キャンプのハイシーズンといえば夏ですが、寒い時期ならではの楽しみがある冬キャンプ。その必需品として挙げられるのが「ストーブ」です。テント内をしっかり暖めてくれるので、就寝時も快適に眠れます。

上級キャンパーのなかにはストーブを使用しない方もいますが、アウトドア初心者の方は1台用意しておくのがおすすめです。そこで今回は、定番モデルを中心に、おすすめのアウトドア向けストーブをご紹介します。十分に防寒対策を行い、安全に冬キャンプを楽しんでください。

アウトドアで人気のストーブ3種類

広範囲を暖めるのに適した石油ストーブ

By: rakuten.co.jp

火力が強く、広範囲をしっかりと暖められるのが石油ストーブの特徴です。そのため、大人数で行うキャンプにおすすめ。燃料に灯油を使用するので燃料費が安く、コスパに優れているのが魅力です。

また、比較的サイズが大きいモノが多いので、天面部分にやかんや鍋を載せてお湯を沸かしたり、簡単な調理をしたりとアウトドアでも便利に使えます。冬キャンプの防寒対策として、ぜひチェックしておきたいストーブです。

手軽に使えるガスストーブ

By: amazon.co.jp

ガスストーブは、軽量かつコンパクトで携帯性に優れているため、手軽に使えるのが魅力です。石油や薪ストーブと比較して火力は弱いので、ソロやカップルなど少人数でのキャンプにおすすめ。燃料のガス缶には、CB缶とOD缶の2種類があります。

CB缶は、カセットコンロに使用する燃料でおなじみの「カセットボンベ」です。OD缶と比べ火力では劣りますが、手頃な価格が魅力。また、対応するガスストーブの種類も豊富です。

一方、OD缶はアウトドア用途を目的に作られているガス缶。CB缶と比較して価格は高くなりますが、火力が強く、低温環境でも安定しているのが特徴です。しかし、対応しているガスストーブの種類は少なく、CB缶タイプのように選択肢は多くないため留意しておきましょう。

炎のゆらぎに癒される薪ストーブ

By: amazon.co.jp

薪ストーブの魅力は、揺れる炎を眺めることによる癒し効果です。体を暖められるだけでなく、気持ちもリラックスできます。冬場のアウトドア気分を満喫したいなら、おすすめのアイテムです。

また、火力も強く広範囲を暖められるので、大人数のキャンプにも最適。薪の量を調節すれば、さまざまな温度で室温の調節ができます。

しかし、着火など取り扱いが難しい側面もあるため、初心者には不向き。また、燃料となる薪は荷物としてかさばりやすいので、現地のキャンプ場でも調達ができるか確認しておきましょう。

アウトドア向けストーブの選び方

ランニングコストで選ぶ

By: amazon.co.jp

ストーブのランニングコストをチェックするうえで重要なのは、燃料にかかるコストです。一般的に、最も低コストなのは灯油を使用する石油ストーブ。リーズナブルで燃費がよく、燃料代を抑えたい方におすすめです。

ガスストーブの燃料となるガス缶は、手軽さが魅力ですが、コスト面ではあまり優れていません。CB缶とOD缶ではCB缶の方が安価なので、コスパを求めるならCB缶タイプの製品を選ぶのがおすすめです。

薪ストーブは薪の種類にもよりますが、キャンパー達からは燃料代がかかると評されています。キャンプ場によっては無料の薪を用意している場合があるため、そのようなキャンプ場を選ぶのもひとつの方法です。

安全に使用できる機能の有無

By: amazon.co.jp

ストーブは火を扱う製品のため、安全性は重要なポイントです。特に、テント内で使うストーブを探している方は、安全機能をしっかり確認しておきましょう。

安全機能は製品ごとにさまざまですが、一般的なのは「転倒時消火装置」です。不慮の転倒や強い衝撃を感知し自動で消火するので、火事を防止できます。そのほか、地震を検知して消火する「対震自動消火装置」もおすすめの機能です。

また、燃料の種類に合わせた独自の安全機能も要チェック。例えば、ガスストーブの場合は、ガス缶の異常な圧力などを検知し、自動でガスの供給を遮断する機能を搭載したモデルがラインナップされています。事故を防ぐためにも、購入前に安全機能をよく確認するのがおすすめです。

