キャンプや登山の際に便利なのが「インフレーターマット」。ある程度の厚みがあり空気も簡単に入れられるため、地面の凹凸を吸収し野外での睡眠をサポートします。また、車中泊や急な来客用の簡易ベッドとしても使えるなど幅広い用途で活躍するアイテムです。

そこで今回は、おすすめのインフレーターマットをご紹介します。選び方のポイントについても解説するので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

インフレーターマットとは?

By: coleman.co.jp

インフレーターマットとはアウトドアでの就寝時に、寝袋の下に敷くマットのひとつです。内部にはウレタン素材などのクッション材が入っており空気を充填して使用。クッション性のよさと優れた断熱性を有しているのが特徴です。

地面の凹凸を吸収するとともに冷気も遮断するため、寒い時期でも底冷えしにくいのがポイント。空気を充填する作業もバルブを開けるだけと簡単です。空気を入れるために息を吹き込んだり、エアポンプを使ったりする手間も必要ありません。

また、空気を抜くと比較的コンパクトに収納できるので持ち運びにも便利です。携帯性と寝心地のバランスがよくとれた、使い勝手のよいマットを探している方はぜひ検討してみてください。

インフレーターマットの選び方

厚みをチェック

By: dod.camp

インフレーターマットの厚みは、寝心地に直接影響する重要なポイントなのでしっかりチェックしましょう。自宅の布団のような寝心地を求めるなら、厚手の製品が適しています。クッション性が高いため小石などの凹凸が気にならず、地面から伝わる冷気もしっかり遮断することが可能です。

一方、登山やキャンプツーリングなどのように、持っていく荷物の量を最小限に抑えたいようなケースでは薄手の製品がおすすめ。使用するシーズンや用途に応じて適したモデルを選ぶようにしましょう。

サイズをチェック

By: dod.camp

使用する人数に応じてサイズのチェックも必要です。一般的なキャンプで使用する1人用なら、幅60cm前後のシングルサイズで十分。また、カップルや親子で並んで眠る場合は、120〜130cm程度のダブルサイズもおすすめです。

幅の広いモデルをテントのフロア全体に敷き詰めれば自由に動き回れるので、小さな子供連れのキャンプでも重宝します。

ただし、なかには大人の身長に満たない短いサイズのモデルなども販売されています。上半身にだけ敷いて足はザックなどに載せて就寝するタイプで、登山などできるだけ荷物を小さくしたい場合に適しています。

空気の入れ方をチェック

By: amazon.co.jp

インフレーターマットには自動で空気が充填されるタイプと、手動で入れる製品の2種類があります。前者はバルブを回したり栓を開いたりするだけで、自動的に空気が入るので非常に便利。市販されているほとんどのモデルは自動充填式を採用しています。就寝準備にかかる時間をできるだけ短縮したい方にもおすすめです。

ただし、自動で空気が充填された後の、最終的な空気量調節は手動でおこなう必要があるので留意しておきましょう。付属のピローやスタッフサックが簡易エアポンプとして使える製品なども販売されているため、使い勝手も考慮して選んでみてください。

収納・携帯のしやすさもチェック

By: dod.camp

収納や携帯のしやすさも大切なチェックポイントです。丸めながら空気を抜けば小さく折りたためるインフレーターマットですが、大きいサイズのスタッフサックを採用しているモデルなら、初心者の方でも収納しやすいので便利。撤収の際にうまく収納できず、まごつく心配もありません。

また、荷物の量をできるだけ減らしたい登山やキャンプツーリング用途では収納サイズも重要です。同じ厚みの製品でも収納時のサイズには違いがあるので、よく確認して選ぶようにしましょう。

インフレーターマットのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

1900年にアメリカで設立された、アウトドア用品の老舗ブランドです。取扱製品はテント・タープ・ランタン・バーナー・クーラーボックスなど多岐に渡ります。

インフレーターマットも使い勝手のよいシングルサイズから、ファミリーキャンプにもおすすめのダブルサイズまで幅広く展開。自宅と同じような寝心地にこだわった極厚モデルも販売しているなど、目的に応じて豊富なラインナップから選べるのが魅力です。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県に本社を持つ、日本を代表するアウトドア用品の総合ブランドです。車でキャンプに出かける「オートキャンプ」の普及に貢献したことでも有名。創業者自らが登山家だったこともあり、信頼性の高い高品質なモノづくりを信条としています。

