自宅のリビングに1台あると嬉しい「ブルーレイレコーダー」。DVDよりも高画質な映像で、テレビ番組の録画や映画鑑賞を楽しめます。ただし、ブルーレイレコーダーには高価なモデルも多いので、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、価格の相場や選び方を踏まえたうえで、安いブルーレイレコーダーのおすすめモデルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

安いブルーレイレコーダーっていくらくらい?

ブルーレイレコーダーは数万円から十数万円までさまざまな価格帯のモデルが発売されています。価格の差を決めるのは、HDD容量・機能・画質の主に3つ。特にHDD容量が価格に大きく影響するため、HDD容量が少ないほど安く入手できます。

価格の安いブルーレイレコーダーの相場は3~6万円台。機能を必要最小限に省きつつ、HDD容量を500GBや1TBなど比較的少なめに抑えることで低価格を実現しています。

なかでも、ブルーレイレコーダーの導入コストを最小限に抑えたい場合は、3〜4万円台の低価格モデルを選ぶのがおすすめです。一方で、1TBの十分なHDD容量や4K対応の高機能製品を安く入手したい場合は、5~6万円台のモデルを選んでみてください。

安いブルーレイレコーダーの選び方

録画時間はHDD容量をチェック

By: amazon.co.jp

ブルーレイレコーダー選びで重要なのが、本体に内蔵されたHDD容量です。HDD容量が大きくなるほど多くのデータを保存できるので、バラエティ・映画・スポーツなどのテレビ番組も大量に録画できます。

一方で、HDD容量が少ないと録画できる総時間が減ってしまうため注意しましょう。500GBの小容量モデルでは、日常的に録画番組を溜め込んでいると残量がすぐなくなってしまうため、録画ファイルをこまめに整理する必要があります。

ブルーレイレコーダーのHDD容量は目安として1TBで約120~130時間の録画が可能。録画の頻度にもよりますが、ブルーレイレコーダー単体でも十分な録画時間を確保したいのであれば、できるだけ1TB以上のモデルを選ぶのがおすすめです。

同時録画に対応しているか

同時録画機能を使用したい場合は、ブルーレイレコーダーが内蔵しているチューナーの数も重要です。チューナーとは、デジタル放送を受信するための装置で、本数が増えるほど同時に受信できるチャンネルの数も増えます。

例えば、チューナーが2基搭載されていると2チャンネル分のテレビ番組を同時に受信可能。つまり、テレビを視聴しながら裏番組1本を録画したり、外出中に裏番組2本を録画したりできます。

多くの裏番組を同時録画したい方向けに、3〜6基のチューナーを内蔵するモデルが発売されているのもポイント。ただし、チューナーの数が増えるほど価格も高くなるので、コスパを優先するならば2基のチューナーを搭載するモデルがおすすめです。

無線LAN機能をチェック

By: amazon.co.jp

リビング以外でもブルーレイレコーダーを上手く活用したい場合は、無線LANが搭載されているモデルを選ぶのがおすすめ。ブルーレイレコーダーを自宅のWi-Fi環境と接続すれば、リモート操作でさまざまな便利機能が使用できます。

例えば、外出先からテレビ番組の録画予約が可能です。自宅を出た後にテレビ番組を録画予約し忘れたことに気付いた場合でも慌てる必要がありません。スマホの専用アプリを使えば、どこからでも録画予約できます。

ブルーレイレコーダーと接続中のテレビ以外からでも、録画番組を視聴できるのも魅力。スマホやタブレット、別室に対応テレビがあれば、録画番組のストリーミングが可能です。好きなときに別の端末でテレビ視聴を楽しめます。

その他の機能にも注目

ブルーレイレコーダーはモデルによってさまざまな機能が搭載されています。4Kチューナーが内蔵されていれば、フルHDより解像度が高い4K衛星放送を受信可能。さらに、アップコンバート機能を活用することで、フルHD映像も4Kに近づけた高画質で視聴できます。

独自の録画機能を搭載しているモデルが発売されているのもポイント。最長1ヶ月先まで先行予約ができる機能や、連続ドラマをおまかせ自動録画できる機能もあります。

忙しくてテレビを見る時間の確保が難しい方には、時短再生機能もおすすめです。録画番組をチャプターに分けて1.3倍速で再生したり、15秒ごとにスキップ再生したりできるので、隙間時間でもお気に入りの番組を十分楽しめます。

安いブルーレイレコーダーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ブルーレイレコーダー BDZ-ZW1700

充実した録画機能が使える安いブルーレイレコーダーです。ソニーのエントリーモデルで、比較的安く入手できるのが特徴。チューナーを地デジ用とBS・CS用に2基ずつ備え、HDD容量も1TBあるので、コスパ重視の方におすすめです。

また、最長1ヶ月先まで先行予約が可能な「新作ドラマ・アニメガイド」機能を搭載しているのもポイント。各シーズンの新番組を早い段階から録画予約できるため、録画し忘れを防げます。

スマホとのWi-Fi連携機能を備えているのも魅力。専用アプリから放送中の番組や録画した番組を見たり、外出先から録画予約したり、モバイルとの連携が可能です。

ソニー(SONY) 4Kチューナー内蔵Ultra HD ブルーレイレコーダー BDZ-FBW1000

4K録画が楽しめるリーズナブルなブルーレイレコーダーです。BS4K・CS4K対応の4Kチューナーを2基搭載するモデルとしては比較的安く入手可能。4K放送を視聴しながら4K裏番組を同時に録画したい方にもおすすめです。

高圧縮技術H.265/HEVCを活用した「4K放送長時間録画モード」を備えているのもポイント。解像度は4K画質を保ちつつ、データ量を圧縮することで、4K番組でも長時間の録画を可能にしています。そのほか、新作の連続ドラマ・アニメを最長1ヶ月先まで先行予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」や、スマホ連携などの機能が4K放送で使えるのも魅力です。

さらに、4Kブラビアとの組み合わせで最適な画質に自動調節する「4Kブラビアモード」を搭載しているのも特徴。HDD容量は1TBを備えています。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー レギュラーディーガ DMR-2W51

低価格で入手できる人気エントリーモデルのブルーレイレコーダーです。HDD容量は500GBと比較的少なめですが、チューナーを2基内蔵しているので同時録画や裏番組録画が可能。価格も安いため、できるだけ導入コストを抑えたい方におすすめです。

スマホとのWi-Fi連携機能が充実しているのもポイント。専用のアプリをダウンロードすれば、録画した番組をスマホでも視聴可能です。また、離れて暮らす家族がスマホで撮影した写真や動画、音楽をブルーレイレコーダーに保存でき、テレビの大画面で楽しめます。

さらに、番組表のスクロール速度が従来の2倍の「快速番組表」を搭載。目当ての番組をすぐに見つけやすいため、機械が苦手な方でも使いやすいのが魅力です。パナソニックのビエラはもちろん、他社製のテレビでもリモコン1台で操作できます。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー おうちクラウドディーガ 4Kチューナー内蔵モデル DMR-4CW101

優れたコスパで人気のブルーレイレコーダーです。4Kチューナーを2基内蔵しており、比較的リーズナブルな価格で新4K衛星放送の2番組同時録画が可能。同じ時間帯に気になる4K番組が複数ある場合におすすめです。

専用アプリ「どこでもディーガ」を使えば、スマホで気になる番組の録画予約や遠隔視聴が楽しめるのも魅力。HDD容量は1TBで、「おうちクラウド」機能によって録画番組以外にもスマホで撮影した写真や動画などを保存・管理できます。

YouTubeやNetflixなど、ネット動画の4K HDRコンテンツに対応しているのもポイント。ネットサービス非対応のテレビでも、高精細で臨場感のある動画コンテンツが楽しめます。

パナソニック(Panasonic) ブルーレイレコーダー 全自動ディーガ DMR-2CX200

自動録画機能を備えたコスパの高いブルーレイレコーダーです。チューナーを7基備え、最大6チャンネル・16日間分の番組を丸ごと録画できる「全自動ディーガ」機能を搭載。面倒な録画予約や番組消去は不要なため、手軽に録画機能を使用したい方にもおすすめです。

