ブルーレイディスクによる高画質な映像を再生できる「ブルーレイプレーヤー」。最近は4K出力に対応する機種やブルーレイディスクの後継となる映像ディスク「Ultra HD Blu-ray」に対応する機種も発売されており、ラインナップが豊富に取り揃っています。

そこで今回は、ブルーレイプレーヤーのおすすめ製品をご紹介。リーズナブルな機種から高画質と高音質を備えたハイエンドモデルまでピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ブルーレイプレーヤーとDVDプレーヤーの違い

By: rakuten.co.jp

ブルーレイプレーヤーとDVDプレーヤーのもっとも大きな違いは、ブルーレイディスクが再生できるかどうか。DVDプレーヤーではブルーレイディスクを再生できませんが、ブルーレイプレーヤーはDVDも再生が可能です。なお、ブルーレイプレーヤーのなかには、DVDを高画質に再生できるモデルもあります。

普及し始めた当初は高価だったブルーレイプレーヤーも価格帯が落ち着き、リーズナブルな機種もあります。価格で購入を迷っていた方はチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーの選び方

高画質を求めるなら4K対応

By: amazon.co.jp

4K映像は画素数3840×2160で、ハイビジョンに比べて4倍の情報量を備えています。臨場感のある高画質映像を楽しめるのが特徴です。2018年12月から「新4K8K衛星放送」がスタートしたことに加えて、動画配信サービスなどでも4K対応のコンテンツは豊富に取り揃えています。

さらに、ブルーレイの上位規格「Ultra HD Blu-ray」に準拠しているかもポイント。同規格は4Kの高精細画質に加えて、ハイダイナミックレンジ(HDR)という広色域に対応しており、輝度と色の範囲が従来に比べて大幅に拡大したため、階調表現が豊かで色鮮やかな映像を再現できます。

4Kテレビをすでに持っている方や、これから購入を検討している方はブルーレイプレーヤーも4K対応モデルのほうがおすすめです。

4Kアップコンバート対応製品をチョイス

By: amazon.co.jp

「4Kアップコンバート」とは、地上デジタルやBS・CS放送、およびブルーレイディスクのハイビジョン映像を解析補正して、4K信号にまでグレードアップする機能です。

なお、4K対応のブルーレイプレーヤーは、4Kアップコンバート機能を搭載したモデルが主流。ハイビジョン画質のブルーレイディスクやDVDの映像を、4K相当の画素数3840×2160で再生できるのが特徴です。

オーディオとしても使用する場合

By: amazon.co.jp

ブルーレイプレーヤーはオーディオとしても使用できます。サウンドにこだわりたい方は、CDよりも多くの音情報を記録できる「SACD」対応のプレーヤーがおすすめです。

SACDのサンプリング周波数は「2.8MHz」で、通常のCD規格である「44.1kHz」を大幅に上回ります。ぜひチェックしておきましょう。

音質や画質に影響する接続端子を確認

By: amazon.co.jp

接続端子は信号を送るためのケーブルで、画質や音質に影響します。ブルーレイプレーヤーは基本的にHDMI端子を採用。HDMI端子は映像と音声を1本のケーブルで送れ、信号の劣化が少ないのが特徴です。

また、ホームシアターなどを視聴する場合におすすめなのが、HDMI端子が映像用と音声用に分かれているモノ。ただし、価格帯にも影響してくる部分なので、購入する際は予算との兼ね合いを考慮するようにしましょう。

再生できるメディアを確認する

By: rakuten.co.jp

ブルーレイプレーヤーは市販のブルーレイソフトの再生に対応していても、放送の録画など自分で書き込んだブルーレイソフトは再生できない場合があります。

一般的によく使われる1回書き込み型の「BD-R」や、繰り返し書き込み型の「BD-RE」以外にも対応メディアはさまざまなので、購入する前に念のため確認しておきましょう。

各種ファイル・ネットワークで選ぶ

By: panasonic.jp

自分で撮影した動画をブルーレイプレーヤーで再生したい場合は、USBメモリ内や家庭内ネットワーク経由でデータを再生できるかどうかも確認しておきましょう。

また、無線LAN機能の搭載や、スマホやタブレットの画面を映し出せるMiracast(ミラキャスト)対応、Wi-Fi経由で動画などのデータファイル移行が可能なDLNA対応などは、使い勝手に関わってくる部分なのであわせてチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

