ファンデーションなどのベースメイクや、アイシャドウ・チークといったポイントメイクをするのに欠かせない「メイクブラシ」。ポイントごとに適したモノを使う必要があるため、ブラシの種類が増えてしまって収納に困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのメイクブラシケースをご紹介します。収納力に重きを置くか、携帯性を重視するかによっても選び方が変わってくるので、ぴったりなモノを選んでみてください。

メイクブラシケースの選び方

形状で選ぶ

巻きタイプ

By: amazon.co.jp

数種類のメイクブラシを持っている方には、巻きタイプのメイクブラシケースがおすすめです。大容量の収納が可能なうえ、メイクブラシを取り出しやすいのも魅力。1枚の布のようになっているので、くるくると巻いておけばコンパクトに収納可能です。

その反面、使うときに広げる必要があるので、一定のスペースが必要になります。また、筆先の部分にカバーがないケースは、ケース内にメイク汚れが付きやすくなるので要注意。メイクブラシ自体にほこりが付くこともあるため、カバー付きのタイプを選ぶと、より衛生的に使えます。

筒形タイプ

By: amazon.co.jp

自宅のメイクスペースが狭い方や、外出先のパウダールームで使用することが多い方には、筒形タイプがおすすめ。鉛筆立てのような形状で、狭いスペースでも使いやすいのが特徴です。メイクブラシ以外にも、リップやマスカラなどの筒状の細かなアイテムを一緒に収納できます。

筒状タイプのメイクブラシケースは、筆先がほかのブラシと重なってしまうことも。色移りなどを起こす可能性があるため、ブラシにキャップをした状態で収納しておくと安心です。1本ずつメイクブラシを分けて収納したい方は、ケース内に仕切りがついているタイプのモノを選びましょう。

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

手帳のような形状をしているため、カバンのなかに入れてもかさばりにくい折りたたみタイプ。必要な本数を、よりきれいに収納したい方におすすめです。少量のメイクブラシを収納できるタイプから、大容量収納可能なタイプまで、ラインナップされています。

メイクブラシ以外を収納できるポケット付きのタイプを選べば、細かなアイテムも一緒に収納できて便利です。

ポケットの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

メイクブラシケースはモノによって入れられる本数が異なるため、事前のチェックが必須です。巻きタイプ・折りたたみタイプには、ブラシを1本1本収納できるポケットが付いている場合が多くあります。

たくさんのブラシを収納したり持ち運んだりしたい方は、収納ポケットの多いモノがおすすめ。使うブラシを限定してコンパクトに持ち歩きたい方は、必要な分だけ収納できるケースが適しています。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

メイクブラシと一口にいっても、サイズはさまざま。細さ・大きさだけでなく毛先の広がり方も違うため、ブラシの形状に合わせて適切な大きさのメイクブラシケースを選びましょう。

筆先部分にカバーがついているタイプの場合は、筆先にカバーが届くかどうかも確認が必要です。また、高さが足りないと、筆先がカバーに押さえ込まれてブラシが変形することもあるため、事前にチェックしてみてください。

小物を収納できるかどうかで選ぶ

By: rakuten.co.jp

メイクをする際には、メイクブラシだけでなく綿棒やあぶらとり紙、コームなどさまざまな小物が必要です。小物入れとして使えるポケットが付属しているケースを選べば、収納をひとまとめにできて便利。小物が散らばったり、どこにしまっておいたか分からなくなったりするのを防げます。

手持ちのツールをまとめて収納しておきたい方や、旅行などで持ち運ぶ際にもおすすめです。

持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

自宅で使っているメイクブラシを携帯したい方には、ボタンやファスナーで開閉できるタイプがおすすめ。中身が飛び出しにくく、衛生的に持ち運べます。

持ち運んで使う場所が狭いスペースなどの場合は、自立する筒状タイプも便利です。また、かさばりにくさを求める方には、折りたたみタイプが適しています。

メイクブラシケースのおすすめ

アットファースト メイクブラシケース キルト AF8212

折りたたみタイプでかさばりにくいメイクブラシケース。折りたたむと幅約12×高さ19cmになる折り畳みタイプです。ブラシを入れられるポケットは5本分。ファンデーション、チーク、アイシャドウ、リップなど、メインで使うブラシの持ち運びが可能です。ブラシの毛部分を覆う透明カバー付きなので、ケース内にメイク汚れが飛び散る心配もありません。

小物を収納できる3つのメッシュポケットも付属。中身が見えるので、何を入れているのか分かりやすく使い勝手も良好です。開閉部分はマジックテープになっているため、簡単に取り出せます。ブラックの布地にゴールドの裏地・刺繍でシックなデザインなので、年齢問わず使いやすいのもポイントです。

