ブルーレイディスクによる高画質な映像を再生できる「ブルーレイプレーヤー」。最近は4K出力に対応する機種やブルーレイディスクの後継となる映像ディスク「Ultra HD Blu-ray」に対応する機種もリリースされており、ラインナップが豊富に取り揃っています。

そこで今回は、ブルーレイプレーヤーのおすすめ製品をご紹介。リーズナブルな機種から高画質と高音質を備えたハイエンドモデルまでピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ブルーレイプレーヤーとDVDプレーヤーの違い

By: rakuten.co.jp

ブルーレイプレーヤーとDVDプレーヤーのもっとも大きな違いは、ブルーレイディスクが再生できるかどうか。DVDプレーヤーではブルーレイディスクを再生できませんが、ブルーレイプレーヤーはDVDも再生が可能です。なお、ブルーレイプレーヤーのなかには、DVDを高画質に再生できるモデルもあります。

普及し始めた当初は高価だったブルーレイプレーヤーも最近は価格帯が落ち着き、リーズナブルな機種もあります。ぜひチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーの選び方

高画質を求めるなら4K対応

By: amazon.co.jp

4K映像は画素数3840×2160で、ハイビジョンに比べて4倍の情報量を備えています。臨場感のある高画質映像を楽しめるのが特徴です。2018年12月から「新4K8K衛星放送」がスタートしたことに加えて、動画配信サービスなどでも4K対応のコンテンツは豊富に取り揃っています。

さらに、ブルーレイの上位規格「Ultra HD Blu-ray」に準拠しているかもポイント。同規格は4Kの高精細画質に加えて、ハイダイナミックレンジ(HDR)という広色域に対応しており、輝度と色の範囲が従来に比べて大幅に拡大したため、階調表現が豊かで色鮮やかな映像を再現できます。

4Kテレビをすでに持っている方、またはこれから購入を検討している方はブルーレイプレーヤーも4K対応モデルのほうがおすすめです。

4Kアップコンバート対応製品をチョイス

By: amazon.co.jp

「4Kアップコンバート」とは、地上デジタルやBS・CS放送、およびブルーレイディスクのハイビジョン映像を解析補正して、4K信号にまでグレードアップする機能です

なお、4K対応のブルーレイプレーヤーは、4Kアップコンバート機能を搭載したモデルが主流で、ハイビジョン画質のブルーレイディスクやDVDの映像を、4K相当の画素数3840×2160で再生できるのが特徴です。

オーディオとしても使用する場合

By: amazon.co.jp

ブルーレイプレーヤーはオーディオとしても使用できます。サウンドにこだわりたい方は、CDよりも多くの音情報を記録できる「SACD」対応のプレーヤーがおすすめです。

SACDのサンプリング周波数は「2.8MHz」で、通常のCD規格である「44.1kHz」を大幅に上回ります。ぜひチェックしておきましょう。

音質や画質に影響する接続端子を確認

By: rakuten.co.jp

接続端子は信号を送るためのケーブルで、画質や音質に影響します。ブルーレイプレーヤーは基本的にHDMI端子を採用。HDMI端子は映像と音声を1本のケーブルで送ることができ、信号の劣化が少ないのが特徴です。

また、ホームシアターなどを視聴する場合におすすめなのが、HDMI端子が映像用と音声用に分かれているモノ。ただし、価格帯にも影響してくる部分なので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮するようにしましょう。

再生できるメディアを確認する

By: rakuten.co.jp

ブルーレイプレーヤーは市販のブルーレイソフトの再生に対応していても、放送の録画など自分で書き込んだブルーレイソフトは再生できない場合があります。

一般的によく使われる1回書き込み型の「BD-R」や繰り返し書き込み型の「BD-RE」以外にも対応メディアはさまざまなので、購入する前に念のため確認しておきましょう。

各種ファイル・ネットワークで選ぶ

By: panasonic.jp

自分で撮影した動画をブルーレイプレーヤーで再生したい場合は、USBメモリ内や家庭内ネットワーク経由でデータを再生できるかどうかも確認しておきましょう。

また、無線LAN機能が搭載されているか、スマホやタブレットの画面を映し出せるMiracast(ミラキャスト)に対応しているかどうか、Wi-Fi経由で動画などのデータファイル移行が可能なDLNAに対応しているかどうかなどは使い勝手に関わってくる部分なので、チェックしておきましょう。

ブルーレイプレーヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内で初めて「Ultra HD Blu-ray」対応プレーヤーを発売したメーカーとして知られている「パナソニック」。画質はもちろん、製品によってはハイレゾに対応しているモデルもあるので、映像美だけでなく、サウンドクオリティにもこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

映像と音響分野の両方で高い技術と卓越したノウハウをもつ「ソニー」。ブルーレイプレーヤーにおいては、Bluetooth経由で伝送可能な「LDAC」やハイレゾ音源に対応しているなど、高性能な製品をラインナップしています。

パイオニア(Pioneer)

By: rakuten.co.jp

「パイオニア」は日本の老舗オーディオブランド。国産初のダイナミック型スピーカーを開発したほか、1997年にはDVD-Rドライブを世界で初めてリリースしたことでも知られています。2015年には国内オーディオメーカーの「オンキヨー」が吸収。双方のブランドは維持したまま、製品を展開しています。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BD90

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BD90

ブルーレイプレーヤーのエントリー機としておすすめの製品です。本体サイズは約幅245×奥行175×高さ38.5mmで、重量は約0.8kg。コンパクトかつ軽量な設計なので、テレビボードや棚にすっきりと設置できます。

フルHDアップコンバートに対応しており、DVDもより高精細な画質で鑑賞することが可能。BD-RやBD-REといった書き込み型ブルーレイディスクも再生できるため、録画したテレビ放送なども楽しめます。

約1秒で動作する高速起動と高速トレイオープンに対応しているのもメリット。素早くブルーレイディスクを再生できるので、ストレスなく快適に使えます。接続端子にはHDMI端子を採用。お手頃価格の人気製品です。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT180

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT180

4K映像の出力に対応した人気ブルーレイプレーヤーです。4Kアップコンバート機能を内蔵しているため、ブルーレイディスクの映像を4Kの高精細で楽しめるのも魅力。ブルーレイをより高画質で鑑賞したい方におすすめです。

接続端子にはHDMI端子を採用しており、HDMI規格の「Deep Color」で階調豊かな色表現を行えます。ハイレゾオーディオ再生に対応しているのもポイント。ハイレゾ音源のFLACやWAVは24bit/192kHz、DSDは5.6MHzの高音質で出力できます。

有線LANでインターネットに接続すると、YouTubeなどの動画コンテンツをテレビで再生できるのもメリット。約1秒で動作する高速起動・高速トレイオープンにも対応しており、待ち時間なく快適に使用できます。

BD-RやBD-REといった書き込み型ブルーレイディスクも再生可能。4K対応モデルを探している方におすすめの製品です。

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S1500

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S1500

ソニーによるリーズナブルなブルーレイプレーヤーです。高速起動モードに設定すると、電源を1秒以下で素早く起動することが可能。「プレシジョンシネマHDアップスケール」に対応しており、DVDもノイズの少ない高画質で鑑賞できます。

「HDオーディオ フルデコード」に対応しているのもポイント。ブルーレイディスクに収録された高音質をしっかり引き出します。有線接続でインターネットに接続し、YouTubeなど動画サイトのコンテンツをテレビで再生することも可能です。

BD-RやBD-REといった書き込み型ディスクも再生でき、USBメモリ・PC用外付けHDDなどの多彩なフォーマットからデータを読み込めるのもメリット。

本体サイズが約幅230×奥行194×高さ39mmとコンパクトであり、すっきりと設置できるのも魅力。初めてブルーレイプレーヤーを購入する方にもおすすめの製品です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイ/DVDプレーヤー BP350

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイ/DVDプレーヤー BP350

お手頃価格の人気ブルーレイプレーヤーです。アップコンバート機能に対応しており、ブルーレイだけでなくDVDや低画質の動画も高精細な映像で楽しめます。

USBポートを搭載しているので、USBメモリやPC用の外付けHDDに保存したデータを再生できるのもメリット。無線LAN機能も内蔵しており、インターネットに接続するとYouTubeなどをテレビへ出力できます。

本体サイズは約270×43×195mmで、重量は約0.85kgです。コンパクトかつ軽量なため、さまざまな場所へ容易に設置できます。

BD-RやBD-REなどの書き込み型ブルーレイディスクの再生にも対応。コストを抑えてブルーレイプレーヤーを入手したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|Ultra HD Blu-ray対応

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DP-UB9000

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DP-UB9000

パナソニックによるUltra HD Blu-ray再生対応ブルーレイプレーヤーのフラッグシップモデルです。4K出力が可能なだけでなく、60pの高フレームレートやHDRにも対応しているため、動きが滑らかで立体感のある高画質な映像を楽しめます。