国内で初めて「Ultra HD Blu-ray」対応プレーヤーを発売したメーカーとして知られている「パナソニック」。画質はもちろん、製品によってはハイレゾに対応しているモデルもあるので、映像美だけでなく、サウンドクオリティにもこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

映像と音響分野の両方で高い技術と卓越したノウハウを持つ「ソニー」。ブルーレイプレーヤーにおいては、Bluetooth経由で伝送可能な「LDAC」やハイレゾ音源に対応しているなど、高性能な製品をラインナップしています。

パイオニア(Pioneer)

By: rakuten.co.jp

「パイオニア」は日本の老舗オーディオブランド。国産初のダイナミック型スピーカーを開発したほか、1997年にはDVD-Rドライブを世界で初めて発売したことでも知られています。2015年には国内オーディオメーカーの「オンキヨー」が買収。双方のブランドは維持したまま、製品を展開しています。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BD90

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BD90

ブルーレイプレーヤーのエントリー機としておすすめのモデルです。本体サイズは約幅245×奥行175×高さ38.5mmで、重量は約0.8kg。コンパクトかつ軽量設計なので、テレビボードや棚にすっきりと設置できます。

フルHDアップコンバートに対応しており、より高精細な画質で鑑賞することが可能。また、BD-RやBD-REといった書き込み型ブルーレイディスクも再生できるため、録画したテレビ放送なども楽しめます。

約1秒で動作する高速起動と高速トレイオープンに対応しているのもメリット。素早くブルーレイディスクを再生できるので、ストレスなく快適に使えます。接続端子にはHDMI端子を採用。最新の4KテレビからPC用モニターまで幅広い機器に映像を出力できます。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイディスクプレーヤー REGZA レグザブルーレイ DBP-S500

東芝(TOSHIBA) ブルーレイディスクプレーヤー REGZA レグザブルーレイ DBP-S500

映画の再生に適したブルーレイプレーヤーです。「1080/24pダイレクト出力」に対応。毎秒24コマで製作された映画などのフィルム素材の映像を、変換処理を経ずにそのまま出力することで、本来の質感で再現できると謳っています。

HDMI端子からは、豊かな色彩表現が可能な「Deep Color」出力や、7.1chサラウンドのHDオーディオ出力が可能。HDMI入力を搭載したテレビやAVアンプとの接続時に実力を発揮します。

リモコンの主要ボタンに暗い場所で光る蓄光ボタンを採用。プロジェクターで映像鑑賞をする際にスムーズに操作できます。また、東芝の薄型テレビ「レグザ」と連動した操作が可能な「レグザリンク・コントローラ」に対応。レグザユーザーにもおすすめのプレーヤーです。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT180

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT180

4K映像の出力に対応した人気ブルーレイプレーヤー。4Kアップコンバート機能を内蔵しているため、ブルーレイディスクの映像を4Kの高精細で楽しめるのが魅力です。また、HDMI規格の「Deep Color」で階調豊かな色表現を行えます。

CDを上回る音質のハイレゾオーディオ再生に対応しているのもポイント。ハイレゾ音源のFLACやWAVは24bit/192kHz、DSDは5.6MHzの高音質で出力できます。

有線LANでインターネットに接続すると、YouTubeなどの動画配信コンテンツをテレビで再生できるのもメリット。約1秒で動作する高速起動・高速トレイオープンにも対応しており、待ち時間なく快適に使用できます。

BD-RやBD-REといった書き込み型ブルーレイディスクも再生可能。本機の4K出力を生かすには、HDMI2.0準拠の入力を備えた4K解像度のテレビやモニターとの組み合わせがおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイ/DVDプレーヤー BP350

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ブルーレイ/DVDプレーヤー BP350

お手頃価格の人気ブルーレイプレーヤー。アップコンバート機能に対応しており、ブルーレイだけでなくDVDや低画質の動画も高精細な映像で楽しめます。

USBポートを搭載しており、USBメモリやPC用の外付けHDDに保存したデータを再生できるのもポイント。無線LAN機能を内蔵しており、インターネットに接続するとYouTubeなどをテレビへ出力できます。

本体サイズは約270×43×195mmで、重量は約0.85kgと、コンパクトかつ軽量なため、さまざまな場所へ容易に設置できるのも魅力です。BD-RやBD-REなどの書き込み型ブルーレイディスクの再生にも対応。コストを抑えてブルーレイプレーヤーを入手したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|Ultra HD Blu-ray対応

