革靴を愛用しているのなら、持っておきたい「靴ブラシ」。汚れを落としたりクリームを馴染ませたり、さらにツヤを出したりと、シューケアのマストアイテムです。

しかし、毛の種類や形などにさまざまな種類があり、どんな靴ブラシを選べばよいのか悩んでしまうことも。そこで今回は、おすすめの靴ブラシを種類別にピックアップ。用途に合わせた選び方も詳しくご紹介します。

靴ブラシの選び方

用途に合わせて素材を選ぼう

靴全体の汚れ落としに「馬毛ブラシ」

By: rakuten.co.jp

馬毛の靴ブラシは、靴全体のホコリや軽い汚れを落とすのに最適なアイテムです。クリームを塗る前や一日履いた後の靴をブラッシングする際に大活躍。

毛が細くてやわらかいため、革靴をキズつけずに、表面の汚れをキレイに落とせます。適度に弾力もあるので、縫い目などに詰まった細かい汚れを掃き出しやすいのも魅力。

なお、革靴に付着したホコリやチリをそのままにしてしまうと、革の水分や油分が奪われ乾燥の原因に。靴を美しく長持ちさせるために、帰宅後には馬毛ブラシで軽くブラッシングしておきましょう。

クリームを馴染ませる「豚毛ブラシ」

By: rakuten.co.jp

豚毛の靴ブラシは、靴にクリームを馴染ませるのに最適なアイテムです。馬毛のモノと比較すると、毛が硬めでコシがあるのが特徴。靴にクリームがムラなく浸透し、キレイに仕上がります。

豚ブラシには白系と黒系の2種類があります。色つきクリームを使用する場合には、何色を使っているのか判断できるよう白系のブラシがおすすめ。クリームの色ごとに使い分けできるよう、豚毛ブラシは複数本用意しておくと安心です。

表面のツヤ出しに「山羊毛ブラシ」

By: amazon.co.jp

山羊毛の靴ブラシは、靴の表面をより美しく整えるのに最適なアイテムです。馬毛や豚毛のモノに比べて、毛が格段に細くやわらかいのが特徴。お手入れの仕上げに使用すると、しっとりとしたツヤを出せます。

なお、山羊の毛はメイクブラシにも使われるほど繊細。一般的な機械植えのブラシだと、使うたびに毛が抜けてしまう場合も。耐久性の高さを重視する場合には、手植えされた山羊毛ブラシをセレクトしてみてください。

使い勝手のよい「化繊ブラシ」

By: amazon.co.jp

化繊ブラシは、主にナイロンで作られた使い勝手のよいアイテムです。馬毛と豚毛の中間くらいの硬さで、馬毛のように靴のホコリを落としたり、豚毛のようにクリームを伸ばしたりとオールマイティーに使えるのが特徴。

毛の太さやコシが安定しており扱いやすく、天然毛に比べて抜け毛が少ないのもメリットです。

ブラシのサイズで選ぶ

全体のホコリや汚れを落とすなら大きめサイズ

By: amazon.co.jp

靴全体のホコリや汚れ落としには、大きなサイズの靴ブラシがおすすめ。使いやすくなめらかにブラッシングできるうえ、作業効率もアップします。とくに、初めて靴ブラシを購入する場合には、大きめのスタンダードなタイプをセレクトしましょう。

クリーム塗布や細かい部分の手入れには小さめサイズ

By: columbus.co.jp

クリームの塗布用には、ペネトレイトブラシなど小さなサイズの靴ブラシがおすすめです。手が汚れにくいうえ、適量のクリームを薄く均一に塗れるのがメリット。

また、小さなサイズのモノは小回りが利くので、メダリオンと呼ばれる小さな穴の装飾やコバなど細かい部分までしっかりとお手入れできるのもポイントです。

手植えのブラシなら耐久性アップ

By: rakuten.co.jp

一般的に市販されている機械植えの靴ブラシは、手頃な価格のモノが多い反面、抜け毛の多さがデメリット。耐久性を重視する場合には、職人が毛を束ねて作っている手植えのブラシがおすすめです。

手植えブラシはひとつひとつの穴にぎっしりと毛が詰まっているうえ、全ての穴が引き線でつながった頑丈な構造をしているのが特徴。手間ひまがかかっている分価格は高めですが、毛が抜けにくく、長く愛用できるメリットがあります。