携帯性に優れているかどうかもチェック

By: amazon.co.jp

燃料の種類別に比較すると、最も携帯性に優れているのはガスストーブです。本体のサイズがコンパクトなうえ、燃料のガス缶も灯油や薪よりかさばらず、持ち運びが容易。ラインナップされているガスストーブのなかには、より携帯性に特化した小型モデルもあり、携帯性を重視する方におすすめです。

石油ストーブや薪ストーブにも小さく軽量化されたモデルは存在するので、車でキャンプ道具を運搬する方は併せて検討してみてください。大人数でのキャンプ用に高火力なストーブを探しているなら、コンパクトな石油ストーブが携帯性とのバランスがよくおすすめです。

アウトドアにおすすめのストーブ|石油ストーブ

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002BK

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002BK

本製品は高品質の登山・キャンプ用品で人気の、「スノーピーク」が展開する石油ストーブです。タンク容量3.1Lで約15時間の燃焼ができ、燃費に優れているのが魅力。1泊2日ほどのキャンプであれば、予備の燃料を持たずに冬キャンプを楽しめます。

本体サイズは、約38×34cmとコンパクト。持ち運びのしやすいモデルを探している方におすすめです。平らな天板には、やかんや鍋を置くことが可能。暖を取りながら、手軽に煮込み料理などが作れるので重宝します。

しかし、不完全燃焼の危険があるため、テント内での使用はできません。通気性が確保されつつ風の影響を受けにくい、シェルター内での使用が推奨されているので、購入の際は留意しておきましょう。

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型石油ストーブ レインボーランタン RL-250

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型石油ストーブ レインボーランタン RL-250(G)

ランタン風のデザインがおしゃれな、対流型石油ストーブです。およそ40Wの明るさを持つ7色の優しい光が特徴。暖房としてだけでなく、夜のアウトドアでの心強い明かりとしても便利です。

また、電子点火方式を採用しているのもポイント。ツマミを回すだけで簡単に着火できるため、初心者にもおすすめのモデルです。さらに、「ニオイセーブ消化」機能を搭載しているのも魅力。ストーブを消した際に発生する、いやなニオイを抑えます。アウトドアでもインドアでも快適に使えるおすすめのモデルです。

SUND 灯油ストーブ 6L

SUND 灯油ストーブ 6L

おしゃれなレトロ調デザインが特徴の石油ストーブです。6Lの大容量燃料タンクを搭載。約24時間の燃焼が可能なので、連泊をする冬キャンプでも安心して使用できます。3,000W相当の発熱量を有しており、全周に熱を放出するタイプのため、グループで暖を取る際にもおすすめ。キャリングハンドルを装備しているので、持ち運ぶ際にも重宝します。

また、本体上部はケトルで水を沸かすなど、簡易コンロとしても使用できるため便利。キャンプだけでなく、釣りや野外イベントなど、冬場のさまざまなアウトドアシーンで活躍します。価格も安いので、コスパに優れた製品を探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) ブルーフレームヒーター BF3911

アラジン(Aladdin) ブルーフレームヒーター BF3911-W

本製品は、4.1Lの燃料タンクを搭載し、約15時間の連続燃焼が可能な石油ストーブです。発売から80年もの間、基本フォルムを変えていないのが特徴。レトロでおしゃれなデザインなので、個性的なキャンプサイトを演出するインテリアとしてもおすすめのモデルです。

本体の丸窓からは、ネーミングの通り青い炎が見られます。酸素の供給量は不足すると黄色に変化するなど、炎の色で燃焼状態がわかるため便利です。また、対震自動消火装置を搭載しているのもポイント。震度5程度の揺れを検知すると瞬時に作動するので安心です。

さらに、燃焼中や消火時にも未燃焼ガスが発生しにくい設計に加え、一酸化炭素などを低減させる排ガス浄化触媒を採用するなど、いやなニオイの発生を抑える工夫が施されています。インドアとアウトドアのどちらでも、快適に安心して使えるモデルです。

アルパカ(ALPACA) 灯油ヒーター TS-77A

アルパカ(ALPACA) 灯油ヒーター TS-77A

韓国の人気ブランド、「アルパカ」のコンパクト石油ストーブです。燃料を満タンにすると約15時間の燃焼が可能なため、キャンプなど冬のアウトドアアクティビティーに重宝します。自動消火装置が搭載されているのもポイント。突然地震に見舞われたり、誤って倒してしまったりしても安心です。