リーズナブルな価格ながらHDD容量が2TBと大容量なのもポイント。また、ブルーレイレコーダーを自宅専用のクラウドサーバーとして使える「おうちクラウド」機能にも対応します。内蔵HDDには録画番組はもちろん、写真・動画・音楽などもたっぷり溜められ、保存したデータはスマホを使って外出先からも閲覧が楽しめます。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイレコーダー 時短レグザブルーレイ DBR-W509

低価格ながら便利な時短機能を備えたブルーレイレコーダーです。自動スキップ再生の「らく見」や1.3倍速再生の「らく早見」など、3種類の時短再生機能が使えます。家事の合間や就寝前などの空き時間に効率よく録画番組の視聴を楽しみたい方におすすめです。

「らく見」で再生した部分を自動でブルーレイディスクに保存できる「おまかせダビング」機能を備えているのもポイント。面倒な編集作業は不要で、お気に入り番組のハイライトシーンを手軽に残せます。

HDD容量は500GBと比較的少なめですが、外付けHDDを接続すれば容量の増設が可能なので安心です。チューナー2基を搭載し、2番組同時録画にも対応しています。

東芝(TOSHIBA) ブルーレイレコーダー 時短レグザブルーレイ DBR-T1009

時短機能と優れたコスパで人気のあるブルーレイレコーダーです。地デジ・BS・CS用に3基のチューナーを備え、3番組同時録画に対応するのが特徴。同じ時間帯に録画したい番組が複数重なりやすい方におすすめです。

リモコンの時短ボタン1つで使える3種類の時短再生機能を搭載しているのもポイント。「らく見」や「らく早見」に加えて、15秒再生するごとにスキップする「飛ばし見」も使用できるため、育児や家事などで忙しい方でも時間を短縮してテレビ視聴を楽しめます。

専用アプリを使えば、スマホから番組の録画予約や録画番組の時短再生が可能なのも魅力。また、HDD容量は1TBで、外付けHDDによる増設にも対応しています。

シャープ(SHARP) ブルーレイレコーダー AQUOS ブルーレイ 2B-C05DW1

見たい録画番組を簡単に見つけられる安いブルーレイレコーダーです。2基のチューナーを搭載し、2番組同時録画に対応しているのが特徴。HDD容量は500GBと比較的少なめですが、導入コストをなるべく抑えたい方におすすめです。

録画番組の試し見機能が充実しているのもポイント。録画番組を18画面で一覧表示したり、番組内容を10分割して5秒ごとにスキップ再生したりすることで、録画番組のなかから気になる番組を手軽に見つけ出せます。

さらに、予約いらずで4週間分の新作連続ドラマを自動録画できる機能が備わっているのも魅力です。

シャープ(SHARP) ブルーレイレコーダー AQUOS 4Kレコーダー 2B-C10DT1

3つの番組を同時録画できるコスパ良好のブルーレイレコーダーです。地デジ・BS・CS用に各3基のチューナーを内蔵しています。よく見たい番組が同じ時間帯に重なってしまう方におすすめです。

また、録画番組の18画面一覧表示や、5秒ごとの分割スキップ再生などを搭載。番組を切り替えたり早送りしたりしなくても簡単に見たい番組を探せます。

「ホコリシールドBDドライブ」によって長寿命設計が採用されているのも特徴。さらに、HDDやブルーレイドライブの健康診断機能も備えているため、大事なデータを突然のクラッシュから保護できます。

シャープ(SHARP) ブルーレイレコーダー AQUOS 4Kレコーダー 4B-C10DW3

4K放送にも対応できる比較的リーズナブルなブルーレイレコーダーです。4K対応チューナーを2基内蔵し、4K衛星放送を含む2番組同時録画に対応しています。よく同じ時間帯に見たい番組が重なってしまう方でも、快適に4K放送を楽しむことが可能です。

独自のアップコンバート技術「5upコンバーターPRO」を搭載しているのもポイント。地デジ放送などの非4K対応コンテンツも、4K放送級の美しさに近づけられるため、より高画質なテレビ視聴を楽しめます。

HDD容量は1TBですが、高画質圧縮技術「HEVC」によって4K放送を長時間録画やダビングできるのも魅力。見たい番組を探しやすくする機能や新作連続ドラマの自動録画機能も備えています。

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブルーレイレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。