キャンプのハイシーズンといえば夏ですが、寒い時期ならではの楽しみがある冬キャンプも人気です。その必需品として挙げられるのが「ストーブ」です。テント内をしっかりあたためてくれるので、就寝時などもより快適に過ごせます。

上級キャンパーのなかにはストーブを使用しない方もいますが、アウトドア初心者の方は1台用意しておくのがおすすめ。そこで今回は、定番モデルを中心に、おすすめのアウトドア向けストーブをご紹介します。十分に防寒対策を行い、安全に冬キャンプを楽しんでみてください。

アウトドアで人気のストーブ3種類

広範囲をあたためるのに適した石油ストーブ

火力が強く、広範囲をしっかりとあたためられるのが石油ストーブの特徴です。そのため、大人数で行うキャンプにおすすめ。燃料に灯油を使用するので燃料費が安く、コストを抑えられるのが魅力です。

また、比較的サイズが大きいモノが多いので、天面部分にやかんや鍋を載せてお湯を沸かしたり、簡単な調理をしたりとアウトドアでも便利に使えます。冬キャンプの防寒対策として、ぜひチェックしておきたいストーブです。

手軽に使えるガスストーブ

By: amazon.co.jp

ガスストーブは、軽量かつコンパクトで携帯性に優れているため、手軽に使えるのが魅力です。石油や薪ストーブと比較して火力は弱いので、ソロやカップルなど少人数でのキャンプにおすすめ。燃料のガス缶には、CB缶とOD缶の2種類があります。

CB缶は、カセットコンロに使用する燃料でおなじみの「カセットボンベ」です。OD缶と比べ火力では劣りますが、手頃な価格が魅力。また、対応するガスストーブの種類も豊富です。

一方、OD缶はアウトドア用途を目的に作られているガス缶。CB缶と比較して価格は高くなりますが、火力が強く、低温環境でも安定しているのが特徴です。しかし、対応しているガスストーブの種類は少なく、CB缶タイプのように選択肢は多くないため留意しておきましょう。

炎のゆらぎに癒される薪ストーブ

By: amazon.co.jp

薪ストーブは、炎が揺れることによって癒し空間を演出できるのが魅力です。体をあたためられるだけでなく、穏やかでリラックスムード漂う時間を楽しめます。

また、火力も強く広範囲をあたためられるので、大人数のキャンプにもおすすめ。薪の量を調節すれば、さまざまな温度で室温の調節ができます。

しかし、着火など取り扱いが難しい側面もあるため、初心者には不向き。また、燃料となる薪は荷物としてかさばりやすいので、現地のキャンプ場でも調達ができるか確認しておきましょう。

安全性に優れた電気ストーブ

By: amazon.co.jp

熱源に電気を利用する電気ストーブは、安定性に優れているのが最大の魅力です。ガスや石油を使用せず一酸化炭素中毒の危険性がないほか、火事になる可能性が低く安心して使えます。特にテント内で手軽にあたたまりたいときに便利。また、リーズナブルなモデルが多くラインナップされているので、手軽に購入できます。

ヒーター管が2~3本配置されている一般的な電気ストーブのほか、ファンであたたかい風を送風できるセラミックファンヒーターも要チェック。スイッチを入れれば、すぐにあたたかい風で寒さをしのげます。ただし、電気ストーブはコンセントが必要になるため要注意。電源を備えたキャンプサイトやポータブル電源を持っていく必要があります。

アウトドア向けストーブの選び方

ランニングコストで選ぶ

By: amazon.co.jp

ストーブのランニングコストをチェックするうえで重要なのは、燃料にかかるコストです。一般的に低コストなのは灯油を使用する石油ストーブ。リーズナブルで燃費がよく、燃料代を抑えたい方におすすめです。

ガスストーブの燃料となるガス缶は手軽さが魅力ですが、コスト面ではあまり優れていません。CB缶とOD缶ではCB缶の方が安価なので、コスパを求めるならCB缶タイプの製品を選ぶのがおすすめです。

薪ストーブは薪の種類にもよりますが、キャンパー達からは燃料代がかかると評されています。キャンプ場によっては無料の薪を用意している場合があるため、そのようなキャンプ場を選ぶのもひとつの方法です。

