好きな番組を好きなだけ録って好きな時に見る、これを可能にしてくれるのがブルーレイレコーダーです。外付けHDDでは対応しきれない、複数番組同時録画や携帯端末と連携して、外出先でも録画した番組などが試聴出来る、こんな高機能がブルーレイレコーダーのスタンダードになってきています。生活をとても便利に、スマートにしてくれる、おすすめの1TB容量のブルーレイレコーダーをご紹介します。

1. Sony BDZ-EW1200

Sonyで1番売れ筋の人気2番組同時録画タイプ。無線LAN内蔵。学習機能付きのおまかせまる録で賢く録画出来ます。スマホやタブレットを通して、外から録画や放送中の番組が試聴可能。簡単操作にも優れ、操作感も抜群です。

Sony BDZ-EW1200の詳細はこちら

2.Panasonic DMR-BRW1000

満足度が非常に高いPanasonicの2番組同時録画タイプ。操作の簡単さが売りで、お年寄りにも優しく作られています。映像アップコンバート機能搭載で、レコーダーを介した映像は高画質化されるので、キレイな画質を楽しめます。

Panasonic DMR-BRW1000の詳細はこちら

3.SHARP BD-W1600

台数シェアが高いシャープの2番組同時録画タイプ。録画した番組のシーンが簡単に、すぐに、見つかることが売りです。テレビがSHARPであれば、4K純モード、クアトロン純モード搭載なので、最適画質を映し出してくれます。

SHARP BD-W1600の詳細はこちら

4.東芝 DBR-Z520

レグザファンに根強い人気の東芝の2番組同時録画タイプ。SeeQVault対応で、本機以外でも外付けHDDで撮った番組を見ることが出来ます。録画番組の引っ越し機能搭載で、録った後のサポートが強いです。おまかせプレイなど、自動で楽しめる機能が多々。

東芝 DBR-Z520の詳細はこちら

5.Sony BDZ-ET1200

Sonyの人気3番組同時録画タイプ。Creas 5搭載で、様々な映像の画質を最適化してくるので、キレイな画質で試聴可能です。見やすい番組表やスムーズに働く外からどこでも試聴で満足度が高いです。

Sony BDZ-ET1200の詳細はこちら

6.Panasonic DMR-BRZ1000

3番組同時録画タイプで1番人気のPanasonicのレコーダー。4K映像を保存・再生出来るなど、従来より進化しています。簡単操作、画質アップコンバートエンジン搭載、携帯端末連携など、様々な機能を備える売れ筋モデルです。

Panasonic DMR-BRZ1000の詳細はこちら

7.東芝 DBR-T550

東芝オリジナル機能に対応した3番組同時録画タイプ。東芝独自のタイムシフトマシンで最大3チャンネル15日間のまるごと録画が可能で、録りためた番組は、ざんまいプレイ、で簡単に検索出来ます。レグザとの連携に強いです。

東芝 DBR-T550の詳細はこちら