時間や都合に縛られることなく、好きな番組を楽しめる「全録レコーダー」。複数のチャンネルをまとめて録画できるのが魅力です。また、近年では4Kに対応しているモデルや、スマホとの連動機能が備わっている製品もラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの全録レコーダーをピックアップ。アイテムの選び方やおすすめのメーカーについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

全録レコーダーとは?

By: regza.com

全録レコーダーとは、複数のチャンネルを数日にわたって同時に録画できるレコーダーのこと。あらかじめ録画予約をする必要がなく、放送されている全番組を自動的に録画できます。

近年では地デジの番組だけでなく、BSやCS放送に対応しているモデルも登場。なかには、4K番組を録画できるモデルもあります。録りためた番組をキレイな映像で視聴できるのがポイントです。

録画の保存先には内蔵ハードディスクドライブのほかに、外付けハードディスクも選択できます。また、ブルーレイディスクやSDカードに保存すればレコーダーの外に持ち出せるので、家族間でシェアできるのも魅力です。

全録レコーダーの選び方

HDD容量と録画時間目安をチェック

By: regza.com

ハードディスクドライブの容量によって、録画できる合計時間が異なります。仮にハードディスクの容量が1TBの場合、録画できる総時間は地上デジタル放送で約130時間です。容量がいっぱいになると、古い番組から上書きされます。

容量が少ないモデルを選ぶとすぐにデータがいっぱいになってしまい、まだ見ていない番組が消去されてしまう場合があるので注意が必要。録画したい番組が多い方は、なるべく容量が大きな全録レコーダーを選ぶのがおすすめです。

同時に録画できる番組数をチェック

By: regza.com

家族数人で暮らしている場合、家族間で見たい番組や録画したい番組が同じ時間帯に重なってしまうことは珍しくありません。同時に録画できる番組数が多い全録レコーダーがあれば便利です。

あまりテレビを視聴しない方や一人暮らしの方には、2番組同時に録画できるモデルがおすすめ。見たい番組が多い方や家族で暮らしている方は3番組以上同時に録画できるモノを選びましょう。

なかには6番組同時に録画できるハイエンドモデルもありますが、同時に録画できる番組数が増えるほど価格も高くなる傾向にあるので、ニーズや生活習慣にあわせて選ぶことがポイントです。

録画に対応するディスクをチェック

録画した番組をディスクに保存したい方は、対応しているディスクもあらかじめ確認しておきましょう。全録レコーダーによって対応ディスクが異なるので注意が必要です。

画質を落とさずに長時間記録したい場合は、ブルーレイディスク対応の全録レコーダーがおすすめです。片面1層のDVDが約2時間録画できるのに対して、片面1層のブルーレイディスクは約10時間半の録画が可能。少ない枚数で長時間録画できるので、ディスクの枚数を減らしたい方にもぴったりです。

また、ブルーレイディスクには「録画用」と「データ用」の2種類あり、テレビ番組の録画は録画用が対応しています。1回のみ録画できる「BD-R」のほか、繰り返し録画できる「BD-RE」、読み取り専用の「BD-ROM」などがあるので、用途にあわせて選んでみてください。

チューナーの種類と数をチェック

By: rakuten.co.jp

BS4K/110度CS4Kチューナーが備わっている全録レコーダーであれば、地上デジタル放送はもちろん、BSやCS放送も4Kで楽しむことが可能。番組をよりキレイな映像で視聴できます。

また、種類とあわせてチェックしておきたいのがチューナーの数です。チューナーを複数搭載しているモデルであれば、より多くの番組を同時に録画できます。

入出力端子の種類と数をチェック

By: funai.jp

全録レコーダーを選ぶ際には、入出力端子の種類と数もチェックしておきましょう。端子の種類が多いほど幅広い周辺機器と接続でき、端子の数が多いほど多くの機器と接続可能です。

外部スピーカーと接続して録画した番組をよりよい音で楽しむなど、周辺機器と接続することで全録レコーダーの使い方に幅を持たせられます。

スマホ連動対応の有無をチェック

近年ではスマホとWi-Fiで接続できるモデルもラインナップされており、スマホで録画した番組を視聴することも可能です。全録レコーダーを選ぶ際には、スマホとの連動機能が備わっているかどうかもチェックしておきましょう。

また、モデルによってはスマホから録画の予約ができるモノや、スマホをリモコン代わりに使用できるモノもあります。スマホと連動させることで利便性が向上するのでおすすめです。

全録レコーダーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

「パナソニック」は、1917年に松下幸之助が立ち上げた電機メーカー。家電製品や照明器具、住宅設備など、幅広い製品展開を行っています。

パナソニックの全録レコーダーは、録画した番組だけでなく写真や動画も保存してシェアできる「おうちクラウドディーガ」や、スマホで録画番組が視聴できる「どこでもディーガ」が搭載されているのが特徴。従来モデルとは一線を画した、新しい楽しみ方ができるのが魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