安全に使用できる機能の有無

By: amazon.co.jp

ストーブは火を扱う製品のため、安全性は重要なポイントです。特に、テント内で使うストーブを探している方は、安全機能をしっかり確認しておきましょう。

安全機能は製品ごとにさまざまですが、一般的なのは「転倒時消火装置」です。不慮の転倒や強い衝撃を感知し自動で消火するので、火事を防止できます。そのほか、地震を検知して消火する「対震自動消火装置」もおすすめの機能です。

また、燃料の種類に合わせた独自の安全機能も要チェック。例えば、ガスストーブの場合は、ガス缶の異常な圧力などを検知し、自動でガスの供給を遮断する機能を搭載したモデルがラインナップされています。事故を防ぐためにも、購入前に安全機能を確認しておきましょう。

携帯性に優れているかどうかもチェック

By: amazon.co.jp

燃料の種類別に比較すると携帯性に優れているのはガスストーブです。本体のサイズがコンパクトなうえ、燃料のガス缶も灯油や薪よりかさばらず、持ち運びが容易。ラインナップされているガスストーブのなかには、より携帯性に特化した小型モデルもあり、携帯性を重視する方におすすめです。

石油ストーブや薪ストーブにも小さく軽量化されたモデルは存在するので、車でキャンプ道具を運搬する方は併せて検討してみてください。大人数でのキャンプ用に高火力なストーブを探しているなら、コンパクトな石油ストーブが携帯性とのバランスがよくおすすめです。

アウトドアにおすすめのストーブ|石油ストーブ

トヨトミ(TOYOTOMI) レインボー 対流形石油ストーブ RB-250

「レインボーストーブ」の愛称でアウトドア派に人気の石油ストーブです。名前の通り、特殊ガラスコーティングによって七色に浮かび上がる炎の輪が魅力。幻想的な炎を眺めながら過ごしたい、キャンプの夜におすすめのモデルです。約40Wの明るさがあり、停電時の灯りとしても活躍します。

グッドデザイン賞を受賞した、コンパクトでシンプルなデザインもポイント。車載する際やキャンプサイトでの持ち運びも簡単です。未燃ガスを燃やしきってニオイを抑える「ニオイセーブ消火」を搭載し、消火する際のニオイが苦手な方にもおすすめ。2重タンク構造の採用で、万一倒れても油がこぼれにくくなっています。

点火つまみを回すだけの電子点火により、ヒーター切れの心配がないのもポイント。点火には単2形乾電池が4本必要です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ストーブ RL-250

ランタン調のレトロなデザインが印象的な石油ストーブです。アウトドアはもちろん、インテリアに馴染みやすいデザインで室内用と共用したい場合におすすめ。タンク容量4.9Lで、木造7畳・コンクリート造9畳まで対応できる暖房能力を備えています。点火はダイヤルを回すだけと、機器の操作が苦手な方にも簡単です。

七色の美しい炎が浮かび上がる、特殊コーティングガラス円筒を搭載。およそ40W相当の明るさにより、非常時の照明としても役立ちます。日本の工場で生産している信頼性の高さもポイント。耐震自動消火装置を備えており、安心して使えます。

コロナ(Corona) 石油ストーブ RX-22YA

見やすい操作部を設けている石油ストーブです。ダイヤルはポジションマーク付きで、調節範囲を確認しやすく便利。安心の日本製でアウトドアをはじめ、停電や防災時の備えとしてもおすすめのモデルです。暖房出力2.24kWで連勝継続時間は約17時間と、連泊のキャンプでも活躍します。

タンクは簡単に給油しやすい「ワンタッチ給油」を採用。ロック状態をカラーサインでチェックできて安全です。キャップに触らずにツマミを開けられる「よごれま栓」により、手にニオイが付いたりキャップの置き場に困ったりなどの心配もありません。

アラジン (Aladdin) 石油ストーブ ブルーフレーム BF3911

約80年余りの間少しずつ改良を加えながらも形が変わっていない、ロングセラーの石油ストーブです。伝統あるレトロな外観と美しい青い炎が特徴。昔ながらの石油ストーブのフォルムに魅力を感じる方におすすめのモデルです。

独特の青い炎は灯油に充分な酸素が供給された、よい燃焼状態の証。対流式により、包み込むような空気であたためます。耐震自動消火装置にはセットレバーでしんを上げるだけの「しん降下式」を採用。地震の揺れを感知すると、瞬時に消火して安全を確保します。