キャリングハンドルが装備されているのも魅力。調理時はキッチンスタンドの横、食事の際はキャンプテーブルのわきに置くなど、手軽に設置場所が移動できます。携帯性に優れた石油ストーブを探している方におすすめです。

アウトドアにおすすめのストーブ|ガスストーブ

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ CB-STV-MYD

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ CB-STV-MYD

カセットガス製品で人気の「イワタニ」が展開している、ポータブルガスストーブです。燃料には、カセットガスコンロでも使われているCB缶を採用しています。重さは約2.6Kgと軽量。収納式のハンドルを装備しているので、どこへでも簡単に持ち運びができるのが特徴です。

連続して燃焼可能な時間は約3時間20分。石油タイプと比べると短めですが、燃料のガスボンベが携帯性に優れているため、予備を持って行くことでカバーできます。また、不完全燃焼防止装置や転倒時消火装置など、安全機能が充実しているのも魅力。ソロやカップルでのキャンプなど、少人数におすすめのモデルです。

イワタニ(Iwatani) スポーツヒーター CB-ODH-1-GR

イワタニ(Iwatani) スポーツヒーター CB-ODH-1-GR

屋外専用に開発されたガスストーブです。CB缶を採用しているため、自宅で使っているカセットコンロの燃料と共用できます。球状発熱体の内部でガスを燃焼させる方式を採用しており、少ないガスで効率的に発熱するのが特徴です。

最大で1,000W相当の発熱量ながら、約3時間28分の連続燃焼が可能。また、パラボラ形状のリフレクターを装備しているので、スポットで暖める用途にも最適です。キャンプはもちろん、釣り・スポーツ観戦・野鳥観察など、冬場のさまざまなアウトドア活動で重宝します。

カセットコンロと同じ点火方法のため、初心者が簡単に扱えるのも魅力。立消え安全装置や転倒時消火装置、圧力感知安全装置も搭載するなど、安全性にも配慮されたおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) クイックヒーター 170-8054

コールマン(Coleman) クイックヒーター 170-8054

人気のアウトドア用品メーカー、「コールマン」が展開しているガスストーブです。燃料にはOD缶を採用。容量470gのレギュラーガスボンベを使用すると、約8.5時間も連続燃焼が可能です。また、本体サイズは約16×17.5cm、重量は約400gと、コンパクトで軽量なのも特徴。

携帯性にも優れているため、ソロの登山やキャンプツーリングにおすすめのモデルです。また、コンパクトながら点火装置を搭載しているのもポイント。利便性に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アラジン(Aladdin) センゴク・アラジン ガスストーブ SAGBF01

アラジン(Aladdin) センゴク・アラジン ガスストーブ SAGBF01-Y

クラシカルなデザインとポップなカラーがおしゃれな、「アラジン」のガスストーブ。同ブランドの人気ストーブ、「ブルーフレーム」を小さくしたようなコンパクトなボディーが特徴です。

燃料にはCB缶を採用していますが、最大で2,000W相当の大きな発熱量が魅力。冬のアウトドアでも、しっかりと暖を取れます。また、特に寒い場所で使用するのであれば、本ブランドの低温対応タイプ専用カセットボンベを使いましょう。低温環境でも着火しやすく、安定した燃焼が期待できます。

また、専用の収納袋が付属しているのもポイント。カセットボンベが入るサイドポケットも付いており、携帯性にも優れたおすすめアイテムです。

SEIKOH カセットガスストーブ

SEIKOH カセットガスストーブ

安い価格が魅力の、燃料にCB缶を採用したガスストーブです。ヒーター部分の角度を変えることで、ストーブにもグリルにも使えるのが特徴。大型のセラミックパネルを採用しており、最大熱量は1,300Wと強力です。

ガスボンベ1本で、約3〜4時間の連続燃焼が可能。冬のキャンプで足元を温めたり、お湯を沸かしたりと、幅広いシーンで活用できるため便利です。収納時は高さが約27cmとコンパクトになるので、車に積み込む際や保管時にもかさばりません。キャリングハンドルを装備しており、持ち運びも簡単にできるおすすめのモデルです。