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ再生対応 DP-UB45

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ再生対応 DP-UB45

ブルーレイの上位規格で4K映像に対応した「Ultra HD Blu-ray」を再生できるブルーレイプレーヤー。4K映像出力は60pの高フレームレートやHDRにも対応し、高精細なだけでなく、滑らかでコントラスト感に優れた画質を楽しめます。

HDR規格は「HDR10+」「Dolby Vision」に対応。各規格で記録されたディスクを再生することで、映像製作者の意図に、より忠実なHDR映像が再現できます。

また、DLNAに準拠しており、同社の映像レコーダー「ディーガ」で録画したテレビ番組をホームネットワーク経由で別の部屋に転送して視聴できる「お部屋ジャンプリンク」に対応。書斎や寝室などでも録画を見られるので便利です。本体サイズが320×46×193mm、重量は約1.2kgと軽量かつコンパクト。置き場所を選ばないのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DP-UB9000

パナソニック(Panasonic) ブルーレイディスクプレーヤー DP-UB9000

パナソニックの「Ultra HD Blu-ray」対応ブルーレイプレーヤーの最上位モデル。4K映像は60pとHDR出力ができるほか、「HDR10+」「Dolby Vision」に対応しており、ディスクメディアに記録された情報を引き出した再生が可能です。

また、「4K超解像・W超解像」により、ブルーレイディスクや録画番組なども4Kアップコンバート可能。高精細で自然な質感の映像を楽しめます。

ハイレゾ音源再生が可能なオーディオプレーヤーとしても使用可能。ネットワーク・ディスク・USBメモリと幅広い入力から音源を再生できます。さらに、サラウンドデコーダーを内蔵しており、7.1chアナログ音声出力を搭載しているのもポイントです。「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」による音声操作ができるのも便利。高品位と先進性を兼ね備えたモデルです。

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX500

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX500

日本を代表する映像プレーヤーメーカーであるパイオニア初の「Ultra HD Blu-ray」対応プレーヤーです。制振性と高剛性を備えた光学ドライブや効果的に振動を遮断するトレイ、3mm厚鋼板を採用。信号読み取り精度を向上させており、いずれのディスクメディアにおいても安定した再生が可能です。

HDRは標準規格の「HDR10」に加えて「Dolby Vision」に対応。より大きな明暗差や滑らかな階調を表現した映像を楽しめます。また、AVアンプとのHDMI接続時に、信号伝送の安定化が図れる独自の画質・音質調整用端子 「ZERO SIGNAL」も搭載。AVアンプのユーザーにもおすすめのブルーレイプレーヤーです。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 DP-UB32

パナソニック(Panasonic) ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 DP-UB32

「Ultra HD Blu-ray」を再生できるブルーレイプレーヤー。リーズナブルな価格ながら、高画質で多機能なのが特徴です。

独自の4K対応映像エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載しており、自然な質感と立体感のある4K映像を表現可能。また、アプリを利用することで、Netflix・dTV・Amazonプライムビデオなどの4K/HDRのインターネット動画配信サービスにも対応しています。

本体は、幅320×高さ45mmの省スペース設計で、薄型のラックやテレビの脇にもすっきり置けるのも魅力です。開閉ボタンを押すと約1秒でトレイがオープンしディスクをセットできるため、見たいときにすぐに映像ソフトが楽しめます。「Ultra HD Blu-ray」を手軽に楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) 4Kチューナー内蔵 Ultra HD Blu-ray/DVDレコーダー BDZ-FBW1000

ソニー(SONY) 4Kチューナー内蔵 Ultra HD Blu-ray/DVDレコーダー BDZ-FBW1000

「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応することに加え、4K放送の録画と再生が可能なブルーレイプレーヤー。4Kチューナーを2基搭載しており、BS4K・CS4K番組の2番組同時録画が可能です。

本機で録画した4K番組はBD-R/REに記録が可能。ディスクメディアとして保存できるだけでなく、4Kを記録したBDの再生に対応したほかのプレーヤーでも再生できるのがメリットです。

また、スマホアプリ「Video&TV SideView」を使用すれば、BS4K・CS4Kを含むテレビ番組を外出先で録画予約や視聴ができます。2K放送やBDを超解像技術で高精細化する「4Kアップコンバート」をはじめとする高画質化機能も搭載。高品位な映像プレーヤーとしても活躍できます。