握りやすさをチェック

By: amazon.co.jp

丁寧にお手入れするためには、長時間使用しても疲れにくい靴ブラシが必須。持ち手部分の握りやすさも忘れずに確認しましょう。とくに、サイドにくぼみがあるかどうかは要チェック。くぼみがあると、指のフィット感が増し、疲れにくくなります。

また、持ち手の厚みが薄いタイプなら、あまり力をかけずに握れるのがポイントです。

靴ブラシのおすすめ|馬毛

コロンブス(COLUMBUS) コロンブスブラシ馬毛 ホコリ落とし 7092

コロンブス(COLUMBUS) コロンブスブラシ馬毛 ホコリ落とし 7092

1919年に創業した日本を代表する老舗のシューケアブランド「コロンブス」。本製品は、毛足のやわらかい日本製馬毛ブラシ。2.8cmの細く長い毛がよくしなり、細部のホコリまでしっかりと払い落とせます。

持ち手部分には、高級家具や楽器の材料としても用いられる、山桜の間伐材を使用。気品を感じる落ち着いた色合いとなめらかな手触りが魅力です。約17×5cmと大きめサイズで広範囲のホコリを効率的に払え、くぼみがあるため持ちやすいのもうれしいポイント。

革靴はもちろん、スニーカーやアウトドアシューズなど靴全般のデイリーケアにおすすめです。

コロンブス(COLUMBUS) ブートブラックコレクションズ 江戸屋ブラシ 馬毛

ブートブラック(BootBlack) Horse hair クリーニングブラシ 馬毛

コロンブスが展開している高級シューケアシリーズ「ブートブラック」と江戸時代から続く江戸刷毛の専門店「江戸屋」がコラボして誕生した靴ブラシ。靴表面のホコリや汚れを払い落とすのに最適な、天然馬毛を100%使用した製品です。

毛足が短くコシの強い作りで、少ない力でブラッシングできるのが特徴。また、サイズが20×6cmと大きいため、広範囲をお手入れできます。長く使える、上質な馬毛ブラシを探している方におすすめです。

コロンブス(COLUMBUS) ジャーマンブラシ7 馬毛

コロンブス(COLUMBUS) ジャーマンブラシ7 馬毛

馬毛を100%使用した、ドイツ製のペネトレイトブラシ。やわらかい毛質が特徴で、指では届かないコバの隙間やメダリオンなどの細かい部分にもムラなくクリームを塗り伸ばせます。

木製の持ち手は、高級感のあるデザインが魅力。くぼみがあるため持ちやすく、底面が平らなので立てて保管もできます。また、リーズナブルなのもうれしいポイント。きめ細やかに作業できるペネトレイトブラシを探している方におすすめです。

コロニル(Collonil) 馬毛ブラシ CN044042

コロニル(Collonil) 馬毛ブラシ CN044042

1909年にドイツで誕生した「コロニル」。「皮革に優しい・人体に優しい・環境に優しい」をコンセプトに、高機能で高品質なアイテムを豊富に展開している老舗のレザーケアブランドです。

本製品は、上質な馬毛を贅沢に使用した靴ブラシ。弾力性のある毛質で、ホコリ落としから仕上げ磨きまで幅広く活用できます。革靴のほか、革製のバッグや小物、服などのお手入れにもおすすめ。

本体サイズは17×5.4cmと大きめで、持ちやすいのがポイント。持ち手のサイドにくぼみがあるので、握り心地がよいのもおすすめです。

東急ハンズ(TOKYU HANDS) 東急ハンズ×コロンブス クリーニングブラシ 馬毛 4971671183742

東急ハンズ×コロンブス 東急ハンズオリジナル クリーニングブラシ 馬毛 4971671183742

日本発のシューケアブランドコロンブスと東急ハンズがコラボして誕生した馬毛ブラシ。ひょうたん型の持ち手で、どこを持っても握りやすく設計されているのがポイントです。

また、18×6cmと大きめサイズで持ちやすく、指にしっかりとフィットするようサイドにくぼみがあるのも魅力。やわらかく長い馬毛が撫でるようにホコリを払い落とすため、大切な靴をお手入れするときにおすすめです。