チャコット フォー プロフェッショナルズ ブラシケース スタンド型

バレエや演劇など舞台に関連するアイテムを幅広く取り扱う「チャコット」のメイクブラシケース。カバーがついている円筒状で、自立するため鉛筆立てのように使えて便利です。

直径8.5×20.5cmのコンパクトサイズなので、場所を取らずに収納できます。ケースの内側には塩化ビニールを採用しており、水や汚れに強いのも魅力。一部が透明になっているので、背の低いブラシやアイテムも簡単に見つけられるのも嬉しいポイントです。

LAVETT メイクブラシケース

メイク道具を1つにまとめられる大容量のメイクブラシケース。ラウンドファスナーが大きく開くので、収納したアイテムの出し入れも容易です。たくさんのメイクブラシポケットがあるだけでなく、中央にメッシュポケットも付属。小物などもまとめて整理できます。

素材は耐久性のあるオックスフォードを採用。スポンジのクッションが入っているため、衝撃から化粧品を守ります。ケース丈夫にはハンドルがついており、持ち運びの際にも便利です。

アルティザン&アーティスト(ARTISAN&ARTIST) ブラシケース 7WM-PF322

日本発のカバン・ポーチメーカーとして世界でも愛されている「アルティザン&アーティスト」。同メーカーのメイクブラシケースは、綿とナイロンによって頑丈につくられています。マジックテープで簡単に開閉可能です。

なかには7本分のメイクブラシを収納できるポケットが付属。ブラシの汚れの飛び散りや付着を防ぐカバーもついているため、きれいに使えます。メイドインジャパン品質で、安心して使い続けられるメイクブラシケースです。

カラフィルココ(ColorfyCoco) メイクブラシホルダー ふた付き

卓上に置いて使うタイプのメイクブラシホルダー。透明のアクリルケース内に、ピンクのパールストーンが入っており、インテリアのひとつとしても活躍します。また、パールストーンが入っていることによってブラシが安定。ブラシの抜き差しも簡単です。

高さが20.5cmあるので、長さのあるブラシでも余裕をもって収納可能。ケースのフタには、開けやすいようにハンドルも付属しています。アクリル製なので、汚れたら水洗いできるのもポイント。衛生的に使い続けられます。

シュウウエムラ(shu uemura) ブラシケース14

日本の美容界を牽引してきたメイクアップアーティスト・植村秀氏によってつくられた「シュウウエムラ」。同ブランドのメイクブラシケース14は、巻きタイプで大容量収納可能です。

プロ必携といわれるフルサイズのブラシが14本も入れられるので、ブラシをたくさん所持している方におすすめ。収納後はスリムに収まるので持ち運びにも便利です。巻き紐も本体と同じ素材でつくられています。スタイリッシュなデザインのメイクブラシケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

EMOCCI メイクブラシケース 円筒型

23.9×7×8.6cmと、大きさのある円筒型のメイクブラシケース。鉛筆立てのような形状で、ブラシが大容量入ります。しっかりと自立しスペースをとらないので、狭い場所でも使いやすい仕様です。

素材には、しなやかな光沢のあるPUレザーを使用しています。上下で完全に分かれるタイプで、メイクブラシを使わないときはフタをしておけばホコリなどから守れるのもポイント。ボタンを留めれば中身が飛び出す心配がないので、旅行の際の持ち運びにも便利です。

FRCOLOR メイクブラシポーチ 巻き型

耐久性が高く、長く使い続けられるPUレザー製のメイクブラシポーチ。15本のブラシを収納できる大容量タイプで、くるくると巻いてまとめられます。横12×高さ25.5cmのコンパクトサイズになるので、携帯性も良好です。

巻き紐も本体と同素材でつくられているため、デザインに統一感があります。しっかりと結んでおけるので、持ち運びの際も中身が飛び出しにくい仕様。生地がしっかりとしておりブラシを守れるケースを探している方におすすめです。

MOMO ペンケース化粧筆ポーチ

ポーチのように平置きしても、スタンドケースとしても使える本製品。フラット型なので、スリムに持ち運べます。ケース内にはブラシを個別に管理できるバンドスロットが9つ付属。なかでブラシが散乱しにくく、きれいに整頓できます。

柔らかく透明なPVC素材で、なかにどのブラシが入っているどうか確認しやすいのもポイント。耐久性も良好で、汚れたら拭き取るだけできれいに使い続けられます。ケース下部は硬さのあるポリエチレン素材なので、しっかりと自立。狭いスペースでも使いやすいメイクブラシケースです。