排ガス浄化触媒を搭載し、一酸化炭素やニオイの原因となる炭化水素を軽減しているのもポイント。灯油の燃えるニオイが気になる方にも使いやすくなっています。

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002

本体サイズ38×38×34cmのコンパクトな石油ストーブ。スノーピーク製シェルターと2ルームシェルターでの使用を推奨しており、冬の寒い時期のキャンプにおすすめのモデルです。同社のアイアングリルテーブル「IGTフレーム」にぴったりセットでき、鍋や煮込み料理でも活躍します。

タンク容量3.1Lで燃焼継続時間は約15時間。電池点火タイプではなく、マッチなど点火棒が必要になります。テント内の設置やシート・マット上に置くと、火災の危険があるため要注意。また、対応シェルターであってもインナーテント内での使用は厳禁です。

スノーピーク(snow peak) グローストーブ KH-100

円筒型の石油ストーブです。360°全周から熱を放出するため、複数人で暖をとりたいシチュエーションにおすすめ。シェルターなどの中央に設置すれば、空気が対流して全体をあたためられます。上部の鉄板が熱せられて発生する遠赤外線効果もポイント。コンパクトなモデルながら、高い暖房効果を発揮します。

タンク容量4.9Lで燃焼継続時間約20時間と、連泊のキャンプで使用可能。耐震自動消火装置を備えており、室内でも安心して使えます。電池点火式で単2形乾電池を4個使用。点火はレバーを1~2回ぐるっと回すだけと簡単です。

アウトドアにおすすめのストーブ|ガスストーブ

イワタニ(Iwatani ) カセットガス ストーブ マイ暖 CB-STV-MYD

燃料にカセットガスを使用するガスストーブです。CB缶はコンビニやドラッグストアなどで手軽に入手できるため、不意の燃料切れに対応しやすいのが魅力。アウトドアはもちろん、停電時や災害時の備えとしてもおすすめのモデルです。

最大発熱量1.0kWで、連続燃料時間は標準モード運転時で約3時間20分の使用が可能。本体サイズ312×222×290mmのコンパクトサイズで電源コードもないため、移動にも便利です。4つの安全装置搭載で安心して使えるのもおすすめポイント。不完全燃焼防止装置・立消え安全装置・転倒時消火装置・圧力感知安全装置を備えています。

イワタニ(Iwatani ) カセットガスストーブ デカ暖 CB-STV-DKD

CB缶使用のコンパクトなモデルながら、小型石油ストーブ並のあたたかさを実現しているガスストーブです。特許登録済の「熱溜め燃焼筒」は、外側にいくほど熱の放射面積が広がるのが特徴。セラミック筒・パンチングメタル筒・ステンレスメッシュ筒の3層構造により、少ないガス消費で大きな暖房効力を発揮します。

燃料は手軽に入手できるうえ、コードレスで持ち運びも簡単。アウトドアや緊急時の備えとしておすすめのモデルです。最大発熱量1.35kWで連続燃焼時間は約2時間30分。カセットガスのセットにはマグネット式を採用しており、しっかりと固定できて安全です。

ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 NCH-22SR

幅315×奥行255×高さ375mmのコンパクトなガスストーブ。重さ約4.1kgと軽量なので、持ち運びに便利なモノが欲しい方におすすめのモデルです。小型ながら最大出力2.2kWの暖房能力を発揮。屋内で使用する際は約8畳の部屋に対応できます。

輻射熱による暖房は、ファンヒーターの温風が苦手な方にも最適。点火・消化時のニオイがほとんどないなど、嫌なニオイが気になる方にも適しています。圧電点火・圧力感知・不完全燃焼・立消え・転倒時消火・ヒートパネルの、6つの安全装置を備えているのもおすすめポイントです。

センゴクアラジン(SENGOKU ALADDIN) ガスストーブ SAG-BF02

人気の石油ストーブ「ブルーフレーム」のフォルムをモチーフにしたガスストーブです。ガラス窓から見える青い炎が魅力なほか、レトロでかわいらしい外観が印象的。コンパクトサイズで持ち運びしやすく手軽に入手できるCB缶を使用するなど、アウトドアや室内問わず使いやすいおすすめモデルです。

立ち消え安全装置を搭載し、風で火が消えた際にガスの供給を自動的にストップ。そのほか、圧力感知・不完全燃焼・転倒時消火の安全装置を備えています。

BANANAJOY ガスヒーター

OD缶を燃料とするガスストーブです。ストーブ部とOD缶が分かれているため、コンパクトに収納できるのが特徴。ソロキャンプや登山、釣りなど荷物をなるべく少ないしたいシチュエーションにおすすめのモデルです。電子点火装置を備えており、電池やマッチ不要で使えます。