「東芝」は、1875年の創業当初から製品の研究と開発に長けている大手電機メーカー。家電製品やノートパソコンなど、コンシューマー向けのアイテムを多くラインナップしています。

東芝の全録レコーダーの特徴は、複数のチャンネルが数日間にわたって録りだめられる「タイムシフトマシン」を搭載していること。時間や都合に縛られることなく、見たい番組が楽しめます。

全録レコーダーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 全自動DIGA ブルーレイディスクレコーダー DMR-2X302

見たい番組を自動で録画・消去できる全録レコーダー。最大6ch×24日間分の番組を自動録画でき、見たいタイミングで見られるのが魅力です。さらに、ドラマとアニメを約90日間録りだめておけるのもうれしいポイント。見たい番組を見逃したくない方におすすめです。

ネット動画のように使える操作性も魅力のひとつ。「おすすめ録画一覧」機能では気分にあわせて見たい番組を探せるので、今まで気づかなかった番組に出会えるきっかけになります。

さらに、「AIおすすめ」では好みにあった番組をおすすめするので、楽しみの幅が広がるのもメリットです。また、専用スマホアプリと連動させれば、外出中でもスマホで録画番組を見られます。

入出力端子はHDMI AV出力が1系統、USB端子が2系統。LAN端子/電話回線端子にも対応しています。地上デジタル放送のほか、BSやCS放送も視聴できるモデルです。

パナソニック(Panasonic) 全自動DIGA DMR-2X602

番組録画のほか、写真や動画・音楽も保存できる全録レコーダー。無料の専用スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を使用すれば、スマホで撮影した写真や動画を全録レコーダーに保存でき、大画面のテレビに映して楽しめます。

さらに、「おうちクラウド オンライン帰省」機能では、遠方の同機種にスマホから写真や動画を送ることも可能。離れていても子供や孫の成長などを共有できるのが魅力です。

加えて、デジタルカメラやビデオカメラを接続して写真や動画を取り込み、ディスクに書き出せるのもポイント。「かんたんディスク保存」機能を使えば、ブルーレイディスクに簡単に写真や動画を保存できます。

また、最大10ch×28日間分のハイビジョン放送を自動で録画・消去できるのも魅力です。HDD容量は6TBで、地上デジタル放送、BS・CS放送に対応。スマホと連動させて快適に使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 4Kチューナー内蔵 全自動DIGA DMR-4X602

HDD容量6TBの全録レコーダー。4K放送にも対応しており、番組をたっぷりと録画できるのが魅力です。ハイビジョン放送なら最大8ch×28日間、4K放送なら最大1ch×7日間録画可能。ドラマとアニメは約90日間録りおきできます。

過去に録画した番組から、見たい番組を好きなときに見られるのも魅力。ネット動画のようにテレビ番組を楽しめます。NetflixやAmazon Prime Videoなどインターネットサービスにも対応しており、動画配信サービスをよく使う方にもおすすめです。録画した番組は、場所を問わずスマホからも視聴可能。また、スマホからの録画予約もできるので、番組を見逃したくない方はぜひチェックしてみてください。

入出力端子は、HDMI AV出力が2系統、USB端子が3系統。そのほか、LAN端子/電話回線端子や無線LANにも対応しています。

パナソニック(Panasonic) 4Kチューナー内蔵 全自動DIGA DMR-4X1002

4Kチューナーを内蔵している全録レコーダー。4K放送のチャンネル録画に対応しているだけでなく、「4K 1.3倍録モード」や「4K 8~12倍録モード」など複数の録画モードに対応しており、美しい4K映像をたくさん録画できるのが特徴です。

HDD容量は10TBと大容量。ハイビジョン放送なら最大8ch×28日間、新4K衛星放送なら最大1ch×13日間録画できます。自動での録画・消去にも対応しているので、好きなタイミングで録画した番組を見たい方にもおすすめです。

また、「お部屋ジャンプリンク」機能も搭載。対応機器をつなげば、自宅内の部屋にあるテレビに録画番組を転送できるので、好きな部屋で番組を楽しめるのが魅力です。

パナソニック(Panasonic) 全自動DIGA ブルーレイディスクレコーダー DMR-2CX200

ブルーレイディスクに対応している全録レコーダー。録画した番組をブルーレイディスクにバックアップできるので、容量オーバーで番組が消えてしまうのを避けたい方におすすめです。

