映画などを鑑賞するのに便利な「ポータブルブルーレイプレーヤー」。持ち運びやすい設計のため、ブルーレイディスクの高精細な映像を好きな場所で観られるのが魅力です。

そこで今回は、おすすめのポータブルブルーレイプレーヤーをご紹介。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ポータブルブルーレイプレーヤーの選び方

対応メディアで選ぶ

ほとんどのポータブルブルーレイプレーヤーはDVDにも対応しています。DVDの映像は35万画素で容量は4.7GB。一方、ブルーレイは207万画素で容量は25GBです。

ブルーレイの方がDVDの何倍も高精細な映像で、より大容量の映像を収録できます。DVDもブルーレイも楽しみたい方は、ポータブルブルーレイプレーヤーを選ぶのがおすすめです。

なお、ポータブルブルーレイプレーヤーを選ぶ際は、対応しているブルーレイ規格にも注目して選びましょう。映画などで使用されるのは、BD-ROM。ほとんどのポータブルブルーレイプレーヤーで再生可能です。

また、そのほかにも1度の書き込みに対応したBD-Rや、何度も書き込みできるBD-RW、容量の大きなBD-R DLやBD-R XLなどがあります。使用目的に合わせて選んでみてください。

最大再生可能時間で選ぶ

By: rakuten.co.jp

映画や長編ドラマなど、長時間楽しみたい場合は再生可能時間に注目して選ぶのがおすすめです。最大再生可能時間の長いポータブルブルーレイプレーヤーなら、長編映画もバッテリー切れを気にせず楽しめます。

また、内蔵バッテリーは使用するほど劣化し、最大再生可能時間が短くなるので注意が必要。バッテリー容量は、できるだけ余裕を持って選ぶようにしましょう。

画面の大きさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

画面が大きなポータブルブルーレイプレーヤーの方が高精細な映像をより楽しめます。人気があるのは9~10型のワイド画面を採用したモデルです。

9〜10型のポータブルブルーレイプレーヤーでは、ハイビジョン対応の1366×768ピクセルのほか、1024×600ピクセルや800×480ピクセルのモノが主流。大きめのモデルでも約1kgの軽量なモノが多く、旅行中なども手軽に持ち運べます。

また、より大きな画面で高精細な映像を楽しみたい方や、複数人で映像を観る場合は大きめのモデルもおすすめ。なかには、より大きな13型以上のポータブルブルーレイプレーヤーもラインナップされています。

便利機能で選ぶ

防水機能

ポータブルブルーレイプレーヤーをキッチンやバスルームなどで使う場合は、防水機能が付いたモデルがおすすめです。防水機能はモデルによって差があるので、使用シーンに合わせて選びましょう。

防水機能はIPX規格で表されます。水滴の飛ぶ場所で使う場合は、IPX4以上のモノがおすすめ。アウトドアなどで直接水がかかる場合は、IPX5以上のモデルを選ぶと安心です。

ヘッドホン出力

あらかじめヘッドホンやイヤホン端子を搭載しているかも、しっかりと確認しておきましょう。移動中などに使用する場合は、ヘッドホンやイヤホンの出力に対応しているポータブルブルーレイプレーヤーが便利です。周囲へ配慮しながら、映画やテレビ放送を楽しめます。

ディスプレイの角度調節

By: rakuten.co.jp

テーブルや車に取り付けて使う場合、ディスプレイの角度調節機能があると便利です。回転や角度調節に対応しているモデルなら、長時間の移動中も快適な姿勢で視聴できます。

また、調節できる角度はモデルによって異なるので確認しておきましょう。なかにはディスプレイを180°回転できるモノや、折りたためるモノもあります。寝転びながら観る場合や複数人で観る場合にも便利な機能です。

SDカードやUSBメモリ再生機能

録画した映像などを再生したい方には、USBメモリやSDカードに対応しているポータブルブルーレイプレーヤーがおすすめです。映画や撮影した動画のほか、写真などのデータも再生できます。

USBメモリやSDカードに対応しているモデルの多くは、MP3の音楽データやJPEG画像などに対応。旅行先の写真をスライドショーにしたり音楽プレーヤーとして使ったりすることが可能。ポータブルブルーレイプレーヤーの使い方の幅が広がるので、ぜひチェックしてみてください。