アウトドアにおすすめのストーブ|薪ストーブ

ロゴス(LOGOS) チャコグリルストーブ 81064116

ロゴス(LOGOS) チャコグリルストーブ 81064116

本製品は重量が約2.3Kgと軽量な薪ストーブ。持ち運びがしやすく、アウトドアで気軽に薪ストーブを体験してみたい方にもおすすめのモデルです。火床の煙突効果により燃焼効率が優れているため、薪だけでなく炭も使えるのが特徴。BBQ用の余った燃料も、有効に活用できるので重宝します。

周囲がメッシュで覆われた安全設計を施しているのもポイント。火種の熱も効率よく周りに伝わるため、大人数で暖を取るのに最適です。天板を立てるとケトルやフライパンを置いて簡単な調理が可能。立てた天板は、簡易防風として機能します。火床と底皿は取り外しが可能なので、使用後の手入れや掃除も簡単です。

ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ

ホンマ製作所(Honma-seisakusyo) 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ

本製品は新潟県に本社を構え、80年以上の歴史を持つ「ホンマ製作所」の人気薪ストーブです。本体重量は約6.7Kg。ほかの石油ストーブとさほど重さが変わらないモデルで、持ち運ぶことも可能。本格的な冬キャンプを楽しみたい方におすすめのモデルです。

また、スレンレス素材を採用しているのもポイント。耐久性を確保するとともに、黒色の耐熱塗装を施すことで、落ち着きのある外観に仕上げています。別売りの煙突部材を取り付ければ、テント内での使用も可能です。さらに、正面扉にガラス窓が配置されているのも魅力。暖かいテント内でゆらぐ炎を眺めながら、リラックスした時間を過ごせます。

オガワ(ogawa) ちびストーブ3 4115

オガワ(ogawa) ちびストーブ3 4115

テントなどアウトドア用品で人気のブランド、「オガワ」の薪ストーブです。重量は約5.2Kgで、煙突と台座パーツがセットになっています。煙突と台座パーツは組立式を採用。分解したパーツ類は、すべて本体内に収納できます。

専用のキャリーバッグが付属しているため、持ち運びしやすいのが魅力。本格的な薪ストーブを、手軽にアウトドアへ持ち出して使いたい方におすすめのモデルです。また、取り外し可能な中籠を装備しているのもポイント。木炭を入れるとコンロとしても使えるので重宝します。

G-Stove 薪ストーブ Heat View

G-Stove 薪ストーブ Heat View

本製品はノルウェー発のブランド、「G-Stove」の薪ストーブ。本体には耐久性の高いステンレス素材を採用しており、機能を重視した飾り気のないデザインが特徴です。

煙突パーツがセットになっているため、テント内で使用できるのもポイント。また、扉に設置された空気調節口によって、ストーブの強さを自由に調節できるので便利です。

さらに、足は折りたたみ式を採用。持ち運びの際や保管時にもかさばりません。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

本体サイズが約12.7×21cmと、コンパクトな薪ストーブです。燃焼時に発生する熱を利用した発電機能を備えているのが特徴。発電ユニットには2,600mAhのバッテリーを内蔵しており、電気を蓄えておくことが可能です。

また、USB端子を搭載しているのも魅力。スマホなどの電子機器を充電したり、付属のフレックスライトを点灯させたりと、便利に使えます。燃料は薪だけでなく、小枝・松ぼっくり・木質ペレットなど、さまざまな木材が使用可能。防災グッズとしてもおすすめのモデルです。

アウトドアストーブの楽天市場ランキングをチェック

アウトドアストーブの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:アウトドアでストーブを使う際の注意点

By: amazon.co.jp

ストーブは寒い時期のアウトドアに必須のアイテムですが、テント内で使う際には換気に気を配り、一酸化炭素中毒を予防することが重要。一酸化炭素中毒は、狭い空間で燃焼器具を使用し、酸素が不足した場合に引き起こされる症状です。

主な症状は頭痛やめまい、しびれ、呼吸困難、昏睡などで、一酸化炭素中毒の自覚がないまま陥ってしまうのが典型的なケース。一酸化炭素は無色無臭のため、寝ている間に気づかず中毒になり、命を失ってしまうケースも考えられます。

防止するには、テントを閉め切らず十分に換気を行うことが大切です。また、一酸化炭素警報機を持参するのもおすすめ。テント内の一酸化炭素を検知し、アラームで危険を知らせてくれます。一酸化炭素中毒はガスや石油、薪などの燃料に関係なく起こるので、しっかり対策を取りましょう。