一本で自宅のさまざまな場所を掃除できる「デッキブラシ」。柄に体重をかけられるので、力に自信がなくてもラクに汚れを落とせるアイテムです。しかしナイロン・シダなど種類が多く、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回はデッキブラシの特徴や選び方などとあわせて、おすすめのデッキブラシをご紹介します。自分にぴったりなデッキブラシをゲットして、面倒だと感じていた場所の掃除にチャレンジしてみてください。

デッキブラシの特徴は?

By: amazon.co.jp

デッキブラシは、水だけでもに広い範囲の汚れを簡単に落とせるのが特徴。雑巾やスポンジとは異なり、長い柄が付いているので立ったまま力を入れやすいのが魅力です。

玄関やガレージ、ベランダなどの掃除に便利で、場所に縛られず使える万能さもポイント。庭の目地に入り込んだ小石・土もスムーズにかき出せます。用意しておくことで、日頃のお手入れだけでなく大掃除にも活用できる掃除アイテムです。

デッキブラシの選び方

ブラシの素材で選ぶ

ナイロン

By: amazon.co.jp

ナイロン素材は玄関・ベランダ・屏などの掃除にぴったりです。薬剤に強いため、洗剤を併用した広範囲の掃除に適しています。

しなやかで弾力があるため、タイルの隙間に詰まった汚れを取り除きたいときにも便利。毎日のお掃除に取り入れることで、至るところをきれいに維持できます。比較的リーズナブルなので、ヘビーに使っても買い換えやすいのでおすすめです。

シダ

By: amazon.co.jp

シダはお風呂場・ガレージの掃除に最適。天然素材なので環境に優しいのが魅力です。また、ナイロン同様、洗剤・水・お湯に強いのもポイント。ただし、一般洗浄には使用できますが、アルカリ・酸を使用した洗剤は使用できないので留意しておきましょう。

吸水力に優れているため、広い範囲を掃除したい場合にぴったりです。柔らかい毛先のモノなら、傷付きやすい床材が使われている場所にも使えます。

金属

By: amazon.co.jp

金属素材はサビ・頑固な汚れが付着したコンクリート面・鉄板などの掃除におすすめです。一般的なタイルや木材・樹脂で作られた床材に使うと傷が入り使えないため、家庭での使用頻度は少なめ。しかし傷が気にならない場所であれば、しつこい汚れを落とすのに便利です。

金属素材で作られたデッキブラシは、モノによって固さや弾力が異なるため、使用する場合には力加減を調節しましょう。

ブラシの幅で選ぶ

By: rakuten.co.jp

掃除場所とブラシの幅が合っていると、使いやすくておすすめです。例えばお風呂場・玄関といった狭い範囲を掃除するために購入するなら、15〜20cm幅のデッキブラシが便利。小回りが利くうえに力も入れやすく、狭い場所の掃除に適しています。

一方で駐車場・ベランダ・庭など広い範囲を掃除するために用意するなら、60cm幅のモノがベスト。幅広なので一度に広範囲を掃除でき、家事の効率アップにつながります。ある程度汎用性が高くコントロールしやすいモノを探しているなら、30cm幅のモノが最適です。

柄の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

柄の長さは力の入れやすさや収納のしやすさを左右するため、掃除や保管したい場所に合わせることが大切。90cm程度のモノは比較的動かしやすいので、お風呂や玄関に最適です。

柄が110cm以上あるデッキブラシは、庭やベランダなど広範囲を掃除する場合にぴったり。腰にかかる負担が少ないため、長く使い続けていても疲れにくいのでおすすめです。

家族で使ったりコンパクトに収納したりしたいなら、伸縮できるタイプがベスト。長さが変えられるので、身長に関係なく大人から子供まで使えます。

ヘッドが可動するかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

柄とブラシをつなぐヘッドが自由に動かせるデッキブラシは、隙間掃除にぴったりです。狭いスペースでもブラシが入れやすいので、ベランダにあるなかなか動かせない室外機の下を掃除するときにも役立ちます。

ヘッドが固定されていない分、かける力が逃げてしまう可能性もあるので、掃除場所に合わせて選ぶようにしましょう。

デッキブラシのおすすめメーカー

山崎産業

By: rakuten.co.jp

山崎産業は家庭用環境用品・清掃用品などを取り扱っているメーカー。「快適な暮らしをつくる」をテーマのひとつに掲げ、使いやすさや素材にこだわった生活者視点に寄り添う製品を展開しています。