ジュエル(JEWEL) ホースヘアブラシ

ジュエル(JEWEL) ホースヘアブラシ

毛先の部分を使用した、馬毛ブラシ。毛足が長くやわらかな使い心地で、革靴はもちろん、スエード素材のムートンブーツなどをお手入れする際にも重宝します。ホコリ落としから全体の磨きまで幅広く使えるのが特徴。

毛先があえて不ぞろいにカットされているため、ツヤが出やすいのもうれしいポイントです。持ち手は、サイドにくぼみのある、滑りにくく持ちやすい構造。14×4.5cmとコンパクトサイズなので、手の小さな女性にもおすすめです。

サフィール(SAPHIR) グランドホースヘアブラシ 18cm

サフィール(SAPHIR) グランドホースヘアブラシ 18cm

1920年にフランスで誕生した、天然原料にこだわりのあるシューケアブランド「サフィール」。本製品は、ホコリ落としに最適な天然馬毛100%の靴ブラシです。

毛量が多く、毛足が2.7cmと長いのが特徴。縫い目やコバなど、細かい隙間に入り込んだホコリやゴミもしっかりと掃き出せます。また、大きめサイズなので効率よくブラッシングできるうえに、持ち手サイドにくぼみがあるので手馴染みがよいのもポイント。

デイリーケアに重宝する、使いやすい馬毛ブラシを探している方におすすめです。

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) プロ・ホースブラシ

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) プロ・ホースブラシ

靴のデイリーケアに最適な、天然の馬毛を使用した靴ブラシ。細くやわらかい毛先で、表面のホコリや汚れをキレイに払い落とせるのが特徴。コートバン専用クリームを塗った後の、ツヤ出しブラシとしても活用できます。

18×5cmと持ちやすい大きめサイズで、効率的に作業できるのもうれしいポイント。お手頃価格なので、馬毛ブラシを初めて使う方におすすめの製品です。

紗乃織刷毛(SANOHATA BRUSH) SANOHATAブラシ たてがみ

紗乃織刷毛(SANOHATA BRUSH) SANOHATAブラシ たてがみ

馬のたてがみを使用した上質な靴ブラシ。木材加工から植毛まで一貫生産体制により丹念に作られた製品で、尾尻を使用したブラシより細くしなやかな毛質が特徴。ホコリ落としのほか、鏡面仕上げやデリケートな皮革のお手入れにも使用できる優れモノです。

ブラッシングしやすいよう毛並を直線に揃えつつ、革に最も接する中央部分のみ0.1~0.2cmカットされているのがポイント。使用感と作業効率を高めるためのこだわりが細部にまで詰められた、職人技の光るアイテムです。

また、木目の美しいブナ材をオイルステインという技法で仕上げた、高級感漂う持ち手も魅力。手に程よくおさまる小判型で持ちやすいおすすめアイテムです。

靴ブラシのおすすめ|豚毛

コロンブス(COLUMBUS) コロンブスブラシ豚毛

コロンブス(COLUMBUS) コロンブスブラシ豚毛

約2.3cmと短くコシのある日本製豚毛ブラシ。クリームを薄く均一に伸ばしたり、ツヤを出したりする際に重宝します。

持ち手には、高級家具にも使われる山桜を採用。一般的なブナ材よりも木目の濃淡がはっきりしているのが特徴で、長く使うほど渋く深みのある色合いに変化していきます。

17×5cmと手に馴染みやすく程よいサイズ感も魅力。こだわりの詰まった、上質な靴ブラシを探している方におすすめです。

コロンブス(COLUMBUS) ブートブラックコレクションズ ポリッシングブラシ 豚毛

ブートブラック(BootBlack) ポリッシングブラシ 豚毛

1718年創業の江戸屋とブートブラックがコラボして生まれた、高級豚毛ブラシ。S字形にカーブしたユニークな形状の持ち手が特徴で、持ちやすくブラッシングしやすい製品です。

しっかりとコシのある毛は、クリームを馴染ませたりツヤを出したりするのに最適。12×5cmと小回りの利くコンパクトサイズのため、コバや縫い目などの細かい部分も効果的にブラッシングできます。

