時間や都合に縛られることなく、好きな番組を楽しめる「全録レコーダー」。複数のチャンネルをまとめて録画できるのが魅力です。また。近年では4Kに対応しているモデルや、スマートフォンとの連動機能が備わっている製品もラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの全録レコーダーをピックアップ。アイテムの選び方やおすすめのブランドについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

全録レコーダーとは?

By: toshiba.co.jp

全録レコーダーとは、複数のチャンネルを同時に数日分わたって録画できるレコーダーのこと。あらかじめ録画予約をする必要がなく、気になる番組やタレント名を登録しておくだけで、あとは自動的に録画を行えます。

近年では地デジの番組だけでなく、BSやCS放送に対応しているモデルも登場。なかには4K番組を録画できるモデルもあります。録りためた番組をキレイな映像で視聴できるのがポイントです。

録画の保存先には内蔵ハードディスクドライブのほかに、外付けハードディスクも選択できます。また、ブルーレイディスクやSDカードに保存すればレコーダーの外に持ち出せるので、家族間でシェアできるのも魅力です。

全録レコーダーの選び方

HDD容量と録画時間目安をチェック

By: toshiba.co.jp

ハードディスクドライブの容量によって、録画できる合計時間が異なります。仮にハードディスクの容量が1TBの場合、録画できる総時間は地上デジタル放送で約130時間です。容量がいっぱいになると、古い番組から上書きされます。

容量が少ないモデルを選ぶとすぐにデータがいっぱいになってしまい、まだ見ていない番組が消去されてしまう場合もあるので注意が必要。録画したい番組が多い方は、なるべく容量が大きなモデルを選ぶのがおすすめです。

同時に録画できる番組数をチェック

By: toshiba.co.jp

家族数人で暮らしている場合、家族間で見たい番組や録画したい番組が同じ時間帯に重なってしまうことは珍しくありません。同時に録画できる番組数が多い全録レコーダーがあれば、全員の希望が叶えられます。

あまりテレビを視聴しない方や、一人暮らしの方には2番組同時に録画できるモデルがおすすめ。見たい番組が多い方や家族で暮らしている方は3番組以上同時に録画できるモノを選びましょう。

なかには6番組同時に録画できるハイエンドモデルもありますが、同時に録画できる番組数が増えるほど価格も高くなる傾向にあるので、ニーズや生活習慣に合わせて選ぶことがポイントです。

チューナーの数と種類をチェック

By: panasonic.jp

BS4K/110度CS4Kチューナーが備わっている全録レコーダーであれば、地上デジタル放送はもちろんのことBSやCS放送も4Kで楽しむことが可能。番組をよりキレイな映像で視聴できます。

また、種類と合わせてチェックしておきたいのがチューナーの数です。チューナーを複数搭載しているモデルであれば、お目当ての番組を録画しながら別の番組が見られます。

入出力端子の種類と数をチェック

By: rakuten.co.jp

全録レコーダーを選ぶ際には、入出力端子の種類と数もチェックしておきましょう。端子の種類が多いほど幅広い周辺機器と接続でき、端子の数が多いほど多くの機器と接続可能です。

外部スピーカーと接続して録画した番組をよりよい音で楽しんだり、インターネットと接続して全録レコーダーでYouTubeを見たりと、周辺機器と接続することで全録レコーダーの使い方に幅を持たせられます。

スマホ連動対応の有無をチェック

近年ではスマートフォンとWi-Fiで接続できるモデルもラインナップされており、スマートフォンで録画した番組を視聴することも可能です。全録レコーダーを選ぶ際には、スマートフォンとの連動機能が備わっているかどうかもチェックしておきましょう。

また、モデルによってはスマートフォンから録画の予約ができるモノや、スマートフォンをリモコン代わりに使用できる製品もあります。スマートフォンと連動させることで利便性が向上するので、おすすめです。

全録レコーダーのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba.co.jp

東芝は、1875年の創業当初から製品の研究と開発に長けている大手電機メーカー。家電製品やノートパソコンなど、コンシューマー向けのアイテムを多くラインナップしています。