合計で7つのチューナーを備えており、HDD容量は2TB。最大6ch×16日間分を自動録画できるので、取り逃しの心配がないのが魅力です。さらに、録画番組を自動で整理できる機能も搭載。ジャンルやお気に入り、アーティスト別に整理できるので、見たいときに見たい番組を探しやすいのもうれしいポイントです。

専用スマホアプリを使えば、スマホからも簡単に操作可能。録画番組の視聴や録画予約はもちろん、オンエア中の番組もスマホで視聴できます。利便性に優れた全録レコーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) タイムシフトマシン ハードディスク D-M210

タイムシフトマシンハードディスクを搭載した全録レコーダー。最大6chの番組を自動録画できるので、過去番組表から好きなときに番組を探して見られます。

また、番組が終わりかけのタイミングでも、「始めにジャンプ」ボタンを押せば最初から楽しめるのも魅力。さらに、オンエア中の番組も数分戻して見られるので、見逃しを避けたい方におすすめの製品です。

加えて、都合にあわせて再生モードを選べるのも魅力のひとつ。通常再生・らく見・らく早見・飛ばし見の4種類があり、時短で番組を楽しみたい方にもおすすめです。

内蔵HDDの容量は2TB。地上デジタル放送、BS・CS放送に対応しています。入出力端子は、USBが2系統、HDMI出力が1系統、LANが1系統。無線LANやminiB-CASカードスロットにも対応しているので、幅広い機器で楽しめるのが魅力です。

東芝(TOSHIBA) レグザタイムシフトマシン DBR-M3010

効率的に録画・視聴したい方におすすめの全録レコーダー。時短での再生はもちろん、録画や番組検索も時短でできるので、効率重視の方にぴったりの製品です。

スマホ連動対応もしており、スマホでも時短視聴が可能。タイムシフトマシンで録画した番組もスマホですぐに持ち出せるので、都合にあわせていつでも視聴できるのが魅力です。また、おまかせ保存・おまかせダビングにも対応。録画する番組を探す手間が省けるので、効率的に録画できます。

内蔵HDDの容量は、3TBと4TBをラインナップ。たっぷりと番組を録画したい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) ハイブリッド自動録画4Kレグザ ブルーレイ DBR-4KZ400

4K放送から地デジまでを自動録画できる全録レコーダー。4K映像の美しさをそのまま録画でき、鮮明な映像を楽しめるのが魅力です。

見たいシーンにすぐにアクセスできる「シーン検索」も人気機能のひとつ。表示されるシーンリストから好きなシーンを選ぶだけで、簡単にアクセスできます。音楽番組で好きな歌手のシーンを楽しむのはもちろん、ニュース番組やスポーツ番組でも気になるシーンだけ確認できるのも魅力的です。

見逃しの心配が少ない「タイムシフトマシン」や、都合にあわせて再生スピードを選択できる「時短再生」にも対応。4K放送対応の高機能な全録レコーダーを探している方におすすめの製品です。

東芝(TOSHIBA) ハイブリッド自動録画4Kレグザ ブルーレイ DBR-4KZ600

HDD容量6TBの全録レコーダー。同社のレコーダーの特徴である「タイムシフト」に対応しており、好きなチャンネルを予約なしで自動録画できるほか、古い録画番組から自動で削除していくのが魅力です。

タイムシフトの対応は最大6ch。チューナーの数はBS4K/110度CS4Kチューナーが2基、BS/110度CSデジタルチューナーが5基、地上デジタル放送チューナーが8基で、4K放送の番組録画は通常録画専用に割り当てられています。

なお、映像処理エンジンはレコーダー専用の「レグザレコーダーエンジンRR1」を搭載しており、高画質に録画できるのもポイント。数多くの番組をきれいに録画できるおすすめの1台です。

フナイ(FUNAI) まるごと録画ハードディスク FHR-HM2040

1週間分の番組を録画予約なしで自動録画できる全録レコーダー。最大6chの番組をまるごと録画するので、見逃しや録り逃しの心配がないのが魅力です。過去の番組をさかのぼって見られるため、好きなタイミングで番組を楽しめます。

内蔵HDDの容量は2TB。高画質なら約109時間、低画質なら約218時間の録画に対応しており、たっぷりと番組を録画したい方におすすめです。

また、簡単に操作できるのもうれしいポイント。「かんたん接続」「かんたん設定」「かんたん操作」機能が備わっているので、全録レコーダーを初めて使う方でも安心して使いやすいのが特徴です。

そのほか、コンパクトサイズで省スペース収納ができるのも魅力的です。幅285×高さ59×奥行き215mmと、A4サイズとほとんど同じサイズ感。置き場所が限られている場合にもおすすめの製品です。

全録レコーダーの売れ筋ランキングをチェック

全録レコーダーのランキングをチェックしたい方はこちら。