インフレーターマットは多様な地面のコンディションに左右されず、快適に睡眠が取れる高性能なアイテムをラインナップしているのが特徴です。ポンプ機能付きの収納袋やリペアキットも標準で付属するなど、キャンパーの使い勝手をよく考えた製品を販売しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

新潟県に本社を持つ、パール金属が展開しているアウトドアブランドです。創業者がアメリカで目にした「バーベキュースタイル」を、日本にも広めたいとの熱い思いからスタートしたメーカー。手頃な価格で購入できる高品質の製品を販売しています。大自然のなかで頼りになる「牡鹿(おじか)」のような存在を目指し、ロゴマークが決定されました。

インフレーターマットは、初心者でも気軽にキャンプを楽しめる安価で軽量なモデルから、寝心地や肌触りにもこだわった製品など、豊富なラインナップを展開しています。

インフレーターマットのおすすめモデル

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

シングルサイズのインフレーターマットです。寸法は約63×195cmと大人1人がゆったりと寝られる大きさ。5cmの厚みで地面の凹凸を気にせずに、横になれます。収納サイズはφ15×70cmと比較的コンパクト。車で移動するオートキャンプに適しています。

本体側面にスナップボタンが付いているため、連結してダブルサイズでの使用も可能。状況に応じて大きさを変えられるので、カップルやファミリーキャンプにもおすすめのモデルです。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマットハイピーク 2000036153

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマットハイピーク 2000036153

アウトドアでも快適な寝心地を求める方におすすめのモデルです。内材にポリウレタンフォームを使用した、厚さが10cmもあるインフレーターマット。極厚仕様なのでクッション性が高いだけでなく、地面からの冷気もシャットダウンして眠ることが可能です。

晩秋や冬のシーズンはもちろん、夏のキャンプ場でも夜の地面は思った以上に温度が下がります。自宅の布団で寝ているのと近しい感覚でオールシーズン活躍するモデルです。

バルブを開くだけで空気の入る自動膨張式を採用。付属の収納ケースがエアポンプの役割も果たすので、空気量による硬さ調節も手軽です。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット/W 2000013057

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット/W 2000013057

使用時の寸法が約195×130cmある、ダブルサイズのインフレーターマットです。厚さが4cmあるため、地面の凹凸を気にすることなく休憩できます。シングルサイズを連結した場合と異なりつなぎ目が気にならないので、小さな子供と並んで寝るようなシーンにもおすすめ。ファミリーキャンプにも適したモデルです。

頭部のクッション材厚を6cmと肉厚にしているのがポイント。枕がわりとして使えるため、キャンプ用のピローをわざわざ持っていく必要もありません。ダブルサイズながら、収納時の寸法は約φ24×70cmとコンパクトに折りたためます。

専用の収納ケースが付属しているので、持ち運びや保管の際に便利です。

スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135

スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135

軽くて収納時のサイズも小さな携帯性に優れた製品です。厚みは2.5cmほどですが、重量は約800gと軽量なインフレーターマット。折りたためば約φ16×30cmとコンパクトに収納できるため、持ち運びも簡単です。ソロキャンプはもちろん、登山やキャンプツーリング用途にもおすすめです。

ポンプ機能付きの収納ケースが付属しており、バルブに接続することで空気の注入が可能。エアポンプを持ち運ぶ必要がなく、うっかり積み忘れる心配もありません。空気量の調節がおこなえるバルブは、軽い力で操作できるよう使い勝手にもこだわって設計されています。

スノーピーク(snow peak) インフレーター キャンピングマット2.5w TM-193

スノーピーク(snow peak) インフレーター キャンピングマット2.5w TM-193

携帯性よりも寝心地のよさにこだわる方におすすめの、インフレーターマットです。厚さが約6.2cmの極厚ウレタンフォームを採用しているのが特徴。空気の充填もバルブを開くだけと簡単なため、睡眠環境を短時間で整えることが可能です。