HDRは最新規格の「HDR10+」と「Dolby Vision」に対応しているのもポイント。映像のシーンに応じて輝度を最適化し、よりナチュラルかつリアルな表現で映像を鑑賞できます。

4KとHDRの長所を引き出す「4Kリアルクロマプロセッサplus」機能も搭載。質感豊かで高精細な映像出力が可能です。さらに、音質を追求した設計でハイレゾ音源にも対応しているので、よりピュアで高音質なサウンドを出力できます。

無線LAN機能を搭載しており、インターネットの4K・HDR動画コンテンツを再生できるのもメリット。ハイグレードで多機能な製品を探している方におすすめです。

ソニー(SONY) Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー UBP-X800

ソニー(SONY) Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー UBP-X800

Ultra HD Blu-rayに対応したソニーの最上級モデルです。4K・HDRに対応しているため、解像度・輝度・色域といったさまざまな点で従来のブルーレイより優れた映像表現を楽しめます。4Kアップコンバート機能を内蔵しているのも魅力です。

HDR非対応の4Kテレビやプロジェクターを使用する場合でも、ソニー独自の変換技術でHDRコンテンツの階調や色彩を引き出せるのもメリット。無線LAN機能を搭載しており、インターネットの4K動画コンテンツも再生できます。

ソニーならではの優れたサウンド設計もポイント。多彩なハイレゾ音源に対応している上、従来の映像・音声用HDMI端子に加えて音声信号専用のHDMI端子も搭載しています。

また、Bluetooth機能を内蔵しているので、夜間にワイヤレスヘッドホンで映画や音楽を鑑賞できるのも魅力。ハイスペックなブルーレイプレーヤーを探している方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800

高音質にこだわったUltra HD Blu-ray対応のブルーレイプレーヤーです。ESS社の高性能DAC「ES9026PRO」をデュアル搭載し、独自のオーディオ基板設計によりサウンドの空気感までをも再現しています。

そのため、オーディオブランドならではの優れたサウンドを楽しめるのが大きな魅力。HDMI端子は映像用と音声用に2系統搭載しており、セパレート出力を行えるのでホームシアターにもおすすめです。

多彩なハイレゾ音源の再生を行えるのもメリット。FLACとWAVは24bit/192kHz、DSDは5.6MHzの高音質な再生が可能です。本機でハイレゾ音源やCD音源といった音声のみを再生する場合は、不要な回路をオフにするダイレクト機能でより高音質なサウンドを楽しめます。

より高画質なHDR技術の「Dolby Vision」に対応しているのもポイント。画質と音質の両面に優れたおすすめ製品です。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|SACD対応

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S6700

ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S6700

SACD対応のおすすめブルーレイプレーヤーです。ソニーならではの音質にこだわった設計が魅力で、ハイレゾ音源にも対応。「HDオーディオ フルデコード」により、ブルーレイディスクに収録された高音質をしっかりと再現できます。

「デジタルミュージックエンハンサー」で、圧縮音源を原音に近い音質で再生できるのもポイント。ナチュラルで広がりのあるサウンドを楽しめます。Bluetooth機能を内蔵しており、LDACで高音質なワイヤレスリスニングを行うことも可能です。

高画質な4K出力に対応しているのもメリット。4Kアップコンバート機能を搭載しているため、さまざまな映像や写真を4K相当の高解像度で鑑賞できます。

スマホやタブレットの映像をテレビへ出力する、スクリーンミラーリングにも対応。画質だけでなく音質にもこだわりたい方は、ぜひ本機をチェックしてみてください。

パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスクプレーヤー BDP-X300

パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスクプレーヤー BDP-X300

オーディオブランドならではの高音質設計を施したブルーレイプレーヤーです。専用のオーディオ基板やDACを搭載しており、映像とは別に音声を処理することで高音質な再生を行えます。

多様なハイレゾ音源を再生できるのもポイント。ブルーレイディスクに収録されている「Dolby TrueHD」や「DTS-HD Master Audio」といったオーディオフォーマットも出力でき、映画館と同様のサウンドを楽しめます。

4K出力にも対応しており、4Kアップコンバート機能も内蔵。また、DVD映像をハイビジョン画質にアップコンバートすることも可能です。DLNAにも対応しているので、Wi-Fi経由でほかのデバイスに保存した映像を出力できます。

スマホやタブレット内の映像を表示できる「Miracast」も利用可能。コストパフォーマンスの高いおすすめモデルです。

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。