スラットと呼ばれる羽根の角度を変えることで、光の入り具合を細かく調節できる「ブラインドカーテン」。風を通しつつ光を遮断できる便利なアイテムです。しかし、種類が豊富でどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブラインドカーテンの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ブラインドカーテンのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

スラットの向きを変えて簡単に調光できる「ブラインドカーテン」。窓全体を覆うカーテンと比較すると遮光性や断熱性は劣りますが、スラットの隙間から風が通るため、外からの視線や光を遮りながら通気性を確保できるのが魅力です。

ただし、ブラインドカーテンのスリットは天井と平行になっているためホコリが溜まりやすく、掃除に手間がかかるというデメリットもあります。

ブラインドカーテンの選び方

素材と特徴から選ぶ

あたたかみのある空間に仕上がる木製

By: amazon.co.jp

木の温もりが感じられる木製のブラインドカーテン。どんな空間にも馴染むナチュラルな雰囲気で、洋室はもちろん、和室とも相性良好です。色合いのバリエーションが豊富で、部屋のイメージにあったモノを探せます。

アルミ製のブラインドカーテンに比べて静電気が発生しにくく、ホコリが付きにくいためお手入れも簡単。重量があるので、大きな窓への設置は不向きとされていましたが、最近では軽量化された木製ブラインドカーテンも販売されており、選択肢の幅が広がっています。

手頃な価格で購入できるアルミ製

By: rakuten.co.jp

アルミ製のブラインドカーテンは、軽量で耐久性に優れているのが特徴。水に強く、洗面所や浴室などへの取り付けにも適しています。また、比較的手頃な価格で購入できるのも魅力です。

ただし、昇降時や風に強くあおられた際にスラットが擦れ合って、カシャカシャと音が出るデメリットもあります。そのため、音に敏感な方は避けた方が無難です。

取り付け方で選ぶ

窓枠内にスッキリ収まる天井付けタイプ

By: rakuten.co.jp

窓枠の内側に収まる天井付けタイプは、スッキリとした印象に仕上がるうえ、エアコンや家具などの障害物と接触する心配がないのが魅力。多くの窓で採用されている取り付け方法です。ただし、スラットと窓枠の間から光が漏れやすく、遮光性を重視する方には不向きです。

隙間からの光を遮断する正面付けタイプ

By: rakuten.co.jp

正面付けタイプは、窓を覆うように前面にネジ留めで取り付けます。天井付けタイプよりも遮光効果に優れているのが特徴。目安として、窓枠の外側寸法に3~5cmほどプラスした大きさを選ぶのがおすすめです。同時に、窓枠外に障害物がないかを事前に確認する必要があります。

賃貸でも設置できるカーテンレール付けタイプ

名前の通り、カーテンレールに取り付ける方法です。壁や窓枠への穴あけが不要なため、原状回復が必要な賃貸物件にも設置できます。

ただし、ブラインドの重量によってカーテンレールでは強度不足の場合もあるので、注意が必要。また、特殊な形状のカーテンレールには取り付けできないこともあるため、購入前にしっかり確認しましょう。

縦型か横型かで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ブラインドカーテンは横型が一般的ですが、バーチカルブラインドと呼ばれる縦型もあります。横型は製作サイズが幅広く、多くの窓に取り付けが可能。ただし上下に開閉するため、出入りの多い掃き出し窓への取り付けには不向きです。

縦型はファブリック製のスラットが主流。綿や麻、プリント柄などさまざまな質感やデザインが楽しめます。カーテンと同じように左右に開閉するため、頻繁に出入りする窓への設置にもおすすめ。また、縦にスラットが付いているので、横型と比べてホコリが溜まりにくいメリットもあります。

縦型は大きな窓に取り付けることが多く、スラットを左右に寄せた際のたたみ代寸法が大きくなりがちなのがデメリット。窓を大きく隠してしまったり、出入り口をふさいだりする可能性もあるため、注意が必要です。

スラット幅で選ぶ

By: amazon.co.jp

スラット幅は、主に25・35・50mmの3種類に分けられます。25mmと30mmは細かい調光が可能で、小さな窓への設置に適しています。

太めの50mmはスタイリッシュな印象で人気。幅が広いため、掃除がしやすいメリットもあります。ただし、たたみ代寸法が大きくなるので、窓からブラインドまでの奥行きに注意が必要。一般的に大きな窓には50mm幅、小さな窓には25~35mm幅を選ぶのがおすすめです。