東芝の全録レコーダーの特徴は、複数のチャンネルが数日間にわたって録り溜められる「タイムシフトマシン」を搭載していること。時間や都合に縛られることなく、見たい番組が楽しめます。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックは、1917年に松下幸之助が立ち上げた電機メーカー。家電製品や照明器具、住宅設備など、幅広い製品展開を行っています。

パナソニックの全録レコーダーは、録画した番組だけでなく写真や動画も保存してシェアできる「おうちクラウドディーガ」や、スマートフォンで録画番組が視聴できる「どこでもディーガ」が搭載されていること。従来モデルとは一線を画した、新しい楽しみ方ができるのが魅力です。

全録レコーダーのおすすめモデル

東芝(TOSHIBA) REGZAタイムシフトマシン DBR-M4008

By: rakuten.co.jp

好きなタレント名やジャンルを設定しておくだけで、録画予約をしておかなくても自動で録画を行う全録レコーダーです。カテゴリーの設定は最大21個まで設定できます。容量は4TBあり、最大3番組まで同時に録画することが可能です。

サブメニューから「おまかせダビング」を選択するだけで、ディスクへ簡単に保存できるのが特徴。ダビングは「かんたんダビング」「詳細ダビング」「高速ダビング」の3種類から選択可能です。また、SDカードに保存すれば、スマートフォンに入れて持ち出すこともできます。

再生コースには「らく見」「らく早見」「飛ばし見」の3つが搭載されており、飛ばし見機能を使用すれば、約1時間の番組が約5分で視聴可能。スキマ時間に録画した番組の内容を把握できます。「録る」「残す」「見る」の3つの時短ができるよう工夫されているのも魅力です。

リモコンの「スタートメニュー」ボタンを押すと画面に大きな文字でメニューが表示されるほか、ボタンひとつで番組表へアクセスできるので、お年寄りの方でも簡単に使えるのもポイント。多機能で、利便性のよさも併せ持っているアイテムです。

東芝(TOSHIBA) REGZAタイムシフトマシン DBR-M3009

複数の番組が同時に予約できる「タイムシフトマシン」機能を搭載している全録レコーダー。ハードディスクの容量が3TBあり、最大で11日分、3278時間の番組が予約可能です。空きが少なくなると古い番組から自動的に削除されます。

REGZA独自の専用エンジン「R-2」を搭載しており、マルチタスクに対応しているのが特徴。録画した番組を再生しながらディスクへの書き込みができるなど、楽しみが奪われることなく作業を行えるのが魅力です。

専用のアプリをインストールすることで、録画した番組をスマートフォンで楽しむことが可能。そのほかにも番組を検索する、録画予約をするなどの操作もスマートフォンから行えます。幅広いスタイルで録画や視聴が楽しめるアイテムです。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-4X1000

最大8チャンネル×28日のハイビジョン放送が、録画予約不要でまとめて録画できる全録レコーダー。ドラマやアニメなら、最大で90日間自動消去されないように録り置きできます。チェックしているシリーズを見逃したり、録り逃がしたりする心配がなくなります。

録画した番組をジャンルやシリーズごとに整理する「新着番組」機能が備わっているのも魅力。興味や関心のある番組を表示するので、その都度探す必要がありません。また、東京オリンピック期間中は関連ニュースを流すので、見たい競技を見逃す心配がないのもポイントです。

専用のアプリをインストールすれば、録画した番組をスマートフォンで手軽に視聴することが可能。また、リアルタイムで放映されている番組も視聴できるので、見たい番組があるけど都合がつかない場合に便利です。

BS4K/110度CS4K放送対応のチューナーを搭載しているので、BSやCSの番組をキレイな映像で楽しめることにも注目。また、容量は10TBあり、新4K衛星放送番組が最大約4680時間録画できます。大容量で、機能性にも優れているアイテムです。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-4X600

録画予約をすることなく、最大4チャンネル×28日の番組が自動で録画される全録レコーダー。チェックし続けているドラマを録画し忘れることがありません。4Kの衛星放送にも対応しています。