付属のガンスタンクベースをOD缶にセッすれば、安定しにくい場所で暖をとりたいときに便利。収納袋も付属し、持ち運びや保管時に役立ちます。

アウトドアにおすすめのストーブ|薪ストーブ

ソロストーブ(Solo Stove) 薪ストーブ タイタン

木材を燃料とする薪ストーブです。あらかじめ薪を用意するほか、拾った木片や小枝でも手軽に暖をとれるのが魅力。独自の二次燃焼方式によって効率よくあたためます。本体サイズ13×13×14.2cm、重さ468gの超軽量コンパクトで持ち運びも簡単。ソロキャンプでなるべく荷物を減らしたい場合におすすめのモデルです。

アウトドアクッキングに活用できるのも便利。ひとつかみの小枝で調理できるほか、煙もほとんど出ないと謳われています。使い切ったガス缶などゴミが出ない、環境にやさしいおすすめのモデルです。

エコズーム(Ecozoom)バーサ ロケットストーブ

木の枝や木炭を燃料とする薪ストーブです。天面がごとく形状で、鍋やフライパンを乗せやすくなっているのがポイント。暖をとる目的のほか、アウトドアクッキングに活用したい方におすすめのモデルです。ガスや電気は不要なため、大きな災害時などライフラインが使えない場面でも活躍します。

暖房効率に優れ、わずかな燃料で効率よく暖房や調理できるのも特徴。有毒ガスや煙がほとんど出ないと謳われています。本体が熱くなりすぎないのもポイント。小さな子供と一緒のキャンプやBBQで安心して使えます。

ホンマ製作所(Honma Seisakusyo) ステンレス ストーブコンロセット APS-48DX

三面ガラス窓を備えている薪ストーブです。キャンプやBBQなど、アウトドアで揺らぐ炎を眺めながら過ごせるのが魅力。煙突のサイズは約180cmと高めのため、煙が身体にかかりにくいなど、屋外で快適に暖をとれるおすすめモデルです。

付属の煙突支え金具にペグを打てば煙突を支えられ、転倒を防止できます。ストーブ本体の高さを290~450mmの範囲で無段階調節できるのも特徴。脚を一番下まで縮めれば、持ち運びや保管時に便利です。

BioLite キャンプストーブ2

木材を燃料に暖をとると同時に、電力をつくれる薪ストーブです。熱を電気に変換して内蔵バッテリーに蓄えられるのが最大の特徴。USB充電ポートを備えており、電気の確保が難しいアウトドアシーンでスマホやLEDライトを充電できるおすすめモデルです。ライフラインがすべて止まってしまうような大災害時にも役立ちます。

焚き火で発生した熱を送風ファンで回転させて空気を送る構造で、効率のよい燃焼を実現。エネルギーを循環させてパワフルな炎が長持ちします。送風ファンによって煙が発生しにくいにもおすすめポイント。煙を気にせず快適にアウトドアクッキングを楽しめます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) かまど煙突ストーブ UG-11

さまざまな用途に活用できる、かまど型の薪ストーブ。暖をとる薪ストーブや焚き火をはじめ、BBQやダッチオープンを使った調理など幅広く活躍するおすすめモデルです。炭の継ぎ足しに便利な扉付きで、目皿は2段階で高さ調節可能。網焼きやダッチオープン使用時など、用途によって使い分けできます。

フタは「組蓋式」を採用し、鍋の大きさに合わせてセットできるのも便利。網焼きに役立つ「バーベキュー網」が付属しています。パーツが多く組み立てには時間がかかるため、バラした状態で持ち出して使用するのには不向き。自宅の庭などで楽しみたい場合に適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) かまど角型ストーブ UG-51

角型のかまど煙突ストーブです。ネジ不要で脚を広げるだけと、簡単に組み立てできるのが特徴。アウトドアレジャーで手軽に薪ストーブを楽しみたい方におすすめのモデルです。扉付きで薪や炭の継ぎ足しに便利。煙突の高さを3段階で調節できるなど、使い勝手のよさも魅力です。