操作方法をチェック

By: amazon.co.jp

メーカーによって呼び名が異なるブラインドカーテンの操作方法。大まかにポール式(コード&ロッド式)とチェーン式(ループコード式・ワンコントロール式)の2種類に分類されます。ポール式は、上部に取り付けられたポールを回して採光の調節をし、ヒモで上げ下ろしを行うタイプ。操作がシンプルでわかりやすく、感覚的に使えるのがメリットです。

チェーン式は昇降とスラットの調光を1本のヒモで行います。力の弱い方でも簡単に操作できるのが魅力。重量のある大型モデルを手動操作する場合などにおすすめです。

ブラインドカーテンのおすすめブランド

タチカワブラインド

By: rakuten.co.jp

家庭用から業務用まで幅広く取り扱う日本発のブラインドカーテンの専門メーカー。種類が豊富で、部屋の雰囲気に合うモノを見つけやすいのが魅力です。

ニチベイ

By: rakuten.co.jp

ブラインドカーテンやロールスクリーン、間仕切りを中心に開発・製造・販売を行うインテリアメーカー。「人と環境に優しい快適空間の創造」を追求しており、機能性とデザイン性に加えて、省エネ性などを併せ持った製品が豊富に揃います。

ブラインドカーテンのおすすめ

タチカワブラインド ウッドブラインド35

タチカワブラインド ウッドブラインド35

スラット幅を35mmのみに絞ることで、リーズナブルな価格を実現した木製のブラインドカーテンです。幅、高さともに1cm単位でのサイズオーダーが可能。使いやすい5種類のカラー展開で、部屋の雰囲気や好みに合ったモノを探せます。

天井付けと正面付けに対応。ワンタッチ式ブラケットを採用しており、本体もカバーも簡単に取り付けられます。操作方法は、昇降とスラットの角度調節を別々に操作するコード式を採用。操作位置を、右・左・振り分けから選べるのも魅力です。

タチカワブラインド アルミブラインド TIORIOティオリオ

タチカワブラインド アルミブラインド TIORIOティオリオ

2ヶ所のネジ留めのみで簡単に設置できるアルミ製ブラインドカーテン。付属の金具を使用して、カーテンレールへの取り付けもできます。ブラインド上部には、光漏れを防ぐスカートを設置。折れにくいしなやかなスラットを採用しており、快適に使用できます。

操作コードに無理な力が加わった際の事故を防ぐジョイント機能を搭載するなど、安全面にも配慮。充実した機能を備えながらもリーズナブルな価格で購入できる、おすすめのブラインドカーテンです。

タチカワブラインド アルミブラインド 耐水つっぱりタイプ

タチカワブラインド アルミブラインド 耐水つっぱりタイプ

タイルなどのネジ穴をあけられない場所にも取り付けられる、つっぱりタイプのアルミ製ブラインドカーテンです。無理な力が加わっても折れにくい、しなやかなスラットを採用。多くのパーツがサビに強いアルミやステンレスで作られており、水回りでも安心して使えます。

アルミ製のブラインドカーテンは、光を反射して熱を室内へ伝えにくくする特性を有するため、夏の暑さ対策にもおすすめ。カラーバリエーションも豊富で、自分好みのアイテムが見つかります。

タチカワブラインド オーダーメイド 縦型ブラインド ラインドレープ

タチカワブラインド オーダーメイド 縦型ブラインド ラインドレープ

幅や高さをオーダーできる縦型ブラインドカーテン。カーテンと同じように左右に開閉するので、出入りの多い窓への設置にもおすすめです。操作方法は、バトン式・コード式・ワンチェーン式の3種類から選択可能。有償オプションで電動式も選べます。

ドレープカラーは全30色展開。空間を明るく見せるパステルカラーから部屋のアクセントとして活躍するカジュアルカラーまで、豊富に揃います。生地のなかには防炎機能やウォッシャブル機能を備えたモノもあり、用途に合わせて選べるのも魅力です。