テレビ機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

外出先でもテレビが見たい方には、テレビ機能付きのポータブルブルーレイプレーヤーがおすすめです。広範囲で電波を受信しやすいワンセグに対応したモデルであれば、屋外や車での移動中でも快適にテレビを楽しめます。

自宅での利用を想定している場合は、フルセグ対応モデルを選ぶことでより高画質な映像が視聴可能。

ほかにも、ワンセグ・フルセグの両方に対応したモデルや、電波状況に応じて繋がりやすい方に自動で切り替える機能が搭載されたモデルもラインナップされています。

ポータブルブルーレイプレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ポータブルブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-SX910

ソニー(SONY) ポータブルブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-SX910

180°回転可能な液晶画面を搭載したポータブルブルーレイプレーヤーです。美しい映像が楽しめる、800×480画素の9V型ワイドSVGA液晶を採用。折りたたみにも対応しているので、さまざまな姿勢で視聴できます。

また、専用のオーディオDSPを搭載し、4つのサウンドモードに対応。人の話し声を聞き取りやすくする「クリアボイス」や、映画館の音響システムを仮想的に再現する「ダイナミックサラウンド」など、再生する動画に合わせて好みの音響効果を選べます。

さらに、ブルーレイディスクとDVDだけでなく、USBメモリや外付けハードディスクに保存された動画も再生可能。最長約5時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵し、車内での利用に便利なカーバッテリーアダプターも付属します。

アグレクション(Agrexsione) 10インチ防水ポータブルブルーレイプレーヤー SU-10WB

アグレクション(Agrexsione) 10インチ防水ポータブルブルーレイプレーヤー SU-10WB

防水機能を搭載したポータブルブルーレイプレーヤー。強い水流にも耐えられるIPX6級相当の防水性能を有しているので、キッチンやお風呂などの水回りでも使用可能です。

4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大で約3時間の連続再生に対応。ほとんどの映画1本分が充電を気にせず視聴できるため、お風呂に入りながら映画を楽しみたい方におすすめです。

画面解像度は1024×600画素で、サイズは10型。本体重量は約1.43kgと軽量なので、持ち運びにも適しています。室内でも屋外でも、場所を選ばずにマルチに使えるモデルです。

ウィズ(Wis) 10インチ防水ポータブルブルーレイプレーヤー AS-BD10W

ウィズ(Wis) 10インチ防水ポータブルブルーレイプレーヤー AS-BD10W

IPX6級相当の防水性能を備えたポータブルブルーレイプレーヤーです。お風呂やキッチンなどの水回りでも安心して使用可能。高感度タッチパネル方式を採用しているため、水滴が画面についてもスムーズに操作できます。

画面サイズは10型で、解像度は1024×600画素の高画質な液晶を採用。ブルーレイ・CD・DVDのほか、USBメモリとSDカードにも対応しているので、メディア内の画像・音楽・動画データをスムーズに再生できます。

アグレクション(Agrexsione) 10.1インチフルセグ対応ブルーレイプレーヤー SU-10FPB

アグレクション(Agrexsione) 10.1インチフルセグ対応ブルーレイプレーヤー SU-10FPB

10.1型の液晶画面を搭載したフルセグ対応モデルです。115~365mmまで伸縮可能なロッドアンテナが付属します。底面はマグネットになっており、車の鉄部分に吸着可能。キャンプや車中泊の際に役立ちます。

さらに、SDカードスロットとUSBポートを搭載し、メディアに保存した動画の再生にも対応。地デジを録画したDVDも再生できます。3800mAhの大容量バッテリー搭載しているため、約3時間連続再生可能。外出先でもテレビや映画を見たい方におすすめです。

ダイニチ(DAINICHI) ポータブルブルーレイディスク DVDプレーヤー DB-PW1050

ダイニチ(DAINICHI) ポータブルブルーレイディスク DVDプレーヤー DB-PW1050

10.1型、1024×600画素の高画質な液晶を搭載したモデル。繊細で美しい映像を画面いっぱいに楽しめます。大容量のリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、ブルーレイディスクであれば4.5時間、DVDであれば5時間の連続再生に対応。