脚は使用シーンに合わせて高さを2段階で調節可能。持ち運びに便利なバッグが付属し、車載する際や移動距離が長い場合に重宝します。

アウトドアにおすすめのストーブ|電気ストーブ

山善(YAMAZEN) 遠赤外線電気ストーブ DSE-KC106

遠赤外線ヒーターの効果によって、心地よく暖をとれる電気ストーブです。石油やガスを使用しないため、テント内の暖房器具としておすすめ。一酸化炭素中毒や火災の危険性がなく、電源を確保できるキャンプサイトでの使用に適しています。

スチーム式加湿機能を備えており、冬場の乾燥が気になる方にも最適。強・中・弱の3段階であたたかさを選べるため、気温や体調に合わせて調節できます。本体が倒れると自動で電源がオフになるほか、スチーム使用時の空焚き防止機能を搭載。水がなくなるとスチーム用ヒーターが自動で止まるなど、安全性に優れている1台です。

コロナ(Corona) 遠赤外線電気ストーブ コアヒート AH-12RA

ヒーター部に「ブラックセラミックコーティング」を施した電気ストーブ。豊富な遠赤外線量と輻射熱の効果により、離れていても暖をとりやすいおすすめモデルです。ヒーターの向きを縦・横で自在に変えられるのも便利。シーンに合わせてあたためる範囲を調節できます。

人感センサーによって人の動きを検知すると運転し、いなくなると停止。自宅で電気代を節約しながら使用したい場合にも適しています。停電時安全装置や転倒オフスイッチなどの安全装置にくわえてチャイルドロックを備えており、小さな子供がいる家庭でも安心です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800

幅約14×奥行14×高さ38cmのコンパクトな電気ストーブです。電源を確保できるオートキャンプ場での使用におすすめ。設置に場所をとらず重さ約1.7kgと持ち運びも簡単で、脱衣場や台所など狭い場所で足元をあたためるのにも適しています。

脚部にコードを巻きつけられるフックを備えて、未使用時や保管時にすっきりと収納できるのも便利。転倒時電源オフ機能を搭載しているなど安全性にも優れています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター JCH-12TD4

ファンであたたかい風を送れるセラミックファンヒーターです。ターボ運転時1200Wのパワーを備え、すばやくあたためたいシーンにおすすめ。電源を確保できるキャンプサイトやグランビングなどで、石油やガスを使わず安全に暖をとりたいときに活躍します。

静音性に優れており、子供部屋や寝室用としても活躍。人の動きを感知してオン・オフする人感センサーを搭載し、切り忘れを防止できるのもおすすめポイントです。脱衣場に設置すれば、急激な温度変化で起こるヒートショック対策にも役立ちます。

パナソニック(Panasonic) セラミックファンヒーター DS-FN1200

コンパクトサイズながら、最大1170Wのパワフルな暖房能力を発揮するセラミックファンヒーターです。電気ストーブと異なりヒーター管が見えないため、小さな子供のいる家庭におすすめ。電源を確保できるアウトドアのほか、自宅でのスポット暖房としても適しています。

コードをすっきりと本体内に収納でき、取っ手付きで持ち運びも簡単。約15°で上下に可動する風向可変ルーバーを搭載し、広い範囲に風を遅れます。押し棒式の転倒スイッチではなく「二重安全転倒オフスイッチ」を採用。一度転倒したら起こさない限りは通電せず、安全に使えます。

アウトドアストーブの楽天市場ランキングをチェック

アウトドアストーブの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:アウトドアでストーブを使う際の注意点

By: amazon.co.jp

ストーブは寒い時期のアウトドアに必須のアイテムですが、テント内で使う際には換気に気を配り、一酸化炭素中毒を予防することが重要。一酸化炭素中毒は、狭い空間で燃焼器具を使用し、酸素が不足した場合に引き起こされる症状です。

主な症状は頭痛やめまい、しびれ、呼吸困難、昏睡などで、一酸化炭素中毒の自覚がないまま陥ってしまうのが典型的なケース。一酸化炭素は無色無臭のため、寝ている間に気づかず中毒になり、命を失ってしまうケースも考えられます。

防止するには、テントを閉め切らず十分に換気を行うことが大切です。また、一酸化炭素警報機を持参するのもおすすめ。テント内の一酸化炭素を検知し、アラームで危険を知らせてくれます。一酸化炭素中毒はガスや石油、薪などの燃料に関係なく起こるので、しっかり対策を取りましょう。