毛のカラーは、ブラックとホワイトの2色展開。長く愛用できる、上質な靴ブラシを探している方はぜひチェックしてみてください。

紗乃織刷毛(SANOHATA BRUSH) 豚毛 日本製最高級靴ブラシ 天然豚毛使用

紗乃織刷毛(SANOHATA BRUSH) 豚毛 日本製最高級靴ブラシ 天然豚毛使用

目利きのある職人によって厳選された、天然豚毛使用の日本製靴ブラシ。弾力性と耐久性のある毛質で、クリームを馴染ませたりツヤを出したりするのに適した製品です。

ブラシの毛先全体が靴にあたるよう、毛並が直線に揃えられているのが特徴。一度で広範囲をブラッシングできるので、作業効率のアップが期待できます。革に最も接する中央部分のみ0.1~0.2cmカットし、使いやすさを向上させているのもこだわりポイント。

木目の美しいブナ材をオイルステインで仕上げた、クラシック感漂う持ち手も魅力です。毛のカラーは、ホワイトとブラックの2種類あるので、使用するクリームに合わせてセレクトしてみてください。

サフィール(SAPHIR) アプライブラシ

サフィール(SAPHIR) アプライブラシ

豚毛を100%使用した、クリーム塗布用のペネトレイトブラシ。適度にコシがあるため、指やクロスでは届かないアッパーとコバの間やメダリオンなど、細かい部分にもしっかりとクリームを塗り伸ばせるのが特徴です。

持ち手は、木目が美しいブナ材を使用。くぼみの施された持ちやすい形状も魅力です。毛のカラーはホワイトとブラックの2種類あるので、クリームの色ごとに使い分けできる靴ブラシを探している方はぜひチェックしてみてください。

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) ワークブラシ

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) ワークブラシ

お手頃価格が魅力的な靴ブラシ。コシのある豚毛を使用しているのが特徴で、クリームを塗った後のブラッシングに最適な製品です。15.7×4.5cmと程よいコンパクトサイズで、使いやすいのがポイント。

毛のカラーは、ブラックとホワイトの2色展開。両方揃えて、使用するクリームの色によって使い分けるのもおすすめです。気軽に使える、コストパフォーマンスのよい豚毛ブラシを探している方はぜひチェックしてみてください。

リーガル(REGAL) リーガルシューブラシ 豚毛100% TY06

リーガル(REGAL) リーガルシューブラシ 豚毛100% TY06

手に馴染む独特の持ち手を採用した豚毛を100%使用した靴ブラシ。程よく角度がついているため持ちやすく、サイドのくぼみによってフィット感もアップ。使いやすい製品です。

また、毛足が短く弾力があるため、クリームを薄く均一に塗り伸ばせるのもおすすめのポイント。12.5×3.7cmとコンパクトサイズなので、力の加減がしやすく、きめ細やかにブラッシングできます。

ダスコ(DASCO) ブリストルブラシ ラージ

ダスコ(DASCO) ブリストルブラシ ラージ

ロンドン生まれのシューケアブランド「ダスコ」。本製品は、上質な豚毛を100%使用した靴ブラシです。しっかりとしたコシのある毛質なので、クリームを馴染ませるのに適しているほか、泥はね汚れを落としたり細部のホコリを掃き出したりする際にも重宝します。

17.2×4.5cmと握りやすいサイズ感も魅力。リーズナブルな価格なので、豚毛ブラシ初心者の方にもおすすめです。

ぺダック(pedag) 豚毛ブラシ

ぺダック(pedag) 豚毛ブラシ

「ペダック」は高機能なインソールとパッドを展開しているドイツ生まれのフットケアブランド。本製品は、クリームを馴染ませるのに適した、コシの強い豚毛ブラシ。ホコリや泥などを落とす際にも使用できます。

13.5×4cmと小回りの利くコンパクトサイズで、きめ細やかにブラッシングできるのもポイント。お手頃価格なので、クリームの色ごとに豚毛ブラシを揃えたい方にもおすすめです。

靴ブラシのおすすめ|山羊毛

コロニル(Collonil) 1909ファインポリッシングブラシ

コロニル(Collonil) 1909ファインポリッシングブラシ

仕上げ磨きに適した靴ブラシ。上質な山羊毛を贅沢に使用した製品で、お手入れの最後にブラッシングすると、しっとりと濡れたようなツヤを出せます。

細くしなやかな毛質なので、スエードなどの起毛革やデリケートな皮革製品のホコリ取りとしても大活躍。比較的お手頃価格なので、山羊毛ブラシを試してみたい方にもおすすめです。