ニチベイ クレールグランツ50 防炎・防水タイプ

ニチベイ クレールグランツ50 防炎・防水タイプ

耐水・防炎機能を備えた木製ブラインドカーテン。金属部分には防錆加工が施されており、リビングやダイニングはもちろん、洗面所や浴室などの水回りなどでも安心して使えます。スラットの昇降コード穴をなくすことで光漏れを軽減。遮光性とともに断熱性が向上し、冷房・暖房の効率アップによる省エネ効果も期待できます。

幅は5mm、高さは1cm単位で指定可能。また、購入後でも30mmまで高さを短く調節できる機能を備えており、窓枠内にスッキリ収められます。ヒモを引くとブラインドが自動で下降するループコード式を採用しており、ラクラク操作可能。ブラインドカーテンを複数取り付けたい方にもおすすめです。

トーソー(TOSO) コルト ウッドブラインド50/50T

トーソー(TOSO) コルト ウッドブラインド50/50T

豊富なカラーバリエーションとリーズナブルな価格が魅力のコルトシリーズ。スラットや各部品のカラーを指定し、色の組み合わせを楽しめるのが特徴で、ほかとは違う木製ブラインドカーテンが欲しい方におすすめです。

スラット同士をつなぐラダーコードは、幅広のラダーテープに変更可能。取り付け後に製品の高さを調節したり、家具の位置に合わせて操作コードの位置を変更したりできるなど、使い勝手も良好です。

また、1本のヘッドボックスに2台分のスラットをセットし、別々に操作を行えるセパレート仕様にも対応。出入りが多い掃き出し窓への設置にも適しています

トーソー(TOSO) アルミブラインド ベネアル25

トーソー(TOSO) アルミブラインド ベネアル25

掃き出し窓や腰窓、キッチンやトイレの小窓まで、さまざまな場所に取り付けられるスラット幅25mmのアルミ製ブラインドカーテンです。太陽からの熱を効率よく反射する遮熱タイプや、光エネルギーを使って汚れやニオイを分解する光触媒スラットなど、豊富な種類から選べるのもポイント。部屋の環境や用途に合わせて選べます。

子供の手が届かない位置に操作コードなどを束ねておけるなど、安全面に配慮した機能も多く搭載。リーズナブルな価格で購入できる、使い勝手のよいブラインドカーテンです。

トーソー(TOSO) デュアルコルト

トーソー(TOSO) デュアルコルト

定番からアクセントカラーまで、幅広くラインナップ。スラットカラーを自由に組み合わせて自分らしいコーディネートが楽しめる縦型ブラインドカーテンです。幅、高さともに1cm単位での注文が可能。ワイドサッシや吹き抜けの窓にもスッキリ収まります。

スラットの重なり幅を広くとることで光漏れを軽減する有償オプションを用意。外からの光や視線が気になる寝室や、書斎などに適したブラインドカーテンを探している方におすすめです。

さくらインテリア ウッドブラインド

さくらインテリア ウッドブラインド

設置場所に合わせて幅と高さを選べる木製ブラインドカーテンです。幅は40〜130cmまで10cm刻みで選択可能。高さは100・150・200cmの3種類から選べます。淡色で軽軟なバスウッドを使用。天然木の温もりが心地よい雰囲気を生み出します。

昇降コードを隠す幅広のラダーテープを採用しているのもポイント。窓辺のアクセントになるとともに、コードを通すための穴から光が漏れるのを防ぐ効果も期待できます。遮光性を重視する方におすすめの木製ブラインドカーテンです。

旭南ブラインド 木製ブラインド

旭南ブラインド 木製ブラインド

天井付けと正面付けに加えて、カーテンレール付けにも対応。原状回復が必要な賃貸物件にも設置できる木製ブラインドカーテンです。リーズナブルな価格も魅力。高価なイメージの木製ブラインドを手軽に楽しみたい方におすすめです。

カラーは、ダークブラウン・ウォールナット・ライトブラウン・ホワイトの4色展開。インテリアに馴染むベーシックな色合いで、さまざまなテイストの部屋にマッチします。なお、本製品は重量があるため、カーテンレール付けの場合は昇降をできるだけ控えるなどの配慮が必要です。

イージーブラインド プラスチック ブラインド

イージーブラインド プラスチック ブラインド

PVC素材を採用したブラインドカーテン。弾力性に優れているため、スラット同士が擦れ合った際に不快な音を立てにくいのが魅力です。天井付けと正面付けのほか、カーテンレール付けも可能。設置方法の選択肢が広く、さまざまな部屋に設置できます。