77cmと横幅にゆとりがあるので、寝返りをうっても簡単にはみ出てしまわないのもポイント。また、裏地にはノンスリップ加工が施されており、寝ている間にずれにくいので便利です。小さな破れ程度なら修理ができるリペアキットを付属。キャンプ場についてから穴あきに気づいても、その場で補修ができるので重宝します。

高い快適性を求める方におすすめのモデルですが、収納サイズはφ20×85cmとやや大きめです。購入を検討している方は、あらかじめ留意しておきましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 エアーマット インフレーティング UB-3005

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 エアーマット インフレーティング UB-3005

気軽に購入できる、手頃な価格が魅力の製品です。キャンプ初心者の方にもおすすめのインフレーターマット。バルブを開くだけで自動的に空気が入るため、初めての方でも容易に設営をおこなうことが可能です。

生地には強度の高いポリエステル素材を使用し、PVC加工を施すことで防水性を確保しています。ちょっとした汚れであれば落としやすいのも便利です。収納サイズは約φ12×59cmとコンパクト。重量も900gと軽量なため、付属の収納ケースに入れて簡単に持ち運べます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ピロー付インフレーティングマット UB-3029

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ピロー付インフレーティングマット UB-3029

ピンクのカラーリングがかわいらしい、おしゃれなインフレーターマットです。子供連れのファミリーキャンプにもおすすめのモデル。同タイプの製品同士なら連結してダブルマットとしても使えるので便利です。

ピロー一体型を採用しており、アウトドアでも枕が手放せない方にも適しています。本体はバルブを開けるだけで自動的に膨らむので、就寝準備に時間がかかりません。ただし、ピロー部分は手動で空気を入れる必要があるため、注意しましょう。

マットの厚みは2.5cmほどですが、整地されたキャンプ場であれば快適に眠ることが可能です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア インフレーティングマット UB-3026

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア インフレーティングマット UB-3026

厚さ5cmのウレタンフォームを使用した寝心地のよいモデルです。寸法が約幅130×長さ200cmのダブルサイズ。空気の充填もバルブを開くだけと簡単なので、設営に時間を取られたくないファミリーキャンプにおすすめのインフレーターマットです。

マット表面には肌触りのよいフロッキー加工が施されているため、親子で気持ちよく眠れます。また、裏面にはノンスリップ加工を採用。テント内で子供が走り回っても、ズレにくいので重宝します。収納サイズはφ29×65cm、重量は約3.8kgあるのでオートキャンプ向きのモデルです。

ディーオーディー(DOD) ソトネノサソイ S

ディーオーディー(DOD) ソトネノサソイ S

ネーミングの通り屋外での眠りを誘われるような、寝心地のよいインフレーターマットです。約4.5cmのスポンジを採用。従来モデルよりスポンジの密度を上げているので、より快適に眠ることが可能です。

簡単に取り外しできるシーツが付いています。生地には肌触りのよいポリエステルとコットンの混紡素材を採用。さらに、取り外すと洗濯機で丸洗いができるため、いつでも清潔な状態に保っておけます。きれい好きのキャンパーにもおすすめのモデルです。

また、連結システムを搭載しているのもポイント。左右に配置されたボタンでマット同士を繋いで使用できます。人数やテントの大きさに応じてサイズが変えられるので便利です。

ディーオーディー(DOD) ソトネノキワミ S

ディーオーディー(DOD) ソトネノキワミ S

キャンプでも車中泊でも寝心地のよさを優先する方におすすめのモデルです。10cm厚のウレタンフォームを贅沢に使用しているのが特徴。地面やシートの凹凸を気にせず休めます。バルブを開ければ自動で膨らむので、準備作業に時間を取られにくいのも魅力です。

高さ調節が可能な枕も付いており、まるで自宅にいるような睡眠環境が作れます。また、枕にはエアポンプ機能を備えているため、空気量の調節も簡単です。付属のキャリーバッグには大きめのサイズを採用。極厚モデルながら撤収時に収納がしやすいのも本製品の特徴です。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

カラフルなデザインが楽しい、ダブルサイズのインフレーターマットです。約3cmの厚みがありキャンプはもちろん、野外フェス、車中泊、ピクニックなどでも活躍。幅広い用途に使える製品を探している方におすすめのモデルです。