山崎産業の定番といわれるほど長く愛され続けているのが、コンドルシリーズの製品。機能性・デザイン性を持ち合わせたモノを多数ラインナップしています。清潔感あふれるブルーのボディも特徴です。

テラモト

By: teramoto.co.jp

テラモトは、昭和2年創業の老舗清掃用品メーカーです。家庭用だけでなくプロ仕様の製品も販売しており、空港・学校・官公庁・企業など、さまざまな施設への納入実績があります。

そのなかでも注目なのが、柄の先端にホースを取り付けられる「ホースデッキブラシ」。ブラシ部分から水を流しながら使えるため、効率的に清掃できます。もちろん一般的なデッキブラシも販売しているので、必要なシーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

デッキブラシのおすすめ

山崎産業 デイリークリーン 177684

山崎産業 デイリークリーン 177684

ブラシの幅が約16cmとコンパクトなので、狭いスペースで掃除をするのに便利なデッキブラシです。お風呂・トイレ・玄関といった場所の水洗いにぴったり。柄の長さも81cmあるので、収納がしやすいのも魅力です。

柄には多角パイプが使われているため、手にフィットしやすく使いやすさも良好。ブラシの毛先が広がっているので、角の汚れを落とすときにも活用できます。

山崎産業 HPニューデッキブラシ CL679-000U-MB

山崎産業 HPニューデッキブラシ CL679-000U-MB

ヘッドが自由に動かせるデッキブラシです。幅は約17cmと小さめなので、お風呂や玄関など限られたスペースの汚れを落としたいときに重宝します。

グリーンとレッドの2色を展開しているので、使用場所で統一するのもおすすめ。スペア製品もラインナップされているため、毛先が摩耗してきたらブラシ部分だけ交換できるのも嬉しいところです。

テラモト ワイドデッキ24 CL-419-224-0

テラモト ワイドデッキ24 CL-419-224-0

テラモトから販売されている、24cm幅のデッキブラシです。玄関やお風呂といった狭い場所に使うには幅広ですが、玄関先など少し広めの場所の掃除に適しています。

コンクリートやタイルの汚れが落とせるのもポイント。ブラシの毛が4cmと長いため、ゴシゴシと掃除ができます。柄も130cmと長めなので、長時間使用しても疲れにくいモノを探している方に最適です。

高砂 ワイヤーデッキ木柄2 NSD052

高砂 ワイヤーデッキ木柄2 NSD052

ブラシ部分に亜鉛メッキ線を使用したデッキブラシです。ワイヤーの力を使ってゴシゴシと掃除ができるので、しっかりと汚れを落とせるのがポイント。

金属素材ならではの特徴が活きた製品で、サビやなかなか落ちない汚れを落とすのにぴったりな一品です。柄の長さは112cmあるため、駐車場・ベランダといった広いスペースでの使用に適しています。

タカショー シダデッキブラシ角なし

タカショー シダデッキブラシ角なし

ブラシの素材にシダを用いたデッキブラシ。毛先が柔らかいので、お風呂場をはじめデリケートな素材が使われている床にも使えます。価格が安いので、取り入れやすいのも魅力のひとつです。

軽く握りやすい柄も魅力で、素材には竹が使われています。弾力があり折れにくいため、長く使えるデッキブラシを探している方にぴったりです。

シャルテン(SCHALTEN) デッキブラシ SCH-DB

シャルテン(SCHALTEN) デッキブラシ SCH-DB

柄にメーカーの焼き印が入ったおしゃれなデッキブラシです。吊り下げ収納に便利な紐は、インテリアのアクセントカラーにもなる赤色。柄は木製であたたかみもあり、お部屋の見える場所に収納しても馴染みやすくておすすめです。

ブラシには弾力性に優れたポリエチレンが使われています。長く使い続けられる作りなのも嬉しいポイント。高いデザイン性や機能性を求める方にぴったりです。

タカギ(takagi) 伸縮型パチットデッキブラシ G270

タカギ(takagi) 伸縮型パチットデッキブラシ G270

柄の長さが調節できて便利なデッキブラシです。伸縮幅は78〜124cmと幅広いので、身長に関係なく使えるモノを探している方におすすめ。

ホースにコネクターを取り付けることで接続ができるため、放水しながら使えます。コネクターを取り付けたホースとデッキブラシはワンタッチで接続できるので、清掃方法を手早く切り替えられるのも嬉しいところです。