容量がいっぱいになると古い番組から削除されていくので、容量不足で予約できない事態を未然に防げるのも魅力。お気に入りのドラマやアニメは最大で90日間、自動で消去されないように設定できます。

LINE公式アカウント「CLUB Panasonic」を友だちに追加することで、LINEから番組検索や録画予約ができるのが魅力。また、専用のアプリを使えば、録画した番組やレコーダー内にある写真を家族間でシェアできます。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-2X200

パナソニック独自の「リアルクロマプロセッサ」を搭載しており、ハイビジョン放送からブルーレイまで、高画質かつ臨場感のある映像を再現するのが特徴の全録レコーダー。スポーツなどの動きが大きな映像も鮮明に映し出します。

「ハイレゾリマスター再生」機能が備わっているので、映像同様に音も高品質なのが魅力。リモコンの「黄」ボタンを押すだけで、高域と低域の補完量を調節できるのもポイントです。また、音楽だけを楽しむこともできます。

あらかじめ予約することなく、最大で6チャンネル×16日分の番組が自動で録画可能。容量がいっぱいになると、古い番組から順番に自動で上書きされます。録画した番組の保存先を外付けのUSBハードディスクに指定することも可能です。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-UBX8060

最大10チャンネル×28日分を自動で録画し、じっくり視聴できるのが魅力。ハードディスクがいっぱいになると、古い番組を自動的に消去します。録画設定から見終わった番組の削除まで、一連の作業を短縮できる全録レコーダーです。

「ワンタッチ保存」機能を使用すれば、残しておきたい番組を消去されないようにダビング可能。内蔵のハードディスクドライブや外付けハードディスクドライブ、ブルーレイディスクなど保存先が選択できます。再生中の番組をダビングすることも可能です。

新番組や特番があると、出演者や内容を一覧で表示する機能を搭載。好きな俳優やタレントが出演する番組を見逃すことがありません。また、ワンタッチ予約ボタンを使用すれば、一覧からそのまま録画予約できます。

NetflixやDAZNなどのインターネットサービスを楽しめるのもポイント。アプリを追加するだけで、視聴できるコンテンツをどんどん増やせます。また、インターネット動画だけでなく、ラジオを聴くことも可能。機能性や利便性に優れ、さまざまな楽しみ方ができる全録レコーダーです。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-UBX4060

専用のスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」をインストールすれば、スマホをリモコンとして使える全録レコーダー。検索も再生も使い慣れた機種でスムーズに行えます。なお、アプリは無料で取得可能です。

「おうちクラウドディーガ」を使用すれば、写真や動画をシェアできるのもポイント。離れて暮らす家族にも送信できます。また、ペットカメラで撮影した映像も家族間で楽しめるのも魅力です。

ハードディスクの容量は4TB。最大6チャンネル×28日分が自動で録画できます。容量がいっぱいになると古い番組から自動的に削除されていきますが、ドラマやアニメは自動で消去されないよう、90日間録り置いておくことが可能です。

パナソニック(Panasonic) DIGA DMR-BRX2060

ハードディスクの容量がいっぱいになると古い番組から順に上書きする全録レコーダー。最大10チャンネル×28日分が録画できる2TBの容量を有しています。指定したチャンネルを自動で録画するので、その都度録画の予約をする必要がありません。

ドラマやアニメなどの記事が掲載された「番組ニュース」を搭載しており、記事から番組を検索することで簡単に録画することが可能。検索した番組はキーワードとして登録され、定期的に自動検索されるようになるので、番組を録り逃しにくいのが魅力です。

また、すでに持っている全録レコーダーとディーガをLANケーブルやルーターで接続することで、古いレコーダーに保存した番組をダビング可能。一度に99番組を移動できるため、買い替えの際に便利です。

外付けのUSBハードディスクドライブへ直接録画した番組データを保存できるのもポイント。内蔵されたハードディスクがいっぱいのときに便利です。全録レコーダーのなかでは手頃なモデルなので、初めて全録レコーダーを購入する方はぜひチェックしてみてください。