バルブを緩めるだけで自動的に膨らむので準備も簡単にできます。生地にはPVCコーティングを施した耐水圧1200mmのポリエステル素材を採用。寝ているあいだに地面の湿気で体や服が濡れにくいのも魅力のひとつです。

大判モデルにもかかわらず、約φ18×58cmとコンパクトに収納可能。専用の収納バッグが付属しているので簡単に持ち運べます。

サーマレスト(THERMAREST) アウトドアマットレス トレイルスカウト

サーマレスト(THERMAREST) アウトドアマットレス トレイルスカウト

登山・トレッキング・キャンプツーリングに使用できる、コンパクトで軽量なインフレーターマットです。収納サイズは約φ14×28cmで、重さは約630gと小型・軽量。厚さは2.5cmほどですが、肉抜きをしていないクッション材を採用しているため寝心地は良好です。

表面生地にはウレタン素材を使用しているので、寝ている間に滑りにくいのもポイント。手頃な価格でオールシーズン便利に使用できる製品を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) 55セルフインフレートマット

ロゴス(LOGOS) 55セルフインフレートマット

厚さが約5.5cmあり寝やすいインフレーターマットです。約65×190cmのシングルサイズ。表と裏でカラーの異なるリバーシブルデザインを採用しているため、気分に応じて使い分けられます。

バルブを開けるだけで自動的に空気が充填されるので、初心者の方にもおすすめのモデルです。両サイドには連結用のボタンを配置。ソロ・カップル・ファミリーと、利用人数に合わせていくつでも繋げられるので便利です。専用の収納バッグが付属しており、持ち運びや保管の際に重宝します。

フィールドア(FIELDOOR) 自動膨張マットレス S

フィールドア(FIELDOOR) 自動膨張マットレス S

車中泊に便利な、約10cm厚のウレタンフォームを使用した製品です。極厚仕様のためシートの凹凸を気にせず眠ることが可能。もちろん、キャンプなどのアウトドアユースにもおすすめのモデルです。

バルブを開けるだけで空気が充填されるため、時間をかけてポンプで膨らます必要もありません。側面に備えられたボタンでマット同士の連結も可能。人数や室内サイズに合わせて繋げられるので便利です。口径22mmの大型バルブを採用しているため、収納時の空気抜きも短時間でおこなえます。

フィールドア(FIELDOOR) 枕付き自動膨張マットレス S

フィールドア(FIELDOOR) 枕付き自動膨張マットレス S

寸法が約60×190cmある、シングルサイズのインフレーターマットです。厚さが5cmのウレタン材を採用しており車中泊にも便利。バルブを開ければ自動で膨らむので、就寝準備に時間はかかりません。

口径22mmある大型の二重バルブを採用しているため、空気を入れたり抜いたりする作業もスムーズにおこなえます。独立した気室を持つピローを搭載しているのが特徴。最高17cmまで好みの高さに調節できるので、快適に眠ることが可能です。

ただし、ピロー部分の空気は手動で充填する必要があります。購入を検討している方は、あらかじめ留意しておきましょう。

KOOLSEN キャンピングマット

KOOLSEN キャンピングマット

価格が安く気軽に購入できる製品です。厚さが約3cmあるため、地面の凹凸を吸収し快適に眠ることが可能。また、枕付きの構造を採用しており、キャンプピローを持ち運ばなくてよいのもメリットです。横幅が63cmあるゆったりサイズもうれしいポイント。

空気の注入は自動充填式を採用しており、簡単に扱えるので初心者の方にもおすすめです。キャンプ・ピクニック・車中泊と、さまざまなシーンで便利に使えます。

クイックキャンプ (QUICKCAMP) 車中泊マット QC-CM8.0

クイックキャンプ (QUICKCAMP) 車中泊マット QC-CM8.0

高反発ウレタンを使用したインフレーターマットです。約201×70cmの大きさは、一般的なミニバンのフルフラットシートへ2枚並べるのにちょうどいいサイズ。約8cmの極厚仕様なので、シートの凹凸も気にせず横になることが可能です。

また、裏面には滑り止め加工が施されており、ズレにくいのも特徴のひとつ。万が一の破損時にも安心のリペアキットを付属しています。突然の来客用や災害発生時の備えとしてもおすすめのモデルです。