自分でストリートビューを撮る!

あんなに大興奮で、楽しかったアウトドアシーン。あとで画角の限られた写真でみると、半分も感動が伝わってこなくてがっかり…なんて経験ありませんか? それなら、Googleのストリートビューみたいに画面をグリグリ回して、画像の外にあるシーンまで見れる全天球カメラ Luna で解決! では、この超絶楽しいカメラをご紹介しましょう!

世界最小全天球カメラ

Luna は、ビリヤードボールサイズの世界最小全天球カメラ。ハイエンドな360°カメラは、かさばり気軽に持ち歩く気になりませんが、Luna は直径60mmで170g!

しかも、IP68規格の防水性能で水没しても大丈夫。もうなにも気にすることなく、ガンガン撮影できそうです。

簡単操作!

二つの190°魚眼レンズにより、特別な操作をすることなく、自動的につなぎ目のない360°の全天球フルHD映像や画像が撮れてしまいます。

ボタンをワンクリックで写真、ダブルクリックで動画を撮影可能、直感的な操作がイイですね。手ブレ補正機能も搭載しているので、大事なシーンもビシッとクリア!

いろいろな撮影モード

上の画像のように、Luna ではフラットモード、360°撮影のスフィアモード、VRヘッドセットで撮影した映像に没入できる VRモード、プラネットモードから選べます。


※ブラウザによっては操作できない場合もあります。

たとえば、スフィアモードで撮って、ストリートビューのようにカメラ目線でまわりを見回せます。今までにない方法で思い出を残せるのが、素晴らしい!

撮った画像や映像は、32GBの内蔵ストレージやWiFi経由でスマートフォンなどに転送可能。Luna 自体にディスプレイはありませんが、スマートフォンで写り具合を確認できるライブビュー機能もあるので便利です。

一度体験すると、熱狂的なファンになってしまう可能性の高い360°撮影。Indiegogo で現在349ドルからの Luna で始めてみませんか?!