かなや刷子(Kanaya Brush) 一般用 手植え 山羊毛 TKB-112

かなや刷子(Kanaya Brush) 一般用 手植え 山羊毛 TKB-112

1914年に創業した刷毛とブラシの専門店「かなや刷子」。靴ブラシは、一般用からプロ用まで上質なアイテムが幅広くラインナップされています。本製品は、職人により1本1本丁寧に手植えされた一般用の山羊毛ブラシ。

ふわふわとしたやわらかい毛質で、クリームを塗った後の仕上げ磨きに適しています。また、全ての毛穴がステンレス線でしっかりと固定されているため、耐久性が高く毛が抜けにくいのがポイント。上質な山羊毛ブラシを探している方におすすめです。

サパトロ(Zapatro) Zapatro Bueno 新ポリッシブラシ 白山羊毛 0000000012163

サパトロ(Zapatro) Zapatro Bueno 新ポリッシブラシ 白山羊毛 0000000012163

シューズアイテム・フットケア専門ブランドの「サパトロ」。本製品は、職人によって丁寧に手植えされた、上質な山羊毛ブラシ。靴表面のホコリ落としや、仕上げのツヤ出しに適しています。

ブナ材で作られた小判型の持ち手は、手におさまるコンパクトサイズで握りやすく使いやすいのがポイント。また、玄関に置いておくだけでおしゃれに映える、豊富なカラー展開も魅力です。

機能性とデザイン性に優れたブラシを探している方はぜひチェックしてみてください。

レデッカー(Redecker)  ハンドル付き シューズブラシ 山羊毛 磨き用

レデッカー(Redecker)  ハンドル付き シューズブラシ 山羊毛 磨き用

「レデッカー」は1936年にドイツで創業された老舗のブラシメーカー。本製品は、仕上げのツヤ出し用に最適な山羊毛を使用した靴ブラシ。ふわふわとやわらかい毛質のため、靴にキズをつけにくく、安心してブラッシングできます。

ハンドルつきなので持ちやすく、21×5cmと大きめサイズでスピーディーに作業できるのもポイント。ドイツらしいアンティーク調のおしゃれなデザインもおすすめです。

靴ブラシのおすすめ|化繊

コロニル(Collonil) クリーニングブラシ

コロニル(Collonil) クリーニングブラシ

ワークブーツなど、丈夫な革靴のブラッシングに最適なドイツ製靴ブラシ。硬くハリのある化繊毛を使用した製品で、靴に付着した頑固な泥汚れを落とすのに適しています。

先のとがったユニークな形状の持ち手は、ソールに挟まった石を取ったり泥をこそげ落としたりと、ブラシでは落とせないような部分のお手入れに大活躍。アウトドアシューズを愛用している方におすすめのクリーニングブラシです。

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) プロ・ブラシ

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) プロ・ブラシ

クリームを薄く均一に塗り伸ばしたり馴染ませたりするのに適した化繊毛ブラシ。コシのあるやや硬めの毛質なので、メダリオンなどの細かい部分もしっかりとブラッシングできるのが特徴です。仕上げのツヤ出しに使用するのもおすすめ。

また、18×5cmと握りやすいサイズ感も魅力。毛のカラーはブラックとホワイトの2色あるので、使用するクリームに合わせてセレクトしてみてください。

番外編:靴ブラシを洗う必要はある?

By: amazon.co.jp

靴ブラシを洗うかどうかは、ブラシの用途によって判断します。結論からいうと、洗う必要があるのは、クリーム塗布用のペネトレイトブラシのみ。

ペネトレイトブラシは、クリームを直接ブラシに取って使用するため、洗わずに放置すると毛先が束になって固まってしまいます。定期的に固まったクリームをぬるま湯で洗い流しておきましょう。食器用洗剤を少量つけるとより落としやすくなります。

ホコリ落とし用の馬毛ブラシは、基本的にクリームなどが毛先につかないため洗う必要はありません。また、クリームを馴染ませるための豚毛ブラシや仕上げ用の山羊毛ブラシも、直接クリームを取るわけではないので水洗いなどは不要です。

なお、豚毛ブラシや山羊毛ブラシは、使えば使うほど毛先にクリームが馴染んで育っていくモノ。徐々に、ブラッシングだけでツヤが出るようになります。洗わずに使い続けて、じっくりとブラシを育てていきましょう。