ブルーレイプレーヤーのおすすめ|SACD対応

ソニー(SONY) 4Kアップコンバートブルーレイプレーヤー BDP-S6700

ソニー(SONY) 4Kアップコンバートブルーレイプレーヤー BDP-S6700

SACD再生対応ブルーレイプレーヤーとしてリーズナブルな機種。ブルーレイ以外も含め、各種映像の4Kアップコンバート出力や3D再生にも対応しており映像プレーヤーとしても優れています。動画配信サービスではYouTube・Netflix・Amazonプライムビデオに対応。ネット動画も4Kテレビでキレイに鑑賞できます。

さらに、ハイレゾ音源再生に対応したネットワークオーディオプレーヤー機能も搭載。各種音声をハイレゾ相当の高音質でBluetooth伝送できるLDACコーデック対応もポイントです。Bluetoothスピーカーやヘッドホンなどで高音質で聴きたい方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X700

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X700

SACDと「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応したリーズナブルなプレーヤーです。HDR方式は「Dolby Vision」と「HDR10」に対応。HDR非対応のテレビやプロジェクターに、HDRに近づけて4K出力できる「HDR→SDR変換」機能を搭載しており、映像プレーヤーとしても優れています。

動画配信サービスもサポート。Netflixなどの4K配信も表示でき、SDやHDコンテンツも4Kにアップスケーリングして高精細に楽しめます。スマホやタブレットの画面を映し出せるMiracastに対応しているのもポイントです。

HDMI出力は2系統で、ビデオとオーディオ信号を分離して、映像と音声の信号の干渉を防いだ伝送も行えます。同軸デジタル音声出力も搭載しており、幅広い機器との接続が可能。なお、アナログ音声出力は搭載していないため、アナログ入力専用アンプやスピーカーと接続する際は、別途単体DACが必要になります。HDMI入力を搭載した機器との組み合わせに適したプレーヤーです。

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X800M2

ソニー(SONY) ブルーレイプレーヤー UBP-X800M2

SACDや「Ultra HD Blu-ray」が再生可能なブルーレイプレーヤー。音楽プレーヤーとして充実した内容を備えているのが特徴です。

高音質ディスクはSACDに加えて、DVDオーディオの再生にも対応しています。さらに、Wi-Fi経由で最大11.2MHzのDSD再生が可能なネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載。Bluetooth送信機能も搭載しており、ワイヤレスイヤホンやスピーカーから本機の音声を簡単に再生できるのも魅力です。

音楽CDやMP3などの信号を24bit/96kHzのハイレゾ相当にアップサンプリングして再生する「DSEE-HX」も搭載。音源の種類に関わらず、高音質を堪能できます。また、シャーシ・回路・電源部を改良することでノイズを低減させ、従来よりも音質が向上しているのもポイントです。

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800

パイオニア(Pioneer) ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800

「Ultra HD Blu-ray」やSACDが再生が可能なブルーレイプレーヤー。ボディ内部の電源とドライブ・デジタル部、そしてアナログオーディオ部を3分割して配置することで、各ブロック間の電気および磁気的干渉を防ぎ、再生音質への悪影響を排除しているのが特徴です。

また、ボディ下部は1.6mm厚の鋼板を3mm鋼板で支えることによって、高剛性かつ低重心を実現しています。振動が少ないので、情報量が膨大な「Ultra HD Blu-ray」の信号をしっかり読み取れるのもポイント。動作時の静音性も高いので、視聴場所の近くに設置しやすいのもメリットです。

入出力端子はHDMI出力やUSBなど豊富に搭載しており、さまざまな機器と接続できるのも利点。ノイズを抑えた音声伝送が可能なXLRバランス音声出力を搭載しているのも特筆点です。サウンドの品位を重視する方にもおすすめの高品位モデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ブルーレイプレーヤー BD-A1060

ヤマハ(YAMAHA) ブルーレイプレーヤー BD-A1060

オーディオディスクメディアの再生品位にこだわったブルーレイプレーヤーです。CDあるいはSACD再生時、オーディオ再生に使用しない回路を停止するとともに、HDMI端子からの映像信号出力を制限可能。ノイズや音質劣化の要因を排除することにより、純度の高いサウンドを出力します。

また、音響専用コンデンサーやアナログ・デジタル独立電源による高音質設計により、アナログ音声出力も高品位です。さらに、DSD 5.6MHzまで再生可能なネットワークオーディオプレーヤー機能も搭載しています。

映像面では480iの低解像度からHD画質素材までを4Kアップコンバート出力可能。ブルーレイの高画質とオーディオソースの高音質を両立できるプレーヤーとしておすすめです。

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。