「防音カーテン」は、不快な騒音を軽減できる便利なアイテム。外からの騒音対策だけでなく、自宅からの音漏れを防ぐのにも役立ちます。誰でもすぐに設置できるうえ、UVカット効果や断熱性などを備えた多機能なアイテムが多いのも特徴です。

そこで今回は、おすすめの防音カーテンをご紹介。おしゃれなアイテムをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

防音カーテンの選び方

防ぎたい音の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

防音カーテンには大きく分けて音を遮る「遮音タイプ」と、音を吸収する「吸音タイプ」の2種類があります。遮音は反射性のある素材を使うことで、音を跳ね返し遮断します。周囲の騒音で悩んでいる方には、遮音タイプがおすすめです。

一方、室内の音を近所に響かせたくない場合は、吸音タイプがぴったり。室内の音を厚手のカーテン素材が取り込み、外に逃がさないようにする仕組みです。防ぎたい音の種類に合わせて選んでみてください。

電車の音を防ぎたい場合

近くを走る電車の音は、ガタガタという低音域の「響き」にあたるので、実は防音カーテンでは防ぎにくい騒音です。しかし、遠くから聞こえる電車の音なら、防音カーテンで対策できます。

電車の音を防ぐには、防音効果の高い、生地が厚いカーテンを選びましょう。遮音・吸音どちらの効果もある防音カーテンが特におすすめです。さらに、防音効果のあるレースカーテンも一緒に取り付けるなど、二重に対策をするとより快適に過ごせます。

ピアノの音を防ぎたい場合

ピアノなどの高音域の音は、防音カーテンが得意とする音です。近所のピアノ音が気になるなら、音を跳ね返す遮音タイプの防音カーテンを取り付けましょう。遮音カーテンはアルミなどを織り込んでいるため、重さがなくても遮音の効果を十分に発揮します。

自宅で楽器演奏をするなら、吸音タイプの防音カーテンを取り付けるのがおすすめ。外に出ていく音をカットしつつ、部屋の中に反射させない効果が期待できます。

いびきの音を防ぎたい場合

いびきの音は電車と同じ低音域の「響き」なので、防音カーテンでは防ぎにくい音です。レースの防音カーテンと併用して対策しましょう。

家族のいびきが気になる場合、いびきをかく本人の部屋の窓に吸音と遮音を併せ持つ防音カーテンを取り付けるのがおすすめです。

大きさで選ぶ

防音カーテンの効果をしっかり得るには、サイズ選びが大切です。横幅は窓そのもののサイズではなく、カーテンレールの両端の長さを測り、それに合わせて防音カーテンのサイズを選びましょう。横幅はカーテンレールに合わせますが、ドレープが多すぎるとそこから音が抜け防音性が下がってしまうので、できるだけたるみができないようなサイズがぴったり。

立った状態で腰のあたりに窓枠が来る「腰窓」の場合、丈は窓枠の下に15cmほどカーテンの余裕が出るようにするのがおすすめ。カーテンをひっかけるランナー部分を始点として測ります。窓枠サイズに合わせた長さにすればすっきりして見えますが、防音面においては余裕を持ったサイズがベターです。

窓枠が床まで届く掃き出し窓の場合、ランナーから床までできるだけぴったりの長さにしましょう。短ければ防音効果は減り、床に擦ってしまうほど長ければ埃がたまりやすく掃除に手間がかかるので、床から1~2cmだけ短いモノがおすすめです。

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

吸音タイプの防音カーテンは重さがあるほど糸の密度が濃く、吸音性が高い傾向があります。また、重さがあれば空気の振動を抑えられるため、音の伝わりも鈍くなるのが特徴です。

しかし、あまりにもどっしり重いと、カーテンレールの種類によっては重さに耐えられないこともあるので、使用するカーテンレールの耐荷重を確認しておきましょう。

一般的なカーテンレールの耐荷重は5~10kg程度ですが、デザイン性を重視したモノのなかには3kg程度しか耐えられないカーテンレールもあります。また、毎日窓を開け閉めする部屋で使う場合、重さは意外と気になるポイントです。防音カーテンを取り付ける窓の使用頻度なども考慮して選んでみてください。

防音カーテンのおすすめ

ピアリビング 防音カーテン コーズ

室内からの音漏れや外からの騒音を軽減する効果が期待できる5層構造の防音カーテン。ペットの鳴き声やいびき、電車や車の音など生活騒音を12〜18dB吸収すると謳われています。遮光機能も備えているため、日差しや紫外線が気になる方にもおすすめです。

記事の表面は音を柔らかくする吸音層を採用しており、裏面は音を止める遮音層にアクリル樹脂コーティングが施されています。カーテンの総幅が120cmあるワイド設計により、横からの音漏れがしにくいのもポイントです。

