キャンプのハイシーズンといえば夏ですが、秋から冬にかけてのキャンプは綺麗な星空が見られるなど夏場にはない魅力があります。

ただし、秋冬のキャンプにはストーブなどの暖房器具が必須です。そこで今回は、秋冬キャンプにおすすめのアウトドアストーブをご紹介します。

キャンプ・アウトドアストーブの種類

暖房用のアウトドアストーブを選ぶ際のもっとも重要なのが「使用する燃料」です。燃料の種類によって使い勝手が異なるので、ポイントを押さえて自分にあったストーブを選びましょう。

お手軽なガスストーブ

11114907_0007-725x400

By: uniflame.co.jp

アウトドア初心者でも扱いやすいのが、カセットボンベを使用するガスストーブ。スーパーやコンビニなどでも購入できる家庭用のカセットボンベを使用できるタイプも多いので、手軽さもポイントです。

広範囲を暖めてくれる石油ストーブ

890eb46771f045dca049f132db6b1544

By: store.snowpeak.co.jp

自宅でも使用できる対流型の大型タイプの石油ストーブは火力が強いので、広範囲を温められます。燃料タンクを満タンで使用すると、10時間以上燃焼が続くものもあるので冬場のキャンプにおすすめ。ガスストーブのようにボンベを頻繁に変える必要もないのが魅力です。

暖が取れて調理にも使える万能な薪ストーブ

top_band_03-1

By: doppelganger-sports.jp

アウトドアシーンを楽しむなら薪ストーブがおすすめ。パチパチと薪の燃える音や揺らぐ炎を見ながら大自然を満喫できます。暖を取るだけでなく調理も可能なモデルが多いのも特長です。

キャンプ・アウトドアストーブの選び方

By: uniflame.co.jp

アウトドアで使用するストーブの選び方は、行く場所やキャンプスタイルによって変わります。種類ごとのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、自分のキャンプスタイルにあったストーブ選びをしてください。

軽量コンパクトでガスカートリッジがあれば簡単に使用できるガスストーブ。火力はやや弱いですが、持ち運びが容易なため荷物を極力少なくしたい時やソロキャンプ、2台目のストーブなどにおすすめです。

持ち運びは大変ですが、火力が強くストーブの上に鍋を置いて煮込み料理を作るなど簡単な調理もできる石油ストーブは、大人数でのキャンプにおすすめ。

ストーブの中で見た目がおしゃれな薪ストーブは、慣れていないと着火方法やお手入れが難しいのがデメリットです。しかし、広範囲を温めることができる上、薪の量によって火力調節も可能。なお、薪はキャンプ場で入手できることもあるので利用する際は事前に確認しておきましょう。

キャンプ・アウトドアストーブのおすすめ|ガスストーブ

ユニフレーム(UNIFLAME) ハンディガスヒーター ワームII

コンパクトさかつ燃焼時間の長さが魅力のガスストーブ。本体には取っ手が付いているので持ち運びが容易です。ガスボンベは同時に2本セットできますが、1本でも使えます。燃焼時間は2本セット時の最大火力で約10時間です。

また、ガスの気化不良を防いでくれる「サーマルコントロール」機能により、-5℃程度までの寒さでも使える優れモノ。角度調整もできるので、お好みの位置に角度を変えながら身体を温められます。コンパクトで実用性に優れたおすすめのガスストーブです。

イワタニ(Iwatani) カセットガスヒーター CB-ODH-1

カセットコンロと同じ点火方式で、誰でも簡単に取り扱えるガスストーブ。風などで火が消えても自動でガスを遮断する立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置を搭載しています。小さなお子さんがいても安心して使用できるので、ファミリーでのキャンプにもおすすめです。

ニチネン(NITINEN) カセットボンベ式ガスヒーター ミスターヒート KH-011

燃焼部にセラミックスを採用した遠赤外線暖房のガスストーブ。小型かつ軽量ながら、カセットボンベ1本で約3~3.5時間使用可能と長持ちします。予備のボンベを収納できるケースが付属するので、持ち運びも容易。少人数のキャンプにおすすめのモデルです。

カリフォルニアパティオ(California Patio) カセットガスヒーター

低温時にも点火しやすいジェネレーター・ヒートパネル機能を搭載したガスストーブ。取っ手付きのモデルで持ち運びにも適しています。カセットボンベ1本で約3時間使用することが可能です。

