高剛性シャーシーや強度をアップさせるシールド構造を採用するなど、高音質にこだわって設計されているのもポイント。独自の高音質技術によって、音に影響を与える振動やノイズを抑制しています。さまざまなフォーマットに対応し、CDよりも高音質のDVDオーディオやSACDでリアルなサウンドを楽しめます。

NetflixやAmazon Prime Videoなどの動画配信を4K画質で視聴できるのも魅力。Wi-Fi機能を内蔵しており、ケーブルレスでネットコンテンツを楽しめます。同社の「ソニールームリンク」対応のブルーレイディスクレコーダーをLAN接続すれば、別の部屋にあるレコーダーの映像を再生可能です。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー DMP-BDT180

約1秒の高速起動で快適に操作できるブルーレイプレーヤーです。リモコンの電源ボタンを押せば、約1秒で画面が表示されて操作が可能。さらに、開閉ボタンを押して約1秒でトレイがオープンしてディスクをセットできるなど、ストレスなく操作できるおすすめモデルです。

「レジューム再生」に対応しているのも魅力。最後に再生停止した位置を自動で記録し、次回見るときに停止した場面から再生を開始します。NetflixやYouTubeなどネット動画も視聴可能。リモコンにNetflixをダイレクトに呼び出せるボタンを備えています。

4Kアップコンバート対応でフルHD映像を4K相当の高解像度で再生可能。DVD映像をフルHD信号にアップコンバートする機能も搭載しています。1080/24p・1080/60pプログレッシブハイビジョン出力に対応しており、ハイビジョン映像を高精細な映像で視聴できるのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K Ultra HD ブルーレイディスクプレーヤー UBK80

美しい映像を楽しめる、Ultra HD Blu-ray対応ブルーレイプレーヤーです。フルハイビジョン映像を高精細な4K映像にアップコンバートできるのが特徴。「HDR10」や広色域規格「BT.2020」に対応しているので、従来のブルーレイディスクでは表現できなかった豊かな色彩を楽しめるおすすめモデルです。

1秒間に60コマ表示できる4K/60pの再生に対応しており、より滑らかな映像を実現。ブルーレイ・DVD・CDなどのさまざまなメディアを再生できるほか、多くの映像・音声記録ファイル形式に対応しています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K Ultra HD ブルーレイディスクプレーヤー UBK90

4Kのインターネット動画に対応している、Ultra HD Blu-ray対応ブルーレイプレーヤーです。ネットワークに接続すれば、YouTubeとNetflixを4K映像で再生可能。「HDR10」や広色域規格「BT.2020」に対応し、高輝度で色彩豊かな映像を楽しめるおすすめモデルです。

無線LANに対応しており、ケーブルなしでインターネットと接続できるのも便利。HDMI端子を備えているため、ケーブル1本でテレビに高画質と高音質を伝送できます。ほかにも、光デジタル端子やUSB端子など入出力端子が充実しているのも魅力です。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|安い低価格モデル

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー DMP-BD90

業界最小・最軽量を謳っているブルーレイプレーヤーです。幅245×奥行175×高さ38.5mmのコンパクトサイズで、限られたスペースに設置したい方におすすめ。薄型ラックにも設置しやすく、置き場所を選ばず自由なレイアウトが可能です。

フルHDアップコンバートに対応しているのも特徴。DVDの映像をフルHD画質に変換するので、より高精細な映像を楽しめます。

また、電源オフの状態でリモコンの電源ボタンを押すと、約1秒で画面を表示して操作が可能なのもポイント。約1秒でトレイがオープンする高速トレイオープンにも対応しているなど、操作性に優れているのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイプレーヤー BP350

幅270×奥行195×高さ43mmのコンパクトなブルーレイプレーヤーです。省スペース設計なので、設置場所の自由度を重視したい方におすすめ。HDMI端子が付属しており、購入後すぐにハイクオリティな映像と音声を楽しめます。買い求めやすいリーズナブルな価格も魅力です。

さまざまなファイル形式に対応しているのもポイント。USB端子も備えており、パソコンで記録した映像や音声ファイルも再生できます。HDMI連動機能「SIMPLINK」に対応している点にも注目。対応機器と接続すれば、付属のリモコンで機器を操作可能です。

フナイ(FUNAI) ブルーレイディスクプレーヤー FBP-H220

横幅280×奥行201×高さ41mmのブルーレイプレーヤーです。A4サイズに収まるコンパクトサイズで、限られたスペースに設置したい方におすすめ。テレビとの接続はHDMIケーブル1本でつなくだけと、機器の扱いが苦手な方でも使いやすいのが魅力です。

DVDやCDも再生可能。USB端子を備えており、パソコンに保存していたMP3ファイルなどの音楽ファイルや、JPEGなどの画像ファイルを再生できます。

ティーズ(TEES) ブルーレイディスクプレーヤー TSBD-2601

買い求めやすい低価格が魅力のブルーレイプレーヤーです。放熱性に優れたコンパクトボディ設計を採用しているのが特徴。横幅約260mmと、置き場所に困らないモデルを探している方におすすめです。HDMI端子を備えており、ケーブル1本で接続できます。

CDとDVDを再生できるため、レンタルをする機会が多い方にもぴったり。USB端子を備えており、音楽ファイルや映像ファイルを収録したUSBメモリーも再生可能です。

Topcony ブルーレイプレーヤー

フルHD画質に対応するブルーレイプレーヤーです。高性能なレーザー駆動ヘッドを内蔵し、データの読み取り速度をアップ。音に影響する振動・ノイズを抑えているなど、高音質と高画質を楽しめるおすすめモデルです。

前回停止した位置から自動で再生を開始できる、ラストメモリー機能を搭載しているのも便利。テレビとの接続はHDMIケーブル1本なので簡単です。AVケーブルも付属しており、HDMI端子を備えていないテレビとも接続できます。

Superbe ブルーレイディスクプレーヤー

幅約260×奥行190×高さ45mmのコンパクトなブルーレイプレーヤーです。テレビまわりやAVラック内にすっきりと設置したい方におすすめ。HDMI端子を備えており、テレビとケーブル1本で接続するだけとセッティングも簡単です。

ブルーレイディスクにくわえて、DVDやCDも再生可能。MP3やJPEGなどのファイル形式に対応し、USBメモリーを接続できるUSB端子を搭載しています。セッティングに際しては、HDMIケーブルが別売りになっている点に留意しておきましょう。

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。