なお、本製品は防音効果が高く、一般的なカーテンよりも重さがあります。1枚あたりの重量は約2kgなので、カーテンレールの耐荷重を確認してから購入しましょう。

ピアリビング 防音カーテン スミノエ サウンドガードIII

2重サッシと同程度の減音効果が謳われる防音カーテン。カーテン地には高密度の塩ビラミネート加工が施されており、高い遮音効果が期待できます。外の電車や車の音が気になる方におすすめです。

遮光1級の優れた遮光性を備えているため、ホームシアターなどの暗幕としても使用可能。表面には特殊配合によるラミネート加工が施され、従来品よりも柔らかくカーテンらしい風合いを実現。断熱性にも優れているため、冷暖房費の節約にも効果が期待できる製品です。

外からの騒音が気になる方や室内で楽器を演奏する方は、本製品をチェックしてみてください。

カーテンくれない CALM 1級遮光カーテン 2枚組

生地の裏側に特殊樹脂コーティングを施すことにより、音漏れを軽減する防音カーテンです。お部屋の保温・保冷性を高める断熱性に優れた素材を採用しているため、節電効果も期待できます。

また、完全遮光生地を採用しているので、外からの日差しや視線をブロック。さらに、形状記憶加工が施されているため、カーテンのごわつきや広がりを防ぎます。汚れが気になるときは洗濯機で丸洗いでき、衛生的に使えるおすすめのアイテムです。

インテリアに馴染むカラーがラインナップされているので、好みに合わせて選んでみてください。

カーテンくれない 特殊コーティングレースカーテン 静レース

生地の裏面にウレタン樹脂を特殊ラミネート加工することで、高い防音性と目隠し効果が期待できるレースカーテン。女性の話し声など、約250hz以上の高音域に対して減音効果が期待できます。

紫外線を約70%カットすると謳われており、家具や床の日焼け対策にもぴったり。カラーは薄めのアイボリーなので、部屋の雰囲気を軽やかに演出したい方にもおすすめです。光だけを自然に通す特殊加工を採用しているため、部屋の中から外の景色は見えず、優しい乳白色の光だけが入ります。

幅広いサイズに対応しているのも魅力。防音カーテンとしての機能だけでなく、遮光性やデザインにもこだわって作られた製品です。

MEROUS 遮光・防音カーテン 2枚組

内側には音の吸収に優れた風通織りを採用し、真ん中にアルミコーティング剤を挟んだ防音カーテンです。さらに、カーテンの外側には酸化チタンコーティングを施すことで遮音効果を高めています。外の話し声や車の音を防ぐだけでなく、屋内の音も外に漏らしにくいのが魅力です。

遮光率99.116%以上を謳う1級遮光カーテンなので、外の光をしっかり遮ることが可能です。アルミコーティングには高い断熱効果が期待できるため、冷暖房の効き目もアップし節電につながります。

インテリアにマッチしやすい落ち着いたカラーが揃っているので、好みに合わせて選んでみてください。

満天カーテン 遮光カーテン 2枚組

カーテンの生地を5層構造にすることで、高い遮光性と防音性を実現。遮光率100%の完全遮光が謳われているため、淡い色の生地でも光を通しません。黒い遮光糸を使用していないので、発色が美しく鮮やかなのが魅力。

生地表面に施されたアクリル樹脂加工により、テレビの音や赤ちゃんの泣き声などの生活音を軽減。車の音や犬の泣き声など外の騒音を小さくする効果も期待できます。

形状記憶加工を施しているため、カーテンのプリーツが落ちにくいのもポイント。サイズも豊富で、カーテンの幅は100〜200cm、丈は60〜255cmから選択できます。音や光を気にせず過ごしたい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドレープカーテン 2枚組

裏面にアクリル樹脂コーティングを施し、防音・断熱・遮光性を備えたアイテム。自宅の洗濯機で洗えるので、小さな子供やペットのいる家庭でも清潔に使えます。形状記憶加工が施されており、ドレープがとれにくいのもポイントです。

また、本製品は第三者機関により、断熱効果率46%以上と保温効果率が32%以上あることを実証済み。冷暖房の効果が高まり、省エネにもつながります。音の緩和だけでなく、遮光や節電対策もできるおすすめの製品です。

PONY DANCE 遮光防音カーテン

遮光・防音・断熱性を備えたカーテン。表生地と裏生地の間に黒い糸が織り込まれた3層構造なので、日差しや紫外線をしっかり遮れるのが特徴です。厚みのある生地を採用しているため、ちょっとした生活音を軽減する効果が期待できます。

カーテンフックが付属した状態で届くので、すぐにカーテンレールに取り付けられるのもポイント。アジャスター機能があるので、丈の微調節も可能です。さらに、カーテンと同色のタッセルも付いているので、必要に応じてカーテンを束ねておけます。

カラーやデザインが豊富なので、好みに応じて選んでみてください。

防音カーテンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

防音カーテンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。