ユニフレーム(UNIFLAME) コンパクトパワーヒーター UH-C 630051

-30℃でも暖かく燃え続けるハンディタイプのコンパクトヒーターです。カセットガスを逆さまにして使用するのが特徴。軽量コンパクトながら、プレミアムガスで約3時間40分、レギュラーガスでは約4時間と燃焼時間も十分です。

スライド折りたたみ式でコンパクトに持ち運べるのがメリット。比較的暖かい秋やサブ用のヒーターとして使用するのがおすすめです。

コールマン クイックヒーター

LPガス仕様で軽量・コンパクトながら手早く温まることができるクイックヒーター。レギュラーガス470g缶1本で、約8.5時間燃焼します。着火操作も簡単に行うことができるので、気軽に使用できるストーブとして人気です。

キャンプ・アウトドアストーブのおすすめ|石油ストーブ

武井バーナー パープルストーブ301Aセット

火入れすることにより紫色の炎となる“パープルストーブ”。ランタンと同程度のコンパクトなサイズながら高い熱量を発することで人気のモデルです。通常のキャンプでの使用には十分なサイズ感。容量は1.2Lで燃焼時間は約5時間です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型 石油ストーブ RL-25F

特殊ガラスコーティングにより虹色の優しい光が浮かびあがるレインボーストーブ。約40Wの明るさの炎は、ランタンの代わりに足元を照らす光としても最適です。ニオイセーブ消火機能搭載で、消火時に灯油独特の嫌な臭いがしないところも魅力。

万一の転倒時にも油がこぼれにくい2重タンク構造で、アウトドアでも安心して使用できます。対流式で暖房出力は2.5kWと十分。ランタン調のデザインもおすすめポイントです。

スノーピーク レインボーストーブ KH-001

リビングシェルやランドロック内でも使える耐震自動浄化装置を備えた安全性の高い石油ストーブ。容量4.9Lで連続燃焼時間は約20時間と長持ちします。インテリアとしても楽しめるおすすめモデルです。

キャンプ・アウトドアストーブのおすすめ|薪ストーブ

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブ AS-60

野外調理にも使える時計型薪ストーブ。本体にはステンレスを採用し、サビや汚れがつきにくいのもアウトドアシーンではうれしいポイントです。

ストーブ上部の蓋を開ければ、調理器具を収納することができる便利設計。手間はかかりますが、薪ストーブならではの魅力を堪能するにはおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO 煙突ストーブ UG-11

薪ストーブだけでなくバーベキューグリル・焚き火・かまど・ダッチオーブンと用途別に使い分けができる、かまど型の煙突ストーブ。炭の継ぎ足しに便利な扉付きで、鍋のサイズに合わせてストーブ上部の口径を変えられる組蓋式を採用しているのがポイントです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) はじめてのまきちゃん MS1-486

設営・撤収が簡単な薪ストーブデビューにおすすめのモデル。薪投入口には耐熱ガラスがはめ込まれているので、揺らめく炎を堪能できます。初心者にもBBQから直火料理まで楽しめる本体に加え、火かき棒・煙突・焼き網がセットになった薪ストーブです。

オージーピッグ(ozpig) International セット OZP001

コンパクトサイズの煙突型薪ストーブ。3mm厚の圧縮された鉄を使用し、コンパクトながら丈夫で長持ちするのが特長です。

煙突・鉄板・内部用火格子・リフター・簡易キャリーバッグがセットになっており、組み立ても簡単なので、キャンプビギナーにもおすすめです。

キャンプ・アウトドアストーブの楽天市場ランキングをチェック

キャンプ・アウトドアストーブの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

テント内での使用には気をつけよう

By: amazon.co.jp

冬キャンプに必須のストーブですが、テント内で使用する時には十分な換気が必要です。キャンプ中の事故の多くはテント内でのストーブ使用による“一酸化炭素中毒”。安全にストーブを使用するためにも、一酸化炭素警報機などを設置して、事故を未然に防ぐよう細心の注意を払う必要があります。

ストーブを使用できるテントとできないテント、テント内で使用できるストーブと使用不可のストーブがあるので、購入時には忘れずに確認をしましょう。