車載用のカーパックとシガーソケットアダプターが付属するため、長時間のドライブでも楽しい時間を過ごせます。

また、BDAV形式に対応しているので、フルセグを録画したブルーレイディスクも再生可能。さらに、HDMI出力端子とAV入出力端子を搭載しているため、ブルーレイディスクの映像を大画面のテレビやモニターで視聴したり、アナログ入力でモニターとして使用したりできます。

マックスウィン(Maxwin) 10.1インチポータブルブルーレイプレーヤー PDB1011

マックスウィン(Maxwin) 10.1インチポータブルブルーレイプレーヤー PDB1011

車のヘッドレストに装着できるモデルです。付属のヘッドレストカバーを使用することで簡単に車載できます。バッテリー駆動時間は約3時間ですが、専用のシガーソケットアダプターが付属するため、電源にも困りません。

ヘッドレストカバーから取り出せば、好きな場所へ持ち運んで使用可能。10.1型、1024×600画素の高画質な液晶を採用しており、さまざまな角度から映像を楽しめます。

USBメモリとSDカードにも対応するので、大きなブルーレイディスクを持ち運ぶ必要がありません。シーンに合わせて便利に使い分けられるため、車での使用を検討している方におすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD11AT-BK

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD11AT-BK

11.4型ワイド液晶を搭載したおすすめのモデルです。シガーソケットアダプターが付属するため、ドライブ中でもバッテリーを気にすることなく美しい映像を楽しめます。

また、ワンセグとフルセグの両方に対応しているのもポイント。家庭用アンテナはもちろん、付属のアンテナからも受信可能です。電波状況に合わせてワンセグとフルセグが自動で切り替わるので、外出先でもテレビを楽しみたい方におすすめ。録画したフルセグを再生するためのBDAV形式にも対応しています。

液晶画面は、180°に回転できるため、対面や斜めなど自由な角度で視聴できます。座ったり寝転んだりなどさまざまな姿勢で映像を楽しみたい方に適した、ポータブルブルーレイプレーヤーです。

アグレクション(Agrexsione) 14インチ ポータブルブルーレイプレーヤー SU-14PB

アグレクション(Agrexsione) 14インチ ポータブルブルーレイプレーヤー SU-14PB

14型のフルHD液晶画面を搭載したポータブルブルーレイプレーヤー。HDMI端子に対応しているため、大型テレビに接続して大画面に動画を出力したり、外部の映像を本製品で視聴したりといった使い方が可能です。

さらに、SDカードとUSBメモリにも対応し、動画だけでなく画像や音楽も再生可能。前回の停止位置から続きを再生できるレジューム再生機能を搭載しているため、隙間時間に少しずつ視聴したい場合におすすめです。

再生時間は約3時間。AC電源とDC電源の両方に対応しているため、万が一バッテリーが切れてしまっても安心して使い続けられます。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14A-BK

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14A-BK

14型の大画面を搭載したポータブルブルーレイプレーヤーです。背面に搭載したチルトスタンドによって角度調節が可能なため、姿勢に合わせて快適に視聴できます。広いスペースが取れない場所でも使いやすいのが魅力。

さらに、ボタンよりも直感的に操作しやすいタッチセンサーを採用。リモコンも付属するので、テレビのように離れた位置からでも遠隔操作が可能です。

SD・SDHCメモリカードとUSBメモリ端子を搭載し、メディアに保存した動画や静止画、音楽などを再生できます。さらに、BDAV・CPRMにも対応しているため、地デジを録画したブルーレイディスクやDVDも視聴可能。

大画面のテレビやモニターで動画を視聴できるHDMI出力端子と、ビデオカメラで撮影した動画をその場で確認できるHDMI入力端子も搭載しています。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14AT-BK

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14AT-BK

テレビ機能を搭載したポータブルブルーレイプレーヤー。高画質なフルHDの14型ワイド液晶を搭載しています。本製品の最大の特徴は、テレビを受信できること。ワンセグ・フルセグの両方に対応し、電波状況に合わせて最適な方に自動で切り替えられるため、安定した状態でテレビを視聴可能です。

また、AC・内蔵バッテリー・シガーソケットの3WAY電源に対応しているのも魅力。バッテリーが切れてしまっても車のシガーソケットに繋げばすぐに視聴を再開できるため、アウトドアにもおすすめです。

ポータブルブルーレイプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ポータブルブルーレイプレーヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。